ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

特急いなほのグリーン車~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その22

2018-11-10 01:23:36 | 鉄道旅行~東北
酒田駅から帰途に就きます。



乗車するのは特急いなほ。



今回は奮発してグリーン車に乗ります。
昼下がりの日本海の車窓を楽しみたかったので。





前後の座席の間には木目の仕切が立てられていて、プライバシーが確保されています。
シート間のピッチも広く、とてもゆったりとした造りで快適でした。

あえて2人掛けの席にしたのは、進行方向右の海側の車窓を楽しむためです。



名残惜しいですが、庄内地方の長閑な風景ともお別れ。





笹川流れ前後の車窓は素晴らしかったですが、西日の反射がきつくて写真の納まりは今ひとつでした。



新潟駅に到着です。



在来線も高架化し、新幹線との行き来が楽になりました。



「Maxとき」で帰ります。
この2階建て新幹線も、2020年度末までには引退してしまうのですね。
当たり前のように存在していたものが見られなくなることに、時代の流れを感じます。



これで今回の旅行記は終わりです。

温泉、乗り鉄、滝めぐりと、バラエティに富んだ内容となりました。


《5日目:8/22(水)の旅程》

酒田屋旅館→丸池様→鳥海ブルーライン→元滝伏流水→奈曽の白滝→酒田 15:56-羽越本線・特急いなほ12号→18:01 新潟 18:12→帰途

(旅行記終わり)

旅行のストックが無くなったので、真面目に投資関係の記事を書こうと思います。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

奈曽の白滝・こい勢~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その21

2018-11-08 21:31:00 | 鉄道旅行~東北
涼を求めて、次は奈曽の白滝へ。



金峯神社の境内を通り抜けて行くのですが、ここから先はアップダウンのきつい階段が続きました。



やっとのことで滝壺近くへ。
迫力ある滝姿を目の当たりにし、疲れも吹き飛びました。



朝から色々ドライブで巡り、最後は「さかた海鮮市場」へ。
「海鮮どんや とびしま」さんでお昼をいただこうとしたのですが、凄い行列でした。
待っていてもレンタカーの時限に間に合いそうになかったので、今回は泣く泣く断念。
ここで食すのは、泊まりで酒田に来ない限りなかなか難しそうですね。



いったん車を返却し、駅近くの「こい勢」さんへ。
こちらの訪問は二度目です。



このランチは1,080円と大変リーズナブル。
ねっとりと濃厚な風味のガサエビがたまりません。



庄内の夏の風物詩、天然岩牡蠣もいただきました(結局、高くついてしまいました 笑)。



列車まで時間があったので、お土産に「酒田むすめ」を購入。
バター風味の生地で小豆あんを包んだお菓子で、お茶請けにピッタリでした。

決算ラッシュも終盤戦。旅行記も次回が最後です。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

鳥海ブルーライン・元滝伏流水~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その20

2018-11-06 23:01:00 | 鉄道旅行~東北
鳥海ブルーラインに入ります。



海抜ゼロから一気に1,100メートルへと賭け上がる山岳道路。
日本海を望む素晴らしい景色が眼下に広がっています。

写真の中央には、水田の中に松が生い茂る小島の数々。
象潟の風景が小さく見えています。



鳥海山五合目の鉾立に到着。
少し登山道に入ります。



とりあえず展望台まで。
歩いて10分程でしょうか。



雄大な視界。
海岸線は男鹿半島方面へと伸びていきます。



鳥海山の山頂はわずかに雲がかかっていましたが、奈曽渓谷の迫力ある景色が見られました。



平地から登ってきた道路を見ると、かなり高低差を感じます。



鉾立から今度は一気に秋田方面へと下って、元滝伏流水に立ち寄ります。



少し歩くと、木漏れ日に照らされた感動的な光景が広がっていました。
苔むした岩肌から幾筋もの伏流水が流れ落ちます。



高さは5mくらいしかないはずですが、雪解け水の白い瀑布からは強い生命力を感じました。

さほど期待していなかった鳥海ブルーラインからは思わぬ収穫がありました。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

丸池様・牛渡川~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その19

2018-11-04 00:44:33 | 鉄道旅行~東北
8/22(水)、旅行5日目の最終日です。



酒田屋旅館さんの部屋の窓からは、虹がきれいに見えました。



朝食です。
こちらは普通でしたが、夏休み期間中なのに宿泊費はおそらく他の季節と変わらず、良心的でいい宿でした。
ビジネスホテルのエグいレベニュー・マネジメントに辟易している者からすると新鮮に感じます。



箕輪鮭ふ化場です。
この奥に、丸池様という神秘的な池があります。



エメラルドグリーンの池。
静寂に包まれた雰囲気は素晴らしいものがあります。

写真では水面への木々の映り込みが凄いことになっており、今一つ伝わり辛いですが。。



こちらは側を流れる牛渡川の「湧水の樹蔭路(こかげみち)」。



川岸のあちこちから水が湧いているのが見えます。
鳥海山の伏流水ですね。

秋には鮭が遡上してくるそうで、透明度の高さに目を奪われます。



バイカモ(梅花藻)の花です。
その名の通り、梅の花のような可憐さ。
水がきれいな場所にしか繁殖しないそうです。



朝の牛渡川は幻想的な雰囲気を醸し出しておりました。

いつの間にか東京ももうすぐ紅葉シーズンですね。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

酒田屋旅館~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その18

2018-10-27 11:02:59 | 鉄道旅行~東北


酒田屋旅館さんのお風呂です。

湯ノ田温泉で唯一残る温泉宿。
泉質は含炭酸食塩泉。



日本海を見ながらゆっくりと浸かれるのがいいですね。
夕日をここで眺めても良いのですが…



部屋の窓が開けられるので、こちらでスタンバイすることにしました。
小さな虫が知らない間にたくさん入ってきていて、夜は大変なことになりましたが(苦笑)



素晴らしい。

ここの宿は全室海に面しています。
中央やや右に飛島も見えますね。





夕食は魚介類尽くしといっていい状態。
海辺の温泉はこれがあるからたまりません。

《4日目:8/21(土)の旅程》

秋田 9:13-羽越本線→9:55 羽後本庄 10:43-由利高原鉄道→11:22 矢島 12:00→羽後本庄→12:56-羽越本線→13:56 酒田-月光川河川公園→一ノ滝他→酒田屋旅館

スクリーニングすると普段見慣れない銘柄も出てくるようになりました。負った傷は大きいですが好機でもあるので、来週は新たな気持ちで臨みます。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (2)

おくりびとロケ地~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その17

2018-10-23 22:17:59 | 鉄道旅行~東北


山麓を下り、鳥海山を望む素敵な河川敷にやってきました。



ここは月光川(がっこうがわ)河川公園。

分かりづらい場所にありますが、この周辺は映画「おくりびと」のロケ地となっており、ぜひ訪れたいと思っていました。
投資家として縁起が良さそうなので(笑)



画面中央部やや左に椅子が置いてあるのがお分かりになりますでしょうか?



鳥海山をバックに、この椅子の場所でモックンがチェロを弾いていたようです。
残念ながら私は映画を見ていませんが、堤の下から見上げるように撮るといい感じになりそうです。



本日の宿は「酒田屋旅館」さん。
海辺の温泉宿です。



昭和の香りがする素朴なロビー。



お部屋です。



西日のあたる日本海が窓の外に広がっています。
夕陽が楽しみ♪

庄内地方の情景が好きです。映画を見たくなりました。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

鳥海山の湧水巡り~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その16

2018-10-21 22:13:11 | 鉄道旅行~東北
旅行記再開です。



羽後本荘駅に戻り、再びJR一筆書きの旅。



羽越本線の夏の車窓は本当に綺麗です。
磯遊びをする家族の姿が見えますね。



酒田に着きました。



ここで降りて、レンタカーを使います。



鳥海山へ向かってGO!
伏流水に涼を求めるのが目的です。



胴腹滝です。

鳥海山の伏流水が山腹から湧き出している様子が、身体の「どうっぱら」から湧き出していると例えられ、この名が付いたようです。
安産の神として崇められ、二つの滝の間に小さな社が建てられています。



一の滝です。

滝壺の青さに目を奪われます。



この後二の滝、三の滝と続くのですが、意外と時間を取ってしまったのでここで引き返すことにします。

実際に旅行した日から約2ヶ月が経過してしまい、すっかり季節感が無くなってしまいました(苦笑)
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

由利高原鉄道(3)~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その15

2018-10-13 00:33:02 | 鉄道旅行~東北


矢島駅からの折り返しです。



乗ったのは鳥海おもちゃ列車「なかよしこよし」でした。



地元の秋田杉を惜しみなく使ったウッディな車両です。

JR九州の肥薩線っぽいな~、水戸岡鋭冶さんっぽいな~と思って後で調べてみたら、本当に肥薩線活性化のプロジェクトにおいてデザインを担当した、砂田光紀さんという方が手掛けた車両とのことです。



子供が遊べるスペースは、木の温もりに包まれていました。
木の砂場、いいですね。



窓の外を見ると、列車を見送るまつ子さんの姿。



田んぼの中にポツンと存在し、思わず降りてみたくなる曲沢駅。



国の登録有形文化材となっている旧鮎川小学校。
美しい木造校舎は現在「鳥海山木のおもちゃ美術館」として活用されています。

それにしても由利高原鉄道、とても癒される鉄道でした。
ゆっくりのんびり列車の旅の魅力を、多くの方に知っていただきたいです。

先を急ぐ必要はないですね。相場の状況を見るにつけ、つくづくそう感じます。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

由利高原鉄道(2)~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その14

2018-10-10 21:27:08 | 鉄道旅行~東北


黒沢駅を過ぎ、子吉川を渡ります。
この列車の鮮やかなブルーは、この川をイメージしているとのことです。



曲沢駅付近から見る鳥海山。
この辺りが一番よく見えるらしいです。



前郷駅では、今では大変貴重となったタブレット交換を間近で見ることができました。
駅に近づく前にカメラを構えつつそわそわしていたら、アテンダントさんに引き合わせていただいたような形になりました。
その心遣いに感激です!

どうですか、運転手さんのこのキメ顔(笑)



高台から眺めるこの田園風景は、地域の方にとっては日常のありふれた風景なんでしょうけど、私には心打たれるものがありました。
ちょっと疲れているのかな(苦笑)



終点・矢島駅に到着。
アテンダントさんは気立てがよく、可愛らしい方でした。
秋田おばこ姿はほっこりとしますね。



東北の駅100選にも選ばれた美しい駅舎です。



折り返しの列車まで40分弱ありますので、駅前の食堂でお昼を済ませておきます。



懐かしい感じのする味噌ラーメンをいただきました。



矢島駅の駅舎内には「まつ子の部屋」という名物売店があります。



まつ子さんは葉に衣着せぬ物言いをするとにかく元気な方で、人生相談に来られる方も多いようですよ。
桜茶をふるまっていただきました。

片道約40分はちょうどいい感じ。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

由利高原鉄道(1)~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その13

2018-10-09 23:21:48 | 鉄道旅行~東北
8/21(火)、旅行4日目です。



朝食は秋田ビューホテルの最上階12階レストランのバイキング。



メニューは約50種。
素敵な眺望を楽しみつつ、美味しくいただけました。
駅近でもあり、秋田ではオススメのホテルです。



秋田駅です。
ここから羽越本線に乗って…



羽後本荘駅に着きました。



駅舎内です。
くす玉みたいなのは、郷土の手芸品「ごてんまり」の巨大バージョンですかね。

右側が由利高原鉄道の改札と切符売り場となります。



往復の硬券を購入。

以前から由利高原鉄道には乗ってみたいと思っていたのですが、アクセスの難しい場所にあるのと盲腸線であることがネックとなり、これまでなかなかチャンスがありませんでした。
やっと念願が叶います。



私が乗るのは「まごころ列車」。



おばこ姿のアテンダントさんが乗務する列車です。
車両は2012年から導入したもののようで新しいですね。



車内は夏らしく飾り付けがなされていました。



「鳥海山ろく線」の名に相応しい風景の中を列車は走っていきます。

アテンダントさんの写真は次回のお楽しみということで。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント