我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

The Ghost Writer / ゴーストライター

2010-11-02 20:04:02 | 劇場&試写★6以上

 

 

ランキングクリックしてね
←please click


いろいろありすぎたロマン・ポランスキー監督去年チューリッヒ映画祭の授賞式出席で滞在中のスイスで、33年前の少女強姦関連でスイス当局から身柄を拘束され、
4億円の保釈金を払って自宅監禁になった
久々の新作、主演にはユアン・マクレガー。



第60回ベルリン国際映画祭で最優秀監督賞を受賞。
原作は、イギリスの元ジャーナリストのロバート・ハリスの「The Ghost」
実際に英国首相と親交があったと言われていて、小説が出版された当時は作中の英首相アダム・ラングが
前英首相のトニー・ブレアがモデルになっているのでは?と騒がれたらしい。
欧州でのタイトルは「The Ghost」



「ローズマリーの赤ちゃん」「チャイナタウン」「戦場のピアニスト」などで知られるロマンポランスキー監督の映画、好きなので
先日のロンドンへの機内上映があったのですかさずチョイスしたけど字幕なしは、やっぱり 細かいセリフがわからない

運良く東京国際映画祭で上映したので、日本語字幕での鑑賞


政治絡みの犯罪ミステリーとして、秀作

静かで暗い作品だけど、随所ユーモアが入ってる。
ユアン演じるゴーストライターには名前がない。 さてはゴーストにひっかけた?

ニコちゃんのは「ゴーストライダー」

元イギリス首相の自伝出版にあたって雇われていたゴーストライターが溺死。
変わって代筆するために雇われたのが、政治には特に関心もなかったユアン。


前首相にピアース・ブロスナン。

重要な役割で名優トム・ウィルキンソンのほか、


首相の妻に、オリビア・ウィリアムス&秘書役には「SATC」のサマンサ!(キム・キャトラル)


この二人の大人の女性が、この作品には華やかすぎない浮かない存在感を放って脇を固める。





イギリス元首相ラングの回顧録を担当することになった、独身の若きゴーストライター。
ラングの別荘があるアメリカ東海岸の島に渡り、仕事をはじめることになるのだが…
実は、この回顧録のほとんどは既に完成されていて、前任者の跡を引き継ぐ形となっていたのだが
調べていくうちに政治がらみの巨大な陰謀が見え始め…






7/10(78点)





ちょこっとネタばれあり感想



凄い面白い!ってわけじゃないけど いやぁこういうの 好き。
機内で観た後で細かいセリフ分からなくてもこの空気感とエンドへの持っていき方、やっぱり好きだなぁと実感させられた。
暗〜く、空気まで伝わるような重たい空と映像の雰囲気。話の構成、まさにポランスキー映画です!
全体的にミステリーらしく 何が起こってるのかという興味でぐいぐい引き込んでいかれ、
派手な殺人が起きたりするわけでもなく静かにストーリーは進む。

元首相の妻がいきなりユアンに接近し、次の瞬間にはハダカになってベットに入ってるシーンなど
唐突で思わず劇場にも笑いが。
余談だけど、このシーンでのヌードについてユアンはインタビューでつっこまれ、
「寝るのに服を脱ぐのはヌードシーンとはいえないんじゃないか」と主張したけど
インタビュアーは、裸のお尻が映ればヌードシーンだと言い、両者かみあわない
まあ、映るのはちょっとだしそこそんなにこだわらなくても。(笑)





キャスト全員がハマり役であることも高ポイントなところ。
ピアース・ブロスナンも顔はいいけど頭からっぽで全部妻の指示や感想をいちいち聞いて行動してたり
その妻はどこか、ひと癖ありそうなオリビア・ウィリアムスがもうこの人しかいないってくらいだし、
もちろん主演で出ずっぱりのユアンは、こういう災難に巻き込まれるみたいな役がハマる。
なんていうか、個性的なっていうよりあくまでも一般人をやらせたら上手いなって気がする。
今回もよせばいいのに、自ら首を突っ込んでただのライターなのに事件を追及していく。
とはいっても、ゴーストライターを引き受けた時点でもう危うい存在にはなってるんだけど...

あるメッセージや何かに気付いた瞬間っていうのは、観る側として面白い瞬間。
ラスト、一通の手紙をある人物に届けるまでを映し出すロングショットは緊迫シーン。

政治陰謀の新たな犠牲者が生まれたのを直接的には見せずに
原稿が街中に散乱するラストシーンがまた印象的で、、、お見事でした。

これ以上あまり語らない方がいいな。


ロマン・ポランスキー作品好き、ユアンファンはもちろん
静かなミステリー好きにはオススメ





それにしても、ゴーストライターのお仕事って 自分が書いてるのに表に名前出せないなんて
なんか可愛そうというか
もどかしいんじゃないのかなぁ?って思っちゃった。
嫌だったら好き好んでゴーストしてないか!?




微妙にブロスナンの顔とユアンの髪がちがう。
というか右のブロスナン首相の本のポスター明らかにおかしい(笑)


 official site
The Ghost Writer 2010年 フランス、ドイツ、イギリス    128min

2010東京国際映画際WORLD CINEMA作品。 日本公開未定  公開希望!
監督もキャストも有名だからこれは来年には公開するでしょう☆

2011年8月27日(土)公開決定

 




2010/2/15 ベルリン映画祭にて。監督欠席。



愛妻



ポランスキー次回作は、 ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ!
オスカー俳優3人の共演の「ゴッド・オブ・カーネイジ(God of Carnage)」+ジョン・C・ライリー
トニー賞を受賞したフランス人劇作家ヤスミナ・レザの同名戯曲の映画化。
子どものケンカの後始末をするために集まった2組のミドルクラスの夫婦が、
相手を攻撃しているうちに本題からはずれ、それぞれの結婚生活の問題点を露呈する夫婦ゲンカを繰り広げるというコメディタッチの会話劇とのこと。
ヴァルツさんとジョンCがポランスキー映画に、、、楽しみ♪








一喜一憂したくないけどやっぱり気になる
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (18)   Trackbacks (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月公開★新作映画リスト | TOP | ストーン/ STONE  »

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
絶対に観たい! (562_1992)
2010-11-02 21:14:59
こんにちは。migちゃん。
Twitterで教えて貰って早速お邪魔しました。

ポランスキー監督作、好きなので観たい!
キャストも派手さはないけどいい演技を
みせてくれそうな俳優さんが揃ってる。
それに、久し振りにサマンサ以外の
K・キャトラルが見られるのも嬉しい♡

社会派作品やミステリーが大好きだから、
ストーリー的にもすごく興味をそそられるし
migちゃんのキャスト全員がはまり役ってのが
すごく期待大!!

余談だけど、小文字でゴーストライダーの
事をこそっと書いてるのが笑えたよwww
そして、ユアンと奥様の写真が素敵♡♡
奥様ほんとうに綺麗!



migさん (xtc4241)
2010-11-03 05:01:27
おはようごさいます(いま11月3日4:40早朝です)
ロマンポランスキー監督。
最近で言えば「戦場のピアニスト」
前で言えば「チャイナタウン」
(ジャックニコロソンがギャングに鼻を切られるシーンが頭に残ってます)
それに「ローヅマリーの赤ちゃん」もそうなんだ!
それそれ、違うジャンルの作品だけど、こだわって創るひとですよね。
そういう監督の映画、また、よさそうですね。
確かにユアンマクレガーは、決して超人ではなく、
普通の人がある状況に置かれて、そのなかで仕方なく動いていく。
すると、思わぬほど、大きく状況が動く。。。
そんな役どころが似合っています。

はやく公開してください!
☆562_1992Tamaちゃん (mig)
2010-11-03 17:16:37
こんばんは☆すぐにありがとう〜♪

うんうん、ロマンポランスキー作品がお好きだったらこれきっと気に入るよ☆
早く劇場公開してほしいなぁ。
観てね♪

ユアン繋がりだけど、Tamaちゃん「ステイ」観たのね♪
私もレビュー書いてるので夜にでもツイッターに載せようかな☆

ほんとにこれキャスティングが最高なの!
キムもシリアス演技久しぶりなんじゃないかな?
ポランスキー監督もSATC観てたりして(笑)


xtc4241さん☆ (mig)
2010-11-03 17:28:50
今お邪魔してびっくり!外人さんだったんですか??
日本語が堪能で、、、、
これ、地味でもオススメです。
特にポランスキー映画お好きな方はもちろん好きだと思います。
独特のひんやりとした空気を感じる映画です。
早く公開しないかなぁ〜。
やっぱり? (ノルウェーまだ〜む)
2010-11-03 21:41:01
migちゃん、字幕つきで観られてよかったね☆
私もすごーく観たかったけど、絶対英語だけじゃムリ〜と思って諦めたの。
日本で公開してほしいね。

ゴーストライダーに掛けてるのかぁ(ない?)
まだ〜む★ (Mig )
2010-11-04 16:47:55
ゴーストライターの仕事をしてる人が出てくる映画あまりないかも。
いまからリミット字幕ありで観てくるよ(^_^)vしっかり観るね
ザ・タウンは あの知り合い家に押し入るシーンは、クレアの車を襲ってダメにした仕返しだったよ〜
やっとここまで (rose_chocolat)
2010-11-06 18:59:40
書いたわ〜。 笑
migさんはもう1つの回だったよね。

これ、重たい話なのに、何故かスタイリッシュにも感じて、
さすがポランスキー監督だなあと。
日本公開されたらものすごい人気作品に
なるでしょうね。
★rose_chocolatさん (mig)
2010-11-06 23:53:40
おお〜、今日ちょうど覗きに行こうと思ってたの!
沢山観すぎててupが大変でしょ???
私今の4つか5本抱えてるのですらもう昔みたのはどうでも良くなって来てるのに(笑)

ポランスキー監督作は地味だからなぁ、一般ウケはしないかも。
でもポランスキー監督好きなら絶対ですよね☆
Unknown (KLY)
2011-08-28 01:45:50
観てきました。
皆さんが非常に高評価なんでちょっと期待しすぎちゃったかな。面白かったけれど別に特筆するほどだとは思えなかったです。
何というかCIAがらみの陰謀って引いちゃうんですよ(苦笑)
KLYさん★ (mig)
2011-08-28 09:02:26
おはよー☆
明日もこのお天気がいいね

そっかぁ。
好みによるとこが大きいかなぁ。
ラストとか渋いし、何しろあの雰囲気が好き♪
え?CIA絡みだめなんだぁ
こんばんは (ノラネコ)
2011-09-03 23:22:02
ポリティカルサスペンスというハードな題材にも関わらず、軽快なテンポにユーモアを忘れない良い意味で余裕のある作り。
ポランスキー流のヒッチコック的巻き込まれサスペンス。
なかなかに楽しめる一本でした。
大人の映画ですな。
ノラネコさん☆ (mig)
2011-09-04 09:23:47
おはよです☆

さすがポランスキーですよね。
なんかいつもこんな暗い雰囲気(笑)

うん、ほんとオトナのサスペンスって感じでしたね〜。好きだなぁ。
プチご無沙汰です。。。 (小米花)
2011-10-05 23:45:28
まだ日本公開が決まらないうちに
ご覧になっていたのですね〜。
私はこの映画、とても楽しめました。
ユアンが良かったです!

>ニコちゃんのは「ゴーストライダー」
に笑ってしまいました。
ニコちゃん出演のもの、好きなんですがこのゴースト〜はDVDだったんですが、ダメで途中でejectしちゃいましたヨ・・・。
☆小米花さん (mig)
2011-10-06 09:03:31
おはようございます♪

コメではお久し振りですね、

私も好きですよ〜。2度も観ちゃいました♪
1度目は機内で字幕なしだったから。
ニコのゴーストライダーは不評でしたよね(笑)
面白かった〜 (マリー)
2011-11-24 22:35:12
こんばんは〜〜♪
やっと観れたよ!!!
面白かった〜〜〜。

ジョニーの『ナインスゲート』を彷彿とさせる作りでした。あちらは本の探偵なんだけどね。
音楽の使い方とか似ていた〜。
暗く重苦しい映像美なんかも雰囲気そっくりに感じた〜。

ラストもいい感じです。
ちょっと詰めが甘いのは、彼が名も無きゴーストライターだったから?

ユアンのとぼけた感じが良かった。
女性たちも、なんかありそう〜〜って感じが怖くて良かったで〜す。
観れてよかったなぁ〜
マリーさん☆ (mig)
2011-11-25 08:50:06
おはよう!

面白かったよね☆
ポランスキーの映画好き!ナインスゲートも確かに暗くて謎めいてて、あ、あれもポランスキーだったっけ??

今日からいってきまーす
あちらからも更新するね☆
ツイッターでもお話しよーね♪
こんにちは♪ (yukarin)
2012-03-01 13:44:52
ほぼ1カ月前に観たのに今頃...
私も凄い面白いわけじゃないけど好き!
ラスト、犠牲者を見せない所はうまいよね〜
yukarin★ (mig)
2012-03-02 00:18:30
こんばんは★
これは好き〜また雰囲気が暗くていいのよ。
だから 今回の「おとなのけんか」は意外!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

38 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『ゴースト・ライター』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
【TIFF2010】『ゴースト・ライター』(2010)/フラ... (NiceOne!!)
原題:TheGhostWriter/TheGhost監督/共同脚本/共同プロデューサー:ロマン・ポランスキー主演:ユアン・マクレガーピアース・ブロスナンキム・キャトラルオリヴィア・ウィリアムズトム・ウ...
映画;ゴーストライター The Ghost Writer 濁流のような状況に一気に巻き込まれる男 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
巨匠かつ拘束されたことが有名な、ロマン・ポランスキーが監督。 このため、かっちりラストまでハラハラさせてくれる。 サスペンスものとしては上々か。 まんまとうまく騙されてしまった(笑) 前任の急死によって、突然巻き込まれる主人公(ユアン・マグレガー) スキ....
ゴーストライター (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Ghost Writer、英国ではThe Ghost。ロバート・ハリス原作、ロマン・ポランスキー監督、ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ ...
ゴーストライター (LOVE Cinemas 調布)
『戦場のピアニスト』でアカデミー賞監督賞を受賞した巨匠ロマン・ポランスキー最新作。原作はロバート・ハリスの同名ベストセラー小説だ。元英国首相のゴーストライターとなった主人公が、思わぬことから重大な秘密にふれてしまい恐ろしい陰謀に巻き込まれてゆく姿を描...
【TIFF 2010】『ゴーストライター』 (2010) / フランス・ドイツ・イギリス (Nice One!! @goo)
原題:The Ghost Writer / The Ghost 監督/共同脚本/共同プロデューサー:ロマン・ポランスキー 主演:ユアン・マクレガー ピアース・ブロスナン キム・キャトラル オリヴィア・ウィリアムズ トム・ウィルキンソン ティモシー・ハットン ジョン・バ...
ゴーストライター/陰謀の犠牲者は、誰? (映画感想 * FRAGILE)
ゴーストライターTHE GHOST WRITER/監督:ロマン・ポランスキー/2010年/フランス、ドイツ、イギリス ユアン・マクレガーがピアース・ブロスナンの前でおどおどします。 ロマン・ポランスキー監督の映画はですね、見たことがないです。「ナインスゲート」は見ました...
ゴーストライター/陰謀の犠牲者は、誰? (映画感想 * FRAGILE)
ゴーストライターTHE GHOST WRITER/監督:ロマン・ポランスキー/2010年/フランス、ドイツ、イギリス ユアン・マクレガーがピアース・ブロスナンの前でおどおどします。 ロマン・ポランスキー監督の映画はですね、見たことがないです。「ナインスゲート」は見ました...
*ゴーストライター* (Cartouche)
  元英国首相ラングの自伝執筆のために出版社より選ばれたゴーストライターの“僕”は、ラングが滞在するアメリカ東海岸の孤島に向かう。その矢先、ラングがイスラム過激派の逮捕や拷問に加担した疑いがあるというニュースが流れる。このスキャンダルは国際刑...
ゴーストライター (風に吹かれて)
秘密は冒頭に公式サイト http://www.ghost-writer.jp同名小説(ロバート・ハリス著)の映画化監督: ロマン・ポランスキー  「チャイナタウン」 「戦場のピアニスト」元英国首相アダ
ゴーストライター (映画の話でコーヒーブレイク)
ロマン・ポランスキーの最新監督作。 なんの前知識もなく見てきました。 2010年ベルリン映画祭で金熊賞は逃したものの、ポランスキーが銀熊賞(監督賞)を獲得した作品です。    **********************           ゴ ー ス ト ...
ゴーストライター・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
隠された陰謀を知った時、名も無き“幽霊”は、生き残れるのか? 「ローズマリーの赤ちゃん」「テス」「戦場のピアニスト」など、映画史を彩る数々の傑作を生み出してきた巨匠、ロマン・ポランスキー監督による...
ゴーストライター (to Heart)
知りすぎた、男(ゴースト)――。 原題 THE GHOST WRITER 製作年度 2010年 製作国・地域 フランス/ドイツ/イギリス 上映時間 128分 原作 ロバート・ハリス 『ゴーストライター』((講談社文庫刊) 脚本 ロバート・ハリス/ロマン・ポランスキー 監督 ロマン・ポラン...
サスペンスのお手本のような (笑う学生の生活)
1日のことですが、映画「ゴーストライター」を鑑賞しました。 イギリス元首相の自伝依頼を受けた男 前任者の不可解な死、首相の過去に不審な点も見つかり・・・ 名匠、ロマン・ポランスキー監督作品 いやー、サスペンス ミステリーを堪能 まさに 監督の職人技、演出の...
『ゴーストライター』 不安の感情 (Days of Books, Films )
The Ghost Writer(film review) 『ゴースタライター(
「ゴーストライター」 真相を知ってからのほうが楽しめる? (はらやんの映画徒然草)
元英国首相アダム・ラング(ピアース・プロスナン)の自叙伝を書いていた男が謎の死を
「ゴーストライター」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Ghost Writer」 2010 フランス/ドイツ/UK ゴーストに「ブローン・アパート/2008」のユアン・マクレガー。 アダム・ラングに「あぁ、結婚生活/2007」のピアース・ブロスナン。 アメリア・ブライに「セックス・アンド・ザ・シティ/2008」のキム・キャトラル...
『ゴーストライター』 事実は小説よりも奇なり (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  この映画は面白い。  あなたがまだ『ゴーストライター』を観ていないのなら、それだけ知れば充分だろう。  これは上質なサスペンスであり、芳醇なワインを味わうように渋みを楽し...
ゴーストライター (映画三昧、活字中毒)
■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞ゴーストライター/THE GHOST WRITER 2010年/フランス、ドイツ、イギリス/128分 監督: ロマン・ポランスキー 出演: ユアン・マクレガー/ピアース・ブロスナン...
『ゴースト・ライター』 (beatitude)
元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を依頼されたゴーストライター(ユアン・マクレガー)に出版社が提示した条件は、米国で講演中のラングが滞在する島に今夜中に発ち、1ヶ月以内に原稿を仕上げるという厳しいもの。だがそのハードな仕事と引換に....
ゴーストライター (映画的・絵画的・音楽的)
 『ゴーストライター』をヒューマントラストシネマ有楽町で見ました。 (1)この映画を制作したロマン・ポランスキー監督の作品は、『戦場のピアニスト』(2003年)に感動したこともあり〔その後の『オリバー・ツイスト』(2006年)はあまりいいとは思いませんでしたが〕....
ゴーストライター (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(13) かなり地味だけど上質なミステリー映画に惹き込まれた。
ゴーストライター (こんな映画見ました〜)
『ゴーストライター』---THE GHOST WRITER---2010年(フランス/ドイツ/イギリス )監督:ロマン・ポランスキー出演:ユアン・マクレガー 、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル 、オリヴィア・ウィリアムズ 、トム・ウィルキンソン、ティモシー・ハットン...
冷たい雨が降っている…『ゴーストライター』ロマン・ポランスキー監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。ロバート・ハリスの同名小説『ゴーストライター』を「チャイナタウン」「フランティック」「赤い航路」のロマン・ポランスキー監督が映画化。元イギリス首相のゴーストライターとして雇われ
知り過ぎた男〜『ゴーストライター』 (真紅のthinkingdays)
 THE GHOST WRITER  ロンドンでゴーストライターを生業とする男(ユアン・マクレガー)は、ある日 エージェントから元首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆 を打診さ...
映画『ゴーストライター』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-58.ゴーストライター■原題:The Ghost Writer■製作年・国:2011年、イギリス・ドイツ・フランス■上映時間:128分■鑑賞日:9月10日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷)■料金:1,800円□監督・脚本・製作:ロマン・ポランスキー□原作・脚本:ロ...
『ゴーストライター』 (pure breath★マリーの映画館)
                知りすぎた男(ゴースト) 『ゴーストライター』 監督・脚本・製作・・・ロマン・ポランスキー 出演・・・ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウィリアムズ、トム・ウィルキンソン、ティモシ....
ゴーストライター (だらだら無気力ブログ!)
これは最後まで見応えあるサスペンス・ミステリーでした。
「ゴーストライター」The Ghost Writer (事務職員へのこの1冊)
冬の海。フェリーが接岸する。船員が車を誘導するが、一台のBMWだけが動かない。
ゴーストライター (A Day In The Life)
DVD観賞 解説 『戦場のピアニスト』などの巨匠ロマン・ポランスキー監督が、 ロバート・ハリスの小説を映画化したサスペンス。 元イギリス首相のゴーストライターとして雇われた平凡な男が、 ある秘密に吸い寄せられていくさまを鮮やかなタッチで描く。 主人...
ゴーストライター (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
ゴーストライター '10:フランス=ドイツ=イギリス ◆原題:THE GHOST WRITER ◆監督:ロマン・ポランスキー「戦場のピアニスト」 ◆出演:ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウィリアムズ、トム・ウィルキンソン ◆STORY◆...
ゴーストライター  THE GHOST WRITER (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
この映画は一見するとサスペンスなんだけど、トニー・ブレア元首相を皮肉ったブラックユーモアたっぷりの物語なのだ。元首相の自叙伝を執筆するゴーストライターとして雇われた主人公は、活字にするのは元首相の名前でないといけない。それが自分の筆で物事を書いたら、そ...
映画「ゴースト・ライター」批評  ラストに衝撃の真実が・・・((゜Д゜Uu))━━!!!!!! (ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て)
ゴースト・ライター観ましたよ〜(◎´∀`)ノ ってか皆さんゴースト・ライターって
ゴーストライター (銀幕大帝α)
THE GHOST WRITER/10年/仏・独・英/128分/ミステリー・サスペンス/劇場公開 監督:ロマン・ポランスキー 過去監督作:『ローズマリーの赤ちゃん』 製作:ロマン・ポランスキー 原作:ロバート・ハリス『ゴーストライター』 脚本: ◆ロバート・ハリス ◆ロマン...
ゴーストライター (いやいやえん)
元英国首相の自叙伝を、前任者が謎の死を遂げたため、引き継いで書き上げることになった「ゴーストライター」が主人公です。 身の危険を感じながら、偶然(?)見つけた「疑惑」を調べ始めるというお話ですが、古典
ゴーストライター (The Ghost Writer) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロマン・ポランスキー 主演 ユアン・マクレガー 2010年 フランス/ドイツ/イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★ 小学生の頃、県の読書感想文コンクールで入選した事がある私。うちの親なんかは未だにそのことに触れ、「昔は文才あったのに…」とか言...
ゴーストライター (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE GHOST WRITER】 2011/08/27公開 フランス/ドイツ/イギリス 128分監督:ロマン・ポランスキー出演:ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウィリアムズ、トム・ウィルキンソン 知りすぎた、男(ゴースト)――。 英国の元...
【映画】ゴーストライター…島で秘密とか調べると大体こういう目に遭います。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日2012年9月29日(土曜日)はレンジで焼き芋を作ろうとして、炭を作ってしまったピロEKです …ヤバかったなぁ 早速ですが、以下は映画観賞記録 もちろんヤッツケて書きました(ヤッツケ度★★☆☆☆) 今まで説明して無かったけど。★の数が私の記事書く上でのイ...