歴史の移行期 Transition of world history

今日は、「世界史から学ぶ」の講義を受講しました。
同志社大学准教授の向正樹先生から、「13~17世紀・移行期を考える」を学びました。
今日の講義は、焦点が絞まれてなく、話が散漫で、ちょっと難しかった。

内容はといえば、
*世界の既存の枠組みが危機に瀕し、新たな枠組みに代わるときは、カオスが生じる。
*現代を考えるヒントとして、先行する移行期であった16世とその前後に注目する。
*歴史的システムには寿命がある。
*13~17世紀には、グローバル化があった。
*社会構造の変化、基本的な文化・文明の変化をみつける。
*世界システムという考えは機能しないのでは。
などでした。

世界システム、歴史システムの話は面白かったが難しかった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

入賞 A prize

摂津市美術展に、私は油絵を公募していました。
昨日、その結果が、ハガキで連絡ありました。
良い結果でした。

私の油絵作品F50号『思い出の街』は、ライオンズクラブ賞に選ばれました。
良かった。

友人二人も、入賞されたと、昨日連絡がありました。

これで、3人で、美味しいお酒を、一緒に飲めることになりました。
趣味の油絵を話題にして、飲み会をすることは、愉しいことです。

写真は、賞に選ばれたことを知らせるはがきです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鬼はもとより An ogre as bigining

青山文平の『鬼はもとより』を読みました。
時代小説でした。
最近、この作家の小説を読みますが、この小説も良かった。

江戸時代中期、どの藩の経済も傾いてきた時代、北国の小藩の武士が主人公です。

藩札掛となり、順調に進むと思われたところ、飢饉が発生し・・・
上層部の方針と合わず、脱藩し、江戸へ・・・。
そこに、藩札コンサルタントの依頼が入るようになり・・・。
藩札運営の完成形を、北陸の小藩で行うことに・・・。

主人公はカッコ良い。

この作家は、基本的には、最後は正義が勝つ方式なので、読んでいて気持ちが良い。
私の読後評価は、4☆です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

高校の同窓会 The high school classmate

昨晩は、高校の三年生時に、同じクラスだった同窓会に出席しました。
京都、東山丸太町、「河道屋養老」で食事をしました。
男性9名、女性4名、合計13名の集まりでした。
二次会は、京都駅近くの、ホテルのラウンジに行きました。
愉しかった!

非常にフランクな、なんでも話が出来る雰囲気で、高校生に戻った感じで、多くの話ができて良かった。

ANAのパイロットだった友、東大から一流企業の研究者だった友、放浪とデザイナーをしていた友など、違った人生を送ってきた友の話は、非常に刺激を受けました。
それと、みんな元気だった。

新しい幹事を選んで、2年後に会うことにしました。

良かった、愉しかった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

伴林氏神社 Tomobayashinouji Shrine

今日は、「歴史のロマン」の2班のメンバー8名で、伴林氏神社を訪ねました。

中ノ島のレストランで集合し、淀屋橋ー天王寺ー阿倍野橋ー土師ノ里と移動して、伴林氏神社へ行きました。

「歴史のロマン」の交流祭で、我が班では、「大友氏の光と影」のパネル展示をします。
その展示内容に、この神社のことを、加えようと考えて、今日訪ねました。

写真は、今日私のカメラで撮ったものです。

これで、展示内容も充実することでしょう。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ