本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『日はまた昇る』ビル・エモット

2006年03月11日 | ビジネス書・マスコミ関連


日銀の量的緩和政策の変更が大きく報じられました。

小泉首相や竹中さんは“まだデフレだ”ということで、日銀の政策変更に批判的でした。本当に解除されてしまうのか、やっと持ち直した経済にブレーキがかかるのではないかという懸念から、株式市場も、もしそうなったら金利上昇だということで値下がりを続けていました。ところが実際は全く逆で、株式市場はそれが伝わるや否や上昇を続けました。

『日本経済は強い』ということを改めて印象付けたわけですが、その強さを、イギリス経済誌“エコノミスト”の編集長である筆者は、中国をウサギ、日本をカメにたとえて“スピードは遅くともカメが勝つ”的な表現で主張します。

バブル期には世間の評判とは反対に、このままでは日本はダメになると主張する『日はまた沈む』を出版して話題になりました。

非常に分かりやすく、経済だけでなく、靖国問題や南京事件など政治問題にも触れながら、日本経済の復活を主張します。政治問題は賛否が分かれるでしょう。

経済に関しては中学レベルの知識しかない私にもよく理解できました。

日はまた昇る 日本のこれからの15年

草思社

詳  細


ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『下流社会』三浦展 | トップ | 『世界史は日本史をどう記し... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして・・・ (エセ男爵)
2006-03-11 02:20:23
不肖・「エセ男爵」ともうします。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ビル・エモット著「日はまた昇る」のご感想文、TB頂き、たいへんありがとうございます。

私もあらためて、読書感想文を書く予定です。

関連記事ですが、こちらからもTBかけさせていただきます。

これを機会に、今後ともどうぞ宜しくお願いします。

ご丁寧に (VIVA)
2006-03-11 06:30:02
こちらこそよろしくお願いします。



エセ男爵さんの感想をぜひお寄せ下さい。
はじめまして (takayuki)
2006-03-13 13:03:00
TB、ありがとうございます。

アダルト系のTBばっかりで、

初めてのきちんとしたサイトからのTBでしたので、

大変うれしいです。
そうでしたか? (VIVA)
2006-03-13 13:52:14
takayukiさんは、すばらしいブログを展開されていると思っておりますが。アダルトばかりとは(笑)。



今後ともよろしくお願い申し上げます。
お待たせしました・・・ (エセ男爵)
2006-03-14 12:20:15
同書、読書感想文できましたので、TBさせて下さい。

宜しくお願いします。
TBありがとうございます (SAKAKI)
2006-03-15 11:49:11
総帥日記へのTBありがとうです。日記は気になる記事をスクラップしています。本ブログは上記URLです。

尊敬するビルエモット氏の概論はすでにエコノミスト誌で読みました。私個人が日本経済の復活を確信し、日本株をしこたま買い込んだのは日経平均が8000円の頃からだったと思います。国内のマスコミは日本の強い部分と弱い部分を履き違えて報道しています。無敵の製造業、脆弱な金融、サービス、報道業。強い育成型農業と弱い協同式農業。共通点はエモット氏の指摘する官僚(規制)による保護なのです。しかし、カメの歩みの如く、保護が解除されつつあります。今後20年は、日本経済の成長が続くと思います。

よろしくお願いします
はじめまして (我侭僕酔)
2006-03-16 16:20:38
blogやり始めで未だ対応の仕方のわからない小生です。

トラックバック?をありがとうというのでしょうか・・

それもわかりません。

貴殿の本の案内は非常に参考になりますね。

今後は興味をもって見させていただきます。

私は我侭気ままにやりますが宜しくお願いいたします。

こちらこそ (VIVA)
2006-03-16 17:03:35
私もはじめたばかりです。いろいろな方のブログを拝見して、勉強中です。



よろしくお願い致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
拝啓 櫻井よしこ女史 : 著書「何があっても大丈夫」に寄せて・・ (エセ男爵酔狂記 Part-II)
 最近になり、ますます敬愛してやまない櫻井よしこ女史。彼女の半生を描いた自伝=「何があっても大丈夫」、昨夜、読み終えた。今までに、桜井女史の著書は10数冊読んでいるが、あくまでも社会政治評論エッセイであり我輩にとっても常識、その常識を整理整頓する為に桜井
日本経済・飛翔 の「癌」:(JAL日本航空の体たらくぶり) (エセ男爵酔狂記 Part-II)
 華麗なる冬季五輪ゴールドメダリスト・静香イナバウアーの話題で沸き返った先週末、我国の衆議院予算委員会は「ほりえもんメール騒動」のガセネタ騒動で沸騰し、今も尚「?HK」国賊テレビ放送局をはじめとするTV各局を賑やかにして止まない。これ、冷静沈着にして常識
ビル・エモット著「日はまた昇る」には原著がない? (時事を考える)
ヘミングウェイの同名小説と勘違いするビル・エモットさんの著書「日はまた昇る」は、
日はまた昇る (Dive in the Sky)
日はまた昇る――日本のこれからの15年 バブル期に書いた「日はまた沈む」の著者ビ
「日はまた昇る」と「TOEICのもたらした日本経済への布石」 (日々新た)
少し前のテレビ番組で 「日はまた昇る」という本を出している エコノミストの編集長が 日本経済の再生というか、 これからの飛躍について述べていた。 あまり発言する拒がなかったし、 あまり踏み込んだ議論はなかったので この人独自の「飛躍の根拠」といったものは よくわ
拝啓櫻井女史&ビルエモット殿:感想文「日はまた昇る」The Sun Also Rises (エセ男爵酔狂記 Part-II)
数週間前に櫻井よしこ女史の著「なにがあっても大丈夫」を入手し読了した。同著、すでに我がブログ記事に取り上げた。それは、すなわち櫻井女史の学生時代の出来事の中、「歴史を学習(学問)」する、櫻井女史の見た「切り口」のあり方について触れた。その時、同時に入手