のんびり夫婦の山遊び

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

雨巻山

2020-09-23 11:39:39 | 栃木県の山(雨巻山)
 大川戸駐車場から林道板橋線を経てぐるりと雨巻山を歩き、寄生植物のナンバンギセルなどの秋の花々と展望を楽しんできました。天気は晴れ、日光連山などは薄っすらとでしたが、筑波山などが望め、爽やかな風を受けながら、またバッタリもと気持ち良く歩いてきました。

【日  程】9月22日(火・秋分の日)

【メンバー】2名(相棒と)

【アクセス】🚙
 ・往路:05:50自宅➤R6・125・フルーツラインなど➤07:55大川戸駐車場
 ・復路:13:15大川戸駐車場➤(往路の引き返し)➤16:00自宅

【行  程】所要時間4時間55分・20,400歩
 ・08:10大川戸駐車場➨08:35林道板橋線分岐➨09:20三登谷山➨10:25雨巻山(コーヒブレイク~10:35)➨11:55御嶽山(ランチ~12:20)➨13:00大川戸駐車場

【詳  細】
 登山道は、益子いくべ会の皆さんによる整備が行き届き、快適に歩けました。

➢林道板橋線、三登谷山を経て雨巻山へ

・未だ空いている大川戸駐車場をスタート~林道板橋線へ。


・駐車場を出たところの橋の下、ツリフネソウとミゾソバがビッシリと咲いています。


・花を探しながら進むと、頭上にアケビがぶら下がっていました。


・メドハギ


・寄生植物・ナンバンギセルが林道沿いの茅の根元に沢山咲いていました~初見です。


・綺麗な色です。


・アップ~


・左手から登山道に入りました。


・樹林のなか足下に咲くツルリンドウ


・尾根コースに合流、ジグザクに上って三登谷山到着。


・日光連山などは微かに望める程度でした。


・展望コース分岐からの大郷戸アルプス


・外尾根上には筑波山~


・この時期、さすがに尾根の花は少な目です。
 カシワバハグマ             オクモミジハグマ


・雨巻山到着~空いていたベンチでコーヒーブレイクです。


・ヤマハギ


・山頂からの高峯・仏頂山方面


➢御嶽山を経て大川戸駐車場へ

・気持ち良いトレイル


・猪転げ坂にさしかかると何とシバちゃん達と嬉しいバッタリ~坂下にひっそりと咲くヤマジノホトトギス。


・振り返っての猪転げ坂


・終盤のシラヤマギク


・御嶽山到着~ランチ、ご馳走様でした。


・送電線鉄塔がズラリと続いています~端正な形の山は芳賀富士。


・隣の鶏足山方面


・足尾山沢コース分岐下、まだ緑が綺麗です。


・湿地でもツリフネソウが群生していました。


・満車状態の駐車場に戻り、完了です。


 初見のナンバンギセルに出逢え、周りの山々の展望、バッタリもと楽しめた雨巻山でした。
コメント (6)

筑波山(坊主山~)

2020-09-13 20:05:50 | 茨城県の山(筑波山)
 男ノ川橋から坊主山を経てぐるりと筑波山を歩いてきました。天気は曇り、坊主山への途中では絶景が得られたものの、その後は展望が無いながらもアズマレイジンソウ、ツクバトリカブトやツルニンジンなど秋の花々が楽しめ、また、嬉しいバッタリもと気持ち良く歩けました。

【日  程】9月13日(日)

【メンバー】2名

【アクセス】🚙
 ・往路;05:50自宅➤R6・125など➤07:30男ノ川橋駐車スペース
 ・復路;13:00男ノ川橋駐車スペース➤(往路の引き返し)➤15:05自宅

【行  程】所要時間;5時間・歩数;17,000歩
 ・07:45男ノ川橋駐車スペース➨08:45坊主山➨09:05大石重ね分岐➨09:30男体山➨09:40立身岩(コーヒーブレイク~10:00)➨10:10御幸ヶ原➨10:50女体山➨11:40筑波高原CP場(ランチ~12:05)➨12:45男ノ川橋駐車スペース
★コースマップ


【詳  細】
 昨日の雨で登山道がスリッピーなうえに湿度が高く、これまでの高温と比べると大分涼しかったものの汗を絞られました。
 🌸;筑波観光鉄道株式会社発行の「筑波山を彩る花」を参照。

➢先ずは坊主山へ

・男ノ橋駐車スペースをスタート!


・ヤマハギ


・鬼ヶ作林道から少し上るとガスのなか目を凝らすと微かに筑波山山頂のアンテナが望めます。


・振り返ると坊主山からとは思えない絶景が現れました~加波山や難台山など。


・坊主山に近づくと岩の上にミヤマウズラが~終盤ながらも楽しめました。


・四等三角点・羽鳥のある坊主山山頂到着!


➢薬王院コースに合流して大石重ねから自然研究路に入り、男体山へ

・薬王院コースに合流すると足下に花が~
 ヤブマメ                キバナノアキギリ


・大石重ね分岐


・ガスのなかを這い上がると男体山でした。


➢立身岩、御幸ヶ原を経て女体山へ

・オクモミジハグマ~所々に咲いていました。


・立身岩


・立身岩上に咲くキハギ


・立身岩の上で展望は真っ白でも心の目で絶景を楽しみながらコーヒーブレイクです。


・賑わう御幸ヶ原~展望が得られないので花散策です。


・ツクバトリカブト


・前回蕾だったアヅマレイジンソウ、咲いていました。


・綺麗~


・山頂連絡路の入口に咲くシロヨメナ


・ノハラアザミ


・山頂連絡路で和子さん、徹也さんと嬉しいバッタリ~久し振りなことから、話に花を咲かせてしまい、大分時間を取らせてしまいました。


・終盤のジャコウソウ


・展望無しの女体山


➢筑波高原CP場を経て男ノ川橋駐車スペースへ

・筑波高原CP場へ下り始めるとAさんと嬉しいバッタリ~ツルニンジンが咲いていると教えていただきました。葉の裏が白いのでバアソブのようですが、「筑波山を彩る花」によりツルニンジンとしました。


・気持ちの良い小径


・咲き始めたイヌショウマ


・筑波高原CP場BQサイトに下り立つと嬉しいことにランチ中のNさん達のグループとバッタリ、私達も近くのBQ用椅子で里の風景を眺めながらランチ~ご馳走様でした。


・林道沿いの花々
テンニンソウ               オトコエシ


・隣の加波山など。


・ツルニンジン~以前イヌショウマと絡み合って咲いていたところには共に無く、写真が採りやすい斜面上に咲いていました。


・男ノ川橋コースを少し上ったところに咲くアヅマレイジンソウを再度楽しみました。


・男ノ川橋駐車スペースに戻り、完了です〜駐車スペースから走り出すと男ノ川橋で和子さん、徹也さんと二度目のバッタリでした。


 ツクバトリカブトやアヅマレイジンソウなどの花々、バッタリ三昧と大いに楽しめた筑波山でした。
コメント (12)

入笠山

2020-08-30 13:34:56 | 長野県の山
 沢入登山口から入笠山、大阿原湿原を歩き、天空の花園で沢山の花々を楽しんできました。天気は晴れ、遠望には恵まれなかったものの、青空のもとで爽やかな空気に包まれ、昨年(9月15日)より多くの花々との出逢いに満喫しながら、気持ち良く歩けました。
 
【日  程】8月29日(土)

【メンバー】1名

【アクセス】🚙
 ・往路;03:35自宅➤R16など➤京葉道武石IC➤首都高➤中央道小淵沢IC➤R20など➤06:55沢入登山口駐車場
 ・復路;14:10沢入登山口駐車場➤R20・299(メルヘン街道)など➤中部横断道八千穂高原IC➤上信越道➤関越道➤北関東道太田桐生IC➤R50・294など➤20:10自宅

【行  程】所要時間6時間40分・歩数31,200歩
 ・07:10沢入登山口➨08:10入笠湿原➨08:55入笠すずらん山野草園(散策~09:35)➨09:50入笠湿原➨10:40入笠山(コーヒブレイク~11:00)➨11:305大阿原湿原➨11:50テイ沢分岐➨12:05大河原湿原入口➨12:15首切清水前ベンチ(ランチ~12:35)➨12:45八ヶ岳ビューポイント➨13:05法華道分岐➨13:50沢入登山口
★ルート図


【詳  細】
 入笠山から大河原湿原は仏平峠先は刈払いがされ、道路を歩かずとも涼しい樹林のなかを歩けるようになっていました。
🌸;花名は入笠植物図鑑を参照。

・入笠湿原に向けて沢入登山口駐車場をスタート!


・登山口には何とクサボタン(初見)が咲いていました~今日は良いことがありそうです。


・直ぐ上のマルバタケブキ群生地


・入笠湿原まではカラマツ林のなかを上って行きましが、花は少ないです。
 ハナイカリ               カノツメソウ?


・入笠湿原到着~


・エゾリンドウ&サワギキョウ


・エゾリンドウ


・サワギキョウ


・クサレダマ(初見)


・アケボノソウ


・アップで~


・ウメバチソウ


・マツムシソウ


・入笠湿原の他の花々
 クルマバナ               トリカブト


 ツリフネソウ              アキカラマツ


 ハナイカリ               コウゾリナ?


・ツリガネニンジンやマツムシソウなどの花々のなかを上ります。


・振り返っての入笠湿原


➢入笠すずらん山野草園へ

・アンテナ施設の入口に背丈1mもの大株のアケボノソウが咲いていました。


・同施設擁壁の金網にはクサボタンが~


・その先の土手にはトモエシオガマ。


・ヤマハハコも。


・山野草園で花散策~入ると直ぐヤマユリが真っ盛りでした。


・ヤマギランは咲き残り。


・マツムシソウ


・レンゲショウマ


・見頃です。


・未だ蕾も~


・フシグロゲンノウ、オヤマリンドウ、アキノキリンソウ


・ツリガネニンジン


・八ヶ岳展望台~真っ白で望めませんでした。


・その他の花々
 アサマフウロ              シシウド


 カワラナデシコ             エンビセンノウ


➢ぐるり廻って入笠湿原へ

・入笠湿原へ戻ってきました。


・咲き乱れる花々


・アカバナ(初見)


➢入笠山へ

・入笠山山頂下の花畑


・コオニユリ、右奥はサラシナショウマ。


・キキョウ


・終盤のヤマギラン


・二等三角点・入笠山のある入笠山到着~コーヒーブレイクです。


・展望の山でもあるんですが、今日は遠望はイマイチ、八ヶ岳もアルプスの雲に隠れてしまっており、近くの美ヶ原や諏訪湖が望める程度でした。


➢大河原湿原へ

・入笠山を下りた仏平峠先は刈払いされ、道路を歩かずに涼しい樹林のなかを歩けました。


・首切清水先のホソバトリカブト群生地の花付きの良い株。


・見覚えのある場所に着きました~昨年、ランチをした展望地でした。


・大河原湿原


・テイ沢の入口、苔が綺麗でした。


➢下山は道路を歩き、法華道でショットカットして登山口へ

 首切清水前ベンチでランチ~ご馳走様でした。

・八ヶ岳ビューポイント、未だ八ヶ岳は頭が雲で覆われていました。


・法華道でショットカット~


・ひたすら下ると車が見えてきました~沢入登山口駐車場の戻り、完了です。


 青空のもと、遠望はイマイチながら昨年より沢山の花々に出逢え、入笠山を満喫できた一日でした。

コメント (10)

筑波山(つつじヶ丘)

2020-08-22 20:38:51 | 茨城県の山(筑波山)
 つつじヶ丘から筑波山神社を経てぐるりと筑波山を歩いてきました。天気は概ね晴れの極めて暑い一日、筑波山神社から迎場コースでつつじヶ丘へ戻りましたが、日蔭で涼しいかと思いきやずっと上り返しで汗だくでした。展望はイマイチながらも終盤のタマガワホトトギスやシラヤマギクなど多くの花々を楽しむことができました。

【日  程】8月22日(土)

【メンバー】1名

【アクセス】🚙
 ・往路;05:50自宅➤R6・125など➤表筑波スカイラインなど➤07:30つつじヶ丘駅手前筑波スカイライン駐車スペース(以下「PS」)
 ・復路;14:30PS➤(往路の引き返し)➤16:50自宅

【行  程】所要時間;6時間30分・歩数;24,500歩
 ・07:45PS➨08:40弁慶茶屋跡➨09:20女体山➨09:45御幸ヶ原➨10:00大石重ね手前東屋(コーヒーブレイク~10:15)➨10:45男体山➨10:55立身岩(ランチ~11:20)➨11:25御幸ヶ原➨12:10ケーブルカー交差部(休憩~12:20)➨13:05筑波山神社➨13:25迎場コース分岐➨14:15PS
★コースマップ


【詳  細】
 このところの猛暑で登山道は湿っているところは無く、歩き易かったものの、後半は樹林のなかでも暑くてバテバテでした。
 🌸;筑波観光鉄道株式会社発行の「筑波山を彩る花」を参照。

・ガスで真っ白なつつじヶ丘駅下のPSをスタート!


・道路沿いの花々
 マルバハギ                 ツルボ


・おたつ石コースに入ると花が多くなります。
 センニンソウ               オドリギソウ


 コマツナギ                ノハラアザミ


・つつじヶ丘の上から振り返ると未だ真っ白でした。


・何時もの場所に咲くシラヤマギク


・弁慶茶屋下で咲き残っていたイワタバコ


・弁慶茶屋跡、通過~


・ブナの小径〜天気予報サイトSCWの予報どおりに明るくなってきました。


・女体山山頂下岩場のダイモンジソウ~花は未だ先、楽しみです。


・女体山


・展望はイマイチ、隣の男体山がやっとでした。


・最後のコバギボウシの花


・ヤマジノホトトギス


・山頂連絡路近くにある筑波根詩人・横瀬夜雨の碑に立ち寄りました。


・静かな御幸ヶ原


 自然研究路を反時計廻りでぐるりと~
・涼しい大石重ね手前の東屋でコーヒーブレイクです~併せて熱中症予防に梅干も。


・終盤ながらもまだ楽しめたタマガワホトトギス


・見上げるとソバナが咲いていました。


・アップでタマガワホトトギス。


 富士見岩に立ち寄りましたが、展望はイマイチなので男体山へ~

・男体山


・山頂の花々
キンミズヒキ               ゲンノショウコ


・立身岩にも立ち寄り~


・岩の上に上りましたが、やはり展望はイマイチ、やっと隣の宝篋山が薄っすらと望める程度でした。


・里の風景


・立身岩下のブナの木蔭でランチ~ご馳走様でした。


・御幸ヶ原へ戻りましたが、未だ展望はイマイチ~御幸ヶ原コースで筑波山神社へ下ります。


・このコースは花は少ないです~ヌスビトハギ。


・男女川源流


・マツカゼソウ


・暑くてバテバテなので、ケーブルカー交差部で休憩です。


・筑波山神社


・白雲橋コースの迎場コース分岐


・迎場コースは樹林のなかの静かなコースですが、緩い上りが延々と続き、汗だくでした~途中の沢、まだまだです。


・やっとロープウェイつつじヶ丘駅、道路を歩いて駐車スペースに戻って完了、水(1.5l)も完飲でした。


 極めて暑い一日、汗だくになりながらも花を楽しめた真夏の筑波山でした。



コメント (10)

月山

2020-08-11 21:15:52 | 東北の山
 出羽三山、花の百名山の月山を歩いてきました。天気は概ね曇り、展望は下山時の姥ヶ岳辺りでやっと得られるようになりましたが、まさに雲上の花畑で沢山の花々を愛でながら気持ち良く歩けました。花は雪融け直後の場所はハクサンイチゲやチングルマなども生き生きとしており、楽しみにしていたヒナザクラにも出逢え、満喫できました。

【日  程】8月10日(月・山の日)

【メンバー】2名(相棒と)

【アクセス】🚙
 ・往路;00:30自宅➤R294・408・121・4など➤東北道矢板IC➤東北中央道➤山形道月山IC➤R112など➤05:55姥沢駐車場
 ・復路;14:45姥沢駐車場➤(往路の引き返し)➤21:35自宅

【行  程】所要時間7時間25分・歩数24,000歩
 ・06:25姥沢駐車場➨08:20月山リフト上駅分岐➨08:55牛首(コーヒーブレイク~09:15)➨10:25月山神社➨10:50一等三角点・月山➨11:00三角点下(ランチ~11:30)➨12:355牛首➨13:00金姥・湯殿山コース分岐➨13:25姥ヶ岳➨13:50月山リフト上駅

【詳  細】
 姥沢小屋先の木道が大分荒れており、さらに昨日の雨で濡れて滑り易く、リフト上駅分岐までは大分時間を要してしまいましたが、全体的には修験道として良く整備されており、気持ち良く歩けました。
🌸花名は月山の花図鑑による。

・姥沢駐車場をスタート~月山環境整備運営協議会事務所先から姥沢コースへ入ります。


・最初はブナ林を進みます。


・樹林を抜けると渡渉が何ヶ所も~オタカラコウの群生。


・フキユキノシタ(初見)


・昨日の雨で木道が滑りやすく、そろりそろり歩きで時間を要してしまいましたが、何とか月山リフト上駅分岐下まで来ました。


・ヨツバシオガマ、モミジカラマツ、ミヤマリンドウ、シラネニンジンやニックキスゲなどの花畑が出現〜ヨツバシオガマ&ニッコウキスゲ


・ヨツバシオガマ、アップ~


・・ヨツバシオガマ&イワイチョウ


・モミジカラマツ


・月山リフト上駅分岐


・遠いところにヒナザクラの群生


・近くにも咲いていましたが、花が後ろ向きでした。


・花が途切れません。
 トウチクソウ              ウサギギク


・チングルマ


 牛首到着~コーヒーブレイクです。

・ガスのなか、花々を楽しみながら上ります。
 ヤマハハコ               ウゴアザミ


 タテヤマウツボグサ            ホツツジ


 アオヤギソウ              ミヤマコウゾリナ


 ミヤマダイモンジソウ          イワシモツケ


・ウメバチソウが咲き始めていました。


・延命地蔵尊~お参りしました。


・鳥居の先に花が密集していました~キオン。


・ミヤマアキノキリンソウ


・ヤマハハコ


・ハクサンナズナ(初見)


・山頂の大地も花畑、ガスに覆われていましたが、一瞬月山神社が現れました。


・足もとの花々
 コゴメグサ               ミヤマウスユキソウ


・ミヤマリンドウ


・ハクサンシャジン


・月山は初めて、神社でお祓いをしていただきました。


・神社西側の三角点周辺の花散策に向かいます~神社側のミヤマキンポウゲ


・ウズラバハクサンチドリ(初見)


・一等三角点・月山


・ヒナザクラ


・トリミング~


・ハクサンイチゲ


・チングルマ


・アオノツガザクラ


・晴れていれば絶景の北側の斜面を眺めながら、岩のベンチでランチ~ご馳走様でした。


・戻る足下にはキバナノコマノツメが咲いていました。


・神社裏手のハクサンフウロの群生


・エゾシオガマ


・皆さん花をお楽しみ中~


・山頂の大地の花畑~ハクサンイチゲ、ミヤマウスユキソウ、ミヤマリンドウなど。


・次の姥ヶ岳へ向けて下山~


・牛首先で漸く青空も見えるように~ニッコウキスゲが映えます。


・他の花々~
 アカモノ                イワカガミ


・振り返ると月山山頂が望めました。


・トモエシオガマ


・この先の鞍部が金姥・湯殿山コース分岐~の登り返しがきつそうです。


・なかなかの絶景です。


・姥ヶ岳の花々
 キンコウカ               イワショウブ


・山頂の三等三角点・姥ヶ嶽


・キンコウカの花畑のなかをリフト上駅へ~


・赤い屋根の隣がリフト上駅~リフトで下り、駐車場へ戻り、完了です。


 初めての月山、多くの花々を愛でることができ、花の百名山を満喫できましたが、次回は夏の花の最盛期に歩けるかな。
コメント (15)