Days of taco

やさぐれ&ヘタレtacoの日常と非日常

交差しない気持ち

2017年08月08日 | 映画など

エドワード・ヤン監督「台北ストーリー」を見る。

長らく未公開だった同監督の第二作。

主演はなんとホウ・シャオシエン監督で、

相手役の女優さんは、ヤン監督の奥さんだった人。

そんな情報を頭に入れて見ていたら、

厳しくてキレのある演出に、

ヨコシマな考えなど吹っ飛んでしまったというか。

 

 

かつて野球選手として名を馳せたアリョンは、

実家の織物問屋を継ぎながら、まったく浮上しない自身に苛立ち、

恋人のアジンも、仕事をリストラとなり、

気持ちのはっきりしないアリョンにためらいながら、

快楽にまかせた毎日を送る。

 

淡々としたストーリー展開のなか、

だんだんストレスをため込んでいく登場人物たち。

見た目は普通なのだけど、

体と心のなかはストレスで充満して、

もう暴発寸前、というか。

 

制作が85年だから、バブル前で、

変貌著しい台北という街並みを見つめる映画でもある。

ビルのネオンサインをバックに捉えられた

ヒロインのロングショットの美しさに目を見張る。

 

こういうのをキレのある映画と言うのだろう。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暗雲立ちこめる日々 | トップ | 夏の日、とろける人生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。