桓武朝 Kanmu Capital

今日は、「歴史のロマン」の講義を受講しました。
狩野先生より、「桓武朝」を学びました。
分かりやすい、整理された講義で、良かったです。

内容は、
*奈良時代は、天武系の天皇で、争いが多く、その結果、天武系での人材がなくなった。
*藤原家がバックアップし、天智系の光仁を61歳で天皇にし、天武系の皇后とその子を死亡させ、そして、桓武を天皇にした。
*桓武の母は百済からの渡来人を父を持つことより、その後、桓武系が現在まで天皇となっていることから、百済人の血が入っているといえる。但し、現在の韓国は百済を滅ぼした新羅の末裔であるから、韓国の血が入っているのではない。
*桓武の弟の早良が皇太子になったが、淡路島に流され死亡した。
*長岡京から京都に遷都された理由のひとつは、早良の祟りを逃れるため。
*桓武朝は、遷都と蝦夷征伐が二大政策で、財政悪化から、この政策を中止し、そのご、すぐ桓武は亡くなった。
などでした。

今日のランチは、「こがんこ」で、クラス全員での懇親会を行った。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

遠足 A short trip

今日は、「歴史学・近世科」の遠足で、安土・近江八幡へ、バス旅行をしました。
内容は、イマイチでした。

安土では、「信長の館」を見学しました。
あの入場料のわりには、見るべきものなし、要らないでしょう。

そのあと、食事をして、近江八幡へ行きました。
旧西川家住宅を見学しましたが、入場料を取るわりには、イマイチでした。

時間が余ったので、班のメンバーで、喫茶店でお茶をしました。

なにか、バスに乗って、遠いところに、お茶をしに行った気持ちで、イマイチの一日でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

R.S.ヴィラセニョール

乙川優三郎の『R.S.ヴィラセニョール』を読みました。
この作家は、いつもは武家社会の物語を書いた小説なので、私の好きな作家のひとりです。
この小説は、現代物で、フリピン人と日本人のハーフの女性を主人公にした話でした。
房総半島で、染色工房で、芸術を仕事を追究する女性の物語でした。

フィリピンの政治と関連する話で・・・。
フイリピン風の生き方を貫く父と・・・。
芸術で認められるには・・・。

この作家の小説なので、悪くはないのですが、現代物はイマイチだなあと思いました。
私の読後評価は、低い点数の3☆とします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

駅まで散歩 A walk

今日は、駅まで散歩をしました。
万歩計は9,390歩でした。

ランチは、最近、贔屓にしている「ココイチ」で、メンチカツカレーを食べました。
味が安定しており、今日の「ココイチ」も満足でした。
写真は、今日の私のランチです。

そのあと、大学図書館で、新聞を読んで、最近見つけた、コーヒー豆専門店の喫茶店で、今日のコーヒーを飲みました。
ケーキセットを頼んだので、小さなショートケーキも食べました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

個展決定で乾杯 The drink at Toyomaru

木曜日の夜に、油絵教室の友人で、O嬢、D氏と私の三人で、「豊丸」で飲み会をしました。
私の油絵個展が、来年の4月12日~17日に決定したので、それを祝って飲み会をしました。
個展開催中に、私の友人の内、美術関係の人々を招待した、パーテイをすることも決定しました。

「豊丸」はなんと!7時まで、生ビールが190円だったので、安さにつられて、飲みすぎました。
二日酔いがひどく、昨日は、早く寝ました。
今日は、もうOKです。

「豊丸」は料理も美味しく、良い飲み会となりました。

写真は、当日の、D氏です、いい感じで、飲んでいられました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ