白樫の樹の下で Under white oak trees

青山文平の『白樫の樹の下で』を読みました。
時代小説でした。
良かった。

第18回松本清張受賞作品でした。

剣豪が大活躍します。

貧乏御家人の武士が・・・。
田沼時代から清廉の定信時代の過渡期に・・・。
人を斬ったことのない若き武士が・・・。
恋しい女性が斬られ・・・。
友人が斬られ・・・。

結末はどうなるのか。

これで、この作家の小説は3冊目だったと思うのですが、この小説が一番良かった。

やはり、正義は勝つで、主人公は強いで、すっきりした読み応えの小説でなければ。
私の読後評価は、良かったの4☆です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ドアの向こうに Inside of the door

黒川博行の『ドアの向こうに』を読みました。
警察小説でした。
大阪府警の刑事3人が活躍します。

殺人事件がふたつ発生しますが・・・。
関連性は何なのか・・・。
捜査一課刑事が・・・。
大阪弁の刑事と、加えて、京都人の刑事がひとりいて、良い味を出します・・・。

途中で、犯人が分かりますが、「刑事コロンボ」のように、推理が始まります。
ミステリーですが、軽妙なタッチで、くすくす笑いが起きます。

私の読後評価は、4☆です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

箕面温泉 Minoh Hotspring

今日は、昨年度受講した、「国際文化交流」のOB会に出席しました。
19名で、箕面温泉スパーガーデンへ行きました。

温泉に入り、ビッフェ形式のランチを食べて、演劇を見て、コストパーフォーマンスの良い、満足な半日を過ごしました。
この場所は、私は行ったことがなく、良い経験ができました。

約、半分のクラスメートが参加しました。

これからは、毎年、8月下旬に会うことを決めて、解散しました。

良い一日を過ごしました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

流水浮木 Stream and floating tree

青山文平の『流水浮木』を読みました。
時代小説でした。
この作家の小説は、これで2冊目です。
この作品は、まあまあかな。

老いた武士が主人公です。

江戸時代、世の中が治まった時代の武士、伊賀者の武士が・・・。
幼馴染が殺され・・・。
隠密御用をしていたのか・・・。
一刀流の「浮き木」の極意を持つ主人公は・・・。
友の無念をはらすことはできるのか・・・。

まずまずなのですが、もう少し、ドラマテイックな展開がほしい、話の深さがほしい。
私の読後評価ですが、まあ、今回は、甘い点数の4☆とします。

暑い毎日が続いています、油絵教室には通っていますが、講義受講は再開していず、日常に戻るには、あと1週間かかります。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鉄の骨 Bones of iron

池井戸潤の『鉄の骨』を読みました。
経済小説でした。
良かった、面白かった。

中堅ゼネコンの若手サラリーマンが主人公です。
公共工事を担当する、談合課に移動するところから話が始まり・・・。
地下鉄工事を必ず受注必要となるが・・・。
真正面から応札すべきだが・・・。
業界の談合の話に巻き込まれ・・・。

話の展開も早く、文章も読みやすく、良い経済小説でした。
建設業界、ゼネコン、公共工事はこんなのかと思いながら読みました。

良かった、私の読後評価は、4☆です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ