たーったったららったー 9M6NA

Radio Contest Station @ Labuan Island, Malaysia

2018年CQWPXCW準備完了

2018-05-23 21:21:56 | Radio Contesting

去る20日にラブアン入りして、今週末のCQWPX CWコンテストへの参加準備も整いました。SOABHPで参加します。

今回の運用スタイルはこんな↓感じ。
9M6NA Station Setup May 2018

新作のSO2RスイッチBOXを使うのはもちろんですが、全体的に真ん中に集めて身体の移動を最小限に抑える作戦です。ちなみに、左側のマウスは左手で扱うのですが、このために、昨年の12月からマウスを左手で使う練習をしてきました。Hi

さて、成果は如何に…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第69回APスプリント結果発表

2018-05-16 19:28:24 | Radio Contesting
2月に開催した第69回APスプリントの結果を APスプリント公式ホームページ http://jsfc.org/apsprint/ にアップいたしました。ご確認ください。 入賞者の方への賞状は、1ヵ月ほど後にダウンロードできるようにいたします。  なお、ついでながら、JE1JKL Profile9M6NA Profile もアップデートいたしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近ネットで見つけた製品

2018-05-14 16:49:25 | Radio Contesting

ICE Combination Bandpass Filter 419B
ずい分前に販売中止になっていましたが、最近(?)復活したようです。この類の製品では最安ではないかと思います。
→追記 2018/05/23:本件コメントをいただいたので訂正させていただきます。このリンク先、まるで ICE-419Bが復活したかのようなページになっていますが、実際に商品をカートに入れて購入しようとすると Replacementとして AS-419 と言う Array Solutionsの製品に飛ばされてしまいます。価格はほぼ倍で、Dunestar model 600等と同等レベルです。そもそも ICE自体 Array Solutionsに吸収されてしまっているようですね。そんな話をずいぶん以前に聞いたような気もしますが…。いずれにせよ、調査不足で申し訳ありませんでした。

WKmini
キー出力は1系統だけですが、PTTはちゃんと出てます。サイドトーンの代わりにLED点滅。SO2R with 2 networked PCにピッタリ!



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

SO2RスイッチBOX 2018バージョンの製作

2018-05-08 22:58:18 | Radio Contesting

1から4への引越とかなんやかんやでバタバタしていて伸び伸びになっていたSO2RスイッチBOX 2018バージョンの製作ですが、やっと出来上がりました。

SO2RスイッチBOX 2018バージョン

下の箱はJH5GHM近藤さんに設計していただいた2PCでDueling CQを実現する装置(Arduino Mega ADK ×2)で(昨年のCQWWCWではケースが間に合わず裸で使っていましたが、やっとケースに入れました)、上に乗っているのが今回製作したSO2RスイッチBOX(2 Networked PC用)2018バージョンです。前面パネルの左からヘッドフォンジャック、SW1:ヘッドフォン切替スイッチ(左:両耳でRadio1の音を聞く、真ん中:左耳でRadio1の音を/右耳でRadio2の音を聞く、右:両耳でRadio2の音を聞く)、SW2:SW1を真ん中にした際の送信時の動作切替スイッチ(下:両耳で送信していない側のRadioの音を聞く∴サイドトーンが聞こえない、上:左耳でRadio1の音/右耳でRadio2の音を聞く∴サイドトーンが聞こえる)。また、パドルで手打ちする場合は、フットスイッチ(Radio1、Radio2用にそれぞれ用意)を踏んでパドルの接続を切り替えると同時に、SW2を上にしたのと同じ状態にします。上面のスイッチ等は下の箱と接続してDueling CQのON/OFF操作・表示用です。

最終的な回路図は↓です。当初パドルの切替えをSPDT×2+ダイオードで実現しようと思っていましたが、うまく行かず、結局SPDT×6となりました。

SO2RスイッチBOX 2018バージョン Rev.3回路図

今月末の CQWPXCWにて実戦投入を予定していますが、2PCでの2BSIQはシリアルナンバーの重複送信を防げないため、Dueling CQ+従来型のSO2Rで運用することになります。本格的な2BSIQで試せるのは、11月のCQWWCWになります。

ところで、5月21日から3週間、9M6NAでQRVします。今回は40m~6mでの運用を予定しています。CQWPXCWとAP Sprintに参加する他、6mでのDXも狙いたいと思います。6mに限りFT8にもQRVするつもりです。よろしく。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年CQWWCW結果発表

2018-04-30 11:31:28 | Radio Contesting

昨年のCQWWCWの結果が 公式ホームページの Score DB 上で公開されました。
2017CQWWCW Oceania SOAB

私は4年振りに 辛うじてSOABのContinental Leader になりました。良かった良かった。

ところで、来月の 2018 CQWW WPX CW Contest に 9M6NAで SOABHPに参加予定です。そちらもよろしくお願いします!

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

転居

2018-04-30 11:15:58 | 日記

今月(2018年4月)、鳥取県米子市に引越して来ました。こちらの住まいで無線をする予定はありませんが、お近くの方、よろしくお願いいたします。

昨日は、近くの大根島(島根県松江市八束町)で開催された大根島ぼたんウォークに参加し、べた踏み坂(江島大橋)を徒歩で往復して来ました。天候に恵まれ、春の大根島を満喫した他、会場間近のEMEパラボラも拝んで来ました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WinKeyにDecoderを載せてみました

2018-01-10 20:38:07 | Radio Contesting

↓この記事の対策2)の②関連
デュアルラン考
↓この記事の続きです。
WinKeyにLEDを付けて点滅させてみました

Decoderは ebayで $9.80(送料込み!)で買ったもの。マニュアルも何も入っていませんでしたが、以下のサイトが大変参考になりました。
https://thesolderingpen.wordpress.com/

これ 実戦で使うとAssistedになっちゃうでしょうか? 以下は、CQ WW Contest Rules - Frequently Asked Questionsより。

Q: Can I use a code reader to help me work stations on CW and be in the single operator category?

No. Any single operator that uses a code reader must enter the Assisted category. This was part of the rule changes for 2015.

まぁ、このDecoder無しで慣れるようにしましょう。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

SO2RスイッチBOX 2018バージョン

2017-12-23 10:18:21 | Radio Contesting

↓この記事の対策2)の①と③関連です。
デュアルラン考

こんな回路で作ろうと思っています。
SO2R Box 2018

2TXのインターロック、ヘッドフォン切替に加え、パドル切替を担います。
SW1を1+2にして両方の受信音を聞く場合は、送信時に両方の音を聞くか、送信していない側の音だけを聞くかをSW2で選択します。送信していない側の音だけを聞く場合は、当然サイドトーンが聞こえなくなります。手打ちで送信する場合は、送信側のフットSWを踏んでパドルを有効にするとともに送信側の音つまりサイドトーンを聞きます。

さて、部品集めから始めなくちゃ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WinKeyにLEDを付けて点滅させてみました

2017-12-19 22:55:34 | Radio Contesting

↓この記事の対策2)の②関連です。
デュアルラン考

WinkeyにLED

40WPMです。Sidetoneを切るとコピーできそうもないですが、何となく何を送信しているかぐらいは分かるかも?

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LDE (Long Delayed Echo:長遅延エコー)

2017-12-16 01:38:23 | Radio

LDE (Long Delayed Echo) って しばしば話題に上りますが、実は私も以前経験していて、1989年に JE1JKL/9M6 を40mのCWで運用していた際、パイルアップが途切れてちょっと休んでいた時に、私のコールサインでパイルアップを捌いている誰かの信号を聞きました。その頃は、まだ LDE の存在を知らなかったので、誰かがいたずらをしているのだろうか、と思うばかりでしたが、自分のキーイングまで真似されているみたいで、とても変な気分だったのを覚えています。

その後はそのような経験をすることがなかったのですが、今回のCQWWCWの最中にそれらしい信号を聞いて、とても混乱した時間帯がありました。その時刻をメモしておけば良かったのですが、その時はそんなことは思いつかず、ただ40mだったような記憶があるだけでした。でも、きっとこれは貴重な記録なのではないかと思い、48時間の録音データから40mの運用部分を狙いを定めて聞いてみることにしました。そして、その努力が実り、LDE出現部分を抜き出すことに成功しました。↓7分ちょっとありますが、良かったら聞いてみてください。
LDE201711251553.mp3

この時間帯 とっても イモっていて 本当はこんな録音を公開したくないのですが、私が LDE を聞いて混乱していたことは事実ですし、それを言い訳とさせてください。💦

2017年11月25日 1553Z~
UA0JFG  (00:06) -> [05:57]
JG1OGM (00:30) -> [06:23]
RK0UT (01:07) -> [06:57]
()内が 私がナンバーを送っている時刻の ファイル内での経過 分:秒 です。
[]内は LDEの出現時刻の ファイル内での経過 分:秒 です。
大体 6分弱 遅れて聞こえていることが分かります。
この他 [06:48] に はっきり 9M6NA と聞こえる他、それらしい信号が何回か聞こえています。

ほんと、不思議ですねぇ。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加