柳美里の今日のできごと

小説家、劇作家の柳美里のブログ

同世代の女ともだち

2016年06月29日 00時45分37秒 | 日記
午前と午後の間に、隆文堂の高橋小織さんと、今野書店の今野聖奈子さんと西荻窪でランチしました。

10年前に出会い、とても気が合って、急速に仲良くなったのです。。

書店訪問のときは必ずランチします。

この記事をはてなブックマークに追加

サインの日

2016年06月29日 00時42分05秒 | 日記
今日28日は、書店を訪問して、『ねこのおうち』のサイン本とPOPを作成しました。
午前中は、新宿の紀伊國屋書店本店と南店、荻窪のTitle。
午後は、西荻窪の今野書店、吉祥寺のジュンク堂書店、パルコブックセンター、ブックファースト アトレ店、西国分寺のBOOKS隆文堂、立川のオリオン書房ルミネ店、ノルテ店。
合計10店で、朝10時〜夜6時20分までかかりました。サイン本は、60〜70冊くらいでしょうか?
(写真は、今野書店です)

この記事をはてなブックマークに追加

はしブラシ誕生!

2016年06月28日 08時32分00秒 | 日記
昨日、朝食用に買ったコールスローサラダ、割り箸が付いていない、ということに、いま気づいた。

手づかみで食べるよりは、ホテルの歯ブラシ2本を箸に化けさせることを選びます。

いただきます!

この記事をはてなブックマークに追加

文藝春秋通用口

2016年06月28日 01時01分15秒 | 日記
「イエアメガエル」のゲラを、文藝春秋の守衛さんに手渡した。

帰りのタクシーのなかで武藤さんに確認のメールを送ったけど、返信ないので、ちょっと不安。

違うところ(たとえば、週刊文春とか)に持って行かれちゃった、なんてこと、ないよね?

この記事をはてなブックマークに追加

「飼う人vol. 3イエアメガエル」完成!

2016年06月27日 23時45分56秒 | 日記
ホテルの椅子、座面が高くて足が浮く(腰が痛い)から、『文學界』7月7日発売号に掲載される「飼う人vol.3 イエアメガエル」のゲラの手入れ、ベッドでうつ伏せになってやった。

担当の武藤旬編者長からは、ホテルのフロントに預けておいてくれれば取りに行く、とメールがあったけど、校了作業の諸々で忙しいだろうから、わたしが文藝春秋まで届けに行く。

確か、裏口があったはず。守衛さんに預けて帰ろう、と思う。

この記事をはてなブックマークに追加

いま、渋谷。

2016年06月27日 08時11分58秒 | 日記
徹夜することによって、1日と1日の境目が消えて、いつだったのか、いつなのかがよくわからないのですが、
おそらく昨日の明け方、「イエアメガエル」のラストシーンを書き上げました。仮眠をしてから、音読しながらの推敲を行い、『文學界』の武藤旬編集長に送りました。
急いで荷造りをして、今日の夕方『キネマ旬報』史上で対談する、ウニー・ルコント監督の『冬の小鳥』と、新作『めぐりあう日』をメモをとりながら観ました。
観終わったのが、15時20分。
着替えて、飛び出し、なんとか、南相馬市役所15時40分発、福島駅西口行きのバスに間に合いました。
移動時間は睡眠補充に使うつもりだったのです。
でもーー、『ねこのおうち』出版(6月17日)と、わたしの誕生日(6月22日)を祝うメールが友人や知人から30通ほど届いていて、お返事することができないのが苦しくて仕方なかったので、移動の4時間、ホテルについてから4時間、合計8時間かけて、全員に返事を書くことができました。

今日27日は、正午から都内のとある公園で『ねこのおうち』に関するテレビ撮影。

場所を移動して、夕方からはウニー・ルコント監督と対談を行います。

夜はホテルで、「イエアメガエル」ラストシーンのゲラの手入れ(ラストシーン以外のゲラの手入れは、もう終えています)を行い、エッセイを1本書きます。

28日、29日は、河出書房新社の担当者と、都内16書店を訪問し、書店の方とお話をしたり、『ねこのおうち』のサイン本を作成したりします。

人には、命の締切がある。

それは、いつ来るかわからない。

命あるうちは、精一杯やります。

死後、神さまにうなずいてもらうために。

この記事をはてなブックマークに追加

徹夜明けでも、仕事続行……

2016年06月25日 10時28分57秒 | 日記
我ながら、かなりしんどそうな顔をしている。

おそらく、笑わそうとしてくれたのだろう。

息子が、突然クイズを出してきた。

「王様がいい返事をして行くところって、なぁんだ」
「いい返事?」わたしは寝不足で朦朧としている。
「うん、いい返事」息子はだいたいいつもニコニコしている。小さい頃からピースバッチに似ていると言われてきた。
「なんだろう? わかんないなぁ……」
「ハイキング!」
「あぁ、なるほどぉ」

はい! キング、ね……

「剣道とか柔道をやってるひとが好きな果物って、なぁんだ」
「えぇ、なに? パイナップルとか?」
わたしは昔からナゾナゾが苦手である。
「みんな、そう言うんだなぁ」
「みんなパイナップルとは言わんでしょう」
「ぶどう!」
「あぁ、武道で葡萄ね……」

ちっとも笑えなかった。

たけ、ごめん。



この記事をはてなブックマークに追加

何日目の徹夜か、もうわからない……

2016年06月24日 22時10分12秒 | 日記
昨夜は明け方まで寝ないで「イエアメガエル」のつづきを書き、3時間だけ寝て、起きて、「イエアメガエル」を推敲しました。1シーン(400字詰原稿用紙10枚分)仕上げて、『文學界』編集部に送った後、急いで身支度を整えて、自宅で新刊『ねこのおうち』の著者インタヴューを受けました。福島民報社です。

南相馬市原町区の「おおうち書店」に手書きPOPを持ってご挨拶にうかがい、帰宅したら、『文學界』から原稿用紙80枚分のゲラ(五月雨式に原稿を送っているので、再校と初校あり)が届いていて、ずっと手入れをやっていました。
それがいま、終わりました。
しかし、今日の仕事、これからが本番なのです。
『文學界』、6月27日が校了日です。
「イエアメガエル」残り3シーン、原稿用紙30枚です。
明日は25日。朝までに2シーン(20枚)書き上げないと勝算がありません。
明日は午前11時締切のエッセイもあります。
「イエアメガエル」を書いて送って、エッセイを書いて送ってから、3時間くらい寝て、「イエアメガエル」のラストシーン(10枚)を書き上げないといけません。
26日〜29日は東京に滞在します。『ねこのおうち』のプロモーションと、書店訪問で全く時間がありません。
27日はテレビ撮影の後、『キネマ旬報』で、ウニー・ルコント監督と対談をするので、東京に行く前に『冬の小鳥』と、新作『めぐりあう日』をメモをとりながら観なければならないのですがーー、それは26日、出掛ける前にやるしかないーー。

(荷造りは、いったいいつやればいいんだろうか?)

何故、スケジュールを書き連ねたかというと、わたしの誕生日を祝うメールや手紙をくださった方に、お返事を書くことができないのです。

それが、とても苦しいのです。

申し訳ない気持ちでいっぱいなのです。

7月に入ったら、新幹線やバスの移動時間の中でお返事を書くつもりですので、どうかお許しください。

7月、8月、9月末ぐらいまで、1日も休みがとれません。

体と精神が続く限り、精一杯仕事をします。

うん、なんとか、できる、と自分に言い聞かせています。

できる。

やる。

この記事をはてなブックマークに追加

徹夜模様

2016年06月20日 22時12分59秒 | 日記
今晩中にどうしても、『イエアメガエル』の続きを(400字詰原稿用紙)20枚書いて、『文學界』編集部に送らなければなりません。(それでようやく、完成まであと40枚に漕ぎ着けられる)

徹夜、でしょうね。
朝、荷造りをして身支度を整えて、南相馬市役所前から高速バスに乗ります。
福島駅西口まで2時間、ここで睡眠をとります。
福島市で新刊の著者インタビューを2件受けます。

そして、ホテルに籠って小説を書きます。

6月22日(わたしの48歳の誕生日)は、いわきの東日本国際大学で講演を行います。

がんばらないと。

この記事をはてなブックマークに追加

おおしまさん

2016年06月20日 13時33分37秒 | 日記
千疋屋の果物のシロップ漬け、ランヤ本部長が1日ひと瓶のペースで、「幸せだぁ、幸せだぁ」と言いながら食べています。

(本部長、アンズのみ食べられないので、アンズのシロップ漬けは、わたしがいただきます。わたしは、アンズ大好きです)

そして、千疋屋の箱が、ちょうど猫にぴったりのサイズなんですよ。

4ひきが代わり番こに入って、楽しんでいます。

おおしまさん、ありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加

今日も走った。

2016年06月20日 13時04分52秒 | 日記
筋トレを10分やって、御本陣山を20分走って、ストレッチを15分やりました。

午前中の運動を習慣付けて、とりあえず7月8日までに5kg減量することを誓います。

この記事をはてなブックマークに追加

どくだみの白い花

2016年06月19日 16時23分00秒 | 日記
庭に生えると、雑草として引っこ抜くどくだみの花、群生すると、白い小さな花がきれいですよね。

場所は、南相馬原町にある御本陣山です。

この記事をはてなブックマークに追加

久し振りに走った。

2016年06月19日 15時37分08秒 | 日記
昨年体育の日に、南相馬警察署のみなさんと登山をして、下山時に転倒し、左手首を骨折してしまいました。

それ以来、走っていなかったのです。

体重も増加しました。

ウォーキングで体重を5kg落としたら、ランニングを再開しよう、と思っていたのですが、かえって肥ってしまうような有り様で、現状を打開するために、今日試しに1時間ばかり走ってみました。

体は重かったけれど、ゆっくりだったら走れることを確認。

写真は原ノ町駅と小高駅の間の踏み切りです。
原発事故以降不通となっていた常磐線の原ノ町―小高間、7月12日に運行が再開されます。

わたしも、体を立て直そうと思います。

老けるのは全然構わないんですけど、肥るのは、嫌です。
ランニングと筋トレで、とりあえず、ハーフマラソンを2時間半以内で完走できる体重まで戻すつもりです。

この記事をはてなブックマークに追加

「南相馬市在住作家の最新作」

2016年06月19日 01時26分59秒 | 日記
配本はなかなか難しい、そうです。
書籍は、委託販売です。
売れなかったら返本されるので、全ての書店に希望冊数を配本するわけにはいかないのです。
出版社の営業部は、書店ごとに確実に売れる冊数を読んで配本します。
その結果、10冊希望したのに1冊しか入らなかった、という書店も出てきます。
町の小さな書店の方からの「本がぜんぜん入ってこない」という苦情を耳にしたこともあります。

昨日、わたしの2年ぶりの小説『ねこのおうち』が出版されました。
南相馬の文芸堂書店の社長さんから河出書房新社の営業部に電話があったそうです。

「柳美里さんは南相馬に住んでいるんです」と、電話口で何度もおっしゃったそうです。

その話を営業担当者から聞いて、わたしは胸がいっぱいになりました。

昨日、文芸堂書店の社長さんから「ねこのおうち、入荷しました! 早くサインに来てください!」と電話がかかってきて、わたしは飛んでいきました。

なんと、50冊!

新宿や渋谷のど真ん中にある大書店と同じくらいの冊数です。
しかも、旧作『JR上野駅公園口』20冊、『貧乏の神様』10冊にもサインをして欲しい、と依頼されました。

サインをしたら、返本できなくなります。
つまり、サイン本に関しては、委託販売ではなく、書店が買い取るという形になるのです。
売れ残る、というリスクもあります。

今日、文芸堂書店を訪れたら、発売日から僅か1日で「今週のベストセラー」の2位になっていました。
来週はおそらく1位になるでしょう。
発売日に『ねこのおうち』を買ってくださった南相馬の方々に感謝いたします。

「今週のベストセラー」のわたしの紹介に「南相馬在住作家の最新作!!」と書かれていました。
今まで、在日韓国人作家とか女性作家とか芥川賞作家などという肩書で紹介されてきましたが、南相馬在住作家!

これは心底うれしいです。

わたしは、南相馬在住作家です。

南相馬の方々に喜んでいただくために、『ねこのおうち』をベストセラーにしたい、とわたしは強く思っています。


この記事をはてなブックマークに追加

本日発売『ねこのおうち』

2016年06月17日 10時12分15秒 | 日記
こんにちは、珍念さんです(3連続の登場で相済みません)。
今日は、本日発売となった『ねこのおうち』について、いくつかお知らせします。

今回、POP(書店店頭にある宣伝用の、硬い四角い紙で、ポストカードみたいな、あれ)をたくさん書きました。
北海道から沖縄まで、本屋さんの協力あってのことで、とても感謝しています。
置いていただいている本屋さんは、以下URLより確認してみてください。
家の近所、通勤通学の通り道、ちょっと遠回りの道、お店を覗いてみてください。
https://sites.google.com/site/yumiri19680622/novel/nekonoouchi


これはツイッターだけの企画となっていて、ブログしか見ていないという方にはご参加いただけなくて申し訳ないのですが、
#ねこのおうち感想 を募集しています。
http://yu-miri.com/?p=113


一人でも多くの方に『ねこのおうち』読んでいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

珍念拝

この記事をはてなブックマークに追加