A life with minerals な日々

鉱物標本の倉庫に寝暮らしする(笑)鉱物まみれの日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

A life with minerals ~日常に鉱物標本を~

2021-04-01 00:13:22 | その他

 

2015年の4/1から始めたA life with mineralsですが新たな節目を迎えることが出

ました。いつも変わらず楽しみながらオークションを続けてこられたのもひ

とえにご愛顧をご興味をいただきました皆様のおかげでございます。本当にあ

りがとうございます。今後も双方がより楽しめるようなオークションを続けて

ゆきたいと思っております。よろしくお願いいたします。




わたしが鉱物標本趣味の世界に足を踏み入れたときヤフオクには(ミネラルコレ

クション)という500円スタートオークションで様々なクオリティ標本を出品され

ている主さまがいて鉱物標本趣味ビギナーであったわたしは多くの見聞を広める

ことが出来ました。その方がヤフオクを引退されて(最後は素晴らしいスペリー鉱

を出品されて20万円以上の落札になりました!)しばらくは同じように初心者が

物標本趣味の世界に足を踏み入れ易いような入り口はありませんでした…





鉱物標本趣味の素晴らしさは楽しみ方の多様性にあると思います。キレイカワイ

イで楽しむのはもちろん、マクロの世界に驚きを観ることも、化学的見識を深め

ることも面白く、採集としてのアクティビティも現在となってはそうそうと良い

ものは採集出来ませんから出会えたときの喜びはまた格別なものがあります。





鉱物標本は基本的に無機物で半永久物質なので人間よりも永く世に残ります。現

在の所有者が没しても鉱物標本は残ります。そうして思いを持って所有された標

本は人の手を渡り渡り渡りゆきます。100年後にこの標本は誰が所有しているだ

うか?そんな思いを持って愛しい標本を眺めるのも鉱物標本の楽しみのひとつ

はないでしょうか。

https://auctions.yahoo.co.jp/seller/a_life_with_minerals

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

守門岳を歩いてきたよ🎵

2018-10-15 18:13:14 | 登山

紅葉はあまり寒暖差がなかったかなあ、といった色合いでいまひとつ

守門岳じたいはとても良かった、歩く労に見合った喜びが得られる良い山だ










しかし、下りで今まで感じたことのない膝のダメージ

膝は問題ないと思ってやってきたけど、、年だねえ😓

とゆーことで、コンディションに不安があって挑む山ではない

平ヶ岳は💦💦
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10月の山、雨飾山(2011/10. 17~18)

2018-10-07 11:41:38 | 登山

今回の山行記でこんな書いている訳は北面、新潟県側のレポ

ないわけではないが、その樹相に注目してのものは少ない思ったから

左に折れて、新潟県に下ります

 

お、雲の勢いが弱まってきたよ

 おー、あて1時間ねばってればー(* >ω<)

 南側では稜線でしか見かけなかったナナカマド

きれーだねえ🎵

ゴヨウマツなんかも気にしてみたり

お、

ブナの標高帯に入りました、南側のブナとぜんぜん違いますね

理由は南側のブナはあまり環境が良くないんですね

多雪地帯で気温的には適合ですが日照時間が長いためにアンバランスな環境下なんだと思います

対して、こちらのブナは理想的な環境下と思われ

ゆっくりと成長するために幹は太くまっすぐに枝振りは広く美しい樹観になります

ブナは"森の女王"と称されることも納得です

対して、"森の王"と称されるミズナラの古樹

といった具合に樹木ウォッチャーにはなかなか楽しめる雨飾山北面だと思うのです

ここまで来れば尾根のどんずまり

マルバマンサクの落ち葉がきれーだねえ🎵

雨飾山荘につきました

炭酸重曹泉の掛け流し、素晴らしい泉質です

最後のアプローチはタクシーに頼るしかなく

個人で呼べば定額5,000円で最寄りの根知駅まで送ってくれます(要確認)

 雨飾山としては残念でしたが、総体的にみればなかなか楽しめた山旅になりました

補足) 根知駅は大糸線区の駅ですが、大糸線は南小谷駅を境に南にはJR東日本、北にはJR西日本と分かれているとのこと

北アルプスを有するJR東日本路線はそれなりの利用者はあるようですが

JR西日本路線は想像に難くはありません

実際に乗車してみて驚いたのは、南小谷までとてもゆっくりと

時速20kmくらいで運行してるんですね

何がなんでも住人の足を無くす訳にはいかないと、企業努力ですね

のんびりと流れる車窓を眺めながら、こーゆうのも当然アリだな と思いましたね

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10月の山、雨飾山(2011/10. 17~18)

2018-10-06 16:47:10 | 登山
AM6:00 結局、午後には晴れるかもだが小雨の降るなか出発









登山道は急斜面でブナの根がむき出しで痛々しい💦






ブナばっかですね






荒菅沢に下る斜面は晴れていれば錦秋の見どころのひとつなんですがねえ(* >ω<)



こっちの方が華やかσ(^_^;)?



この景観も楽しみにしてたんですけどねえ💦💦









稜線に出ましたが晴れる気配なし💦💦💦









なんとか山頂まで来ましたが、、、

まだ9時で、太陽の存在は感じられるので、あとは下るだけなので

晴れるのを待ってみました



時おり雲間に雪倉岳が見えたりで、期待してみたり

話をした男性は千葉県の佐倉から5時間かけて来て、下りたら日帰りで帰るって💦

なんだかんだで結構晴れ待ちしてる人は他にもいましたが

帰りのスケジュールを考えると11時がリミット、残念だけど下ります (つづく)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

10月の山、雨飾山(2011/10. 17~18)

2018-10-05 11:13:00 | 登山
長野県と新潟県の県境の山、雨飾山

関東圏、関西圏に住む山好きがいつしか憧れとする山、といったイメージ

とはいえ、そこは日本海に近くもあり なかなか気軽に向かえる山ではない

それでも人気のある山、花や紅葉の時期ともなれば平日でも登山道は混雑する



多くの登山者は南の長野県側に車でアプローチするためにピストン登山とせざるを得ないのだが

せっかく遠くまで足を運ぶならば雨飾山をまるごと楽しみたい🎵

要するに長野県側から登って、新潟県側に下る

いろいろ調べてみると、交通公共機関の利用でスルー・ザ・雨飾山は出来るようだ

ひとりだとメチャクチャ出費だけど(^_^;)



新宿発7:30 あずさ3号は直行で南小谷まで行く



爺、鹿島槍を眺め、青木湖の側を掠め、白馬を見上げるまで来てようやく

約4時間をかけて南小谷だ、ふー💦



駅舎を出ると糸魚川市をつらぬいて日本海へ注ぐ姫川が流れている

空気の清々しさに心が洗われる



雨飾高原まで行くバスは駅舎のすぐ近くから出発

しばらく住宅地を走って山に向かう道に入った

周囲の山は紅葉の真っ盛りで、標高のだいぶ高い雨飾山はだいぶ過ぎてるだろな


バスは雨飾高原まで行くが、地図で見ると小谷温泉から森のなかをショートカットで

登っていけるようなので降りてみたが、ショートカットの入り口が見つけられず

人に聞こうにも誰もいない❔ 舗装道を歩いていくことにした



単調な舗装道歩きも周囲のモミジの紅葉、ブナの黄葉が目を楽しませてくれて

まったく苦にならないし飽きることない



わたしはテン泊だが、ここ雨飾山荘でお泊まりすれば朝に登山口まで送ってくれる





だいぶ歩いてきて、カーブを回った先に視界がひらけてようやく雨飾山とご対面



登山口、キャンプ場まではまだ距離があるので

先に紅葉の名所としてしられる鎌池に行ってみる



鎌池駐車場、平日の14時すぎにしては人出のあるほうか



こちらの山域でずいぶんと目にしたマルバマンサク

多雪地域に適在する樹木で、関東の山では目にすることがないので新鮮



雨飾山荘とこにも飲用の湧水があったけど

空気に心洗われ、水に心洗われ、、  感慨深いねえ



鏡面となる風待ちをしているカメラマンもいましたよ



15時を過ぎて、さすがに半袖では肌寒くなってきた

今日の寝所へ向かいます



雨飾高原キャンプ場管理棟、ここでテン場代を支払う

食べるものはないけど缶ビールやバッジは買える

下の駐車場の側の平地が登山者用のテン場



週末ならわからんけど、平日にここでテン泊するのは奇特?らしい

それはともかく、心配は明日の天気   あまりヨロシクないらしい



夜中は結構寒いを想定してきたけど、まったく寒くなかった

夜中に起きては外を見ると月が見えていたので、もしかして… と思ったけど

早い人は夜明け前に来ちゃってます、霧雨が降ってますね (つづく)





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

魚眼石のリアル

2018-09-23 08:02:25 | 鉱物
魚眼石という鉱物名は英名のFish-eye stoneからつけれた

鉱物辞典などを見ても、その由来は

「光を当てたときの屈折が魚の眼のギラッ✨とした様子に似ているため」

とゆーようなことが、大概のものには書かれている

それを見て、ふーん(o・ω・o)分からなくはないけど…

納得したような、しないような曖昧なままになっている諸氏は多いはず





先日、入手したアポフィライトはそんなモヤモヤを晴らすものでした

綺麗なグリーンの色合いの柱状結晶の球状集合形状

これはどう見ても、魚眼でしょう🎵





だいたい、Fish-eye stoneと名付けた人が

ギラッ✨とした感じが魚眼みたいじゃない?

というシチュエーションがどう考えても、ないでしょσ(´・д・`)





ついでにスティルバイトがウロコのようで

さらにウケる(^_^;)

とゆーことで、本標本は今回出品中❗❗

A life with minerals ヤフーオークション






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Over the wall

2018-09-20 22:36:53 | LOTO6
投稿はしなくなったけどLOTO6は買い続けていて

ここ最近は出目らず期間が30回を越えた20をオール30口で買い続けていたんだけど

とうとう、4等の壁を越えたった🎵🎵🎵🎵




あわや1等の!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚





買い続けてれば、そりゃ当たるよね💦💦
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

9月の山、会津駒ケ岳

2018-09-01 08:05:50 | 登山













































コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

坊がツルでテン泊してきたよ🎵

2018-08-20 09:08:42 | 
先週の月曜~水曜で熊本県を旅してきたよ

なかでも楽しみにしていた九重山の山中にある坊がツルというキャンプサイト

天候にも恵まれての山中の一夜は素晴らしいものになりました🎵




















































コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

暑いけれど…

2018-08-10 23:25:32 | 

飛行機での山旅、テン泊での問題点は
ガスカートリッジが持ち込めないこと😣

幸いに、熊本空港からそう遠くない南阿蘇に
モンベルがあるではないですか🎵





とゆーことで、カートリッジとコンパクトドリッパーを取り置きしてもらったった

O型とは思えねー💦
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

九重山、由布岳

2018-08-06 20:00:27 | 

来週は墓参りを1ヵ月後のばしにしてもらって

まとまった休みを熊本県、大分県へ行ってきます✈

もちろん、目あてはこの暑いなか山歩きです💦





九重連山、由布岳を歩きたいなあ、出来れば

九重では坊がツルでテン泊、夜過ごしをしたいなあ、と

晴れてほしいなあ、まあ晴れなくても豊栄鉱山に行ってもみたいし、

国産蛍石のレジェンダリー産地✨

今さらだろうけど、産地の雰囲気を感じるだけでも

九州に初めて訪れる意義は深まるでしょうね

楽しみです🎵
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

8月の山、鹿島槍ヶ岳~五竜岳

2018-08-03 08:45:57 | 登山

テン泊の山行はどれも思いで深いですが、なかでもひときわの

思いとして残るのが2008年の8月に歩いた

北アルプス、鹿島槍ヶ岳~五竜岳 八峰キレット

2泊3日ののんびり山行でしたが、メインの中日だけが好天という

恵まれたんだか… よくわかんない山歩きでしたが

素晴らしい山々であったことは確かです🎵


小雨の降る登山口の扇沢、来てしまった以上予報を信じて登るしかない…

稜線に上がってようやく雨もあがった

































































五竜山荘前のテン場で2日めの夜を過ごして、翌朝の遠見尾根を

雨の降るなか下ったという…   楽しかったなあ🎵
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

田沢湖の湖畔をひとまわりしてきたよ🎵

2018-07-25 15:35:51 | 
帰りの新幹線が19時でレンタカーを返すまでにスキマ時間があったので

田沢湖の湖畔をひとまわりしてきました





まずは、田沢湖ってこんなだよ(Wikipediaより引用)

秋田県の中東部に位置する。直径は約6kmの円形、最大深度は423.4mで日本第1位(第二位は支笏湖、第三位は十和田湖)、世界では17番目に深い湖である(世界で最も深い湖はバイカル湖)。

湖面標高は249mであるため、最深部の湖底は海面下174.4mということになる。この深さゆえに、真冬でも湖面が凍り付くことはない。そして、深い湖水に差し込んだ太陽光は水深に応じて湖水を明るい翡翠色から濃い藍色にまで彩るといわれており、そのためか日本のバイカル湖と呼ばれている。





なによりも、田沢湖の名を知らしめているのは、、このたつ子像





夜に走ると、この像が浮いているように照らされるのでビックリするらしい((゚□゚;))





御座石神社の周辺にはたつ子姫にまつわる言い伝えがいくつかあって鏡石もそのひとつ

案内には御座石神社から200mとあるが、数字の思い込み以上にキツイ山登りだ💦

気になる方はこちらへ





御座石神社の湖面でみた美しい、、何て色❔ エメラルドブルーでいいかな

湖水が透明すぎて全体としては曇り空を映した鈍色だが、逆に木々で陰になるところは

このような色で見えるようだ

田沢湖の奥に秋田駒ヶ岳を望むもかなわない曇り空だが、晴れていれば

これ程までの美しいコントラストを見ることはなかったねー☺



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

盛岡競馬場に行ってきたよ🎵

2018-07-19 00:10:27 | 
岩手、秋田の旅 一日目

昨秋、一ノ関駅のホームで帰りの新幹線を待っているとき通過していったはやぶさの

速えーこと、速えーこと

そして、実際に乗ってみて体感的にも速いんだけど、東京発が6:32で

仙台着が8:04…     遠くまで来た感がまったくねー ( ゚д゚)

そして、東京駅ではやぶさ、こまち1号が入線してきたときの

車体のカッコよさ、ピカピカで整備の方々が思いをこめて磨いてるのかなぁ、と思うと

感慨深いですね、、それとも機械でやるのかな?





田沢湖駅には9:21着、盛岡駅からの秋田新幹線路線は在来線路をつかうので

少なくとも田沢湖まではそんなに速くは運行出来ないみたいです

それでも東京駅から3時間かかんないのはスゲーですね


田沢湖駅に隣接のニッポンレンタカーで車を借りて、今日は盛岡競馬場へと

決めうちです、、走り出したら雨が降ってきました💦


田沢湖駅から盛岡競馬場までは国道46号経由で50kmほど

盛岡市内までは信号が少ないので、さくさく距離が稼げます

雨はいっときだったようでなんとか、結局11時すぎには競馬場に着いて

11:15発走の第1Rにギリ間に合いました(^_^;)





盛岡競馬場は地方競馬では珍しい内馬場に芝コースのある競馬場です

グリーンチャンネル視聴者には馴染みぶかい競馬場なので

来れてよかったです、キレイな競馬場です🎵

広い駐車場にはすでに車がいっぱい

今日は祝日、重賞ということでJRAの活躍馬もジョッキーも来ています

賑わいそうですね🎵



ふだんは地方競馬を買うことはないですが、今日パドック、返し馬をみての

生馬券、気合いが入ります😣


1R、単複的中❗

2R、単複的中❗❗

3R、馬単ハズレ

4R、単複的中❗❗❗

と、ここまでは調子よかったですがねー


その後はメインの重賞、マーキュリーCまでに午前中の勝ち分をプラマイ0にしてしまい

いよいよ、このために盛岡競馬場に来たといえる

フェニックスマークに全力応援⁉





結果は昨年のマーキュリーCの覇者ミツバの連覇で

フェニックスマークは及ばずの3着(* >ω<)

さすがにこの条件では相手が二枚くらい上でしたね💦

パドックでは一頭だけ外を雄雄と歩き、漂わせる雰囲気もこの先

中央のダート界の猛者どもと凌ぎを削っていけるような

逞しさも感じられました、今後も追いかけますね🎵



とゆーことで、メインの後もふたレースあるのですが

夜には盛岡市内で美味しいものを食べたいのと

その前に盛岡市内にある天然温 泉喜盛の湯(きもりのゆ)に行ってみたいので

盛岡競馬場はここまで、結果馬券は負けはしたけど楽しかったし

人生の一日としては、上出来だったかなあ🎵
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

荒川鉱山跡に行ってきたよ🎵

2018-07-18 13:57:33 | 鉱物に関して
岩手、秋田の旅、二日目


夜間のうちに移動した(道の駅 雫石あねっこ)で車中泊して6時過ぎに起きだして

協和町へ向かう、協和町までは50kmほど

平日の朝、信号も少なくさくさくと車は西に進んだ

右に(道の駅 協和)の看板が見えたところが荒川鉱山へむかう入口



しかし、右折した先が通行止めの雰囲気… 道路を大規模に直しているようだ

んー、困ったぞ (;>_<;)

施行の社長さんらしき方がいたので(歩いていくぶんには構いませんか?)と聞くと

(構わないよ)とのこと、カーナビではあと1kmほどと出ていたので

なんのことはないだろう





身支度して現場の脇を通って進むうちに、ほらキタって具合に雨が降りだした

想定内だし、戻ってくれば着替えもあるし、その後は温泉に入る時間も

十分にあるだろう、、No problem



荒川鉱山の最盛期には二千人以上の労働者がいて、学校もあり、病院もありの

いわゆる鉱山町であったという

歩く道すがら、それらがあった場所には碑が建てられているが

木々が繁った林のなかに往時を思い馳せるには時が経ちすぎている

そんなこんなで、ネットで見たことのある砂ズリ山があらわれ

サーキット場があって、思っていたより早く選鉱場跡の石組に着いた





シックナーもほぼ原形?をとどめており、遺構好きには





雨はいよいよ本降りとなったが、ひとりで採集してる分には

ずぶ濡れになろうが、泥まみれになろうが、No problem





洗浄すればきれいになりそうな水晶はぽつぽつと拾える





けど、緑水晶は気配もないなあ、、とこれで最後と

再見回りしたところ…




あったじゃーん( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

しかも、柱面こそないものの色合いも光沢もわるくない

どころか、マイコレのとりあえず標本よりもずっとイイ🎵





アクセスも楽で、有名すぎる産地なので良品が採集できるとは

まったく思ってなかったですが、さすがにポテンシャルの高い鉱山は

探せばあるもんですねー🎵



本来の目的であった秋田駒ヶ岳を歩けなかったのは残念でしたが

レジェンダリーの荒川鉱山で緑水晶を自採集出来ようとは…

良い旅の記念になりました☺



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする