(童話)万華響の日々

生活の中の多種多様な万華の響きを聴き、万華の世界を視ていてます 古稀2になりました、今だからできることをしたいと思います

横山大観展(山種美術館)を観た印象

2018-02-20 20:16:34 | 展覧会

横山大観展(山種美術館)を観た、横山大観は1868-1958年の大画家、1889年に東京美術学校第1期生として入学、下村観山、菱田春草、とともに岡倉天心、橋本雅邦に師事した、その後日本美術院の創設に参加したということである、

今回の展覧会は山種美術館所蔵の40数展、他にも安田靫彦、前田青邨、山口蓬春、東山魁夷らの作品も同時展示、なかなか豪華だ、

大観の富士山の絵は有名であり数多くあるが、次に示す「心神」(1952年)は霊峰富士に込められた精神性の崇高さを感ずる、「喜撰山」(1919年)の画風は全く異なる、雪山に松と思われる青々とした影がゆったりとした気分で描かれている、魅力的だ、「木兎」(1926年)は森にすむミミズクが何ともユーモラスで可愛く描かれる

大観の松の絵も印象に残った、松を描いた日本画は多い、松葉を一本一本描くのではなく葉の集団として描いたものが多い、水墨画も多種な描き方をしているようだ、「寿」(1952年)は書であって絵である、まるでミロの絵を思わせる格別な画風である

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南極・北極科学館の庭にいる越冬隊のカラフト犬ブロンズ像を見に行ってきた

2018-02-12 16:16:49 | 日記

連日極めて寒い、韓国平昌オリンピックは寒すぎて競技順延や観戦者が帰ってしまったり、運営が成り立たない印象を受ける、それもこれもアメリカやヨーロッパのテレビ放送の時間帯の関係で夜間競技になっているそうだ、これはどこかおかしい、競技者を第一に考えていない、20年の東京オリンピックでは真夏の猛暑オリンピックとなる、人間中心のオリンピックに戻すべきだ、放映中心主義は狂っている、

ところで寒いときには南極・北極のことが頭に浮かぶ、南極で活躍した越冬隊のカラフト犬、タロ、ジロ達のことを思いだした、2013年までは東京タワーの麓にいたカラフト犬14頭のブロンズ像が立川市にある南極・北極科学館(国立極地研究所)の庭に移住した、数日前に会いに行ってきた、小春日和の日だった、犬たちは風は冷たかったが嬉し気にそれぞれ思い思いの姿でそこにいた、彼らが活躍したのは既に50年ぐらい前のことだ、止む無く越冬隊が昭和基地を離れざるを得ずカラフト犬たちを置いてこざるを得なかった、という辛い過去がある、

どれがタロかジロか分からなかったが、それぞれの頭を撫でてきた、そのあとオーロラシアターで南極のオーロラ映画鑑賞や隕石の標本を観てきた、入館は無料、研究所には図書館や休憩室も充実している、立川駅からバスですぐだ、犬たちに会いに行きやすくてよいと思う

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカの小型核兵器開発に反対する

2018-02-09 21:04:04 | 千年大災害と脱原発・核廃絶推進の闘い

アメリカ・トランプ大統領の一般教書演説(1/30)の内容は核兵器なき世界を希望する人類を失望させるに十分であった、オバマ前大統領とは打って変わって小型の核兵器の開発を進めるのだという、アイキャンの核兵器廃絶キャンペーンと真っ向から対峙するものである、大規模核兵器は事実上使用不可能で、小規模核兵器なら使えるというのはどういう理屈なのか理解不能である、圧倒的な破壊力の熱と放射能をバラまくことにおいてどこが違うのか、いまでも「劣化ウラン弾」という兵器がある、この恐るべき破壊力を有し放射能をバラまく爆弾を更に大きくしたのが多分小型核兵器なのだろう、唯一の被爆国である日本は断然このようなものを開発することに反対すべきである、人類に不幸しか呼び込まない原爆鬼子である

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草津白根山の突然噴火が原発即時中止を要請している

2018-01-31 16:13:16 | 千年大災害と脱原発・核廃絶推進の闘い

草津白根山の噴火は約3000年ぶりということだ、白根山は活火山ではあるが観測の対象ではなかった、余りにもおとなしい火山であるからで、むしろ隣の火山の方が観測対象であった、全く人間の知恵や思考力をあざ笑うかのごとき今回の突然噴火であった、

地震学者は地震の予知はできないと考えた方が良いと発言した、火山噴火も同類であろう、それくらい捉えるのが困難ということ、3000年という時間は人類にとっては非常に長い、だが火山にとっては昨日のことぐらいのことなのである、従って今のところ天変地異が起きていないのは地球規模の尺度の中で偶々起きていないのであって、人間、特に日本現政権はもっと自然に対して畏敬の念を持たねばならない、この日本には活火山が111ぐらいあるらしい、日本全土が火山でおおわれていると思っていい、活火山とは、過去1万年以内に噴火した火山と今も活発な噴気活動が確認されている火山のこと、世界には約1500の活火山があり、殆どが環太平洋に分布し、日本は活火山数で世界4位という、

突然噴火は日本では世界4位の確率で起きるということだ、

その火山国日本に約50基の原発が海岸地帯に分布し、4基が稼働して、今からまだまだ再稼働させるというのが政府の考え、これは異常と言えないか?どこかの国からミサイルで原発を狙われる危険性が議論されているが、火山は人間の営みなど無関心に突然噴火し原発や市町村を襲う可能性は大きいのだ、

伊方原発運転差し止め、広島高裁仮処分判断(2017 12/13)はそういう意味で非常に卓見な判断である、その理由は伊方原発から130km離れた阿蘇山の火山活動可能性が十分小さいかを判断できる証拠がないというものである、そこで9万年前に起きた火山爆発の火砕流が伊方原発に到達する可能性が小さいとはいえず伊方原発の立地が不適切であったと認定した、原発と火山との立地関係を論じた判断は全く異論がない

白根山の突然噴火はこの原発稼働中止の判断にとって的確な証拠である、日本は即時に原発から完全に分かれるべきである


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雪が降る度に思うこと

2018-01-23 20:08:46 | 雑感

大都会の大雪、4 年ぶりとかいう大豪雪、都市部の交通は麻痺した、朝からテレビはこのニュースで持ち切りだ、そこで思うのだが何故同じことばかり繰り返すのだろうかということ、滑って転んで病院へ担ぎ込まれた人々、動きの取れない車、動きが取れない高速道路、この冬一番の寒気爆弾低気圧は更に明日は東北地方を襲う、雪は一晩で100cmも積もるという恐るべき豪雪、という、

夏は豪雨が1日で400㎜も降る、これらの異常気象に対して国の防災対策はどうなっているのか、「のど元過ぎれば熱さ忘れる」を基本理念とし激甚災害指定して復興予算を落とすしかしないではないか、それも微々たる予算である、

融雪技術や除雪技術は50年前と変わっていない、雪や氷は0度で解けるのであるから火炎放射機関を装備したような融雪自動車や機関車があっても可笑しくない、「ゴジラ」は口から火を吐くではないか、SF映画が現実に実現している現在、ゴジラのような融雪機関ができたって不思議ではない、これを何台も駅や消防署に待機しておけばいい、道を走らせ、レールを走らせれば雪は積もらないだろう、というような空想をしてみた、誰かやってくれないか、AIが開発される現代には防衛費にかける費用を回せばすぐできるだろう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪神・淡路大震災23年経過に思う

2018-01-18 20:37:37 | 生と死を想う

阪神・淡路大震災から23年過ぎた、約6400人が犠牲となった、夕刊を見ていたら被災した人があの時から時計が止まったままだと、それでも年月は流れ23年もたってしまった、時計が止まったままだという人は多い、災害や事故や自殺などで愛する子や兄弟親が逝ってしまった家族にとってはみなそうである、後に残された者にとって、親族の死から後の人生がどんな意味があるのかと何度も問う、残されたものの心には矢が突き刺さったままなのだ、下手に抜こうとすると傷が大きく空いてしまってどうしようもなくなる、そのままにしてじっと時の流れに身を任せるしかないかもしれない、同じような体験をした人に話すのもよいとわれる

一つの救いへの道は、難しいかもしれないが、聖書のヨブ記を読む道もある、そこには「神が与え,神が取り去りたもうた,神の御名は褒むべきかな」と書かれている、裸で母の胎から出てきたのだから裸で死んで逝っても何の不思議もない、というのである、

この世では伴侶ができ子ができ孫もでき、富や財産も得るであろう、だがすべて神から与えられたものなのだ、ヨブは家族も財産も自分の健康もすべて失った、それでももともと自分はそういう無一文で生まれて来たんだから無一文で死んでも文句はないというのだ、この境地に至ることはかなり難しいが神に祈れば不可能なことではないであろう、そのとき思いもよらない慰めが与えられるであろう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬鳥の餌やり再開す

2018-01-13 21:34:58 | 日記

昨年の暮れからまた冬鳥がやってきた

春過ぎには山へ帰って行ったヒヨドリやメジロがまた戻ってきてくれた、庭の木の枝に止まって囀っている、年が明けると木の実もほとんど食い尽くされて鳥たちも食餌に困っている、そこでさっそく手の届く枝先に先ずは柿をご馳走した


これにはメジロが喜んだ、そしてヒヨドリがメジロを追っ払って啄み始めた、柿の季節も終わり、いまはリンゴである、常にお気に入りなのはバナナだ、朝起きてみると、木の枝で鳴いて催促している、バナナを枝につけるときは逃げて離れたところでこちらの様子を窺っている、立ち去ったと確認したらすぐに飛んできて啄む、

メジロはつがい(?)でやって来て仲良く啄んでいる、最近はシジュウカラも飛んできた、鳥たちはしかし決して警戒を解かない、慣れないところがまた好いのである、野生のままでいて欲しいのである

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

年初に当たり

2018-01-08 20:53:15 | 日記

賀正 今年もよろしくお願いいたします

わたしも古稀2年生となった、髪はいよいよ白くなってどう見ても白髪100%である、散歩に出ても歩きは遅く、他人にどんどん抜かれてしまう、眼は霞んでいるし、足も腰も痛い、ただし心臓にペースメーカーを埋めているのでその点は安心している、それにしても健康寿命が縮まってはきた、多分体力的には80歳台に近い気がする、色気もなく、女性を見ても何の感慨もない、これを枯れてきたというに違いない、ヘッセのように年を取るほどに若くなるということを見習いたい、あるがままに暮らしていこうと思う、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大晦日に当たって雑感と、ご訪問今年もありがとうございました

2017-12-31 14:50:45 | 季節のご挨拶

今年も大晦日となった、1年を振り返ってみた

ここに書きたいことは幾つかあったが書かずに来たこととしては、自分の闘病記録がある、爪水虫は約2年通院して一応治った、眼も両眼とも白内障の手術を受けたが、いまだにぼやけた視力で仕方がなく車の運転も辛い、光の散乱がきつくサングラスを掛けないとダメ、暗くなってから前方の対向車のヘッドライトが乱反射するので夜の運転は不可能だ、視界は明るくなったのだが霧が湧いて晴れない、来年になったら眼科に相談しないといけない、

日野原重明先生が105歳で昇天された、高齢者の憧れの的であった方がこの世から去ったことは淋しい、何より平和主義者で平和憲法を守ることを主張されていた、将棋の王であるような憲法9条が角や飛車を取られ共謀罪、集団的自衛権を骨とする安保法、教育基本法、特定秘密保護法、・・・強力な禁じ手を使って王を責め立てる、安倍政権は愈々来年あたりから自衛隊と九条を結合させようと目論む、木に竹を接ぐという比喩では言い足りない妄言である、国民の7割以上は九条をこのまま守ることを望んでいる

北朝鮮やトランプ・アメリカについても言いたいが割愛、ただ問題解決のためには今の核兵器保有国が諸手を挙げて全核兵器を捨てることが唯一の道であると思う


さて、年末にあたり言いたいことの最大のことは、AIのことだ、AI(人工知能)についてだ、以下は独断と偏見による私見である、

AIはそもそも計算機として生まれた、世界最初の計算機は哲学者パスカルによって1642年に発明されたという、それ以来改良され今の量子コンピューターになった、改良が進むにつれて機械式、手回し式、真空管式、電子式、と進み、その大きさも頗る小さくなった、

現在の身近なコンピューターはスマホ携帯電話だろう、そしてインターネットと結ばれ車、家電、あらゆる電子機器にネットが張られて、これらから得られるビッグデーターを自由自在に操るAIに至った、(ここではAI端末であるスマホと本家のAIを区別して考慮しない)

AIは更に小さくされる、ウェアラブルという形態はメガネ型、そして白内障手術に使われる人工レンズ型に取って代わる、多分感覚という情報をすべて得るならば視覚、聴覚、嗅覚、味覚、痛覚、将来は直感という第六感、全てにそれなりのAIを組み込む、そうした時代はすぐそこに来ている、肉体や骨格には人工臓器やIPS細胞経由の臓器が組み込まれる(サイボーグ)、そして寿命はどんどん延びる、

そこにいるのはアンドロイド・サイボーグ人間である、外観では100%肉体人間か改造人間か区別不能となる、今年は手先にスマホを持った人々が大勢になった、この姿はもはや将来の改造型人類の走りといわれるようになろう、そして一番の問題はAIが脳に組み込まれた場合の生まれながらの脳とAI脳のどちらが主であり従であるか、

単に脳の病気を治癒させるためのみならず、一般人にも脳力改善という目的でAIが組み込まれるかも、その結果知能指数は意味を持たなく殆どの人が大差なく高レベル知能となり、(大学受験は意味をもたなくなる、)人格差(個性)が無くなってくる、人類は平坦化し人種の差も薄くなる

そしてAIは何に向かって想像を広めてゆくのか、倫理観はあるのか、否か、世界の宗教と倫理を学んだ後に世界をどう考えるのか、SF映画ではないが人類にとって最も強大で最悪な害敵とは人類そのものだと判断しやしないか、その結果人類を排除するプログラムが動く(映画の話)、それが心配である、

どっちによ、AIは人類の忠実な助け手となるのか、強大な敵(鬼子)となるか、人類は舵を上手に切れるかどうか、来年はその分かれ目に近づいていることだろう、くれぐれも言いたいことはAIは決して神にはなれないということ、そしていつの日か人類は素朴な昔ながら肉体だった日々を懐かしむようになるだろう


本年もご訪問ありがとうございます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「北斎とジャポニズム ~~HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」展 国立西洋美術館 の鑑賞印象

2017-12-29 20:52:53 | 展覧会

国立西洋美術館で開催中(~1/28)の「北斎とジャポニズム ~~HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」展を観に行った、平日だったが混雑しており、グループに分けられて入館した、葛飾北斎の錦絵や浮世絵が西洋の著名な画家の絵画や陶磁器の間に挟まれるように互い違いに展示されている、いわば北斎画を見習って描かれたのがこれらの作品だというように置かれている、西洋の絵画などが200点を超え、それらに影響を与えた北斎画は41点、北斎漫画が6点である、

驚くべきことに今回展示された殆どの北斎画の所蔵美術館が海外の美術館(ミネアポリス美術館、オーストリア応用美術館、シカゴ美術館等)であるということだ、

ロダン、クリムト、ドガ、ガレ、ゴッホ、モネ、ピサロ、モロー、クールベ、スーラ、カミーユ・クローデル、セザンヌ、カサット、・・・・など著名な芸術家たちが北斎の絵と漫画から多くの影響と感化を受けた、と物語る、そうだなと思わせるものもあれば、そうかなあと思いたくなるものもある、だが北斎画が前述のような西洋の美術館に多数所蔵されてきた歴史からも多かれ少なかれ北斎画がヨーロッパにジャポニズムという一大ブームをわき起こし、芸術家たちを魅惑した、だろうという事実は否定できないものだ、、

展示場にはカミーユ・クローデルの「波」(1897-1903)というブロンズが目を惹く、まさに北斎の「神奈川沖浪裏」(1830-33)から得られた構想であることは間違いがない

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」 都美術館 を鑑賞した印象

2017-12-25 17:08:00 | 展覧会

都美術館で開催中(~2018.1.8.)の「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」を観た、ゴッホ絵画がかくも人気があり展覧会が多いかを明らかにする展覧会である、逆に言うと日本の超天才画家 画狂といわれた葛飾北斎を始め浮世絵大家の作品が19世紀のパリで展覧会が催され、当時の画家たち、モネやゴッホらが非常に影響を受けたということのようだ、

とくにゴッホは多大な感化を受けて浮世絵や錦絵の大のファンになってしまった、ゴッホは日本の資料を集め北斎らの絵を真似て自分の作品に生かそうと努力した、終生日本への憧れを失うことがなかった、狂気の病を得て入院してからもその夢は

失われることはなかったが、ついに来日は叶うことがなく38年の生涯を自ら閉じた、もしもゴッホが来日を果たせていたら彼の人生はもっと違ったものになったかもしれないと思った、

その後ゴッホを憧れた日本人が彼の思い出の地を訪ねて絵をしたためたり、訪れた芳名録を残した、240名近くいたそうだ、

今回の展示作品について、渓斎英泉の「花魁」(1820-1830)を模した「花魁」(1887)、歌川広重作の「亀戸梅屋敷)(1857)を模した「種まく人」(1888)はなるほどと思わせる、また本邦初公開という「夾竹桃と本のある静物」(1888)、「タラスコンの乗合馬車」(1888)、「ポプラ林の中の二人」(1890)などは草木の描き方に浮世絵風の感じが流れている気がする、

今回の展示にはなかったが、「星月夜(1889)」、「夜のカフェテラス(1888)」糸杉のある麦畑(1889)」、「花咲くアーモンドの木の枝(1890)」などなどいずれも北斎や広重の絵から得た精神を消化しゴッホ独自の高みにまで上げ切った傑作であり、日本人の心を魅了する味わいが充満していることに気が付く

  


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊方原発運転差し止め仮処分、広島高裁判断、その画期的な意義を考える

2017-12-16 20:26:42 | 千年大災害と脱原発・核廃絶推進の闘い

伊方原発運転差し止め、広島高裁仮処分判断(12/13)に拍手だ、その理由として伊方原発から130km離れた阿蘇山の火山活動可能性が十分小さいかを判断できる証拠がないというものである、そこで9万年前に起きた火山爆発の火砕流が伊方原発に到達する可能性が小さいとはいえず伊方原発の立地が不適切であったと認定した、

原発と火山との立地関係を論じた判断は全く異論がない、

ある意味で原発から生じる危険な核のゴミの処分には地下深く埋めて10万年後まで安全に管理しないとだめだという最終処分が抱え込む気の遠くなる時間が人間の未来に関わっていることを耳が痛くなるほど聞かされている、

そしていまそれと同じ規模の9~10万年前の火山爆発が原発の立地には問題にしなくてはならないという判断が出された、大規模地震も火山大爆発も予知ができないとされている、そのどちらも原発にはこのように過去の10万年、未来の10万年を考慮に入れなければその存在や立地や稼働について語れない、原発の抱える真実を語ることができない、人間の物差しを遥かに超えたものである、

これは画期的な判断である、厳粛に受け止めなくてはならない,原発は絶滅種の仲間入りの運命を辿らざるを得ないことを関係者は覚らねばならない


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイキャンのノーベル平和賞に思う

2017-12-11 19:20:39 | 千年大災害と脱原発・核廃絶推進の闘い

ノーベル平和賞が国際NGOアイキャン「核兵器廃絶国際キャンペーン」に授与された、広島での被爆体験証言者サーロー節子さん(85歳)の演説で「あきらめるな」と各国に協力を呼び掛けたという、

核兵器の廃絶を呼び掛けたものであるが、私は原発廃止も当然ながら含むものと解釈している、

今の核の均衡による世界の平和(戦争を起こさない、核抑止力)というのは本当なのかと思う、実際のところ世界の核保有国は常に核ミサイル発射ボタンを押せる状態にしており、もしもある国が発射したら直ちに感知して対抗する発射を行うであろう、そうしたら標的になった互いの国の多くの町は全滅し多くの市民が犠牲になる、その規模は想像できないほどに酷かろう、故に核兵器は使ってはならない兵器といわれてきた、ところが、最近の政治主導者たちは核を使うかもしれない危惧を抱かせるような危うさを与えるのだ、世界破滅に直結する核兵器を持つことは本当に抑止力となるのだろうか、むしろ保有していたら世界破滅戦争に至ってしまいかねない崖っぷちに立っているのではなかろうか、

日本は核保有国と非保有国の橋渡しをするという役目があった唯一の被爆国である、と今までの政府は説明してきた、だが、その動きも鈍くなっている、アメリカの核の傘の下にいることがその動きを弱体化させているようだ

核戦争の危機を消し去ることができるのは核の放棄しかない、核軍縮を一斉に実施することだけ、これだけが残された唯一の道である、核(爆弾と原発)への礼賛を止めることしか選択選択肢はない

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が庭木の特記記事、花付かず、枯死、脱皮

2017-12-06 19:18:52 | 日記

庭木の異常について書きたい、まず最近のことだが帝王ダリアが今年は花をつけない、毎年咲いて秋冬の花がない季節を楽しませてくれていた、もともとはまだ帝王ダリアが珍しかった時期に入手したものだが花を着けなかったのは台風で倒れたとき以外は咲いてくれた、今年も風が強かったがなんとか耐えてくれたので花を期待していたが駄目であった、多分急激な寒気のせいだろうと思う、

次はピラカンサの木だ、この木はひよどりが種を運んでくれて芽が出たものを大事に育てた、もう何年目か良く覚えていない、2メートルを超す枝ぶりの好い木となった、秋には赤い実をびっしり付けてひよどりが完食していた、それがこの初冬に枯れ始めた、どうも駄目のようだ、実に残念だ、枯死の原因は不明、

三つめは「匂い白欄」という南国の高木だ、樹齢はもう50年以上だろう、太い木に育ち、次第に根元や本幹からヒコバエが伸びだして木の中に木があるという二重構造となっていた、それがニ三日前についに本幹が崩れ落ち新しく若い木が完全に現れた、まさに脱皮のごとくである、これも珍しい世代交代劇を見せてもらった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ森友・加計問題は丁寧な説明には程遠い

2017-11-27 21:09:00 | 社会診断

森友・加計疑惑は相変わらずの闇の中、安倍首相は「真摯に丁寧に説明する」というがさっぱり埒が明かない、野党の長妻議員が昭恵氏招致を要求したが拒否し「私がお答えする」と宣まわったそうだ、丁寧とは首相自身の定義によれば、一切自分に都合よく言葉巧みに逃げおおせる話術のようだ、

長妻氏は「丁寧」とは「国会への証人喚問」という行動を伴うものと考えている、これに応じない態度は決して丁寧とは言えないのである、国民の多くは昭恵氏の直の証言を聞きたいのである(加計疑惑では加計)、また証人招致は国会が決めることという逃げ言葉は与党多数によって否決されることを確信するがためにそういうのである、もしそうならば与党自身が「丁寧」の定義を全く安倍首相と同じと考えられても仕方がない、

国民の過半数は森友・加計問題はすべて白日の下に曝され解明されるべきだと要求している、与党は質問時間を多くしたのだから野党の要求に応じるべきではないのか

コメント
この記事をはてなブックマークに追加