フルール

花と音楽のために♪

ハルジオンが咲くころ

2018-05-02 | 日記

 


ハルジオンが咲きだした。

華やかで儚い桜ともちがうけれど

糸状の細いはなびらと黄色の蕊

ほかのどの花ともやっぱり違う個性に惹かれる。

原民喜の文章にこんな表現があります。

明るく静かに澄んで懐しい文体

少しは甘えてゐるやうでありながら

きびしく深いものを湛へてゐる文体

夢のやうに美しいが現実のやうにたしかな文体


「文体」を「花」に置き換えたら

ハルジオンがぴったりくる。

原民喜の文章は、こう続く。

私はこんな文体に憧れてゐる。

だが結局、文体はそれをつくりだす心の反映でしかないのだらう。 


  

 

いつもの公園で今年も群生していました。

カメラのファインダーに飛び込んできたアゲハ蝶

滅多に訪れないシャッターチャンス

黒にあざやかなコバルトブルー

ひらひらと飛びまわるアオスジアゲハ

じっとしていないせわしなさは

ショパンが表現していました♪

 

 

 


ショパンのバタフライは、ジャズバージョンもなかなかいけます

 

 


6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
飛べます~この曲♪ (アゲハ蝶)
2018-05-02 13:23:54
フルールさん、アゲハ蝶と申します。
ジャズの音色にどこへでも飛んで行けそうです。ハルジオンという恋人は僕のことを
覚えていてくれるでしょうか?
アゲハ蝶さん♪ (フルール)
2018-05-02 15:15:41
まぁ!びっくり
ハルジオンの記事にしてよかった♪
アゲハ蝶さんが立ち寄ってくださるなんて♪
ありがとうございます。
来年もハルジオンの咲く季節に
公園でお待ちしていますね。
ずっときっと忘れません♪^-^
お久しぶりです (のり)
2018-05-03 09:47:30
野辺に咲くハルジオンの美しさをこんな風に紹介して下さって有難うございます。
原民喜さんの文と共に深く心に響きました。

ショパンのバタフライはジャズバージョンの方が好きです・・・
のりさん♪ (フルール)
2018-05-03 11:56:05
丁寧に読んでいただきありがとうございます。^-^
原民喜さんの文章は
図書館の順番を待ちようやく読み終えた
一昨年の本屋大賞『羊と鋼の森』に、ピアノ調律師の理想の境地として、繰り返し出てきた文章で印象に残ったしだいです。
のりさんの心にも共鳴されたと知りうれしい限りです♪
ありがとうございます。
ジャズ風にアレンジされたバタフライは、より一層自由に羽ばたいている蝶らしくて
私も本曲よりずっと気に入っています♪
ハルジオン (やましらかわ)
2018-05-03 21:41:40
フルールさん こんばんは!
ハルジオンの花が行く先々でたくさん咲いて出迎えてくれます。
どこにでも花を咲かせ、厄介な雑草として扱われていますが私は大好きです。
淡いピンクの花びらがとてもかわいいです。
このハルジオンの花には蝶やミツバチや小さな昆虫が集まってきますね。
いつも立ち止まってハルジオンに集まった虫たちと一緒に遊んでします。
やましらかわさん♪ (フルール)
2018-05-04 10:13:37
おはようございます♪
ハルジオンが真っ盛り、しばらく楽しませてくれますね。
その次はヒメジョオンが控えていてくれて。
珍しくはありませんが、みるとホッとします。
そしてやっぱりほかの珍しい花と同じようにカメラを向けたくなるのは、きっと愛らしいからでしょうね♪
やましらかわさんも同じように「大好き」と思っていました。
それを伝えてくださって嬉しいです。ありがとうございました。^-^

コメントを投稿