金融探偵 Finance Detective

池井戸潤の『金融探偵』を読みました。
探偵小説でした。
七編の短編集でした。

大手銀行の倒産から失業中の元銀行員が主人公です。
再就職活動中ですが、再就職はうまくいかず・・・。
事件が持ち込まれて・・・。
経験と知識を生かして、難事件に挑みます・・・。

悪くはないのですが、読みやすいのですが、ちょっと物足りない気持ちです。

私の読後評価は、3☆と4☆の間とします。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

神功皇后 Empress Jinguu

今日は、「歴史のロマン」の講義を受講しました。
狩野先生より、『神功皇后』について学びました。
良く整理された資料が多くあり、理解し易い講義でした、良かった。

どんな講義だったかというと、
*神功皇后は、父方が開化天皇の5代孫、母方が新羅国王子天槍の5代孫。
*仲哀天皇亡き後、天皇の役割を果たした(摂政)。
*3世紀の卑弥呼と、4世紀の神功皇后では、同一人物ではない。
*熊襲征伐後、朝鮮出兵をした。
*帰国後、先妻の子の皇子達と皇位を巡る戦いがあったが、皇子たちは失敗した。
*全国に神社は約10万社あり、内4万4千が八幡宮と八幡神社で、神功皇后の子の、応神天皇とその関連の人々が祭神である。
*住吉大社は、神功皇后はお祀りする側から、お祀りされる側へと変化した。
などでした。

昼は、同じ班のメンバーで、阪急茨木駅近くの、「天狗」で食事をしました。
1)今後の班の活動計画、2)文化祭のテーマ、3)ブログなどを話し合った。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

青春の街 The town of my youth time

今年三作目の油絵が完成しました。
写真がその作品です。

『青春の街』油彩F8号です。

ヨーロッパの町並みです。
モダンアート風に描きました。
私のイメージ通りに描けたと、うまくいったと自分では満足しています。

教室の作品展があれば出品したいと思っています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シャイロックの子供たち Children of Shairock

池井戸潤の『シャイロックの子供たち』を読みました。
経済小説でした。

大銀行の、東京の下町の支店を舞台にした小説でした。
初めの頃は、少し読みにくかった、話の展開が分かりづらかった。
途中から、話が見えて、面白く、テンポ良く読めました。

銀行の支店での事件であり・・・。
企業戦士の話であり・・・。
出世争いであり・・・。
職場からの脱落であり・・・。

仕事を通じて、普通に暮らすことの幸福と困難さが。
エンデイングはおやっと思った。

私の読後評価は、OKですが、少し厳しく、3☆とします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

プラージュ Plage

誉田哲也の『プラージュ』を読みました。
この作家は、私の好きな作家のひとりですが、この小説は、ちょっと難しい小説でした。

前科をもった人々が暮らすシェアハウスが舞台で・・・。
新しい住民が加わり・・・。
そのシエアハウスでは・・・。
個性豊かな人々は・・・。
新たな事件が起こり・・・。

エンデイングはまあ良いのですが。
やっぱりイマイチだったかなあ、私の読後評価は普通の3☆とします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ