BEAT MY LIFE

主に宝塚・青学5代目っこ☆・戦国BASARA・TMR・弱虫ペダル・戦国鍋・特撮等 我ながら雑食^^

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

龍輝の引退。

2016年06月08日 21時21分31秒 | テニミュ・キャスト
本日、6月8日付けで高橋龍輝の引退が発表されました。

発表された時はただただ驚いたのと「休業」ではなく「引退」という
道を選んだという事は決して甘くない現状なのだと察せられました。

なので昼間は仕事中だし頭のなかが追いつかないのとであまり
深く考えないように日中は過ごしました。
帰宅して一段落してから瀬戸丸のブログを読んでその文章から滲み出てくる
瀬戸丸の悔しいという思いに共鳴したかのように一気にその事実が
押し寄せてきてそこからしばらく号泣してしまいました…。
これ書いてる今も涙が滲んできます…。

悔し涙でした。本人が一番悔しいだろうけど私も悔しい。

他にやりたい事が出来たとか違う道を~っていう理由ならここまで
ショックは受けなかったし本人が決めたことならと受け入れられました。

けど、本人の意思をも蝕む「病気」で引退っていうのは一番辛い現実だと
思いました…。

だって帝劇の舞台に出れるってあんなに喜んでたのに。
龍輝が珍しくあそこまで嬉しさと意気込みを書いてたのにその矢先に
こんな事ってあるのかと思うと本当に悔しいです…。

でも今はとりあえず龍輝の病気が回復に向かうように祈るばかりです…。
引退してても病気を完治させてまた芝居をやりたいと思ってくれたら
復帰という選択もあるのだし…。

龍輝の芝居が本当に大好きだから戻って来てくれたら嬉しいのが本音ですが
勿論それ以外の選択でも龍輝のやりたい事をやってくれたらそれでいいんですけども。

とにかく龍輝の病気が完治しますように。今はただそれだけを願ってやみません。。。
コメント

舞台 戦国BASARA4 名古屋千秋楽 感想。

2014年12月13日 15時18分04秒 | 戦国BASARA
12/7 中日劇場

今まで支えてきた初演からの従者2人。
3から支えてきた関ヶ原2人。

彼らの最後のバサラ舞台を幸いにも生で観劇することが出来ました。
サプライズも盛り沢山で本当に楽しい5時間弱でした!
5時間弱って…wwバサラの大千秋楽は本当にお祭りですよねw

見てて思ったのはこんなにもキャストの卒業をフィーチャーして
見送ってくれる2.5次元舞台ってそうそう無いよなって事です。

宴の時もそうでしたが本編中の台詞に素敵なアドリブを入れてくる谷口さん。
複数回見てる人にはそのアドリブに気づいて感激するのですが
初見の方が見ても特に違和感を感じないあの付け足しの台詞の数々…。
あれは谷口さんだから出来る事だなと思います。

そしてサプライズ登場の松田さん演じる松永様登場!!
八犬伝終わったし来ないかな~って言いつつも9割がた来ないだろうと
思っていたら本当に来ました!!!スクリーンがスーっと上がっていった時に
「え?え??」って私含め周りもなってて松永様が登場した時のあの悲鳴!(笑)

興奮が収まらない客席に「ごきげんよう、バサラを愛する諸君」という
素敵なアドリブにまた悲鳴&拍手!(笑)

出てきただけで劇場の空気を変えてしまうあの存在感と色気は健在でした!
本当にもう…。映像でやってた左近ちゃんと形部との殺陣を生で見れて
嬉しかったなー!やっぱり生身同士だと全然お芝居が違うと改めて…。

しかし当日の朝来てあのクオリティと舞台度胸はさすがです。
カテコでは帰りたいって言ってたけど微塵も感じなかったですよ(笑)

そして圭ちゃんのまとまりのないビデオレターとまさかの久保田筆頭
の登場にびっくり!!忙しいと思うのに駆けつけてくれるとか…。
願わくば山口筆頭とのツーショとかどんな話したのかとか知る機会があれば
いいなーって思ってます…って書いてたら本当にツーショきたー!!\(^0^)/

さすが山口筆頭!いい仕事してくださる…!(´;ω;`)
*山口筆頭のインスタグラムはブログとは違う写メもたくさん上げてるので
ぜひ見に行くといいですよ!→こちら

久保田が出てきた瞬間、広瀬君が男泣きでしたね…。
「こいつめっちゃ家康じゃないですか?」って谷口さんに紹介したのが
久保田だったなんて初めて知った…そりゃ泣くよね…。



複数回見てのバサラ4の感想ですがほぼ全員がリア充でしたね(笑)
いつも鬱エンド多い舞台バサラなのでたまにはこういうのもいいな!と。

でも何回見ても私は一幕ラストでの三成が離反した家康を受け入れる
までの過程の描写が不足かなってやはり思いました。

半兵衛さまを出さなかった事は前回のブログでも書きましたがあとゲームにある
秀吉さまが三成に言う「過去に囚われ過ぎるな」ってシーンが映像でも
いいから欲しかったかなと…。

三成だけじゃあの答えに辿りつかない気がするし左近の言葉にも惑わされ
そうにないと思うのだな…。三成が唯一考えを曲げる事があるとすれば
やはりそれは秀吉さまか半兵衛さまの言葉じゃないかなと…。

『絆の力とは豊臣そのものだ!』も今だにちょっと私には消化しきれて
いないんですが…。『内側から変えていく!』っていうのはすごく納得できるん
ですけどね。所々矛盾を感じた…私がアホで理解できてないのもあるだろうけど…。


◆お気に入りの殺陣シーン

今回は形部と風魔の対決が本当にすごかったな…って。
さすがのお二人でした。座ったままの殺陣であんなに迫力ある殺陣が
出来るんですね…。あの高くて狭い台の上で宙返りして落ちるとこは
あれ光さんだから出来るんですよね…すごかった…。

そして藤田勝家vs長政さま。

この2人の殺陣もほんと見応えありました。
藤田君はもう東京で見た時もすごいと思ったのに名古屋で見たら更に
スピード上がってて本当に初参加です?!って思いました(笑)
牙狼の時から本当に上手でしたけど武器が違いすぎるしあの甲冑で
あれはすごいと本当に思いました。

誠治郎三成vs山口筆頭。

誠治郎くんが初参加のキャストに対してスピードを格段に落とす事なく
戦っているのを初めて見ました。恐るべし山口筆頭。
あの背中で三成の刀を受け止めるとこすごい好きです。


他にもたくさんあるけどキリがないのでここからは卒業する4人に向けて
思いを綴りたいと。。。


◆誠治郎くん

私がバサラにハマったのは誠治郎君の三成を見たからです。
前から名前だけは知ってて気になっている俳優さんの一人だったのですが
本当にバサラで知れて良かったです。誠治郎くんと言えば真っ先に殺陣が
上がるのですが私は誠治郎くんの演技も大好きです。
そしてまっすぐで熱い漢気溢れるあの性格も。

最初バサラに来た時は「自分さえよければいい奴だった」って言いにくい事も
きっぱり言えるのは今はそうじゃないって事ですものね。
本当にみんなにイジられてて愛されキャラなんだな~ってのが伝わってきましたw

アンサンブルに「お前ら殺陣下手だから頑張れよ!」って言えるのも誠治郎くん
だからこそですよね(笑)

豊臣の宴会芸はいつもクオリティが高くて本当に楽しかったです。
事前にしっかり作りこんで勢いでやるネタは一切無しなのが良かった。
音楽も作れるし本当に多才な人だなと思います。

誠治郎君が編み出した新しい納刀やあの回転技、今後見ることができるのかな…。
あの回転技はさすがに誠治郎君じゃないと無理かな^^;w

誠治郎くんの三成がクオリティ高すぎてほんと次のキャストに決まる方は
かなり大変だろうな…。

誠治郎くんの三成が見れないのは本当に残念で寂しいけど今後のご活躍も
応援しております。そして本当に三成のモーションキャプチャーやってほしいww
三成との縁がまだ続いて欲しいと思うファン心理w


◆広瀬くん

広瀬くんも本当に家康そのまんまで、演技も殺陣も上手くて…。
何より本人の人柄も本当に眩しいくらいいい男ですよね…。
周りの男性陣から「女なら付き合いたい」って言われまくる広瀬君
まじすごい。。。男女関係なく惚れられる人なんですね。

バサラにきた頃の誠治郎くんは尖ってたと言ってましたけど
広瀬君との出会いでもたらした影響はすごかったんじゃないだろうかと
勝手に思いを馳せています…(笑)←

誠治郎君との殺陣は本当に信頼関係がないと出来ない間合いの近さと
速さでした。刀と素手って時点でかなり危険な殺陣だと思うのですが。。。

本当にこの2人の関ヶ原は全てにおいて奇跡だなって思います。

しかし広瀬くん演じる家康は関ヶ原として誠治郎三成とセットみたいな
とこあるけど実際は敵対同士だし誠治郎三成には舞台版の秀吉さまや
半兵衛さま、形部、そして今回は左近ちゃんがいて。
でもヒロ家康は忠勝いないから同じ立場での相方のキャストいなかった
んだよねって思うと切ないね…。

そして広瀬君もモーションキャプチューやればいいと思います^^←


◆友一こじゅ

友一のこじゅは宴会芸での破壊神っぷりにほんと驚くけどそれ以外の所での
演技はきっちり小十郎でした。何よりあの長身のスタイルがゲームそのまんま。
スタイルよすぎるよ…2次元だよ…。

最初の頃は納刀に四苦八苦してたイメージがあるけど今はもうほんと早いよね。

カテコでの挨拶は一番泣かされました。歴代筆頭との思い出を語った時に
「大地とならもう少しできるんじゃないかって思った」って言葉を聞いた時
私の涙腺決壊したんですけど後ろにいる山口筆頭もぐしゃっと泣き顔になって
でも必死に耐えてて…。

今回の舞台見てて本当にいい関係性築けてるんだなっていうのが端々に感じて
見てて本当に楽しかったです。山口筆頭が相手だと小さい頃から見守り続けて
きました!っていうのがすごく感じられてそこもツボでした。
今までの伊達主従にはなかった新しい伊達主従がそこにありました。
歳の差主従 万歳…。


◆洋二郎さん

本当に佐助。リアル佐助。大変な事を簡単そうにやってしまう洋二郎さん。
激しい殺陣をやった後でも息を乱さずに飄々と早口で噛まずに佐助として
台詞を言えてしまうすごいお方で本当に尊敬します。
お顔のあの弁当箱の直し具合は「世界一」は笑いました(笑)

シリーズ後半になるに従ってすごく人間らしい佐助になっていったな~
って思います。信長さまが明智をフルボッコにした時の演技とか…。

そして宴会芸での引き出しの多さにも感服です(笑)
同じネタや台詞でも変化をつけてくるし分かってても笑ってしまう
あの絶妙な間!(笑)

松くん幸村とのやり取りが本当に親子感すごくて見てて微笑ましかったです。
「今はまっすぐ歩け、大将…。」ってセリフ。
聞いてて松村君自身への期待と安心が伺える感じがしました。

洋二郎さんはバサラでしか見たことないので今度は違う舞台で
お目にかかるのを楽しみにしています(^^)


今回卒業していく4人の穴は本当に大きいと思います。
次回作は決まっていないとの事でしたが私はゆっくり時間をかけて
選んでいただければな~と思います。

気持ちとお財布的にもインターバルください(笑)

まぁきっと早くてジャンフェスか2月のバサラ祭りで発表されるん
じゃないかな~と思ってますが…。

しかしこの4人が卒業したらある程度の距離を置こうと思っていた
バサラに山口筆頭と松幸村という素晴らしい蒼紅が来たことによって
私の予定は見事に狂いそうです・・・やだもー悔しいー!!(笑)

本当にここまで蒼紅に萌える日がこようとは思ってもみませんでした…。
山口筆頭と松幸村のブログとインスタ殺傷能力凄すぎです!!(笑)

文章に人柄が現れてるんだもんな~。
真面目で良い子で賢さも伺える文章で…。
若手俳優のブログ結構見てきてるけど本当に日本語が美しいんだよね…。

本当にいい蒼紅がきたもんだな~。。。
今後の舞台BASARAも楽しみに待ちたいと思います!

コメント

いざ名古屋へ!

2014年12月07日 09時01分03秒 | 戦国BASARA
とうとうこの日がやってきてしまいました…。

私がBASARAにハマるきっかけを作った誠治郎くんと広瀬くん。

関ヶ原の二人の卒業の日が…。

そして初演からいる蒼紅の主従である友一とよーじろーさんの卒業の日が…。

マイミクさんのBASARA感想日記を読んで久保田筆頭見たいなと思って大阪公演のチケットを
半額での譲渡をたまたま見つけて軽い気持ちで見に行った戦国BASARA3が
私の初BASARAでした。

まさかこんなにどっぷりハマるとは人生分かりませんね…。

そしてこの四人の卒業見届けたらBASARAからはある程度距離をおこうと思ってたのに
まさかの山口筆頭に坂道転げるようにハマりましたよね…

人生分かりませんね…(笑)

私はこの役者さんいい演技するな…とかお気に入りな役者さんは数多くいますが
山口筆頭への落ち方はこれヤバイ落ち方してるなって自覚があります…はい(笑)

汰斗の時と似てるなーって…(笑)

しかも山口筆頭と松くんの幸村の蒼紅がほんとドツボです。
これは関ヶ原にハマった時と同じ感覚(笑)

こういうのって突然来るから厄介ですよね~(遠い目)


今日は今から名古屋に向かい関ヶ原と蒼紅主従の最後のステージを見届けてきます。

テニミュやほかの舞台でもたくさん卒業見届けてきたけど
この四人の喪失感はヤバイと思います。
あの殺陣や演技のクオリティを見るのはこの先あるのかどうか?って思ってます。

ただ頼もしい山口筆頭と松幸村を見たのでなんか少しだけ安心して見られる自分がいます。
本当に良い蒼紅が来たなと思います…しみじみ…。

それではまた終わって落ち着いたら改めて感想を書きたいと思います(*´v`)

よい大千穐楽を!
コメント

舞台 戦国BASARA4 感想。

2014年11月19日 00時41分17秒 | 戦国BASARA
11/1 東京公演 マチソワ観劇してきました。

とりあずこれから見る人に言いたいのは「3と4は別物」である。
という事を理解して見るべきだと思いました。



※ここからはネタバレしてますので未観劇の方は見てからをお勧めします。



関ヶ原に関しては3しかプレイしてない、もしくは3が好きだって人には
戸惑うかもしれないな…て見て思いました。特に前回の舞台は「咎絆」だし。
ゲームが原作の舞台なので色んなルートがあるし離反した家康が戻るルートは
半兵衛さまのルートにありますけども。舞台では戻った後も描かれていて。

今までは皆が関ヶ原の救いようの無い関係性にひかれ、でもあえてこの2人に
救いを求めたい願望を二次創作とかで満たしていたと思うですが
それを実際にこの2人で舞台で見れたのは嬉しかったです。

公演が発表された時の公式HPのキービジュアルと「戦友」推しな宣伝を見て
ある程度は展開を予想してたので私は想定範囲内でした(笑)

多分この2人は共闘するんだろうけどそこへ行くまでをどう描くのかな?
っていうのが見る前に思ってた事でした。実際初見は1幕ラストで仲直り(笑)
するので「展開早っ!」って思ったしそこへ至るまでの持っていき方に幕間の間
ずっとグルグルとしていました^^;

ベースは半兵衛さまのいない半兵衛さまルートって感じです。
半兵衛さまの役割を左近が担ってるんだよな…。
なので見終わった後に「これ半兵衛さまがいてこのラストなら
私は号泣していただろう」って事です。何故出さなかったのか…。

出すとまた豊臣色が濃い話になってしまうからなのかな…。
左近に半兵衛さまの役割を託しちゃってるからやや強引な展開に
なってしまってる感否めなかったかな…。


3と4の大きな違いは「家康は秀吉さまを殺していない」って部分ですよね。
離反しただけで秀吉さまを殺してない。
なので家康が戻るってのもまだ三成は受け入れられるかな…と。

あと豊臣の「左腕と右腕」
豊臣の右腕は半兵衛さまだったはずだけど家康がいきなり右腕の
地位を宣言したのはびっくりしたw半兵衛さまが床に臥せっているという
台詞はあったけどまだ死んでいないはず…。
それを宣言するに至るまでのエピソードが欲しかった…突然すぎるよぅ。

ゲームで半兵衛さまは形部と左近に三成の左腕・右腕になれという的なことを
言ってたし色んな角度から見た左腕と右腕が存在するんでしょうけど。

蒼紅に関しての描き方はゲームより舞台のがすごく良かったです。
龍虎同盟に至るまでの話とか、筆頭の竜王宣言からの勝家を導いていくとこ
とか舞台の方が数倍カッコイイ筆頭!!幸村も3みたいにウジウジしてないしねw


ところで今回から復活した自己紹介OP殺陣だけど三成のとこ
かなり長かったですよね?今まで割と均等に時間が割り振られてた気が
するんだけどキャラによって時間がバラバラで初見時は「ん?」ってなりました。

以前、私は舞バサの好きなところにメインが変わっても必ずOP殺陣は
蒼紅から始まり締めの挨拶も筆頭がしてるとこだと書きました。
原作を大事にしてるんだなって感じてたんですけどあれは久保田と
圭ちゃんの蒼紅だからそうだったのかな…って今は思うようになりました。

個人的な思いですが原作付きの舞台はキャラ>役者であって欲しいな。
私は関ヶ原の2人が大好きだけどね!!
誠治郎くんと広瀬くんの関ヶ原を見てバサラにハマったのでね!!!

勿論、初演から支えてきた従者2人やバトンを受け継いで引っ張ってきた
関ヶ原に見せ場を!っていう思いは分かりますしあっていいと思います。
でも使いどころと加減は大事かなって思いました。

まぁ今回で卒業なので次回からは蒼紅か違うキャストをメインに
持っていくでしょうから変に彼らが叩かれてしまうのも無くなると
思うとホッとするのが正直な思いです…。

そういや旋盤に見立てた衝立を交錯させての演出すごく良かった。
ちょっとやる回数しつこすぎかな?とも思ったけどそこは西田さんなのでw


ここからはキャスト感想を一部だけですがちょちょっと。

◆関ヶ原(誠治郎君&広瀬君)

この2人が関ヶ原じゃなかったら私は舞バサにここまで落ちることは無かったです。
本当に演技も殺陣も上手い上にキャラそっくりで次に関ヶ原を演じるキャストの
プレッシャーは半端ないだろうと思います^^;

今回の舞台も本当に安定していて素晴らしかったです。
でももっと長年やってる明智役と信長役のお二人が更にすごい演技を
見せてくれてまだ進化できるんだ?!って思ったので2人にもそれを感じたいかな
とも思いました。あれ以上を求めるなんてほんと贅沢なんだけどw
私が見たのは2日目だけなのであれから進化してるかもですが。


◆山口筆頭

私、今回の舞台で本当にダークホースだったのが彼でした!(笑)
演技も殺陣も初バサラでこれ?!って思いました。
特に三成との殺陣が新キャストなのに全然スピード感負けてないし
誠治郎君も格別レベルを下げてまで相手してない!
ターンの速さとかちょっと久保田筆頭を思い出しましたよ…。

あと武道でもやってたのかな?と思わせてくれる殺陣でしたが
小さい時に空手やってたみたいなのでそれでかな…。
すごく堂に入った殺陣に見えました。

彼の真面目さ故か体は小さいけど器のでかさみたいなのを感じる筆頭で
歴代の筆頭で一番落ち着いている感じを受けました(笑)
小柄なので成人したての梵天丸みたいでしたけど(笑)

あと今までは小十郎役の友一と同世代に近い筆頭でしたが今回は
歳の差を感じる主従で友一こじゅがすごく保護者みたいでした!(笑)
山口筆頭はすごく真面目で出来る子なので友一こじゅから
「どうだ うちの子できる子だろ?!」的な発言とか多くて更に萌えあがるという!(笑)
歳の差主従萌えに弱い私にはすごくツボなのでした!


◆まつ幸村

彼は前回の咎絆でも見ているのですが本当に彼の幸村はわんこみたいで可愛い!!
そして何より山口筆頭とのバランス・ニコ1感が半端ない!!!
演技と殺陣もすごく蒼紅の相性がいい感じで私はこの新蒼紅大好きです!!
もちろん前回の蒼紅も好きでしたが萌えは発生しなかったごめん(笑)
久保田と圭ちゃんとはまた違った蒼紅萌えといいましょうか…。

この蒼紅が続投なら私はまた舞バサに通ってしまう予感ビシバシします!悔しい!w

よーじろーさんとの親子感も抜群に良かったです( ´ ▽ ` )


◆藤田勝家

藤田君はね、配役発表あった時からピッタリだ!!って思ってたんです(笑)
でもその期待を軽く超えてきましたね!!殺陣も演技も素晴らしかった!!!
あの両刃のついた槍の殺陣に加えあの兜を被っての殺陣は難しいと思うんですけど
なんのその!早い早い!!上手いから西田さんが高度な殺陣つけをしてるんじゃないか?
というくらい凄い殺陣でした。あの連続技からアンサンブルに流れるように投げるとこ
凄かった!しかも毎回綺麗に届くし。

演技も目に絶望感がすごく出てて、でもラストに向かっての感情の動きを
見事に表現してたと思います。ボソボソ喋るキャラだけど台詞が聞き取りづらい
ということも無かったですし…いや~ほんと素晴らしく勝家でした。

あとツイッターでのサービス精神も素晴らしいしセンスあるなと思いました(笑)
個人的に絶狼の変身シーンネタ嬉しかったです(笑)←


◆左近(加藤くん)

殺陣の動作が鈍いのは新キャストだしある程度は仕方ないかなと思います。
特に左近は軽快な足技の連続に二刀流という難易度の高いものを要求されるし。
でも私がそれ以上に気になったのは「演技」そのものでした。

セリフに感情が乗りきっていないので所々棒読みでしたし何より
左近のキャラ設定である「チャラさ」が足りない!
セリフがない時に目の前で展開されるお芝居に対しての居方もちょいちょい
気になりました。表情が本人に戻ってると言いましょうか…。

演技・殺陣どちらかが秀でていれば納得できるのですがどっちも中途半端な印象で…。
日に日に良くなってる!頑張ってる!と連日言われてますが私としては
ある程度のレベルまでを初日に持ってくるのが役者、プロだと思います。
初日にしか、1回しか見れないお客さんもいるわけですから。

彼だけでなく周りの役者陣も更に密度を増していくわけですし…。
他の新キャストも初演でこれか!という位に仕上げてきてたので余計に
そう思わざるを得ませんでした…。「頑張ってたよ!」って言われるのって
役者にとっては褒め言葉だとは私は思いません。。。

大阪で見る時に演技ともども成長した姿を楽しみにしております。


◆織田軍のみなさま

もうほんと…いう事ありませんw素晴らしいとしかw
窪寺さんの信長公はもうほんとさらに自然さを増していてあの人きっと
ゲームの中から本当に出てきてる!(笑)

明智さまはメイク変えられましたか?(笑)
すごく美人度が増していて、演技もゾクっとするくらい凄かったです。

浅井夫婦はもうね、見てるだけで泣けるしこの2人で良かったなって…。
長政さまの飛び蹴り美しすぎるね。お市ちゃんの声の変化、ゾクっとしました。
殺陣もすばらしく。そしてラストの展開は神だと思いました。。。


◆友一こじゅ&よーじろー佐助さまたち

宴会芸はよーじろーさんの圧勝だなって思いました(笑)←そこw
でも友一はそれでいいよもう(笑)最後まで突っ走って下さい(笑)


私が今度見るのは間が空いて11月末の大阪と名古屋大楽です。
アルカードと宙組の公演が11月にあるなんてイジメでしょうか…?^^;
ほんとお金と体が足りない…。
コメント

舞台 黒執事 -地に燃えるリコリス- 感想。

2014年10月09日 17時15分36秒 | テニミュ・キャスト
10/4 シアタードラマシティ

今回は今までの製作スタッフ陣がガラっと変わっての生執事でした。

観終わっての感想は「前作までの生執事を知ってるか知らないかで
感想別れそうだな~…」でしたが後で検索して色んな方の感想を
拝見したのですがやはり概ねそんな感じでしたかね…。

とにかくあの巨大なチェスの駒のセット…あれ必要だったかな…って。


まず冒頭でセバスチャンがあの駒の中から出てきた瞬間

ダ…ダサッ…!( ̄□ ̄;)!! 

って思いましたすいません…。あれならチェスの上から普通に登場のが
かっこよかったんじゃ…って思いました。シエルの鳥かごからの
瞬間移動はインパクトあって良かったです。私の席からはシエルが
階段を下りていくところが見えていたけど…w

Wチャールズ登場のいきなり出てきた感ww
そして巨大なチェスの上で2人が酒を飲みかわすのですがあんな狭いとこで
落ちやしないかとハラハラしながら見てました…結構揺れてたよね…。

あのチェスが上手く生かせたのって馬車のシーンくらいで全体の
ほぼ8~9割くらいは邪魔にしか思えなかったとです…。

あとシエルのベッドいくらなんでもショボ過ぎ…。

そして最後の歌がすごく壮大な感じなのに真ん中にチェスがあって
白いライトがただ当たってるだけの中をセバスとシエルが
ずっと歌ってる舞台上の景色がすごく寂しすぎて…。
あそこもっとなんとかならなかったのかな~
照明とかもっと上手く使って盛り上げてあげればいいのに…と思いました。

曲も全体的に似たような感じの印象を受けるし(特にソロ曲)
音楽もイギリスっぽい雰囲気が薄れちゃったね…。

あとセバスとグレルの戦闘シーンの見せ方が面白味がなかったかな…。
曲もイマイチ…。

まぁこれは前回のと比べてしまってるせいで出てくる感想なのかな
とも思います。あれが初演だったら中々よく出来てた!ってなると思う。
ただセバスのあの登場の仕方はやっぱりナイけどね!www

でも葬儀屋のお笑い要求が割とサラっとして終わったのあれ良かったです。
バサラでの宴会芸と同じくらい私の中では微妙なものなのでw
いやw面白いんですけどねwwやっぱり流れが途切れるからさ^^;

今回もキャスト陣はものすごいクオリティの高いものを見せてくれました。
特に今回はもう全てを掻っ攫って行ったマダムレッド!!!ですね。

本当に出てきた瞬間、第一声を発した瞬間からマダムレッドそのままで!!
演技も歌唱力も全てが素晴らしかったです!

あのディンドン~♪ディンドン~♪か~ねの音~♪が耳から離れません…。
シネマティックレコードの歌唱と表現力にもう脱帽!!
もう最後は出てきただけで涙が出る始末…。
あのラストのシエルとのデュエット…泣けて仕方なかったな~…。
久しぶりに舞台で眼球痛くなるくらい泣きました…(´;ω;`)

元・雪組だったんですね。85期生。礼音さんと同期。
もし退団されていなかったらあの歌唱力と美貌ですし良いとこまで行けたのでは…。
お顔小さかったし細いのにあの胸に釘付けだった…。

とにかく凄すぎて優也が霞んでしまうレベルでした…。

優也のセバスはもう更に小野Dにそっくりなエロ声になってて…。
ただ今回若干キャラ崩壊なギャグシーン多くてどうした…?
ってなりました…^^;

あと上着を脱いだ後のベストでの後姿がめちゃ目の前でめちゃ堪能しました(*´д`*)ハァハァ
あの背筋からの細腰たまらんすまっしゅ!!!!!!!!!!!!!

シエル役のなゆたくんは初舞台だそうで…それにしては頑張ってたなーと思いました。
そしてしっかりした子ですね…。シエルって台詞多いし難しい台詞も多いし
大変だったろうと思います。お顔立ちが結構 和 な感じで好きです。←
台詞まわしとかがやはり気になる部分多かったけど芯の強さは十分
感じられるシエルでした。

植原たっくんのグレルも相変わらず2次元からようこそレベル。
そして歌もすごく上手くなったな~って思いました!
マダムへの冷酷非道さ…ゾクゾクするくらい良かったです…。

ヒデのドルイット。なんだか前回より更にたっつんの声や演技に
似せてきてて濃かったな~(笑)ただ個人的にはもうちょいヒデが
やるからこそのドルイットを見たいかな…って思いました。

役への照れがない思い切った振り切りっぷりはほんとすごいし
尊敬するけども!贅沢な注文だな!とは思うけども!

前に久保田がBASARAの筆頭の声をやってる中井さんの演技や喋り方は
参考にするし研究もするけど舞台であのままやるとおかしな事になるので
そこは自分で模索しながら作っていってますって言ってたのを思い出しました。
今度出るならそういう部分をもっと感じたいです!ヒデ様!!
それにしてもライビュで見たヒデイットは本当に美しい変態だった。

最初キービジュアル見た時に\(^0^)/したけど実際に見て想像以上に
ツボに入ったのがWチャールズ!!もっくんと広瀬君でした!!
広瀬君の美声を久々に堪能しました。2人とも白髪が似合うね~。
歌も上手いし見た目含め全てバランスがすごく良かったです!
さすがのお2人でした!

あらやんのラウ。他の皆が歌が上手いのでちょいハラハラしながら
見ておりましたwいやでも怪しくてテキトーな感じがすごくハマってました。
チャイナ服の体のラインがとても良いなと思いましたありがとう(微笑み)
あと私が見た回でTMRネタしてくれてありがとう!ww

輝馬の出番あれだけの為に出てたのかと思うと涙ちょちょぎれる…!w
なんて贅沢な使い方よ!!私は気づかなかったけどアンサンブル的にも
出てたのかな~。

ファントムハイヴ家の使用人3人も可愛らしかった!(ざっくりまとめた)
アンダーテイカーも相変わらずの2次元からようこそで!
あの捌け際のアドリブ面白かったな~(笑)

しゅんりーとテラのアバハンも安定の面白さでした!
ん好きー!(笑)

黒執事舞台はこれからも続きそうですが今後はキャストが変わる可能性
大な気もしますね…。今回も優也や植原くん達が出てくれるのか
ドキドキしましたから…。次回あるなら是非サーカス編を見てみたいな。。。
コメント

テニミュ2nd 全国立海 感想。

2014年08月09日 22時37分13秒 | テニミュ2nd

8/6の大阪公演初日を見てきましたよー。

濃かったです…すごく濃かった…2公演分を1公演にまとめてるんだもの…。
濃縮されすぎててもう2幕終わった時点でお腹いっぱい!ってなった(笑)

でも「3幕一番長いですよ」って言われてマジデー?!ってなった(笑)
やっぱり初見は楽しく時間があっという間に過ぎたけどあれマチソワ
するのちと大変だね…おばちゃんにはキツイお^^;

そして1stと違うのは前回は歴代の積み重ねの上での集大成って感じでしたが
今回は小越リョーマを中心とした集大成っていう感じがしました。
ライバルズと戦うシーンなんかは全員小越リョーマと本当に戦ってるからね。

だからこそ。ライバルズのシーンが駆け足になったの勿体ないかなって…。
お芝居でやってた部分を歌で繋げましたって演出でしかも新曲で
歌い繋いでたのでカタルシスに欠けてたのが否めないかな…。

あと楽曲が今までのザ・テニミュ!って感じの曲調からより普通の
ミュージカルソングって感じのが多くて。だから逆に印象に残らないって
感想が多かったのかな~って思いました。求められてるレベルは
上がってる楽曲多いのにね!ほんと普通のミュージカルっぽかったです。

個人的にはマッチポイントに「僕は誰?」を混ぜてきてたのに鳥肌…!
あれすごい…!小越くんだから歌えるんだ!って思いました。

あと四天のあの短くて暗い歌とかw不二が手塚の事を語る台詞が歌と台詞で
構成されててすごいミュージカルっぽかったし矢田ちゃん上手かった~。
でもあれ2回いるかな…とは思った(笑)

ラストの四天→立海の鎬の繋ぎの雑さも気になりました^^;
あれもっとどうにかならなかったのかなw

全体的に各試合、曲やシーンが削られてるのに不二VS仁王だけ削るどころか
更に盛ってきてたのは一体なぜww既存曲が結構アレンジされまくってるのに
クローズドアイとイリュージョンだけは原曲のままなのなぜww

とか思いつつクローズドアイのイントロ聞いた瞬間自分でもびっくりしたんだけど
色んな思いがブワワワワッ!って甦ってきてイントロで泣いたよね…。
私自分で思ってたより汰斗ファンだなって思った瞬間…w

矢田不二くんのクローズドアイがものっすごい雄々しくて。
いきなりマックスで歌い出したので汰斗不二の歌声に慣れ過ぎてたので
ちとビックリしたw汰斗不二が儚く感じたw現役の時は儚いとか思った
ことないのにww星花火もだし力強い不二にこれは仁王負けても仕方ない感
すごかった。。。

くぼひでのイリュージョンは聞いてたよりも全然良かったですよ!
後半ちょっとキツそうなのと高音が辛そうかな~とは思ったけど。

イリュージョンと言えばあの後ろに出来た扉。あの演出すごいいいですね^^
すごいヲタ心つく感じでw上島てんてーの演出は毎回いつも楽しませてくれます。

真田vs手塚は真田が調子ノってる感が割とすごくてちょっと小物感が…w
絶対この後こいつヤラれるフラグ立ちすぎてた気がしますwww
兼ちゃんは濃すぎたので間が丁度いいねって友達と結論に至りましたw

乾・海堂vs柳・赤也戦が一番削られてた感あったかな…。
原嶋くんのデビルは動きがゾンビのようで怖かった…すごく良かった。
同じシーンでも違うデビルが出来上がってるのがすごいな~と。
あとは歌もうちょい頑張って~^^;

黄金VSプラチナペア。これはもうさーあの曲泣くよね。やっぱ泣くよね!><

試合の最後に菊丸が飛びついて股間がもろ大石の顔の前にくる原作に忠実なあれw
いっけい君のまりおの受け止め方がなんだか面白かったんだけどあれ毎回なのかなw
ものすごいお尻を支えてたww

あと印象に残ったのがブン太のウィンクね…15列目でも破壊力あったよ!
すんごいアイドルだった…///

リョーマと桃。思い出せ越前。これもやっぱ泣いた(´;ω;`)
今回はリョーマが思い出していく過程も混ぜ込んでいて。。。
前回は前後編で別れてたのが一本化したことによってすごく盛り上がってて
更に感動的に見れた気がします。小越リョーマの記憶喪失そうきましたか!
って感じで。全開の笑顔のリョーマ!かわいい!!座り方もお上品!!

リョーマVS幸村戦。神永君すごく良かった。前に小越リョーマに対して
どこまでラスボス感を出せるかな…って思ってたのですが良かったです。
ただ曲が減ったのと曲調が変わってしまったので魔王らしさは薄れて
しまったかもしれない…とは思いました。

あとリョーマが振り回されるシーンの振り付け演出がすごくなってて
ついつい小越くんに視線奪われがちになってしまった…^^;
しかしなぜ毎回リョーマの映像入れたがるのかww

そういや今回のラスト、とても立海ファンに優しく作られてるなって思いました。
前回は容赦のない終わり方と演出で今までのテニミュになかった厳しさだったので…。

リョーマと幸村の握手がちゃんと劇中にあることと(前はオンマイウェイであった)
ラストまで幸村が立ち去らずに舞台にいた事は大きいですね。
あのシーン、ライビュで幸村の表情をよく見たいと思いました。

そういえば優勝旗が無くなったのなんでなの?あれ地味にショックでした…。


そしてそして!森山栄治パパおかえりなさーい\(^0^)/
まさかメルパルクで!テニミュで!栄治さんをまた見れるなんてね!!!!!
良く考えたら不動峰以来じゃないかな…ルドはオリエンタル劇場だったし…。
栄治さんが台詞で「懐かしい感じがする…」って言った時嬉しかったなぁ^^

演技の上手い南次郎がなんだか新鮮でしたwそして思ってたよりも綺麗に
仕上げてきててね…。上島てんてーの良い意味でいい加減な感じがすごく
南次郎っぽくてハマってたんだな~とも改めて思い…。
お笑い部分も流石でした(笑)
千秋楽だけでいいから\知ってるかい?/ってやってほしいな…なんて(笑)


しかし全体を見てて思ったのが今回、両チームともベンチワークが
めちゃめちゃ少ない事かな…。1stの全国立海の時は青学だけでもどこ見ていいんじゃー!
状態だったのだけど今回ほんと全くそういった台本の行間を埋める芝居が
無かったなって…。試合展開に応じたリアクションを返すだけで…。
作り込む時間がそれほど無かったのかな…ってそこはちょっと残念でした。

以前は2つだったのを1つに+四天も全員ずっといるとかでもっとバタバタした
公演になってるんじゃないかなと思ってたけどすごく上手くまとめられてて
2ndらしい演出やアレンジも感じられて濃密な4時間でした。

あとはライビュ見れたらいいな。。。

そういやラストの曲で小越リョマがセンターに立った時、細っ!!ちっちゃ!
って思いました(笑)冬公演は龍輝ジャージがむっちむちだったからね(笑)

千秋楽最後まで皆さん誰一人欠けることなく駆け抜けていってください!
1st全国立海は色々ありすぎたので!(笑)
コメント

お久しぶりの更新です。

2014年07月17日 15時47分11秒 | Weblog
イケメン若手俳優を追いかけて10年以上経ちましたが
私は最近次の段階を踏もうとしてるというかもうしてるね(笑)

ヲタの最終地点じゃないかな…宝塚…(笑)

やっぱり存在を知っててもその人によってハマるタイミングって
あると思うのだけどそれが私の場合今だったのだな…(笑)


宝塚は銀英の時に初めて見たんだけどその時もその世界観に圧倒されつつ
楽しみつつもハマってなかったものな…。テニミュ1st時代に出会った友達にも
その頃「ええよ~見てみて!」ってスカステ(宝塚専門ch)やDVDを
見せられた事あったけどピンと来ず…。

そもそも私は女性の芸能人とかに興味が全くなかったので今の自分の
はまりようにビックリしてる(笑)

そして分かったことがあるけど私はあまり箱推しなタイプじゃないなってこと。
テニミュでもこのチームだから好きとかいうのはほぼ無く(5代目は例外)
この役者さんいいな!この人もいい演技されるな!とかそういう感じで
好きになってて。宝塚も宙組だけじゃなくて花組、月組、雪組と生で見て
(後は星組だけですがこれも8月に見る予定)やっぱ特別この組が好き!
ってのはまだないけどそれぞれ好きになった役者さんがちらほら…。

特に花組の望海風斗さんと雪組の壮さんにハマってます。

私の好み分かりやすい(笑)

壮さんはもう退団されるのが悔やまれるー!早いですよー!
トップになって1年ちょいなのにー!><

あと大きな要因は近くに劇場があってしかもチケット代が安いってのが
大きいですね!生であのクオリティを見れるんだよ!3500円で!!(笑)
ビギナーにはほんと入りやすい世界だったんだな…って思いました。

宙組トップのかなめさんの退団発表で特番いっぱいあるんだろうな…
とか思ったらスカステにも加入してしまったしね…。
月額料、最初聞いた時は高い!と思ったけど一日中過去の舞台作品が流れてるわ
初日、千秋楽映像は翌日ニュースとして流してくれるわ、ジェンヌさんの
色んな番組あるわでこれは安いと思いますよ…。

昔テニミュCHとかあったらいいのに!って思ったけどほんと欲しいよねw
テニミュ限定とかじゃなくていいから舞台chとかさ!

まぁそんなこんなで私はしばらくこの流れに身を任せてヲタ充します(笑)



コメント (2)

舞台 銀英伝シリーズに思う事。

2013年12月05日 19時20分14秒 | Weblog
毎度発表される度に日記に愚痴を書いてすっきりして
うpするのは止めてたんだけど最後だしいいかな…。

舞台 銀英シリーズの最後の公演となるキャストが発表になったけど
そうきましたか…という感じでもうほとほと制作側にうんざり…。

なんで主人公役の間宮くんの表記があんなに下なの…。
今回初参加のはずのキャストがJだからってなぜあんな上に表記されるのか。

どんな劇団、どんな作品でも役の大きさで順番に表記されるべきだと思うのです。

もっと言うならヤン役である河村さんがTOP表記もおかしいと思うんだ…。
あくまでも銀英という作品の主人公はラインハルトなんだからさ…。

あの表記見るときっと次回のカテコでラインハルト様センターじゃないんだぜ…。
また端っこか後ろにいる風景が目に浮かぶよ…(涙)

初陣でラインハルトがカテコでラストに出てきてセンターに立った時に
喜んでた原作ファンの健気さを思うともうさ…。

でもって2.5次元舞台でここまでキャスト配役に一貫性のない舞台見たことないね…。

私はここまでくると逆にキス○イのあの二人に同情を禁じ得ない…。
発表される度に原作ファンに叩かれ溜息をつかれるあの二人に…。
悪いのは原作ファンの思いを汲む気がない制作側とあの事務所のやり方
だと思うんだよね…。

銀英ファンが落胆してるのはあの事務所が絡むことによってまた大人の事情
丸出しになって原作の世界観が壊された舞台になるんじゃないかという事だと思う。

演技面においては一人の方がほんとかつて私も見たことない程に
酷かった(しかもやる役はかなり重要な役だった)のもあるだろうが…^^;

全員があそこまでではないと思うしジャニだから嫌という訳ではない…。
ジャニーズでも素晴らしいと思う役者さんたくさんいますし。
光一君のプロ根性とかこの間見た鉈切り丸の森田君とか凄かったよ。

ただこの事務所が原作つきのものやると原作ファンの見たかった
世界観が壊されることがね…ドラマでも多いやん…。

は~~~~…ほんとこの舞台には最後まで振り回されっぱなしだったな…。
でも個人的にはあの『初陣』という作品を見れたことが大きい。
あれがなかったらもっと騒いでたかも…^^;

キス○イの二人は双璧で出ればいいんじゃないかな…
その方が親友感が演技にも出そうだし。ポスターのキービジュアルも二人並んで写れるし。

とにかく最後だし原作ファンも楽しめるように作ってほしいな…。
それにしても後編だけ見るキス○イファンの子達は話がわかるのだろうか…^^;
コメント

誠治郎くん&コニー 大阪トークショーレポ。

2013年12月01日 23時49分36秒 | 戦国BASARA
11/30 TBホール 中村誠治郎 小谷嘉一 

ものすごく久々にウエパのイベントに行ってきました。
BASARA大千秋楽から1週間後でこの二人ときたらもう行かない
訳にはいきません(笑)会場もお客さん満員でしたよ!よかった(*´∀`)

二人が入ってくる前に司会のお姉さんから
「この間BASARA終わったんですよね?じゃあ何かしましょうか?」
と皆で相談しある事をすることに(笑)そしていよいよ二人の登場です!

後方の扉、下手側からコニー、上手側から誠治郎くんが出てきました。
私は上手側の席だったので真横を通ってくる誠治郎くんを見てたのですが
どうやら反対側ではコニー躓いていたらしい(笑)

誠「さっき楽屋でコケたらつかみはオッケーですよね!とか言ってました。
 コニーはそういう男です!」

コ「言ってないです!!!」

早速いつものようにコニーを落とし始める誠治郎くんwww

★お疲れ様でした\(^O^)/

司「先週も舞台で大阪だったんですよね?」
誠「そうです!あれなんていう作品だっけ?なんとかBASARA」

ほぼ言ってますやんwwww

司「ということで戦国BASARA千秋楽!」
客「お疲れ様でしたー!\(^O^)/ (みんな両手を広げる)」

誠治郎くんとコニーは戸惑ってたwww
さっき↑で言っていたことはこれをすることでしたww

コ「それ、ビジュアル系のやつですよね?」

司会者の方の発案だけど恐らくその発想ではなかったと思いますww
でも舞台終わって皆で「お疲れ様でした!」って言えるのってイイネ!^^


★行きの新幹線

誠「大阪行きの新幹線の席が両隣女性で…」
客「ひゅ~~~~!」
誠「ウエ~♪(ドヤ顔)」

このやり取り面白すぎたw誠治郎君ファンのノリってこんな感じなんだ~
と思うと同時にすごい好感持ちましたww

誠「クールぶって座ったけどすぐ寝て自分のいびきで2回起きました」

wwwwwwww


★コニーの声が…

この日のコニーの声が本当にカッスカスで(笑)
オネエに磨きがかかってると誠治郎くん(笑)
確かに否定はできなかった(笑)

誠「俺は裏で発声練習してたからね!あーあー!って」
コ「メイクされてる時も爆睡でしたよね?あんなに髪の毛
    引っ張られてセットされてるのに全然起きないのすごいですよ」
誠「メイクされてると気持いいじゃないですか?!」

客席シーン(笑)

司「いや、私達は普段自分でする側なので寝たらメイクできません」

その通りです(笑)

★ファッションチェック

お二人のファッションチェックから行きましょう!って事で
えー二人の服は各自のブログに載ってるかと思います^^(←)

誠「さあ見てくれ!今日はちゃんとしてきたよ!」

wwwwwどうやら以前のイベントで格式高い感じの会場で短パンTシャツで
行ったことがあるらしく「ちゃんとしてください」って怒られた事があるらしい(笑)

誠治郎くんの履いてたパンツはこの間のブログでも自慢してた(笑)
広瀬くんと偶然会って一緒に服を選んでもらった時に買ったやつでした!

誠「こういう色合いの持ってないでしょ?って言ってくれて~(ニコニコ)」

とっても綺麗な青い色のパンツでよく似合ってたました。そして足ほっそいね!

誠「(客席に向かって)いま足短いって言った?!」
コ「誠治郎さんは器がでかいじゃないですか^^」
誠「?!∑(゜∀゜)コニー!」

全ては我が盤上の運びのままよ…( ̄ー+ ̄)キラリ

とかってコニーが思ってたかどうかは定かではありませんが(笑)

誠「吉田友一がほんと足長くて…!この間あいつに誠治郎さんは(殺陣の時)
  腰が安定してますよね。おれフラフラしちゃって…って言ってきて…。
  それはお前の足が長すぎるからだよ!俺は短いから安定してんだよ!」

wwwwww

コ「そんなに足短くは…(と誠治郎くんの足をじっくり見て言葉が途切れる)」
誠「おい!!!!!!」会場爆笑wwwww

ここでだったか忘れたけどいきなり股間のチャックを確認する誠治郎くんww
しかも正面向いたままwwwそして着てる服の全ての値段を言う誠治郎くん(笑)

今回イベント見てて思ったけどちょいちょい見せる行動や言動がもう一切何も
隠さない、何も考えてない、真っ直ぐな男らしさを感じました(笑)
よくネタのように「これも計算です!」っていうけどあんま何も考えてないよねw

誠「これはベトナムの写真集の時に衣装さんからもらったやつで~」
コ「え?誠治郎さんベトナムの写真撮ってきたんですか?」
誠「…え?」
コ「さっきベトナムの写真集って…」
誠「あ、俺がベトナム行って写真撮ってきたって思ったの?ちげーよ!」

コニー(笑)

コニーのファッションのポイントは上着の前を上まで留めようと思ったんだけど
暑くて止めたことだそうですwww

誠「コニーはいつもおしゃれですよ」
コ「そんなことないですよ!誠治郎さんのほうが」
誠「何言ってんだよお前のほうが!( ´∀`)ノ」
コ「いや誠治郎さんの方が!(´∀` )」

と笑顔で延々と褒め合う二人(笑)じゃあここでウォーキングしてもらいましょう
となって誠治郎くんは格好良く決めたんだけどコニーが!コニーが!!

両手を上に上げてルンルンルン♪って腕を振って歩く完全に女子の歩き方で会場爆笑wwwwww

誠「なんでそんな歩き方になるんだよ!ww」
コ「いやモデルって思ったら咄嗟にこんな感じに…(;><)」

コニーwwwwwww


★なかよしトークライブ

コニーは先輩は勿論後輩にも敬語らしいです。
だから余計に本心が読めない時もあると誠治郎くん(笑)
付き合いが長くなると分かるんですけどねと。

コ「今回”なかよしトークライブ”じゃないですか?僕もし今回の舞台中に
  誠治郎さんと仲悪くなったらどうしよう?ってちょっと心配してたんです(;><)」

誠「そんなことある訳無いじゃん!!」

コニー可愛すぎるwww

コ「え、じゃあその体でいく?やっぱやめとこ。仲良しでいこ」

とキャッキャとじゃれ合う二人に

司「(冷静な声で)はい、仲良しです。」

wwwwwwwwwwwww


★バサライン

司「みんな最初から仲良しなんですか?」
誠「最初はそうでもないですね…今回は新キャストもいて…。新キャストは
  やっぱり気を使って新キャスト同士でいたりするんですよね。バサラインで
  飯行こうぜ!って打っても返事帰ってくるの佐久さんだけだったり…。
  あとは全然関係ない悠来から『了解!』って…」

会場爆笑www

誠「何時にどこそこ集合ね!って打ったら『了解!すぐ行くわ』って返ってくる
  んですよ(笑)お前 絶対来いよ!って返したんですけど(笑)
  東京の打ち上げの時もスタッフは参加できなかったので俺がセッティングして
  場所あそこねって打ったらまた悠来が『了解!あそこの角右に曲がったとこ
  だよね』って返してきてなんで知ってるんだよ!って(笑)」

さすが久保田さんですwww

誠「決して仲が悪いわけじゃないけどやっぱり最初はね…俺らも3の時
 そうだったもんね」
コ「出来上がった輪の中に入るのって中々大変ですよね。隅っこでずっと
  おにぎり食べてましたもんね」

wwwそういや名古屋のアフトクで吉岡くんもすっごい隅にいたっていうのを
思い出しました^^;

バサライン見てみたい!すごく面白そう!(笑)


★意外とちゃんとしてる

司「意外とそういうまとめ役みたいなことをしてはるんですね」
誠「しますよ!」
司「でも前に根本さんといた時ほんとテキトーというか…」
コ「ライブ観に行ったことあるんですけどMCテキトーですよね」
誠「ちゃんとしてる奴がいる時はいいんだよ!」

惚気ですか、ありがとうございました(笑)

★BASARAの打ち上げ

誠「打ち上げの会場に早く行き過ぎてめっちゃ広い会場の奥に座って待ってたら
  みんながすっごい遠巻きに写メ撮り始めて「よ!座長!」とかって」

コ「大奥みたいになってましたよね」

wwwwww
コニーはすごくお酒が強いらしく誕生日の時にシャンパン16本飲んだとか(笑)
顔色も変わらないらしい。すごいな。

コ「誠治郎さん お酒強くなりましたよね!」
誠「そう!前はカシスオレンジ1杯で酔ってたのに。BASARAの飲み会で鍛えられた。
  西田さんが一人一人に大入り袋渡す度に何故か俺が絡まれて…」
コ「それは誠治郎さんがいちいち絡むからですよ!」

www

コ「西田さんがなにか言う度に「ウソつけよ!」とかなんとか茶々入れるから。
  だから僕「誠治郎さんちょっとこっち来てくださいって呼んで」
誠「黙って飲めって言われてね。面倒みてもらいました」

途中コニーだったか滝川筆頭の話仕掛けたんだけど途中で止めちゃって

コ「なんか英治さんが滑ったみたいになった」
誠「いやだいたいあの人ずっと滑ってるから」

wwwww

★いつきダンス

誠「あの衣装のまんまで袖でずっと二人でいつきダンス踊ってたよね!
  いつき♪いつき♪って。最後のハートマークのとこも二人で作ってね。 
  あれスタッフさんがムービーで撮ってたから映像残ってる」

どうか!!どうかその映像をDVDに入れてくださいーーーーー!!!!!!!><
三成と元就があの衣装のまま踊ってるところ想像だけで憤死したけど!!!
死ぬ覚悟はできています!!←

まぁイベント会場で踊ってくれたのでそれ見れただけでも来て良かった…!


★大阪のゲネ

誠「今回ゲネはCAPCOM関係者ばっかりで…場当たりの時に歌舞伎BASARA
  ってのをやって『いよぉ!↑』『あ、何度やっても~むぅだだあ~↑↓』
  『秀吉様に逆らった時点で、あ!貴様の負けは決まっていたぁああ~~』
   とかってやってました」

wwwwwwwwwwこれほんと面白すぎたwwwwほんと歌舞伎だったwww

誠「あと『し』を『す』に変えて『わたすは…わたすは…わたすだけのおおおお!!』
  ってやってました」

バカだwwwwwwwそういうの大好きなのでバクステに入れてください(笑)


★押し笑い

コ「誠治郎さん その引き笑いやめてもらっていいですか?」
誠「引いてないです!押してるんですー!引いたら声出ないじゃん!」

確かにwwwあのカッカッカッカッって笑いほんと最初は衝撃だったな~(笑)
見た目を裏切る笑い方ですよね誠治郎くんって…^^;


◆今回の公演で一番大変だったことは?

コ「ずっと使ってた武器が大阪で壊れてしまって…」
誠「コニーの殺陣ほんとすごいよね!」
コ「いや、剣殺陣の方が難しいですよ!」
誠「そんなことないよ!剣殺陣の方が簡単だって!だってあの輪刀ほんと
  重いんですよ!おれ稽古場で借りてやってみたけど全然できなかったよね」
コ「そうですね~」

そこは否定しないんだwwwwww

コ「宴会芸の時にコニーそこでフラフープしてって言われた時はキャラクター
  壊さないかなとかめっちゃ心配で…」
誠「あそこでめっちゃ笑いそうになった!コニー見たら真顔で必死にやってたから
  笑いそうになったら睨みつける!ってのをやってて…」

宴会芸の時よく笑わないな~と思ってたけどそうだったのか(笑)

誠「僕は座長だったことですかね。まとめなきゃって思ってて」
コ「皆のことよく見てましたよね」
誠「あちこち顔出しすぎてウザがられなかったかな~って」
コ「そんなことないですよ!間の詰め方とか色々と教えてくれて」
誠「特にビシンと真田のユウにはめっちゃ言ったね…真田のユウって(笑)」

吉岡くんですね(笑)

誠「あいつ努力家で一番稽古場に早く来て遅く帰って10分でいいから
  殺陣見てくださいって言って結局1時間半くらいやったり…。駄目だし
  したとこも翌日には直してきてそういうのが嬉しかった。」

コ「すごい素直に聞いてましたよね」

とここでコニーが吉岡くんの役をやって教えてるところを実践(笑)

誠「やってみな。違うよ。ここでこう回すから遅いんだろ?こうだよ」
コ「はい!はい!」

ってな感じのやり取りをしてましたw

司「一番早く帰るのは誰ですか?」

えwww

誠&コ「え~~~~…(お互いを見やる)」

コ「おれ早かったかな…でもいたらいたで邪魔かなって思って…」
誠「基本俺たち早かったね…でも遅くいればいいってもんじゃないんですよ稽古って」
コ「気を使われるのイヤだったんですよね…」

なるほど。


◆役作りに関してこだわっていることは?

誠「原作モノじゃない時は自分の解釈で演じるけど原作つきのものは
  喋り方や仕草とかめっちゃ見て研究してます。特に仕草は意識してます。
  あと台詞のニュアンスも」

コ「千秋楽も映像めっちゃ見てましたよね」

ここはもうすごい頷いてしまった。誠治郎くんの三成って立ち方から
台詞の言い方の微妙なニュアンスまで似せてきますよね。特に語尾。

誠「みんなやってます」
コ「誠治郎さんは努力を見せないですよね」

そういう人すごく好きです!


◆今回のメンバーで絶対負けたくないって人は?

誠「俺はビシンかな。あいつの前では完璧な先輩でないと」

おおー!

コ「僕は豊臣秀吉には負けたくないです。あの人ほんといたずら好きで…。
  前に財布を冷凍庫に入れられた事があって金具のとこが凍ってました。
  いたずらに負けないようにしたいです」←そこwwwww

誠「純烈ひどいよね~。洋二郎さんも…あ、間違えた裕次郎さんも酷いんですよ~」

って何か話してた気がしますが忘れた…。

◆モノマネ

誠「コニーがやるマオの長宗我部がすごいそっくりなんですよ!」
コ「え!やるんですか?今日喉の調子が…」
誠「やってよ!」

喉を必死に整えるコニーw台詞を言いかけるも声が変に掠れて撃沈(笑)
後ろを向いて「あー!あー!」って発声練習して再挑戦したけど結構似てた(笑)
けどやっぱり本調子じゃなくって微妙な感じに^^;

誠「いつもはもっと似てるんですよ!!」

でもマオのアニキのモノマネが聞けて嬉しかったよう(´;ω;`)


誠「おれ三好三人衆のモノマネできるよね」

ってことでやってくれたけど次兄が一番似てた気がします(笑)

司「前回Ashの時にトトロのモノマネがすごく似てましたよね?」

ってことでコニーがメイちゃん、誠治郎くんがトトロをやることに。

コ「(ものすごい甲高い声ででも掠れてる)あなたはだあれ?」

コニーの精一杯のメイちゃんに会場爆笑www

誠「あんたがだーれ?!だよ!!!」

この日のブログのタイトルはこれが元ネタでした(笑)


◆お互いの第一印象

誠「いい男祭りだよね。めっちゃ周りがテニスの王子様ばっかで…」

確かにテニミュキャストばっかだったね^^;

誠「何がテニスの王子様じゃー!って…その頃あんま仕事なくて…
  みんな売れてる人ばっかでなんで俺ここに呼ばれたの?って思ってて…
  その頃すごい人見知りで…」

コ「でも誠治郎さんにはルービックキューブがありましたよね!
  楽屋ですごいですね~って感じに会話しましたよね」

誠「BASARA3の稽古場で再会して…」
コ「『僕のこと覚えてますか?』って声かけて…」
誠「いい男祭りですよね?って返してお互い顔見知りいないんで
  よろしくお願いしますって感じでね」
コ「音楽やってるんですよね?って音楽の話をすごいしてました」


◆今日あった面白いことを教えて下さい。

コ「昨日でもいいですか?昨日駅のホームに立ってたら男性の方が急に近寄ってきて
  『握手してもらってもいいですか?』っていうからしたら『水嶋ヒロさんですよね?』
  って…」
誠「横にいたマネージャーさんが『違います!』ってねw」

この時コニーはマスクしてたらしいんだけどたしかに目元とか似てるかもしれない!(笑)

誠「僕は今朝ホテルの目覚まし壊しちゃって…止めようとしたら勢い良すぎて
  落ちて電池とか飛び出ちゃって…」

コ「斬滅しちゃったんですね」
誠「そう イエヤスウウウウウウ!!って(勢い良くボタンを押すフリ)」

ナイスコメント!コニー(笑)


◆どうやったらそんな可愛い30代になれますか?

誠「計算です!(`・ω・´)」

wwwww

コ「どうやったらこんな30代に?気づいたらなってるじゃないですか」

wwwwwwwwwwwwwこの言い方がなんでそんな当たり前な事聞くの?
って感じでめっちゃ笑いましたwwwwwww

誠「そうだよね!よく年齢聞かれて答えると驚かれる事多いけど…。
  楽しいことやってるからかな。」

うん、自分が好きなことをやってたりハマってる人は若いな~って
私も思いまする。



◆最近ハマっている食べ物は?

コ「最近ハマっている食べ物ですか?最近ハマっている食べ物ですか?( ´゜д゜`)
  最近よく食べてるものですよね…最近ハマっている食べ物ですか?( ´゜д゜`)」

何回聞くんですか?!wwwwwww

誠「漬物だよね(すごいテキトーな感じにw)」
コ「漬物は食べないですね…(ばっさり)え~~~~と答えは明日でもいいですか?」

真面目か!www結局辛いものに落ち着きました(笑)


◆リンパマッサージ

誠「俺リンパマッサージとかもしてるけどあんまり成果出てないな」
コ「リンパマッサージってどうやるんですか?」
誠「・・・・・・後で楽屋で教えるから!」

私もリンパマッサージ興味あるからすごい聞きたかった…(´・ω・`)


◆お互いを花に例えるなら

この質問に戸惑う二人と会場wwお互いの顔をじっと見つめて

誠「パンジーかな」
コ「誠治郎さんは薔薇ですね」
誠「え、おれ向日葵とか言われるかと思った(゜∀゜)」

すごく嬉しそうな誠治郎くんw

コ「トゲがほどよくない感じの薔薇です(´∀` )」
誠『?!(゜ロ゜)』

たまに返しが黒いコニー(笑)


◆お互いの好きなとこ、嫌のところを3つずつ。

3つ?!多くね?!って思いましたがやることにw
おもむろに椅子を動かして向き合う二人wwなにこれwww

誠「思いやりがあるとこ?ふぅ~~♪(ドヤ顔)」

なにこのノリwwwww

コ「誠治郎さんはイケメンそうで性格がイケメンじゃないとこ♪(´∀`*)」

コニーの返しがたまに黒いとこ大好きですwww

誠「努力家のとこ」
コ「じつはしっかりまとめてくれる人」

誠「お酒強いとこ。みんなの世話してくれるとこ」

コ「あと1つですよね・・・・・・・ないです!(´∀`*)」

wwwwwwコニー最高!!!(笑)

司「苦手なとこはないんですか?」
誠「たまに本心がわからない時がある」

wwwwwwww

誠「たまに言うでしょ?お前今本心じゃないだろう?!って」
コ「僕もありました…そうやって言われるとこ!」

wwwwwwww

  
◆W主演で芝居をやるならどんな作品がいいですか?

コ「ぼく誠治郎さんと兄弟の役がいいですね。誠治郎くんがお兄さんで
 僕が弟で生き別れてて兄弟と知らずに出会うんです。で、街でぶつかって
 喧嘩になって裁判とかになって段々兄弟って知っていくっていう…」

なんでこんなスラスラとシチュエーション出てくるのかとビックリですし面白い(笑)

誠「裁判所に来たお互いの親戚を見てあれ?ってなるんでしょ!はとこ役はビシンにしよう!」

ビシン(笑)ここでその寸劇してくれたんだけど道でぶつかった時の誠治郎くんの
倒れ方がほんと綺麗にあっさりと倒れて面白かったですwwwwwww


誠「俺はコメディやりたいです。ワンシチュエーションでずっと出ずっぱ。 
  コニーはそのままでいい。不思議ちゃん。ずっと不思議ちゃんにイライラしてる
  好青年の話!^^」

wwwってことでこれもやってみる事になったのだけどコニーが炸裂したよね…。
椅子に座ってお互い寝てるとこから始まります。するとコニーが突然

コ「(目をかっぴらいて)ぴざまん!ぴざまん!!(゜∀゜)
  (キョロキョロしたり足をタンタンしながら ぴざまん!ぴざまん!!(゜∀゜)」

想像以上の唐突な不思議ちゃんっぷりに会場大爆笑wwwwwwwwwwww
私もほんと笑いすぎてお腹痛かったwwwwwwwwすると目をつぶってた誠治郎くんも
耐え切れず笑い出して

誠「おま…!俺そういう人愛しちゃうから!怒れないから!!」

コニーの圧勝でした(笑)


★写真撮影

撮影中、指の逆剥けをしきりに気にする誠治郎くんwそしておもむろにその指を
チューってやってたけどまだ握手あるのにwwって見てたら「あ!」って顔して
慌てて服で拭いてたwwwあと撮影でハートマークをするのですがその形の
作り方を必死に考えてる誠治郎くんwwお客さん握手待ってるよ!www
と、お客さんがコニーと喋ってる間ほんと隙だらけな誠治郎くんでした(笑)


★マフィアとその愛人

撮影で二人の席替えになった時に誠治郎くんが真ん中の椅子にどっかと座ったら
コニーが誠治郎くんの方にしなだれかかって客席悲鳴(笑)
そしてその写真がロビーに貼られたんだけどその写真を撮影する列できてました(笑)
私も並んで撮ったけどものすごい威圧感ある座り方で睨みをきかせてる誠治郎くんに
うっとりと目をつぶってコニーがしなだれかかっていてマジ↑のタイトルみたいだった(笑)

★挨拶で

最後の挨拶でまた足が短いネタになった時おもむろに両足開いて股間押さえて
足の付け根を確認してからコニーの股間を押さえて付け根を確認しようとする誠治郎くん(笑)
とっさに逃げるコニー(笑)

誠治郎『あ、ち○こ触ろうとする危ない人みたいになるとこだった』
コニー『?!(゜ロ゜)』

ち○こ言うなしwwこの後焦った顔して「あぶねー」って呟いてたけど多分もう
手遅れだと思います(笑)


とにかく終始楽しかった!コニーの妖精っぷりも堪能したし誠治郎くんも本当に
イケメンだけど残念でした(褒めてますwそこが大好きですw)

こんなもんでしょうか…久しぶりに頑張ってレポ書いたよ!
ここまで読んだ方お疲れ様でしたー!そして東京レポ私にください(笑)
コメント

舞台戦国BASARA3 宴弐 感想。

2013年11月26日 22時19分37秒 | 戦国BASARA
総括すると三成が、豊臣軍が大好きな私にとってはすごく楽しい舞台でした。

秀吉や半兵衛さま、形部がいる時の三成ってホント幸せそうだよね。
その分ラストの怒涛の鬱展開に号泣しますが…。

今回、家康は舞台には出てないので三成の視点だけで見れたのがすごく
感情移入しやすくて良かった。でも居ないからこそ際立つ家康の存在感(笑)
あの黄色いスポットライト演出にはヤラれたよ…。
それを見つめる三成の表情が一幕OPと二幕OPで全く違うのもね…。

私がBASARAの三成にハマったのはその悲劇があってからの家康との
救いようがない関係性なので凶王三成が誕生するラストシーンは
毎回辛くて泣いてたけどゾクゾクもしていました。
誠治郎くんがまたすごい熱演で素晴らしかったです。

今回はシリーズ初の試みで2部作でした。
一幕が小十郎と佐助がメインの「深淵の宴」
二幕が三成がメインの「凶王誕生」

これ、お話の時系列が逆なんですよね。誠治郎くんを座長としたからこの
構成なんでしょうけど私は逆でも良かったんじゃないかな~と思いました。

話の流れが前後してる部分があって分かりにくいし、二幕の終わり方が
鬱すぎる上に結構唐突に終わる感じのラストだったので暗転からすぐに
カテコへ入る転換の早さに気持ちが追いつかず毎回戸惑いながら拍手して
おりました…^^;

一幕ラスト新キャストの蒼紅が対峙してそれをそれぞれの主従が見守る
という爽快な終わりの方がこれからこの舞台の軸となる新しい蒼紅二人を
印象づける感じにもなって良かったんじゃないかな~と…。
まぁタイトルにある通り今回焦点を当てているキャラが違うのと座長が
誠治郎くんなんでそうなるのも分かるんですけどね…難しい…。

私は誠治郎三成が大好きですし座長で嬉しかったけどもやっぱりドン!
と蒼紅が中心にいないとなんだか落ち着かないものですね。。。

今回、東京公演3日目、名古屋公演2日目、大阪公演を全通いたしました。
正直、初見の時に「一幕これあと8回見るのか…」って思いました^^;

これはもうあくまでも個人的になんですが新蒼紅に思ってた以上に色々と
戸惑う点が多かったからかなと。
まず滝川筆頭ですが東京で見た時は全く腰の入っていない殺陣でしかも
動きが重く感じられたのとあと笑顔の爽やかさに戸惑いました(笑)
でも殺陣は名古屋・大阪を経て驚くほど進化してました。

久保田筆頭はたまにニヤリと笑うくらいであとはほぼクールな筆頭なのですが
滝川筆頭はとにかく熱い!台詞の言い方がほぼ熱い!(笑)
滝川筆頭らしい役作りでいいんですけどもうちょいそこはクールに
言うんじゃないかな~って思う部分もありました…。

とにかく久保田筆頭とはまた全然違う筆頭だな~と思いました。
私が久保田筆頭好きすぎる自覚あるので慣れるまで時間かかりました^^;

宴会芸に関しては完璧に滝川筆頭が伊達軍を翻弄してましたね(笑)
本来ならきっとそうあるべきだと思うのであそこだけは全く違和感感じなかったw

いつも自由すぎる友一こじゅを後ろで沸点低すぎるだろ!wってくらい笑いながら
見てた久保田筆頭、自由すぎる滝川筆頭をどう扱って良いのか分からない友一こじゅ。
本当に立場が逆転してしまったよね(笑)演じる人が変わると同じキャラなのに在り方が
変わっていくのが生身の人間が演じる舞台の面白さだなとも思いました。
これからの新・伊達軍も楽しみです。

そういや風魔と三成の殺陣がすごいと話題になってましたが私は小十郎と三成の
殺陣の速さに驚きました!前者の2人がレベル凄いのは分かってたので。

あ!あとコニー元就の殺陣も更に進化しててヤバかったです!
輪刀を振り回す動きがよりダイナミックになってたしあの高低差のある舞台で
よくあんなに動けるな!ともう感嘆しました。キャストも言ってたけど
宇宙一の輪刀使いですよ!(笑)

そして孫一姐さんの殺陣もすごくレベルアップしてたし謙信様も然り…!

吉岡君の幸村は最初東京で見た時、周りに比べて声量が小さいなと思ったのと
幸村の雄叫びが喉を気遣ってなのか心から振り絞る感じが全然出てなくて…。
でも名古屋で見たらすっごい良くなってた。どうやらこばPにもそこダメ出し
されたらしいw(@アフトク)殺陣はすごく上手かったので後は滑舌と
台詞が幸村として心から言ってるように見えたらいいな~と…。

一幕の話って間違った方へ行こうとする未熟な主を諫め導いていく従者の話
なんですが側でアドバイスしながら成長を見守るという点においてなんだか
中の人同士の関係性にもすごくリンクする話だな~と見てて思いました。

洋二郎さんの佐助がすっごいカッコよくて!あんなに殺陣や台詞があるのに
ちゃんと佐助らしく飄々としてて。台詞に「息一つ乱してないとは」って
あるんだけど本当に乱してないんだよね…ほんとすごい…。

主である幸村を見る目が凄く好きでした。時に冴えた目で見てたり
暖かい目で見てたり…おかん!忍びの命なんて使い捨てるものだ!って言う佐助に
それはできない!と訴える幸村とのやり取りには何回か涙しました…。
あとかすがへのウィンクと宴会芸の時の素敵な歌声ね(笑)

新キャストで一番印象に残ってるのはいつきちゃん!ほんとリアルショタ!
あれで二十歳ってまじですか?!(笑)声も動きもすごくいつきちゃんで可愛すぎて
涙出そうになったわ!wあと北条のじいさんも良かった!

そしてビシンの半兵衛が驚くほど半兵衛さまだった…!!特に声色にびっくり!
殺陣の動きもすごく半兵衛さまだった~。ちょいガニ股気味だったの気になったけどw
あとフォロワさんも言ってたけどあの中ではかなり年齢若いのにそれを感じさせなかった
のがすごいね。秀吉さまとの空気感もすごく良かった…。
ビシンの「秀吉…」って呼ぶ時の情のこもった優しい響きがすごく好きでした…。

そしてそして!三好三人衆が格好良すぎた…。さすがJAE3人衆…。
出番あれだけとか勿体ないと思いました…。

二幕の凶王誕生は豊臣軍好きには楽しく、そして辛すぎる展開で。
初見はもう号泣でした…。その後も何回も見てるのに結局毎回泣いてましたね。
普通は何回も見てると泣けなくなってくるのに誠治郎三成の演技がどんどん
すごくなっていっていくから結局いつも泣いてしまっていた…。

半兵衛さまの命が尽きようとしてる時に官兵衛や孫一の裏切りを告げちゃうのが…
秀吉さまを残して逝くのか!と思わず言っちゃうのが三成だな~って思いましたね…。

「半兵衛さまのお言葉をお伝えしなくてはならない」って台詞すごいグッときたな~…。

そして今回の舞台で一番ハッとして胸を突かれたシーンは家康が謀反っていう
報告を聞いた時に瞬時に怒りだすかと思ったらすごく冴えた表情で
「家康はそんな男ではない…」って言い返したとこです…。

この台詞は脚本にはなかったらしいですが暗転して転換させにくかったので
西田さんが付け加えたとか…。確かにこの後の展開でも信じきってる描写続くし
あの台詞があったからこそ余計に裏切られた三成の悲壮感が良く出てました…。

秀吉様が死んだ時に東京で見た時は結構すぐに「秀吉様あああああ」って
叫んでたのが秀吉の体を揺さぶって幼子のような声で「秀吉様…?」って
何回か呼びかるもんだからもうそっからまた号泣ですよ…。

そして家康の家紋が入った(薄い水色でちゃんと入ってたけどあれ見難いので
黒でも良かったんじゃないかと…)旗印を見つけて動揺しながら周辺を這い回り
ながら次々と見つかる旗印に次第に現実を理解していく三成がもうね…
見てて辛かった…。

そこから激情していつもみたいな流れるような殺陣じゃなくて感情のままに
闇雲に刀を振り回して敵兵を惨殺していくシーンがどんどん凄みを増してて
見てて怖かったし哀しかった…。

今回見てて思ったのは三成のセリフを聴く度に三成が描く未来図には家康の
存在が思ってたよりも重かったんだなという事です。

ただ、伊達主従を討ち取って狂ったように秀吉に勝利を献上する許可を求める
台詞に家康の名前が一緒に出てきたのはなんだかちょっとえ…ってなりましたが…。

三成が思い描く未来=光がどんどん奪われて最後の光を奪って行ったのは
一緒にその光りの中にいるはずだった家康ってのがもうね…。
最終的に三成があーなっちゃうのは仕方がない…と思いました。

誠治郎くんの殺陣は勿論ですが演技も本当に大好きだな~って改めて思いました。
座長、お疲れ様でした!


ここからはこの舞台を見続けてきてちょっと思った事を書きたいなと…。

これは前から思ってたんですけどBASARAの脚本ってゲームをやったことが
ないとかBASARAのキャラの関係性を知らないで見に来るお客様にはちょっと
分かり辛いというか不親切な部分が多いような気がします…。
今回はそれがまた顕著に出てた気が…^^;

ここは知ってるでしょ?っていう前提な部分が多くて説明不足かなって…。
舞台っていうのはその原作を好きな人も来ますがそこに出る役者さんだったり
気になってるから見に来るというお客さんもいるわけで…。

カプコンさんが脚本を書いてるらしいのですがもうちょい舞台初見でも
分かりやすくする為にこのエピソード挟むといいのになって思うことが
ちょいちょいありました…。ゲームしてる人は「あ、このシーンか」って
分かるんでしょうけど…。そういう面もちょっと考慮して欲しいなと。

あと2.5次元舞台を見に来るお客さんって極端に言えばキャラを見に来るのであって
その他な部分をあまりに不必要にゴリ推しされると・・・ってなってしまうのですよね。
これ瀬戸内の時も書いたけど…。

西田さんの演出はすごく滾ることも多いですけど「これすごいでしょ?」的な
部分が強すぎることがあって個人的にそこが苦手でもあります…。
孫一姐さんの謎のダンス演出とアンサンブルさん達のあの訓練シーン長すぎですw

あとじじいの孫もいらなかったかな…なんであそこまでして出したいのでしょ…。
出したおかげでまたコール騒ぎ起きたしな…。

今までとは違う事をするって聞いた時に宴会芸消えるかな…凶王誕生とかだしね…
と思ったらそこは継続でOP殺陣が無くなってたり…。個人的に無くてもいいかな的な
部分が残って残して欲しいとこが残ってなかった…。

いや、宴会芸すごい楽しかったですけど!w豊臣軍ネタ豊富だな!wwって
十分楽しみましたけど!(笑)でもここがあまりにも長すぎて原作の他のエピソードが
挟めないっていうのがあると思います…。話の流れが切れちゃう感半端ないし何より
限られてる本編の尺が勿体ないというか…うーん…。

身内同士で固まりすぎてる感があるので一旦違う風を入れるかもう一度
作品を客観的に見直して欲しいな~と思ってたりします。

色々好き勝手言ってますがあのキャスト・スタッフ一同の作る舞台BASARAが
大好きなのですよ。好きだからこその思いというか…。

ところで今回初めて次回作発表がないですが大千秋楽の特別編でヒロ家康が
出て来た時は恐れていた3の再演か?!ってドキドキしましたよ…。
結局発表はなかったですけどもやるとしてもしばらく休みください(笑)

3はね、再演してほしいとはずっと思ってて。関ヶ原が好きというのも
あるのですが何よりDVDの品質が酷すぎて…特に音声…^^;
あとラストシーンの演出が変更前なのもあるし…。
DVD収録の後にあった東京公演ではあそこ変わってるんですよね…。

でもまぁその前に今度は新蒼紅をメインに据えて他のキャラも見せつつ
っていう舞台を見たいかな。。。
コメント

舞台 デスティニー 感想。

2013年11月19日 21時58分33秒 | その他のレポ・感想
大阪公演と名古屋の大千秋楽を見てきました。

名古屋楽は「BASARA名古屋の翌日にあるな~」って思ったのと
フォロワさんの「森田さん好きはたくさん見た方がいいよ」
っていうツイを見たからです(笑)←
この間のタイバニイベント以来、私の中で今すごい森田さんブーム
来てるんです(笑)

加えて馬場りょ、鯨ちゃん、ヒロキくんという個人的に好きなキャスト
も揃ってたし東京公演でも評判良かったので急きょ追加してしまったw

名鉄劇場はワンスロープなのですが私はかなり後列で見てたんですけど
その席からでも出演者皆さんの熱がすっごい届いてきました~。
若手からベテラン俳優さんまで皆さん力のある方が揃ってるな~
って思いました。

聖也くんのナルキスが大阪で見た時よりもすごく良かったな~…。

序盤は勧善懲悪ものかと思いながら見てたんですけどその逆で戦っている
どっちの側にも感情移入できる作品でした。

馬場りょが演じるアランは敵国へ潜り込んだ密偵の役だったのですが
話が進むにつれて敵であるはずのリーダーやその仲間達に友情を感じたり
淡い恋が描かれたりとすごく心が揺れる難しい役を好演していました!
改めて馬場りょの演技好きだな~って思いました。

アランを取り巻く人間関係がそれぞれツボすぎて…。
おじ萌え、恋愛未満な萌え、親友萌え…大変美味しかった…。。

そしてびっくりしたのは馬場りょの殺陣が想像以上に上手くてびっくり!(笑)
アラサー舞台のBASARA来ない?って思いました(笑)←

30デラックスさんの作品も非常に殺陣が多いのですがBASARAとはまた
違った殺陣付けが面白かったです。ついついBASARAと比較して殺陣
見ちゃうよね(笑)足元を狙ったり更に実践的な感じの殺陣でした。

鯨ちゃんも凄く良かった~…。
鯨ちゃんの役が天使って分かった時、私すごい高まったよ!(笑)

そして森田さんの悪魔がすごく視線泥棒でしたわ!!
もう後ろで色んな事するからついついそっち見てしまって…。
声も色んな声が聴けたな~さすがです。

大阪での客席弄りの時の声が完全にバーナビーでした。
どうもありがとうございました(土下座)

私は1階席でいたので2階にいる様子が分からなかったんだけど
声だけで逆に良かったかもしれないww名古屋はワンスロープなので
客席弄りの様子も見れたし^^ 
楽はデビルマンの替え歌を披露してくれました(笑)

主演の佐藤アツヒロさんとの会話がすごく面白かったww

森田「お前も歌うか・・・?」
佐藤「え・・・?(困ってるw)」
森田「靴に車輪が付いてないから難しいか…」
佐藤「・・・その通りだ!」

wwwwwwwwwwww

それにしてもアツヒロさんは今見てもすっごいイケメンで華がありますね!
まさかこの目で生を拝めるとは思いませんでした・・・。

それぞれの登場人物に色々と気になるエピソードが台詞に出てくるのですが
全部をきっちり描いてないので逆に想像が膨らむな~と思いました…。
あえてそういう隙間を作る脚本にしてあるのかな~と思ったり…。

シャイターンは元人間とかそこのとこkwskスピンオフで見てみたいな~…。

千秋楽ではエアバサラみたいにOPの殺陣を音響照明無で披露してくれました!
その後また音響照明付でやったので計2回!(笑)
主演のアツヒロさんの熱い要望によって実現したんだけど明らかに周りの
キャスト達は戸惑っていたよ(笑)本当に2回やってくれました(笑)

準備が出来るまでアツヒロさんと森田さんがトークをして場を繋いていましたw
森田さん万能すぎる(笑)

佐藤「森田さんが楽屋でこの白塗りのメイクでヅラ無しパン一姿で座って
    るんですけど面白い光景ですよね…」
森田「馬場、鯨井、小笠原っていうのが最近楽屋の廊下をパン一姿で
   うろつくようになって…。しかも二十歳の聖也まで最近加わって…」
佐藤「二十歳の聖也が…」
森田「二十歳の聖也がどんどんやさぐれていく…」

聖也、そっちいっちゃダメ!(笑)
しかし女性キャストもいるのに何やってんだか…あの子達は…(笑)

大阪でのカテコ挨拶は鯨ちゃんとヒロキくんで嬉しかったですし
千秋楽カテコは盛り沢山で本当に楽しかったです(^^)
すごく良い座組みだったんだな~っていうのがキャストさん達から
伝わってきました。また次回作あったら行きたいな
コメント

亜雌異人愚なグレイス アメグレ 感想。

2013年11月10日 22時50分18秒 | その他のレポ・感想
11/10 新神戸オリエンタル劇場 前楽

アメグレ…もう…めっちゃ良かったです。
この作品を3週間で作った津田さんやキャスト、スタッフの方々に
心からの拍手を!

作品の台詞や展開、至る所に津田さんの思いが
散りばめられててそれを感じ取る度に涙しました…。

イッツ・ア・エンターテイメントを皆で歌い出した時に1回目の涙腺決壊。

そしてラストの藤岡さん演じるサラの歌の途中でセットの額縁が壊れ
それを皆で支えて歌い出した時に2回目の涙腺決壊でした…。

まさかアメグレでこんなに泣くとは思わなかった><

これは勝手に思ったことですが劇場が壊れたっていうのは湯澤さんという
核を失ってしまったけど皆で協力しあって支えあって作り上げたよという
風に見えてですね…そして歌詞の「投げ出してはならない」という一文にも
涙止まらなかったです…。マグダラをずっと見てきた人達には余計に伝わって
くるものがあるんじゃないかな~と思いました。

そして歌詞全部が人生そのものというか辛い時とかに見て聞きたくなる
元気をもらえる歌詞だなーって思いました。

しかし組体操が、地図のない旅が、じゃんけんがそこへの伏線だったのかー!
と感心しました(笑)他にも色々とありましたね~。

どのキャラにも問題や悩みがあって、濃いキャラ達が織りなすそれぞれの
バタバタ感もありつつ気がついたらそれが最後にすごく綺麗にまとまっていて
これを3週間で作り上げた津田さんに脱帽です。

湯澤さんあってこそのマグダラって思ってたのですが驚くほどマグダラ感は
残っていたな~と思いました。それはやはり初演から演じてらした津田さん
だったからこそだろうなと…。公演中止って発表のあった直後に津田さんが
引き受けるという事も発表されて短期間でそれを決断してここまでのものを
作り上げた津田さんにありがとうございますと言いたいです。

舞台終盤のクライマックスシーンが終わってから暗転になってすぐ拍手喝采で
照明が点いて芝居が再開されるまでの15秒くらいの間ずーっと拍手の熱さがすごくって…。
もうその拍手の熱さにお客さんの答えが詰まっていた気がしました。

本当にどのキャストも満遍なく印象に残ってて生かされてた気がします。
特に前のマグダラで学さんの役が生かしきれてないな~なんか勿体無いな~
って思ってたんですけど今回の扱い方が絶妙だな~って思いました。
訳の分からない人だけどなんか説得力がある感(笑)
学さんの魅力全開でした。そしていつオチョ!って言うかと思いましたww
出なかったですけどww

三津谷の魅力もばっちりハマっててハンスとのやり取りや染谷くん演じる
ニコラとの関係性も見ててすごい微笑ましくって!

アンナとニコラのシーンもすごくキュンキュンしたし津田さんは女性の
キュンポイントをすごい分かってらっしゃる!と思いました(笑)

個人的に一番のお気に入りシーンはハンスとグレイスの「ただいま!」と「おかえり!」でした(笑)

ほんと色んな台詞が生きていたな~。。。
DVDにならないなんて本当に勿体ない。。。

カテコでグレイス様が「また会いましょう」って言ってくれたのだけど
実現するといいな…。
コメント

鉈切り丸 感想。

2013年10月22日 20時31分10秒 | その他のレポ・感想
10/17 オリックス劇場

【出演】森田剛/成海璃子、秋山菜津子/渡辺いっけい/
千葉哲也、山内圭哉、木村了、須賀健太、宮地雅子/
麻実れい/若村麻由美、生瀬勝久 他(敬称略)

源平合戦をリチャード三世に置き換えて描かれるという今作。
実際は源平合戦自体はもう終わってから後の話でしたけど…。

兄に源頼朝、弟に義経と有名な2人ばかり焦点が当てられますが
今回は間の源範頼が主役。しかも見た目は背中に奇妙なこぶがあり
足もびっこを引いているという醜い容姿。

その範頼が野心を燃やし天下を狙うという設定と豪華なキャスト陣、
チラシのキービジュアルがすごく面白そう!と思ってチケットを取りました。
大河ドラマ「清盛」も見てたので余計に楽しめそうだな~と思ってw

劇場はいつもライブでは行ったことのあるオリックス劇場(旧:厚生年金会館)
でした。席は二階の前方センター。見易かったー!
ほんと一回しか見ない時は二階センターに限りますね~^^

1幕序盤は割とポップでした(笑)あのキービジュアル見るとすんごい
どシリアスにやるんだと思ってたので正直最初戸惑いました^^;
で、このノリどっかで見た事あるな~と思いながら見てたのですが
あれですね、あの…戦国鍋的な…るひま舞台的な…(笑)

なので私は割と早めに慣れて面白く見れましたが好みは別れるかもですね。
一幕終わって二幕始まった時何故か隣の5席が空席になりました^^;

ただ私も比企尼のコスプレ的な演出はやりすぎかな~…と思いました。
特に二幕のあのシーンであのコスプレいらないかな…って…。
なんか白けちゃう…。

コミカルなシーンは特に生瀬さんが素晴らしく上手かったー!
絶妙な間とバランスでした。憎めない頼朝でした(笑)

ひろもってぃ役(笑)の山内さんも良かったな~^^

二幕からはどんどんシリアスになって衝撃的なシーンもたくさんあって…。
成海さん演じる巴の最後のシーンとか見ててほんと気分悪くなる展開で…。
隣に座ってたおばさんが終始 森田くん演じる範頼の行動にビクビク
怯えてらっしゃった…。

森田君の範頼。出て来た時に背中が曲がっててびっこを引く歩き方もそうですが
あの独特な声色が印象的でした…。感情を読めない感じの台詞回しとか…。
普通だったら死にたくなるような境遇なのに野心を燃やして、それが失敗しても
精いっぱい生きようと足掻く最後の姿になんか鳥肌立ちました。

見終わってまず思ったのが森田君ずっとこの役やってたら病みそう…でした^^;
彼の範頼は千秋楽辺りだとどこまで変化してるのでしょうね…。
その頃には序盤から中盤にかけてまでがもっと練り上がってくるんじゃないかな…。

成海さんは初舞台らしく初々しかったです。

そういや殺陣が上手くて思わず目を惹かれた方がいて休憩の時に確認したら
木村了くんだった!あの子がそうかー!と見て驚き&納得。
よくお名前は耳にしてたのですが初めて演技してるとこ見た。
演技もすごく良かったです^^

見終わってから思う要点というか印象に残ってるとこ。

鉈切り丸という名前の由来。
歴史は常に勝者が作(り変える)るもの。
そして人間は皆、最後には土に還る。

普通だと母親ってどんなに醜くい子でも愛するってのが多く描かれがち
ですが鉈切り丸の母親は逆だったのもすごくリアルだし可哀想だな…って。
子を愛せない母もいるよね…。鉈切り丸を本当に愛してくれたのは利用しよう
としたあの姫様だけだったね…。

あ、あとカテコで気づいたのですが音楽が生演奏でした!!
舞台の左右に御簾が降りた部屋があったのですがそこで演奏してたようで!
劇場について席に座ってセット見た時にあの部屋角度がありすぎてちょっと
観にくくない?って思ってたのですがそういうことだったのですね(笑)
音楽もすごく素敵でした♪^^

3時間20分という長さでしたが初見だったし結構あっという間でした。
コメント

アルカード 感想。

2013年08月17日 19時44分22秒 | その他のレポ・感想
8.3 AiiA THEATER

やー…もう観に行って見事に演出の河原さんの思惑通りな客となって
大阪へ帰ってきましたよね…。もう経済的な意味で遠征やめとけ!
状態なのに無理やりチケット追加しましたよね…(笑)

DVDになるなら我慢出来たと思う。けどならない!っていうからさ!!><

事前に優也以外は喋らない=汰斗のセリフは無いって聞いていて
ダンスメインっぽいしそんなにストーリーもなさそうな感じっぽいよね~
って思ってたからそんなに期待してなかったのだけど見事にヤラれました。

アルカードの感想巡ってるとお話はそんなでも無いっていうの見かけるけど
私は面白かったんだけどなんでだ?と思ってたんですけどきっとあれですね。
もっと内容が無いショーメインな舞台だと思ってたからだと思われるw

期待してなかったストーリー部分が意外と結構しっかりしてるな…って見ている内に
思ったしその世界観にすごく惹き込まれましたよ…。
結局見終わった後に優也演じるブラドって何だったんだろう?ってよく分からない
部分もあるんだけどもう一回見て全部の思わせぶりなセリフやアイテム(オルゴール)とか
色んな要素を何回も通って見てその物語を自分なりに噛み砕きたくなる系の舞台。

そして何よりあのアルカード自体のパフォーマンスを何回も見たくなるっていう…!
こういう感じの舞台知ってる。アルターボーイズ(笑)

アルカードっていうのは突然現れて世界中を席巻してしまうカリスマグループなんだけど
それを演じる彼らのダンスパフォーマンスがすごくって!しかもそれぞれみんなが独自の
得意なジャンルっていうのを持っていてしかもバランスがいいんですよね…。
そしてそんな彼らを束ねるリーダーを演じる優也の圧倒的な華と色気と存在感ね!!!

アルカードのその設定にお客さんが納得どころか飲まれてしまって帰る頃には
お客さんみんなアルカドニアになってるという舞台と同じ現象が起こってる人が
本当に多くて…。当日券もすごく並んでたし周りでも買い足す人続出でしたよ…。
あと私の感想の呟き見て見に行ってくれた方が結構いらしてて嬉しかった(* ´艸`*)

そして彼らのパフォーマンスもですが河原さんの演出がすごく面白くてカッコ良かったです!
マッピングと照明と舞台中央にある傾斜がすごい八百屋舞台?いやあれはもはやセット?w
これがグルグルと回転して転換していくのがかっこよかったし面白かったな。
しかしあの傾斜のきついとこで踊れるってすごいな…。

あと中華料理の時の演出がすごく印象に残ってます。
チャイニーズなウエイトレスさんが急に悪魔みたいな声で喋り出すシーンとか。
あの椅子取りゲームみたいなダンスとか…。

あと衣装とかもだしドラキュラを題材にしたらこういうの見たいだろ?って要素が
すごく一杯あってヲタ心的にもすごくツボを付いていて楽しかったです(*´∀`)

あと汰斗がなんといってもねー!可愛かったー!綺麗かったー!!色気があったー!!!
私が見た席も偶然下手ですごく汰斗の立ち位置真正面で嬉しかったー♪
ほぼ汰斗が目の前にいたので優也達のダンスあんまり見れてないのが難点だった…w

血を飲ませるシーンで自分の腕に滴り落ちた血を舐めとる汰斗さんが大変エロかった…。

そういえば アルカード物販の写真 汰斗の写真を買ったんだけど今まで
見た事無い顔立ちで写っててほくろ消えてるし別人みたいだったのね。
で買う時に「これでお間違いないですか?」って聞かれたんだけど「違います!」
って本気で言いかけた(笑)それとパンフにCDが付いて2,000円はすごく良心的!と思いました。

帰ってからずっとCD聴きまくってます♪(*´∀`)

あ~ほんとアルカード、期間限定でいいからデビューしてくんないかな?と本気で思いましたw
ライブとかまじでやって欲しい…もうずっと餓えてます…渇いてます…。
会場着いたときは素通りした看板を帰りにキャー!ってなって写真撮る私は二時間弱で
立派なアルカドニアになっていましたよ(笑)

とりあえずまた24日に見に行くのでそこでまた色々と初回で見れなかったところを
噛み砕きながら見たいと思います^^

あと次回、もし再演やるなら大阪でも絶対にやってほしいな~…(´・ω・`)
コメント

テニミュ2nd 全国氷帝 感想。

2013年08月17日 14時09分44秒 | テニミュ2nd
8/7 大阪初日を見てきました。
実を言うと1stの時の全国氷帝って流れに停滞感がある感じがたまに
あったのですがそういうとこをすっぱりと切ってきたな~と思いました。

あと1stのDVDが廃盤になってしまったせいもあるのかと思うのですが
曲が全然リストラされてなかったですね!

それにしても1曲めの THE TOP が流れてきた時に「キターーー!!」
って心の中で叫んだのですがそれと同時に初めて見た5代目の事を
思い出して勝手に目から涙が…(´;ω;`)

いや、ほんと自分でもびっくりしました。
大好きな5代目のデビュー公演なので懐かしく思うだろうな~とは
思っていたのですがTHE TOPで歌い踊る7代目に彼らの姿がダブってですね…。
やっぱり5代目のデビュー公演だったからかな~…なんかグッときてしまいました。

この事を呟いたら何人かのフォロワさんから「私も…」「私も…!」と
リプ頂いてあ~私だけじゃなかったんだなと…^^;

まぁ始まりはそんな感傷に浸りつつ新しい今の子達の青学や氷帝を
見て楽しみました。今回は1stの曲そのまんま残しつつハモリのラインが
すごく増えてて聞くたびに「おおー!」「おおー!!」ってなりました。
やーみんな歌上手いですね!「風と激流」はやはりハモりなくなってたけどw
いやでも乾役の子、歌上手くなってましたよね!^^

今回一番印象に残ってるのはやっぱりダブルス1ですね!!
なんですか!!あの神演出は!!!上島てんてーありがとう!!!!!
ちょっと噂には聞いていたんですよ。今回のダブルス戦すごいと…。

コンテナからの黄金のデュエットからの宍戸&鳳のデュエットで
お互いが築いてきたダブルスとしての絆を感じさせるあの演出と歌にはもう泣いた…!!!

いつも黄金の試合だと黄金がどうしてもクローズアップされがちなんですが
今回はちゃんと氷帝のダブルスもクローズアップされたシーンや歌があって。
鳳と宍戸さんも同じ時間、同じ熱さで駆け上がってきたんだよな~と思うと
どっちも勝ってー!。゜(゜´Д`゜)゜。ってなりました…。

何より前から思ってたのですけど黄金とのダブルス戦ってラリーが驚くほど
普通のテニスなんですよね(笑)なんじゃそれ?!っていう人間業じゃない必殺技とか
あんまりないですよね。全国立海の時もそう思ったのですがラリーの動線が美しくて
見入りました…。それ故に双方の選手がお互いずっと動きまわっての迫力のラリーが
ずっと続くので見ていてこちらも興奮します!


今回私は2列目のセンター上手よりで見てたのですがこれを至近距離で見る為に
ここの席だったんだ…(まがお)


って思うシーンがありました…。黄金の背中合わせで歌う時のいっけいくんの表情です…。

私、大石に初めて色気を感じました…!!!!!!(*´д`*)ハァハァ

なんですか!あの切なげな表情!!けしからん!!!もっとやってください!!!(土下座)

いやー…あの表情見た時ほんとびっくりしました…。
終わった後に一緒に見てた友達となにあれー!って大盛り上がりですよ!(笑)

まぁそこだけじゃなくていっけいくんの大石は見るたびに好きになっていってですね…。
危険だわ~と警戒しております…(笑)← 

まりおくんの菊丸もほんと初演の時に感じた違和感どこ?!ってくらい菊丸で…(*´∀`)
そういやまりおくんってちょっと一太郎と顔の系統似てるな~って思いましたw

あの5代目黄金がお花畑か!ってくらいイチャイチャしてたシーンね。
あそこも良かったな~(*´∀`)彼らの黄金ペアはそんな感じなんだね~って
こちらもお花畑見えるな~って微笑ましく見ておりました(*´∀`)

そういや不意に思い出したけど対抗するようにケンケンと瀬戸くんもあそこ
イチャイチャしてたな(笑)今回は1回しか見てないので桑野くん達が
あの時になにやってたのか見れてないや…。

あと印象に残ってるのは手塚のソロですね!!多和田くんのソロすっごい良かったー!!!
本当にいい手塚だな~と。感情を込めて歌っていてすごく聞き入りました…。
スクリーンの演出も短くなってて良かったw

不二のヘビレも健在でしたね♪矢田ラート綺麗だった~(* ´艸`*)
あと跡部とのハモりすっごい綺麗でビビリました!!
しかしこの曲、お家断絶のメロディのが身に染み付いてしまっていた私…(笑)

リョーマvs跡部戦ですがこれは私が感じたことですが青木くんの跡部…。
悪くないのにちょっと物足りなかったです…。何でしょう…板の上にいる
役者から伝わってくる「圧」みたいなものが全然無くてですね…。
2列目でそう感じるってことは後ろの方はもっとそう感じるのではないかと…。
多分小越くんのリョーマの迫力のがすごいから余計にそう感じるのかな…。

あのエンドレスラリーの時、小越リョーマはもう最初から最後までずっと不敵な
笑顔を浮かべながらラリーしてて対する跡部はどうなんだろ?って見たらすごく
必死な顔しててですね…後半の方は不敵な笑みを浮かべてましたけども…。
跡部よりリョーマの方が余裕に溢れてたな…。

小越くんてずっとやってきてるのもあってすでに全国優勝しそうなリョーマ
ですよね…。ちょっと全国立海戦での幸村戦の行く末を心配してしまった…。
小越リョーマより圧倒的な存在感を放つ事ができるかどうかってのがほんと
大事だと思うので神永くん、頑張ってください…。

ラストのリフレッシュの曲のハモリの美しさね…!!
あれシングルカットしてください!ってくらい良かった!!
何より青学のお弁当のシーンが可愛すぎて…!!!あの演出もすごく良かったな~^^
大石のお弁当可愛いね(笑)手塚最初卵のパック持ってるのかと思ってごめん(笑)←

あ、リョーマのバリカンシーン、滝先輩だったのだけどすごい面白かった(笑)
あそこ日替わりなのかな?^^

そういや、セイヤーの時にタカさんが不二先輩を肩に乗せたんだけど
矢田不二ちゃんって一切笑顔無いのねwwちょっと怖かったよw

ダブルス戦に大分やられたのでビューイングも行くことにしましたよ!
まだ大分先だけど(笑)
コメント