我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

サヨナライツカ / Sayonara Itsuka

2010-01-13 09:25:11 | 劇場&試写★5
ランキングクリックしてね
←please click




「私の頭の中の消しゴム」観てません。辻仁成の小説、読んでません。
タイ、バンコクが舞台、中山美穂主演ってことで観て来ました~


23日から公開。試写にて。

「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督最新作、ミポリン夫、辻仁成の「サヨナライツカ」原作。

不倫もののラブストーリーだってことだけは知ってたので、
不倫が許せない&ベタなラブストーリーが苦手なわたしは期待もせずに鑑賞。

2時間超えやや長過ぎ、、、

中山美穂といえば、ドラマはたぶん全部観てたし、カラオケでも必ずメドレー歌うくらい歌も全部好き(そんな情報いらん?)
相変わらず美しい~ミポリン。
濃いメイクはちょっとドギツいけど、素顔っぽいメイクのが最高に綺麗

高級ホテル住まいの謎の美女、沓子(とうこ)と、


航空会社に務める、エリートビジネスマン、好青年があだ名の豊が
微笑みの国タイ、バンコクで、出逢ったぁ~~(ウルルン風)


1975年、バンコクの高級ホテルに暮らしている沓子は、
お金に不自由なく、様々な男性を虜にする魅力で表向きは満された日々を送っていた。
ある日、沓子はバンコクに赴任してきたエリートビジネスマンの豊と出会い、
二人はたちまち惹かれ合うが、実は豊には東京に残してきた光子という婚約者がいた...。



婚約者がいるというのに、出逢ってすぐに恋に落ち激しく愛し合う二人。。。

不倫ものは否定しつつも、2年前1位にした「ラスト、コーション」っぽい二人?
(最初いきなり!のシーンだけ)



とにかくミポリンったら飢えて盛りのついたメス猫みたいに凄い。
求める求める。ベタベタ。

愛したくてしょうがないという感じで 前半殆どがsexかキスしてるか。
あれだけ情熱的なベッドシーンだったらもっと脱がないと不自然なのになー。



個人的には、元々この豊役の西島秀俊ってどうもニガテなタイプなんだけど
観ていてほんっとに「はっきりしろー!」とか
すがるミポリンの手を振りほどくところや、偉そうにオマエとか呼ぶところや、、、、途中何度「酷い男!!」と思ったことか!

トゥクトゥク


舞台のバンコクは、この間行ってきたばかりなので
あの国の雰囲気、黄色がかった空間というか、セピア色みたいな感じがすごく良かった。
前半は文句言いながらも?けっこう惹き込まれてみてたんだけど
いきなり後半で25年後になってからは
なんじゃこりゃ?って思うところも急に多くて。

まず、いきなりの老けメイクがかなりヘン
笑っちゃったのが加藤雅也。ベートーベンかと思ったよ!(写真ないけど)
それに25年後って思わず計算しちゃったけど、最初に二人が会ったのが25歳くらいだとして50にはなってるはずなのに殆ど変わってないしー。
シワつけたくらいで。更にラストの方ではさすがに白髪も入ってたけどどうしても若く見えたし不自然なのがすごく気になった。

ミポリンはどうなっちゃうんだー??って思ったら、これがあんまり変わってなかた。
少し地味にはなって手とかもシミつけたり、顔にシワ入れてたケド
やっぱりあんまり変わってない。
そんなに酷い歳いっちゃった顔で締めくくられてもちょっと困るけど、、、、。

愛してるって言葉は言わず、口では否定しながらも、好きな気持ちを押し殺して
「あの女は会えば会う程、会いたくなる、おかしくなる」なんて言ってるほどだったのに、
それでも東京の、礼儀正しく真面目で清楚な妻(石田ゆり子)→ぴったり。と結婚した豊。
順調に精進して、エリート街道まっしぐらに生き、気づいたときには遅過ぎて。


聖女と悪女、みたいなこの二人の女性が対照的で面白い。
もっとも、ミポリンの方は悪女っていっても騙して翻弄するというより
素直に欲望のまま好きな人の愛を求めてるだけ、という印象なんだけど。




25年後っていらなかったのに~ってちょっと思ったけどそれなら話が普通すぎか、、、。
本を読んでないから、映画を観ただけの印象だけど
思い出は綺麗なままで、というかそういうのではないのね。
また25年も経ってから再会してしまう。

それも思わぬ姿で。

懐かしい愛しかったあの人が目の前に現れて、押さえきれない気持ち。
分かるけど、家族を捨ててやり直そうとするなんてどこまで自分勝手な男なのか!

おかしいと思ったのはいきなり子どもがグレて、子どものもとに尋ねて行くと
父親としての行動を否定されて、ライブやってるシーンを見てる、、、ってシーン
かなりイミ不明~。
あれまったくいらないんじゃないかなー。
妻と子を捨ててまで、っていうのにはなるけど
あんな不良になっちゃう意味わかんないしかなり中途半端な描き方

つまらなくはなかったけど、そんなワケで総合的にみて普通になっちゃった~。
<泣ける>を意識してるみたいだけど、こんなんで泣けるかー!
最後に泣かせようとして<病気>をもってくるところがイヤだなぁ。



5/10





でも、なんだかんだ言っても 観て良かったな。
韓国映画って感じは全くなし。
雰囲気が良かった。
ミポリンだから良かったのかも。


人生いつ別れがくるか分からない、
愛してる人には、普段からいつでも 愛してるって言っておきましょう


 公式サイト
サヨナライツカ    2009年  韓国   134min
1月23日より、ロードショー










無料動画サイトに負けたくない
ランキングクリックしてね
←please click




『映画』 ジャンルのランキング
Comments (27)   Trackbacks (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★☆告知☆★猫目フィルム☆★ | TOP | タイ旅行記最終回 バンコク Is ... »

27 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ミポリン (hino)
2010-01-13 10:11:16
migちゃん、おはよう!

寒い中、お疲れさま~。

小説読んでるみたいに概要が伺えたよ~。
タイへ行ってきたばかりだし、景色とかも興味深かったことでしょう。トウクトウク、可愛いねえ(笑)

ミポリンの曲、流行ったよね~!歌えるんだー?
ミポリンって、顔の骨格が大きくない?大きな顔ってことだけど。。薄化粧シーンはきれいに撮れてたんだあ。
よっぽどmigちゃんのほうが美しいと思うわい、わたしゃ。

頭の中の消しゴムは観たよ。
この作品の本を読んでみたいなあ。けっこうバンコクが舞台の恋愛小説って多いのだ。
ええな~~

Unknown (ひめ)
2010-01-13 19:34:09
これ、韓国映画なんだ!
監督とかよく見てなくて、邦画だと思ってました。
私、西島秀俊って結構好きかも♪
でも、見るならDVDかな~。

そうそう、こんなニュース見つけました!
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0113&f=entertainment_0113_009.shtml
URL合ってるかな?ドキドキ
つっこみポイント (rose_chocolat)
2010-01-13 20:22:34
満載なのよねえ。。。

>あれだけ情熱的なベッドシーンだったらもっと脱がないと不自然なのになー。

↑ そう、それは言えてます。 結構絡みはすごいのにシッカリと隠しておられまして。。。
まあ、そう簡単には脱げないからね。 しょーがないか。
後半はかなり不思議ちゃんな展開でしたが、これも原作ありきだからしょーがない!? 私は読む予定はないんだけど、しょーがないかなあ・・・? があちこち過ぎちゃってました。
うんうん (KLY)
2010-01-13 22:18:05
殆どmigさんの感想に同じだなぁ。私は
ミポリンの復活に高評価つけちゃったけど、映画としてはね…。確かにあれだけ情熱的ならもっと過激に脱いでもいいかなと思う。ミポリンももうアイドルって訳じゃないんだしね。^^;
まあそれでも太もも見せるところとかはオールドファンとしてはドキドキしたけど。(笑)ってかよく考えたらミポリン「毎度お騒がせします」で脱いでるし!

25年後からはもう余計だよね。原作あるからなくすわけにもいかないんだろうけど。『私の頭の中の消しゴム』には遠く及ばないと思いました。^^;
hinoちん☆ (mig)
2010-01-13 23:50:11
こんばんは♪
寒いねーーー!!

そうなの、タイ行ったタイミング良かったから雰囲気良かったよー♪

hinoちゃんだったら小説読んでみるのもいいかも★

ミポリンの曲ね、かなり声マネ含めて得意よ十八番(笑)

何をおっしゃるのー
笑ったよ、ファンに刺されるよ~!
ありがと

hinoちんはミポリン、綺麗だと思わないの!?
わたしは昔から好きなんだこの顔~♪

消しゴム観てないの~。韓国のラブものニガテ、、、、
ひめちゃん★ (mig)
2010-01-13 23:53:36
ちょっとまって!
載せてくれたニュースにびっくりだから先にそっち!

えーーー!
嬉しいぃいいい♪
知らなかった!情報ありがとうね
最近、シンチー情報疎くって。
喜劇王大好きだからめちゃ嬉しいなぁ。
セシリアもまた出て欲しいなぁ。

で、この映画。
韓国映画だけど、オール日本人キャストだし全然韓国映画って感じじゃないの。
西島秀俊好き!?
わたし昔からダメなんだ~
好きだったらこれ気に入るかも!?
観てみて~☆
★rose_chocolatさん (mig)
2010-01-13 23:55:28
こんばんは♪

roseさん、めちゃ評価低かったねー(笑)
後半がとくにあららら、、、って感じで
25年後とかなってからは
えー?の連続でしたね~。
脱ぐ脱がないはまあ仕方ないにしろ
あのメイクはなぁ~。

内心、笑っちゃった。
★KLYさん (mig)
2010-01-13 23:59:26
こんばんは♪

オープニングで、いきなり部屋にこられて
あんなかっこうでミポリンにパンティ脱がれちゃったら誰だって、、、
って同性ながらに思っちゃいましたヨ

相変わらず綺麗だしね。
西島にはもったいなーい!とか勝手に思ってました

そうそう毎度~で脱いでたのがデビューですもんね。
懐かしいぃ。
君の瞳に恋してる!DVD出ましたよね
あのドラマ大好きだったのー♪
って話それたけど
25年後からのはもうほんといらないーって感じでした
ウルルン~?笑 (マリー)
2010-01-14 23:21:02
migさんのミポリン・メドレー 聴きたぁい!!
私、山口百恵ちゃんメドレーですが・・・いい?(歳がバレるね 笑)

っていうか、コレとっても切ない系なのに~
ウルルン風にされちゃった!(爆)
原作はかなり切ないけど~
好青年が私には卑怯に感じちゃってさ~~。
映画でもそうなのかな???

25年後どころか、沓子さんが60も越え、かなりやつれちゃってからの最期なのでより哀しいんですが~~~映画はどこまで描いてるんだろ。
観たら又伺いますね~。
★マリーさん (mig)
2010-01-15 12:07:55
こちらにもありがとう♪

えへへ、ウルルンにしちゃった★
ミポリンのモノマネ、毎回好評よ♪最近ずーっとカラオケいってないケド。
今度マリーさん東京来たら行きましょ♪
ピンクカフェと。
百恵ちゃんメドレー、聴きたい

そうそう!かなり卑怯でムカつきますよねー!
マリーさんは原作読んでるのね、
じゃあますますマリーさんの感想が楽しみ!
60超えなんだ!?
じゃあそこまでは出来ないから25年にしたんだろうなぁ、、、、。

今ちょうどメールが
ショッピング楽しんでね♪
かいじゅうたちわたしもまたすぐに観たい!!
Unknown (丘の上であいさつ)
2010-01-15 15:51:49
素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。
ミポリン映画 (ノルウェーまだ~む)
2010-01-15 22:53:00
こちらにも~
私が帰国準備で、あまりに疲れて家の中を這いずり回っていた頃、試写会だったんだよね。
ものすごい重い荷物で、腕が肉離れ起こしそうだったよ。
なのに大量にダビングしたdvdを全部忘れてきちゃった…(涙)勿論、隙間にも入らないほどだったけど。
私は西島くんが好きで、どっちかというとミポリン駄目なんだぁ~
migちゃん、浮気妻NGなんだね。
それで500日のサマーも許せないのか…
私はサマーは良くても、結婚したら許せないってタイプだから、これは受け入れなれないかも。
★丘の上であいさつさん (mig)
2010-01-16 11:19:59
はじめまして

わー、そんなもったいないお言葉ありがとうございます嬉しいです★

頑張ります!
★まだ~む (mig)
2010-01-16 11:23:52
たくさんコメントありがとう!
お疲れなのに、、、!

ええーー!?
言ってたDVD置いてきちゃったの!?
それはショックだね

えーー?そっか、まだ~むの好みが分かって来たぞ!日本人のは。
ジョニーさんはタイプ違うけど、、、
ミポリンって意外と好み分かれるんだねー。

わたしは浮気妻はさておき、浮気夫は絶対に許せんの!
だって結婚してからは絶対ダメ!
だから自分も不倫は誘われたってしないよ!(笑)
相手がやったら私も絶対して仕返しする(笑)あはは。

サマーは観たのね!
Unknown (masako)
2010-01-23 13:36:49
こんにちは。
まとめてTB送ってしまってすみませんでした。

加藤雅也と西島秀俊の老けメイクはおかしかったですよね。ギャグか!と思っちゃいました。

子供のグレた話は本ではもっとちゃんと書かれていたのですが、あれじゃ意味わからないですよね。
☆masakoさん (mig)
2010-01-23 22:00:53
こんばんは♪

あ、いえいえ、ゴメンナサイ、お礼しか書かないで、、、時間がいっぱいいっぱいで
まずはお礼って思ったんで、、、、

ほんと、あれは笑えますよね~
☆は5でフツウにしましたが、嫌いではないです、この映画。
え、そうなんですか!じゃあいっそ映画ではいらなかったのになぁ。

おっ! (ひろちゃん)
2010-01-24 01:20:42
migさん意外と高評価(笑)ミポリンとバンコック効果かな(笑)
私もミポリン好きですが、ミポリンじゃあなかたら、もっと辛口感想になっていたかも(^_^;)

長過ぎですよね~25年後いるの?って
思ちゃいました(^_^;)
涙腺弱い私なんですが泣けませんでした(ーー;)

加藤雅也=べートーベンに大笑い、もう~~
migさんたらあ(笑)
ラブストーリーが苦手な私なので余計に
ハマれなかったのかもしれません(^_^;)

そうそう、今日王様のブランチで、リリコさんと西島さんがバンコク案内してました。
migさんが登った急な建物も出てました。
映像で見るとなおさら高く、高所恐怖症のmig
さんよく登れたなあと感心いたしました(笑)
☆ひろちゃん☆ (mig)
2010-01-24 10:49:37
こんにちは♪

ふふふ、でも高評価といってもフツウくらいですよ5だから(笑)
ミポリン効果とバンコク舞台っていうのは大きいです★
雰囲気が良かったから。

だって~、ほんとにベートーベン風になっちゃって吹き出しちゃいましたよ~!

そっか、ひろちゃんラブストーリー苦手なんですもんね~。

あ、ブランチそこわたしも観ました!
そうなんですよー、頑張ったんです(笑)
このあとひろちゃんとこお邪魔しますね!
PS
ジョニーさん、また選ばれちゃいましたね
Unknown (Nakaji)
2010-01-27 15:53:17
こんにちは♪

><泣ける>を意識してるみたいだけど、こんなんで泣けるかー!

笑える。。。間違いないですよね
ライブシーンも空港でのシーンもなんだかな~ってかんじでみておりましたわ!!
★Nakajiさん (mig)
2010-01-27 22:01:35
こんばんは♪

泣けないですよねー(笑)

とくに後半でがたがたと音をたてて崩れてった気がします
なんだかなぁ・・ (NAO)
2010-01-29 23:48:15
こんばんは~migさん。
私も原作を読んで映画を観たのですが、前半は
まだ見られたんですけれど、後半がねぇ・・・。
老けメイク、もう少しなんとかならなかったのか・・と思いましたわ。
そこで、もぅ感情移入が出来なくて。^^;
加藤雅也のベートーベン姿、かわいそうなぐらいでした。
あれで社長かい?^^;
豊の描き方も、なんだかなぁ・・。
映像はキレイだったんですけどね。。。
役者さんは、みんな頑張ってただけに、もったいないというか残念です。
う~~ん・・・>< (マリー)
2010-01-30 22:21:49
こんばんは~~。

やっとレビュー、アップしました。
けど・・・結構辛口です。。。
だって~~泣けなかったんだもん。絶対泣く!と思ったのに~~~ある意味びっくりです。

そうそう小説ではまっすぐに育ってる2人の子供たち、映画ではグレさせられて・・・><;
あれ~~?って感じです。

それに結婚?マジ?
小説と全然ちが~う。辻さん(作者)はこれでよかったの???ミポリン出るからなんでもよかったのかな・・・

migさんが昇った急な石段とか見て、テンション上がったよ~~~♪
マンダリンには行かなかったんだっけ?
行ってみたいなぁ~~。サマセットモームに泊まりたいとは言わないけどね。
☆NAOさん (mig)
2010-01-30 22:52:46
こんばんは♪

あはは、NAOさんの正直口調、おもしろーい☆

あのベートーベンとか、老けメイクもっとなんとかしてほしかったですよね~。
息子のシーンはとってつけましたって感じだし。
原作ではちゃんとあるらしいですね?
長い時間書けてるわりに最後の方とかで崩れちゃった感じでしたよね~。

でもバンコクの雰囲気とか良かったです。
☆マリーさん★ (mig)
2010-01-30 22:56:34
こんばんは♪

あら?マリーさんが辛口だなんて珍しい!
そっか、マリーさんも原作読んでたんだね~。
え?こどもまっすぐだったの?!

グレちゃってたよね~、意味分からずいきなり
そんなにも小説と違うなら読んでた人はさぞかしがっくりでしょうね

そうだったんだぁ。
わたしは単純に、バンコクの雰囲気が良かったしでまあまあフツウにしました(笑)
マンダリンホテルは行かなかったの~。
あの石段出て来たっけ??
寺院行ってたけど、、、、。
 (ラスカル)
2010-02-28 04:10:21
一度本を読んでみてはいかがですか
★ラスカルさん (mig)
2010-02-28 10:58:15
コメありがとうございます♪

そうですね~
でも正直、もうどうでもよくなっちゃいました(笑)
読んだ方のお話も聞くと原作の方が随分良いみたいですねー
TBありがとうございました (シムウナ)
2010-02-28 11:14:40
TB有難うございました。
男性と女性目線で意見が分かれる
映画かなと感じました。
男性視点では、身勝手な男に
見えてしまった…
女性目線では、切ない恋と捉えることが
できるのだろうでしょうか、疑問です。
石田ゆり子が演じた貞操な妻に
同情したいです。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

31 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『サヨナライツカ』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:イ・ジェハン原作:辻仁成出演:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、平岳大、加藤雅也試写会場 : 新都市ホール公式サイトはこちら。<Story>1975年、灼熱のバンコク。チャオプラヤー川ほとりに立つ最高級ホテル、オリエンタル・バンコクの“サマーセット・モ...
サヨナライツカ (あーうぃ だにぇっと)
クリスマスの夜はよみうりホールで「サヨナライツカ」を観た。 有楽町に早く着き、TOHOシネマズ日劇に、「アバター」の予約をしに寄った。 元旦の予約を取ろうと思ったのだが、予約は二日前からだそうだ。 しかたないなあと、今度はヒューマントラストシネマ有楽町...
サヨナライツカ (シネマDVD・映画情報館)
愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、『東京日和』以来12年ぶりの映画主演作で愛に...
サヨナライツカ (LOVE Cinemas 調布)
『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督作品。辻仁成の同名小説の映画化だ。主演は原作者・辻仁成の妻でこれが12年ぶりの映画復帰作となる中山美穂。共演に『蟹工船』や『ゼロの焦点』の西島秀俊、『MW-ムウ-』の石田ゆり子、『新宿インシデント』の加藤雅也が...
試写会「サヨナライツカ」 (流れ流れて八丈島)
今日は仕事帰りに、なかのZEROホールへ中山美穂のなんと12年ぶりの主演映画「サヨナライツカ」の試写会に行ってきました隠れ中山美穂ファンとしては、超期待作ですとにかく、いまだ健在の美しさでしたとてもアラフォー(39歳)とは思えませんでしたとは言っても、映...
サヨナライツカ (とりあえず、コメントです)
辻仁成著の原作小説を韓国のイ・ジェハン監督が中山美穂さん主演で描いたラブストーリーです。 原作は未読のままチャレンジしてみました。 25年の年月を経て真実の愛を見つけた男女の姿をじっくりと描いていました。
サヨナライツカ(試写会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[サヨナライツカ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:小吉 2010年5本目です。 【あらすじ】 1975年。 航空会社で働き、好青年というあだ名を持つ東垣内豊(西島秀俊)は、婚約者の光子(石田ゆり子)を日本に残し、3ヶ月の期...
『サヨナライツカ』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1975年、バンコクの高級ホテルに暮らしている沓子は、お金に不自由なく、男性から愛される満された日々を送っていた。ある日、沓子はバンコクに赴任してきたエリートビジネスマンの豊と出会い、二人はたちまち惹かれ合うが、実は豊には東京に残してきた光子という婚約者が...
○『サヨナライツカ』○ ※映画と原作のネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:韓国映画、イ・ジェハン監督、辻仁成原作、中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー出演。
サヨナライツカ(試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
うーむ、わけがわからない。1975年のバンコク。婚約者の光子(石田ゆり子)が3ヶ月後に来ることが決まっているのに、同僚の木下(マギー)が呼び出した沓子(中山美穂)と、狂おしいほどの愛に溺れる豊(西島秀俊)。いやもう、突っ込みどころは山のようにあるわけで。都....
★サヨナライツカ(2009)★ (CinemaCollection)
かなわない恋だとわかってたメディア映画上映時間134分製作国韓国公開情報劇場公開(アスミック・エース)初公開年月2010/01/23ジャンルロマンス映倫R15+【解説とストーリー】辻仁成の同名小説を「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督が映画化した切ないラブストーリ....
「サヨナライツカ」を観る (紫@試写会マニア)
R15指定で、X'masの夜に女二人で観るのはどうなんだ(なんでもないオトコの人と二人でみるのはもっとどうなんだ。笑)、と思ったけれど、話の初めの頃にはっとするシーンがあったけど、主演の中山美穂ちゃん(久々のスクリーン復帰!)の元々もっている可愛らしさがそう...
サヨナライツカ (Diarydiary! )
《サヨナライツカ》 2009年 韓国映画 結婚を控えるエリートサラリーマンの東垣
「サヨナライツカ」愛し愛された先にみた夢に惹かれた2人の女性の愛の深さ (オールマイティにコメンテート)
「サヨナライツカ」(R15+指定)は辻仁成原作の「サヨナライツカ」を映画化した作品で、バンコクに転勤してきた航空会社の青年が婚約者がいる身ながら現地で出会った女性と密会を繰り返して恋に落ち、それが愛となるが、別れて25年後に再び再会するストーリーである。叶わ...
『サヨナライツカ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「サヨナライツカ」□監督 イ・ジェハン□脚本 イ・ジェハン、イ・シンホ、イ・マニ  □原作 辻 仁成□キャスト 中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー ■鑑賞日 1月23日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの...
【サヨナライツカ】 (日々のつぶやき)
監督:イ・ジェハン 出演:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也      かなわない恋だとわかってた 「1975年バンコク、婚約者のいる豊と出会った沓子、二人は運命の恋をするが長くは続かなかった。」 昔から中山美穂ちゃんが好き。 夫の辻仁成さんの原
サヨナライツカ (単館系)
主演、中山美穂。 原作は夫の辻仁成さん。 監督が何故か私の頭の中の消しゴムのイ・ジェハン 韓流じゃなくて良かったのでは? 伝えたい...
★★「サヨナライツカ」を観てきました★★ (♪♪かずくんままのマネー&映画日記 ♪♪)
今年1本目の映画は「サヨナライツカ」を観にいってきました。 本当は別の作品を観たかったのですが間に合わず変更 中山美穂さんが本格的にカムバックの作品ですね。 ここのところ宣伝であちらこちらに出ていて「素敵だわ~」と思ったこともありチョイスです。 ただ、
サヨナライツカ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
サヨナライツカ’09:韓国 ◆ 監督: イ・ジェハン「私の頭の中の消しゴム」◆出演:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー ◆STORY◆1975年、タイ・バンコク。航空会社のエリート社員・豊は婚約者の光子を東京に残し、バンコク支社に赴任。そこで艶やか...
「サヨナライツカ」 第5位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 180オープニング土日動員: 9万6175人オープニング土日
サヨナライツカ (B-scale fan's log)
公開中 イ・ジェハン監督     出演 中山美穂、西島秀俊、     石田ゆり子、マギー 他 新評価 4.0 90年代の往年のトレンディドラマを見るような、 すこし劣化した昼メロ路線とも言えそうだけど、 21世紀にまだこんな新作映画が見れるなんて!! かなりグ...
「サヨナライツカ」 (NAOのピアノレッスン日記)
~かなわない恋だとわかってた~2009年  韓国   (アスミック・エース配給)  R15作品 10.1.23公開監督:イ・ジェハン   製作:シム・ジェソプ、ファン・ヨンサン原作:辻仁成  『サヨナライツカ』 音楽:ソ・ジェヒョク          上映時...
「サヨナライツカ」 (みんなシネマいいのに!)
 辻仁成の同名小説を私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督が映画化。 話題は何
『サヨナライツカ』 (purebreath★マリーの映画館)
       一瞬の恋が、一生の愛へと続く・・・監督・脚本・・・イ・ジェハン原作・・・辻仁成出演・・・中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー 他                  【解説】愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会い...
サヨナライツカ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
スルーかどうしようかものすごい葛藤があった『サヨナライツカ』観てきました。だって『冷静と情熱のあいだ』観た時に、すでに唸ってたもの、、、たぶん、それと同じかなって危惧感ありあり(爆)でもね、観たいのだわ中山美穂を。ってことで鑑賞決定(決まると早いっ)タ...
No.205 サヨナライツカ (気ままな映画生活)
誰にでも忘れられない恋がある。 25年間の男女のそこまで人を愛することができるのかと 見ている側に問いかける作品でした。 メインの登場人物は3人
映画<サヨナライツカ> (美味-BIMI-)
いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない 孤独はもっとも裏切ることのない 友人の一人だと思うほうがよい 愛に怯える前に傘を買っておく必要がある・・・   こんな詩で始まる<サヨナライツカ>の映画。 ”愛されるコト”が全てと思っていた女性が...
観ました、「サヨナライツカ」 (オヨメ千感ヤマト)
イ・ジェハンワールドと辻仁成ワールドのめくるめく融合。 よく映画を、「1800円
『サヨナライツカ』 (シネマな時間に考察を。)
孤独という“友人”を受け入れている冷静な人は、心では強く誰かを愛したいと願い、用意しているはずのサヨナラを出し惜しみにする。 『サヨナライツカ』 2009年/韓国/134min 監督・脚本:イ・ジェハン 原作:辻仁成 出演:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子 ...
サヨナライツカ 6/25DVD発売開始 (シネマDVD・映画情報館)
1975年、灼熱のバンコク。 金・美貌・愛に不自由なく暮らし、“愛されること”を求め生きてきた沓子は、ある日、夢に向かって真っすぐ生きるエリートビジネスマン・豊と出逢う。 ふたりはたちまち魅かれ合い、熱帯の夜に溺れていく。 しかし、豊は結婚を目前に...
mini review 10476「サヨナライツカ」★★★☆☆☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、『東京日和』以来12年ぶりの映画主演作で愛に...