フルール

花と音楽のために♪

ひと言では訳せない世界の言葉

2017-11-18 | 日記

日経新聞の日曜版「NIKKEI THE STYLE」に掲載されていた

『”言葉”が彩る新しい世界へ』

例えば、Apple=りんご  といった具合に

ひと言で訳せない世界の言葉を

その国の文化に触れながら写真と共に解説してある記事が目に留まった。

hajurako(ハユラコ)

フィンランド語 物理的に適切な人と人との距離。フィンランド人はシャイで群れることを好まないといわれる。バス停で1メートルくらいの間隔を開けて並ぶ動画が話題になったが決して誇張ではない。フィンランド外務省が発表した公式絵文字にも、距離を取って並ぶ人を表したものがある。

nagligivagit(ナグリギヴァギト)

イヌイト語 いつもそばにいて、あなたを守りたい、という気持ち。I love you. と訳されることが多いが、大人の自立を重んじるイヌイト社会では子どもに対してだけ使われる独特の愛情。

詩的な言葉の紹介もあります。

mangata(モーンガータ)

スウェーデン語 夜にそっと湖畔へと足を伸ばす。そこにはぼっかりと月が浮かび、水面に揺れる光の道が映る。

スウェーデンではこんな風景をこう呼ぶらしい。

Komorebi(木漏れ日)

日本語 生い茂った木々の葉からさす日の光

日本語にも素敵な言葉がありますね。

ちょっと自慢ですよね。

記事中に、米国のイラストレーターのエラ・フランシス・サンダースさんの絵本

「翻訳できない世界のことば」が紹介されていたので、早速図書館で借りてきました。

ページをめくると美味しそうな言葉から始まっていました。

palegg(ポーレッグ)

ノルウェー語 パンにのせて食べるもの、何でも全部。

チーズ、肉、ピーナッツ・バター、レタス、なんでもみんなpalegg

ちなみに日本だったら、ごはんにのせて食べるものとか

おにぎりの中に入れるもの全部ってところでしょうか。

最後のページには、こんな言葉で締めくくられていました。

kalpa(カルパ)

サンスクリット語 宇宙的なスケールで、時が過ぎていくこと。

日本語の紹介もいくつもあります。木漏れ日以外に

TSUNDOKU (積読)買ってきた本をほかのまだ読んでいない本といっしょに、読まずに積んでおくこと。

WABI-SABI(侘 寂)生と死の自然のサイクルを受けいれ、不完全さの中にある美を見出すこと。

BOKETTO(ボケっと)なにも考えず、ぼんやりと遠くを見ている時の気持ち。

侘 寂 あたりは、日本人でも難しい言葉でしょうね。

 

ところで

       OKAIMA (オカイマ)

わかります?

仕事から帰ってきたパパ

ただいま♪

おうちで待っていたママ

おかえり♪

片言のおしゃべりができるようになった孫のはるちゃん

おかえりとただいまを同時に聴いているうちに

おかいま~♪と

インプットされてしまいました。

小さな子供を中心にした

若い夫婦の暮らしぶりがほのぼのと伝わってきて微笑ましい。

ママははるちゃんに

「おかえり」でしょ!と促すが

なかなか上手に言えないはるちゃん。

しかし、はるちゃんのこの造語がなかなかどうして重宝するのです。

たとえば

私と夫が勤務先からあるいは外出先から同時に帰宅する。

玄関先でお互いが「おかえり」であり「ただいま」である時に

 おかいま~♪

 

 

 


すっかり寒くなりました。

コートを着込み冬本番

フィンランドのシベリウス

冷厳、清澄なヴァイオリン協奏曲を

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

藤沢周平著_秘太刀 馬の骨_もう一度読み返したくなる時代小説

2017-11-04 | 日記

待望の三連休の半ば

庭の敷石を敷きなおすという”平成の大改修”を

昨日の好天のもと、捗りはしましたが

今日は朝からの雨

やり残した作業はまた次の機会に持ち越し。

晴耕雨読、ただ平凡に暮らせれば、ほかに何もいらない。

部屋に引き籠って、邪魔にならない音楽を流す。

本の世界に入ってしまうと

結局、音は耳に届いていないものなのですが

静まり返った部屋に居ながら

音楽を流さないというのは、なんだか・・・

空間を無駄に使っているような気がして落ち着かないのであります。 

     

藤沢周平の「秘太刀馬の骨」読了。   

先に読んで勧めてくれた夫と

読後の感想会。語るほどについつい二人とも熱くなる。

もう一度読み返したくなったね。

先入観を捨てて、隅々まで注意深くね。

人情の機微に触れられる

じ~~~んと・・・読み応えのある名作といえるでしょう。

     

さて、読書中のBGMには何が相応しいのか

注意深く考えてみました。( ´艸`)

今まで聴いてきたクラシック音楽の中で

私が最も好む曲が、実はこのラルゴ♪

1曲リピートに充分耐えられる、季節を問わずいつ聞いても飽きのこない名曲だと思っています。

ヴィヴァルディ 四季、冬第二楽章

 



  セイロンランティア 

8月に購入した一鉢

10月に入ってやっと一輪咲いてくれました。

 


 

 

 

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ふたりの長い影_クラプトンの曲♪Find Myself♪

2017-11-03 | 日記

 


黒ほうずき

 


散歩コースの河原

冬枯れがはじまるこの季節 


カメラを向けたい花もすっかり消え失せて

朝日を背に長く伸びた影を撮ってみました。


 


 

ポーズを色々とってくれる隣の人は、私のおっとです。 



 

 

夫に捧げるクラプトンの三曲♪

軽いノリがお気に入り♪☆彡


Find Myself


 Got You On My Mind


 You were there


 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

カズオ・イシグロの『わたしを離さないで』を読んで・・・”Song Of Bernadette”が響く

2017-10-21 | 日記

 ノーベル文学賞を受賞されたカズオ・イシグロの小説、もうお読みなりました?

快挙の報道があった後すぐ図書館に予約を入れましたが

我が町の図書館が所蔵する彼の小説6冊はどれもこれも

もうすでに多くの予約がついていました。

夜想曲集 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語、6 番目。 日の名残り、51 番目。 わたしを離さないで、47 番目。 浮世の画家、22 番目。 わたしたちが孤児だったころ、25 番目。充たされざる者 、19 番目。  忘れられた巨人、39番目。

とりあえず6冊全部に予約を入れて待つこと、多分、この調子だと日の名残りなどは、一年待ちでしょう。

職場の上司がお昼の休憩時間に

「フルールさん、カズオ・イシグロをご存知でしたか」

と尋ねられたものですから

「いえ、まだ読んだことがなくて・・・すぐ図書館に予約を入れましたが、どの本も予約殺到で、読めるのは来年になりそうです」

そんな会話をしていた翌日

なんと!「わたしを離さないで」の文庫本を手に

「どうぞ、ゆっくり読んでください」

映画化ドラマ化と話題になったころ、すでにお読みになっていた上司の奥様が貸してくださいました。

ゆっくりどころか、読みだしたら止まらない♪一気読み

軽やかで切れのある文体。修辞的技巧を排したシンプルなセンテンスにもかかわらず

物語の状況を充分に読み手に与えてくれるのは、的確な描写力によるものでしょう。

「わたしを離さないで」は、まるでミステリーのように展開 –2006年の「このミステリーがすごい!」で上位に選ばれているようです。

ミステリーというより、小さなパーツ(短いセンテンス)を、周りの状況に合わせて組みあげていくジグソーパズルのようです。

テーマはクローン。翻って人間そのもの。 

ロボットに対する人間の感情的反応について、森正弘氏が提唱したのが「不気味の谷」

人間そっくりなクローンは不気味そのもので、恐怖すら抱くのが人間の感覚でしょう。

それが、小説を読み進むにつれ、人間側ではなくクローン側に感情移入してしまっている自分自身を意識してきます。

作家の術中に嵌ったことでしょうか。

声高に多くを語らぬ寡黙さ、静謐で抑制の効いた文章

最後のピースは如何ように置きましょうか

おそらく、置かなくても良いのかもしれません。空いたままで。

そんな気がしてきました。 

ところで、クローンで思い出したのが

ご自分にそっくりのアンドロイドを紹介されて話題になったロボット工学者、石黒浩氏

彼もイシグロ。ほんの偶然でしょうけど。

 

追記です。

kindleのお試し版(最初の部分のみ)で読んだ「日の名残り」にあった執事スティーブンスの語りの一節が印象的でした。

『問題は、美しさのもつ落ち着きであり、慎ましさではありますまいか

イギリスの国土は、自分の美しさと偉大さをよく知っていて大声で叫ぶ必要を認めません』


この小説を読んで思いついた曲がこれです。

メロディーと歌声が好きです。

詩の内容も温かく優しいですね。

共感いただければうれしいです。

 

       ♪Song of Bernadette♪ 歌はジェニファー・ウォーンズ 



今日撮ってきたバラの数々です。秋バラは涼しいので長く綺麗を保ってくれますね。

 

 

 


 

 

コメント (29)
この記事をはてなブックマークに追加

素朴な琴_八木重吉~♪チャイコフスキーのアンダンテ・カンタービレ~静かに歌うがごとく♪

2017-10-08 | 音楽

 

   素朴な琴   八木重吉

この明るさのなかへ

ひとつの素朴な琴をおけば

秋の美しさに耐えかね

琴はしづかに鳴りいだすだろう



 

紅葉の季節

那須高原、日光、乗鞍、美ヶ原・・・と、景勝地は数々ありますが

詩が持つ力でしょうか

秋の美しさが

この詩を読むだけで

ぱ~っと目の前に拡がりふくらみ始めます

高く澄みきった青空 艶やかな紅葉

白いススキの穂 木の実に落ち葉 あかとんぼ

あまりの美しさに

そよ風が風鈴を微かに鳴らすように

琴の弦が震えだすのです

まさに琴線に触れるごとく

  


琴での演奏ではありませんが

この詩で思い浮かぶ曲が

チャイコフスキーのアンダンテ・カンタービレ_静かに歌うがごとく


 この曲は、妹のアレキサンドラが住むキエフ地方にある田舎の別邸を、チャイコフスキーが訪問しているあいだに生まれました。

家屋の塗り替えをするために雇い入れたペンキ屋が、仕事をしながら歌っていたメロディーに魅せられたチャイコフスキー

すぐさまそれを譜面に起し、それをもとに「弦楽四重奏曲、第一番ニ長調」の静かな楽章を作りました。

 冒頭にそのペンキ屋への献辞が添えられている「アンダンテ・カンタービレ」(静かに歌うが如く)は

チャイコフスキーと彼のファンであるトルストイとを合わせるために

親友のニコライ・ルビンシュタインが計画した音楽の夕べのプログラムにも入っていました。

 チャイコフスキーは、その日の日記にこう記しているようです。

"It may be that never in my life have I as a composer been as flattered and touched as I was when Lev Tolstoy sitting beside me and listening to the Andante of my quartet, burst into a flood of tears."

「音楽家としての私の生涯のうちで、レオ・トルストイが私のかたわらに腰かけてアンダンテに耳を澄ましながら涙していた時ほど、心から満足に思い感動したことはなかった」

※ このエピソードはリーダーズダイジェストの「作曲家とその音楽の解説」を参考にしました。

 


 

 

–秋のノゲシ–

 

–ピラカンサ–

 

 


 

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加