パープル問題

2011/11/24(木)より開設
*小説執筆がメイン*
 ドラマとかアニメの感想などを日記にしています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いわき市では県知事選と同日に<県議補選>があるようです

2014年09月15日 | 日記
県知事選・県議補選/「かけはし」「あしたの風」配布
2014 年 9 月 13 日 hasebe-a コメントをどうぞ コメント


党のいわき・双葉地区委員会として、来月(10月)26日投票の県知事選・県議補選へ向けた集会をもちました。

県議のいわき市選挙区では、1人の市長転身に伴い、県内で唯一、知事選に合わせて定数1の補選があるのです。正式には来週16日に記者会見で発表しますが、党としては吉田えいさくさんを候補者として闘います。

集会では党県委員長が知事選をめぐる現時点の状況、宮川県議が補選へ向けた政策論戦、私が党県議団の役割、党地区委員長が選挙にのぞむ方針を話し、質疑応答もし、吉田さんの決意表明も聞いて、意思統一を図りました。



家にもどってからは、けさのうちに組んでおいた「かけはし」「あしたの風」をご近所260軒ほどに配布しました。

ご自宅の玄関前でばったり会った自営業者は、このチラシ配布時には私も遠慮して店内には入らないのですが、「わかってるから。応援し続けているよ」と。ほんとうにありがたいです。



そうして歩いていたら、「あらっ!」とすれ違ったかた。浪江町が実家で、家族もバラバラ、事故後あした初めて浪江へ行く、原発立地の時は私は実は反対だった、少なくとも自分が生きている時にこんなことになるとは思わなかった、などなどと、路上で20分ばかりの「懇談」でした。「かげながら共産党を応援してますから」と。

こうした場面が原発事故後、しばしばありますが、こうした声をしっかりと受け止める政治が必要なのです。
>>>
 長谷部あつし福島県議のブログからの転載記事です。 古くからの知り合いである<吉田えいさく>さんが出馬するようなので、吉田えいさくさんに投票しようと思います。
 清水敏男がいわき市長に転出したので、定数が1名不足していたのです。わずか定数1名の大激戦区ですが、当選圏内に押し上げるよう私個人もがんばります。
 >>>長谷部さんの回答
 2014 年 9 月 15 日 20:18 | #2 返信 | 引用 そうです。がんばります。
もっとも10月1日までは開会した定例県議会の会期です。

それにしても3~4月の議会欠席、入院・手術・復帰リハビリの時期を思い出します。

とにかくがんばってください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今回の2014年福島県知事選を想う&予想 現在立候補者3名

2014年09月14日 | 日記


2014年福島県知事選挙は、立候補者が3名、内堀雅雄前福島県副知事(副知事は辞職して県知事選挙に臨む)元岩手県宮古市長の熊坂氏、いわき市在住の牧師で自営業の五十嵐義隆氏(立候補者の中では1番若い)の3名だ。

 現職の佐藤ゆうへい知事が<3選出馬>せず、引退を表明し不出馬を宣言したことで、民主党と社民党は内堀副知事の支援を決め込み、自民党は独自候補だった鉢村健(55)元神戸支店支店長かつ元福島支店支店長(日銀)の擁立を断念し、内堀さんとの相乗りを決めた。自民党と歩調を合わせる連立パートナーの<公明党>も内堀さんの相乗りとなる次第
 共産党と維新の会は態度を表明していない。福島民友によれば、共産党は週明けにも(明日以降)判断をするそうだが、今回は<みんなで県政をつくる会(日本共産党)>も候補者を擁立しないのだろうか?

 <相乗り><草の根>の対決では、選挙構図は定まったが、内堀さんの信任投票の意味合いが強く、選挙戦が盛り上がらない。

 ここはオール与党VS日本共産党の選挙構図にするべく、共産党さんに候補者を擁立してもらいたい
9月15日(月・敬老の日)の福島民友によれば日本維新の会は<自主投票>を決めました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝日新聞<フクイチ(1F)から撤退を誤報と訂正>

2014年09月11日 | 日記


「吉田調書」報道で誤り認め訂正へ…朝日新聞

読売新聞 9月11日(木)17時44分配信



 東京電力福島第一原発事故を巡り、朝日新聞が政府の事故調査・検証委員会による吉田昌郎元所長の聴取記録(吉田調書)をもとに、所員らが吉田氏の指示に反して福島第二原発へ撤退したと報じたことについて、朝日新聞社は11日、「『吉田調書』報道については誤った部分があり、訂正する考えです」と明らかにした。

 朝日新聞は今年5月20日付朝刊で、独自に入手したとされる「吉田調書」をもとに、原発事故の状況が悪化した2011年3月15日、所員の9割にあたる約650人が約10キロ南の福島第二原発へ退避したことを「命令違反」と報道した。

 しかし、「吉田調書」を入手した読売新聞など複数のメディアが検証した結果、吉田氏は事故調の聴取に対し、「2F(福島第二原発)に行けとは言っていない」と答えながらも、「2Fに行った方がはるかに正しい」と説明し、命令違反の認識はなかったことが明らかになっている。
>>>
 「フクイチ(1F)から命令違反で全員撤退していた」という報道が間違っていると認めました。従軍慰安婦の報道が誤報だったとも訂正しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐藤ゆうへい福島県知事 立候補を見送り

2014年08月26日 | 日記

佐藤・福島知事、立候補を見送りへ 周辺に伝達

朝日新聞デジタル 8月26日(火)15時3分配信



 10月の福島県知事選で、現在2期目の佐藤雄平知事(66)が立候補しない意向を周囲に伝えていることがわかった。過去2回の選挙で支援した支持組織の一部は後継候補の調整に入っている。佐藤氏は後継候補の擁立状況を見極めて最終判断する。

 知事選への対応について、佐藤氏は「目の前の課題を一つ一つ前に進めることが私の役割だ」と述べ、3選を目指すかどうか明らかにしていなかった。ただ、周辺には心労を理由に立候補しない意向をたびたび漏らしていたという。

 県は8月下旬、東京電力福島第一原発事故で出た汚染土を保管する中間貯蔵施設の建設計画をめぐり、候補地の大熊、双葉両町への財政負担案を決定。佐藤氏は最大の課題が解決するめどが立ったことを踏まえ、改めて関係者に立候補しない意向を伝えた。
>>>>>>
 これで新人同士の選挙戦、どうなるか分からなくなったぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

怪しげな元総理4人組

2014年07月19日 | 日記
小泉・細川・菅・鳩山…元首相4人が脱原発派の講演会に

2014年7月19日(土)00:31

 細川護熙、小泉純一郎、鳩山由紀夫、菅直人の元首相4人が18日、都内であったエイモリー・ロビンス氏(米ロッキー・マウンテン研究所理事長)の講演会で一堂に会した。講演会は小泉、細川両氏が発起人の自然エネルギー推進会議が主催。鳩山、菅両氏が参加を申し込み、ロビンス氏の脱原発論に耳を傾けた。

 講演会前、ロビンス氏と懇談した小泉氏は同氏の著書について「この本を読んで原発ゼロを確信した」と話した。また、小泉氏は記者団に川内原発(鹿児島県)の再稼働方針について問われると、「おかしいねえ」と答えた。

 元首相4人は講演会前に会場内で数分間懇談した。同席した関係者によると、話題は鳩山氏の近況についてだったという。菅氏は記者団に「それぞれの立場で協力したい」と語った。(関根慎一)

 >>>>>>
 鳩山由紀夫も小泉純一郎も<変人>という意味では、似ている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超高速 参勤交代の映画を見た感想

2014年07月15日 | 日記
「超高速!参勤交代」公開10日間で動員50万人“高速”突破のスマッシュヒット

2014年7月1日(火)20:10



(映画.com)

 俳優の佐々木蔵之介が7月1日、東京・新宿ピカデリーで行われた主演作「超高速!参勤交代」(本木克英監督)のヒット御礼舞台挨拶にサプライズ登場した。

 幕府から「5日以内に参勤交代せよ」と無理難題を突き付けられた弱小貧乏藩・湯長谷藩が、奇想天外な作戦でミッションに挑むコメディ時代劇。6月21日に全国252スクリーンで封切られ、国内興行ランキングで「アナと雪の女王」に次ぎ、2週連続で第2位をキープ。6月30日現在で観客動員52万人、興行収入6億3239万4000円を記録している。

 舞台挨拶にはお笑いコンビ「ますだおかだ」の増田英彦と岡田圭右が同席。佐々木と増田のふたりは、サラリーマン時代に勤務した広告代理店の“同期”で「昔から情に厚い男。応援に来てくれるなんて、めちゃめちゃうれしい」(佐々木)、「あの平社員が殿になった。次は社長ですね」(増田)と再会を喜び合った。

 入社から9カ月という“超高速”で退社したという増田は、その後漫才コンビとして大ブレイクし、「新人賞は取るは、M-1でグランプリになるわ、すげえなと思っていた」(佐々木)。その佐々木も退社し、現在は俳優として幅広く活躍しており、岡田は「こっちがリードしていたのに……。追い越し車線に入ってくるのが早い」と嘆き節。増田が「ホンマの相方はこっち。これからは“ますだささき”でやっていく」と宣言すると、佐々木もまんざらではない表情だった。
>>>>>>
 見てきました。いわき湯長谷藩のお殿様が主人公でした。皆さんも1度は見るべきですよ。あの当時(250年ぐらい前)は今の原発騒ぎが起きるなんて想像もつかんかったろうなぁ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滋賀県知事選 自公の候補者が僅差で敗北 民主党の三日月元衆議が当選

2014年07月15日 | 日記
政府・与党に「滋賀ショック」…敗因分析急ぐ(読売新聞) - goo ニュース
 政府・与党に「滋賀ショック」…敗因分析急ぐ

2014年7月15日(火)11:02


 自民、公明両党が推薦した新人候補が接戦の末に敗れた滋賀県知事選から一夜明けた14日、政府・与党に「滋賀ショック」が広がった。

 閣僚や党幹部を大量投入し、地方選挙としては異例の態勢で臨んだだけに、約1万3000票差での惜敗に落胆は大きく、敗因の分析を急ぐ考えだ。一方、前民主党衆院議員の三日月大造氏を支援した民主党は、知事選を契機に政府・与党に対する反転攻勢の構えを強めている。

 ◆失言、ヤジ問題

 14日の衆院予算委員会。民主党の海江田代表から滋賀県知事選の受け止めを聞かれた安倍首相は、「集団的自衛権の議論が影響しなかったというつもりは毛頭ない」と述べ、集団的自衛権行使を限定的に容認する閣議決定が結果に影響したことを率直に認めた。

 告示前、優位に戦いを進めていた自公両党推薦の 小鑓 こやり 隆史氏だったが、その後、石原環境相の失言問題や自民党議員によるセクハラヤジ問題が相次ぎ、思わぬ逆風となった。政府が閣議決定した7月1日は、「2ケタあったリードが1ケタに落ち込んだ」(自民党幹部)時期と重なった。

 当初、6月22日の通常国会会期末までの閣議決定を目指していた首相は、憲法解釈見直しに慎重な公明党に配慮し、閣議決定の時期を遅らせた。このことが、かえって公明党支持層の投票行動を鈍らせたとの指摘もある。

 読売新聞社が今回、期日前投票を行った有権者を対象に実施した出口調査では、調査回答者に占める公明党支持層の割合が6%(滋賀県内5市)と、昨年7月の参院選時の11%(同6市)の半分程度に落ち込んだ。強固な組織力を誇る公明党は、支持者が期日前投票に行く傾向が強いが、今回は大幅に減ったことがうかがえる。

 >>>
 実は自公(自民党と公明党の推薦・支持の候補者)はここのところ地方選では負け続けている>>>
 


☆義君☆ @free tibet!
07/14 14:28 削除


【悲報】支持率50%オーバーの自民党が選挙で負け過ぎと一部で話題へ


桑名市長選:自公推薦候補が日本未来の党推薦に「ボロ負け」
下関市長選:安倍晋三のおひざ元で、安倍総理系列の候補が「大差で敗北」
宝塚市長選:自民党候補は3位。次点の「共産党候補にすら負ける」ただの泡沫候補。
青森市長選:自民党候補「大敗北」
名古屋市長選:自民党候補「ダブルスコア以下で大敗北」
さいたま市長選:自民党候補が「大差で敗北」
千葉市長選:自民党は候補すら立てられず「不戦敗」
静岡県知事選:自民党候補「トリプルスコア差で大敗北」
横須賀市長選:小泉親子の地元で、自民党候補、「また敗北」
武蔵野市長選:自民党が支持する新人が、革新連合が応援する無所属現職に敗北
天理市長選:自民党敗北
川崎市長選:自民党敗北
越谷市長選:自民党敗北
福島市長選:自民党敗北

このあと松戸市長選でも敗北。

滋賀県知事戦:小泉や橋下まで動員して総力戦も自民党敗北←NEW

↑↑↑
自民党は支持率詐欺やってるよね。?
>>>
 グリーの自分のコミュニティである<アンチ自民党>からの義君さんのコメントの転載記事。

  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1年と6カ月もヒマを持て余した人々へ

2014年06月02日 | 日記


 これからお互い暑くなる季節ですよ、そろそろおやめになってはいかがですか?本当に夏のクソ暑い時期に<死ね><死んでしまえ><バカ>とか聞きたくもないし、あなたがただって本心では言いたくないでしょうからね。

 そろそろ終わりにしましょう
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

鹿児島2区補欠選挙の、夜8時<当確>のナゾ 大接戦だったのに

2014年05月04日 | 日記
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E7%AC%AC2%E5%8C%BA

 自公の候補者が最終的に6万6千票で約7万票近く、民主(維新・結い・生活の党)の打越候補者が4万6千票と、夜の8時時点で<当選確実>を自公の候補者に出すのは早いかと思う。

 完全に票を計算してみて、本当に当選したかどうか判明してから、<当確>を出してほしい。はっき言って、大河ドラマの軍師官兵衛を見てる時に、上のテロップで<自公候補が当確>と出ると、なえる。
 まぁ最終結果を見ても<2万票の差>はあるが、大差ではないと思う。この金子万寿夫さんの6万6千票のうち、どの程度が公明票なのかが気になる。
 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

やっと一連の電磁波(怪音波)騒動に解決の糸口が見えてきました

2014年04月01日 | 日記
 長谷部あつし福島県議からは、なにも返事がなかったですが、私が懇意にしていて、2012年の9月9日の<いわき市議選>で、私と両親と祖父母と<5票>を投票した、高橋あき子いわき市議が相談に乗ってくださいました。

 「私が共産党を離党してから、元の上司の声や、佐藤さん(常任委員)の声や、青年支部の支部長や副支部長の声が、1年と4カ月も聞こえるんです。「死ね、とか、飛び降りろとか、自殺しろ」などです。あき子さん どうにか彼らをお止めください。現職のいわき市議会議員の<渡辺ひろゆき>さんの声も<コロス>とか<自殺しろ><死ね>と聞こえたんです。」
 高橋市議「受け止めました。彼らに話してみます。ずいぶんと、そう声を感じて苦しんでいたんですね、大変だったでしょう。私が話をしておきます。」と電話で対応してくださいました。

 私は、高橋あき子いわき市議の良心を信じたいと堅く思いました。昔は家族全員で長谷部さんを応援し、高橋市議も家族全員で5票も投じました。

 それらの事情やいきさつを高橋市議は真剣に聞いてくださいました。もしかしたら近日中に声が聞こえなくなり、この一連の電磁波騒動は収拾がつくかもしれません。

 

 もしも、これらの騒動に現職の県議会議員や、現職のいわき市議会議員が関与しているなら<議員辞職レベル>の騒動です。せっかく定数10名の大激戦で勝ちとった共産党の複数議席も吹き飛んでしまいます。

 これらの騒動の1日も早い終息を強く望む者であります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加