のんびり夫婦の山遊び

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

近くで花見➀

2017-02-22 18:23:01 | 日記
  今年も花見シーズンに入りましたので、曇りがちの天気のなか風も無かったので花見をしてきました。先ずは佐倉城址公園のカワズザクラ、梅、西志津スポーツ等多目的広場のカワズザクラ、そして家の梅です。こちらでは20日(月)、21日(火)と続けて風が強かったことから、カワズザクラの花びらが飛ばされてしまったようでした。

●佐倉城址公園
 
・梅林沿いのカワズザクラ、咲き出してはいましたが、風にやられたようです。
          

・アップすると花びらが飛ばされているのが分かります。
          

・梅は紅梅は見頃、白梅は咲き出したところでした。
          

・本丸跡のカワズザクラの傷み少ないです。多くの子供たちが遊びに来ていました。
          

●西志津スポーツ等多目的広場

・こちらのカワズザクラは5分咲き程度、こちらも風にやられていました。
          

・アップ
          

●家の梅

・家の唯一本の梅、豊後が咲き出しました。
 花は大輪で実も大きく、毎年15~18kg位取れますので、実で梅干を作り、山遊びのオニギリ具材にしています。
          
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

霧降高原スノーシューハイク

2017-02-20 08:50:43 | 山遊び(2017年)
  「益子いくべ会」の山行(日光霧降高原 スノーシューで雪上ハイクを楽しむ)に参加し、皆さんと読図訓練をしながらスノーシューハイクと眺望を楽しんできました。
  今回も当初の予定は社山でしたが、積雪量が多いとのことでスノーシューハイクに変更となりましたが、天気は晴れ、朝のうちは風が強かったものの、下山の頃は穏やかになり、気持ちの良い雪山での一日を楽しむことができました。
  参加者の皆さん、大変お世話になりました。

【日  程】2月19日(日)

【メンバー】9名

【アクセス】
  ・往路;5:35自宅→R294・408・121・4・119など→7:05霧降高原レストハウス前駐車場
  ・復路;13:05霧降高原レストハウス前駐車場→R119・4・294など→16:50自宅

【行  程】
  ・9:40(霧降高原レストハウス内で読図講習~9:50)⇒10:00同レストハウス⇒11:05小丸山(休憩~11:25)⇒12:10同レストハウス

【詳  細】
  初めてのスノーシューハイクでしたが、皆さんに装着方法から歩き方まで教えていただき、楽しむことができました。また、今回は読図訓練付き、そしてスノーシューも3時間内は無料と大変お得な山行でした。

・先ずは霧降高原レストハウス内でイモムシ先生による地図、コンパス、そして高度計を使った読図教室です。
          

・マーちゃんからスノーシューの装着、歩き方を教えていただき、マーちゃんCL、イモムシさんSLで出発です。
          

・ぐん~ぐんと上ります。
          

・一上りしたところで読図実技訓練です。
          

・急なところは一旦トラバース、そして最後の急登は直登です。
          

・ふりかえれば絶景、高原山です。
          

・霞んでいますが、筑波山が確認できます。
          

・ほぼ上りきり、絶景探訪です。
          

・微かに秀麗富士も望めました。
          

・ここでも読図実技訓練です。
          

・隣は丸山~
          

・そして赤薙山~
          

・小丸山到着~休憩、記念写真です。
          

・休憩後、危ないのでスノーシューを外して下山です。
          

・すい~すいと~
          

・結構な斜度です。
          

・傾斜のゆるところまで下りてきました。皆さん遊び上手、シリセードを楽しむ方も~
          

・相棒も真似してビニールを取り出しシリセード~上手く滑れたのでしょうか?
          

・カラマツが綺麗です。
          

・高原山
          

・霧降高原レストハウスが見えてきました。
          

・同レストハウスに到着~完了です。
          
   
   下山後スノーシューを返却、同レストハウス2階のレストランで思い思いの昼食、美味しいお菓子などをいただき、解散。
   初めてのスノーシューハイクと読図訓練、楽しく美味しく、ためにもなった霧降高原スノーシューハイク、皆さんに感謝です。
コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

千代田アルプス

2017-02-16 20:09:12 | 山遊び(2017年)
  筑波山の東側に位置する千代田アルプス、百体摩崖仏などの史跡を除き、先日yamasanpoさんとyosieさんが歩かれたルートをトレースさせていただき、歩いてきました。天気は風も無い山日和の快晴、陽だまりハイクと眺望を楽しむことができました。
  平日であったことから、出会ったのはハイカーとMTBの2名の方々と静かな千代田アルプスでした。

【日  程】2月16日(木)

【メンバー】2名(相棒と)

【アクセス】
 ・往路;6:55自宅→R6など→8:50雪入ふれあいの里駐車スペース
 ・復路;15:10雪入ふれあいの里駐車スペース→(往路の引き返し)→16:50自宅

【行  程】
 ・9:10雪入ふれあいの里駐車スペース⇒10:10黒文字平(休憩~10:20)⇒10:35浅間山⇒11:00半田山⇒12:200関東ふれあいの道入口⇒12:35御野立所(昼食~12:50)⇒12:55権現山⇒13:50黒文字平(休憩~14:00)⇒14:20雪入山⇒14:30剣ヶ峰⇒15:00雪入ふれあいの里駐車スペース

【詳  細】
  半田山から車道に下りて関東ふれあいの道までの車道歩きが長いものの、気持ち良く歩けたルートでした。山桜の大木が多くあるので、花の時期を歩くのも良さそうです。

・雪入ふれあいの里からスタートです。
          

・歩き始めの道路からは浅間山が見えています。
          

・登山道に入ります。
          

・沢沿いを、そして急登を上ると岩々が現れます。
          

・道路へ出て、あきば峠手前の薮を少し歩くと尾根道に出ました。
          

・黒文字平、休憩です。
          

・筑波山
          

・浅間山への分岐
          

・アンテナ施設が設置されている浅間山山頂
          

・南側は展望が開け、雪入山などが良く見えていました。
          

・山頂らしくない半田山山頂。ここを右折、一旦下山です。
          

・ずんずんと下る相棒
          

・車道へ出ると歩いてきた浅間山、半田山が見えていました。
          

・筑波山、見る角度が違うと形も違います。
          

・県道64号線へ出て土浦方面へ暫く歩き、関東ふれあいの道へと右折します。
          

・銀杏林
          

・アスファルト道の終点から登山道に入ります。
          

・直ぐに御野立所です。
          

・陸軍特例大演習の際、昭和天皇が御統監なされたとのこと、大展望が拡がっていました。
          

・16時30分には雪入ふれあいの里が閉館されてしまうので東屋で昼食を急ぎ、出発です。
 歩きだして直ぐに権現城跡です。
          

・百体摩崖仏などには寄らず、ひたすら歩くと浅間山への分岐、うっかり閉居山山頂を見過ごししてしまいました。
          

・帰りも黒文字平で休憩です。
          

・あきば峠を越え~
          

・気持ちの良い尾根道を上ると~
          

・およそ山頂らしからぬ雪入山山頂到着です。
          

・さらに進むと剣ヶ峰広場に到着です。
          

・東側、霞ヶ浦などの展望が良いです。
          

・県立中央青年の家方面にほんの少し下ると雪入ふれあいの里への分岐、標識のあるとおり激下りでした。
          

・風の池展望台からの浅間山
          

・雪入ふれあいの里では梅が咲き、良い香りが漂っていました~完了です。
          

  良い天気のもと、千代田アルプスを堪能できた一日でしたが、次回は雪入ふれあいの里外の駐車スペースに車を止め、時間に左右されずに百体摩崖仏なども鑑賞できればと思います。
          
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

吾国山・難台山縦走

2017-02-12 14:49:13 | 山遊び(2017年)
   yamasanpoさん、yosieさん、和子さん、徹也さんとご一緒させていただき、JR水戸線福原駅から吾国山・難台山と愛宕山駐車場までの縦走を楽しんできました。この日は一日ず~と晴れのハイキング日和、9日(木)に降った雪が大分残っており、思いがけずにスノーハイクと眺望を楽しめ、暖かい陽射しのもと気持ち良く歩くことができました。
  ご一緒いただいた皆さん、楽しく充実した最高の一日を有難うございました。

【日  程】2月11日(土)

【メンバー】6名

【アクセス】
  ・往路;5:20自宅→R6・355など→7:05愛宕山駐車場(車1台デポ)→R355・50など→8:15JR水戸線福原駅前駐車場
  ・復路;14:50愛宕山駐車場→R355・50など→JR水戸線福原駅前駐車場→(朝日トンネル)→R125・6など→17:30自宅

【行  程】
  8:25福原駅⇒10:10吾国山(休憩~10:25)⇒10:55道祖神峠⇒11:55難台山(昼食~12:30)⇒13:30団子石峠⇒13:55南山展望台(休憩~14:10)⇒14:35愛宕山駐車場

【詳  細】
   以前から歩いてみたいと思っていたコース、思いがけずのスノーハイクとなりましたが、何回もアップダウンを繰り返しながらの縦走、そして吾国山や難台山などからの眺望を存分に楽しめました。

・愛宕山駐車場に1台をデポし、2台でスタートのJR水戸線福原駅に向かいました。
 福原駅からは少し街中を歩き、北関東道の高架を潜り、鳥居のあるところから本格的な登山道に入ります。
          

・そして檜の樹林帯へ入ります。
          

・落葉樹の樹林帯に入ると雪が出てきました。
 何とこの雪のなかをMTBで下りてくるグループとすれ違いました。
          

・カタクリ群生地も雪にスッポリ覆われています。
          

・カタクリ群生地のブナの巨木
          

・間もなく吾国山山頂です。
          

・吾国山山頂で美味しいおやつをいただきながら休憩です。頂上の北側は木が伐採されて展望が開けていました。日光連山、日光白根山の頭は確認できましたが、日光男体山などの頂上付近は雲に隠れていました。
          

・1月に皆さんとご一緒して歩いた高峯・雨巻山も良く望めました。雨巻山の後は高原山。
          

・後ろは加波山など。帰って確認すると筑波ウィンドパークの左の白い雲に覆われているのは秀麗富士のようです。
          

・休憩後、次の難台山へ向かいました。
 頂上下の伐採地から水戸市街などの眺望を楽しむ皆さん
          

・道祖神峠
          

・気持ちの良い桜並木
          

・九十九折の急登です。
          

・上れば、激下りです。
          

・難台山の手前で振り返ると吾国山の左側にクッキリと姿を現した日光男体山が望めました。
          

・難台山山頂手前の急登
          

・難台山山頂到着。昼食~今日も美味しいものがぐる~ぐるでした。
          

・昼食です。すると相棒の携帯に従姉妹から連絡があり、何とここ難台山に来られているとのこと。昨年2月の雪のあるときにもここでバッタリでした。
 昼食後は隣の山の眺望を楽しみます~燕山、加波山など。
          

・筑波山
          

・そして、記念写真を撮っていただき、下山です。
          

・屏風岩。前の岩にはイワタバコが咲くとのこと。
          

・アップダウンを繰り返します。
          

・先日yamasanpoさんとyosieさんが歩かれた千代田アルプスも良く見えています。
          

・伐採地からの愛宕山。植栽された檜が大分成長していました。
          

・団子石峠
          

・最後の上りです。
          

・南山展望台、眺望を楽しみ、美味しいおやつをいただきながら休憩です。
          

・愛宕山駐車場到着、相棒従姉妹が待っていてくれていました~2年続けて同じ時期に同じ山、それも雪のあるときにバッタリでした。
          

  愛宕山駐車場からデポ車でJP水戸線福原駅駐車場へ向かい、車を回収~完了です。
  スノーハイクを堪能でき、素晴らしい眺望も得られ、楽しくそして美味しくもあった一日、ご一緒いただいた皆さんに感謝です。          





コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

筑波山

2017-02-05 07:40:36 | 山遊び(2017年)
  湯袋峠からトレーニングを兼ねて筑波山歩いてきました。天気は快晴、風も無く暖かかったので、遠望もきき、陽だまりハイクと秀麗富士などの眺望を楽しむことができました。「筑波ブルー」と言いたくなるような青空が拡がっていましたが、思いのほかハイカーは少なく、静かな冬の筑波山でした。

【日  程】2月4日(土)

【メンバー】2名(相棒と)

【アクセス】
  ・往路;7:00自宅→R6・125など→朝日トンネル→8:45湯袋峠先駐車スペース
  ・14:00湯袋峠先駐車スペース→(往路の引き返し)→16:10自宅

【行  程】
  9:00湯袋峠先駐車スペース⇒10:00筑波高原キャンプ場(休憩~10:10)⇒11:55女体山⇒11:10カタクリ園地側(昼食~11:35)⇒11:55男体山
⇒12:45男ノ川橋⇒13:05筑波高原キャンプ場⇒13:25関東ふれあいの道ベンチ(休憩~13:25)⇒13:55湯袋峠先駐車スペース

【詳  細】
  登山道は泥濘も無く、男ノ川コースの一部に凍結したところがあったものの、快適に歩けました。

・湯袋峠からスタート、道路から関東ふれあいの道に入ります。
             

・「ハコネサンショウウオ」が棲むという沢沿いに歩きます。
           

・開けた雰囲気の良いところです。
          

・林道に出て少し歩くと「筑波高原キャンプ場」です。
          

・「筑波高原キャンプ場」からは素晴らしい展望が拡がっていました。目の前は加波山、高峯、雨巻山も望めます。
          

・皇海山や日光白根山も確認できました。
          

・日光連山もクッキリです。
          

・気持ち良い尾根を上っていきます。
          

・「筑波ブルー」              
          

・女体山到着、素晴らしい眺望~秀麗富士が望め、八ヶ岳も確認できました。
          

・男体山の右には浅間山も確認できます。
          

・難台山、吾国山方面
          

・加波山、高峯、雨巻山方面
          

・カタクリ園地側のテーブルで昼食。超望遠レンズのカメラや双眼鏡を持たれたバードウオッチャーが沢山来られていました。ミヤマホウジロやハギマシコが見られるとのことでした。
 昼食後、御幸ヶ原へと向かいましたが、山頂連絡路もハイカーなどは少なめでした。
          

・人も疎らな御幸ヶ原
          

・男体山頂上からの女体山
          

・展望岩からも素晴らしい展望が拡がっています。隣のの宝篋山、その先に光っているのは霞ヶ浦です。
          

・日光連山
          

・自然研究路へ戻り、大石重ねへ~
          

・大石重ね          
          

・男ノ川コースを下ります。所々凍結したところがありました。
 ニリンソウの群生地ですが、もう少し先です。
          

・関東ふれあいの道途中のベンチ、陽だまりのなかでのコーヒーブレイクです。
          

・道路が見えてきました~完了です。
          

  一日中天気が良く、気持ち良く歩けた筑波山でした。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加