柳美里の今日のできごと

小説家、劇作家の柳美里のブログ

私の欠点は、間抜けで、頑固なところ。

2016年07月25日 09時54分03秒 | 日記
昨夜は、早めに夕飯を食べ終えて、家族3人で常磐線に乗って、小高に向かいました。
7月12日に南相馬市内の避難区域が解除されました。
6年ぶりに運行を再開した原ノ町ー小高駅間の車窓からの風景を見たい、と息子が言ったから車ではなく電車で行くことにしたのです。
そして、南相馬市小高区の「火の祭」が、6年ぶりに復活するーー、火の祭のことは来月の福島民報の連載エッセイに書きます。

わたしたち家族は、花火大会が終わる直前に小高駅に向かって走り出したんですが、8時20分の終電に乗り遅れてしまいました。
わたしと珍念さんは走ったんですが、息子が走らなかったんです。
走りながら、「たけ!走って!」と叫び、携帯電話を何度も鳴らしたんですが……
息子は、走るのが苦手なんです。

タクシー会社に電話したら、予約でいっぱい……

「歩いて帰ろう」とわたしが提案し、小高駅から原町駅まで歩くことになったんですよ。

小高駅から原町の磐城太田の辺りまで1時間10分歩いて、9時35分ーー。

1台の車がわたしたちを追い抜いて停まり、息子の親友の米津くんが現れました。
以前、「ふたりとひとり」にご出演いただいた米津くんのお祖母様が運転していました。

息子は、そうは言いませんが、おそらく米津くんにメールして助けを求めたのでしょう。

米津さん、ありがとうございました。
はやとくん、ありがとう。

小高駅から原町駅までは13km。
歩道がない真っ暗な車道を歩くのは、なかなか大変でした。

1時間以上早く到着することができました。

ほんとうにありがとうございました。

持つべきものは、困った時に助けを求められる性格と、SOSを受診してくれる友だちを持っている息子。

たけ、ありがとう。

わたしは、友だちはいるんですが、こういう時に助けを求めることは憚られるんです。

自分の失敗の結果は自分でなんとかする、という律を頑なに守っている。

息子はそういう性格じゃなくて、良かった。

(写真は、9時半ぐらい。1時間以上歩いて、ようやく原町区鶴谷のあたり。ふたりとも顔が疲れ果てている。たぶん、この直後に、息子は米津くんにSOSメールを送ったんだと思う)

この記事をはてなブックマークに追加

騎馬武者行列を観る母子

2016年07月24日 17時53分46秒 | 日記
昨年に引き続き今年も、南相馬市原町区のクリーニング店「北洋舎」のテントで、野馬追2日目の騎馬武者行列を観ました。

うちの息子、もう16歳なんですよ。

わたしは16歳の時、もう親元を離れ、23歳上の東由多加と同棲していました。

息子とわたしの顔、こうやって並べて見てみると、よく似てますね。

目鼻立ちが……


この記事をはてなブックマークに追加

不在中の事故

2016年07月24日 09時38分36秒 | 日記
一昨日は、一日中仙台に居ました。

我が家では生き物をいろいろ飼っているので、出張する時は珍念さんに世話を頼みます。

しかし――、わたしが家を空けて帰宅すると、生き物に何かしらの異変が起きているのです。

おそらく、珍念さんが、わたしほど生き物に関心がないからだと思われます。

今回ショックだったのは、ベタのオスが凶暴なメスに尾鰭と胸鰭をかじられ、瀕死の重症を負ったこと。

天女の羽衣のような美しく長い鰭を持っていたから、ハゴロモと名付けたのに……
写真の痛々しい姿を見てください。
尾鰭が筋のようになってしまい、泳ごうとしても浮かび上がることすらできません。

メスによるDVの兆候が現れた時に、すぐに隔離すれば、こんな事態にはならなかったのに……

あと、ツマグロヒョウモンの終齢幼虫の5ひきのうち3びきが、家の中のどこかに脱走した――。

スミレの葉が食い尽くされ、新たな葉を求めて出て行ってしまったのです。

う〜ん……

7月8月9月は、出張ばかりで、ほとんど南相馬に居ないので、心配だ。

心配。

この記事をはてなブックマークに追加

そして、

2016年07月23日 21時15分24秒 | 日記
ポケモンGOにはまり込んで抜けられない珍念さん。
珍念さん、レベル7だそうです。

この記事をはてなブックマークに追加

相馬野馬追初日の夜

2016年07月23日 21時07分23秒 | 日記
間違いなく、南相馬が1年でいちばん賑わう日です。
10代の子たちが、旭公園に全員集合している感じ。

いっしょに来た息子は、友だちを見つけて、祭の中に紛れました。

先に帰るか……

この記事をはてなブックマークに追加

ギリギリセーフ!

2016年07月23日 09時37分33秒 | 日記
仙台駅西口バスプールの案内板に、宮城交通の新地・相馬行が書いていないーー。
バスの案内所も、朝は閉まっている。
泣きそうになり(デカいリュック背負って、トートバッグ持って、サンダル履きで走り)ながら、道行く人や、コンビニの人に地図を見せて訊いたけど、わからないと言われ、宮城交通のホームページを見て、問い合わせ電話番号にかけてみたけど、営業は朝9時からというアナウンス……
絶体絶命、と思った瞬間、信号の先の右前方に観光バスが見えた。
一か八かでダッシュした。
ビンゴ!
新地・相馬行きだった。
発車時間7時10分ジャストに飛び乗った。
これに遅れると、9時16分相馬駅発、小高行きの常磐線に乗れず、相馬小高神社10時30分の御発輿に間に合わないのですよ。
間に合ってよかった!

写真は、常磐線の相馬駅です。

相馬駅から北は、津波による被害のため不通。
小高駅から南は、原発事故による不通区間。
常磐線は、相馬ー小高の6駅間を行ったり来たりしているのです。

相馬、日立木、鹿島、原ノ町、磐城太田、小高……

小高、磐城太田、原ノ町、鹿島、日立木、相馬……

この記事をはてなブックマークに追加

甚だ二日酔い

2016年07月23日 09時01分27秒 | 日記
昨日は、仙台の東北学院大学で3年前から行われている、地域共生推進機構主催連続講座「震災と文学」の講師としてお話しした。
聞き手は、東北学院大学経済学部共生社会経済学科の郭基煥教授だった。

講演とサイン会終了後、関係者のみなさんと打ち上げをし、郭さんが「もう一軒行こう!」と言うので、お付き合いした。
二次会に流れたのは、この連続講座を企画している「荒蝦夷」の土方正志さんと千葉由香さん、『ねこのおうち』の記事を書いてくださった河北新報社の阿曽恵記者だった。

郭さんは「酔っ払っちゃった」と何度か言って、バーの椅子に座った途端、寝てしまった。

土方さんは「常磐線作家たちで、南相馬と仙台を繋げよう!」と言っていた。

写真左が郭さん、右が土方さん。

楽しい夜でした。
また、呑みましょう!

ホテルで寝たのは、午前2時半。
何度か吐き気で目覚めたけれど、吐けず。
6時に起床し、ホテルをチェックアウトしました。

今日から3日間、相馬野馬追が開催されるのです。

南相馬に帰らねば!

この記事をはてなブックマークに追加

我が家の「ねこのおうち」

2016年07月21日 17時57分44秒 | 日記
大変な人気で、毎日争奪戦が繰り広げられている段ボールハウス。

カッターナイフで入口を切り抜いたのは、わたし。

猫の絵を書いて貼り付けたのは、珍念さん。

この記事をはてなブックマークに追加

このツマグロヒョウモンのサナギの、

2016年07月21日 17時49分17秒 | 日記
羽化を見逃してしまった。
悔しくて仕様がない。

幼虫は、あと5ひき。

しかし、7月と8月は、宮城仙台、青森五所川原、福島市、只見、南アルプス、山形鶴岡、福島市ーー、とほとんど南相馬に居ないので、不在中に羽化したらどうしよう、と心配で堪りません。

9月は、ロンドン、ウィーン、ベルギーです。

これは、移動しながら書く、旅先で書く習慣をつけるしかないな……

この記事をはてなブックマークに追加

痛恨の極み

2016年07月21日 17時40分11秒 | 日記
このツマグロヒョウモンの子の3齢から4齢の脱皮を観察している隙に……

この記事をはてなブックマークに追加

「飼う人vol. 4ツマグロヒョウモン」

2016年07月21日 17時29分59秒 | 日記
ものごころついた頃から、毛虫と芋虫が大好きで、見つけると顔を近付けてじっと観察し、家に連れ帰って飼育していました。

『文學界』で連載している連作小説「飼う人」の最後は「ツマグロヒョウモン」なのです。

エッセイ締切や講演や対談が立て続けにあり、まだ書き出すことができずにいるのですが、400字詰原稿用紙50枚の構想なので、7月30日、31日と(8月1日と2日は福島県南会津郡只見町に滞在します)8月4日〜7日の6日間で必ず仕上げます。

武藤さん、当初お約束した予定から後ろにずれてしまい、申し訳ありません。

ということで、わたしは、寝る時は枕元にツマグロヒョウモンが付いたスミレの鉢を起き、食事の最中も幼虫の動きを観察しているのです。

5ひきとも、もうじき前蛹状態になる。

一瞬たりとも、目を離せない。

この記事をはてなブックマークに追加

噂のチーズケーキ

2016年07月21日 16時55分23秒 | 日記
7月19日、南相馬市原町区の我が家で、臨時災害放送局「南相馬ひばりエフエム」「ふたりとひとり」の収録を行いました。

漫画家の竜田一人さん(『いちえふ』)と、社会学者の開沼博さん(『はじめての福島学』)のお二人でした。
『ねこのおうち』と同時期に出版された『福島第一原発廃炉図鑑』についてのお話を中心にうかがったのですが、竜田一人さんは覆面漫画家。普段メディアに出る時は(原発作業員と漫画家の2つの顔を持つ、という意味で)プロレスラーのドス・カラス(スペイン語で、ドスは2、カラスは顔)のマスクをしているのですが、車に忘れた、ということで、ギターで顔を隠しての記念撮影となりました。
ギターは、番組中で弾き語りをしてくださったのですよ。
竜田一人さんが、生の声で出演するのは、南相馬ひばりエフエムだけ、ということです。
8月半ば放送予定です。

それでね、お二人と、南相馬ひばりエフエムの今野聡ディレクターに、城戸朱理さんからいただいた盛岡「チロル」のチーズケーキを食べていただいたんですよ。
そうしようと思う、と前夜、ランや本部長に話すと、「それはぜったいダメ! 全部ぼくが食べる! そんなにチーズケーキを出したいなら、買ってきなよ! 」とケチなことを言うので、わたしは「おいしいものは、お客さんと、おいしいねと言いながら食べたほうが、おいしい」と言い返し、喧嘩になりました。

城戸さんはワンホール送ってくださったので、三人に1ピースずつ出したとしても、7ピース余るという計算になります。
そして、一度解凍したチーズケーキは日持ちしないのです。
わたしは、「あんた、7ピース一度に食べるなんて無理でしょう?」と言って、ランや本部長のケチをヘシ折りました。
その話を、開沼さんと竜田さんにしたんです。

そしたら、竜田さんが、「このチーズケーキだったら、ワンホールいけるかも」と言ったのです。

それほどおいしいチーズケーキだということです。

取り寄せ可能なので、お試しあれ。


この記事をはてなブックマークに追加

岩手県のおいしいもの

2016年07月21日 15時43分28秒 | 日記
友人の城戸朱理さんから、岩手県のさくらんぼと、盛岡「チロル」のチーズケーキから届きました。
わたしがこの世でいちばん好きな果物がさくらんぼで、ランや本部長がいちばん好きな洋菓子がチーズケーキです。
本部長は、さくらんぼにも目がないので、「極楽極楽」と言いながら食べていました。

岩手県って、さくらんぼのイメージが薄かったんだけど、おいしいですね!
ぎゅっと甘くて、大きい!

城戸さん、ごちそうさまでした!

この記事をはてなブックマークに追加

新田川の夕陽

2016年07月18日 18時38分47秒 | 日記
カナカナカナ、カナカナカナカナというヒグラシの声と共に、今日という日が暮れていく。

原稿の締切に追われて焦ってはいるけれど、こんなに美しい夕陽を見ると、過ぎた時間は取り戻せないから、今を精一杯生きよう、という心持ちになれる。

新田川と国見山。

美しい。

この記事をはてなブックマークに追加

道の駅南相馬にあったポスター

2016年07月17日 23時49分33秒 | 日記
「来て」

切迫感のあるコピーだな。
福島県のポスター……

この記事をはてなブックマークに追加