本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ミラクル』 辻仁成・著 望月通陽・絵

2006年08月31日 | 児童文学・ライトノベル・子供向け
 

もう一冊、小中学生向けに、すばらしい物語をご紹介して締めくくりましょう。

主人公アルの母親は、アルを産んだ時に亡くなってしまいます。アルの父親シド自身もそれを受け入れられず、アルには“ママは仕事で世界中を回っている” とウソをついてしまいます。そして“雪が降れば「ママ」は帰ってくるんだ”と。

「ママ」を知らないアルは、ジャズピアニストのシドといつも旅をしています。実は、シドは雪の降らない南の地方をめざしているのですが、アルはきっと「ママ」がどこかにいると信じながら、父に付いてゆきます。

そんなアルをあたたかく見守るシドですが、アルの成長とともに、自らのウソに苦しみ、生活も徐々にすさんだものになってしまいます。酒びたりになり、演奏もうまくいかず、もがきます。

ある日、アルは知り合った女の子に、“あなたのお母さんは死んでいて、お父さんはうそをついているんだ” と言われて、父親シドを問い詰めますが、それでも、シドは自分を信じるようにさとします。父の言葉に安心したアルですが…、

翌日の朝、クリスマスの日、朝起きると、その地方に30年ぶりに雪が降っているではありませんか。ママが戻ってくるとはしゃぐアル。八方ふさがりのシド。いったい最後に「ミラクル」奇跡は起こるのでしょうか。

旅を続けながら、絶対に「ママ」 に会えると信じてやまないアルの心の純粋さ、アルを大きな愛で包み込むシドや、アルの “見えない友人”の姿に感動します。

「奇跡とは目に見えるものではなく、心の内部に降る雪のようなものであるかもしれない。それはやがて積もり、春の訪れとともに溶けていく」 すばらしいエンディングを読んだあとに続くこの言葉こそ、本書のメッセージだと気付かされます。

ページごとに挿入されるイラストも、先の不安を暗示しているようだったり、喜び、悲しみを表現しているようだったり、不思議な雰囲気をかもし出し、ストーリーにぴったりだと感じました。

忘れてしまいがちな大切な何かをきっと思い出させてくれる静かな感動のファンタジー。子どもより、むしろ大人に読んでもらいたいなぁと感じる作品です。



http://tokkun.net/jump.htm 



ミラクル

新潮社

詳   細

『ミラクル』辻仁成著
新潮文庫:169P:380円


■■ さぁ、明日から9月、2学期または後期です。■■
いよいよ読書の秋です! (このブログは年中読書ですが(笑))。気合を入れて、良書をさがしておきます。お読みいただきありがとうございました。ブログランキングです。よろしければ、夏の終わりの クリック、お願い致します → にほんブログ村 本ブログへ   


数学 読書  小説  書籍・雑誌  ニュース  育児 book   学校  大学  サッカー  おすすめサイト 健康  健康・病気 心と体 美容・健康
『本』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ぼくらはみんな生きている... | トップ | 『美しい国へ』 安倍晋三 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (隠れファンのユカです)
2006-09-01 11:30:50
はじめまして。隠れファンのユカと申します。

初コメントします。

夫の転勤で引越ししてやっと落ち着いたところです。

最近インターネットを始めましたが、本当に便利ですね。

ブログもお気に入りです。

もっと早く始めるんだった、って思っています。

北陸に居ながら新居を探せるんだもの。

私もブログに挑戦しようかなぁ・・・

隠れファンのユカでした
隠れファンのユカです さん (VIVA)
2006-09-01 12:35:30
隠れファン!?ありがとうございます。



ユカさんは不動産屋さんですかね。



いろいろなところに↑と同じコメントを出されているようですね。検索すればすぐに分かってしまいますよ。



一応、残しておきますね。
Unknown (yoppi)
2006-09-02 22:49:59
イザblogから飛んできました。すごい読みたくなる本ですね。

挿絵は表紙の絵と同じ作風のもなんですか?そういう絵すごく好きなんで、それだけで楽しめそうです。



クリックしちゃいましたよww

yoppiさん (VIVA)
2006-09-03 12:48:53
はじめまして、コメントありがとうございます。その通りでございます。挿絵は表紙と同じタイプがすべてずっと続きます。この物語には、本当にぴったりでしたよ。



クリックまでしていただいたようで、ありがとうございます。また、そちらへお伺いしますね。
途中だけど、 (tiakujo)
2006-09-07 02:06:28
まだ読み終わってないけど、ここまででも感動しっぱなしで、このVIVAさんの記事をもう一度読みたくなりました。

そしたら不思議な気分です。本を読む前に読んだVIVAさんの記事と、半分読んでのVIVAさんの記事が全然違うものに感じるのです。

それはともかく、最高にいい本を教えてくれました。この本を読ませてもらえて、ホントによかったです。

私はこうした本がスキみたいです。これからも、個人的にでも(笑)、こうした本を紹介してください。
tiakujoさん (VIVA)
2006-09-07 12:33:07
tiakujoさんには、いつも優しい言葉をかけていただいていますが、上のコメントが、これまでで一番うれしいかも…。そうおっしゃっていただくと元気が出てきて、次の本を探すエネルギーになります。最後にもっと大きな感動があると思いますので、全部読み終わったら、またいらして下さい。お待ちしております。
宝物 (tiakujo)
2006-09-09 01:05:31
SD仲間に接する直前に電車内で読み終えた。

いつもだったら、「この本いいから絶対読みナー」と半強制的にぎゃぁぎゃぁ騒ぐ私なのに、そんなカルイのと違う。

宝物だから、VIVAさんと二人だけで共有しておきたいくらい。(笑)

辻仁成氏とこの内容が結びつかなかった。あとがきでいくらか分かったが、芸能人っぽい彼の印象がこびりついてる。なぜ彼がこうした作品を書けるのか不思議でならない。ほかの作品も読むべきかもしれない。

もう一度読んで、拙ブログ記事として書きとめておきたいと思ってる。
tiakujoさん (VIVA)
2006-09-09 13:07:31
よかったぁ~。↑のように書いてしまったものの、エンディングはどうかなとちょっと心配しておりました。最後の夜に、アルが女性にあいさつする場面がありますね。ぐっときたのですが、他の人は違った感じ方をするのかなと思っていましたので。



ぜひ、記事にしたらTBしてくださいね。



素敵なコメント感激です。ありがとうございました。
TB (tiakujo)
2006-09-13 20:03:07
TBしたつもりなのに、反映されてない、

私のやりかたが間違いかしら?
TBもう一度入れて! (tiakujo)
2006-09-13 20:14:29
ごめんなさい、VIVAさんがくれたTBを、私がミスって入れたのかと、消してしまいました。

今コメント読んで、VIVAさんがくださったと分かったところです。

TB入れ直してください。
はいはい (VIVA)
2006-09-13 20:16:14
承知いたしました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。