極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

探偵物語 (1983) 113分

2006-10-30 21:47:42 | なつかシネマ
1週間後アメリカに旅立つ女子大生・新井直美。彼女のボディーガードを依頼された探偵・辻山。そんな2人がある殺人事件を探偵することから急接近。果たして犯人は?そして直美と辻山の関係は…。

DVD ★★★★

 薬師丸ひろ子の映画ではこの映画と「Wの悲劇」が好きな私です。赤川次郎が薬師丸ひろ子主演の映画を前提に原作を書いたといわれている作品だけに、さすがに彼女のキャラを生かした映画です。しかし、それ以上に共演の松田優作がホント素晴らしいんだよね。私はこの映画は薬師丸ひろ子の映画っていうよりも、彼の映画だと思います。この映画の後が「家族ゲーム」なんですね。

 で、ちょっとマニアックな話(笑)
私にとって「探偵物語」といえばこの映画なんだけど、多くの人は松田優作の人気TVドラマをいうんだよね。実は私は一度もそのドラマを見たことはないんだけど(笑)べスパに乗ってるって言うのを知ってるくらいかも(^^;
 で、今回気がついたことは、この映画版「探偵物語」のタイトル(ロゴ?)は「偵」の字だけが明朝体で、後の3文字はゴシック体で書かれてるんだね(笑)ひょっとしたらTVドラマ版との差別化かもしれないけれど。

 今の時代とちがって、1970年代後半から80年代の日本の映画ではこんな「アイドル映画」でも「ヌードシーン」がでてくるのね。もちろんヒロインが脱ぐことはないんだけど、この映画でも秋川リサと坂上美和がオッパイ出していました(爆)
 
 ラストシーンは珠玉のラブシーンです
このシーンは映画史に残る出来だと私は思います。
長回しに松田優作がよく耐えたよね(笑)エンドタイトル時もカメラはずっとそのままなんだもの(^^;

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« (^◇^;) げっ | トップ | いやなニュースばかり・・・ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

なつかシネマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

探偵物語 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「探偵物語」は、ドラマの"工藤ちゃん"の「探偵物語」とは全く別物なのに、タイトルが同じ松田優作さんのちょっと紛らわしいサスペンス映画です。  赤川次郎さんの原作なので、分かりやすくて肩の凝らないサスペンスですね。ドラマの方は10年ぐらい前に再放...