ボストン現地レポート 教育に関連した話題を現地から

アメリカのサマーキャンプ、サマースクールの短期留学専門のコーディネーターが、現地の情報を様々な角度からお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アメリカの中学、高校留学と新型コロナ

2020年10月21日 | アメリカの高校留学

日ごとに秋の深まるボストンです。

先日、ボストン郊外にある私立高校・ボーディングスクールに留学中の日本人生徒さんを、特別に学校が企画して下さったVisiting Day(保護者またはガーディアンのみ寮生を訪問しても良いという特別な日)に、和風のお弁当を作り訪問した際のレポートをお届けします。通常でしたら、寮生の生徒さんをガーディアン(外国にいらっしゃる保護者の代理として、アメリカ国内で留学生のケアをする大人)として、週末にキャンパスを訪問したり、キャンパス外に連れ出したり、または自宅に招いたりということは、事前に保護者の方のご承認を学校側にお知らせすれば自由にできるのですが、新型コロナ感染対策として、現地ボーディングスクールでは、関係者以外のキャンパスの出入りを厳しく制限しています。この学校では、翌週からいよいよ通いの生徒さんたちも、対面式の授業スタートに合わせて通学してくる、ということもあり、特別に寮生のファミリーやガーディアンのみ、キャンパスを訪問しても良いという機会を作って下さったのでした。

訪問時間は、午後12時から7時まで。寮はもちろんですが、学校内の建物に入ることは禁止。その代わり、大きなテントを張りテーブルや椅子を用意して下さったり、芝生の上も開放して下さった上で、ソーシャルディスタンスを取りながら、各ファミリーが子供たちと屋外でゆっくりと過ごせるよう配慮されていました。予め記入し提出を義務つけられたフォームには、訪問者の体調チェック、新型コロナに感染した人と接触をしていないかどうか、感染者が急増している他の州へまたは州からの移動の有無などの質問があり、最後に署名をするようになっていました。

キャンパスに到着しますと、駐車場のそばに手を消毒するステーションが設けてあり、ここで訪問する生徒とはお互いに連絡を取り合い待ち合わせをする、というシステムでした。この学校は、他の学校に比べますと決して大きなキャンパスではないのですが、それでも19ホールのゴルフ場ほどの広さがあります。秋晴れの素晴らしいお天気のもと、各々持参したランチを芝生の上で楽しんだり、裏山にハイキングに出かけたり、家族水入らずのんびりと過ごせる、保護者の方々にとっては貴重な機会だったと思います。

この学校には、現在弊社でケアしています日本人生徒さんが4名留学しているのですが、帰寮したのは留学2年目の10年生になった男子生徒さん1名です。春休み以降日本に帰国し、13時間の時差がある中、オンライン授業でがんばってきたのですが、もう時差のある中のオンライン授業はたくさん!、と6月からボストンに戻り、サマースクール参加を経て、スムーズに帰寮できるよう準備をしてきた生徒さんです。この夏、彼がバーモンド州で参加しましたサマースクールについては、後日、改めてご報告いたします。

この生徒さんが開口一番言ったことは、「やっぱり対面授業はいいです!」でした。オンラインで授業に参加していた通いの生徒さんたちが、キャンパスに戻ってくることで、感染が広がってしまうのでは?、という心配はぬぐえない様子でしたが、帰寮後、校長先生はじめ教師たちを交えてのミーティングが頻繁に開催され、学校の対応について説明を詳しく受けながら、感染を防ぐために生徒たちひとりひとりが出来ることは何か?、とディスカッションをしながら、学校任せでもなく人任せでもなく、自らの意識を高めて行くという訓練を重ねたことが、「大丈夫かも!」という信頼につながっているようでした。

添付しました写真は、食事中もソーシャルディスタンスを実施する!、という訓練の様子です。まだまだ気候が良いので、このように屋外での食事もできますが、これから冬にかけて屋内で食事をする際は、全校で約350名ほどの生徒さんたちと教師たちが、いくつかのグループに分かれ、シフト制での食事に切り替わったり、予めパッケージされたランチを受け取り、お互いに6フィート離れて食事をする工夫がされています。

 


アメリカの高校留学と新型コロナ

2020年09月30日 | 教育

早いもので明日から10月です。ボストンでは紅葉も始まり、1日ごとに秋が深まっています。

前回のご報告から、なんとあっという間に半年ほどが過ぎておりました。

2月中旬に日本にお邪魔し、東京の早稲田アカデミーでの説明会を予定どおり開催させていただいた後、新型コロナの感染状況悪化の兆しが見えてきましたので、難しい判断でございましたが、その後の説明会は全てキャンセルさせていただき、3月の初旬にボストンに戻りました。

その後、アメリカでの感染状況が、ニューヨークや周辺の東海岸で急激に悪化する中、現地の私立高校・ボーディングスクールに留学中の生徒さんたちの対応に追われる日々が続きました。

春休みを機に日本に帰国した生徒さんたち。春休み中も学校の寮に居残り、様子を見ていた生徒さんたち。先が見えない中、留学先の学校での対応も異なり、何がBestなのか、前代未聞の状況の中での判断は、遠い日本にいらっしゃる保護者の方々にとっては不安で厳しいものでした。通常は、休暇期間中は寮は閉鎖されるのですが、緊急事態ということで、留学生のために寮を閉鎖せずに、暖かい食事を提供いただき、出来る限りキャンパス内でのアクティビティなどを急遽企画して下さった学校には、今振り返ってみて感謝の気持で一杯になります。

その後、春休み終了後もオンライン授業が続行されることになったことを受け、寮は閉鎖され、居残っていた生徒さんたちのうち、アメリカ人のお友達宅に滞在していた女子生徒さん1名を除き、全員日本に帰国したのが4月上旬でした。その後5月末に夏休みがスタートするまで、13時間の時差があるにもかかわらず、留学生たちはオンライン授業でがんばりました。6月に日本からご家族もいらして、海辺に面した素晴らしいキャンパスの卒業式で、卒業をお祝いするはずでした生徒さんは、残念ながらオンラインでの卒業式となってしまいました。

弊社でケアしています留学生たちの半数は9月の学校再開に合わせてボストンに戻り、半数は日本に居残ってオンラインで授業を受けています。学校に戻った生徒さんたちは、キャンパス内でCovid-19の検査を定期的に受けながら、または学校の方針で検査は無しで、対面式の授業または対面式授業とオンラインの授業を組み合わせたハイブリッドカリキュラムにて勉強しています。日本に居残っている生徒さんたちは、時差に配慮して下さる教師のサポート受けながら、リアルタイムにて、または録画動画で勉強を継続しています。9月からは、オンライン授業の形式も確立されたということで、学期末の成績も付くようになります。

誰も先のことを予測できない、前代未聞の状況の中、マサチューセッツ州とニューハンプシャー州にあるボーディングスクール5校、それぞれの対応を見ながら感心しましたことは、教師と学校関係者全員で夏休みを返上し、実に綿密に学校再開に向け、ハードとソフトの面で具体的に準備を進めて下さったということです。準備を進める上で、保護者を交えてのZOOMでのミーティングが頻繁にありました。全校生徒の保護者を対象にしたミーティング以外に、留学生のみを対象としたミーティングも開催され、留学生という立場ならではの不安や疑問点にもとても丁寧に対応して下さいました。そして、このような状況の中で子どもを海外に送り出すという保護者の方にとって、一番大切なこと。つまり”信頼”ということを、時間をかけて辛抱強く伝えて下さったのでした。

先週、定期的に全校生徒、教師、スタッフの検査を実施しています学校で、1名の生徒さんから陽性反応結果が出ました。アメリカ人の通いの生徒さんだったそうですが、この生徒さんは数か月前に感染したことがあり、検査に抗体が反応してしまったとのことです。陽性結果が出た時点で、学校から全生徒とその保護者へメールでお知らせがあり、この状況は予想内のことであり、該当する生徒、そしてこの生徒と接触が確認された生徒たちをすぐにキャンパス内の隔離病棟にて14日間隔離をし、検査を頻繁にしながら、症状が出ずに検査結果が陰性となった場合はキャンパスに戻れることにします、というお知らせがありました。このように、状況を逐一冷静かつ具体的にご報告頂き、リアルタイムで学校の対応をきちんと開示して下さることで、生徒たちはキャンパスで引き続き安心して生活でき、遠くで見守っていらっしゃる保護者の方の不安も軽減されます。

幸い、私がケアしています留学生たちが在学するボーディングスクールが位置しますボストン郊外、マサチューセッツ州の西部、そしてニューハンプシャー州では、検査数に対して陽性結果が出る割合はアメリカ全国的に見て非常に低いレベルで推移しています。寮の自分の部屋以外はマスクを着用し、食事もシフト制にしソーシャルディスタンスを実施できるようにしたり、ランチボックスを配布したり、スポーツもマサチューセッツ州とニューハンプシャー州が定める規則に合わせての練習のみ、と徹底しています。秋はフットボール、ラクロス、サッカー、フィールドホッケーなど、私立高校のリーグ間での試合で盛り上がるseasonですが、今年は残念ながら全ての対抗試合はキャンセルされたそうです。それでも、自然豊かな広々としたキャンパスで、ランニングをしたり、サッカーのボールを蹴ったり、テニスをしたり、お天気が良ければ芝生の上で授業ができる環境で生活できる生徒さんたちは、とてもラッキーだなー、と感じております。

来月から、引き続き現地ボーディングスクールの様子について、またこの夏、ほとんどの滞在型のサマーキャンプが開催を諦めた中、州政府のガイドラインを守った上で、様々な工夫と覚悟をもって開催を決め、感染者を出すことなく無事にシーズンを終えたサマーキャンプについて、一つ一つご報告してまいります。

 


アメリカのサマーキャンプ

2020年02月18日 | アメリカのサマーキャンプ

本日も、昨年の夏にアメリカのサマーキャンプに日本から参加されたお子さんと保護者の方のご感想をご紹介いたします。一昨年初めて参加したサマーキャンプに、2度目の参加を果たした小学校6年生の男子生徒さんです。

質問:サマーキャンプに参加して、一番印象的だったこと(楽しかったこと、困ったこと、なんでも)

回答:海釣りをTrip Dayにしたことです。昨年(一昨年)は、Fenwayに行ったのでFishingにトライしてみました。まあやったことは何回もあるけれど、大西洋では初めてで楽しかったです。また、魚も食べられたし、6匹も釣れたので良かったです。

質問:サマーキャンプに参加する前後で、何か自分の中で変わったこと、気付いたこと、そして考えたこと。

回答:このキャンプにいると、ぼくはFreeな気がしてきて、いつも通りの生活とは少し(結構)ちがいます。あと、アメリカ人に便乗して、かなりハイテンションになっていました。

質問:来年もアメリカでのサマーキャンプに参加したいと思いますか? その理由は?

回答:もちろんです!! 2年連続で来たけれど、みんな優しいし、友達も作れたし、何よりも楽しかったからです。

質問:今年参加したプログラムに、何かリクエストはありますか?

回答:特に無いです。

 

保護者)

質問:お子さんからお聞きになられたプログラムの中で、特に印象的であったことをお知らせ下さい。

回答:アクティビティの中で印象的だったのは、トリップディに4つの中から選んだ「海釣り」で、大好きな釣が楽しめて大きな魚が釣れたことと、昨年はできなかった湖を向こう岸まで泳ぐことができたことでした。2年目でしたので前回できなかったこと、やってみたかったっことに積極的に挑戦できたようです。昨年は勝手がわからずとまどったこともあったようですが、今年は何も困ったことがなかったそうです。お部屋も十分に快適でお食事もおいしく、お友達もカウンセラーも最高に楽しい方ばかりだったそうです。昨年と同じメンバーも多く、現地での再会もとても嬉しかったとのことです。WillとSandyが皆の顔と名前を覚えていてくれて、全体的にアットホームな雰囲気で、1年ぶりという感じが全くしなかったそうです。将来は、キャンプのカウンセラーになりたいそうです。

質問:お子さんをサマーキャンプに参加させてみて、プラスになったこと。また、その他お気付きになったことがありましたら、お知らせ下さい。

回答:今回は、昨年と同じキャンプにどうしてもまた参加したいという本人の強い希望に親が背中を押される形でのお申込でした。2月に参加を決めてからの日々は、毎日がカウントダウンで、本当に夏が来るのを楽しみにしておりました。進学の年でしたので、昨年より期間の短いミニキャンプへの参加でしたが、2週間は短すぎてあっという間の帰国になってしまったようです。こんなに強く望んで、楽しんで過ごせるのなら、25日間行かせてあげれば良かった、と思ってしまった親心です。

ひとりで新しい世界に飛び込んで行き「帰って来たくなかった」と言う息子を頼もしく感じることができた夏でした。普段あまり自己主張のない息子が絶対に今年も行かせてほしい、と親を説得したこと。そのような素晴らしい場所に出会えたことに感謝しております。

質問:何か、プログラムに対してご要望(改善できる点)がありましたら、お知らせ下さい。

回答:全てにおいて大満足とのことです。

質問:コーディネーションを担当致しました、American Summer Opportunitiesについて、ご意見をお寄せ下さい。

回答:本来年齢制限のあるミニキャンプへの参加を交渉してくださり、今年も参加することができました。息子もTammyさんが空港で送迎してくださり、キャンプの様子を見に来てくださり、どんなに心強かったことと思います。お忙しい中メールにもすぐにお返事をくださり、いつも温かいメッセージで親子共に励ましてくださり、全く不安なく過ごすことができました。たくさんコピーして持たせて連絡用のFax用紙が1枚も届かなかったことも、Tammyさんと笑って共有できてありがたかったです。家族のように寄り添っていただき、出会えたことに心から感謝申し上げます。

感謝の気持は、私がこのファミリーにお伝えしたい気持です。一昨年の春、東京でお目にかかり、その後初めてサマーキャンプに参加した夏は、出発直前に急に不安になってしまったお子さんでした。そんな様子をご覧になりながら、それでもお子さんを勇気づけながら、地球の反対側の遠いアメリカのサマーキャンプに送られた親御さんのお気持は計り知れないものがございます。そして2度目の夏は、お子さん自身が親御さんを説得する形で、サマーキャンプ参加が実現しました!遠い遠い地球の反対側に自分の居場所がある。待ってくれている友達やカウンセラーたちがいる。そして、Freeな気持になれるというサマーキャンプとこのお子さんが出会えたこと、そんな掛け替えのない機会・Opporunityが、このお子さんにとっての一番の宝物となりました。

今後も、このお子さんの成長を見守って行けたら、そんな機会を頂けたら!、という気持でいっぱいです。将来、キャンプのカウンセラーになりたい、という目標に一歩一歩近づいていけるよう、サポートさせていただけたら、それ以上嬉しいことはありません


アメリカのサマーキャンプ

2020年02月12日 | 教育
今日のボストンは朝から雨です。もう少し気温が低ければ、大雪となったことでしょう。サマーキャンプシーズンは、まだまだ先のことのように感じられますが、今年のサマーキャンプ参加のお申込は既に進んでおり、定員の8割ほど埋まってしまっているプログラムもあります。そんな中、昨年の夏、同じキャンプに2度目の参加を果たした、参加時小学校6年生の男子生徒さんと保護者の方からお寄せいただきました感想をお知らせいたします。 

質問:サマーキャンプに参加して、一番印象的だったこと(楽しかったこと、困ったこと、なんでも) 
回答:●ベビーフードショー;今年はブルーベリーだったこと。●乗馬が上手になりほめられたこと。 

質問:サマーキャンプに参加する前後で、何か自分の中で変わったこと、気付いたこと、そして考えたこと。 
回答:昨年は到着時の天候不良もあって、少しホームシックになったけど、今年は出発からワクワク楽しみで、もちろんアメリカ滞在中も楽しく過ごせた。会話力も上がったと思う。

質問:来年もアメリカのサマープログラムに参加したいと思いますか? その理由は? 
回答:思います。今年再会した友達と抱き合ってあいさつした瞬間、アメリカに来てよかった感じました。来年もみんなと再会したい。 

質問:今年参加したプログラムに何かリクエストはありますか? 
回答:グラスビーズの枠を増やして欲しい。定員が少ないのでなかなかクラスを取れない。
 
(保護者) 
質問:お子さんからお聞きになられたプログラムの話の中で、特に印象的であったことをお知らせ下さい。 
回答:Pottery.今年初めて取ったクラスですが、好きなものを好きなだけ作れたらしく、たくさんの作品を持ち帰って来ました。日本のように見本があって作るのではなく、全て自由に好きなものを作れる魅力が、心地よかったようで、滞在中、前・後半ともこのクラスには参加したようです。 

質問:お子さんをサマーキャンプに参加させてみて、プラスになったこと。また、その他お気付きになったことがありましたら、お知らせ下さい。 
回答:息子のキャビンはリピーターが多く、今年再会を果たした友達が何人もいました。その中で、一番仲良くなった友達とは違うキャビンで過ごしたようですが、昨年後半で参加し仲良くなったアメリカ人の友達とは電話をするほどの仲良しになりました。電話は会って話すのと違い、コミュニケーションが難しい、と言いながらも、会話を楽しんでいます。ショートメールで住所も交換して、きっとこれから彼らの友情が始まっていくのでは?、と微笑ましく思っています。 

質問:何か、プログラムに対してご要望(改善できる点)がありましたら、お知らせ下さい。 
回答:(無回答) 

質問:コーディネーションを担当致しました、American Summer Opportunitiesについて、ご意見をお寄せ下さい。 
回答:昨年に続き、今年もお世話になりました。Tammyさんは、子供とほどよい距離感を保ちながらサポートして下さるので、短期間(1か月ほど)の滞在でも、子供たち同士のつながりが強くなり、コミュニケーション力もアップして帰国しています。Tammyさんには、親子共に絶体なる信用を抱いております。楽しい夏休みにして下さり、ありがとうございました。 

このお子さんは、初めてアメリカのサマーキャンプに参加された時から、キャビンで出会ったお友達たちと時間をできるだけ過ごそう、と努力してくれました。そんな前向きな姿勢が、アメリカ人や他の国から参加してきたキャンパーたちにも通じ、帰国しても連絡を取り合う友情が生まれたのだと思います。2年目の参加は、ボストンに到着したときから余裕すら感じられましたが、昨年は確かに、キャンプ到着後しばらくはホームシックだったなー、と私も思い出しております。今年も、同じキャンプへの里帰りを希望していた生徒さんですが、このお子さんの年齢と経験に合った、異なるサマープログラムへのチャレンジを、勇気をもって決めてくれました。今年は、同じ年頃の子供たちが一番多いサマーキャンプで、本格的なアートのクラスも経験し、新しいお友達もたくさん作りながら、さらに充実した夏休みを過ごしてくれますよう、心から応援します! こんな風に、数年にわたり、お子さんを見守らせていただく機会を頂き、感謝の気持でいっぱいです!


アメリカのサマーキャンプ

2020年02月01日 | アメリカのサマーキャンプ
本日も、昨年の夏、アメリカのサマーキャンプに参加された日本人生徒さんと保護者の方のご感想をご紹介いたします。一昨年初めて参加したサマーキャンプに2度目の参加となりました、15才の男子生徒さんです。

質問:アメリカのサマーキャンプに参加して、一番印象的だったこと(楽しかったこと、困ったこと、なんでも)
回答:●楽しかったことー今回初めてシニアキャンパーとしてキャンプを過ごしたため、今までしたことのないことがたくさんあって、楽しかったです。特にOver Nightは寝てはダメというのがルールでしたが、途中で爆睡してしまい、周りのシニアキャンパーに顔にイタズラ書きされ、みんなで大笑いしたのがとても印象的で楽しかったです。 ●困ったことー話していて、Wny?と訊かれた時に、何と言えばいいのかわからなくなって、焦ってしまったことが何回もありました。

質問:サマーキャンプに参加する前後で、何か自分の中で変わったこと、気付いたこと、そして考えたこと。
回答:プログラムを通して自分の中で変化したことは、相手の意見を尊重することの大切さを学んだことです。アメリカのキャンプで過ごしている中で、ほぼ毎日ディスカッションが僕の周りでありました。その中でアメリカの子達は、自分の意見だけ通すのではなく、違う意見(他の子の)もリスペクトしてくれました。日本ではそういった経験があまりないのでとてもいい経験になりました。

質問:来年もアメリカでのサマープログラムに参加したいと思いますか? その理由は?
回答:とても参加したいです。来年はキャンパーではなく、LIT という今度は自分が教える立場となってキャンプで過ごすので、自分がキャンパーだった時の経験を生かして来年も是非参加したいです。

質問:今年参加したプログラムに何かリクエストはありますか?
回答:特にありません。今年もありがとうございました。

(保護者)
質問:お子さんからお聞きになられたプログラムの話の中で、特に印象的であったことをお知らせ下さい。
回答:今年は15才の参加で、シニアキャンパーになり、トリップDayが3日あったり、オーバーナイトなどで同じCabinの仲間と過ごす時間が昨年より多くあったようで、さらに友情を深める事が出来たみたいです。カウンセラーの方やCabinの友人と一緒に行った海が忘れられない思い出になった様子でした。

質問:お子さんをサマーキャンプに参加させてみて、プラスになったこと。また、その他お気付きになったことがありましたら、お知らせ下さい。
回答:一昨年の参加後から、英語に対する取り組みが積極的になり、学校の成績も嘘のように上昇しました。昨年の参加でさらに留学したいという意欲が明確になったようです。ただ、まだまだ現時点での英語力では不足していると感じたようで、日本に帰って来てから、やらなければいけない事を自分なりに見つけられたように感じます。

質問:何かプログラムにご要望(改善できる点)がありましたら、お知らせ下さい。
回答:Camp オフィスのPCを日本ご対応にしていただけると助かります。

質問:コーディネーションを担当致しました、American Summer Opportunitiesについて、ご意見をお寄せ下さい。
回答:Tammyさんには、一昨年に引き続き、本当に御世話になりました。一昨年は初参加で、ご心配をおかけしましたが、2度目は行く前から余裕もあり、最高に充実した1か月が過ごせた様です。私たちは、カウンセラーの方々からのメッセージや写真を楽しみに生活することが出来、職業体験のアレンジもして頂き、本当に助かりました。Summer CampとTammyさんに出会う事が出来て、息子はかなり変わりました。感謝しております。

2度目のサマーキャンプ参加は、シニアキャンパー(最年長)のキャビンの仲間たちと、それも一昨年出会った仲間との再会もある中、本当に充実した日々だったことでしょう。まるで何年も継続して参加してきたような貫禄さえ備えた余裕は、一昨年ボストン空港でお迎えした時の様子と別人のようでもありました。日本から参加していた年少の子供たちには優しい先輩として接してくれ、優しくしてもらったことへのお礼に、お手紙を書いたお子さんもいたくらいです。自分だけ楽しむのではなく、初めて参加した子たちの気持に寄り添いながら、一方で積極的に英語でコミュニケーションを取りながら、日本人参加者たちとは良い距離を保ってくれた姿勢が素晴らしかったです。カウンセラーたち、そしてキャンパーたちからも信頼を寄せられて、自信もさらにつけてくれたことでしょう。今年も同じキャンプに里帰りし、カウンセラーの助手としてリーダーシップを学ぶことのできるLITプログラムに、ぜひ参加して欲しいと願っています。そして、留学の夢もいつか叶いますよう、応援しています!