音楽人

民族楽器の収集、演奏を趣味に生きているおやじのはなし

異端

2017-04-24 11:02:28 | 民族楽器
まだ、喉の調子が戻らず、余り琵琶を歌えません。そういうこともあって、今は一生懸命三味線を弾いています。新しいことをするのは、普段とは違う脳の場所を使うので、呆け防止にはよいのだろうと思っています。新しい曲をする場合、今はユーチューブがあるので便利になっています。もっとも気をつけておかないと知らない間に自分が出ているということがあります。今年も何とか、民博での音楽の祭日に出演できることになりました。この3年くらい前から希望者が増えて抽選制になっているのです。今年は、琵琶で「耳なし芳一」をやろうと思っています。琵琶をする時にいつも悩むのが、言葉をどこまで理解してもらえるかということです。耳なし芳一はかなり有名な話とは言っても、よく知らないという人も多いでしょう。名前くらいは聞いたことがあるという程度が多いのではないかと思っています。簡単な解説を入れてやるのが妥当なところでしょう。7月にも、同じ曲を琵琶会でやろうと思っています。昔自分で作詞作曲したものもあり、それは4弦4柱での曲なのですが、今度のは琵琶の師匠が作詞作曲したもので、5弦5柱での曲なので結構華やかなものになります。ただ、私の属している流派とは違うので、民博ではできても、琵琶会では憚られます。私はいつも、異端に近いところを歩いているようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 売れる本 | トップ | 連休 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。