書き逃げアンドロイド。

副交感神経が優位になるような写真が好き。

○斉藤さん。

2016年05月20日 16時18分37秒 | 日記

斉藤さんも似てるんだかなんだかわからなくなったんので、他の頭に着手しようかなと思っている。

目が大きすぎるのか目許が池田エライザちゃんっぽくなっちった。



段ボールで乾燥台をこしらえるんだけど、段ボール工作が楽しくなっちゃってアサルトライフル的なものもこしらえてみた
Fig:
ISO80でストロボ焚いても暗くてなんだかわからんね。

ノリって適量があって、タップリ塗り過ぎると乾燥が遅くてくっつかなかったりする。

近所の子供にあげようかと思ったけど、こういうのって子供自身に作らせないとそこらへんに放置してゴミになったりするのよね。


Ende;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○Bosch製スパイスミル。

2016年05月12日 12時55分34秒 | 日記
Boschのスパイスミルなんてもんがあった。



電動ドライバーで使う時にはミルとドライバーの両方を持たなければならないので、あんまり使い勝手は良さそうではない。

なので単純にスパイスミルだけ欲しい。


Ende;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○「O」。

2016年05月11日 23時15分56秒 | キンシヲ
5月11日

押上 墨田区です

見えてない? スカイツリーがすぐそこにあるはずなんですよ

みんな写真撮ってるでしょ

俺の5分間の苦労は何だったの



横綱だね

業平 在原業平(ありわらのなりひら)

銭湯あるじゃん 桜湯(公式)

あれも銭湯じゃん

どうするこういう宮造りだったら

あコロッケとか食べようかな あげるよ ソースも

愛知屋さんだって

メンチカツですか テレビに出た(お肉屋さん) うまいこれ

なんかさ わかる? 肉がぶつ切りなの 太麺タイプ

大黒湯(公式)

煙突とスカイツリー

駅戻ろう

☆晴の輔 土地こばなし 東京都墨田区だな 河口付近だったんだな 河川の力で押上たんじゃないか説 中小零細の地場産業を発展させようと 墨田区はハッキリとした展望があったんだ ドンドン

東京スカイツリー駅に戻ってきました 業平橋駅って書いてあるって思ったんだ

曳舟川由来だって 岸から舟を曳かせた

薬師湯だって シャッターに富士山

曳舟駅に来ました 良の湯

京成曳舟もあるんだ

コーヒーショップ花屋だって ナポリタン わ結構サラダが多いね

この太い柔らかい麺が キャベツも巻き巻きしちゃった

影どこかな

京成曳舟駅に来ました

京島という所に来ました

前にも一度来たことがあるんだけど 小さい路地がいっぱいあるんだよね 真っすぐな道がない

んー ピーマンの肉詰め串

あずま湯 3時になるといっぱい人が集まるって

タイヤ工業って書いてあるね(煙突) 昔はタイヤ造ってた だいぶ昔です 

磯タイヤさん

あのてっぺんから太陽が突き出す所行こう ダイヤモンドスカイツリー

太陽見すぎて目がチカチカする *:あんまり見ちゃダメだよ

来週「P」なんだよ「P」無いんだよ




東急(乗入れ)じゃん ナポリタン食いながらコーヒー飲みながら電車見れるって最高じゃん (花屋)


Ende;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○「N」(根府川)。

2016年05月06日 10時44分26秒 | キンシヲ
5月4日

これでどこかわかりますか?

先週は「M」で松永

今日は水曜日

5月5日に隠居ペディアとライブ

根府川駅を出発して早川、小田原を目指しましょう

根府川と言えば 根府川石っていうのがあって

関東大震災の石碑かも

早川口遺構

早川駅に来ましたよ

カツ丼だよね

あれは小松石 小田原の小松石 二番目に高い

一番高いのは庵治石

☆晴の輔土地こばなし 東海道唯一根府川駅だけが完全なる無人駅 15輛編成が停まる無人駅 ヒルトンホテル

小田原城が見えるよ

小田原提灯灯台

早川口 小田原城跡なの?

北条支配 総構

僕の中では小田原はあんぱんなんですよ

柳屋アンド守屋

小田原駅跡

柳屋 大正10年

隣でコーヒーのテイクアウト 今日からテイクアウト始めた

もう一軒の柳屋 こっちが本店 そうもちもちもち

薄皮あんぱん

守屋

またみてね~




これレモンに似てない? 温暖なんだね。

これだけ写真に撮ったら、「まだ瀬戸内海にいるのか?」ってなるよね。




柳屋ベーカリー goo地図

守屋製パン店 goo地図

Ende;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○何タルト崩壊?。

2016年05月06日 10時34分04秒 | 日記
同じ文字をずーと見続けていると、その文字が何の文字なのかわからなくなるゲシュタルト崩壊とかいう現象があるけど。

顔の造形でも同じような現象があるらしいので、途中で似てるんだか似てないんだか何なんだかさっぱりわからなくなることがあるので一月くらい放置しないと脳がリセットされないんだけど、

どうしても気になって見ちゃうのよね。


おたべさんと島津さん。

なので斉藤由貴的なものに着手することで目を逸らそうという作戦。





関係ないけどフジフイルムX-M1の色って素敵だな。


キヤノンにしようかフジフイルムにしようか悩むー。

品川区大崎写真館



Ende;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○日記。

2016年04月30日 13時56分02秒 | 日記
石粉粘土って陰影がうまく写らない気がする。

まだ眉毛周辺の形が把握できていない気がする。


◇大分県日田市で巨大な落石で軽トラがペタンコになる事故が。

運転してた人は奇跡的に軽傷で済んだらしい。

こわいわ。

ニュース記事ってしばらくすると消えているので西日本新聞から無断転載してみた。

問題あるかしら。

◇追記:ふと思いついたんだけど、このクラッシュした軽ワゴンを3DスキャンしてDMM的な所でデータ販売したら欲しい人いるんじゃかなろか。

もうスクラップ屋に引き取られちゃったかな…。

Ende;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○「L」のはずが「R」に。

2016年04月21日 15時57分09秒 | キンシヲ
4月20日

というわけで今回は… 締めたくなる景色ですよね

今回は「L」なんですよ

重富Pが住んでいる大倉山にある「レモン通り」は抑えたんですよ

生口島(いくちじま)

しまなみ海道 因島 ここから生口島にあるレモン谷



笠岡っていうところからバスに乗って旅したことある

明日の「M」も合宿で撮ろうと思ってます

ねぇ どうする… ここがレモン谷なんですけど 結論から言いますと「R」なんですよ

Remondani

いい景色だな…(現実逃避?)

今回は「R」にしとこうか

☆晴の輔 土地こばなし 広島県尾道市生口島のレモン谷か レモンは元々はヒンドュー語からきている 

先週は小金井でしたね(仕切り直し)

そりゃそうなるよね

キンシオさん? 神奈川から来ました(自転車のツーリスト) え、しまなみ海道これ?

百景だよ さっきの自転車の人が橋渡るところ見届ける?

あれ瓢箪島 NHKひょっこりひょうたんじまのモデルとなった

これボロでよければただであげるよ TVKのスタッフに配ればいいじゃん

多田羅大橋は アジアで2番 斜張橋として

蛸処 憩 ん!レモンだ うん おいしい

耕三寺(こうさんじ) 参門は法隆寺 五重塔は室生寺 本堂は日光東照宮

お名前何でしたっけ 「田中すすむ」とか(学芸員) 全然違うんですよ~

佐木島

*:テレビ埼玉では来週もお休みで 次回は5月4日 (T_T)



主演 キンシオ(田中すすむ) *:エンドロールにこう書いてあった

うれしいなこれ おいしい いつも飲むレモンとまた なんだろう 思っているレモンとまた何か違うんですよ







レモン谷 何も書いてないけど この辺りらしい。

瓢箪島 地図上では何も描かれていないが航空写真に切り換えると出てくる。


Ende;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○程遠い。

2016年04月20日 14時21分16秒 | 日記
おたべさんっぽさは何となく出て来たような気もしないでもないのだけれど

黒井さんっぽさまでは程遠い気がする。

ちなみに頭の形がおかしくなったのは、縦に切断して5㎜程削って再度接着してごまかした。

Ende;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○詐欺。

2016年04月18日 15時46分15秒 | 意識論関連
養老孟司がこんなことを言っていた。

「ファンタジーが好きなことをバカにされたが、ハリーポッターが成功したのでざまぁみろと思った。」

養老は単に「ファンタジーが好き」なだけであって、養老自身の作品でも何でもないものの社会的成功がどうして「ざまぁみろ」なのかが全く意味不明である。

毎度のことだが養老は「社会的成功に意味はない」とも言っているので、相変わらず論理整合性のない支離滅裂さは健在である。

世間の大衆の大多数は、言っている内容の論理的整合性よりも、世間的成功などの勝ち負けを短絡的に人間としての価値だと信じ込む習性があり。自律的には誰も論理検証などという面倒臭いことはパスして世間的成功者の言っていることにこそ価値があるという妄想に溺れる傾向がある。

大衆の多くは、世間的成功などの表面的な勝ち負けを短絡的に人間としての価値か何かと錯覚しているが。世間的に成功して資産が増えり名前が売れたからといって人間としての社会性の論証には全くならないことは、少しでも考えれば気付くはずであろう。

大衆の多くは、社会持続性や安全性よりも、「こうすれば(現状世間において)成功出来る。」的な話にばかり意識を奪われ。世間的成功者を崇め、媚びへつらい、服従迎合するという、卑しい価値観を優先してしまう習性があり。これが論理検証性を失わせ、実証不能の観念を鵜呑みにする原因でもある。

ヒトという種の生物である以上、目先の利益が、自分が生活する社会全体の利益よりも優先してしまいがちな傾向があるのは確かだが。そうした先天的本能習性に無意識に流されていては人間性もすったくれも語るに足らない。

そもそも個人的にファンタジー小説が好きかどうかなどというのは個人の勝手であって、そんなことをバカにされたなどという話にいちいち反応して「悔しい」と思っている時点で、世間大衆の意見に簡単に流されるという自発的主体性の欠如を物語っており。これもまた、自律的論理検証性の欠落に起因した、その場限りの気分感情に思考が左右されてしまっていることも示している。

養老孟司の著作では、ちょくちょく「悔しい」といった主観的気分感情論に基づいた大衆迎合的勝ち負け論が登場するが。こうした主観的な気分感情論を陳列しておいた方が大衆にとっては何かをわかったような錯覚に陥れ、人気を得ることが簡単なようなのである。

大衆の多くは、論理的に正しいかどうかなどには興味はなく。あくまで気分感情的な共感を得て、気分的に「納得」することを短絡的に「論理的理解」か何かと勘違いすることで。論理的には何の意味も持たない観念論を、あたかも科学的論拠であるかの如く錯覚するのである。



米国ではドナルド:トランプのような金持ち有名人でさえあれば人気を得ることは簡単なようで、言っている内容がただのヘイトスピーチであろうと、その場限りに気分的に共感しさえすれば何かの解決にでもなるとでも妄想するのであろう。

気分的共感というものは、その場限りの気分的な安心満足感を得ることが可能な麻薬のようなものであり。麻薬で脳が麻痺していれば、自律的論理検証性も何も働き難くなることは必然かも知れないが。そんな先天的本能習性という無意識に流されていて倫理も人間性も語る資格はなかろう。

気分的共感というのは、ヒトという種の生物における先天的な社会形成習性の一部であり。無意識な条件反射的行動バイアスでもある。「スルメ見て、イカがわかるか。」と言われて悔しいなどという話は、所詮養老孟司個人の主観的感想でしかないのだが。そんな話に共感して何かを論理的に理解したかのように妄想錯覚しているから、養老の大衆人気に基づいた世間的権威性が温存されてしまうのであろう。

養老孟司の言っている内容というのは、どうにでも解釈可能なあやふやな話ばかりで、ほとんど占い師レベルの話であり。科学を装った詐欺でしかない。

現状社会制度上では占いは詐欺としては扱われていないが、論理的根拠のない嘘で金を請求していて詐欺以外の何なのかは私には理解出来ない。

養老孟司や茂木健一郎の言っている内容を詐欺だと理解していない以上、どんな詐欺にでも簡単に引っ掛かるのは当たり前の話であろう。


Ende;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○バランス崩壊。

2016年04月17日 10時56分36秒 | 日記
写真見ながらおでこ盛ったら

頭のバランスがムチャクチャになって耳の位置もおかしい


斜めから見ればそんなに出っ張っているようには意外と見えない

おでこさん難しいよう 難しいようおでこさん(ToT)



平祐奈系狙ってこさえたけどNHKの島津アナっぽくなってきた




それはそれでかわいいからいいかな

Ende;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○善人。

2016年04月16日 00時01分07秒 | 意識論関連
自分のことを全面的に善人だと思っている時点で危険だと思うぞ。

「人類の救済」とか言いながら地下鉄に毒ガス撒き散らした集団いたじゃん

「他人の役に立つ人になりたい」なんて多数他人からの評価を求めているから薬物に手を出したりするんであって、いわゆる大衆観念的な「自意識(他人からの見た目)」に意識を奪われているから本質的意識である自律的論理検証性を失うことに陥るわけよ。

ノーベル賞受賞者の益川 敏英氏は、「嫌いなことや苦手なことはそんなにやらなくて良いから、好きなこと得意なことをやった方が良い。」と言います。

これはつまり、他人からの評価よりも自分の「好き」といった、自己の主観的価値観に基づいた本質的自発性を優先するべきだという意味になります。

主観的価値観に基づいた自発性というと、あたかも自分勝手な価値観を優先するかのようにも思えるかも知れませんが。自分の主観的価値観を持っているからこそ、他人の主観的価値観(好き嫌い)も理解出来るのであって。自己の主観的価値観を蔑ろにすることによって、他人の主観的価値観にも配慮が失われることに陥り、結果的に社会的に身勝手で自己中心的行動をも採るようになるわけです。

「自己中心的な者に、自己はない。」という言葉がありますが、これは「身勝手で自己中心的な者には、主体的自律がない。」という意味であり。他人への配慮がない者というのは、そもそもが自己の主観的価値観を大切にしていない結果として、他人からの評価ばかりを優先し、結果的に自律すらも持たないわけです。

身勝手で自己中心的であり、自律的な社会的責任判断選択を全く出来ない者というのは。そもそもが自分自身の主観的価値観を持っておらず、本質的自発性がないが故に他人からの評価承認ばかりに意識を奪われている状態なのです。



神の存在を信じることが進化的価値を持つものであるという説がありますが、そもそも進化というのは淘汰の結果として生存してさえいれば良いのであって。自分の所属する集団組織の利益だけを優先して、他の集団組織に加害することで、結果的に淘汰されても進化的結果としては良いことになるわけであり。 自分の所属する集団組織の利益についての効用だけを取り上げて有効であるとするのは、ご都合主義的解釈でしかありません。

進化というのは「結果」でしかありませんから、断片的結果だけを抽出枚挙してご都合主義的に効用を陳列するのは科学的でも論理的でもありません。




Ende;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○オーガニック幻想。

2016年04月13日 23時16分39秒 | 意識論関連
太陽系の惑星が異常接近して軌道を乱されたり衝突しないのは、別に惑星が自ら異常接近しない軌道を選んだわけではない。

太陽系が出来た最初の頃の原始惑星系が散々軌道を乱しまくって衝突を繰り返した結果として、安定した軌道の惑星だけに淘汰されたからである。

このように天文学では結果と目的を明確に区別して考えるのに、進化生物学では生物が自らの遺伝的要素を選択したと言い張る。

時折「天然の物なら絶対安心」というオーガニック幻想が聞かれるが、大衆というのは進化生物学に対して「自然の結果である進化というものなら、全て正しい結果を自動的にもたらしてくれるありがたいものである。」的な幻想を抱いていて。

大衆の多くは進化の結果に過ぎない先天的本能習性にさえ従っておけば、全て正しい目的に到達出来るとでも妄想しているのではなかろうか。

これに対して進化生物学は、大衆の妄想にとって都合の良い話を陳列することで迎合し、科学としての論理的検証を放棄しており、社会的役割を全く果たしていない。

アスベストもテトロドトキシン(フグ毒)も天然なんだよね。

水仙も曼珠沙華も毒がある。 水仙がニラに似ているからって食べて食中毒になる事故が増えているらしい。

ヒトという種の生物には先天的に人間性が組み込まれいているという妄想に基づいた「人災」も絶えない。


Ende;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○おでこさん。

2016年04月13日 22時32分43秒 | 日記
おたべさんがおでこさんでもあるこたしってたつもりだが

ここまでだとは思わなかった。

他の写真みてもそこまで出っ張っているようには見えない


やっぱりおでこさんなので前髪厚めにしているんだろうなぁ


かわいいんだけど 凄いアクの強い顔してるのね。

Ende;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○その後の泥人形。

2016年04月12日 12時00分37秒 | 日記
ドS刑事の黒井摩耶的な球体関節人形にしてみたいのね。

Fig:

NHKクッキンマインの福原遥ちゃん(初期のちびこい頃ね)系とか、平裕奈ちゃん系を目指している。

Fig:


◇追記:単なる書きまつがいレポートなんだが笑ってしまった。


Ende;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

○バカ中毒。

2016年04月11日 14時53分49秒 | 意識論関連
進化生物学からは、先天的な本能習性がどのようにして形成されたのかという「結果」としての原因しか出てくることはなく。そうした「結果」である先天的本能習性に対して条件反射的無意識に流されずに「目的」行動選択をするための意識については全く言及されることはない。

進化生物学にとっては人間としての自律や倫理など、どうでも良いことだからである。

先天的本能習性がどのようにして形成されようが、それは「結果」としての一因ではあっても。人間として自律的選択をするかどうかという、意識的「目的」の有無に関わる根本的原因とは関係がない。

先天的本能習性がどうあれ、自律的に社会責任判断選択をしてこその人間性や倫理であって。進化生物学的説明からは、こうした人間性や倫理を論ずることは出来ないのである。

バカな大衆マスコミの大多数は、先天的な本能習性さえ論じておけば何かの解決にでもなると錯覚妄想しているようだが。先天的な本能習性についての「説明」をどんなに陳列しても、ヒトが人間として行動するための倫理や人間性にまでは構造原理的に言及不可能なものなのである。

先天的本能習性というのは、あくまで無意識であり。行動バイアスや条件反射に過ぎず、意識的な目的行動選択に関わる事柄とは論じているレベルが全く異なるのである。

特定環境下において、人間性を伴ったような行動を採る先天的な本能習性が発見されたとしても。先天的本能習性に関わらずに自律的に行動選択を行うという本質人間性とは全く異なる断片的な「結果」でしかない。

どんなに人間性を伴ったように見える本能習性を発見しても、それによってISILや暴力団などに見られるヒトの暴力性の論理反証には全くならないからである。

本質的意識によって、自律的に選択された「目的」とは。進化生物学による先天的本能習性という「結果」に関わらないものであって、進化生物学というのは人間性や倫理とは無関係な学問に過ぎないのである。

こんなことをいちいち説明しなければ解らない時点で相当バカなのだが、学力が高いだけで満足して自律的自発的には何も考えようともしないバカしかいないので致し方あるまい。

進化生物学というのは、先天的本能習性という「結果」についての「説明」」しかすることはなく。こうした「結果」に関わらずに自律的に選択すべき人間としての「目的」行動選択については、進化生物学は専門外であり、範囲外なのである。

故に長谷川眞理子は「ヒトの犯罪が減るか増えるか、楽しみだわ。」などという傍観者の立場を平気で採るのであり。どのようにすれば犯罪や暴力が減らせるのかという、意識的目的に関わる行動選択になど全く興味も意志も持たない。

にも関わらず、先天的な本能習性でどうにかなると思っているのは、大衆マスコミの勝手な妄想錯覚であって、そうした意識の低さ、論理検証性の欠落こそが、人間性の欠如の一因でもある。

生物には目的はない。生物であること自体には何らそこに意識的目的行動選択が介在する余地が構造原理的に存在しないのである。

生存というのは結果であって、大衆マスコミが大好きな「命は尊い」だとか「命は大切」などという観念論を振り回して生存こそが生物の目的であるかの如く大衆迎合しておけば進化生物学者は人気を得ることは簡単であろうが。これは科学的で論理的根拠を持たない一種の詐欺ペテンに過ぎないのである。

本気で暴力や犯罪や「人災」を減らすことを目的とするのであれば、こうした実証不能の観念に囚われずに、徹底的に論理的原因究明をしないことには実効性のある再発防止対策には全くつながらないのである。

それこそ刑法懲罰による判決を短絡的に「解決」か何かだと妄想錯覚している事実すら認識出来ないバカな大衆やマスコミには困難なことなのかもしれないが。バカに迎合していても意味のある議論には全く発展しない。

一人のヒトが自律的な社会的責任を負わない原因とは何か。それは自律の源となる自発的選択自体が存在していないからである。

東電福島第一原発の津波に対する危険性放置においても、東電社内における自己保身が働いたことは明らかであり。これは環境依存的な「結果」に他ならず。自律的な社会的責任判断をするという、人間としての「目的」行動選択(意識)が働かなかったという意味でもある。

大衆マスコミの多くは、先天的本能には逆らうことが出来ないと勝手に妄想錯覚している場合が少なくないようであるが。それは単なる身勝手でわがままな言い逃れ取り繕いはぐらかし嘘の類にしかならない。

どんなにヒトの意識の大部分が先天的本能習性や行動バイアスによって支配されていようとも、それら無意識的条件反射に左右されずに自律的に目的行動選択するための論理検証性や行動選択可能性が全く存在しないことの論理証明には全くならないからである。

先天的本能習性が促す気分感情に左右されることなく、自律的に人間としての倫理的な目的行動選択に言及してこそ、「人間性」を語れるのであって。進化生物学による先天的本能習性の説明からは「ヒトという種の生物」という「結果」以上の何も出ては来ないのである。

ヒトという種の生物には先天的に権威に服従して他人に暴力を振るう習性があるからといって、ナチス政権やポルポト政権に迎合することが許されるとでも言うのであろうか。 そんなバカげた話要らん。

ヒトという種の生物には先天的に多数派迎合習性が存在するからといって、進化生物学者達の嘘ペテンを鵜呑みにしても良い理由には全くならん。

ヒトという種の生物に他者に対する利他的行動の習性があるとしても、それをどんなに大量に陳列枚挙してもISILや十字軍の残虐性の反証には全くならない。 どんなに大量の白いスワンを集めて来ても、それが「この世のスワンの全てが白い」ことの論理証明にはならないのである。 松沢哲郎らによる説明など、「取り繕い」以上の意味は存在しないのである。

にも関わらず進化生物学者に人間性や倫理の答を求めるというのは、ほとんど痴呆としか言いようがない。

番組タイトルだけ「なぜ戦争が起こるのか」だとか、「人間とは何だ」といった、さも人間性や倫理について何かの考えがあるかのように装っておけば、バカな大衆は何かを理解したかのように錯覚させることは簡単であろうが。 それらはむしろ意識撹乱や論理撹乱による思考停止に陥れているだけのペテンに過ぎない。

人間性や倫理について言及するのであれば、危険学や失敗学に基づいた論理的原因究明や再発防止策の追求手法を用いるべきであり。 JR福知山線尼崎脱線事故原因究明では被害者遺族によって、こうした手法が導入されたが。彼らのように本気で再発防止を求める意志がなければ、大半のふやけた大衆マスコミは司法刑罰判決を短絡的に「解決」だと錯覚して満足し、それ以上何も考えることはないのである。

倫理というのは、特殊な技術者だけに要求されるものではなく。街を自転車で走る時にも、歩きながらスマホをいじる時(?)にも必要なものであり。人間社会の中においては基本的に全員に必要な素養なのである。そうでなければ精神病患者と違いはかなろう。

精神疾患患者がどのような犯罪を犯しても、それは「責任能力」がないことになるのであって。意図的犯罪者というのは本来責任能力であるはずの、自律的な社会的責任判断選択能力が欠如しているからなのであり。自律的に社会安全性や持続可能性を求めようとしない時点で既に軽度精神疾患であり、精神病質もスペクトルに過ぎず。絶対的に精神的健康な者など存在しないのである。

ヒトは先天的に、人間としては出来損ないなのであって。その出来損ないがどの部分であるのかを認識し、間違った行動を採らないよう目的意識的に行動選択するという「自律」の基となる本質的意識(論理検証性)こそが必要不可欠なのである。

京都大学の学長であれば、大半のバカな大衆やマスコミはペテンであろうと嘘であろうと鵜呑みにするであろう。だが、そうした盲目性こそがオカルト洗脳的暴走の根源的原因でもある。

カルト宗教の幹部達による毒ガステロなども、教祖という権威を鵜呑みにした盲目性が最も根源的原因であり。ナチズムであろうとイスラム過激思想であろうと同じことである。

「自分は全て見えている。」という錯覚があるからこそ、見えていない可能性を疑うことを忘れ、自信たっぷりに何も考えなくなり、ヘラヘラ他人を嘲(あざけ)笑うのである。 笑っている自分の愚かさが見えていないから他人を笑えるのであって、本当に「おかしい」のは自分の頭の方だということは認識してはいないのである。

「自分だけは絶対に大丈夫」だと盲目的に信じておけば、気分的には安心であろう。

安心とは何か。それは先天的にヒトの脳に組み込まれた動物的行動バイアスの、最も基本的なシステムである。

麻薬中毒患者は麻薬こそが安心であり、バカにとってはバカでいることこそが安心なのである。

脳というのはバカに陥るように出来ているということでもある。

だからバカが絶えない。



Ende;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加