詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報や、各地に参加した会合のことなどについて、ときどき更新します。

たま研に行ってきました

2018年01月16日 | 詰将棋
 先週の土曜日、たま研に行ってきました。
 1月は懇親会のみということで、昼もほとんど食べずお腹を空かせた状態で会場に向かいました。
 乾杯の音頭は初参加ということで原田さんが指名されました。横浜市在住なので初参加という
のはちょっと意外でした。 
 今回の課題は「合駒移動2回以上」ということで、10作も集まったのですが、毎回たま研の課題
作には傑作が集まるので、いいと思った作品3作を選ぶのに毎回苦慮しています。今回も素晴らしい
作品ばかりで、食事や談話そっちのけで選考しました。作品は田中さんがプロジェクタで投影して
角さんが簡単に解説し、もし作者がいらっしゃったら創作秘話なども話してもらいました。後ほど
投票上位の作品が発表されましたが、お隣に座っておられた佐藤さんは毎回この順番で3連単を
購入されるとのこと。果たして結果はいかがだったのでしょうか。
 一応了解を得て会場内をあちこちと撮ってきました。






 そうこうしているうちに鍋も平らげ、デザートまで食べてお腹もいっぱいになりました。
 シメはこちらも初参加の堀内さんの一本締めでお開きとなりましたが、多くの人が2次会に。毎回
会場探しに奔走される利波さんには本当に感謝です。
 2次会の私が座った席では、主に青木さんの作品を小泉さんが中心となって解いていきました。
それにしても青木さんは何も見ないでスラスラと自作をマグネット盤に並べられるし、結構お酒も
飲まれていたはずなのに小泉さんの解図も早いので、酔っ払って思考能力のない私はすっかり感心
しました。
 23時になりこちらもお開きとなりましたが、某氏が必ず帰り際忘れ物をされるというのもたま研の
定番となってきましたね。(某氏さん、ネタにしてすみません)
 私はその後小田急で本厚木駅に向かい、日付が変わった0時35分発の奈良方面行き夜行バスで
帰途につきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第318回香龍会報告

2018年01月11日 | 詰将棋
【日時】平成30年1月7日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
【参加者】岩本修、岡本正貴、加藤徹、神谷護流、鈴木康夫、関半治、桃燈、鳥本敦史、服部彰夫、
 堀内真、元水信広、他1名(12名)

 いつもの第2和室に入ると窓際に長椅子が置いてありました。

 これなら畳の上に座るのがちょっとしんどい人も助かるのではないでしょうか。服部さんも早速
お座りになっておられました。
 鳥本さんが大道棋の81玉型銀問題を加藤さんに見せておられました。大道棋といえば詰パラの
来月号に大道棋教室が出題されるとのことです。
 鈴木さんから、ある作品が不完全ではないかという指摘が某氏からあったということで皆さんで
考えてみました。しかし作意手順らしきものはわかったものの不完全手順のほうは全く分かりません。
果たして真相はいかに。
 そして14時頃から加藤さん主催で年賀詰鑑賞会を行いました。今年も初形「犬」を中心に手順にも
いろいろなアイデアがあり、イヌ年の私はすっかり感心しました。各自お気に入りの作品に投票を
しましたが、本来の投票開始は11日からということで、もし例会以降におもちゃ箱に登録された
作品でお気に入りの作品があれば追加で投票してくださいとのことです。元水さんもこの場でご自身の
年賀詰を加藤さんにお渡しして一緒に鑑賞しました。
 鑑賞会の後は岡本さんから「らしい」作品を見せてもらいました。岡本さんにはもっと『全国新進
詰将棋作家名鑑』で提唱されていた「冗談問題」の発表を期待しています。
 さらに桃燈さんの新作の改良案を考えたり、Y岡さん、ではなく他1名さんの徳島新聞出題作を
観賞したりして過ごしました。
 それでは、いつも写真を遠慮されている神谷さんにカメラをお渡しして、私も含めての記念写真です。
「はいチーズ」ではなく、「はいヨヅメ」でパチリ。

 前列左から加藤、岩本、岡本、鳥本、鈴木、後列左から桃燈、関、服部、堀内、元水の各氏です。
 二次会は新年ということと、少し遅くなりましたが全国大会の慰労も兼ねて、居酒屋で行うことに
しました。大名古屋ビルヂングが新しくなったので、建て替えられる前によく立ち寄ったことの
ある店に。楽しく歓談した後精算しようとしたら服部さんから多額のご厚志をいただきました。
どうもありがとうございます。不足分については香龍会会費の残額から補填しました。

▼次回の香龍会(第319回)
【日時】平成30年2月18日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)
 寒さ厳しい折かと思いますが、多くのご参加をお待ちしております。元水さんに次回の駿棋会の
日程を確認したら、未確定ながら4月1日の予定とのことなので、3月の香龍会は18日(日)に
開催します。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

1月7日(日)の香龍会案内

2018年01月03日 | 詰将棋
 年が明けてまだ数日しか経っていませんが、来週の日曜日は1月の香龍会開催日です。右側に
あるこれからの開催予定にも掲載していますが、再度案内を載せておきます。

【日時】平成30年1月7日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)

 開催日は丁度3連休の真ん中という人も多いと思いますので、例会終了後は名古屋駅近くまで
出て新年会を行う予定です。もちろん例会のみの参加でも大歓迎ですので、多くのご参加を心から
お待ちしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年は年男

2018年01月01日 | 詰将棋

 今年は?回目の年男という当たり年なので、「当」の初形曲詰です。最後の非限定はご容赦
ください。ちなみに香龍会は昭和58年生まれの亥年です。
 1月はほぼ毎週末に会合が開催されますが、仕事やら親戚の結婚式やらで、今のところ香龍会も
含めて3つだけ参加する予定です。あとの2つは…内緒にしておきます。
 それでは、今年も香龍会をなにとぞよろしくお願いします。そして、ご都合がつけばぜひ一度
例会にもお越しください。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詰パラ1月号が到着

2017年12月29日 | 詰将棋
 今日、詰パラ1月号が到着しました。毎年1月号は少しだけ早く届きますね。

 〇期〇学に載っている選題の言葉も毎年1月の恒例となりました。もっともそのことを私が知った
のは、以前担当者ご本人から直接お聞きしたからなのですが。

 今回の重箱の隅は、とりあえず次のとおりです。
・キッズルームの今月の手数は3~5手詰とのことですが、6番以降は7手9手のような気が。
・平成30年度解答順位戦の「30」が寝ています。
・大学院の結果稿で「誤無ABC平均」が蜃気楼のように現れています。
・北村さんは1問だけ「札幌市」なのですね。
・なぜ青木さんだけゴシック体じゃないの。
いつも編集部のS藤さんすみません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第317回香龍会報告

2017年12月21日 | 詰将棋
【日時】平成29年12月17日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市東生涯学習センター 2階第1和室
【参加者】岩本修、内田昭、岡本正貴、鈴木康夫、関半治、堀内真、水谷創、元水信広、他1名
 (9名)

 今回はいつも使っている中村生涯学習センターの部屋が取れなかったため、場所を変更して
東生涯学習センターで開催しました。しかし同じ「生涯学習センター」でも指定管理者が違うためか、
部屋の鍵を借りる時間や返却後の手続きなど細かい点で異なっていて、ちょっと面食らいました。
 久しぶりに内田さんがお越しになり、推理将棋の検討を皆さんにお願いしておられました。しかし
Y岡さん、ではなく他1名さんが巧妙な余詰、ではなく余手順を見つけられました。余手順もなかなかの
順ですが、これを作意にしようとすると結構条件が複雑になりそうです。
 鈴木さんから、名古屋市内のとある子ども教室が来年の解答選手権初級戦一般戦を開催する
予定なので、香龍会が運営協力するほうの会場名を分かりやすい名前にしたいとのこと。そこで、
香龍会が運営協力するほうは「名古屋栄会場」という名前にすることにしました。さて、私は今度こそ
参加できるでしょうか。
 関さんがご自身の棋譜が掲載されている昔のジャーナルや新聞の切り抜きを持参されました。
早速盤駒を使って並べましたが、昔の棋譜でも関さんは「こうやっていれば…」と憶えておられるの
には感心しました。それにしてもジャーナルに掲載されていた関さんのお写真は若いですね。まあ
私も偉そうには言えませんが。
 水谷さんが詰パラ某コーナーのラスボスの作品が解けないということで、皆さんで考えてみました。
しかし持駒は山のようにあるものの玉の周りはほぼ無仕掛けだし、手がかりをつかもうとしても
1手1手に変化が山のようにあり、たとえ変化飛ばしをしたとしても全然詰む気配がありません。
さすが香龍会でもボスだけの作品ではあります。
 その間私は先月に引き続き年賀詰を創作していました。実は前日も夜遅くまで創作していて
結局3時間くらいしか寝ていません。とりあえず収束ほとんど余詰のようなキズがあるものの
何とかできましたが、もう少し何とかならないかポスト投函まで考えてみます。
 終了前に水谷さんがスマホ詰パラ用に作られたという作品を並べてもらいましたが、皆さんで
考えても簡単には解けません。そうこうしているうちに時間切れとなってしまいました。
 それでは、いつもと似ているようで少し違う背景で恒例の記念写真です。

前列左から岡本、内田、水谷、後列左から元水、堀内、関、鈴木の各氏です。
 私自身青春18きっぷが使える時期はいつもJR関西線を使って往復しているのですが、現在
亀山駅と柘植駅の間が先日の台風の影響で運転を見合わせておりバス代行輸送をしているとの
こと。調べてみると接続がちょっと悪いので、東海道線経由で少し遠回りして帰ることにしました。
そのため二次会には参加せずそのままJRの最寄り駅に向かいましたが、皆さんは二次会に
行かれたのでしょうか。
 
▼次回の香龍会(第318回)
【日時】平成30年1月7日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)
 次回からはいつもの会場に戻ります。3連休の真ん中という人も多いと思いますので、例会終了後
名駅近くで新年会を催したいと思います。ぜひ遠方からも近隣からもご参加をお待ちしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月17日(日)の香龍会案内

2017年12月13日 | 詰将棋
 来週の日曜日は香龍会開催日ですが、いつもと場所が異なりますのでくれぐれもご注意ください
右側にあるこれからの開催予定にも掲載していますが、再度案内を載せておきます。

【日時】平成29年12月17日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市東生涯学習センター 2階第1和室
    地下鉄東山線新栄町駅下車1番出口より北へ徒歩5分(新栄町駅は名古屋駅からだと地下鉄
    東山線の藤が丘行きに乗車して3駅目、運賃は240円です)
【会費】200円(学生無料)

 それでは、最寄り駅である新栄町駅から会場までの道のりを写真入りで案内します。

 名古屋駅からでしたら地下鉄東山線の藤が丘行きで3駅目の新栄町駅で下車し、後方の1番出口を
出てそのまま正面にある階段を上がってください。

階段を上がると案内の看板があり、交差点を右に曲がってそのまま真っすぐ進みます。

1つ目の辻もそのまま渡って進んでいくと、信号のある交差点に突き当たります。

横断歩道を渡り、右に曲がってしばらく進むと左側に東生涯学習センターが見えてきます。

東生涯学習センターに入ると右奥に階段があり、2階に上がります。(2階の平面図です)

廊下を少し進むと、中ほどの右側に和室への入り口があります。

中に入って左側の部屋が、会場の第1和室です。


 ここまで載せておきながら、私は当日青春18きっぷで行く予定なので、JRの最寄り駅である
千種駅から歩いていく予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駿棋会に行ってきました

2017年12月06日 | 詰将棋
 12月3日、駿棋会に行ってきました。
 青春18きっぷが使えない時期に駿棋会に行くのには、まず名古屋まで近鉄で向かい、そこから
券売機で豊橋までの往復割引切符を購入し、さらに豊橋駅の窓口で静岡方面へのフリー切符を
買うのが定番の流れになっています。しかし窓口で買わないといけない豊橋駅は窓口の数が少なく、
いつも並ばないといけません。しかもこの日は1ヶ月後である1月3日の切符を買う人で大混雑して
いました。結局切符は買えたものの予定していた列車に乗れなかったので、当初計画していた
東静岡駅前に新しくできたスーパー銭湯への入浴はあきらめ、そのまま会場に向かいました。
 会場での私は、ひとりで短コンの解図を行いながらときどき皆さんの会話に加わっていました。
 短コンは特に順番通りには解かず、解きやすそうな感じの作品から解いていきましたが、やはり
ここ最近解答から遠ざかっていたせいか変化が少し複雑になったり大駒が遠くから王手すると、
頭の中の盤面がぼやけてきます。それでも頑張って途中の列車内で少し解いた分も含めて20題
近く解きましたが、まだまだ先は長そうです。それにしても今回の短コンの順番はわかりやすい
ですね。(一瞬最初の1番を見て五十音順かと思ったのですが)さすがに真ん中である25番の
玉位置は5五ではありませんでした。
 ときどき会話に加わった内容としては静岡県在住や出身の詰キストの話題などがありましたが、
10名くらいお名前は挙がったでしょうか。ちなみに同じことを奈良県ですると、「闘鶏のあしあと」を
担当されていたY本さん、岐阜県出身の昔香龍会の常連で「鬼検討」と言われたS田さん、ちょっと
解きにくい作品を発表されていたF本さんがまず挙がります。それからいずれも故人で、詰パラ
入選700回以上のO田さんと、正解者なしの作品を発表されたT木さんくらいでしょうか。もちろん
他にもいらっしゃる…ことを期待しています。
 その他会場では先日の香龍会にお越しになった参加者Aさんと参加者A´さんとでプロパラの
問題を解いておられました。合間に競馬談義をされていましたが、さすがにこちらの話題には
ついていけません。初参加の小池さんや常連の横山さん、幹事の元水さんも面食らったのでは
ないでしょうか。
 そうこうしているうちに16時半前になり、新幹線を使わないで帰る私はお先に失礼しました。
 帰りの東静岡駅から久しぶりに富士山がきれいに見えたので撮ってきました。右側の写真で
右奥に映っている大きな建物が駿棋会会場のグランシップです。

 この富士山を初夢に見たいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詰パラ12月号が到着と、2月の香龍会

2017年12月04日 | 詰将棋
 遅ればせながら先週の11月30日、詰パラ12月号が到着しました。
 結果稿で「ルントラウフ」の言葉が多く出てきます。単に文字を見たイメージだけでは、「ルンルン」
言いながら「トラ」が「ウフウフ」と楽しそうに小躍りしながらくるくる回っているのですが、いかがで
しょうか。
 今回の重箱の隅は、とりあえず次のとおりです。
・38ページの原岡さんの短評で、文字が散歩しています。
・81ページの結果稿1番の手順で、20手目が抜けています。
・86ページのお名前が「竹園政孝」になっています。(もしこちらでも解答されている人が本当に
 いらっしゃったらすみません)

 続いて昨日駿棋会に行ってきましたが、その前に名古屋の中村生涯学習センターに立ち寄り、
2月の香龍会会場を予約してきました。
【日時】平成30年2月18日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)

 駿棋会への行ってきました報告は、後日行います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第316回香龍会報告

2017年11月30日 | 詰将棋
【日時】平成29年11月26日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
【参加者】岩本修、岡本正貴、小池正浩、鈴木康夫、関半治、桃燈、参加者A、鳥本敦史、堀内真、
 水谷創、元水信広、参加者A´(12名)

 当日は薄曇りながら雨は降っておらず、2ヶ月ぶりに台風の来ない日での開催となりました。ここ
最近香龍会以外でも10月の詰工房や先日の彩棋会も嵐の中での参加で、誰か雨男でもいるの
だろうかと思っていましたが、実は私が雨男だったかもしれません。
 鳥本さんが大道棋を並べている間、私は先月に引き続き来年の年賀詰を創作していました。しかし
1時間ほど盤駒をごちゃごちゃと触っていましたが、なかなか成案ができません。考えている字形が
結構大きくて盤面の駒を捌ききれないからです。字形を変えるか、いっそ来年の年賀詰をあきらめるしか
ないかもしれません。
 元水さんと岡本さんから全国大会スタッフということで、とある作品集をいただきました。(噂では
「凶器」になるくらいの重さとのことです)私は既に購入済みのため辞退したのですが、結局持って
帰ることになりました。
 鈴木さんから、詰将棋解答選手権初級戦一般戦に来年も香龍会が運営協力して名古屋会場を
開催することになりました。帰ってから思いついたのですが、こちらの賞品に今回いただいた作品集を
寄贈しようかと思います。
 その後水谷さんから数作新作を見せていただきました。その水谷さんは来年で詰パラ小学校担当を
卒業したいとのこと。どなたか再来年からの担当を希望する人がいらっしゃったらご連絡してください。
 先月も浜松からお越しになった参加者Aさんと、2ヶ月台風で来ることができなかったという松阪の
参加者A´さんと、関さんとで競馬談義が始まりました。もしここに三輪さんがいらっしゃって話に
加わったらいったい何の会合かと言われそうです。(すみません参加者Aさんと参加者A´さんについては
詰パラの会合案内ではいつものお名前で掲載します)
 それでは、途中でお帰りになった鳥本さんと、毎回遠慮されている参加者A´さんと、来週駿棋会に
行くご予定の参加者Aさんを除くメンバーで恒例の記念写真です。2回撮ったのですが、今回は諸般の
事情で2枚とも掲載します。(決して間違い探しではありません)



前列左から鈴木、水谷、堀内、後列左から桃燈、岡本、関、元水、小池の各氏です。
 二次会も久しぶりにいつものファミリーレストランに立ち寄りました。そこで小池さんから香龍会
作品集『翼』が詰パラの書籍情報から消えているとお聞きしたのですが、果たして完売したのでしょうか。
 
▼次回の香龍会(第317回)
【日時】平成29年12月17日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市東生涯学習センター 2階第1和室
    地下鉄東山線新栄町下車1番出口より北へ徒歩5分(新栄町駅は名古屋駅からだと地下鉄
    東山線の藤が丘行きに乗車して3駅目、運賃は240円です)
【会費】200円(学生無料)
 次回は場所がいつもと異なりますのでくれぐれもご注意ください。直近になりましたら例によって
写真入りで駅からの道のりを案内します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加