散歩の時に見つけた!

東京都内を散策しますが、こんな所にこんなものがと再発見します。写真を添えて紹介します。

池上本門寺(2)

2017-04-05 06:01:31 | 日記

       大堂

         仁王門

 本門寺の大堂は「祖師」すなわち日蓮を祀ることから「祖師堂」ともいいます。旧大堂は本門

寺14世日詔の時代、慶長4年(1606)加藤清正が母の七回忌追善供養のため建立したが、

元和元年(1619)に焼失。その後も度々焼失しては再建しましたが、昭和20年4月の空襲に

よりまた焼失し、昭和39年(1964)現在の大堂を再建しました。

           

       

 五重塔は高さ31.8メートル。空襲による焼失はまぬかれた貴重な古建築の一つで、江戸幕

府の二代徳川秀忠将軍の乳母である岡部局の発願により、慶長13年(1608)に建立された

ものです。また現在の鐘楼は、正保4年(1647)加藤清正の娘で、徳川頼宣の室となった揺林

院が寄進しましたが、空襲で破損したため、現鐘楼の脇に保存されています。(写真Mr麹町)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 池上本門寺(大田区池上) | トップ | 力道山のお墓(池上本門寺) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。