ボストン現地レポート 教育に関連した話題を現地から

アメリカのサマーキャンプ、サマースクールの短期留学専門のコーディネーターが、現地の情報を様々な角度からお届けします。

アメリカのサマープログラム

2019年11月12日 | アメリカのサマーキャンプ
今朝のボストンの気温は10度ほどでしたが、だんだんと気温が下がり午後には初雪となりそうです。先日メールでいただいたご感想をご紹介しました、今年の夏、初めてアメリカのサマーキャンプに参加しました10才のお嬢さんと保護者の方のご感想を、アンケートにお答えいただいた形式して、ご紹介します。

質問:アメリカのサマーキャンプに参加して、一番印象的だったこと(楽しかったこと、困ったこと、なんでも)
回答:東京ではなかなかできないことがたくさんできて楽しかったです。例えば、Sailing, Suping, Water Tramp, Round Silly Boatsで水にかかわるアクティビティが一番楽しかったです。おどろいたのは、シャワーを浴びる時間がとても短いことです。2分ぐらい入っているだけで、もう10分ぐらい入っていると言われてとてもいやでした。一番楽しかったのは、キャンプファイヤーです。とてもきれいで、毎週楽しみでした。土曜日はアイスクリームをたべられるので、うれしかったです。わたしはビーチチェアを作りました。だけど、大きすぎて現地の子ですらもってかえれなかったのでとても残念でした。

質問:サマーキャンプに参加する前後で、何か自分の中で変わったこと、気付いたこと、そして考えたこと。
回答:アメリカ人は自己中心な人が多くて人の事をあまり考えていないんじゃないかなという人がたくさんいました。けれど日本人はえんりょがちな人が多くて、わたしは、国によって人の性格がちがうことに気が付きました。

質問:来年もアメリカでのサマープログラムに参加してみたいと思いますか? その理由は?
回答:来年はホームステイしてみたいです。サマープログラムは、別のキャンプに参加してみたいです。

質問:今年参加したプログラムに何かリクエストはありますか?
回答:ー無回答ー

(保護者)
質問:お子さんからお聞きになられたサマーキャンプの話の中で、特に印象的であったことをお知らせ下さい。
回答:特に印象的だったのは、キャンプファイヤーの話です。キャンプで一番心に残っていることは、と訊くと、意外にもキャンプファイヤーだと返ってきました。娘「あんなキャンプファイヤーは経験したことが無い。本当にきれいで気持よかった。」
日本でもキャンプファイヤーは経験していますが、アメリカのはかなり違った印象を受けたようです。火を焚くだけでなく、ギターを弾いて歌を歌ったり、お話をしてくれたり、本を読んでくれたり、夜空に星がたくさん輝いていて、時間の流れ方も違う感じがしたようです。目を大きく見開いて嬉しそうに懐かしむように話してくれました。他にも色々な話をしてくれました。日本ではなかなかできなアクティビティのことや、食事のこと、お友達との関わりやカウンセラーのこと。でも一番がキャンプファイヤーとは意外でした。

質問:お子さんをサマーキャンプに参加させてみて、プラスになったこと。また、その他お気付きになったことがありましたら、お知らせ下さい。
回答:キャンプに参加して、娘が一回りも二回りも大きく成長したかと言うと見た感じではわかりませんし、何も変わっていないかもしれません。イヤだなと思うこともあったようですがキャンプそのものは楽しかったようです。成田に到着しての最初の感想が、「行ってよかった。楽しかった。だからと言って最後の日にもっとここにいたいかって聞かれるとそうでもないし、じゃあ日本に帰りたいかって聞かれるとそうでもない。」でした。一仕事終えて帰ってきてやれやれという印象でした。
彼女がこのキャンプで見たもの経験したもの体験したものから、得たもの感じたものは必ずあるはず。参加したこと自体がプラスになっていると思います。

質問:何か、プログラムに対してご要望(改善できる点)がありましたら、お知らせ下さい。
回答:-無回答ー

質問:コーディネーションを担当しました、American Summer Opportunitiesについて、ご意見をお寄せ下さい。
回答:夏の一時期に集中する大勢の参加者一人一人ご対応されていたと想像いたします。そんな中での度々のこちらからの問い合わせに対するリスポンスがとても早く大変嬉しく助かりました。きめ細やかにご対応下さいましてありがとうございました。

10才のお嬢さんの感想を改めて読みながら、感受性の強いお子さんなんだなー、と感心しております。出発間際になって、急に不安になってしまったお嬢さんでした。そんなお嬢さんの様子をご覧になりながら、敢えてお子さんの背中を押し支えられた保護者のお気持を想像しますと、頭が下がります。保護者の方のご感想にありますよう、参加したこと自体がプラスになっているのです。キャンプに行くと決めたときから、10才なりに感情の起伏を自ら体験しつつ、”一仕事”を終えて無事に帰国してくれました。文化の違いも目の当たりにし戸惑うこともたくさんあったことでしょう。自己中心と感じた周囲の子ども達の態度と遠慮がちと感じた日本人の態度の対比から、このお嬢さんが考えたこと、感じたことが、きっと今後Positiveな方向に展開していってくれることを願います。一番印象的だったというキャンプファイヤーの思い出が、そんな成長を後押ししてくれることでしょう。

アメリカのサマープログラム

2019年11月04日 | アメリカのサマーキャンプ
先週末にサマータイムが終了し、日本とボストン間の時差が14時間になりました。今週末には、例年より早い初雪の予報が出ていますが、まだまだ紅葉がきれいなボストンです。

本日も、今年の夏、初めてアメリカのサマーキャンプに参加された、10才のお嬢さんと保護者の方のご感想をご紹介いたします。まずは、お子さんの帰国後にいただいた、お母さまからのメールをご承諾を頂きました上で、ご紹介いたします。


こんにちは。この度はいろいろとお世話になりありがとうございました。

娘が帰国して一週間と一日が経ちます。あの日、便が一時間以上も早く成田に到着し、空港に着いた時にはすでに娘は出てきていました。

到着後の娘の様子は、出発時とは違い、一仕事終えて帰って来てやれやれという印象でした。行き同様に帰りも機内では全く眠ることができなかったようで、自宅に着いて暫くは興奮冷めやらぬ様子でキャンプの話をしていましたが、入浴中に眠ってしまいました。

昨年のイギリスのサマースクールの時のようなホームシックになることは全くなかったようです。

娘曰く、「行ってよかった、楽しかった。だからと言って最後の日に、もっとここにいたいかって聞かれるとそうでもないし、じゃあ日本に帰りたいかって聞かれるとそうでもない」でした。

日々のキャンプ内でのアクティビティはもちろん楽しかったようですが、お出かけのアクティビティはさらに楽しかったようです。でも一番楽しかったものはなんとキャンプファイヤーだったようです。意外でした。
星空の下で歌を歌ったり、本を読んでもらったり、火がとてもきれいであんなキャンプファイヤーは体験したことがない、と言っています。

えっ!という話もありました。折り紙を持っていたことで交流が広がり、これまたなんと8/6のプランニングシートにカウンセラーとともに名前が載ったのです!英語で書かれた折り紙本も持参していてよかったです。
本人も当日シートを見て、えっ!と思ったようです。そのことがきっかけで他のキャンパーからも名前を覚えられ、声をかけられることが多くなったようです。

また、へぇ~、という話もありました。最終日の出発当日の朝、一カ所にまとめて置に見覚えのないものが入っていたそうです。
木の板と黄色いニットキャップです。木の板はペンキのようなもので塗られていて絵描かれてありました。おそらく何かで使うために作った看板だと思います。そこにはBunkのカウンセラー(といっても本カウンセラーではなく、”CIT”と娘は言っていましたが)の一人からのメッセージが書かれていました。タミィさんが8月に訪問した際にウクレレを教えてくれたカウンセラーのようです。メルアドも書かれていました。黄色いニット帽は娘がお気に入りの男性カウンセラーからのようです。ニット帽の中に手紙が挟んでありました。日本に興味を持っていて、後半仲良くなったようです。娘が言うには、多分、私にだけくれたんだと思う、と。もし他の子ももらっていたら黙っていられないからきっとバスの中で大騒ぎになっていると思う、と。(笑)こんなことってあるんですね。

残念なことが一つあったようです。それは、二日かけて参加したアクティビティで作ったビーチチェアーを日本に持って帰れなかったことです。学校の夏休みの課題に充てようと思っていたようです。折角一生懸命作ったのにぃ~、アレ大変だったんだよー、と。製作は大変だったけど楽しかったようです。

キャンプから持ち帰ったカウンセラーによるBalancingレポートでは、タミィさんが8月初旬に訪問レポートして下さったのと同じようなことが書かれていました。
恥ずかしがり屋で(家ではよく喋りますけど)外ではあまり喋らない上に英語ときたらそれはもう殆ど話せませんし、話しません。でもいつも笑顔でいたようです。
後半ぐらいから慣れてきたのでしょうか、She has become more confident and is speaking more English. と書かれていました。

毎日アップされる写真も、笑顔で写ってはいましたが、最初の頃の表情は心からの笑顔でないと主人も私も感じていました。ところが後半、娘からのFAXがピタリと来なくなったあたりから、写真に写る娘の口元が違ってきているのがわかりました。本当にその瞬間が楽しくて写っているな、と。そういう意味では、日本に残してきたあらゆることを全く考えなくていいのであれば、全期間キャンプに参加させたいと感じました。
娘も、「アメリカの子はいいなぁ、夏休みが長くて、宿題もなくて。そりぁ最初から参加できるよね~。」と言っています。

参加して、一回りも二回りも娘が大きく成長したかというと、見た感じではわかりませんし、変わってないかもしれません。でも、彼女がこのキャンプで見たもの経験したもの体験したものから、得たもの感じたものは必ずあるはずです。それらがこれからの彼女にプラスになることを望んでいます。

それから一応報告しておきます。

クーリングタイムに読む本ですが、タミィさんが口添えして下さったにもかかわらず、全く何も提供されなかったそうです。話にも出てこなかったようです。忘れられていたのでしょうかね。届くのに一週間はかかりましたが、主人が手配した本が来るのをずっと待っていたようです。自分でカウンセラーに聞いてくれればいいんですけどね

出発前に、日焼け止めクリームのことでCamp側からお伺いされた件、娘が日焼け止めリームの使用を忘れることのないよう身体、顔のサポートを承認しましたが、現地ではサポートどころか、クリームをぬりなさいや忘れないでの声掛けすら一回も一言もなかったようですよ。

Bunk内のお友達については、みんなゆっくり話してくれるし、お友達との間で困ったこともなかったようで、よかったです。むしろ、お友達同士のちょっとしたことを観察していたようです。(笑)

でもカウンセラーの一人に、娘の言い方では「ママね、写真では笑って写っているからいい人みたいに見えるけど、いじわるだから大っ嫌い」と、ちょっと合わない方がいたようです。Bunkmateも同じように感じていたようで、中にはそのカウンセラーに向かって、”You are mean”とダイレクトに言っている子がいたようです。

ボストン出発時にご用意下さったドーナツ、美味しかったようです。昼食がまだだったのでお腹が空いていたんだと言っていました。機内の一回目の食事も完食したようです。久しぶりの日本食で美味しかったと。

来週月曜から2学期が始まります。今は学校の夏休みの宿題と、塾の宿題に追われています。東京はまだまだ猛暑です。いつか娘と一緒に私もボストンを訪問してみたい
です。

長々とすみません。

本当にこの度は大変お世話になりありがとうございました。来年はどうなるかわかりませんが、情報頂ければ幸いです。


お嬢さんのご帰国後の様子から保護者の方が感じられたことを、お嬢さん自身のお土産話も添えてご報告いただき、とても有難く、何度も何度も拝読いたしました。3週間半、女子参加者は1人切りという環境の中、よく頑張ってくれました。キャンプに到着して間もなく、ファックスのお手紙で、キャンプでの生活面について色々と質問をしてくれながら、「日本人の子には、まだ1度もたよっていないよ。外国人の子たちがやさしくしてくれているよ。」、と報告してくれていました。

折り紙のクラスを一人前のカウンセラーのように担当してしまうなんて、サプライズも提供して下さったキャンプ! 
残念ながら、カウンセラーの中には、向いていない人材もいたようですね。子どもは正直で、見ているところは見ています。来年はきっと戻って来ないことでしょう!!

保護者の方が送って下さった、CIT(Counselor in Training)が、このお嬢さんに書いてくれたお手紙の写真を添付します。遠い日本からやって来た、最初はほとんど話すこともなかったキャンパーが、だんだんと自信を付けて、英語でもコミュニケーションを取るようになり、周囲の大人も子どももみんなが、この小さな10才のお嬢さんから勇気をもらったこと。笑顔ももらったことへの感謝の気持があふれています。




アメリカのサマープログラム

2019年10月29日 | アメリカのサマーキャンプ
先日メールでのご感想をご紹介させていただいた10才のお嬢さんと保護者の方からお寄せいただきました、アンケートのご回答をご紹介致します。


質問:アメリカのサマーキャンプに参加して、一番印象的だったこと(楽しかったこと、困ったこと、なんでも)
回答:ウェイクボードはうまくのれると風がきもちよく、楽しかった。とう芸はむずかしかったけれど、おもしろかった。自己紹介みたいなもののとき、何をきかれているのか、どうやって答えたらいいのかが分からないときがあった。

質問:サマーキャンプに参加する前後で、何か自分の中で変わったこと、気付いたこと、そして考えたこと。
回答:前は飛行機に一人で乗るのがこわかったけれど、アメリカのキャンプに行くことを決めたら、そこまではこわくなくなった。行く前は、英語はそこまでつうじないことはないと思っていたけれど行ってみるといがいにつうじないことが多かった。

質問:来年もアメリカでのサマープログラムに参加したいと思いますか? その理由は?
回答:参加したい。なぜなら、1日遊んでいられてとても楽しかったし、出来るとおもしろくなるから。

質問:今年参加したプログラムに何かリクエストはありますか?
回答:いどうの車の中でトイレ休けいがあるとよかった。アクティビティがない日が少し多かった。

(保護者)
質問:お子さんからお聞きになられたサマーキャンプの話の中で、一番印象的であったことをお知らせ下さい。
回答:「ウェイクボードが一番楽しかったー!」と言って帰ってまいりました。初めての体験でとても難しかったようですが、初日はボードに乗れなかったものが、日ごとに進歩し、最後には数メーター進むことができたようで、達成感を強く得られたプログラムだったようです。

質問:お子さんをサマーキャンプに参加させてみて、プラスになったこと。また、その他お気付きになったことがありましたら、お知らせ下さい。
回答:「気のせいかもしれない。。。」という程度の気付きなのですが、いつのまにか子供自身が自分で考えて行動している、といった頻度が高くなったように感じました。同時に、一つ一つの行動が適当(いい加減)になっているところもあり、良し悪しなのですが、それぞれの事柄に応じた「適当さ(適切さ」「いい加減さ」の尺度を子供自身が持ち始めていることに成長を感じています。また、同年代の外国の子どもと生活を共にすることで、自分自身を相対化して評価する、考え方や生活環境の違いについても意識が向き始めているように思います。

質問:何か、プログラムに対してご要望(改善できる点)がありましたら、お知らせ下さい。
回答:プログラムの取り方によって移動時間や着替えなどの準備に時間が足りないこともあったようです。慣れの問題も大きいかと思います。

質問:コーディネーションを担当しました、American Summer Opportunitiesについて、ご意見をお寄せ下さい。
回答:申込みの際には、娘の学校の新年度の予定が出てから申込みをさせていただきたいとの希望を受け入れていただき、大変ありがとうございました。おかげさまでこのような素晴らしいキャンプに参加させていただくことができました。出発までの手続きや段取りも細やかにサポートいただき、大変満足しております。
キャンプ半ば頃にキムさんに視察にいっていただいたことが、娘にはとても嬉しく、楽しかったようです。ご担当いただきましたキムさんのご対応、お言葉の一つ一つから、「子どものことをまず一番に考える」という御社のポリシーを感じ取ることができ、またその志を受け継いでスタッフの方々が働かれていることに感銘いたしました。
来年度もまた、可能なかぎり機会を作って、娘をキャンプへ参加させたいと考えております。その際にはどうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

上記ご感想を頂いた後、来年も同じキャンプへの”里帰り”が決まりました! 1年で、きっとぐっと大きく成長した、このお嬢さんとの再会が、今からとても楽しみです。キャンプから帰国後、現地の時間のままにしていたという腕時計も一緒にまた渡米してくれるのかしら? 来年の夏も、またウェイクボードに挑戦して、キャンプの湖畔をわたる、それは心地よい風を受けてあの最高な笑顔を見せてくれるのかしら?と、私もウキウキとしてしまいます。
今年の夏に直面した不便さや大変さに負けずに、来年も同じキャンプに参加したい!、と言ってくれたことが、何よりも嬉しいです! See you soon!

アメリカのサマープログラム

2019年10月25日 | アメリカのサマーキャンプ
ボストンは紅葉もピークを迎え、すっかり秋です。ハロウィンの飾りつけも賑やかになって来ました。
本日は、今年の夏、初めてアメリカのサマーキャンプに参加された10才のお嬢さんのお母さまから、帰国後まもなく届きましたメールでのご感想をご紹介させていただきます。

Tammy Kim-Weaver 様

キムさん、こんにちは。
娘が2週間のサマーキャンプから戻りまして、あっという間に十日が経過いたしました。
健康・無事故で、素晴らしいキャンプへの参加をコーディネイトいただきましたこと、あらためて深く御礼申し上げます。

娘は、帰国当初は疲れもあってかぼーっとしており、”めちゃ楽しかった”というおみやげ話もざっくばらんだったのですが、日が経つにつれ楽しかった記憶が鮮明によみがえってくるようで、今にいたっては毎朝毎晩、事細かにキャンプの話ばかりしています。
しかも眠ってからも毎晩キャンプの夢を見ているようで、一昨日には寝言まで「I`m sleepy…」と英語でつぶやいており驚きました。起きてから聞いてみると、キャンプの夢で誰かに「How are you?」と聞かれて答えたんだということでした。
キャンプ中に付けていた腕時計はアメリカの現地時間のままずっと腕に巻き付けており、時おり時計を見ては、「今ごろはキャンプでは〇〇をやっている頃だ!」と思いを馳せ、またそこから楽しい思い出話が始まったりします。
きっとキャンプで過ごしていたその時には、日々めまぐるしくやることがあって気づかなかったものの、振り返ってみれば毎日毎日が本当に充実した素晴らしい時間であり経験であったのであろうと感じ取れます。
このような日々を過ごせたことは、彼女の人生にとっての何か良いきっかけ、あるいは、これからの礎となる”one pease"になるでろうことは間違いないと存じます。いろいろとお世話いただき本当にありがとうございました。

今回、ご一緒させていただいた方々、さえちゃん、たかふみくん、ゆりかちゃん…と、とても良い仲間に恵まれたことも幸運であったと思います。
「あの大勢のキャンプの中で一番英語ができなかったのは私だった」と、娘がふいに気づいたようにつぶやいておりました。
ちょっとは悔しかったのか、大変だったのか、不便だったのか…と、表情からは読みとろうといたしましたがが、今一つわかりませんでした。
きっとそのままの感想。自分がそのような状態であったことを、あるがままに受け止めているような気がいたしました。

しかし、だからこそ「次に行く時までに英語がんばる!」…という(親が願う?)方向にはおいそれといかないところが我が子の特徴でして、現在のところ「英語は別にできなくていいけどまた遊びにいきたい」という、きわめてナチュラルなスタンスでおります(笑)。
といいつつ、実は私も、そんなふうに、頑張らなくてもただただ行きたくなれるキャンプで良かったなと感じています。

今回、はじめての海外キャンプに娘を参加させたことを通じ、私も初めて知ることも多く、いろいろと考え感じることがございました。
親子ともども良い経験をさせていただきました。
参加申し込みから成田出発までの間のやりとりのなかで、キムさんにはたくさんの質問にお答えいただき、無用の心配や不安のない方向へとリードしていただき、大変感謝しています。無知ゆえの失礼の数々、どうかご容赦くださいませ。

カウンセラーの方々にもとてもお世話になりました。娘が持って行ったノートには、カウンセラーの方がボードに書いてくださったという日本語でのタイムスケージュールが書き写してありました。英語、日本語、フランス語の三種類で書かれていたそうです。自由時間のところに「暇」と書いてあり、おそらく辞書で調べて書いてくださったのであろうと思うと感謝でいっぱいになりました。とても優しく、親切にしてくださったとのことです。
キムさんのおっしゃる、「ディレクターの考え方、哲学」がカウンセラーさんたちにきちんと伝わっている証であろうかと思います。
どうか、今後お会いになる機会がありましたら、「暇」をこよなく愛する日本の家族からの感謝の思いを伝えていただけたら幸いです。

できることならまた機会を作って、再びキャンプに参加することができたらと思っています。
子供の成長は早いですので、一年後にまたどう変わっていくか、楽しみにしたいと思います。
またご縁がありましたらぜひ、よろしくお願いいたします。

ご多忙な日々と存じますが、どうかお身体を大切に。キムさんのますますのご活躍を祈っております。

このメールをいただき、キャンプカウンセラーがFree Timeを”暇”と訳して、日本からの子ども達を助けようとしていたことを、初めて知りました。ボードを見た日本人参加者の子ども達の反応を想像しては、微笑ましい気持になります。

このお嬢さんとは、現地訪問の際、他の2名の日本人女子生徒さんたちと湖畔のそれは気持よい風に吹かれながら、あれこれとおしゃべりしました。始終笑顔でキャンプのことをお話してくれていたのですが、大変なことも困ったこも多々あったことでしょう。それでも、腕時計の時間をアメリカの現地時間のままにしながら、寝言を英語で呟いていた、というご報告を頂き、このお嬢さんにとってアメリカのサマーキャンプが、大切な心のよりどころになっていることを、感じました。体験してみないとわからない、サマーキャンプの魅力を改めて考えさせられます。大事なお嬢さんの背中を、弊社コーディネーションを信頼し、がんばって押していただいた、ご両親へも感謝の気持でいっぱいです。

アメリカのサマープログラム

2019年09月09日 | アメリカのサマースクール
今日もさわやかな初秋のお天気です。紅葉もちらほら見かけるようになりました。本日も、引き続き、今年の夏に宇宙に関するサマースクールに参加しました、高校留学中の生徒さんの感想をご紹介します。

質問:来年もアメリカでのサマープログラムに参加したいと思いますか? その理由は?
回答:来年もぜひ参加したいです。NSLCに参加する生徒がサマースクールないで多かったので、少し興味があります。サマープログラムはいつも新しい自分を教えてくれます。中学生のときに初めて参加したサマーキャンプは、留学するきっかけを作ってくれました。このサマースクールも宇宙に対する情熱を与えてくれました。きっと次のサマープログラムも新しい発見と知識を与えてくれると思います。

質問:今年参加したプログラムに何かリクエストはありますか?
回答:予定していたものと実際にずれることがかなりありました。例えば、ロケット打ち上げも制作から行うはずだったのですが、リーダーが道に迷い、結局打ち上げしかできませんでした。宇宙センターに宿泊するのも、ちびっ子たちと一緒の少し特別感のないものでしたし、宇宙飛行士とお昼かと思ったら、お話だけだったし、時々期待外れなことがありました。今後からはしっかりと予定を組んでやってほしいです。

いくつか残念ことはあったものの、同じ興味を分かち合える同年代のアメリカ人生徒たちとの出会い、そして宇宙に関連した様々な分野で実際に働いている大人たちとの出会いは、この生徒さんにとってかけがえのない財産となることは間違いないでしょう。将来、宇宙に関連した夢の仕事に就いたとき、今年のサマープログラムの仲間たちと再会することもあるかもしれません。

英語でのコミュニケーションに自信があれば、このようなプログラムに参加することができるのです! 英語をツールとして使いこなすことによって、無限大に広がる世界というものを、この生徒さんも、この夏、実感してくれたことと思います。これからがとても楽しみな生徒さんです!