シェフのつれない日記
 



9月に入り、お店の解体工事が始まりました。
なんだかんだあって、解体は大工さんがやってくれる事になり、自分達は解体しなくてもよくなりました。

その間、ガス屋さんとお話したり、厨房機器屋さんと打ち合わせたりしておりました。
まだ電話でのお話でしかありませんが、薪ストーブ屋さんにお店を見て頂くことになっております。
やはり、火事や一酸化炭素中毒など、薪ストーブ屋として、責任がかかる仕事になるので、自分が考えているような事は出来ないかもしれません。

北海道の家には集合煙突というものが有ります。(最近は無い家もある)
雪の降らない地域に行くと屋根の上に煙突が無い事に驚いたものである。
(自分が知らないだけで煙突が有る地域もあるかも)

ネットで調べても中々出てこないのですが、




その集合煙突に薪ストーブをつないで良いものかどうか。




灯油ストーブの使用を考えていたであろう集合煙突に、薪ストーブの煙突を差し込み使っていた経緯がある。
今は壁に穴を開け、メガネ石を付けて、1層の煙突を外に出している。
1層煙突は、安いから経済的にはいいが、うちの環境では2カ月に1回程度の掃除が必要だ。
1ヶ月に1回の掃除の方が更によいだろう。

燃えてるんだから大丈夫と思っていたある日、突然逆流したりするのである。
今の家は築28年位かな?
それでも機密性が高いのですね。

薪ストーブに火を付けたばかりの時に換気扇を回すと、逆流したりする。
換気扇を止めれば済むが、料理をしている時はそうもいかない場合がある。
そんな時は、真冬だけど窓全開!!
それで解決するのだが、店は別だ。

換気扇は常に回しっぱなしになるだろう。
でもきっと隙間風が凄いだろうと思う(築50年)。
吸気はいっぱいありそう(笑)


業者さんに完全施工を頼むと3ケタの万になりそうです。
でも自分でストーブを用意し、集合煙突が使えれば、かなり安く済みそう。



どうなるかなぁ。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ちょっと明けちゃったんですけど、本日、9月1日よりArtigianoの元となる、築50年の中古民家(と名付けた(笑))をいじって良い事になった。
壁を抜いたり、床をはいだり、壁を塗ったり。
自分で行う予定です。
あすからやっていこうかなと。
そこで、あんまり見られてないだろうブログに参加者募集の記事をアップしようかと思いまして(笑)

まだ会社に在籍中につき、いろんな諸事情があり、大々的に募集もできず、誰も見てないブログなら良いかと。


具体的に何をするかと言うと、

・解体
 床と壁を壊す!!

・屋根の塗装
 塗ったくる!!

・外壁の塗装
 これまた塗った来る!!

てな感じ。
ですが外壁はまだ何にするか決めれてないのです。
   
とまぁ、お手伝いいただいた方には営業始まった後のサービスという形でお返ししたいと思ってます。
もしそんな心優しきお方がいらしたら、このブログのメッセージに一報いただければ、こちらからアクションおこします。





こんな感じの中古民家なんですが、結構気に入ってます(⌒▽⌒)






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




このブログで音楽の事を書いた事は一度もないような気がするが、ちょっと書きたくなった。

自分の中で音楽というのは、香りと同じ様に、その当時の事と結び付け記憶しているようだ。
中学生頃だと思うが、とある大型スーパーの福引で、CDラジカセが1万円で買えるというのが有った。
お年玉を握りしめ正月から並び手に入れたのである。
それから音楽にお金を使うようになったと思う。

それと同時に漫画にもお金を使っていた。
そんな感じだったからか、昔聞いていた音楽を聴くと思いだす思い出は、漫画だったりする。

昔の事はあまり覚えていないが、今はyoutubeという便利なものが有り、簡単に思い出に浸る事が出来てしまう。



鈴木彩子 HELP


この曲のCMをTVで見た時はかなりの衝撃を受けた。
このハスキーな声。
この歌詞。


かっこいい


当時中学生だった自分の心にズドン!と来た。
直ぐにアルバムを買いに行ったものだ。


こうして書いてる最中も手を止めて魅入ってしまう程である。
このヘルプという曲が入ってるアルバムのタイトルが『BORO BORO』というものであった。
このアルバム以外も購入した記憶があるが、これを良く聞いていたんだと思う。

今はもう活動をしていないのかもしれないが、なんか懐かしくて、書きたくなってしまったのである。



もうこんな曲は聞けないんだろうなぁ。





※追記

 書き終わった後にネットをウロウロしてたら、ブログとHPを発見。
 たまインディーズで活動してる様です。
 失礼っしました!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




平仮名で書くとよく分からないが、いわゆる『target="_blank"』の事である。

ターゲットブランクとは、簡単に言うと、新しいタブ(ウィンドウ)で開く事。

となると思う。
余り詳しく話そうとするとボロが出るのでやめておこう(笑)

ホームページやブログをHTMLでいじってる方はご存じだと思います。
自分は写真を載せる時に良く使います。

普段からネットを閲覧する時、右クリックして別窓で開くという作業をしていますが、画像やリンク先にtarget="_blank"をちょこっと入れるだけで、左クリックすると勝手に新しいタブで開くんです。

いやだという人も中に入るでしょう。

自分も10年くらい前はいっぱいウィンドウを並べてネットを見てましたが、たまにフリーズするんですよねぇ(笑)
でも、いまのPCは性能も上がって、フリーズなんて滅多にないでしょう。
なのでワンクリック(こう言うと詐欺みたいだな)で別窓で開いたほうが便利なのかと思います。

最近のブログ作成の中身(gooしかほぼ知らない)を知らないので何とも言えませんが、覚えておくと便利な事かと思います。
閲覧していて、画像をクリックし、ページが画像に飛んだ後、ブラウザの戻るボタンを押せば元には戻るのですが、画像ならいいけど、リンク先などは二つ並べて比較したい!
なんて時もあると思います。






あれ?

 ・

 ・

 ・






でも




それって




見る側が右クリックして新しいタブかウィンドウかを選べば解決するんでないかい?



ということで、実のない話でございました(笑)






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







アウトドア(全般)ランキングへ




『猟友会 安全狩猟射撃大会』確かそんな名前だったと思う。




に参加してきました。
この大会は簡単に言えばクレー射撃の大会ですね。
自分の所属する支部の更なる枝分かれで、部会となりますが、その部会ごとの上位5名の成績で争います。
自分の部会は7名の参加でした。
実はこの大会、自分の所属する部会がずっと勝ち続けているようなのです。

確かに皆さん上手なんですよねぇ。
そんな部会にたまたま住んでいる所で分けられるがために、優勝させていただき幸せでございます。


そうなんです。
今年も優勝でした(^_^)v
自分は部会の中では最下位でしたが、全体で見ると中の下って所か。




年齢別に個人戦も争われるのですが、入賞ならず。
若い人は反射神経(こらっ)の問題なのか上手い人が多いようです。


競技内容は

5mトラップ射撃 20枚(一番上の写真)


↑10mトラップ射撃 10枚


↑スキート射撃 20枚

の合計50枚のクレーを落とした数で争われます。
通常のクレー射撃とはルールがちょっと違うと思うのですが、大きく違う点があります。

それは、オレンジ色のクレーに混じって白いクレーが飛び出す所。
その白いクレーを撃ち落とすと減点となります。

さすが猟友会。
ここにも安全狩猟射撃大会の安全面を考えている部分が見えます。

一瞬の判断で獲物か人か?
判断つかないようでは困りますからね。



この次はライフル射撃の大会もあります。
今シーズンも事故の無いように頑張ろうと思います。







にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへぽちっとな






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







お盆休みに入って直ぐに、ヒデさんとドミーさんと3人で釣りに行ってきました。
もう一人参加できるか微妙だったのですが、呑まれてしまったようです(笑)


この時期は川に佇んでも暑い!
ウェーダーを脱いで海パン履いてやってやりたくなるぐらいである。
実際は怪我するのが目に見えているのでやりませんが(笑)

この川のこのポイントは1度入渓すると10時間以上は掛るポイントらしいです。






そして、この日はサイズに恵まれませんでしたが、そんな中ドミーさんがやってくれました。
自分はこれが限度(笑)




30センチぐらいのニジマスですが、引くしジャンプするし、中々楽しませんてくれるニジマスでした。
ここの川は比較的元気な魚が多いようです。
その後もヤマメやニジマスを飽きない位に釣る事が出来ました。

しかし、ここにはでかいのが!って所に限って何の反応もないのです。





どこに行ってしまったのでしょうかねぇ(+_+)



そんなこんなで10時間の苦行も終わり、脱渓ポイントから車で入渓ポイントまでの移動中
































出会っちゃった











見た目は可愛い小熊ちゃん。




しかしながら、小熊を見たら近くに母熊がいると思え!と言われるように、絶対近くに居たはずです。
サイズから見て、今年産まれたばかりの個体のようでしたので、写真を撮っている間いつ出るかいつ出るかって待ち構えていたと思います。
なるべくならそっとしておいてあげたかったのですが、一同生熊は初めてで、若干興奮してしまいました。
車の中以外では会いたくないものです。
皆さんもこれからお気を付けて。
出会わないようにする努力が必要です。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







人間で言うと50代らしいが、かわいさは全然変わらない。
ちょっと動きが遅くなったかな?
という程度。
一緒に釣りに行ったりキャンプしたり、りんは楽しんでいるようです。

最近は鹿ジャーキーがお気に入り(⌒▽⌒)




おねだりしております(笑)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前々回の投稿で、もうひとつ死ぬまでにやりたい事が達成できそうだと言いましたが、今回はその達成できそうな事のお話をちょっと。


ブログタイトルの通り、私は調理人でありまして、思い起こせば16歳のアルバイト時代から包丁を握っておりました。
途中ぜんっぜん違う仕事を3カ月ほどしましたが(いい経験をさせていただいた)、20年間ほど調理の仕事に携わってきた訳です。

若い頃はビールが苦手で、カクテルが大好きでした。
そんな時思い描いていたのは『レストランバー』でした。
今なら違う言い方が有るかもしれませんが、簡単に言うとカクテルメインのレストランですね。


今にして思えば人には恵まれてきた人生だったなぁと。
(最期を迎えるわけではないですよぉー)
高校卒業して、札幌に行こうと思い、卒業後3ヶ月間休みなしで、佐川急便の夜中の荷降ろしをして、札幌引っ越したその日に、アルバイト情報誌の金額に目が眩み、面接→単独帯広(現地清算)→不安を隠し現地会場へ→担当者に来ないかと思った(笑) と言われる冒険を経験。
その会社に入ったおかげで、仙台行ったり、秋田、山形、青森など東北を仕事として行く事が出来た。
北海道もある程度回ったなぁ。
3ヶ月たって、1ヶ月の夏休みが有り、地元に戻って彼女が出来て出張したくなくなり、(若い!と思うが今の自分には担当者さんの気持ちが痛いほどわかる(涙)退職。
札幌市白石区のむらさきという居酒屋に店長候補(接客業務)で入り、後から来たおじさまに候補の座を奪われ(この時まだ18歳。当たり前か(笑)転職。

因みに1週間の出来事。

この頃はまだホールと厨房と行ったり来たりしていたので、調理人になるかどうかは考えていなかった。
ホールの仕事も十分楽しんでいた。
むらさきを退職する直前に、厨房の人から手伝ってくれと言われ、厨房の中に入り、包丁を使う事になった。

今思えば、その方が自分に進むべき方角を教えてくれたんだと思う。
有る程度包丁を扱える自分を見て、調理師になれば?
紹介するよ!と声を掛けてくれたのである。

そして紹介してもらった先の親方から自分の人生が始まった気がする。
その親方が今後の人生を決めたといっても過言ではないかもしれない。

なんせ、親方に出会って親方の紹介でいろんな店を渡り歩き、吸収し、勉強させていただいた。

面倒だからお店の名前を時系列で書いちゃおう(笑)









旭川の居酒屋 ダイメックスグループ(高校2年半のバイト)

      ↓

佐川急便荷降ろしバイト

      ↓

ビッグアロー(色々な場所での展示即売)

      ↓

居酒屋むらさき
    
      ↓

なんちゃら居酒屋 ごまてい (名前と感じが・・・わからん!今は無い。某有名な会社が親会社)

      ↓

シェラトンホテル札幌31Fフレンチレストラン(入った当時は札幌パレスホテル 今も名前は変わってるみたい)

      ↓

リストランテブルーチューリップ(イタリアンレストラン)(道路拡張につき別名で移転)

      ↓
  
札幌に出店してたダイメックスグループ VINOという居酒屋(今は無いがビルだけは名前が残ってるみたい)

      ↓

pastaにんにくとまと(パスタが豊富なレストラン)

      ↓

スープカリィ ティスト(当時流行ってたスープカレーを今いる会社で出していました)

      ↓

現在の会社







となるんですよねぇ。
現在の会社は10年位になりますが、それぞれ3年から短くて10ヶ月、3ヶ月って感じでした。
自分としてはスキルアップの転職と思っていたので、何にも考えていませんでしたが、今人事を担当する身としては、入社させるのに悩む人材ですよねぇ(笑)
ただ嫌で辞めてきたのか、考えが有ってのことかってね。


『ごまてい』で親方に出会い、シェラトンを紹介してもらい、ブルーチューリップは自分が食べ歩いていた時、ブルーチューリップのステーキのソースに惚れて入れてもらった。
3年ぐらいいて、すすきのというのを味わうって事で転職したが、肌に合わず、にんにくとまとへ。
ブルーチューリップで基礎をしっかり学べたので、にんにくとまとではストーブ前に立たせてもらい、メインをやらせていただいた。
そろそろと考えていた時に今の会社の社長を親方に紹介していただき、スープカレーを。
1年半ぐらいで閉店しちゃって、今の会社に。(親方とシェラトン、にんにくとまと、今の会社の窓口等は調理師学校の同級生だそうです。そしてブルーチューリップとにんにくとまとのオーナーは地元の同級生)
簡単に言うとこんな感じだな。









で?

なんだっけ?















本台を忘れてしまう所だった(笑)















ごまていに居たときにレストランバーを夢見て、ブルーチューリップに居た頃からは、自分のレストラン。
そして今の会社の10年間で、色々経験させていただき、



今の考えは・・・















BAR






バーではない。バールと読んでほしい。
スペインではバルと読むか。
イタリアンを目指すので、バールです。













創作イタリアンBAR Artigiano




そうさくいたりあんばーる あるてぃじゃーの


そんな名前にします。













なにがだよ!









という突っ込みが聞こえてきそうです。



そうなんです、わたくし、この度死ぬまでにやりたい事の一つ、『自分の店を出す』が達成できる算段になりました事をご報告させていただきます。
オープンは今年の12月。
日付はまだ未定。
詳しい情報は今後発信していく事とします。


そして、この機会に対して見られていないブログを変更しようと考えました。
がしかし、今年の10月で10周年なんですよね、このブログ(笑)
更新自体してない期間もありますが、やはり続けていこうかと思いました。
過去の事を遡ろうと思えば見れてしまうわけですが、後ろめたい事や人に言えないような恥ずかしい事はしてきていないつもりなので、今はこの『シェフの釣れない日記』を、『Artigiano』の公式ブログとしようと考えております。
今後過去の記事とかが支障をきたす場合はその都度対応していきたいと思います。(←この辺の言い回しとかは今の会社に居なかったらしないな(笑)良いのか悪いのか(⌒▽⌒))


さてさて、ブログネタを得たシェフとしては、頑張って(頑張らないと書けない)記事にしていこうと思います。



それでは!!









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )











1ヶ月前になるが、今回は毎年の行事でもある、10年来の釣り仲間との釣りキャンプである。
狩猟を始めてからというもの、釣りに対する情熱が薄れてきてはいるものの、実際やると再燃するのである。

今回はキャンプも兼ねており、何を作ろうかうれしい悩みを抱えながらの準備であった。
こうゆう楽しみってものは、準備が大事だし、準備段階が楽しみの半分以上を占めている気がする。

今回行ったのは、毎年必ず訪れる川で、湖の上流がいいポイントの川である。
良い魚がいる所というのは、羆さんの行動範囲の様な気がします。
この川もそう。
自分は見てないが、仲間はニアミスだったらしい(怖)


そんなyamadaさんの大物ゲットの瞬間。




動画が横向きのまま再生になってしまったが、でかいですねぇ。
良いですねぇ(⌒▽⌒)



そして自分の一番。



ランディングネットが小さいという事で、この写真にはクレームが来てしまいました(笑)



そして










ファイトの様子を動画でお楽しみください(笑)






その後のおちゃめなヒデさんや





さすがのドミーさん。



この川のポテンシャルは凄いです。
セミの時期の面白さと言ったらたまりません。
毎年必ず一回は行きたいものです。

ですが、個人的な話なのですが、来シーズンは行けるかどうかわかりません。
忙しそうです(笑)

そんな話は次回にしておきましょう。








どこを切り取っても様になる川ですねぇ。






にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
ぽちっとな




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )








誰も以前の投稿の経過報告なんて気にしてないでしょうが、勝手に報告します(笑)


以前、

~~~~死ぬまでにやりたい事~~~~

・スカイダイビング
・自分の店(飲食店)を出す。
◎結婚する(2度ほど達成済み)
◎子供を作る(2人ほど作成済み)
・子供にサッカーを教えたい(なでしこか、新たに男の子作るか?)
◎自分の家が欲しい(マンションだがあるにはある。)
・フライで大物を釣りたい。
・ハンティング(猟銃)がしたい。
・キャンプ場のオーナーになりたい。



という目標が有ったのですが、3年半経って追加で2個達成しております。

・子供にサッカーを教えたい(なでしこか、新たに男の子作るか?)



・ハンティング(猟銃)がしたい。


です。
なんと見事に男の子が出来ており、すくすくと育って5ヶ月がたちました。
そして狩猟はご存知の事。

更には年内にもう一つ達成できそうです!
・フライで大物を釣りたい。
ではありませんよ(笑)
この目標は永遠に達成できないと思います。
上を見たらきりが無いですからね(⌒▽⌒)


さぁ目標に向かって頑張っていこう!!


にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
ぽちっとな





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )








先日の駆除の日、自分が所属する猟友会の○○市支部の支部長が交替になった。
以前の支部長はだいぶ高齢のようだった。
次の支部長はなんと我が部会の部会長!!
私の師匠(勝手に言ってます)である。

前から決まっていたのかと尋ねると、なにやら選挙で決めるらしい。
あんまりいい話を聞かない猟友会だが、私のいる支部にもいざこざ?が有ったようで、
師匠は、

『私に協力をしてほしい。今までの事は忘れ、ノーサイドで行きましょう』

って挨拶をしていた。
何が有ったか聞く事はしなかったが、師匠と話をした時、変えるのだと一言。
変えたら俺はおりる。
若いもんがやればいい。とゆう様な事を言っていた。

そして部会長はお前がやれ!と(笑)
まだ一年目のペーペーですが?(*_*)

まぁこの先って話ですよね。
良く思ってくれているんだと思い少し感動しました。

これから鹿の駆除も始まってくるので、しっかりと学びたいなと思った日でした。




にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )








皆さんが思うハンターの姿ってオレンジのベストを着たお爺さんでしょうか?
自分はそう思っていた。
要請が有って害獣を処理する。
そんなボランティア的な存在。
しかし、年齢はいっているんだろうが動きは相当若い。
お爺さんというのは語弊があった(笑)

どこかでハンターは儲けている!と思っている方もいらっしゃるかもしれません。
でもそれは猟を生業にしているごく一部の人だけだと思います。
実際には、本業を持って趣味の延長で駆除をしたり、趣味として狩猟を楽しむ。
そんな感じ。
そんなに簡単に獲れませんしね。

今年から有害駆除の隊員(自治体から証明書を貰います)になったわけですが、狐の駆除にはたくさんの人が集まります。
7時半集合となっているのですが、早い人は日の出からパトロールします。
自分も勉強のためと思い、早い時間から出るようにしています。

そしてこれから鹿の駆除が始まります。
1発撃ったらラーメン1杯分が飛んでいく(笑)
そんなことを言っていた方を思いだした。
当たっても当たらなくてもラーメン1杯かぁ。。。


うちの部会もそうですが、自分と同じ思いの方が何人もいるようで、同年代が結構居ます。
ベテランの技術を吸収しないといけないなと日々思っております。


にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


今日初めて駆除に参加しました。
去年の駆除には間に合わず、この四月からのスタートとなっていました。

今回はキツネの駆除。
映画などの影響で可愛いイメージがあると思いますが、キツネはエキノコックスの媒体者なのである。

エキノコックスとは何ぞや?という方はクリックしてみてください。

全てのキツネが宿しているとは限らないとは思いますが、人が寄生されると厄介なようです。
年間20名ほどが寄生されているようです。


駆除の仕方は詳しくは割愛しますが、簡単に言うと勢子と呼ばれる者と、待ちと呼ばれる者とに分かれて行う巻き狩りというもの。
待ちはキツネが出てくるのは待っていて撃つ。
勢子は大きな声を発しながら、横一列でスピードを合わせながら追っていく。
キツネがいれば追われて待ちの方にやってくるって事ですね。
で、今日は初めてでしたが、勢子をやらせていただきました。
持論ですが、最初に辛い思いをしておけば、後が楽だ。
ということで、藪を漕ぎながら追いたてます。
自分の目の前を横切った時もありましたが、待ちがどこにいるかよく分からず、撃っていいのかどうか悩んだので撃ちませんでした。
悩んだ時は必ず撃たないようにしています。

今日は全体で6頭だそうです。
総勢50名くらいの参加者がいました。
皆さんお年を召していらっしゃいますが元気ですね(笑)
自分はヘロヘロでした(⌒▽⌒)



これを書いていてふと思ったのだけど、きっとかわいそうと思っている人がいるんだろうと。

一応今は、ヒトが食物連鎖の頂点にいるわけで、動植物を獲りすぎて絶滅に追いやったり、動物の頭数の管理もすれば、駆除もする。
それがトップとしてやっていく時代なんだろうなぁと。
人間がトップではなかった時代は、人間を誰かが管理してたんでしょうか?
きっとしてないと思うんですよね。
そこまで他の生物に知能は無かったと思います。
人間が進化して生き残っただけ。
生き残っただけと簡単に言いましたが、簡単な事ではなかったはずです。
もしかしたらマンモスとかにやられていたかもしれない。
そう考えると過去に絶滅していった動植物はしかたのない事なのではないかと思ってしまいます。

保護しようという考えを持っていなかった時代には、何種類もの動植物が絶滅していったんでしょう。
でも今の時代のヒトは、今いる種を残していこう!という考えのもと取り組んでいる。
そもそも人間が弱肉強食の世界から勝ち残ってきた事を考えるならば、生かす事も殺す事も容易いこと。
やる気になれば生きもの全ての命を絶つことだってできるはずです。
人間を止める事が出来るのは人間だけなのでしょうから、反対の意見が有って然るべき。と思います。

でも何をもとにかわいそうだとか、殺すな!だとかを言っているのかを考える必要があるように思います。
自分としては人間がトップである以上、人間を守りたいです。
もっと小さく言えば家族を守りたいです。
ハンターになったのはそういう事も考えていたからだと思います。



自分の家のそばに熊が出てきました。


どうするか?


人を襲うかもしれません。でも襲わないかもしれません。それは事が起きてからしか判断できません。
人間の判断として、何が正しいのか。
自分としては家族を守りたいです。

それでも、そこまで考えてもかわいそうと思うなら、どうしようもないです。もう人間をやめるしかないですよね。
家族を守る事よりも、動植物の方を守りたいっていうなら。。。
対象の動植物になって人間との架け橋をしてくれると助かりますよ。
言葉が通じませんので、そこには重要な役割があると思いますよ。


ただ、ごく一部では悪い人間がいるのも確かです。
絶滅の危機に瀕しているシロサイがいますが、シロサイの角を獲る輩がいます。
これなんかは悪でしかないですよね。
欲しがる人間がいるから獲るんだと思いますので、欲しがる人も悪ですよね。
絶滅に瀕しているかどうかに関わらず、ファッション目的とかの毛皮もそうですよね。
ただ、毛皮を取るために飼育されている動物もいるんでしょうから、言い出したらきりが無いんですが。
こうゆう所に何故そんな事をするのだ、やめろ!
というのは筋が通っていると思います。



寄生虫を持っていて、人間に害を及ぼす危険があるから駆除をする。
人を襲う可能性があるから駆除をする。
畑を荒らすから駆除をする。

全ては人間のため。
食物連鎖の頂点なんだから仕方ないと思います。
人間のトップがいつまで続くのかもわかりませんし、今の人間の時代は何代目かだって話もありますしね(笑)


自分としては出来る限りの最善な行動がとれるように頑張りたいと思います。





という事で独り言でした(笑)










コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )





にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


去年からの相棒である、ホンダクロスロード。
付いてきた夏タイヤはつるっつるの状態だった。
そこで、一年後に買い替える事を考え、色々と情報集め。

しかしクロスロードは販売期間の問題なのか人気が無いのか、情報が余りない。
しかたないので、spectankで勉強(笑)
ツライチを目指し、オフセットを考え、タイヤの外径と幅を考える。

出た答えがこちら。








タイヤメーカー  : ヨコハマタイヤ
ホイールメーカー : WEDS VELVA  よく知らない(笑)
ホイールスペック : 16インチ オフセット+40
タイヤスペック  : 215/70R16 
タイヤ名     : GEOLANDAR A/T-S 215/70R16 100S


とこんな感じである。
本来、17インチのホイールでオフセットは+50。
タイヤサイズは215/60R17であるから、インチダウンし幅はほぼ変えず外に出した感じである。
厳密に言うとトレッド幅が前後輪で10mm違うのでその分オフセットも変えてやれば
ビタっとくるんでしょうが、同じホイールでオフセット違いって中々ありません(笑)








外径が18mmでかくなっているんですが、そんなに気にならない。
後は山でどのような動きをしてくれるかですね。
60から比べると期待はしてませんが(笑)

でも見た目は気に入りました。
自己満足の世界ですね(笑)








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


今回はナイフを紹介。

ハンターにとっては無くてはなら無い代物です。
単独で持っていると、銃刀法に引っかかりそうな物も銃を持ってハンターベスト来ていれば
それ以外に何に使うんだ?
と言えるとは思いますが、実際どうなんでしょう?
youtubeでは、銃刀法に引っかからないサイズしか持たない。
と言っている方もいます。








右の3本は自作のナイフ。
一番右は100円ショップのヤスリから作りました。
焼き入れも自分で行った物なのですが、案の定失敗です(笑)

右から2番目は錆ない鋼材の『クロモ7』という鋼材で作っています。
焼き入れは八田工業さんにお願いしてあります。
詳しくはここあたりをご覧ください。
そして常に身に付けているナイフでもあります。

右から3番目は鋼材が硬くて研ぎ辛く、刃付けに苦労したナイフです。
『C440』という鋼材で、焼く前はいいのですが、焼いた後は硬くなるみたいです。
最初に鋼材を買って作ったナイフでもあります。
今は使用してません(笑)

右から4番目はトヨクニの剣鉈です。
これが銃刀法に引っ掛かりそうな代物です(笑)
ただ、熊に出会ってナイフで追い払おうっていう極限状態まで行った時はこれじゃないとねぇ(笑)

右から5番目はカッターナイフです。
実はこれが一番切れるかも(笑)
当たり前ですが、切れなくなったら刃を取りかえる作業で切れ味が戻る。
このカッターは刃の取り換えが簡単なんですねぇ。

その隣はトップスというメーカーのフィールドクラフトというナイフです。
ブッシュクラフトに使用しています。

そのとなり、左から4番目はヤフオクで昔落とした安物。
キャンプにはいいのですが、鹿の骨に歯が当たってボロボロになってしまいました。
見かけ倒しのナイフですね。
過去にこれでスッパリと手を切ってます(笑)

左から3番目はビクトリノックスのハンティングXSです。
EDCナイフとして常に持ち歩いています。

左から2番目はヤフオクで落とした観賞用ですね。

一番左はモーラのコンパニオンシリーズです。
これは作業用として酷使してます。
そうゆう使い方が似合うナイフかと。

写真上の皮のポーチにはzippoとエスビットが入っています。
コーヒーやカップラーメンなどはこれが有ればokです。
が、鍋かポットか携帯性に優れ保温性にも優れた物を検討中です。
今は丸型のコッヘルを持ち歩いているんですが、小さいバッグの時は入らないんですよねぇ。


そして写真上のベルトに通して腰に下げています。
なるべく軽装にしたいのですが、あれにも使うかもこれに使うかもと、荷物が増えてしまうんですよねぇ(笑)







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ