我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

キッズ・オールライト / THE KIDS ARE ALL RIGHT

2011-04-12 01:38:21 | 劇場&試写★6以上

ランキングクリックしてね
←please click

 

ママが二人!突然現れた遺伝子だけのパパ!

レズビアンカップルの子供たちとの家庭に起きたあるドラマをユーモア込めて描く。

今年のアカデミー賞作品賞、主演女優賞、助演男優賞、脚本賞の4部門でノミネート。

ゴールデン・グローブ賞、ミュージカル / コメディ部門で作品賞、主演女優賞受賞ほか。

 

震災からちょうど1ヶ月、その日にまた大きな地震、、、、

そんな中、行われた試写にて鑑賞。

 

監督は、ケイト・ベッキンセール主演「しあわせの法則」のリサ・チョロデンコ。

この監督自身、精子提供で子供を出産している。

 

 

すばらしいキャストたちのアンサンブル

 

看護婦として働く父親的存在、ジョニの母で一家を養う性格キツめのニックにアネット・ベニング

 

家庭を守り、レイザーのママである暖かい母ジュールズには、ジュリアン・ムーア。

 

18歳、ジョニには「アリス・イン・ワンダーランド」のアリス、ミア・ワシコウスカ。

グィネス・パルトロウ系でわたしはあんまり好きじゃないケド、、、

マジメで堅物な感じがハマってました。

 

弟、レイザーには、「テラビシアにかける橋」「ダレンシャン」ジョシュ・ハッチャーソン。

「センター・オブ・ジ・アース」の続編で共演の、ザック・エフロンと別れたヴァネッサ・ハチェンズと交際中。

随分オトナになっちゃいました☆

 

子供たちの遺伝子上の父親であるポールに いい人、マーク・ラファロ

 

 

ニックとジュールスは結婚して、南カリフォルニアで暮らすレズビアンのカップル。

彼女たちにはそれぞれ子供がいて、家族4人で暮ら しているが、ジュールスの息子で弟のレイザーは大学進学で家から出てしまう姉のジョニに頼み込み、自分たちの父親(人工授精の精子提供者)を一緒に探しだそうとし……


 

 

7/10(72点)

 

 

初めの20分くらいは実はあんまりノレなかった、

笑いもけっこう盛り込んでて、一部で笑いが起こってたけどわたしは笑えなかった。

「SATC」並みに露骨なエッチシーンがコミカルに映し出され、え??こんな映画なの?と

ちょっと面食らったんだけど、観てるうち どんどん惹き込まれる。

 

アネット・ベニングとジュリアン・ムーアのキスしあってベタベタしてるの

俳優達を知ってるだけになんかちょっと違和感あったんだけど

二人があまりにうますぎてどんどん馴染んでいって本当の家族に見えてくるから不思議。

そして、マーク・ラファロ!

なにげなく良く出てくるクマっぽいいい人キャラのマークが今回すごくイイ。

カッコイイ!ってわけじゃないけど劇中でセクシーと子供たちに言われたり、美人の気ままなセックス相手

に「ヤりたくなる」なんて言われちゃうのもちょっと分かる、かな?

 

ほんとの父親に会ってみたい、会ったら素敵な人だった。

仲良くなり、ママたちも含め不思議なカンケイ。

女のカップル+遺伝子提供者との、奇妙な三角関係?!

 

特定の恋人もつくらず気ままに生きてきた40代男が、

突然現れた遺伝子提供した子供達の母親に惚れちゃう!

さぁどうする?

 

18歳で一人暮らしの転機を迎えた長女を送り出す二人の母親。子供は自然に育ってく。

 

レズビアンのカップルの映画といえば、ウォシャウスキーの「バウンド」とか大好きだけど

オバさんカップル(失礼)のソレはあまり見ないので正直ちょっとなぁって感じもあったけど

そんな思いはすぐに払拭された。

同性愛だろうと、愛しあってる気持ちは変わらない。

一生懸命生きて来たと感じさせるアネット・ベニング演じるニックの苦悩、悲しみ。

なかなか気持ちが通じない、受け入れてもらえない感を抱くジュリアン・ムーア演じるジュールスの戸惑い。

とても雰囲気いい作品。

観終えた後は清々しい気持ちに、、、、。(途中、地震の揺れにどっきりしちゃったけど)

こんな変わった家族も、アリだね☆ 

それにしてもいきなりクビになった庭師、お気の毒。 

 

前半はコメディ要素強く、後半ではほっこり。爽やかな風が流れるよう。

地味ながらも、素晴らしいキャストたちで魅せるユーモア効いた作品

ぜひぜひ劇場で

 

 

 

   公式サイト 

 THE KIDS ARE ALL RIGHT   2010年  アメリカ   107min

4月29日(金・祝)より、ロードショー

 

 

プレミアにて。

 

 

 

 

クリックして下さってる方々ありがとう 

←please click

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (22)   Trackbacks (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・ライト-エクソシストの真実... | TOP | ハリウッドゴシップNews★<ペネロ... »

22 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
さすが! (ノルウェーまだ~む)
2011-04-12 03:39:57
migちゃん、これこれ!
さすが賞を撮ったりするだけのことあるんだね。
テーマ的にどこにコメディ要素があるのか見当もつかなかったので、何となく見そびれていたけど、今度見てみよう~
清々しいレズ映画って、なんか凄い!
最初の30分、、、。 (mezzotint)
2011-04-12 07:34:08
なるほどう~ん、、、。
微妙な30分を乗り切らないとダメですね(笑)
参考になりました。公開は5月です!
楽しみに待っております♪
真夜中に(笑) (ひろちゃん)
2011-04-13 02:48:42
こんばんは♪
この映画は今月公開の作品では、観たいと
思っている作品です。鑑賞前なので、さ~っと
読ませて頂きました^^評価も7でいいので
楽しみにして鑑賞したいと思います♪
最初、睡魔が訪れないといいのですが(笑)
鑑賞したら、またお邪魔させて頂きますね♪

そそ、楽天TB受け付けられないなんて
酷い仕打ちです(T^T)
今、お引越し考え中で、アレコレ、右往左往
(笑)しています。引越し先が決まりましたら
お知らせに参上します(^_-)-☆

migさんに頂いたロバートとジュードの
仲良しツーショット使わせて頂きました♪
ではでは、おやすみなさ~い(^_-)-☆
★まだ~む (mig)
2011-04-13 08:56:48
おはよう☆
昨日はねえねとお食事したよ、
うん、これは感動ってほどでもないけどなかなか面白くそして最後の方はちょっとジンとくるストーリー
ぜひ観てね♪
☆mezzotintoさん (mig)
2011-04-13 08:58:45
おはようございます☆
あ、30分っていうのは大袈裟だから変えました(笑)
眠いとかじゃなく、前半は笑いが多くてちょっとノレなかっただけなんです。
ウケてる人もいたし、ユーモアがあるという意味で描き方が入っていきやすいかもです☆
感想待ってますね♪
ひろちゃん☆ (mig)
2011-04-13 09:00:42
おはようです☆

ひろちゃんもブログ移動なんですね~、
マリーさん、roseさん同様にぜひgooへ♪
それにしても大変ですよね。

あ、この作品 睡魔がくるような映画じゃないのでその点ご安心を☆
きっとひろちゃんも高得点出るんじゃないかな、
ジュード&ロバさんの使ったんですね!
あとで遊びにいきます♡

Unknown (りお)
2011-04-20 11:21:02
また会えなかったね~
この日は余震もあったから、わたしもさっさと帰ったわ。会場も割と空席あったよね。

わたしは「一部笑っている」中の1人でした(笑)
微笑、って感じですけど。


別記事の話だけど、スリ育ったねー!
確かに可愛いけど、ロクな大人にならなそうな気がする…
☆りおさん (mig)
2011-04-21 09:17:18
おはよう。
なんか何年もニアミスだね~
繋がってるから今度はDMで♪
オスカーノミニーなるほどかなぁって思ったけど
なかなか良かった☆

あ、スリたん、りおさんらしい辛口
こんにちはー。 (minori)
2011-04-30 11:09:57
migさーん♪

これ、よかったですねー。あんなに不自然な関係なのに、すっごく自然で普通な家族で、ふんわかした気分になりましたー。

すっごく気になったのが、
マーク・ラファロが口癖的に、言ってた、『Shut the front door』(Shut the fuxx upの別バージョン的な?)を字幕なんて書いてあったのかなーって。こういうことを言うのってやっぱりオトコの人だから、この姉弟にとっては新鮮だっただろうなーと。

こういう家族本当にいるのかなぁ。近くで見かけたらあたたかく見守ってあげたいですわ(笑)

またお邪魔しますー。
Unknown (KLY)
2011-05-03 00:47:25
父親の位置に女性が入るだけで、本来どってこ
とない話がとたんに深みが出てくるのは意外に
盲点を突かれたなぁとともいました。
ただこの家族、私ならお付き合いしたくないです。(苦笑)
minoriさん (mig)
2011-05-03 11:41:42
こんにちは☆
コメント、飛ばしちゃっててごめんね!!
うんうん、なかなか面白かったですね☆
え~、なんて行ってたかなぁ。
覚えてない

わたしも伺いますー☆
KLYさん★ (mig)
2011-05-03 11:42:50
こんにちは☆

なかなかなかった設定ですよね、
うん、なんか面倒臭そう(笑)

マークラファロの変な色気が良かったです
この人が隣人なら楽しそうだけど
こんばんは (dai)
2011-05-04 02:21:49
観ているうちに惹きこまれるというのは分かりますね。特殊な家族ながら一般の家族にも適用できる展開というのが観ていてよかったです。
daiさん☆ (mig)
2011-05-05 09:33:28
おはよ♪

うんうん、けっこうコメディにもよってましたね。
良かったけど、アカデミー賞作品賞にノミニーはちょっと意外かなぁ。
こんにちは。 (オリーブリー)
2011-05-08 17:48:34
ニック、男性ブロガーさんには嫌われキャラなのね(笑)
私も都合よく男女のスイッチ変えるなあ~と思ったけど、女としては分からないこともなかったので、それなりに笑えて面白く見れました。
確かに、珍しい内容でしたね。
☆オリーブリーさん (mig)
2011-05-09 10:01:03
おはようー☆

こういう気が強い男っぽい女性だと反感かっちゃうのかな。
なかなか面白かったですよね♪

こんばんは。 (uerei)
2011-05-11 21:38:23
遅くなりましたがTBありがとうございました。こちらもTBさせていただきます。よろしくです。確かにマーク・ラファロ、クマっぽい。
uereiさん☆ (mig)
2011-05-12 09:35:00
おはようございます♪

フフフ。マークラファロの初監督作がシアターNで公開中で気になるんですけど、
レイトだけなんでスルーかなぁ。。。ザンネン
監督さんも、、、。 (mezzotint)
2011-05-24 21:47:00
migさん
今晩は☆彡
わあ~監督さんも精子提供で、お子さん
を産んでいるんですか。
自分の体験もきっと作品作りのヒントって
ところでしょうか。
ニックのポールへの敵意が何とも言えず(笑)
男性役だというポジションを強く出している
のが面白かったなあ。

マーク・ラファロ、クマっぽい、確かに
ちょっとむさくるしい感じでしたが、
意外に好感度アップかも。イメージが
少し変わりましたわ。
mezzotintさん★ (mig)
2011-05-24 23:42:53
こんばんは☆

そうみたいですよ!うん、自分の体験もだいぶ元になってるんでしょうねぇ。

なかなか面白かったですよね、意外とコメディだし。
マークラファロ、ここでは色んな人に言ってるんですが、トロント映画祭ですごく感じいい対応で、にこにことサイン頼んでもないのに書いてくれて(いらないけど)
なんか凄いいい人だったんですよ~(笑!)
だから凄い好感度upなのです♪

ふ~ん レズビアンねぇ~ (zebra)
2011-09-12 18:35:04
migさん,こんばんは

今の時代 いまどき ゲイにしろレズビアンにしろ 人間社会はいろんな 個性をもった 人たちがいます。

無論 社会のルールを破ったり 法を犯す行為をせず、 常識やモラルを守っていれば どんな生き方してもいいとおもうんですよ。

 そりゃあ 人との意見が合わず 生理的に受け付けれないとか対立はありますよ。 同じ考えを持った生き方をしましても 不協和音はつきものだし・・・それは同性愛者同士でも例外じゃないと思いましたね。

 ニックは・・・ボクはそりがあわないでしょうね。でも案外 人の面倒見はよさそう・・・

 まあ、ボクが精子提供者ポールの立場でしたらアメリカンジョークと タメ口で こういいますね。

 「よっ、はじめまして オレ 精子マンのポールだ! あんた ニックだろ!以後よろしくな。  あんたのことは 堅物石頭のクソババアって聞いてるよ 厳しいけど 人から頼まれごとがあると断れない いいクソババアなんだろ!男の中の男のようなクソババアだ~って」  これを英語でってみたらどうなるか・・・ ボクはぜひ言ってみたいです。
zebraさん☆ (mig)
2011-09-13 09:04:51
おはようございます☆
そうですね、今どきは何でもありというか。。。

アハハ、そうですね~
でもそこ含めけっこう過激描写(SEXシーン?)ありの、でコメディ風なところも映画として面白かったですよ

わざわざまた観たいとは思いませんけど。。。(笑)
でもよくアカデミー賞ノミニーされましたよね、こういうタイプの作品意外となかっただろうけど。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

17 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
抱きたいカンケイ/キッズ・オールライト (あーうぃ だにぇっと)
大震災前に観た映画を2本まとめてご紹介。 いずれの作品も、アメリカ感覚?で日本人感覚とのズレは大きい感じがする。 1本目は、セックスだけのカンケイからスタートするカップルの話。 2本目は、女性カップルでそれぞれが人工授精で産んだ子供がいる話。 日本では...
キッズ・オールライト (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞キッズ・オールライト/THE KIDS ARE ALL RIGHT 2010年/アメリカ/107分 監督: リサ・チョロデンコ 出演: アネット・ベニング/ジュリアン・ムーア/ミア・ワシコウスカ/マーク・ラフ...
映画:キッズ・アー・オールライト The Kids Are All Right ちょっと変わった形の 「家族ドラマ」 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
NYで買ってきたDVDをあわてて鑑賞。 なぜなら明日アカデミー発表前に主要部門の受賞者を、勝手に大予想! してみようと思っているので。 この作品、作品賞、オリジナル脚本賞、主演女優賞(アネット・ベニング)、助演男優賞(マーク・ラファロ)と、結構な数のエントリー...
キッズ・オールライト (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE KIDS ARE ALL RIGHT。リサ・チョロデンコ監督、アネット・ベニング、ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、ミア・ワシコウスカ、ジョシュ・ハッチャーソン、ヤヤ ...
『The Kids are All Right』 (キマグレなヒトリゴト)
ママとママ。 割と評判のよかったこの映画、私も凄く好きでした。 二人のママなんて日本じゃありえないんだけど、意外にしっくりきてしまったのが 驚き。子供たちもまっすぐに育っているし、それを普通だと思ってる。 (まぁ当然か、親だし) それぞれの役割もしっか...
キッズ・オールライト (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Soundtrack少し風変わりな家族の間に起こる騒動をライト・タッチで描く佳作。小さな作品だが実力ある俳優を起用して、現代の新しい家族の形を説得力のあるものにしている。LA郊外に ...
キッズ・オールライト (Memoirs_of_dai)
訴えは良いが甘い男性の描き方 【Story】 レズのカップルであるニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)の子供達(ジョニ(ミア・ワシコウスカ)と弟レイザー(ジョシュ・ハ...
キッズ・オールライト (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(13) レズの熟練コンビの演技により、意外に見応えがあった。
キッズ・オールライト (ダイターンクラッシュ!!)
2011年5月4日(水) 19:25~ TOHOシネマズシャンテ2 料金:0円(シネマイレージカードポイント使用) パンフレット:未確認 『キッズ・オールライト』公式サイト 母親が同居している姉弟。父親の種は一緒だ。姉弟の母親はそういう関係である。 姉弟は、種馬と会う...
『キッズ・オールライト』:新しくて古い家族の形 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど)
新しい家族のスタイルをとっているが、その実、そう新しくはない。それほど変わっていない。 まあ家族とはこんなものだよ、という映画。
大丈夫、家族だから『キッズ・オールライト』 (Healing )
キッズ・オールライト 渋谷シネクイント、TOHOシネマズシャンテ、シネ・リーブル池袋ほか 全国ロードショー中 ★★★★★ 本年度のアカデミー賞ノミネートはもちろんですが、 ドラマ部門、ミュージカル/コメディ部門に分かれているゴールデングローブ賞では、 アネット・...
*キッズ・オールライト* (Cartouche)
             ***STORY***                   2010年  アメリカ   18歳のジョニ(ミア・ワシコウスカ)は、自分の母親ニック(アネット・ベニング)、同じ父親を持つ15歳の弟・レイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)、そ...
キッズ・オールライト (風に吹かれて)
家族って 公式サイト http://www.allright-movie.com高校を卒業し、秋には大学に進学するジョニ(ミア・ワシコウスカ)は、弟のレイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)に、「生物学上
キッズ・オ―ルライト(2010)▽▲THE KIDS ARE ALL RIGHT (銅版画制作の日々)
 青空の下、共に生きる。 家族になる。 京都シネマにて鑑賞。 風変わりな家族です。でもそんな違和感を感じさせない、カラッとした家族関係! アネット・ベニングは超ショートヘアー、えらいイメージが変わった。ジュリアン・ムーア演じるジュールズとレ○ビアン夫...
映画『キッズ・オールライト』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-32.キッズ・オールライト■原題:The Kids Are All Right■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:107分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:5月6日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:0円(ポイント利用)□監督・脚本:リサ・チョロデンコ□脚本:スチュ...
キッズ・オールライト (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ちょっぴり変わった四人家族に、ある日突然大きな変化が訪れる。ゴールデングローブ賞(コメディ部門)で作品賞とアネット・ベニングが主演女優賞を受賞し、アカデミー賞でも作品 ...
キッズ・オールライト (A Day In The Life)
DVDにて観賞 解説 ある風変わりな家族を通し、真の愛情や家族のあり方を見つめた人間ドラマ。 長年共に暮らしてきた同性カップルの子どもたちが、自分たちの父親を捜し 始めたことから起きる騒動をコミカルに描く。 監督は、『しあわせの法則』のリサ・チョロ...