a letter from Brecht Raum TEE-BLOG

東京演劇アンサンブルの制作者が、見る、聞く、感じたことを書いています。その他、旅公演や、東京公演情報、稽古場情報など。

ブレヒトカフェ Vol.5 『浜下り外伝』&『水滴』 5

2017-05-29 01:32:42 | 東京公演
振付が入りました!今日は、振付の鷲田実土里さんの紹介と、
ふりうつしの風景を公開いたします。

振付=鷲田実土里(わしだ・みどり パントマイムダンスパフォーマー・振付師)



7歳から20歳までクラッシックバレエを小松原眞美子氏に師事。
日本女子体育短期大学体育科舞踊専攻で様々な舞踊技術を学ぶ。
パントマイム、地唄舞、演芸を出雲蓉師に師事。
現在パントマイムダンスパフォーマーとして各地イベントに出演。
バルーンアートも加えた楽しいショーを提供している。
また、舞台の振付、マイム指導者としても活躍。

アンサンブルとの出会いは、2011年『道路』(アゴタ・クリストフ=作 三由寛子=演出)。
『道路』の時は、「ハンガリー舞踊を官能的に」という演出の要求に笑顔でこたえていただき、
今回もまた、イメージや理屈をダラダラ並べ立てる演出の要求に、これまた笑顔でこたえていただき……
同じ関町北にお住いで、大学生と高校生のお母さまでもあります。

さあ、6名の登場人物それぞれまったく違った振付を、
鷲田さんが考えてきてくれました。
その一部をご紹介します。

始原の女(町田)は棒術を



薩摩藩士である始原の男(和田)は、能のイメージ?



永劫の女(志賀)は、南洋へ移民した幼少時代が立ちあがる



永劫の男(松下)は、70年代ディスコか?



創生の女(奈須)は、沖縄の打楽器・三板(サンバ)を打ち鳴らし



創生の男役の永濱渉は、実はフィギアスケート経験者。
海上保安蝶?海上保安鳥?のごとく、華麗に舞う。



各々の踊りが、どのように組み合わさり、《生と死》《祈りと抗い》を現していくのか。
楽しみです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

東京演劇アンサンブル ブレヒトカフェ Vol.5  
2017.3『沖縄ミルクプラントの最后』に続く ”オキナワ”

2017年
6月17日(土)14:00/19:00 
6月18日(日)14:00 
●お申込みTEL:03-3920-5232 FAX03-3920-4433
●前売り2800円 (当日3300円) ケンタウルスの会1500円 


朗読劇『水滴』 
作=目取真俊 
演出=三木元太 
照明=真壁知恵子

出演
浅井純彦/雨宮大夢/大橋隆一郎/仙石貴久江/竹口範顕/冨山小枝/洪美玉 


浜下り外伝
――そして目覚めると、わたしはこのイノーの海にいた。


作=宮城康博
演出=三由寛子 
舞踊=鷲田実土里
照明=真壁知恵子

出演
町田聡子/和田響き/志賀澤子/松下重人/奈須弘子/永濱渉


お問合せ・お申込
東京演劇アンサンブル劇団事務所
tel:03-3920-5232


公演詳細
コメント
この記事をはてなブックマークに追加