ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

蒸の湯温泉 ふけの湯(3)・藤七温泉 彩雲荘~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その6

2018-09-17 21:10:11 | 鉄道旅行~東北
8/19(日)、旅行2日目。
引き続き「ふけの湯」さんからです。



早朝の混浴野天風呂。

手前に岩風呂。
左側の仕切りの中に樽風呂です。

反対側からはほぼ丸見えで、開放的過ぎますね(笑)





山の宿らしい素朴な朝食ですが、陶板焼きは嬉しいですね。
黒たまごもありました。

ふけの湯さんは一人旅でも過ごしやすい宿で、気に入りました。



本日は温泉デー。

日帰り入浴のため、有名な藤七温泉「彩雲荘」さんへ移動しました。



海抜1,400mの高地にあります。
ロケーションが画になりますね!



それではいざ脱衣所へ。



ここでも金勢様。



まず内風呂です。
ここも源泉掛け流しのようで、乳白色のドロッとしたお湯が楽しめます。



そして扉を開けると、混浴露天風呂群が目に飛び込んできました。
奥には女性専用の露天風呂。
お客様もいらっしゃるので、写真はここが限界です。

足元自泉で、プクプクと気泡が浮かぶ様子が楽しめ、座ると沈殿した泥がべったり。
時折どっと沸きますので、油断していると「アチチ!」となります。

空気も気持ちよくて、大自然を堪能できる最高の露天風呂ですね!
評判を信じて来て良かったです。

この旅行記も相当長丁場になりそう。。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

蒸の湯温泉 ふけの湯(2)~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その5

2018-09-09 10:04:53 | 鉄道旅行~東北
館内に戻ってきました。



夕食です。

宿の方が採取した山菜・山葡萄、川魚など、地の物にこだわった構成です。
刺身はニジマスだと思います。



豚肉の陶板焼き。



オプションで事前に選択したきりたんぽ鍋。
八幡平でも秋田県側になりますからね。

昼はこれを忘れてて、ひっつみ鍋を頼んでしまいました(笑)



炊き込みご飯。

メニューはとてもバランスが良く、美味しくいただけました。





建物は古いですが、水周りはリフォームがなされていて快適です。
1階のトイレもバリアフリーとのことです。



館内のふけの湯神社には、金勢大明神が祀られていました。



内湯も総ヒバ造りでいい感じです。
屋根つきの露天風呂も含めて、昼間に写真を撮っておけば良かったですね。


《1日目:8/18(土)の旅程》

東京 7:40-こまち49号→10:15 盛岡-レンタカー→八幡平山頂→蒸ノ湯温泉

いくつか候補があったのですが、この宿を選んで正解でした。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

蒸の湯温泉 ふけの湯(1)~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その4

2018-09-04 00:03:08 | 鉄道旅行~東北


車の停めてある八幡平山頂レストハウスに戻ってきました。
ここから見下ろす岩手山がまた素晴らしい。



たっぷり汗をかきましたので、温泉が楽しみです。
本日の宿は、八幡平山頂からほど近い「蒸の湯温泉 ふけの湯」。

とにかくたくさんの温泉資源に恵まれる八幡平温泉郷で、最古の湯だそうです。
かつては地熱を利用した「蒸かしの湯」として賑わったとのこと。

外観は古い小学校のようで味がありますね。
秘湯の宿としての期待感が膨らみます。



お部屋はこんな感じですが、WiFi完備です。
四季報を持ち込んでゆっくりしたい(笑)



宿の建物を出て、名物の野天風呂へ。



山懐に抱かれて。
目の前には大小の岩が転がり、野趣満点のロケーションです。
凄いなここは。



見た目に比して、お湯はさらっとしていて入りやすいです。



混浴の方は先客がいらっしゃいましたので、また翌朝に入ることにします。



そこらじゅうにある源泉群からは、お湯がボコボコと噴出。



女性用です。
ワイルドですが更衣室はしっかりありますので、お湯の質感を含めて万人向けの温泉だと思います。

しばらく鉄道は出てきません。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

八幡平トレッキング~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その3

2018-09-02 23:11:40 | 鉄道旅行~東北
八幡平山頂遊歩道を歩いています。



八幡沼を望みます。
この俯瞰は絶景ですね。



沼へ降りていく途中、岩手山が見えました。



こちらはガマ沼。



足元に目をやると、クルマユリ。



そしてアゲハ蝶。

たまの山歩きは楽しいです。



八幡平頂上(1,613m)に着きました。
展望台に登ってみます。



その名の通り平らな山頂なため、木々に囲まれ眺望はさほど良くありません。



メガネ沼。
なんでそんな名が付いているかと思えば…



奥に回ってみたら分かりました。
もう一つ沼があったんですね。



鏡沼。

青空と木々が映り込み、静かで幻想的な雰囲気が漂います。
遠くに岩手山が見えました。



不思議な凹地。



アオモリトドマツの枯れた景観がいい味を出しています。
ゆっくり歩いて1時間20分、程よい運動となりました。

歩きやすく天気にも恵まれ、とても快適でした。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

八幡平へ~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その2

2018-08-29 00:46:46 | 鉄道旅行~東北
八幡平ドライブが続きます。



源太岩です。

八幡平頂上行きのバスが通り過ぎていきました。
本数が少ないだけに、これはレアかも。



源太岩展望所は、アスピーテライン屈指のビューポイントです。



だんだん高度が高くなってきました。



走っていると、火山帯の湖沼ならではの美しさに目を奪われる、熊沼です。
確かにヒグマに遭遇しそうなロケーションですね。



レストハウスの駐車場に車を停め、八幡平山頂遊歩道に入り、少しトレッキングを楽しむことにします。



登る途中、秘湯で名高い藤七温泉彩雲荘が見えました。



やはり岩手山は南部富士と言うだけあって、優美な姿を見せています。

爽快なドライブルートです。紅葉はまた格別でしょうね。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (1)

八幡平アスピーテライン~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その1

2018-08-25 15:28:53 | 鉄道旅行~東北
8/18(土)~22(水)の4泊5日で、東北を旅行してきました。
長めの旅行記は久々な気がします。



切符はこちらになります。
券面に「東-優2割52」とあるのは、JR東日本の優待で2割引になっているためです。

東京都区内から、秋田新幹線で盛岡経由で秋田まで出て、新潟へ下り、上越新幹線で大宮まで帰ってくるという虫眼鏡みたいな形のルートです。
なるべく一筆書きで乗車距離を長く取り、運賃逓減のメリットを享受しつつ途中下車を楽しむようにするのが、私の好きな切符の買い方です。

さて、この旅程において私はどこで降りたのでしょうか?
先々を想像してみるのも面白いかもしれません。



まずは新幹線です。



盛岡駅で下車しました。

ここから先はレンタカーです。
今回はバジェットレンタカーを利用。
料金は一番お値打ちだった上に、サービスも満足のいくものでした。



東北自動車道を北上し、お昼は岩手山SA(下り)で「ひっつみ汁定食」。
980円でとろろご飯も付いてこのボリュームは、なかなかお値打ち感があります。



東北に来るとなぜか鍋物を食べたくなるんですよね、夏なのに(笑)
移動疲れも若干あったのかもしれません。

ひっつみの程よいもっちり感がいいですね。
岩手の郷土料理を美味しくいただけました♪



松尾八幡平ICで下り、八幡平アスピーテラインに入りました。
岩手県から秋田県まで八幡平を横断する景勝道路です。
「アスピーテ」とは、楯を伏せたような形状の火山を示す名称です。



盆地を見下ろす雄大な景色。



そして何と言っても岩手山ですね。
運転していて、本当に気持ちのよい道路です。

しばらくドライブが続きますが、後半ではしっかり乗り鉄も堪能します。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (2)

文翔館(2)~18年5月週末パス旅行記その10

2018-06-25 21:43:21 | 鉄道旅行~東北


正庁です。

訓示や辞令交付、重要な会議等に使われたそうです。



漆喰天井には花飾りがあしらわれていてお洒落です。



お茶にしまししょう。

「カフェ・ド・シベール」



名前でピンときたあなたは、きっと優待投資家でしょう。
ラスクで有名なシベールが運営している喫茶室です。



コーヒーとチーズフー。
なめらかな食感とチーズのコクが程よいバランスで美味しいです。



入館料が無料とは信じられない程の、素敵な空間でした。



それにしても、美しい佇まいです。
山形の誇りですね。



山形駅より家路に就きます。
間延びしてしまいましたが、元々は東鳴子温泉が目的の旅でした(笑)


《旅行2日目:5/13(日)の旅程》

鳴子御殿湯 9:58-陸羽東線→11:10 新庄 11:40-奥羽本線→12:49 北山形(昼食・文翔館)-山交バス→山形→帰途

(旅行記終わり)

やっと旅行記が終わりました。そろそろ投資の方も立て直さないと。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

文翔館(1)~18年5月週末パス旅行記その9

2018-06-21 00:04:27 | 鉄道旅行~東北
山形一寸亭から市役所方面に歩いていきますと、立派な建物が見えてきました。



旧県会議事堂です。
美しい煉瓦造り。

この日は演奏会が開かれていました。



山形県郷土館「文翔館」に入ります。



堂々とした佇まい。
昭和50年まで県庁舎として使用されておりました。
その後に国の重要文化財に指定され、修理工事を経て平成7年に開館の運びとなっております。



中央階段室の美しさにまず驚きます。



中庭の眺めです。
屋外演奏会が開催されることもあるようです。
素敵ですね。



知事室。
映画「るろうに剣心」のロケにも使われたようです。



貴賓室。

ありがたいことに、文翔館は無料で一般公開されており、専用ガイドさんに説明もしていただけます。

なかなかブログを書く時間が取れません。。理由はまた後日にでも。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

冷たい肉そば~18年5月週末パス旅行記その8

2018-06-14 23:42:15 | 鉄道旅行~東北
今回の旅のメインは旅館大沼に泊まることだったのですが、せっかく週末パスを買っているので寄り道をして帰ることにします。



鳴子峡です。

紅葉の時期のここは、撮り鉄には超メジャーな撮影地です。
新緑の季節もまたいいですね。

トンネルとトンネルの間のほんの一瞬しか見られないので、列車の中から車窓風景を撮るのはなかなか苦労します。



堺田駅。



奥羽山脈が切れたところで比較的平坦な場所なのですが、太平洋と日本海の分水嶺にあたります。



終点・新庄に到着。
山形県に来てしまいました。

駅に併設されているもがみ物産館で「でん六豆」を久々に見たので、家用に思わず買ってしまいました。
知らなかったのですが、山形市のメーカーなんですね。



奥羽本線で南下します。
ここまで来て、この通勤タイプのロングシート車輌は無粋ですよね。。



なぜか北山形駅で下車です。



山形一寸亭(やまがたちょっとてい)でお昼ごはん。
駅から歩いていける場所(15分くらいでしょうか)ということで、ここにしました。



お目当ての山形名物「冷たい肉そば」を堪能。
蔵王から湧き出る井戸水で蕎麦を打っているらしいです。

鶏肉の意外な歯ごたえと、甘くやさしいスープのハーモニーが絶妙ですね。
とても気に入りました。

だらだら値下がりしている株が多くて、投資意欲をそそられる今日この頃。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (2)

旅館大沼(4)朝の楽しみ~18年5月週末パス旅行記その7

2018-06-11 23:26:48 | 鉄道旅行~東北
5/13(日)、旅行2日目です。



起きてまず、朝風呂に入ります。
4階の「陽の湯」です。



ここと隣の「陰の湯」は、なんとトレインビューなんですよ。
駅から近くて一人でも歓迎ですし、乗り鉄には嬉しい宿です。



貸切風呂で撮り鉄なんて滅多に無い機会ですから、しっかり堪能させていただきました。
これが「朝の楽しみ」。
さすがに絶景というわけにはいかないですけどね。



朝食もいい感じです。



蒸篭蒸しの饅頭が朝に出てくるのは珍しいですね。
あまり違いの出にくい朝食で、こういうアクセントがあると嬉しいです。

さて、これで「日本秘湯を守る会」のスタンプが10個貯まりました。
これまで泊まった宿の中から、1泊無料でご招待ということになるのですが、どこにしましょうかね~。



気分良く鳴子御殿湯駅に向かいます。
ツツジが本当に綺麗。



再び陸羽東線で西へ。

紅葉の時季にでもまた来たい宿です。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント