詰将棋の会合 香龍会

名古屋市で月1回開催している香龍会(こうりゅうかい)の情報や、各地に参加した会合のことなどについて、ときどき更新します。

第300回香龍会報告

2016年07月24日 | 詰将棋
【日時】平成28年7月23日(土)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
【参加者】岩本修、岡本正貴、加藤徹、関半治、桃燈、鳥本敦史、服部彰夫、堀内真、元水信広
 (9名)

 区切りとなる300回、関さんが早速お越しになりました。実は13時15分から麻雀の約束が
近くであるけれど、名簿にお名前を載せるためだけにお越しになったとのこと。本当に感謝です。
300回記念用の作品を現在創作しているということで少し見せていただきましたが、収束が
うまくまとまらないとのこと。これを機に創作へ本格的に復活されることを期待しています。
 加藤さんから先日行われた全国大会の写真をパソコンのスライドショーで見せていただき
ました。私も全国大会にはもう20年くらい参加していませんが、見ていると臨場感があり本当に
参加したような気分になりました。さらに堀内さんからは当日配付された資料などを見せて
いただきました。
 そして岡本さんからも300回記念用の作品を見せていただきました。盤面玉と香と龍だけの
作品で、香龍会作品展にぴったりです。あとは元水さん「3」のあぶりだし曲詰よろしくお願い
します。
 それから岡本さんと記念合宿のこと、元水さんと来年の全国大会のことについて話し合い
ました。詳細は後日報告したいと思います。
 服部さんから次回同人室用の作品を見せていただいた後、加藤さんから簡素図式からの
中編作品を見せていただきました。簡素図式とはいうものの持駒に飛び道具があり、広い
ところに追い出してからの変化紛れが多くて、もしこんな作品が解答選手権チャンピオン戦で
出題されたら面白いだろうなあといった感想でした。
 それでは、関さんはいらっしゃいませんが恒例の記念写真です。 

前列左から加藤、岡本、服部、後列左から桃燈、鳥本、堀内、元水の各氏です。
 二次会は300回ということで本当は小宴会でもと思っていたのですが、アルコール摂取が
出来ない人も多いので、いつも通りファミリーレストランでドリンクバーと一品をつまんでの
詰将棋談義でした。(堀内さんはアルコールが欲しそうでしたがすみません)

▼次回の香龍会(第301回)
【日時】平成28年8月14日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)
 8月14日の次は、9月11日(日)に開催します。

 香龍会が300回を迎えることができたのは、今までの参加者や世話人をはじめ、香龍会を
応援していただいた皆様があってのことで、改めて感謝したいと思います。これからも名古屋で
月一回開催している香龍会をなにとぞよろしくお願いします。そして、詰将棋が好きな人はぜひ
ご参加をお待ちしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月23日(土)の香龍会案内

2016年07月20日 | 詰将棋
 全国大会も終わり、まだ興奮冷めやらぬうちかと思いますが、次の土曜日は第300回となる
香龍会の開催日です。今回はいつもと異なり土曜日の開催ですのでご注意ください。右側にある
これからの開催予定にも掲載していますが、再度案内を載せておきます。

【日時】平成28年7月23日(土)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)

 当日に9月の部屋の予約を行いますが、第1希望を11日(日)で考えています。こちらについて
ご意見等ありましたらコメント欄で連絡をお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

欠席届

2016年07月16日 | 詰将棋
 今日はたこ研、明日は全国大会ですが、いずれも欠席します。
 「各地に参加した会合のことなどについて、ときどき更新します。」と書いておきながら、会合には
参加せず、ときどきの更新すら行っておらず、まことに申し訳ありません。
 しかし香龍会にはぜひともお越しください。(図々しいお願いですみません)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

彩棋会に行ってきました

2016年07月03日 | 詰将棋
 その前に詰パラ7月号の重箱の隅は、「8月21日だと日曜日ですよ。」もしかしたらその日は
会合が3つばかり重なるかもしれませんが、果たして私はどの会合に行くのでしょうか。もしか
したら複数行くのでしょうか。それともどこにも行かないのでしょうか。(実はもう答えは決まって
います) 
 さて、昨日の7月2日、彩棋会に行ってきました。
 またまた話はそれますが、参加する前の午前中、留萌本線に乗って終着駅まで行ってきました。

ちなみに駅名は「ましけ」と読みます。

実は今年の12月に一部区間が廃止になるとのことなので、最後のお別れに乗ってきました。
 その後バスで日本海をさらに南下して札幌に向かいました。
 北海道将棋会館に入ると、二階への階段に「関係者以外立ち入り禁止」の看板が。はてどうした
ものかと思っていると高野さんが来られて、私たちも関係者だからということで向かってみました。
するとどうやら13時までの将棋教室用の看板だったみたいです。13時前に将棋教室は終了し、
その後彩棋会メンバーが集まりました。
 足を骨折されたという幹事の佐藤さんもお元気そうで一安心しました。いつも私は「旅費の足しに
してください」ということで参加費が免除になるのも恐縮です。
 今回の課題は前回に引き続き「攻方の作意手順に駒取りのある作品」とのことで、前回は2作しか
集まらず、うち1作は余詰だったので、正直今回も作品が集まるかどうか心配していたのですが、
どうやら作品展は開催できそうです。
 某氏の作品は変化に好手があるものの、作意はウーンといった感じなので、みんなでいろいろと
改良案を考えてみましたがその場での成案はちょっと無理ということで不採用となりました。もし
こんな作品が解答選手権に出たらみんな筋のいい変化手順ばかり答えてしまうかもしれませんね。
 その後は北村さんや須藤さんの新作をみんなで考えました。それにしても私自身最近どうも読む
力というか、これは詰み形というか、そんな感覚がなくなってしまい、数手で詰む局面でもウーンと
考えている有様です。
 では、高野さんが帰られる前に記念写真です。

左から須藤、松田、高野、佐藤、北村、國好の各氏です。
 その後は佐藤さんと作品収集についての話題になりましたが、すみません昔からあまり新聞とか
読まないので、ナントカ新聞とか言われても私にはよく分かりません。
 17時前に解散となり、私は翌日(つまり今日)仕事上の自宅待機のため飛行機で帰途につきました。
 次回は11月開催予定で、課題は「17手以下の作品」とのことです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日の詰工房は欠席

2016年06月26日 | 詰将棋
 本日詰工房が開催されていますが、午前中仕事だったのと、風邪気味なのか少し微熱もあり、
尾籠ながら朝から何回もトイレに行ってるので、自重しておきます。本当は全国大会前日に
開催されるたこ研について確認したかったのですが。
 その全国大会ですが、早くも来年中京地区で行う予定の会場がほぼ確定したみたいです。
詳細は後日報告します。
 そういえば香龍会300回記念合宿のことも考えないといけませんね。個人的に今考えている
のは秋ごろの土日で、夜はどこかの旅館や民宿などの温泉で癒されるのもいいかなあなんて
考えています。私の住んでいる奈良を案内してもいいのですが、皆さん奈良に興味なんてあるので
しょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第299回香龍会報告

2016年06月21日 | 詰将棋
【日時】平成28年6月19日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
【参加者】岩本修、関半治、桃燈、服部彰夫、堀内真、水谷創、元水信広(7名)

 名古屋に来たらときどき駅などで食べているきしめんですが、家へのみやげに買おうと午前中
スーパーに立ち寄ったら、何と作っているのは大和郡山市にある工場で、少し驚きました。
 当日は朝からずっと雨模様で、その影響かいつもよりちょっと少なめの参加者数でした。しかし
私自身は久しぶりにゆっくりと詰パラを読むことができ、噂の○手詰も見つけることができました。
 盤駒についてはいつも内田さんが3組ほど持参されて、私は荷物の都合で1組しか持参しま
せんが、ここ最近内田さんがお越しにならないということで、服部さんが1組持参されました。
 その服部さんは新作も数作持参されたので、堀内さんを中心に解図しました。いつもの服部流
よりかは少し読みやすいものの、香龍会で並べるには丁度いいレベルではなかったでしょうか。
 その後詰将棋規約の話から、詰棋界に関するいろいろな昔話、そのうち学校の先生の話題
などで盛り上がりました。(詰棋校ではなく本物の学校の先生のことです)
 そして、久しぶりに水谷さんがお越しになりました。指し将棋か何かの合間ということで、ご自身の
順位戦向けの作品を見せていただき、30分ほどで退席されました。
 その後桃燈さんの作品などを観賞したり、服部さんから携帯電話でのクイズのアプリなどを
教えてもらって楽しみました。
 それでは、水谷さんは途中で退席されましたが、残りのメンバーで恒例の記念写真です。

左から元水、服部、桃燈、関、堀内の各氏です。
 二次会では詰将棋の規約などについて引き続き熱い議論?が行われました。

▼次回の香龍会(第300回)
【日時】平成28年7月23日(土)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)
★次はいよいよ300回ですが、いつもと異なり土曜日の開催ですのでご注意ください。7月23日の
 次はお盆の8月14日(日)に開催します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月19日(日)の香龍会案内

2016年06月15日 | 詰将棋
 参議院の選挙日程も確定し、私自身7月8月の土日の予定もほぼ埋まりつつありますが、その
前にある6月の香龍会例会も忘れてはいけません。右側にあるこれからの開催予定にも掲載して
いますが、再度案内を載せておきます。

【日時】平成28年6月19日(日)13時~16時過ぎ
【場所】名古屋市中村生涯学習センター 3階第2和室
    地下鉄東山線本陣駅4番出口南西300メートル
    (本陣駅は名古屋駅からだと地下鉄東山線の高畑行きに乗車して2駅目、運賃は200円
    です)
【会費】200円(学生無料)

 当日に8月の部屋の予約を行いますが、第1希望が14日(日)、第2希望が今年から祝日となる
11日(木)で考えています。こちらについてご意見等ありましたらコメント等で連絡をお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次回駿棋会の日程

2016年06月12日 | 詰将棋
 元水さんからメールがあり、次回の駿棋会は7月31日(日)JR東静岡駅近くにあるグランシップ
1201会議室で開催するとのことです。
 駿棋会に行くとグランシップ10階にある展望ロビーから富士山が見えるかどうかも参加の
楽しみにしているのですが、私自身ここ2回ほど疲労やら仕事やらで参加できていないので、
果たして次回は参加できるでしょうか。そして富士山は見えるのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坂東市の詰め将棋モニュメント

2016年06月02日 | 詰将棋
 茨城県の坂東市にある詰め将棋モニュメントに作品が採用されたとのことなので、先日の詰
工房に参加する前の午前中、東武野田線の愛宕駅から路線バスに乗って見に行ってきました。
 バス停を降りてモニュメントはどこかなと下を見て歩いていると、ありましたありました。
 
近付いてみるとこんな感じです。

しかし砂がマス目の隅についていたりするので、きれいに見るには小さな箒か掃除機を持参した
ほうがいいかもしれません。また、当日は晴れていて少し暑かったせいか、中の水蒸気が水滴と
なってガラス裏面についていたりするのと、太陽がガラスに反射してなかなかうまく写真が撮れ
ません。
 他の作品も紹介したかったので、「どうしたもんじゃろのー」と思っていたら、郵便局前の
掲示板に全作品が紙に印字して紹介されていたので、そちらを撮ってきました。
 
 
 
 
 
 自作は投稿した2作とも採用されていました。ちなみに3番は一応A→Bの立体曲詰です。
(本当はBANDOU市にちなんでB→Aにしたかったのですが) 
 もし今後投稿してまた採用されたら、今度はLEDライトが光る夜に行ってみたいと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

詰パラ6月号が到着

2016年05月31日 | 詰将棋
 昨日、詰パラ6月号が到着しました。帰りも遅かったし、今も職場に行く前なので、簡単に目に
ついた重箱の隅を。

・10ページの「ヨチヨチルーム正解」
・21ページの「田慎一」
・28ページの「本誌に初入選した作家」にI川清文さんのお名前がありますが、実は結果稿で
 入選14回に訂正されています。

 このブログでも結構入力誤りがあるのにスミマセン。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加