goo

危うい関係

娘1が我が家に来るときは、2匹の犬がついてきます。
犬は2匹とも年老いていて病気持ちなので、よろよろとしか動けません。

我が家で暮らし始めた猫のピーちゃんが、初めてこの犬たちに出会った時は、大変な騒ぎでした。
ピーちゃんは、犬の姿を見た瞬間、怖がって2階への階段を駆け上りました。
階下に犬がいる間は、決して階段を降りてくることはなかったのですが、何回か会っているうちに、犬の動きがのろく、猫のスピードには追いつけないことを見抜いてしまったのです。
階段を上れないこともわかってしまったので、下から2段目くらいまで降りてきて、「どうだ、上れないだろう」と言わんばかりに、階下の犬を見下ろすようになったのです。

そして今回、まったく驚きの光景を目の当たりにすることに・・・・・


2匹の犬の前に、どうどうと居座るピーちゃん
みんな暖かなストーブの前に陣取りたいのですね。
手前の黒いダックスは、ベスという名のおばあさん犬で、おとなしいのでピーちゃんも怖がることはありません。
問題は奥に座っているダンケで、今までは猫の姿を見ると、せいいっぱいのスピードで追いかけていたのです。
それが今回は、猫から目をそらし、猫の視線に耐えているように見えます。
猫は、追いかけられたらすぐに逃げられるように、じっと犬の様子を窺っています。
もしかしたら、クッションをダンケから奪ったのかもしれません。

仲良し3匹のように見えるかもしれませんが、実は危うい3匹の関係なのです。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ピーちゃんのストーブ

ピーちゃんは、朝、ストーブに火がつくのを待っています。
ストーブが暖まったら、ストーブの上にお腹をくっつけて、ベターッと寝るのが楽しみなんです。


でもこの日は、ストーブが暖まっても座ったままで、悩んでいるみたいです。


ピーちゃんが寝ると、ストーブのスイッチに触れて切れてしまうことがあるので、“いえびと”が上にシートを乗せたのです。


暖かさが違うみたいで、それがとっても気にいらない。


とりたいけど、とれない。


「すねてやる

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ピーちゃんのことみたい

ピーちゃんが我が家に来てからもう4年、あの時1歳くらいだったと思うので、今年は5歳くらいになったのではないかと思います。
すばしこい動きはだいぶ減り、ぐ〜たら寝ていることが多くなりました。

先日、娘達が我が家に来た時に、ピーちゃんを見て、口をそろえて「太ったね〜〜〜」と言ったのです。

ピーちゃんは“いえびと”の顔を見るたびに「ねえねえ、ご飯ちょうだい」と言っているらしい。
昨日も私があげたすぐ後に、また猫の食器にザラザラとエサを入れていました。

私     「そんなにしょっちゅうあげないで
いえびと  「だって欲しがるんだもの


私     「今朝のコボちゃん、見た  まるで我が家のことみたい

漫画を見た“いえびと”は、ピーちゃんに「エサあげちゃ駄目だって」と告げていました。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

あばれんぼうのピーちゃん

昨日、ゴルフに行って帰ってきたら、家の中がこんなことになっていました。
障子がふすまに刺さってる・・・・・ガーン


「わがはい、何かしたかニャ


「ごめんニャー


おいてきぼりにしたから、腹いせ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

猫の喧嘩

玉川上水のフェンスの中で、猫が喧嘩しています。
かよわいほうの猫が大きな木に駆け上りました。


「怖いよう」 と言っています。


「下りたいけど、下りられないにゃん」 とも言っています。


だって、相手はこの面構えですもの。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ピーちゃんの話です

冬休みに入るとすぐに、一人で我が家にやってきた孫は、滞在中ゲーム三昧でした。
家では娘2に 「1時間だけ」 と厳しく言われているらしいのですが、ばあばは勝手にさせ放題ですから。

猫のピーちゃんは、孫が遊んでくれるので、来るとそばにつきっきりです。
この時も、一緒にゲーム機を覗き込んで、まるでお友だちのようでした。(笑)


冬に入った頃、寒くて可愛そうだからと、私が 『猫ハウス』 を買ってあげたことは以前記事にしました。
あの頃は、こんな風にハウスに入って寝ていたのですが。。。。。


今は、この状態。
ハウスの屋根を上から踏み付けて、ぺっちゃんこにしちゃうんです。
暖房が上から来るので、この方が暖かいと気付いた様子。
ハウスの中のほうが、温度が低いのだと思います。
せっかく屋根つきを買ってあげたのに・・・・・

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

臭い?

  「  壁に何か動くものが・・・・・


  「チョイチョイ


  「うっ  臭い


そう、カメムシは臭いそうですね。
私は、怖くて嗅いだことがないのですが。


我が家は、家の中にカメムシがいます。(汗)
これは、大根の葉っぱについて入ってきたのだと思います。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

寒くて・・・ごめんなさい

昨日から急に寒くなりました。
朝、私が起きてキッチンに行ったら、こんなことになっていました。

電気釜とかポットとか、結構あったかいんですよね。


寒がり猫を憐れに思った“いえびと”が、ホームセンターで 「ピーに猫の家を買ってやれ」 って言うから、このハウスを買ってあげました。
とっても気に入ったようで、すぐに中に入って寝てしまい、食事の時間にも遅れたくらいです。


以下は、真夏の暑かった時のピーちゃんの画像です。

「なあに?」


「なんか用?」


「そんなところに登るなって?  こう暑くちゃあ、居場所もないよ」

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

お祭の時に大量に残ったダンボールを整理していたら、いつの間にかピーちゃんが、狭い箱の中に入っていました。
猫って、狭いところと高いところが大好きですね。


「ピーちゃんがすご〜く可愛いから、ちょっと見に来て」 と“いえびと”に声をかけたら 「そんな猫、ちっとも可愛くない」 と信じられない言葉が返ってきただけで、見に来ることはありませんでした。

「これは、猫の問題じゃないんだよ。 私とあなたの問題なんだよ」 と“いえびと”に言ってみたい。
「あなたにとっては、ほんのつまらないことが、妻にとっては大事な場合もあるんだよ」

「こうして、だんだん溝が深まっていくんだよ」

NHKの 『梅ちゃん先生』 では、今お母さんが家出しています。
世の夫達には、わからないのかもしれないけれど、今日の場面を見て、泣いた妻はいっぱいいたと思います。



「ピーちゃん、箱の隙間から覗いてる


目が合っちゃった。  う〜ん、確かに可愛くないかも・・・・・ っていうか、怖い (笑)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

春は意外なところから

春が遠くにあるような気がする今日の寒さ・・・・・

でも春は意外なところに来ていました。
オスであることが判明したピーちゃんは、この季節、落ち着いてじっとしていることが出来ません。

あんなところにピーちゃんの影 
どうやら障子とガラス戸の間に入っているようです。


「ピーちゃん」 と呼んだら、出口をさがしてこの状態。


障子を破って入ったのに、その場所がわからなくなっちゃったオバカなぴーちゃん。


やっと見つけて、またまた障子を食いちぎっています。


「こらっ」 と言ったら、飛び降りる体勢になりました。


あっ と言う間に飛び降りた

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ