所司一門将棋センター (青砥店)

所司一門将棋センターは津田沼店、青砥店があります。

所司一門将棋センター青砥店 アクセス

2022-11-28 15:00:19 | 日記

所司一門将棋センターは津田沼店、青砥店があります。 ホームページはこちら 青砥店は2017年11月22日に2号店としてオープンいたしました。 津田沼店とともに皆さまに楽しんでいきただけるようがんばってまいります。
h

<センター住所・アクセス>
 〒125-0062
東京都葛飾区青戸1-9-23 2F

<お問い合わせ>お気軽にご質問ください。
 所司一門将棋センター (青砥店) 
 電話  03-6657-7202
 メール shogi@kisosya.com
 HP http://kisosya.com/aoto/a-class/

 

【センターまでの道順】

①京成線青砥駅の改札を出て、右側出口(ロッテリア側)に進みます。

②出口すぐに京成リブレがあります。

③その左脇の道をまっすぐ進みます。

④道の左側にオレンジの文字の看板が見えてきます。

⑤エレベーターで2階へ。

⑥将棋センター入口です。

⑦子どもから女性まで幅広く利用いただける綺麗な店内です!(トイレも男女別)

無料見学も随時受付中!



青砥店の教室の紹介
 わかばクラス、初級クラス、中級クラス、有段者クラスを開講しています。
 各クラスの紹介は こちら
 教室の開講日は こちら


青砥店 土・日・祝日 10月トーナメント優勝者

2018-10-31 23:59:59 | トーナメント優勝者

所司一門将棋センター(青砥店)

土・日・祝日、12時からA級・B級トーナメントを開催しています。

12時から1330分までご来店の方はどなたでも無料で参加できます。

1330分以降は、人数によって締切となります。

優勝、準優勝者には、賞品が出ます。

優勝者 指導対局無料券又は、1日優待券

準優勝 奨励会員による指導対局無料券(2枚たまったら、優勝者と同じにできる)

皆さん、奮ってご参加ください。

30年 9月優勝者 こちらへ

30年 8月優勝者 こちらへ

30年 7月優勝者 こちらへ

30年 6月優勝者 こちらへ

30年 5月優勝者 こちらへ

10月トーナメント優勝者

6日(土)

A級 優勝 吉川 佳祐 三段 準優勝 小野寺 恒一 2級

B級 優勝 北村 岳 5級  準優勝 北村 尚義 4級

7日(日)

優勝 寺元文雄 二段 準優勝 吉川 佳祐 三段

8日(月祝)

A級 優勝 島津 蒼大 二段 準優勝 藤田 隼ノ介 二段

B級 優勝 小林 2級 準優勝 矢部 ふみ 7級

13日(土)

A級 優勝 A 二段 準優勝 小海 琥暖 1級

B級 優勝 岩永 寿来 1級  準優勝 川村 洸月 8級

 

14日(日)

 

A級 優勝 井口 雄仁 三段 準優勝 島津 蒼大 二段

 

B級 優勝 石井 誠士 4級 準優勝 遠藤 康史 2級

 





10/14(日)熊谷俊紀と将棋のお稽古

2018-10-14 20:06:32 | 指導対局イベント

こんばんは、席主です。

今日は熊谷俊紀奨励会二段のお稽古でした!

定員4名様、職団戦前ということもあり、角交換振り飛車対策や相振り対策を熱心に聞かれておりました。

相振りは定跡が未だ完全に整備されておらず、力勝負になるとのこと。

みなさん将棋の悩みを、ここぞとばかりに質問されておりました。

明快に答えて下さる熊谷先生、いつもありがとうございます!

 

次回11月はお休みで、12月にまた実施予定です。

みなさまお楽しみに♪


10/14(日)有段者クラス

2018-10-14 10:28:48 | 有段者クラス教室

みなさんこんにちは、席主です。

今日は今月最初の有段者クラスの日です♪生徒は体験1名を含め5名。

講師には真田圭一八段をお迎えしました!

前半の大盤解説は順位戦対△高橋道雄九段戦でした。

 

横歩取り勇気流の狙いを事細かに教えていただきました。実戦では、高橋九段の△82歩の一手に真田先生も驚かれたとのこと。

順位戦における勝負の駆け引きから、終盤における考え方、局面のとらえ方まで熱く伝えていらっしゃたのが印象的でした。

生徒のみなさん、熱心に耳を傾けておりました!

後半の指導対局も、大会が近い生徒さんがいらっしゃったこともあり、平手での指し方を丁寧に教えていただきました。

次回の有段者クラスの講師は石田直裕五段です。10月も張り切っていきますよー

 


10月前半の中級クラス教室

2018-10-13 13:22:30 | 中級クラス教室

10月前半の中級クラス教室です。

今日は津田沼店での中級クラス教室を終えてからこちらに来ました。

津田沼の中級クラス教室は基本的には後半担当ですが、25日から30日まで上海に行きますので、津田沼も前半担当になりました。

青砥店の後半の中級クラス教室は渡辺弥生女流初段が担当になります。

今日の中級クラス教室の生徒さんは5人です。

教室振り替えは平日の第1週、第3週の木曜日に初級から有段者まで補講を行っていますので、都合が悪く参加できない日がありましてもご安心ください。

大盤解説はレッスン12のポイントで59ページの第3図からです。

前回の最後の方は足早になりましたので、復習を兼ねて最後の▲6八玉の周辺をもう少し解説しました。

横歩取りの後半は▲2四同飛に△8六歩の順です。

この順は4通りの展開を紹介して、最後に相振り飛車の駒組みの一例を紹介しました。

相振り飛車は(二枚金)金無双の囲いでしたが、今は美濃囲いに組むのが増えていますので、定跡も変わりました。

次回は相振り飛車の続きで、レッスン12のポイントの61ページと62ページです。

これでテキストは最後になります。

青砥店の一周年となる来月から中級クラス教室は講師の実戦棋譜を紹介していきます。

私の場合1局の棋譜を全部解説するのではなく、「定跡伝道師」のニックネームがありますので、出だしから中盤の途中までなどを中心に解説していきたいと思います。

指導対局は角落ち、飛車落ち、二枚落ち、六枚落ちでした。

飛車落ちが2局でした。

角落ちは中飛車、飛車落ちは2局とも右四間飛車の定跡通りで、二枚落ちは銀多伝定跡、六枚落ちは1筋攻めでした。

皆さん力が付いていまして、うまく指されました。