柳美里の今日のできごと

小説家、劇作家の柳美里のブログ

ボケ

2014年12月22日 11時31分24秒 | 日記
郵便局で、重さ(切手の値段)がわからない封書を出すためにさんざん並んで、ビンポ〜ン、と音が鳴ったその音につられて、郵便貯金の窓口に行ってしまったわたし――。
窓口のお姉さんには、「郵便はあちらの窓口ですので、列に並んでください」と言われ、後ろのお婆さんには「なにモタモタしてんのよ!急いでるんだから!」と怒鳴りつけられ――、「あぁ……すみません」と頭を下げたまま、もう一度列の一番後ろに並ぶハメに陥ったわたし――。

もともといつもぼうっしていて、小さいころから「この子はネジが1本足りない」とか「白痴」だとか言われつづけてきましたが、最近「それ」に拍車がかかっているような……

「それ」とはつまり「ボケ」のことです。

今の季節に口ずさむ歌は、なんですか?

2014年12月22日 10時37分13秒 | 日記
昨日からずっと、「今夜はブギーバック」を口ずさんでいる。小沢健二と、スチャダラパーによるコラボレーション曲。
発売されたはのは、1994年。
20年が経ったよ。

糖尿病治療中

2014年12月22日 10時26分09秒 | 日記
ティグリさぁん、と動物病院では呼ばれています。

うちでは、チグ、と呼ぶことが多いかな。

年賀状、第一陣

2014年12月22日 00時37分34秒 | 日記
今日は、韓国、アメリカ、スウェーデンで暮らす友人への賀状を書いた。

12人ですかね。

なかなかつたない文章ですが、これが現状。

原稿執筆、ランニング、語学学習を、着実に進めたい。

トラ。

2014年12月22日 00時30分04秒 | 日記
夕食のメインディッシュは、子持ちガレイの煮付け。
トラが狙ってます。

味が付いてるから、これはあげられよ。

兄妹あるいは姉弟

2014年12月22日 00時26分16秒 | 日記
この2ひきは、いつも、どこでも、くっついています。
そろそろシャンプーをしないといけない時期なんだけど、いまはパワーが、ない。

25日に洗おうかなぁ……

高校入試秒読み

2014年12月21日 12時22分17秒 | 日記
朝、中3息子とふたりで、小町通りのコメダ珈琲店でカフェオレを飲みました。(どの公立高校を受験するのか、という話し合いを兼ねて……)

コメダには、飲み物を注文すると、ゆで卵とトースト半分が無料で付く、というモーニングサービスがあるのですよ。

息子、大きくなった。
身長、183cm。
体重はシークレットだそうですが、3桁にはいってないということです。

高校入試まで、2ヶ月を切った……

由紀夫くん、おやすみ。

2014年12月21日 01時47分06秒 | 日記
たぶん、これは、冬期鬱。
今夜は悪夢をみませんように。

明日こそ、停滞、低迷から抜け出せますように。


いい加減、書かなければ……

餌を欲しがるティグリ

2014年12月21日 01時37分07秒 | 日記
硝子戸を前足の爪で引っ掻くの。

嫌な音……

硝子、傷だらけ……

真珠の首飾り

2014年12月21日 01時27分39秒 | 日記
9月からずっと旅暮らしだったんです。

昨日、溜まりに溜まった旅の荷物の整理整頓をしていたら、真珠のネックレスがないことに気付きました。
旅先では黒い服ばかり着ていたんです。
黒い服に真珠の一連のネックレスを合わせたら、喪服みたいに見えるな、と思いつつ、旅支度に加えていたんですよ。
昨日、宿泊した京都、大阪、豊橋、いわき、南相馬、相馬のホテルに遺失物の問い合わせをしましたが、見つかりませんでした。

わたしは6月22日生まれ。
6月の誕生石は真珠。
アクセサリーはほとんど身に付けないんですが、真珠のピアスとネックレスだけはよく身に付けていました。

20年前、渋谷の西武デパートの宝飾品売場で、真珠をひと粒ひと粒選んで作ってもらった首飾りなので、惜しいといえば惜しいけど、無くなったものは、仕方ない。

どこで無くしたのかな……

悪夢に次ぐ悪夢

2014年12月21日 00時22分32秒 | 日記
昨夜みた悪夢。

息子の高校の説明会に行ったら、願書を渡される受付で、手のひらにパンチで穴を開けられる。
痛点が痛い、と思う、言葉としてはおかしいけれど――。
(説明会場の様子は、長くなるから省略)

場面が飛ぶ。
家。
夜。
わたし、ひとり。
風呂に入ろうとすると、湯気がもうもうと立ち込め、そのなかに誰か潜んでいる気がして、シャワーのお湯を湯気に浴びせる。
振り向くと、脱衣室の向こうの廊下の暗がりに、母がいる。
母の背後に、誰かいる。
上背のある黒い影――。
母が、刺される。
わたしは全裸のまま浴室の窓を開け、外に逃げようとするが、肩をつかまれ――、目覚める。

あんまり怖いから、布団から抜け出して家中の電気をつけて、浴室のガラス戸を開けて、夢だ、夢だ、夢だ、と声にして、夢だということを自分に言い聞かせなければならなかった。

わたしは、子どものころから度々こういうことがある。
現実と夢の境が曖昧になり、夢からさめても夢のつづきが流れて、自分がどこにいるのか、何者なのか混濁して、パニックに陥る。

息子にも同じ傾向が見られる。

先月、臨床心理士で、犯罪者の精神鑑定を行っている、長谷川博一さんにそれとなく相談したところ、
「情報の処理能力が遅いのではないか」と言われた。

わたしも、息子も、格闘ゲームや、ドラマや映画の暴力シーンや殺人シーンを見ることができません。

息子は、ゲームセンターで耳を塞いで蹲ります。

現実に、攻撃されている感覚に陥る。

痛点が痛い――。

リハビリの午後

2014年12月09日 23時37分17秒 | 日記
今日は、日常生活に呼吸を合わせるための1日だった。
午前中は、メール連絡。
正午から、歯科治療。
夜7時半から、ヨガ教室。
歯科治療のあとに、一昨日の朝、猫どもに噛みちぎられて食べられなくなった食パンとフランスパンを、鶴岡八幡宮の鳩と鴨にあげに行った。
雀と鷺も、やってきた。

早く、執筆を日常生活に組み込まなければ――。

明日から、執筆とランニングと語学学習を再開する。
執筆はフル稼働しないと、締切に間に合わない。

ランニングと語学学習は、少しずつ、ゆっくり。

焦りは禁物。

細切れの眠り…

2014年12月07日 08時05分44秒 | 日記
旅暮らしだと、自分の家、自分の部屋、自分のベッドも、自分のもののような気がせず、緊張が抜けないんですよね。

午前2時過ぎに寝て、悪夢にうなされ4時に飛び起き、うつらうつらしたと思ったら、再び悪夢を見て午前6時に起き、ようやくぐっすり眠れるかもしれない、と思ったら、本日、全県模試を受ける高校受験真っ只中の中3息子が、「ママ!猫が台所に侵入して、朝ごはんのパン全部食べられちゃった! 食いちぎられたパンで台所がめちゃくちゃになってる!」と言うので、飛び起きて、掃除をして、りんごを剥き、ココアを温めてやり、それだけじゃお腹がすくので、パンを買うお金を渡して、「行ってらっしゃい!」と送り出し――、眠気は霧散しました。

近所の喫茶店にコーヒーを飲みに行き、頭をすっきりさせて仕事をします。

で、午後2時には鎌倉を出発して、東京の某ホテルのラウンジでシュナイダーさんに会います。

帰宅。

2014年12月07日 02時14分35秒 | 日記
風呂はいった。
歯ぁみがいた。
イブA錠のんだ。
やらなきゃならないことは色々あるけど、とりあえず今夜は、寝る。

あぁ、ベッド。

自分のベッドに横になれるということが、ものすごく贅沢なことに思える。

贅沢のハードル、低過ぎ……

おやすみなさい。

なんとか横須賀線に乗れた。

2014年12月06日 23時30分54秒 | 日記
あとは、湯船に浸かる自分のイメージだけを考えて、最後の力を振り絞ろう。

と――、わたしの左隣の30代半ばぐらいの女が、
「もう疲れちゃた……なんにもできない……」
と、泣きじゃくっている。
そして、わたしの右隣の白髪の男性が「うるせぇな!」と怒鳴る。

湯船のイメージ湯船のイメージ湯船のイメージ……