オスモカラー塗装仕上げフローリング、滑り止めオイル塗装フローリング、DEESAWATモザイクフローリングはアルブルインク

好きな色や心ときめく素敵なデザインのフローリングやペットに優しいフローリングなら毎日がもっと楽しくなります。


オスモカラー塗装作業がはかどる

2009年11月30日 | フローリング系

11月29日より、新しく貸していただきました作業所での作業が始まりました。
おおよそ25�程ありますが、今までの名残か端っこにフローリングを積み上げての
作業になってしまいました。

やはり作業する場所が広いと塗装がはかどります。



塗装前の「くりフローリング」になります
オスモカラー#3232で塗装仕上を行えば「艶と潤いを取り戻し、
木材が持つ自然の美を私たちに楽しませてくれます。

この「オスモカラー塗装くりフローリング」は宇治市内の
新築工事現場に採用していただきました。

本日30日は、事務所最後のオスモカラー塗装たもフローリングを納品してきます。
フローリングを担いで階段を降りるトレーニングも思い出に残ることでしょう。


オスモカラー塗装仕上げフローリングなら「アルブルインク」
コメント (1)

上質な設えには欠かせません。

2009年11月26日 | Weblog


最近めっきり見かけない「こえ松フローリング」の販売を始めます。

一昔前の高級住宅に必ずと言って良いほど使われていた
ラオス松、カンボジア松の流れを継ぐ和風の床材です。

なかなか流通していないフローリングですので
お探しの方には朗報だと思います。


フローリングとオスモカラーの事ならアルブルインク


コメント

たもフローリングはきれい  その2

2009年11月25日 | Weblog

今回の「たもオスモカラー塗装仕上げフローリング」で、事務所での作業が最後になります。
18ケースですが、2階にある事務所に運び込むと「汗だく」になりました。

力強い杢目とやさしい色調の「たも」に人気が集まるのが解ります。
しかし雑木なので狂いが生じ易すく、商材の管理が行き届いている
工場で生産されたフローリングを扱うことが大切です。

先日、オスモカラー塗装仕上げと証したフローリングを施工した現場を観てきました。
ここも「たもフローリング」だったのですが、2回塗りとサンディング処理を
していないので残念な事になっていました。
安く仕上げたい気持ちはわかりますが、基本作業を確実に実行しなくては
値打ちが無くなってしまうような気がします。



アルブルインクのフローリングはオスモカラー塗装です。




コメント

オスモフローリングのカタログリニューアル

2009年11月19日 | Weblog

圧倒的な存在感を示すオスモフローリングのカタログが新しくなりました。
商品の変更はありますが、メインであるソリッドフローリングは不変です。

今回は定番のみの紹介となっていますが、比較的使いやすいフローリングも
カタログには載っていませんが用意されています。


因みに本日、オスモフローリングの注文が入りました。ありがとうございます!

オスモフローリングのカタログをお送り致しますので、
ご気軽にアルブルインクまで連絡を下さい。
コメント

オスモカラー塗装専用倉庫を貸していただけました。

2009年11月18日 | 日々の話
オスモカラー塗装仕上げフローリングの注文はとても嬉しかったのですが
私の事務所兼作業室はビルの2階で、フローリングかついで2階に昇るのが大変でした。

このたび、車で15分位離れたシャッター付きで大きな窓も付いている倉庫を
貸していただける事になり、早速、先週ご注文頂きました「くりフローリング」
35坪分のオスモカラー#3232塗装仕上げにかかれます。
本当に嬉しいです。これでどれだけ注文があっても対応できます。



画像は事務所テーブルのクロスを取っ払い、フローリングをあっちにやり
こっちにやりして作業をしていた様子、一度に8坪が限度でした。

アルブルインク
コメント

ラーチフローリングも良い感じ

2009年11月18日 | Weblog

気にはなっていました「ラーチの節付フローリング」
先日、大評判の「くりフローリング」南港倉庫へ引き取りに行ったついでに
輸入商社からカットサンプルをもらってきました。
から松は「道産から松」「信州から松」と、よく販売していましたが
中国製の「ラーチ」も出所のしっかりしている材はなかなか良い物で
安心して販売ができそうです。
杢目がしっかりしていて「ゆらぎ」がなんとも言えませんね。

画像 上は「ラーチ節付無塗装」
    下は「ラーチ節付オスモカラー#3232塗装仕上げ

国産材は「から松」外国産材は「ラーチ」と私は勝手に分けています。


アルブルインク
コメント

このソファー欲しかったのに・・・

2009年11月14日 | 営業報告


タイ国政府貿易センターより出展されましたMOBEL ART CO., LTDさんが
こんな洒落たソファーを展示されていました。

少し小振りな造りと、上質なシルクのお陰で
とても触りごこ地とすわり心地が共に良く良く、私はすっかり虜になりました。
最終日に「予約済み」と表されているのに気が付きガッカリしました。

次回バンコクに行く際にショールームに寄ってみます。


アルブルインク


コメント

インテリアフェスティバル2009

2009年11月14日 | 営業報告

タイ国政府貿易センターより4社が出展しまして、
私はエージェントとして「DEESAWAT」のブースに立ち
ミャンマーチークをふんだんに使った本格ガーデェンファニチャーと
私の好きなモザイクフローリングを説明させていただきました。

DEESAWATが提案するガーディンファニチャーはヨーロッパでは
高品質とデザインが良いので人気が高く、皆様に愛されています。

特にこのコンサバトリーなセットに私は興味があり、
近い将来事務所を移転すれば展示し、皆様に実感
していただきたいものです。

私のもっとも得意とするモザイクフローリングになります。
上から二列目のアンティークオークシリーズがやはり
注目されていました。


アルブルインク 
コメント

ウッディ文庫って知っていますか?

2009年11月09日 | Weblog

著者 高橋 勉
発行 株式会社 一穂社

親父の友人である高橋さんの書籍の表装が杉なんです。

間伐材の利用促進は良い事なんですが、いろんな事が絡んで厄介です。
このところ人気のハイブリット車もいいことですが
近くの裏山の管理をする事も地球温暖化防止につながります。





アルブルインク

コメント

心やすらぐ木の香り

2009年11月07日 | 木材系
昨日は、いつも大変お世話になっています「カナダ檜の大御所・佐藤木材様」へ
注文していました滋賀県建築組合草津支部「住宅デー奉仕作業」で使われる
カナダ檜の注文挽き材を引取りに行きました。
今回の注文量は1.3m3でしたので、トラックの荷台に上手く収まりました。


時間があったので、桜井の檜専門製材工場「山和木材」に顔をだし
近況雑談と目の保養をしてきました。
画像は無造作に置かれる「高級吉野檜の無節柱」


山の管理をシッカリ行わないと良い木材は取れないし、地球温暖化も防げません。


やっぱり「木」は良いなあと再認識した一日でした。


アルブルインク 岡角 http://www.arbre-inc.com



コメント

ジャパンテックス

2009年11月05日 | 営業報告


来週の11~13日の3日間 東京ビックサイトにて
JAPAN TEX 2009が開催されます。

私はインテリアフェスティバル2009のブース25番で
タイ国政府貿易センター内DEESAWAT社の日本人スタッフとして
皆様の来場をお待ちしています。

第31回ジャパンホームショーも同時開催されますので

インテリアにご興味の方は是非起こし下さい。



アルブルインク
http://www.arbre-inc.com
コメント