『地水火風空』

【プラネタリーワーク】のブログ

2015.8 春日大社・御蓋山本宮神社特別登拝(「神社おそうじ隊 見参! 特別編」)

2015-08-20 | 神社おそうじ隊 2015



『春日大社/第六十次式年造替』
『春日大社では、一年三百六十五日、二千二百回以上のお祭りが奉仕されています。
 そうした中での至高最上の祭典が『式年造替』です。

 式年とは「定まった一年の年限」、造替とは「社殿を造り替える」という意味。
 神さまがお引っ越しされることを「遷宮」といいますが、春日大社では本殿の位置は変えずに
 建て替え、あるいは修復を行うため「造替」といいます』(「春日大社・式年造替パンフレットより抜粋)



《春日大社》は、神護景雲2年(768)に、称徳天皇勅命により創建されました。
国家および国民の守護神であり、藤原氏の氏神として朝廷からの手厚い保護を受け続けた、全国3,000社以上ともいわれる春日神社の総本社です。
その神域は現在でも、御蓋山全域および飛火野と呼ばれる芝原や雪削の沢などを含め32万坪にも及ぶといわれます。

今回登拝した御蓋山は、「万葉集」や「古今和歌集」でも詠まれているなど、その霊験の高さで知られています。
春日大社創建以前より神奈備山として崇敬を集めていた山であり、創建後に狩猟伐採などが禁止となったこともあり、ほぼ手付かずの原始林となっています。




…僕は、2010年に、一度この御蓋山原始林の遊歩道に入っています。
(その当時の記事はこちら
この当時は、まだ神職としての勉強の真っ最中の頃でした。

そこから約5年の歳月を経たワケですが、この5年の間に神職資格を得て、2011年からは『神社おそうじ隊 見参!』という活動を始めました。
今回の春日大社の式年造替のこと、本宮神社登拝のことを知るにおよび、何かがグルっと一周したようにも思えました。
それならばと、即参加を決めての今回。





ニノ鳥居前で受付。

その後、「感謝と共生の館」にて、事前説明。
水谷神社→大宮参拝→若宮参拝→本宮神社遥拝所より入山→本宮神社→春日山遊歩道より下山→水谷神社に報告→直会
という流れ。


若宮神社
御祭神   天押雲根命(アメノオシクモネノミコト)

870年以上、途絶えることなく続けられてきた「おん祭」は、この若宮神社の例祭です。
この例祭は、興福寺の庇護も受け、大和国万民の祭りという特別な意味合いをもっているそうです。


 

この前日のゲリラ豪雨が、嘘のような快晴。
禁足地でもあるため、登山用の整備などされておらず、足場の悪さなどが心配されましたが、杞憂に終わりました。
先達となった春日大社の権禰宜の方の、「さ~んげ、さ~んげ、六根清浄」の掛け声と共に、本宮神社へと向かいます。



『春日大社 摂社・本宮神社』

御祭神

武甕槌命(タケミカヅチノミコト)
経津主命(フツヌシノミコト)
天児屋根命(アメノコヤネノミコト)

標高295メートルの御蓋山浮雲峰に御鎮座になり、延喜式内社「大和日向神社(やまとひむかいのかみのやしろ)」に比定される神社。
創立不詳。古伝では、まずこの浮雲峰に武甕槌命は降臨。そこからまもなく西の麓の本殿がある現在地に遷座された、とされている。
約10メートル四方の磐境の上に社殿はある。




下山後、摂社・「水谷神社」に感謝の報告。

御祭神  素戔嗚尊(スサノオノミコト)
     大己貴命(オオナムチノミコト)
     奇稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)

八坂神社からの御分霊。
北方ないし東北の方からの厄神を和め、鎮めるために鎮祭された。



直会では「中旬の献」が供された。
古儀の一つであり、宮中と春日大社でのみ行われる重儀だということ。


「禁足地」とは、「足を踏み入れてはいけない場所」という意味ではなく、本来「そこから出てはならない」という意味。
今回、その禁を解いたということは…何か、大きな変化が霊的な意味でも行われている…という考え方もできますね。

1300年以上の時を経て、開かれた神域…。
その神秘性は、解禁となった今後どうなっていくのか…個人的には、注目です。

 
平安貴族は、鹿を見ると神の使いということでお辞儀をしていたそうです。




今回、この機会をいただいた春日大社、並びにご先達いただいた権禰宜さま始めすべての皆さまに、感謝いたします。
また、今回急にも関わらず、呼びかけに応えていただいた参加者の皆さま。
本当にありがとうございました。


参加者Aさんから、記念写真をいただきました。
ありがとうございます!







ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『2015.5 神社おそうじ隊 宗... | トップ | お知らせ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
禁足地・・・大和詣を思い出しました! (参加者A3)
2015-08-21 11:18:23
田村先生、有難うございました。
ブログの禁足地というところで、
身震いいたしました。
ヤマトタケルさま、
そして、ヤマトヒメさま・・・
それぞれの想いがありました。
想いについて、何年か、まえ、田村先生に、教えていただきましたね。
あらためて、有難うございます。
今回、この日であったことに、感謝しつつ。行くことに決まっているように思ったのですが、行くことに決まっていたんだなと、いま、思います♪
コメント、ありがとうございます。 (田村)
2015-08-21 14:20:45
A3さま

解禁されゆく諸々の事柄の、本当のところを知りたいような、知りたくないような…

ありがとうございました。
またのお会いできます機会を、楽しみにしております。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む