のんびり夫婦の山遊び

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

甲武信ヶ岳

2017-06-12 08:44:53 | 山梨県の山
  相棒友人Sさんとご一緒し、山梨、埼玉、長野の県境、奥秩父山塊の主脈の中央に位置する甲武信ヶ岳を歩いてきました。天気は時折陽射しがさすこともあったものの曇り、残念ながら眺望は得られませんでしたが、待望のクモイコザクラなど多くの花々に出逢うことができました。
  相棒友人のSさんとは1年振り、楽しい一日を有難うございました。
    
【日  程】6月9日(金)

【メンバー】3名(相棒友人Sさん、相棒と)

【アクセス】
  往路:03:00自宅→東関道千葉北IC→京葉道→首都高→中央道勝沼IC→フルーツライン・R140など→05:30西沢渓谷駐車場
  復路:17:20西沢渓谷駐車場→(往路の引き返し)→20:20自宅

【行  程】
 ・05:45西沢渓谷駐車場⇒06:20徳ちゃん新道入口⇒08:15近丸新道分岐(休憩~08:25)⇒10:30木賊山(休憩~10:40)⇒10:50甲武信小屋⇒11:15甲武信ヶ岳(昼食~11:55)⇒12:30三宝山⇒13:05甲武信小屋⇒14:55近丸新道分岐(休憩~15:00)⇒16:30徳ちゃん新道入口⇒17:00西沢渓谷駐車場

【詳  細】
  カラマツ、アズマシャクナゲ、コメツガとほぼ樹林帯の上り一辺倒、危険なところはないもののロングルートでした。下山時、うっかり甲武信小屋への分岐を通り過ぎて三宝山まで足を伸ばしてしまいました。

・西沢渓谷駐車場からスタート、林道を歩いて西沢山荘側の徳ちゃん新道に入ります。
       

・濃い緑です。
       

・カラマツ林を上ります。
       

・花の終わったアズマシャクナゲ林に入り、上を見上げるとサラサドウダンツツジが綺麗に咲いていました。
       

・雲のなかに秀麗富士の姿が微かに確認できましたが~眺望は得られないようです。
       

・近丸新道分岐手前ではトウゴクミツバツツジが咲き残っていました。
       

・近丸新道分岐、距離にすると半分でしょうか。
       

・アズマシャクナゲ街道が続きますが、標高を上げるにつれ咲き残っていました。
       

・シャクナゲをかき分け進みます。
       

・シャクナゲを存分に楽しむとコメツガなどの樹林帯~大分上ってきました。
       

・主役登場~待望の見頃を迎えたクモイコザクラです。
       

・小さいですが、綺麗です。葉の切れ込み具合が大きいほうがクモイコザクラ、コイワザクラとの違いは良くわかりません。
       

・アップで~
       

・露岩の開けたところですが、このとおりガスが~
       

・苔むした樹林帯に入ると足下には小さなバイカオーレンが咲いていました。森の妖精のようです。
       

・破風山からの登山道と合流し、少し上ると木賊山山頂、遠かった~
        

・山頂で休憩後、少し下ると前方が開けたところに出ました。天気が良ければ間近に甲武信ヶ岳の雄姿が望めたんですが~
       

・今日は平日、甲武信小屋も閑散としています。
       

・荒川源流の碑
       

・苔むした樹林帯を進みます。
       

・大文字峠からの登山道に合流し、少し上ると甲武信ヶ岳山頂でした。ここは大弛峠や毛木平からもハイカーが上ってこられるので、平日でも賑やかでした。
       

・大文字峠方面。山頂からは百名山43座が望めるとのことですが~
       

・大弛峠方面側に少し移動してみましたが~
       

・美味しいものをいただきながら昼食、ご馳走様でした。
 昼食後、甲武信ヶ岳なので拳を上げて記念写真を撮っていただき、下山です。
       

・うっかり甲武信小屋への分岐を過ぎてしまい、おかしいと思いながら何と隣の三宝山まで来てしましました。
              

・戻って分岐地点を確認。約1時間のトレーニングでした。
       

・甲武信小屋からは巻道を歩きましたが、途中から樹林越しに甲武信ヶ岳が望める時もありました。
       

・巻道、ハクサンシャクナゲの群生地です。
       

・露岩まで下りてきましたが、ガスが取れ、国師ヶ岳方面が望めるようになってきました。
       

・再度、クモイコザクラ群生地に立ち寄りです。
       

・シャクナゲ街道まで下りてきました。
       

・アズマシャクナゲを楽しみながら~
       

・奥に綺麗に咲いている株もありました。
       

・眩いグリーンシャワーを浴びながら下ります。
       

・林道を歩いて西沢渓谷駐車場に戻り、長い一日の完了です。
       

  眺望は得られなかったものの、待望のクモイコザクラに出逢え、ロングルートの充実した一日、ご一緒いただいたSさんに感謝です。



          
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

白砂山

2017-06-04 11:13:17 | 群馬県の山
  群馬、新潟、長野の県境に聳える白砂山を歩いてきました。コースは昨年5月末に歩かれたyamasanpoさん、yosieさんと同じ野反湖展望台からの往復としました。スタート時の天気は晴れでしたが、堂岩山へ着く頃になると曇り、風も強かったものの時折青空も覗き、シラネアオイなどの花々と稜線歩き、そして眺望も楽しめました。
  今年は雪が多いのか、堂岩山山頂手前には雪渓歩きが楽しめる程の雪が残っていました。
  
【日  程】6月3日(土)

【メンバー】2名(相棒と)

【アクセス】
  ・往路:03:45自宅→R294・50など→北関東道太田桐生IC→関越道渋川伊香保IC→県道35・R145・292・405など→08:15野反湖展望台駐車場
  ・復路:16:25野反湖展望台駐車場→R405・292・145・県道35・155など→関越道渋川伊香保IC→北関東道→東北道佐野藤岡IC→R50・294など→21:30自宅

【行  程】
  ・08:25野反湖展望台駐車場(白砂山登山口)⇒09:10地蔵峠⇒10:55堂岩山(昼食~11:15)⇒12:45白砂山(休憩~12:55)⇒14:15堂岩山(休憩~14:20)⇒15:40地蔵峠⇒16:15野反湖展望台駐車場(白砂山登山口)

【詳  細】
  堂岩山まではほぼ樹林帯を歩きますが、堂岩山からは展望が開け、気持ち良い稜線歩きとなりました。稜線は特に危険なところはありませんが、風の強かったので慎重を要する所もありました。
  堂岩山山頂下の雪渓は雪が緩んでいましたので、アイゼンを持参したものの装着せずに下りることができました。

・野反湖展望台駐車場奥の白砂山登山口をスタートです。
       

・一旦下ると直ぐにハンノ木沢でした。
       

・地蔵峠
       

ここからはほぼ樹林帯、少ない花を楽しみます。
       コヨウラクツツジ                   イワナシ
       

・やっと水場です。
       

・堂岩山山頂手前には多くの雪が残っており、雪渓歩きが楽しめました。
       

・雪がたっぷり残っている堂岩山到着、昼食です。
 曇ってきましたが、浅間山、その左側に八ヶ岳が望めました。
       

・微かに秀麗富士が顔を出していました。
       

・風が強くなれば白砂山は断念し、八間山周回も考えましたが、天候が回復しつつあるので、行けるところまで行こうと当初の計画のとおり白砂山へ向かいました。
       

・風が強く寒いので、ウィンドブレーカー着用です。風が強かったのは堂岩山下から金沢レリーフ間、風の通り道のようでした。
       

・花付きは良くありませんが、アズマシャクナゲが綺麗です。
       

・ヒメイチゲ、登山道沿いに群生していました。
       

・ミネザクラ。那須の日の出平に続き、ここでも楽しめました。
       

・シラネアオイ登場!
       

・足下にも花が咲いています。
       イワカガミ                      ナエバキスミレ
       

・シラネアオイが沢山咲いています。
       

・シラネアオイ
       

・赤城山も見えています。
       

・ミネザクラ越しの歩いてきた稜線
       

・間もなく白砂山山頂、空が少し明るくなってきました。
       

・またまたシラネアオイです。
       

・白砂山山頂到着!
       

・隣の佐武流山でしょうか。苗場山方面はガスに覆われていました。
       

・谷川岳方面もガス~
       

・ぐるりと浅間山、草津白根山方面
       

・記念写真を撮っていただき、下山です。
       

・ミネザクラを楽しみながら、堂岩山へ戻ります。
       

・戻る稜線がクッキリです。
       

・下りでもシラネアオイを楽しみます。
       

・ミツバオーレンの群生、左上はタケシマランです。
       

・アズマシャクナゲ越しの堂岩山
       

・堂岩山へ戻ってきました~ドリンク休憩です。
       

・堂岩山から下山し始めると一時時雨れて霰がぱらつき始めましたが、山頂下の雪渓は何とかアイゼンを装着せずに下りられました。
 大分下りた地蔵峠手前、遠くにムラサキヤシオが咲いていました。
       

・間もなく野反湖展望台駐車場~完了です。
       

  堂岩山から白砂山への稜線は、展望が良く、花も多く最高でした。
  帰路、シラネアオイ群生地に立ち寄る予定でしたが、時間が遅くなってしまい、次回の楽しみとなりました。
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

近くで花見④

2017-06-01 19:54:50 | 日記
  午後になり陽が射してきましたので、急遽佐倉草ぶえの丘バラ園で開催されている「ローズフェスティバル2017」を見てきました。バラ園は初めてでしたが、1万3000㎡の敷地に約150種2500株のバラが植栽されており、大輪のバラは終わって全体的には終盤だったものの、アコーディオンのコンサートもあり、楽しむことができました。

・陽を浴び、元気に咲いていました。大輪のバラは終わってしまったようで、このように小さな花が纏まって咲くバラが最盛期でした。
       

・花は青空とのコラボが良いです。
       

・綺麗~
       

・タカネバラに良く似ています。
       

・木蔭でしたが、綺麗に咲いていました。
       

・広場ではアコーディオンのコンサートも~
       

・ぐるりと廻って完了です。
       

  草ぶえの丘は印旛沼北側の高台の森林の中の雰囲気の良いなかにあり、入園料も410円/人とリーズナブルですので、大輪のバラが咲く頃に再訪したいと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日の出平・黒尾谷岳

2017-05-29 21:55:05 | 栃木県の山
  yamasanpoさん、yosieさん、和子さん、徹也さんとご一緒させていただき、那須の殺生石から牛ヶ首・日の出平・南月山・黒尾谷岳・もみの木台登山口へと歩いてきました。天気は晴れ、見頃を迎えたミネザクラなど沢山の花々に出逢うことができました。
  ミネザクラは和子さん、徹也さんの事前踏査もあって丁度見頃を迎えており、アズマシャクナゲの群生なども楽しめ、また、嬉しいバッタリもありと良い一日でした。  
  ご一緒いただいた皆さん、楽しい一日を有難うございました。
  また、弁天温泉分岐でカメラの電池紛失に気付いたところ、有難いことに皆さん石碑まで戻って探していただきました~本当に感謝でした。

【日  程】5月28日(日)

【メンバー】6名

【アクセス】
  ・往路:3:50自宅→R294・50・4など→県道30・17→7:10温泉神社前駐車場→もみの木台登山口(車2台デポ)→7:40温泉神社前駐車場
  ・復路:15:20もみの木台駐車場(私達のみ直帰)→(往路の引き返し)→20:05自宅

【行  程】
  ・7:50温泉神社前駐車場⇒10:00ピーク1458手前(休憩~10:10)⇒11:20牛ヶ首⇒11:30牛ヶ首先(昼食~11:55)⇒12:15日の出平(散策~12:25)⇒12:50南月山⇒14:00黒尾谷岳(休憩~14:10)⇒15:05もみの木台平登山口

【詳  細】
  殺生石から牛ヶ首まではきつい上りが続くこともあってか全くハイカーに会わず、本格的な登山道に入ってから、yamasanpoさんが熊対策のホイッスルを時折鳴らしながら進みました。牛ヶ首から南月山まではミネザクラが見頃なこともああってハイカーが多かったものの、黒尾谷岳も激下りが続くことからか山頂で会った1グループのみでした。

・もみの木台登山口に車2台をデポし、温泉神社前駐車場に戻り、皆さん徹也さんから頂いたお揃いのグローブで殺生石からスタートです。
       

・数えきれないほどのお地蔵さんが並んでいます。
       

・別荘地の道路に出るとヤマツツジが満開でした。
       

・道路を少し歩いて再び登山道へ入りました。熊が出る可能性があるとのこと、yamasanpoさんが時折ホイッスルを鳴らしながら進みます。
       

・温泉に関係のありそうな石碑。
 ここを過ぎ、弁天温泉分岐に着いたところ、ドジなことにカメラの電池を紛失に気付き仰天しましたが、有難いことに皆さんに石碑まで戻りながら探し、yamasanpoさんに見付けていただきました~感謝、感謝でした。
       

・弁天温泉分岐先の水場
       

・ピーク1458の手前の露岩の上で休憩です。
       

・足下にはイワカガミが咲いていました。
        ヒメイワカガミ                    コイワカガミ
       
        
・秘湯、飯盛温泉跡
       

・間もなく牛ヶ首。振り返って、谷の真中が歩いて来たルート、なかなか歩き堪えがありました。
       

・牛ヶ首にもミネザクラが咲いていました。満開のミネザクラが迎えてくれる日の出平へ向かいます。
       

・綺麗なピンクのミネザクラ
       

・ここは那須、かなりの強い風が吹いていましたので、日の出平手前で風を避け、ミナザクラの花見をしながら昼食、今日も美味しいものがぐる~ぐる~ご馳走様でした。
       

・昼食場所からはミネザクラ越しに茶臼岳も望めました。
       

・昼食後、日の出平へと急ぎますが、あまりにも絶景なので振り返ってしまいます。
       

・日の出平到着。ミネザクラは満開、和子さん、徹也さんの事前踏査のお蔭です。
 ミネザクラ越しに流石山方面
       

・散策します。
       

・綺麗に咲いています。
       

・アップで。
       

・記念写真を撮っていただきました。
       

・南月山へと向かいます。
       

・強風のなかを進むと間もなく南月山です。
       

・南月山山頂では嬉しいことにセとナさん達とバッタリ。白笹山方面へ戻り始めていたセさんは、わざわざ引き返してくれました~際どいタイミングでした。
       

・南月山から黒尾谷岳へ向かいましたが、激下りのなか沢山のアヅマシャクナゲが咲いていました。
       

・シャクナゲを楽しみながら~
       

・陽当たりの良いところではハルリンドウフデリンドウなどが咲いていました。(後日、写真を拡大して確認したところ、葉が対生の広卵形のフデリンドウでした。)
        ハルリンドウフデリンドウ                     シロバナエンレイソウ
       

・ここもシロヤシオの大木の群生がありますが、咲き始めでした。
       

・濃いピンクのシャクナゲ
       

・薄いピンクのシャクナゲ
       

・シャクナゲロードを進みます。
       

・黒尾谷岳到着、皆さん近くの岩の展望台で眺望を楽しみます。
       

・下りて来た尾根の先に茶臼岳が望めました。
       

・黒尾谷岳からの下山路もシャクナゲロードが続きます。
       

・綺麗です。
       

・間もなく車をデポしたもみの木台登山口~完了です。
       

  もみの木台登山口で解散、ご配慮頂き、私達は直帰。
  満開のミネザクラやアヅマシャクナゲに出逢え、気持ち良く歩け、美味しく楽しかった、そしてカメラの電池探しまでしていただいた忘れることのできない一日、ご一緒いただいた皆さんに感謝です。
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

羽黒尾根・黒岩尾根

2017-05-20 18:23:55 | 栃木県の山
  今年もyamasanpoさん、yosieさん、和子さん、徹也さんとご一緒させていただき、女峰山の黒岩尾根の支尾根である羽黒尾根から黒岩尾根のツツジのゴールデンルートを歩いてきました。天気は概ね晴れ、眩いばかりの緑のなかに色鮮やかに咲くヤマツツジやなどを楽しむことができました。
  昨年に比べ、シロヤシオは花付きも良くなくお休みモードだったものの、終盤のアカヤシオも楽しめ、また、嬉しいバッタリもありと良い一日でした。  
  ご一緒いただいた皆さん、楽しい一日を有難うございました。

【日  程】5月19日(金)

【メンバー】6名

【アクセス】
  ・往路;4:10自宅→R294・4・119など→日光宇都宮道路宇都宮IC→同日光IC→R119など→7:00滝神社駐車場(車を1台デポ、2台に分乗して寂光滝駐車場へ移動)→7:00寂光滝駐車場   
  ・復路;15:15清滝神社駐車場(車回収に寂光滝駐車場へ移動)→15:40寂光滝駐車場(私達はここから直帰)→R120→日光宇都宮道路清滝IC→同宇都宮IC→R119・4・294など→19:15自宅

【行  程】・7:25寂光滝駐車場→8:55ピーク1122(休憩~9:050)⇒9:45ピーク1214(休憩~9:55)⇒10:45黒岩尾根分岐⇒11:00黒岩尾根分岐・八風中間露岩上(昼食~11:30)⇒12:05遥拝石⇒12:20黒岩⇒14:20ヤマツツジ群生地端(休憩~14:30)⇒15:10滝尾神社駐車場

【詳  細】
  コースは昨年と全く同じ、羽黒尾根のツツジを散策しながらで黒岩尾根に取り付き、遥拝石まで歩いてユキワリソウどの開花状況を確認の後、黒岩尾根を下山しましたが、ヤマツツジ群生地の本格的な開花はもう少し後でした。

・集合場所の清滝神社駐車場で大晦日の焼森山でお会いした方とバッタリ、挨拶後、車1台をデポし、寂光滝へと向かいました。
 雲一つないなか、寂光滝駐車場をスタートです。
       

・県道を石碑のあるところまで戻り、急登に取り付き、一気に上るとピーク935~小休止です。
           
       

・木々の緑が眩いなか、ヤマツツジが綺麗に咲いていました。
       

・さらに進むと凄い花付きのヤマツツジが現れました。
       

・青空のもと、ヤマツツジを楽しみながら進みます。カラマツの緑も綺麗です。
       

・昨年はツツジが大競演していましたが~お休みモードのようです。           
       

・やっと咲いているシロヤシオが出迎えてくれました。
       

・シロヤシオロードなんですが...
       

・何時もの咲きっぷりの良いシロヤシオに出逢えました~羽黒尾根ナンバーワンでしょうか。                         
       

・咲き残りの綺麗なトウゴクミツバツツジ
       

・ピーク1122付近で休憩してパワーアップ後、急登を上り切りましたが、残念ながらシロヤシオは蕾でした。
       

・咲きたてホヤホヤのシロヤシオ 
       

・爽やかで心地よいなか、ピーク1314付近で休憩です。
       

・休憩の後、黒岩尾根分岐を目指しますが、時折、綺麗なトウゴクミツバツツジが現れます。
       

・雨量計
       

・黒岩尾根に取り付くと、終盤ながらも綺麗なアカヤシオが待っていてくれました。
       

・花付きの良いアカヤシオ
       

・黒岩尾根分岐と八風の中間の露岩上で昼食。美味しいものがぐる~ぐる、ご馳走様でした。
       

・昼食後、ザックをデポし黒岩に向かいましたが、歩いて直ぐのところでもアカヤシオが咲いていました。
       

・八風を過ぎると程なくして遥拝石到着、ガスって展望は良くありませんでした。           
       

・黒岩
       

・間もなく開化というユキワリソウの株もありましたが、ミナザクラは蕾と黒岩周辺の花はこれからでした。
       

・ザックを回収、ヤマツツジ群生地へと向かいます。
       

・気持ち良いトレイル
       

・稚児の墓、ヤマツツジは蕾でした。
 手前のツツジ群生にも寄りましたが、ここもお休みモードでした。
       

・ヤマツツジ、咲き始めましたという感じ~
       

・花付きの良い木も~
       

・真っ赤に染まるのはもう少し先です。
       

・ヤマツツジ群生地の登山道合流地点で休憩です。
       

・標高が低いので、ヤマツツジは満開です。
       

・ズミも咲きだしていました。
       

・間もなく滝尾神社駐車場です。
       

 滝尾神社駐車場から寂光滝駐車場へ車で移動して車を回収、解散~完了です。
  シロヤシオはお休みモードでしたが、青空のもとで眩いばかりの緑のなか、気持ち良く歩け、美味しく楽しかった一日~ご一緒いただいた皆さんに感謝です。
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加