altermonde
オルタモンドは、「もうひとつの世界」、希望と公正のグローバリゼーションを求めて、さまざまな活動や研究に取り組んでいます。
 



3月28日(日)、東京の早稲田奉仕園で、オルタモンドの第6回総会とセミナーを開催しました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




8月2日(日)賀川豊彦記念松沢資料館の研修室にて、「国際連帯税を推進する市民の会(アシスト)夏期集中セミナー」を開催します。ふるってご参加ください。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4月4日、国際連帯税を推進する市民の会(アシスト)の設立総会ならびに設立記念のシンポジウムを開催します。アシストに賛同くださるとともに、総会とシンポジウム等に参加ください。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




最近の雑誌等に掲載された国際連帯税に関する文章、論文を紹介します。週刊『金曜日』、月刊『世界』、月刊『現代思想』、季刊『ピープルズ・プラン』に掲載されています。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




寺島実郎氏((財)日本総合研究所会長(株)三井物産戦略研究所所長)の基調講演(要旨)を送ります。テーマは「金融資本主義の崩壊と国際連帯税」です。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




11月23日「国際連帯税」東京シンポジウム2008が開催されました。前日の「専門家会合」と併せ、NGO・市民、研究者、労働組合、学生、政府関係者、国会議員など190人ほどが参加しました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




11月23日(日)開催の「『国際連帯税』東京シンポジウム~日本での実現をめざして!~」ですが、プログラム内容が決まりましたので、お知らせします。寺島実郎さんの講演テーマは、「金融資本主義の崩壊と国際連帯税」です。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




日本政府は、9月26日「開発資金のための連帯税に関するリーディング・グループ」へ正式参加することを決定しました。これはオルタモンドなどNGO・市民団体の2年間にわたるアドボカシー活動の成果でもあります。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




9月6日第10回グローバル・タックス(GT)研究会が「通貨取引税のための法的課題……税法から」と題して開催されます。ふるってご参加ください。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今春貧しい国々を襲った食糧危機と暴動という事態から半年近くが経過。価格高騰はここに来て急反落し、一方で08-09年の世界穀物生産高も史上最高が予想され、食糧危機は去ったように見える。しかし、価格高騰のメカニズムは変わらず、引き続き価格高騰の主要因である投機マネーの規制が求められている。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




7月7日から9日まで開催された洞爺湖サミット(G8サミット)は、山積するグローバルな課題に対して具体的対策を打ち出せませんでした。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




北海道洞爺湖でのG8サミットに対抗して、札幌市で市民サミット2008(オルタナティブ・サミット)が行われますが、7月7日(月)ワークショップ「世界と日本で動きだす国際連帯税(通貨取引開発税)」を開催します。ふるってご参加ください。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




6月21日オルタモンドユースセミナー『とても分かりやすい金融の話~サブプライム問題から通貨取引税まで~ 』を、田中徹二氏(オルタモンド)の講師で開催します。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




つい昨日まで国際連帯税は一部NGOの議論でしかありませんでしたが、今日日本の政治プロセスに登場するまでになっています。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「『国際連帯税』導入に奔走する元トレーダー」と題して、ソニー・カプール氏(DEFINE)が紹介されました。併せて、報道ステーションでの寺島実郎氏の投機マネー規制のため通貨取引税が必要との主張を送ります。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ