worldNote
世界の覚書

道州制、易姓革命、外国人参政権には反対です。伝王仁墓に百済門を作るのは場違いであり、反対です。
 



ITmedia:著作権保護期間は延長すべきか 賛否めぐり議論白熱
零士さんは、古典の名作の2次利用と、近現代の作品の2次利用は異なると指摘する。「古典と現代を混ぜてはいけない。近現代にあるものを改変したりパロディー化することは作品への侮辱。先人に学ぶというのは事実だが、学んだだけの敬意を払うべき」
パロディは侮辱ですか...
松本零士氏に関しては、最近は化けの皮が剥がれたというか、がっくりだ。どんな機会であれ、直接には関わりたくない感じだ。

クリエイターについては、2種類に分かれる。著作権保護期間延長論と、延長否定論だが、後者は短くしてもいいくらいに思っている。それにしても、作者の死後数十年を経てなお、年金のごとき収入が必要な人って、重度障害者か要介護高齢者であって、普通の健常者の話とは思えない。最低でも、普通は国民年金あるでしょ。
文筆家や作家は、明日路傍に迷うことも覚悟の上で日々苦闘している。誰も助けてくれない壮烈な世界だと改めて言っておきたい。(松本零士氏)
本人の問題と、死後50年70年の問題が、どう相関するのか、説得力はゼロだ。なにせ、50年では足りん、創作意欲が殺がれるとわめいているのだ。わけわか(んないん)である。

[人気blogランキングに投票]

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 愛国心の1,... 図書館の本毀... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。