マイ・パン教室 マイ・パン工房

天然酵母、無塩、無添加のパンを焼きながら食の安全を考える。70を過ぎて改めて生き方を模索する。今は工房でパンを焼く。

3月の晦日に向かって

2017年03月30日 06時16分02秒 | 天然酵母・無塩・無添加パンの作り方
花展の構想が大まかにできてから改めて周りを見るようになった。陽射しが強くなり

ご近所も皆さんお庭の手入れの姿が見られるようになりました。

あぜ道、耕作放棄地に絨毯の如くツクツクとはえ出ていた土筆も呆けたものだけが残って

います。結構取られる方もまだいますね。春が実感できるようになってきました。

幸いにも花粉症とは縁がないので春を満喫しております。

今日のパンはレーズン食パン、リンゴパン、黒糖パン、ブレッエルです。

ワールド精機のミックベイカーのオーブンが調子が悪い。唐突に着火しなくなり生焼けに

なります。四六時中ついていなければなりません。これでははかが行きませんので暫く

焼き方を変えざるを得ません。困りました。


4月を目前に知り合いの挨拶状というよりは引退のお知らせが舞い込みます。最近では

あまり気にならなくなりました。その分社会とは縁が切れてきているということか。

お役所の介護保険、国民健康保険など年金からの天引き徴収のお知らせが増えています。

年金生活も楽ではない。これからはさらに増えてくると覚悟はしています。

財政赤字の元凶は昭和20年以降の6年間の生存者です。その世代を減らし、財産を税金と

して徴収する事が今の政府の課題です。消費税、相続税、医療費など増える一方です。

私の眼前に教えて頂いた歌があり

    ゆめの世を ゆめでくらして ゆだんして

           ろせんをみれば たった六文   木喰上人

               これを頼りに生きています。





にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

t:160%;">素敵な生け花や切ない詩、曲などがいっぱい~♪こちらもどうぞ{/m_
ジャンル:
パン
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 核の考え方 | トップ | 祥月命日を前に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

天然酵母・無塩・無添加パンの作り方」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。