書き逃げアンドロイド。

副交感神経が優位になるような写真が好き。

○伊集院静。

2017年08月05日 21時44分55秒 | 意識論関連
伊集院静はペテン師に過ぎない



○「他人の痛みがわかるようになれば教育の8割は終わりである。」

「なぜ他人の痛みがわからない人になってしまうのか。」といった原因や、「どのようにすれば他人の痛みがわかるようになるのか。」といった具体性のある対策は一切スルーしておいて

「他人の痛みをわかるようになれ。」と上から目線で命令しているだけであり、こんな無責任な話で満足している奴も含めてバカの集団としか言いようがない

これこそ大衆迎合であり、こんなバカの書籍でどんなに金儲けをしようと普遍的価値などない

虐待の連鎖がなぜ起こるのか、それは虐待されて育った人にとっては自分の痛み自体がわからなくなってしまった結果、他人の痛みに対しても、自分の子供の痛みに対しても、それを痛みとすら感じなくなってしまっているのが原因である

こうした具体的分析をスルーして「他人の痛みがわかるようになれ」などと述べるのは、ただの無責任な「お花畑」としか言いようがない

そもそも「8割」の根拠も不明でわけがわからない




○「白いものを黒いと言われても認めなければならない これが社会というものだ。」

東京電力福島第一原発では、「津波に対する危険性を考慮に入れたら、日本のどこにも原発は造れなくなるんですよ。」と言われて、これを承諾した結果があの重大事故になったのであって。

「認めなければならない。」などというのは単なる迎合でしかない。

自分の生活のために組織や国家の利益を追求し、個人が自律的な社会的責任を負わなくなるから社会が崩壊するような重大事象が発生するのである

間違った社会にただ迎合するだけだからこそ、原発事故のような重大事象を招く根本的原因であり

「白いものを黒いと認めろと。」多数や顧客や上司や権威から強要されても、「白いものは白いものであり、黒くなどありません。」と抗う個人の自律こそが、社会安全性を高めるのである

「それでは社会で生きては行けない。」などという反論をしだすバカもいるだろうが

間違いを間違いだと認めない社会多数の方が間違っているのに、間違った社会多数に迎合してまで生き続けることを勧めているというのは人間性の本質を無視したご都合主義としか言いようがない

ヒトは所詮有限の寿命しか生きることは出来ないし、どんなに金儲けをしようと死んだ後には金など意味がない

人間としての本質的価値というのは、その場限りに「生きる」ための行動選択だけで決定するようなものではなく

むしろ「どう死ぬのか。」にこそ存在するのである

安物の宗教家やヒューマニストなら、「命は尊い」などと称して生存こそが絶対的正義か何かだと言い張るだろうが

ナチズムに反対して命を落とした思想家の存在を無視した軽薄な発言であると認識すべきである



○「人生の選択で迷ったら困難な方を選べ。」

ノーベル賞受賞者の益川 敏英は、公然とEテレ(NHK教育放送)で「苦手なことや嫌いなことはそんなにしなくて良いから、好きなことや得意なことを伸ばした方が良い。」と述べている

努力辛抱根性的な精神論が大好きな昭和アナクロ脳にとっては「苦手を克服」することこそが人格形成に役立つものであるという「解釈」によって、その場限りに安心満足するのだろうが

こうした話には合理的根拠など存在せず、何も考えを持たないバカの脳にとっての安心満足中毒を促しているだけの洗脳である

こんな話を鵜呑みにしているからこそ、電通のようなブラック企業が一向に減らない原因を作り出しているのである

たとえ好きなことや得意なことを伸ばすとしても、それなりに苦労や努力は要るものであって、困難というのは実際にやってみなければわからないのである

それでも好きなことであれば諦めることなく続けることができる結果として、多くの人が成し得ないような結果にまで到達することも可能になるのであり

ブラック企業やブラック社会に迎合しても、社会安全性や持続可能性を喪失するだけで、たとえブラック世間で「成功」しても、その「成功」には人類全体にとっての普遍的価値などなく、「その世間における薄っぺらな成功。」でしかない



Ende;
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ○最近きになったもの。 | トップ | ○犬目。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

意識論関連」カテゴリの最新記事