todonoinori

日常のささいなことの中に・・・・
神さまの愛が隠れています・・・☆”

※写真、文章等の無断転載はご遠慮ください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

思いがけない時!

2015年08月27日 | Weblog

台風が去って・・・・
朝夕がめっきり涼しくなりましたが・・・・
日中の暑さがまた、戻ってきました。あちあち・・・暑い〜です。
セミの声も小さく、遠くに聞こえるようになりました。
夏の終わり〜〜〜ですね。

今日は聖女モニカの祝日でした。
いつも絶えず、息子の回心のために祈っていたモニカにとって、
今朝のミサの福音は相応しい箇所です。
(そのとき、イエスは弟子たちに言われた。)
 「目を覚ましていなさい。いつの日、自分の主が帰って来られるのか、
あなたがたには分からないからである。このことをわきまえていなさい。
家の主人は、泥棒が夜のいつごろやって来るかを知っていたら、
目を覚ましていて、みすみす自分の家に押し入らせはしないだろう。
だから、あなたがたも用意していなさい。
人の子は思いがけない時に来るからである。・・・・・


涙の母と呼ばれた聖女の生き方が、現代の母親にも模範となることでしょう。
「絶えず目を覚まして祈っている・・・」
そのことも神さまからの恵みがないと出来ないことです。

イエスさまの心に合わせて、心にすきを与えないようにしたいものです。

残り少ない夏休みを過ごしている子どもたちが
最後の時を有意義に楽しく過ごす事が出来るようお守りください。

この記事をはてなブックマークに追加

シスターTの命日!

2015年08月26日 | Weblog

今日は私の恩師のシスターTの命日でした。

ミサにも行けないで・・・・申し訳ない気持ちでしたが、
ベットの上で祈りを捧げました。

友達からも「今年はお墓参りをどうしますか?」と電話がありました。
「今年は、私を抜きで、あなたたちだけでお参りして・・・」と答えました。

残念ですが、こういうこともあるんだ!と思いながら、
シスターTの思い出を思い巡らしながら・・・・感謝のうちに、過ごしました。

この記事をはてなブックマークに追加

帰りました。

2015年08月24日 | Weblog

この暑さは、体力がなかった私を直撃し・・・・15日から緊急入院していました。
やっと、修道院へ帰りましたが、まだ、ボチボチです。

ご心配をおかけしました。
また、お祈りありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加

お盆〜

2015年08月14日 | Weblog

カトリックでもお盆をするのですか?とよく聞かれますが「しません」。

しかし、このように仏教が多い親戚の手前・・・
15日が、聖母の被昇天でもあるので、祈りを頼んだりします。

私の家も初盆だったのですが、姉たちの都合で、9月の連休に時間を取ることになりました。
それを知人に話したら「ちょうど、お彼岸で良かったですね」とおっしゃいました。

どこの家でも、お墓参りに行きます。
そこで、私の家も納骨堂にお参りに行きます。

今日は納骨堂があるN教会から14日の晩には、お祈りがありますから・・・という
案内状が届いていました。

今日は聖マキシミリアノ・マリア・コルベの祝日でした。
長崎でも宣教され、ポーランドで殉教されたのです。

隣人のために命を捧げたこの聖人の取り次ぎによって、
私たちも周りの人を愛する恵みを祈りましょう。

今朝の福音では、司祭・修道者のことをイエスさまが話しておられました。
・・・・天の国のために結婚しない者もいる。
これを受け入れることのできる人は受け入れなさい。」


こうした生活を送っている人がいることを知る必要があるでしょう。
そして、自分の生き方の選択肢の中に、
このような生活も上げれると良いですね・・・。

夕方は少し、涼しくなりましたが・・・・・
今日もひどい暑さでしたね。お疲れ様でした!

この記事をはてなブックマークに追加

ゆるせる?

2015年08月13日 | Weblog

このところ、熱中症の方が増えていますね。
部屋にいても、クーラーを付けなかったら・・・・何だか、ぼんやり〜

高齢者の方々には、管理して下さる方が必要でしょう。
どうぞ、お気をつけ下さい。

今日の復任は、有名な話です。
一人の家来は、借金をゆるしてもらいました。
ところが、この家来は外に出て、
自分に百デナリオンの借金をしている仲間に出会うと、
捕まえて首を絞め、『借金を返せ』と言った。仲間はひれ伏して
、『どうか待ってくれ。返すから』としきりに頼んだ。
しかし、承知せず、その仲間を引っぱって行き、借金を返すまでと牢に入れた。
仲間たちは、事の次第を見て非常に心を痛め、主君の前に出て事件を残らず告げた。
そこで、主君はその家来を呼びつけて言った。『不届きな家来だ。
お前が頼んだから、借金を全部帳消しにしてやったのだ。
わたしがお前を憐れんでやったように、
お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか。』
そして、主君は怒って、借金をすっかり返済するまでと、家来を牢役人に引き渡した
。あなたがたの一人一人が、心から兄弟を赦さないなら、
わたしの天の父もあなたがたに同じようになさるであろう。」
 イエスはこれらの言葉を語り終えると、ガリラヤを去り、
ヨルダン川の向こう側のユダヤ地方に行かれた。


どんなに自分が許してもらった事を感謝しているかによって、違うのでしょうか?
お金に関することでは、最後の最後まで・・・・何かが残りますね。

貸した、返した、借りた、返すから待ってくれ・・・など、など
こういう時、最後には、裁判にまでなっていることも聞きます。

ゆるして頂いたにも拘わらず、ゆるせない・・・・
自分のわずかなお金と、ゆるしてもらった大金と・・・・

本当に、複雑な話ですが、そこに自分がゆるされた感謝の気持ちさえあれば、
この家来は、わずかなお金を大げさにしなくても良かったのかも知れません。

難しい話ですが・・・・、
イエスさまのゆるしの大きさに近づけるよう願いましょう。


この記事をはてなブックマークに追加

大雨〜

2015年08月12日 | Weblog

こんなにお天気が変わるなんて・・・と言いたいくらいに、今朝は大雨でした。
よく天に水がありますね。

少しずつで良いから降ってくれると良いのに・・・・。
あぁ・・困りましたね!・・・と思っていたら、
午後からは、ウソみたいに晴れ、雨傘が日傘に変わりました。ビックリ!

午後から出勤するのに、
「危ないから止めなさい!」と姉妹が止めたにも拘わらず、出発しました。
その頃も未だ、大雨だったのですが、
仕事場に着くと・・・おや?雨が止んでいて、その後は、雨が降らなかったのです。

警戒警報が解除されたのは、16時30分、雨が止んで随分経ってからです。

本当に、ビックリ!ビックリでした。

今朝のミサの福音では・・・・
・・・・また、はっきり言っておくが、どんな願い事であれ、
あなたがたのうち二人が地上で心を一つにして求めるなら、
わたしの天の父はそれをかなえてくださる。
二人または三人がわたしの名によって集まるところには、
わたしもその中にいるのである。」


それぞれの個人的な祈りが聞き入れられるとするならば、
もっと、大勢が心を一つに祈るならば、その祈りは尚更聞き入れられることでしょう。

イエスさまは2人3人がイエスさまの名によって集まっている所に
私もそこに居るとおっしゃっています。

イエスさまの現存は、3つあって・・・・聖書の中、ご聖体の中、
そして、2人3人が集まっている中にと、子どもたちには教えます。

こんなに私たちを愛してくださっているイエスさまの愛に・・・・
感謝しながら、イエスさまの現存を心で感じながら、過ごしたいものですね。

この記事をはてなブックマークに追加

暑い〜天気!

2015年08月11日 | Weblog

朝から起きれないで、寝ていました。
気が付いたら、夜、3日間出ていたので、ちょっと無理をしたようです。

仕事も休んで・・・・寝る!寝る!

しかし、寝ているのも暑い〜〜〜ですね。
クーラーを点けたり、消したり・・・・
扇風機を点けたり、消したり・・・・でした。

しかし、少し元気になりました。
この休みを神さまに感謝して・・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

今日も暑い〜

2015年08月10日 | Weblog

暑い〜あつい〜暑い〜・・・・と歌いたくなりますね。

こんなに暑かったら、病気の人たちは、大変でしょう。
どうぞ、お気をつけ下さい。

今日は聖ラウレンチオの祝日です。
この暑い中、鉄板で焼かれて殉教したのです。
片方が焼けると、「ひっくり返してください」と言ったそうです。
このような殉教者がいたのですから・・・・
こんな暑さは・・・と言いたいですが、やはり、身に堪えますね。

1学期の終了で、2学期の準備を始める頃となりました。
ずっと、溜めていた会計のレシートを整理して・・・・
やっと、8月になりました。感謝!感謝!

昨夜、お会いした大分からの巡礼者の方々は、
今日はもう、大分へ出発とのことでしたが・・無事に着かれたでしょうか?

いろんな巡礼者の方々も帰られるでしょうが、
その旅路をお守りください。


この記事をはてなブックマークに追加

平和の祈り〜

2015年08月09日 | Weblog

何しろ毎日暑いですね!
何がどうなっているのでしょうか?
少し、曇りでも良いのですが・・・・。

今日は原爆記念日!
長崎の町は、平和の祈りのうちに過ごしています。

市の記念式典には、弟が出席して、母の冥福を祈ってくれました。
「暑かったけど、参加できて良かった」と言っていました。

私の方は、9時の原爆追悼ミサがN教会であり・・・・皆で祈りました。

そして、18時からはU教会での追悼ミサが行われ、手話の奉仕をしました。




大分からの平和巡礼者の中に、HP訪問の方がおられ、懐かしい出会いをしました。
大分での出会いから、何年ぶりでしょうか?

丁度、主和会(手話)のすぐ後ろの席だったので、
巡礼者と、より心を一つにしてミサに参加しました。
それも、大きな声で賛美される巡礼者の方々に、圧倒される思いでした。
元気が出て、良いミサとなりました。神に感謝!

大勢の巡礼者の司教、司祭、信徒が一つとなって、平和のために祈れたことを感謝します。


最後に教皇大使が日本語で挨拶をされ、きれいな日本語だったので、皆が感激していました。

アシジの聖フランシスコの祈りを引用して話されました。

その後、松明行列が平和公園まであったのですが、私は失礼して帰りました。
心は一つでしたが・・・・。

こうして、70周年を迎えた原爆記念日ですが、
まだまだ、その後遺症で苦しんでおられる方々がおられるのです。

そして、被爆者が高齢者になると、自分の使命があることに気が付き、
今、話していなければ・・・と、目覚めて話をなさっているようです。

「戦争は2度と起こしてはならないこと」「核保有国とならないこと」など。
次の世代に平和の大切なことを残しておきたいものです。

この記事をはてなブックマークに追加

原爆殉難者追悼の祈り〜

2015年08月08日 | Weblog

今日は、またまた暑い一日でした。
部屋の温度が35℃〜〜〜え?と、クーラーをかけて少し下がりました。

夜の7時から、爆心地での追悼の祈りがあり、今年も参加して祈りました。

諸宗教の方々が、自分たちそれぞれの祈りを奉納されるのです。
これは、長崎ならではの祈りの集まりだと思っています。

世界の平和を祈ることは、どんな人でも同じです。
それを、自分たちの祈りによって捧げる・・・・
本当に、同じ心で、一つの思いで・・・・と感じますね。

今日は聖ドミニコの祝日でした。姉妹にもこの霊名を頂いている人がいます。
“おめでとうございます!”

今朝のミサの福音では・・・・
・・・イエスは言われた。「信仰が薄いからだ。はっきり言っておく。
もし、からし種一粒ほどの信仰があれば、この山に向かって、
『ここから、あそこに移れ』と命じても、
そのとおりになる。あなたがたにできないことは何もない。」


私たちの信仰は、どうでしょうか?

からし種一粒ほどの信仰は、私にもないでしょう。
イエスさまはそれを見抜いておられます。

弱い信仰をお助け下さい!と、いつも祈り必要があるでしょう。

聖ドミニコが宣教して回ったように・・・・
私たちもイエスさまとの出会いの小さな喜びを分かち合って行きましょう。



この記事をはてなブックマークに追加