本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『 暗号解読 』 サイモン・シン

2006年08月27日 | 科学

I love you.” というメッセージを “ a→b b→c c→d” と次のアルファベットにして暗号化し、書き換えますと
  ↓ ↓ ↓
jmpwfzpv”  となります。

この暗号をどう解読すればよいのでしょう。

実はこれが、暗号の初歩の初歩で、アルファベット一つ一つの使用頻度を分析することから、簡単に見破ることができます。本書ではそこから始めて最新の量子力学まで話が及びます。 

ロゼッタストーンに描かれた紀元前の絶滅した絵文字の解読法や、戦争中の無線傍受した内容の暗号分析方法などの丁寧な解説書であり、それを発明した天才たちを描いたドラマでもあります。

これまでの暗号の歴史が国家の盛衰に著しい影響を与え、現在の企業の生命線を握っていることまでも、よくわかります。

“なるほど!” “すごい!”の連続で、確かに暗号は解読できるんだ、と確信させてくれるでしょう。決して、気軽な本ではないのですが、興味のある方には、知的好奇心に充分応えてくれる一冊です。特に数学好きの人なら感心しきりでしょう。


億、兆どころか京、さらにその上の位の数の候補からどのように正しい“かぎ” をつかみ取るか、あるいは隠しとおすのか。 情報戦の凄まじさ、数学の不思議さがよく分かります。『 フェルマーの最終定理 』 も同様ですが、サイモン・シンの著作は、科学の本でありながら、歴史、ミステリーであり、壮大なドラマです。 


ちなみに、本書が書かれた時点では、暗号作成側が解読側よりも勝っており、最新の技術ではたった一つの暗号化されたメッセージを解くのに地球上の全パソコン2億6千万台をいっせいに使っても宇宙の年齢の1200万倍かかるそうです。すごいスケールの話になっていますね。


生徒諸君!数学や物理、さらに歴史を勉強する醍醐味はこんなところにもあるんですよ。


暗号は、ネット社会のキーワードですし、日米開戦時にも決定的な役割を果たしています。一般市民が知らないところで、ものすごいエネルギーが暗号作成、解読に注がれていることに驚きます。★5つレベルのお薦めです。



http://tokkun.net/jump.htm 


暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで

新潮社

詳  細

『暗号解読』サイモン・シン
新潮社:509P:2730円



■■ 興味を持っていただければさいわいです。よろしければ、はげましの クリック、お願い致します ■■

にほんブログ村 本ブログへ  何とか1位です。ありがとうございます。      

  追撃の1冊ですが…。せめて2位の半分へ(トホホ…)

絵本レシピ料理読書小説書籍・雑誌ニュース

『本』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『一人の父親は百人の教師に... | トップ | 『免疫学問答』 阿保徹、無... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは^^ (シン@偽哲学者)
2006-08-27 13:16:10
本日も面白そうな本ですね^^

こういう暗号解読や数字パズルは好きなので

これは買ってみよう…と思ったけれど

値段的にちょっと無理です><



そうそう、以前紹介していた

「アメリカ最強のエリート教育」は

購入して読了しました。

確かにデータブックとしての価値はありますが

教育本としてはかなりアメリカ万歳な内容なので

けっこう読むのが苦痛でした(^^;

また近日中に記事作成をして

TBさせていただきたいと思いますm(_ _)m
シンさん (VIVA)
2006-08-27 17:33:19
いつもコメントありがとうございます。確かに、もう少し安ければ、いいのですが…。



できれば、1500円の本を2冊買ったと思ってください(笑)。
ビッグバンも快作です (小林毅)
2006-08-27 17:51:19
「暗号解読」、若干、エニグマをめぐる戦いをめぐるスペースが長過ぎるような気がしましたが、それでも、大変な労作です。冒頭に「悲劇のスコットランド女王」メアリー・スチュアートの裁判のカギが、暗号を解読できるかどうかにかかっていた、というエピソードを置くあたり、読む者を引きつけるツボを心得ている、という印象を強く持ちました。

サイモン・シンの新作、「ビッグバン 宇宙論」を現在、読んでいるところです。これも面白くてやめられないんですが、面白さにまかせて、一気に読んでしまうのが惜しく、ゆっくりゆっくり歩を進めています。

なお、「暗号解読」と「フェルマーの最終定理」の御書評ブログに当方のブログTBさせていただきました。ご了承下さい。
どうも。 (雨)
2006-08-27 17:54:50
コメント、ありがとうございます。早速、サイトを覗きましたが、新旧、硬軟、様々なジャンルが、ほとんど一日に一冊並んでおり、圧倒されました。(しかし、生意気言わせて貰えれば、私と興味ある分野の本が、かなりあります)暗号解読は必ず読むつもりです。その感想を雨日記に書きますので、よろしければ読んで下さい。
小林毅さま (VIVA)
2006-08-28 11:30:56
お忙しいのに、わざわざコメントまで頂戴し、恐縮です。ビッグバンも期待とおりということですね。確かに、良い本だと、読みきってしまうのが惜しく感じることがあります。ぜひまた購入して見たいと思います。ありがとうございました。
雨さん (VIVA)
2006-08-28 11:34:23
コメントいただけて大変うれしいです。そうですか、似た趣味の本がありましたか。どうぞ遠慮なくコメントしてください。本書は500ページを越える大作で、楽しくてどんどん進むというタイプではありませんので、読み終えるのが一苦労ですが、その苦労する(笑)かいのある一冊でした。
Unknown (涼微)
2006-12-21 20:25:51
コメント&トラックバック有り難うございますm(__)m
しかし、トラックバックだけでコメントをいただけるとは、さすがにランキング1位だけあって他の人とは器が違いますね! (笑
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。
涼微さん (VIVA)
2006-12-21 21:02:21
こちらこそ記事に拙ブログのリンクまで貼って、TB。ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
宇宙論も楽しみな数学ブームの嚆矢 「フェルマーの最終定理」【読んでワクワク】 (キーワードはワクワク感)
もし、ホームズやデュパン、クイーン、半七親分、明智小五郎、金田一耕助、神津恭介、京極堂、矢吹駆など古今東西の名探偵が力を合わせて、史上最大の完全犯罪を解決すべく、知恵をしぼったら…。 ミステリファンなら誰しもそんな夢物語を一度は考えるでしょう。 ...
暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで/サイモン・シン(訳)青木 薫 (書評ぽーたる)
採点 70点 内容 暗号についての作成・解読のドラマ 読んだ動機 知る人ぞ知る長門さんがアニメで読んでたから (笑 こんな人にお勧め 1、暗号の観点からの歴史について興味がある人 2、暗号の基礎を知り、作りたい人 3、古代文字の解読方法 ...