田山寛豪、夢実現ブログ
夢実現ブログ
 



『自分を信じて』

今回のアジア競技大会に向けて日本で行った最後のスイム練習後に土井コーチに言われた言葉。

この言葉を聞いた時、なぜか目頭があつくなった。大会に向けて行った練習全て完璧に出来た訳ではなく、どこか不安を感じていた自分がいた…そんな時に『自分を信じて』の土井コーチの熱い言葉で、背中を後押ししていただきました。

25日に行われた個人では“銀メダル”



トライアスロンが初めてアジア競技大会に参加したドーハ大会では、メダル確実と言われながら5位。
次の広州大会は、代表にも選ばれず…
8年越しのメダル獲得。フィニッシュ後は、最高の気持ちと今まで支えて下さった皆様への感謝の気持ちでいっぱいになりました。ありがとうございました。


そして、優勝したのは細田選手、日本人金銀独占しました。


翌日行われた、アジア競技大会トライアスロン新種目ミックスリレーでは、2走を任せれ…チーム一丸となって闘い“金メダル”を獲得しました。






皆様、ご声援ありがとうございました。


感謝



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




皆さん、こんにちは。

世界トライアスロンシリーズ最終戦エドモントン大会結果38位でした。

スイムから激しいバトルを予想してスタートしましたが、予想以上のバトルで…必死で先頭集団の最後尾で上がるのがやっと、といった状態でバイクへ。

3種目とも、世界のレベルは上がっていますが特にバイクの高速化は今年に入って強く感じます。正直、今回のレースでも、バイクで余裕がなくなっていました。

最後のランニング、前半はペースが上がらず苦しい走りになりましたが、後半ピッチが復活してラスト1周で3人抜いてフィニッシュ。


ランニングあと1分速ければ、20番前後…1キロにつき6秒。。これをチャンス!と考えるか、限界を感じてしまうか。

私は可能性のあるチャンスだと考えます!


今回のレースでは、チームジャパンの皆さんが国旗や声援で、苦しい場面で後押しして頂きました。有難うございました。エイジ、パラの皆さん、明日頑張って下さい!
U23ジュニアミックスリレーに出場する選手、チーム一丸となって日本魂を見せつけて下さい。


最後に…
初めてジュニアで出場した2001年世界選手権は、今回と同じエドモントンで行われました。あれから13年…月日が経つのは早いですね~あの時はジュニアでイケイケドンドンでした(笑)っま。今もですけどね~


◎写真は、福本テツローさんにメッセージ付きて送って頂きました。有難うございます。明日のレース頑張って下さい。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )