総合診療医からの健康アドバイス

健康や医療に関する情報をわかりやすくお届け致します
ステキな沖縄の風景も少しお届けします

スタチン系の服用による相対リスク低下

2017-03-08 09:33:57 | 医療情報
 皆様こんにちは。総合診療医からの健康アドバイスの時間です。快勝です。昨日行われました、WBC の一次リーグ初戦、日本は強豪キューバとの対戦でした。日本は松田選手や筒香選手のホームランなどで、11-6 と快勝でした。今日のオーストラリア戦も頑張って下さい。しかし、セカンドの菊池選手は守備が上手でした。キューバの選手も Why となってました。では本題へ。



 ここでもう一度、60歳女性A子さんの健診データを再確認してみましょう。


 総コレステロール250mg/dlHDLコレステロール(善玉コレステロール)50mg/dl、中性脂肪100mg/dlでした。


 LDLコレステロール=総コレステロール-HDLコレステロール-(中性脂肪/5


 という式で、


 LDLコレステロール=25050-(100/5)=180mg/dl
でした。


 
 日本のガイドラインでは、LDLコレステロールが140mg/dL以上で高LDLコレステロール血症とされています。


 疫学研究によると、100人の日本人女性(冠動脈疾患の既往のない平均年齢60歳代女性)を10年間フォローしたときに、約3人の心筋梗塞が発症しています。


 スタチンを10年間飲むと心筋梗塞発症率が約30%(約3分の1)低下します。


 この「30%発症率が低下する」という表現は「相対リスク」の低下といいます。

 

(記事の内容と関係あるかもしれません)

 

待望のシリーズ第三弾!テレビや新聞より早いグローバルな情報や科学的に正確なエビデンスに基づき、サプリなどの宣伝なしの信頼性の高い中立な情報をお届けします。キンドル版「知っておくと役に立つ最新医学2017(ノンフィクション)」こちらいかがでしょうか。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」。2016年のメルマガまぐまぐ大賞「健康」部門5位に選ばれました。

 

迅速・的確なトリアージができる!ナースのための臨床推論 [単行本] [2016] 徳田安春、こちらナースの皆様はもちろん、これからナースを目指す方、看護の情報を知りたい方にもどうぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スタチンを飲んだほうがよい... | トップ | A子さんのリスク、絶対的には... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL