いーちんたん

北京ときどき歴史随筆  翻訳者・東 紫苑(あずま しおん)のブログ

『紫禁城の月』作者・王躍文氏、日本語訳版を日本語勉強中のご子息にプレゼント

2016年11月02日 11時10分55秒 | 『紫禁城の月』雑感とメディア動向
『紫禁城の月』の作者、王躍文老師の微博(ウェイボー、中国版ツイッターのようなアプリ)の記事を転載いたします。





「東京から『大清相国』日本語訳版の書籍が届きました。
 すぐに一セットにサインを書き入れ、現在日本語を勉強中の息子に贈りました」

とのこと。


ご子息が日本語を勉強されているとは、嬉しいですね!
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年9月の記事一覧表 | トップ | 『芸術新潮』2016年11月号に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

『紫禁城の月』雑感とメディア動向」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。