我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

母なる証明 / Mother

2009-11-02 23:08:12 | 劇場&試写★6以上

 

 


「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」 でも高い評価&注目を浴びるポン・ジュノ監督の最新作。
ある罪を問われた息子を守ろうとする母親を描いたミステリーサスペンス!
ってことでかなり楽しみにしてました★
NY国際映画祭やカンヌ映画祭でも上映済み!


女子高生殺人事件の謎を解いていくミステリーものではあるけど、
映画の焦点、一番のみどころとなっているのは
一心に息子を思う母親の常軌を逸した心理と行動

5年振りの復帰となるウォンビン。

子供そのまんまのような、純粋さを持つ、知的障害の青年を見事に演じていて
素晴らしいのに加え、注目なのは

韓国の母(占い師じゃないよ)と言われるキム・ヘジャ
この人の名演なしではこの映画成り立ちません!!

 漢方薬店で働きながら一人息子のトジュンを育て上げた母。
役名はありません、ずばり母。
原題同様に、どこにでもいる、ひとりの母親であることの象徴、、、、、、。




静かな田舎町。トジュンは子どものような純粋無垢な心を持った青年。
漢方薬店で働く母にとって、トジュンの存在は人生の全てであり、
いつも悪友のジンテと遊んでいることで心配の絶えない毎日だった。
ある日、女子高生が無惨に殺される事件が起き、容疑者としてトジュンが逮捕されてしまう。
唯一の証拠はトジュンが持っていたゴルフボールが現場で発見されたこと。
息子が殺人など犯すはずがないと信じている母は、
自ら真相を突き止めるべく、奔走するのだが、、、?




8/10(80点)






観た直後より、あとでじわーっとくる作品ってある。
今作はそんな感じでした。

オープニングとラストシーン いつまでも焼きつく残像、、、、

とにかく、この最初と最後が気にいって
それと やっぱりおばさんがイイ!! 


始まってすぐ、ススキ野原で一人踊る(舞う)母の姿をカメラはじっくり捉える。
そのダンスがかなり独特で、バックに流れる曲にはぜんぜん合ってない。
きっとあとでこのシーンに繋がるんだろうな、と思っていたら
やっぱりあとでなぜあんな舞いをしていたのかが明らかに。

監督・原案・脚本、ポン・ジュノ。
東京を舞台に、世界の監督3人が撮ったオムニバス「TOKYO!」では
起用でコメディタッチのちょっと不思議なラブストーリーを作りあげた。



数年前、ケヴィン・ベーコンが妻を起用し、日本でも単館で劇場公開した監督作「LOVER BOY(バイバイ、ママ)」も
同じく母親の深い愛ゆえに起きる母親の異常な愛を描いた映画だったな。
(ほんとに小さい子供だし内容は全然違うけど)
いつまでたっても親にとって、子供は子供。

どんなことがあったって、親は子供を守りたいだろうし
何をしたって信じたい、味方でいたいものなのだ。
それを、強く感じる。

息子が外でおしっこしてるとき横でのぞき込んだり
一緒に寝たり、この母の行動がとにかく興味深くて面白い。


ひき逃げ犯、ベンツの車とかそんな簡単に見つけられるか?とか
お金はどこで用意したの、(貯金か?)とか
勝手に人の家侵入した上、あそこで見つからないのはおかしい!とか
廃品集めるじいさん、なんで黙ってるの、とか。。。
警察は何にもやらなさすぎ!とか。


観てる最中は、ええ〜?とかつっこみがあったりしながらも目離せない。

そんな、つっこみたくなる部分を打ち消すほどの全体の持つこの作品の、何とも言えない凄み。
さりげなく、凄い。

後半での伏線の活かし方が素晴らしい。
息子を思うあまりに母親のとった行動。
よく現実の事件でも、カッとなって、というのが犯行動機としてニュースになるけど
衝動的なものなんだろうな、、、、
それは理解は出来ても、その行動はやっぱり尋常じゃない。

家を燃やして、野原に戻って最初に繋がった時点で終わりだと思ってた。
それだけなら普通のサスペンスになってしまうところを、
あのラストシーンになるところがやっぱり本作が評価されてる部分なんだろうな。

完璧に、母を演じ切ったキム・へジュに拍手です


比べるのも違うんだけど、
これまでのポン・ジュノ監督作の中ではいちばん良かった〜



公式サイト
Mother   2009   韓国   129min
10月31日より、公開中〜


----------------------------------------------------------------------------------------------

10/27 来日記者会見
観てるとき、日本にも似てる女優さんいたなぁって思いながらも
実は綺麗な人なんだろうな〜と思ったけど、素顔はやっぱり綺麗な母でした


ウォンビンくんは、線の細いか弱い王子様的イメージ(本当のところは知らないけど)




「ボクの映画で初めて起用したイケメンです」って監督そりゃないよ〜
数本に出たソンガンホがかわいそう




無料動画サイトには負けたくない〜!
応援して下さってる方、ありがとう
下のハートマークを押してね 
ランキングクリックしてね




『映画』 ジャンルのランキング
Comments (46)   Trackbacks (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月公開☆新作映画リスト | TOP | ディセント2 / THE DESCENT PART2 »

46 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
観たのね〜^^ (KLY)
2009-11-02 23:41:28
5年ぶりのウォンビンはぐっと大人になった感じがしました。でもあの澄んだ瞳はそのままでしたね。で、ウォンビンも良いんだけどキム・ヘジャさん。こういっては失礼だけど見かけは普通のそこらのおばさんぽいですよね。^^;むしろウォンビンの追っかけの日本人のなかにいそうな。(笑)でもあのすごい存在感にはグイグイひきこまれちゃいました。
migさんの言うとおり、最初と最後、もうこれに尽きます。参りました。><b
Unknown (Miki)
2009-11-03 00:22:35
そうか〜。これ良かったんですね。機内で見ようかと迷ってたのに〜次には見ます。今日は「This is it」見てきました〜♪ほんとに、ライブそのものというかんじで、migさんのオススメがなかったら行ってなかった。ありがとう!うちは今インド駐在なんで、こんなにいいものをたったの70ルピー(150円)で見ていいのかと申し訳ない気分になりました。でも、インドのお客様、ノリがいいので、ほんとにライブみたいに盛り上がって楽しかったです。
おはようございます (タケナカ)
2009-11-03 08:59:09
気になりますね、これは。
「チェイサー」や「殺人の追憶」韓国のこういったミステリーものって見応えあってよく出来た作品が多いですよね!

ゴルフクラブ (えい)
2009-11-03 16:20:47
こんにちは。

あのゴルフクラブの使い方が上手い。
ゴルフ場の池でのカメラワーク、
そしてそれを盗み出すときのサスペンス。
もう、ミスリードのお手本ですね。
母と息子 (ノルウェーまだ〜む)
2009-11-03 18:09:25
migちゃん、おはよう♪
すっごく気になる映画と思ったら、やっぱりいい映画なのね。
母が息子を守ろうとする気持ち、なんだか解るなぁー
昨日も息子を持つママ5人でお喋りしてたんだけど、娘をもつママとまたちょっと違う雰囲気があって、面白かったよ。
母は強し!だね。
ウォンビンくん、ポン・ジュノ監督。 (BC)
2009-11-03 20:12:09
migさん、こんばんは。

ウォンビンくんはあまり瞬きをしていなかったので
集中力のある俳優さんだなぁ〜と感じました。

ポン・ジュノ監督はジャンルの幅が広そうですね。
(私的には『ほえる犬は噛まない』が一番好き。)
ポン・ジュノ (にゃむばなな)
2009-11-03 20:31:24
この監督の作品鑑賞はこれで4作目になりますが、毎回ブラックユーモアの使い方がムチャ巧いんですよね。

このブラックさが単なるブラックユーモアでなく、後半にどう繋がっていくのか。
毎回その繋がり方に驚かされてしまいますよ。
こんばんは (ノラネコ)
2009-11-03 23:01:20
今年は韓国映画の当たり年。
「チェイサー」に継ぐ凄まじい傑作でした。
色々な意味で愛という感情の強さをこれほど映画的に表現しきったのには脱帽です。
役者も良いですね。
ウォンビンも一皮向けて復帰しましたし、何よりもキム・ヘジャの狂気の舞は忘れられませんん。
★KLYさん☆ (mig)
2009-11-03 23:02:22
観ましたよ〜!
初日に観たかったんだけど用事あったので
映画の日に席予約入れてました♪


ウォンビンの映画、観てるんだけど、あんまり印象にないんですよ、もう忘れちゃって
このおばさんもあんまりみたことなかったけどすごく良かったですよね、
この方が良かったおかげ!って部分も大きいし
ラストとオープニングは、、、、
やっぱり印象的!
★MIkiさん★ (mig)
2009-11-03 23:05:28
はじめまして

コメントありがとうございます!
オススメで観て下さって、それをわざわざ伝えてもらえて嬉しいです
うわ〜、インド在住ですか?
150円ですか!?
すごいー
物価がやはりぜんぜん違いますね、
インド一度行ってみたいんです。
羨ましいです。

また何かありましたらいつでも書き込んで下さいネ

この作品、是非観て欲しいです〜。
★タケナカさん★ (mig)
2009-11-03 23:07:16
こんばんは♪

本当、そうですね。わたしも韓国のミステリーとか、殺人ものとか好きなんですよ〜。
面白いものが多いです。今年の
「チェイサー」も良かったですしね!
こちらもオススメです。
★えいさん★ (mig)
2009-11-03 23:08:50
こんばんは♪

良かったです、
観てる最中は実はちょっとテンション下がって来て6にしようかと考えてたほどで、観た直後は7
そしてやっぱりなんだかあのオープニングの舞とラストが目に焼き付いて、、、、
結局高得点になっちゃった(笑)
★まだ〜む★ (mig)
2009-11-03 23:48:41
こんばんは♪

まだ〜むにも是非観て欲しいの〜!
まだ〜むも息子さんもいるしね★
その集まりも楽しそう

ほんと、母は強し!だわ
★BCさん★ (mig)
2009-11-03 23:50:26
こんばんは♪

キャストがまた良かったですよねー、
あれ?わたし「吠える犬は噛まない」観てない〜!
この監督でしたっけ!?
見て見ようかな!
★にゃむばななさん★ (mig)
2009-11-03 23:52:29
なるほど、これはある種ブラックユーモアなところもありますかね、
あまりにやりとは出来なかったんだけど。。。

なんというか、確かにうまいんだけど
わたし的にはつっこみどころの方にも目がいっちゃいます
でも差し引いてもこの作品のインパクト勝ちです★
★ノラネコさん★ (mig)
2009-11-03 23:54:27
こんばんは♪

「チェイサー」も面白かったですよね!!
あれはあれで、実在した犯人だし。
どっちも警察がしょうもないですよね〜、それにしても。

ウォンビンくんも良かったけど
キム・ヘジャおばさんですね!
ほんとあの舞、参りました〜
はじめまして (みやこ)
2009-11-04 00:39:58
みやこと申します。
TBありがとうございます。

Migさんの記事はいつも楽しませていただいてます。映画記事はもちろん、ゴシップ記事も大ファンです♪

キム・ヘジャさんの来日の写真、こちらで始めて見たのですが、綺麗な方ですよね。

劇中ですが、とてもあんなことをした人とは思えないです。 韓国の母、恐るべしですね!

観た! (きらら)
2009-11-04 10:56:10
migちゃん、おはよー
私もコチラの作品、1日に観てきたよ〜。今日かけたら記事書きます!
migちゃんの記事はそのあとじっくり読むね〜。今は★だけ
8コかぁ〜!うんうん、納得です!

最初いきなりあんな舞で始まるからびっくり〜
そしてウォンビンが知的障害者?だって知らなかったからまたビックリ〜

母はすごかった。。。

あの交通事故のシーンもニクイって感じですごかったね〜。


あ、↓migたんもジャクソン観たんだ(当たり前??)
私は今日も観にいく予定〜。しかも7人でぞろぞろと行ってきます


みやこさん☆ (mig)
2009-11-04 12:43:05
初めまして!
いつもみてくれてたんですか!(*^_^*)嬉しいです〜
コメントありがとうございます★
ウォンビンくんも良かったけど このキムペジャおばさんがとくに良かったですよね〜
あとでBLOG遊びにいかせてもらいますね★

★きらりん (mig)
2009-11-04 12:54:21
おはよ!
なかなかきてくれないからどしたかなと思ってたよ(^_^)
ウォンビン良かったし、おばさんがめちゃめちゃ良かったね。

ほ〜い、レビュー待ってるね★

マイケルのは 普段からいつも曲聴いてるしもちろん観るさぁ〜
きらりんが観たのはちょっと意外だったよ 笑 でもあれはファンとかそういうの関係なしに観てほしいよね!
今日またみるのね★
楽しんでね〜
わたしは実は今タラちゃん待ちよ!
(^_^)v頑張って写真撮るわ♪

 (真紅)
2009-11-06 11:22:59
migちゃん、こんにちは〜。
韓国の母、凄過ぎです☆
↑最後の写真とコメント、笑った〜!
監督が気の毒なくらい、母と子が美しい〜。。
ウォンビンって顔ちっちゃいね
こんにちは〜☆ (ジジョ)
2009-11-06 13:27:46
たしかに!母の役名ありませんでしたね!
migさんの記事読んで初めて気づいた☆
この映画、伏線の貼り方が絶品でしたよね〜。
ラストは本当にヤラレタ!って感じでした☆
彼らのおかげで‥。 (koji of the dead)
2009-11-07 00:59:45
こんばんは。

面白かったです!(表現おかしい?)
確かにツッコミ所が多々ありましたけど、それをはねのけるだけの内容でしたね。

このストーリーで完結できたのも役立たずの警察のおかげ。
ありえんくらいのダメっぷりでした!!

事件の真相が明らになる事が一番の見所ではなく、migさんが言われるように、この映画の良さ、凄さはこの後からなんですよね!!
観終わった時、俺もそう感じましたです。

最後の方では、あ〜、息子が思い出さんでええ事思い出して、人にペラペラ喋ってまうんちゃうかとか、その後の事まで、気になっちゃいましたよ。(自分の事も含め)

ここまでくると、二人の今後に幸多かれと願わずにはいられませんでしたよぅ〜。

ラストのバスのシーンが印象的でした。
足に針を打つ瞬間に、無音でバスの外からのショットになりましたよね。あの数秒間がたまらなく良かったです。

「スペル」来週に延期‥(涙)
CMがおすぎで、ちょっとナーバス(笑)
遅くなっちゃった! (kira)
2009-11-07 01:27:08
migちゃんの言うとおり!
あのままで終わらずに、あの後のシーンがあったおかげで
見応えのあるあるヒューマンドラマになりました。

ただ、、、長すぎるところが2箇所。
あれがいくらなんでも長すぎて、、、ちょっと引いたかな
★真紅さん★ (mig)
2009-11-07 23:10:29
こんばんは♪

このお母さん、凄かったですね〜!
やっぱりオヤコ?っていう展開。

監督、ひどいこと言ってますよね〜なにげに(笑)
★ジジョさん★ (mig)
2009-11-07 23:11:52
こんばんは♪

伏線の張り方、本当秀逸。
母はどこにでもいる母を象徴してるんでしょうねー、
誰でもなり得るというか、、、
ある意味、そこも怖い。
ラストはすごいインパクトでした!
★koji of the deadさん★ (mig)
2009-11-07 23:15:06
こんばんは♪

感想ありがとうー★
kojiさんもやっぱり満足だったのね、
あのラストはほんと素晴らしい。
なかなかあんな作品撮れないと思うわ〜

警察のバカさ加減はハリウッドものもだけど韓国映画でも描かれること多くなってきて
そのたびつっこみたくなる〜。

え、スペル、おすぎがやってるの!?
知らなかった〜
でも観た人、今日のコメントみてると評判いいよ〜♪
わたしももう一度観るんダ♪
★kiraさん★ (mig)
2009-11-07 23:16:41
こんばんは♪

え〜、kiraさん、どこが長かったんだろう??
わたしはあんまり長さ感じなかったよ−★
最初のインパクトも良かったなぁ。
オススメ出来る1本ですよね
見てきました。 (マイマイ)
2009-11-10 11:07:22
先週の水曜日、見てきました!
ただ単にミステリーかと思っていたんだけど、それよりもなんだか奥が深くてあっという間に終わったなっていう印象もあります。

本当にあの母親がすごかったですね!
息子を思う愛情、その愛情がちょっと異常にうつったり。。。
私の理解不足でか、まだまだ理解するには私の経験とかも足りないのかな?って思ったりしたけど、あまり韓国映画っていう印象がなかったところがまたよかったのかも。
(なんか書いててだんだん自分でも意味不明になっちゃいました><すいません><><><)
★マイマイちゃん (mig)
2009-11-11 09:24:46
ウォンビンくんも良かったけど、
キムさんが更に良かった〜。

期待していたのとは違った意味の良さがあった作品だったなぁ。
特にオープニングとエンドがかなり印象的で。
母にも勧めちゃった★
Unknown (りお)
2009-11-14 16:07:57
久々にアタリだなーと思った映画でした。
評判がいいのもうなずけるわ。

>「ボクの映画で初めて起用したイケメンです」って監督そりゃないよ〜

あははーホント、ソン・ガンホの立場なし(笑)
(でも、「グッド・バッド・ウィアード」でも“ヘンな奴”だったし)
でもウォンビン、確かに子鹿のような目でした
★りおさん (mig)
2009-11-15 11:43:16
りおさんの高得点、久々にみた気がしたよ〜(笑)

ウォンビンと比べちゃ、っていうか
確かにソンガンホはいいオトコではないけどさ、って感じよね
ふふふ☆ (latifa)
2009-12-02 13:17:07
migさん〜こんにちは!
すごい出遅れちゃったけど、映画の日に見て来ました^^
私もジュノ監督の中で、これが一番好きかもしれない(好きって表現はどうかと思うけど・・・(^^ゞ)
あのお母さんを演じたヘジャさんがホントに凄かったわ〜。
原作脚本のノベライズを読んで知ったんだけど、あのお母さんがススキ畑で胸を押さえるシーン、母乳が出てたそうだよ@@
★latifaさん (mig)
2009-12-02 22:31:06
こんばんは♪

観たんですね!
最初そこまではすごいって思わなかったんだけど
じわじわと来る映画とくに最初と最後のシーンが印象的でした〜
え?母乳??
今すごくTBコメたまってるのでおくれるかもだけどお邪魔しますー!
暴走愛、脱線愛 (クラム)
2009-12-03 19:51:51
へえー、ウォンビンも母も実際は全然違うじゃないですか!
やっぱり劇中の演技が良かったんだと改めて思います。

確かに、冒頭とラストの印象付けが秀逸でしたよね。
突っ込みどころは他にも。分かってたら教えてください。

なんで廃品回収業のおっさんの画像が被害者のケータイにあったのか?

これ、ちょっと無視できなくて。
これがなければ母が乗り込んでいかないわけだけど、
どう見ても援交の相手にはなり得ない男だし・・・。

まあ、ささいなことですが。
☆クラムさん★ (mig)
2009-12-04 13:41:35
ほんとですね、変わりますよね〜
あのスペルのばあ様も全く違って普通の素敵なおばさまでしたからね(笑)

みてるときは実は色々とえーー?
って思っちゃって
そこまでではなかったんだけど
ラストシーンが(冒頭もだけど)インパクトすごくて良かったですよね〜。
あそこで廃品回収のおじさんの写真入ってるのはちょっと変ですよね。
原作だともっといろいろあるようだから
うまく縮めたのかなぁ?
いやほんと援交相手にはならないですよ、絶対〜
こちらにも・・・ (kenko)
2009-12-06 19:40:08
トラックバックありがとうございます♪
遅ればせですがコメントさせてくださいまし。

今年後半は「イングロ」かこの「母なる証明」か?っていうくらい衝撃を受けました。凄かった!

キム・ヘジャさん、映画ではスッピンでなりふり構わぬ母を熱演してたけど実際はやっぱりキレイな方なんですねぇ。女優だなぁ。
ウォンビンも良かったです。なんと私、観てる間はトジュンがウォンビンだなんて1ミリも気付かなかったんだけど
★kenkoさん★ (mig)
2009-12-06 22:36:30
こんばんは♪

わたしもkenkoさんのこの記事見逃しちゃってました★
ありがとうございますー

そうかぁ、わたしも韓国映画は今年はチェイサーも面白かったんだけど
最終的な母の演技力でこちらの方が上かな?
キムヘジャさん素敵なお母さんですよね〜素顔。
あはは、ウォンビンくんに気づきませんでしたか!
それほどうまかったんですねー★
うん、彼も良かったです!
Unknown (kazupon)
2009-12-08 12:55:23
migさん

なんかTB出来ないようなので後ほど!
確かにツッコミどころはありましたけど、
なんちゅうか完成度は高い!と思ってしまいました。上の画像のウォンビン、映画と結構違うアイドルみたいな感じなんですね。映画の彼は結構良かったです。
そろそろベスト選びの季節ですねー、これは
入れちゃいそうですね。
最近公開される事がどうやら決まったらしい
ナイトメア・ビフォア・クリスマスのヘンリーセリック監督「coraline」
と多分公開しない吸血鬼映画「Let The Right One In 」ってののDVDを買ったので
またレビュー書こうと思ってます。
★kazuponさん★ (mig)
2009-12-08 23:52:01
こんばんは♪

goo最近規制厳しいから、もしかしたらNGワード入ってたのかも、、、、
ゴメンナサイ!
ベスト映画、kazuponさんのも楽しみです〜♪
きっとベスト5に入るのでは!?
わたしはベスト15なら入ります(笑)

あ、「coraline」ってアニメ−ションのダコタが声やった映画ですよね、
気になってたのー★
ヴァンパイア映画も、いいなぁ〜
感想待ってまーす!!
今日はね、kazuponさんがたぶん楽しみにしてる映画観て来ました
もうめちゃ気に入って、今年公開なら間違いなくベスト1です
明日書きまーす。
愛情もほどほどに (SGA屋キムチ)
2010-02-10 20:18:13
migさん、こんばんは。先日ようやっと見られました
殺人鬼、怪物、ときてなぜ「おかあさん」!? とは思いましたが、このお母さん、前の二つに勝るとも劣らないモンスターだったかも・・・ でもまあ、非常に愛すべきかわいそうなモンスターではありました

あとトジュンの悪友のジンテも、小悪党かと思えばちょっと凄みのあるところもあって、得体の知れないというか、印象に残るキャラでありました

しかしこの親子、このままいくと『サイコ』になってしまいそうで怖いです・・・ 
★伍一さん☆ (mig)
2010-02-11 12:28:09
こんにちは♪

殺人の追憶もこの間みたのね!
ガンホ、いいよね〜♪

ちょうど昨日観たの新作♪

ほんとはそんなに上位になる予定ではなかったんだけど
あの踊りでやられちゃってあとひいた感じ。
あの悪い男もなかなかでした〜思わせぶり。

すごい親子だったよね
Unknown (ぷくちゃん)
2010-03-13 17:21:45
ウォンピンのなら横からのぞいてみたいぷくちゃんといいます。(変態?)

いやあ、しかしいい映画でした。ここまで極端でなくても母親ってこういう一面は持っていますよね。この映画を観てからは、一日一回太もものつぼを刺して、すべてから解放されて近所で踊りまくっています。

今までアジアの映画って今一つ「?}だったのですが、食わず嫌いだということがわかりました。
★ぷくちゃん (mig)
2010-03-14 23:52:51
こんばんは♪
オモシロコメからはじまるの、
懐かしいなぁ〜ぷくちゃん(笑)

これ面白いですよね〜
つっこみながら観てたけど
あたまと最後のあの踊りでもってかれちゃいましたよ〜
いやん、太ももに刺すの実践してるんだ

私韓国映画ってラブものはいまいちだけど
サスペンスやホラーは面白いのが多いから注目してます
☆こんにちは☆ (yukarin)
2010-05-22 17:50:42
今日はシネコン通勤はお休みです(泣)
ちょっと前に観たんだけどようやくアップしました。

キム・へジュさんの演技が素晴らしいですね。
息子を守ろうとする母親の気持ちがすごく伝わってきました。
オープニングとエンディングで同じシーンでも印象がかなり違いますね。
☆yukarinちゃん (mig)
2010-05-23 22:26:43
こんばんは♪

そういえば毎週通ってるのね!?
(今更?)
韓国のおかあちゃんは侮れないよね!
そういえばパクチャヌク×ガンホの
ドラキュラ(渇き)夏にリリース、あちらに出てくるおかあちゃんも凄かったよ★

これはほんとにオープニングとラストが秀逸!
今日堂本兄弟にRisaちんが出るらしいからみちゃおうかな。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

53 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
母なる証明/?? (LOVE Cinemas 調布)
『殺人の追憶』、『グエムル -漢江の怪物-』のポン・ジュノ監督が送るサスペンスミステリー。主演は“韓国の母”と呼ばれる国民的女優キム・ヘジャ。そして共演に5年ぶりに兵役から復帰したウォンビンが出演。殺人の罪を着せられた知的障害を持つ息子を助けるために、狂...
母なる証明 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
母と子の関係はすべての人間関係の基本だ。本作は、とりわけ母親であることの原初的な力強さを感じる、すさまじい映画である。だが俊英ポン・ジュノ監督は、ありがちな親子愛ではなく、複雑な魅力を持つ、ミステリアスな人間ドラマを作り上げた。漢方薬店で働きながら、一...
「母なる証明」 ミステリーとして、人間ドラマとして第一級 (はらやんの映画徒然草)
ミステリーとして、そして人間ドラマとして第一級の作品として仕上がっています。 ミ
母なる証明 (映画君の毎日)
<<ストーリー>>早くに夫を亡くして以来、一人息子のトジュン(ウォンビン)と静かに暮らすヘジャ(キム・ヘジャ)。そんなある日、街で殺人事件が起こり、もの静かなトジュンが第一容疑者に。事件の解決を急ぐ警察がトジュンを犯人と決めつけ、無能な弁護人も頼りにな...
母なる証明 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ポン・ジュノ監督、キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン、チョン・ミソン。「やられたらやり返す」。知的障害気味の息子トジュン(ウォンビン)の愚直なまでの行動が実は真相を正直に語っていた。
母なる証明 (あーうぃ だにぇっと)
今月の映画の日は日曜日と重なった。
『母なる証明』 (ラムの大通り)
(英題:mother) ----これも、プレスの中に 「ご紹介にあたりましてのお願い」が入っていた映画だよね。 そういのって逆に身構えるからやめてほしいって言ってなかった? 「そうだね。 できれば配るのは 映画が終わってからにしてほしいってところはあるけど、 まあ、そ...
母なる証明 (そーれりぽーと)
ポン・ジュノ監督最新作は、兵役帰りのウォン・ビンを迎えて母子の愛をサスペンス仕立てで描く。 今度はどんな風に唸らせてくれるのかすげー楽しみなんですけど! 『母なる証明』を観てきました。 ★★★★★ 漢方店を営む母と、知的障害を持つその息子の話。 母親が店...
『母なる証明』・・・ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:韓国映画、ポン・ジュノ監督&原案&脚本、キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ共演。
『母なる証明』 (めでぃあみっくす)
母の愛は時に真実を歪めてしまう。いや真実が何であるのかさえ分からなくさせてしまう。そして何が真実であってもその愛の深さで全てを消し去ってしまう。そんな恐ろしさをまざまざと感じる映画でした。 やはりポン・ジュノ監督の緊張感ある演出は凄いです。そしてブラッ...
母なる証明 (だらだら無気力ブログ)
『殺人の追憶』や『グエムル』のポン・ジュノ監督が殺人事件の容疑者に された息子の無実を証明するために真犯人探しに奔走する母親の姿を描いた サスペンスミステリー。漢方薬店で働く母親は知的障害のある息子・トジュンと二人暮らし。 母親にとってはトジュンの存在...
母なる証明・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
凄みのある映画だ。 デビュー以来、一作ごとに全く異なったジャンルの作品に挑み続けている、ポン・ジュノ監督の長編第四作はナント「母物」...
母なる証明/MOTHER (みやこのThinking World!)
お帰りなさいウォンビン!♪ 待ちに待ったウォンビン復帰作。ほんとに、やっと戻って
【母なる証明】誰にだって人は殺せる (映画@見取り八段)
母なる証明〜MOTHER〜 監督: ポン・ジュノ    出演: キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン、チョン・ミソン 公開: 2009...
母なる証明 (to Heart)
最も"謎"に満ちているのは、 人間そのものである―。 原題 MOTHER 上映時間 129分 映倫 PG12 製作国 韓国 監督 ポン・ジュノ 原案 ポン・ジュノ 脚本 パク・ウンギョ/ポン・ジュノ 出演 キム・ヘジャ/ウォンビン/ チン・グ/ユン・ジェムン/チョン・ミソン 他 「...
母なる証明☆独り言 (黒猫のうたた寝)
韓国映画で、こういうサスペンス系の作品は凄いものがあります。今年観た『チェイサー』もそうでしたが・・・冒頭の草原で踊りだすキム・ヘジャに、しょっぱな度肝を抜かれます。えーーーっと、何、観に来たんだっけ?ってサスペンスだったよねって^^;;;思いつつ物語...
母なる証明 2009-48 (悠久の華美)
もっと単純な母の愛を描いてる作品だと思ってたけど・・・ ウォンビンの復帰作って事で話題になってるけど、この映画ウォンビンの映画 じ...
『母なる証明』 (きららのきらきら生活)
「母なる証明」観てきました♪
「母なる証明」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法)
(2009年・韓国/監督:ポン・ジュノ) 「殺人の追憶」、「グエムル−漢江の怪物−」と、1作ごとにレベルの高い傑作を生み出して来たポン・ジュノ監督が、またまた傑作を作り上げた。絶対
狂気は回る〜『母なる証明』 (真紅のthinkingdays)
 MOTHER  韓国の田舎町で小さな漢方薬局を営む母(キム・ヘジャ)は、殺人事件の容疑 者となった最愛の一人息子・トジュン(ウォンビ...
『母なる証明』 (京の昼寝〜♪)
    □作品オフィシャルサイト 「母なる証明」□監督・脚本 ポン・ジュノ □脚本 パク・ウンキョ □キャスト キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン、チョン・ミソン■鑑賞日 10月31日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★...
「母なる証明」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「母なる証明」 新宿バルト9にて。 平日の昼間だというのに、何であんなに混んでいたのでせうか・・・? 13時の上映に余裕で間に合ったのに、座席がほぼ満席・・(T_T)。 最前列はイヤだったので、し...
母なる証明 (ジジョの五感)
最も“謎”に満ちているのは、人間そのものであるー。 殺人事件の容疑者となった息子を救う為に 真犯人を追う母親の姿を描いたミステリー☆ 監督は『殺人の追憶』のポン・ジュノ! シリアスなのに、どこかコミカルだったり、 何気ない場面なのに、ざわざわと心が乱...
母なる証明 (心のままに映画の風景)
純真無垢な一人息子のトジュン(ウォンビン)と、貧しくも静かに暮らす母(キム・ヘジャ)。 ある日、殺人事件が起こり、トジュンが容疑者...
「母なる証明」@関東(除く栃木)/札幌/愛知/大阪/京都/神戸/広島/福岡 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 27オープニング土日月祝動員: 2万4495人オープニング土
[映画☆☆☆☆★]わたし探すわ「母なる証明」 (タニプロダクション)
今日も緊張感に欠けた映画感想でございます。 渋谷シネマライズ サービスデーだったんで、途中で通ったシネコン新宿バルト9はかなり混雑してたみたいですが、渋谷シネマライズは比較的余裕がありかなり良い座席で観ることが可能でした。後述しますがこの監督の場合には...
母なる証明 (シネマ大好き)
車にひかれそうになった息子(ウォンビン)に取りすがり、自分の指の血を息子のケガと間違える母(キム・ヘジャ)。皿に料理を取り分けてやり、用を足している所にさえ、薬を飲ませに来て尿の具合を見る。 母親がここまで息子にべったりなのは、彼が知的におぼつかない...
『母なる証明』(2009)/韓国 (NiceOne!!)
原題:MOTHER監督・原案・脚本:ポン・ジュノ出演:キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン、チョン・ミソン公式サイトはこちら。<Story>漢方薬店で働く母(キム・ヘジャ)は、早くに夫を亡くして以来、子供の心を持ったまま純粋無垢に育った一人息子...
母なる証明(2009)◆MOTHER (銅版画制作の日々)
永遠に失われることのない母と子の絆。すべての“謎”の先に“人間の真実”が明かされる。 母の子供への無償の愛 殺人事件の容疑者となった息子を救うため、真犯人を追う母親の姿を極限まで描く、ヒューマン・ミステリー 11月6日、京都シネマにて鑑賞。頭をどつかれ...
『母なる証明』の痛覚 (Days of Books, Films)
『母なる証明(原題:マザー)』の最初のシーンと最後のシーンで、母(キム・ヘジャ)
イ・ビョンホンら、韓流スター4人が日本に集結するワケ (ネット社会、その光と影を追うー)
12月、韓国を代表するスター4人が日本に集結する。
「母なる証明」:白山五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}“こめ”っていえば、母を思い出す。 {/hiyo_en2/}おいしいご飯は、母親の代名詞みたいなものだもんね。 {/kaeru_en4/}韓国映画の「母なる証明」でも、“こめ”はキーワードのひとつになっていたし、事件を解決する重要な手がかりとなる品が米びつから出て...
【母なる証明】 (日々のつぶやき)
監督:ポン・ジュノ 出演:ウォンビン、キム・ヘジャ、チョン・ミソン 永遠に失われることのない母と子の絆。  すべての謎の先に人間の真実が明かされる。 「小さな街で漢方の仕事をする母は二人暮しの息子トジュンを溺愛していた。 ある日、トジュンが女子
母なる証明 (映画三昧、活字中毒)
■ シネスイッチ銀座にて鑑賞母なる証明/마더 2009年/韓国/129分 監督: ポン・ジュノ 出演: キム・ヘジャ/ウォンビン/チン・グ ...
「母なる証明」 (てんびんthe LIFE)
「母なる証明」シネマライズで鑑賞 カンヌで大絶賛というので、期待していきましたが、確かに内容は重たく、オンマは偉大。 しかし、各映画評を読むたびにウォンビンを褒めていたけど、そんなにいいか? たぶん知的障害のある息子を演じているんだけど、そこにいてセ...
映画「母なる証明」 (おそらく見聞録)
監督:ポン・ジュノ(天才ですね。最近、虜になってしまいました) 出演:キム・ヘジャ(韓国の母と呼ばれているらしい)ウォンビン(美男子過ぎてビビる) 出演:チン・グ(ボンクラ役最高に良かったです)ユン・ジェムン チョン・ミソン  静かな街で起こった...
ネタバレ「母なる証明」 脚本(原案)読んで解った事! (ポコアポコヤ 映画倉庫)
完全ネタバレしているので、未見の方は、要注意です!! 映画を見た後、もっと色々深く知りたくて、幻冬社から出ているポン・ジュノ監督の...
「母なる証明」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
この力は国民性か、はたまた・・・。冒頭、主役の「母」が野原の真ん中で踊り始める展開にまず圧倒された。これは何を表しているんだ?「スペル」のばーさんとは方向性が違うが、この母の持つインパクトはすごい。しかし本作に当初抱いていた印象とどうも違うことが時間を...
母なる証明 / 84点 / MOTHER (ゆるーく映画好きなんす!)
魅力無く共感も出来ないオバハンの映画に、何故にこんなにも心震えるのか? 『 母なる証明 / 84点 / MOTHER 』 2009年 韓国 129分 監督 : ポン・ジュノ 脚本 : ポン・ジュノ、パク・ウンギョ 出演 : キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジ
母なる証明 (C note)
『殺人の追憶』『グエムル』のポン・ジュノ監督最新作。 またも業の深すぎる韓国映画
母なる証明 (映画的・絵画的・音楽的)
 「母なる証明」を渋谷のシネマライズで見てきました。  韓国映画については敬遠気味で、今年は「悲夢」に次いで2作目にすぎません。とはいえ、評判がかなりいいので、これぐらいは見ておこうと思ったわけです。  映画の冒頭は、草原に年配の女性が遠くから歩いてや...
母なる証明 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年1月5日(火) 20:30〜 シネカノン有楽町 料金:1000円(八重洲の金券屋で前売りを購入。上映終了前の安売り) パンフレット:700円(買っていない) 『母なる証明』公式サイト 韓国映画らしい。 ベタなラブストーリー(「猟奇的な彼女」など)と対極にあるス...
●「母なる証明」 (月影の舞)
韓国映画「母なる証明」を観た。 いたるところで評判がよかったし、 ヒッチコックに匹敵するミステリーだと 大絶賛だったので、早く観たくてたまらないと ちょっと期待しすぎたか……。 いや、いい映画だったんだけどね。 ミステリーなので、ストーリ...
母なる証明 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」で世界の注目を浴びたポン・ジュノ監督が、殺人の罪を着せられた息子を救うため奔走する母親の姿を通じて、母と子の究極の愛を描く。 TV「宮/Love in palace」のキム・ヘジャと、5年ぶりに俳優業に復帰した「マイ・ブラザー...
ダンサー・イン・ザ・カンコク ポン・ジュノ 『母なる証明』 (SGA屋物語紹介所)
このタイトルってやっぱり『人間の証明』から取ったのでしょうか。お母さん、ボクのア
母なる証明 (eclipse的な独り言)
 音楽の記事を書きたくても、とても手が回りません。もう少しでボブ・ディラン。GWにはショパン三昧。でもこの映画も恐ろしいほどの傑作なんです。(3月6日 富士シネプレーゴにて鑑賞)
母なる証明 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  今頃になってこの作品を映画館で観た。『殺人の追憶』と『グエムル』のポン・ジュノ監督・最新作だし、ネットではかなり評価が高いからである。 母の偉大な愛を称えるような邦題、そしてそれを追従するようなコピー文。「殺人事件の容疑者となった息子を救うた...
mini review 10453「母なる証明」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
凄惨な女子高生殺人事件を皮切りに、事件の容疑者となった息子と、息子の無実を信じて真犯人を追う母の姿を追ったサスペンス。監督は『殺人の追憶』などで国際的に評価される名匠ポン・ジュノ。主人公の母を“韓国の母”と称される国民的人気女優キム・ヘジャが演じ、その...
母と竜二 (Akira's VOICE)
「母なる証明」 「竜二」 
母なる証明 (映画鑑賞★日記・・・)
【MOTHER】 2009/10/31公開 韓国 PG12 129分監督:ポン・ジュノ出演:キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン、チョン・ミソン殺人事件の容疑者となった息子を救うため、真犯人を追う母親の姿を極限まで描く、ヒューマン・ミステリー永遠に失われること...
【映画】母なる証明 (★紅茶屋ロンド★)
<母なる証明 を観ました> 原題:Mother 製作:2009年韓国 ランキング参加中 「グエムル」の監督、ポン・ジュノが手がけるサスペンス。 韓国の国民的人気女優のキム・ヘジャとウォンビンが親子を演じることでも話題となった作品。 ある女子高生が殺害された。...
母なる証明 (いやいやえん)
軽度の知的障害を持つトジュンと二人で暮らす母。そんなある日、女子高生が殺される事件が起き、容疑者としてトジュンが逮捕されてしまう。唯一の証拠はトジュンが持っていたゴルフボールが現場で発見されたこと。やる気のない弁護士、捜査を終わらそうとする警察。息...
母なる証明 (こんな映画見ました〜)
『母なる証明』---MOTHER---2009年(韓国)監督:ポン・ジュノ出演:キム・ヘジャ、ウォンビン 、チン・グ 「殺人の追憶」「グエムル -漢江の怪物-」のポン・ジュノ監督がとある寒村を舞台に、息子の無実を信じてたった一人で真犯人探しに奔走する母親の執念の...