我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

ボビー / BOBBY

2007-02-18 11:07:28 | 劇場&試写★6以上


ボビーとは、アメリカ大統領 JFK(ジョン・F・ケネディ)の実弟であり、
後継者と目されていたロバート・F・ケネディの愛称。


ロバート・F・ケネディ

去年のトロント映画祭で観てきた作品、いよいよ日本でも公開!!
3月公開予定だったはずが、突然2月に変更されていた。
あちらでは字幕なしで観たから細かい会話などきちんとわかってなかったので
しっかりと確かめてきたのでもう一度、改めてレビュー★2度目の鑑賞です。

トロント映画祭『BOBBY』レッドカーペット&レビュー

1968年6月5日。アメリカの希望であったロバートFケネディ暗殺。
世界の歴史を変えた運命の夜。。。。



監督/脚本は、俳優としてこれまで活躍してきたエミリオ・エステベス
父はこの本作にも出演しているマーティンシーン。弟はチャーリーシーン。


この日、事件のあったL.Aのアンバサダーホテルに居合わせた22人の人間たち。
選挙キャンペーンが行われるその16時間前、階級も人種も様々な人たちの不安や苛立ち、、、
それぞれの時を交差しながら描く群像劇


トロント映画祭では最大の賛辞を込めた拍手で受け止められたこの作品。
わたしもすごく満足した1本だったのだけど。
ボビーへの尊敬と思想への敬意の念が深く込められた、ボビーの信念を讃える作品。
エンターテインメントとして楽しむ映画では決してない。
ボビーの思想、当時アメリカの希望の象徴だった彼の思いがどれだけ届くのかー。


何気ないそれぞれの一日のうち、数時間の出来事、
様々な思いがある中でそれでも皆、アメリカを、世界を変えてくれるかもしれない
ボビーという一人の人物に希望を託していた。。。。

その22人というのがかなりの豪華キャストで
そこがまた見どころのひとつ。

何人わかる?(笑)




             




          
デミ!ゴージャスでワガママなシンガー&
言われなきゃ気付かない人も多そうなアシュトンカッチャー
デミはエミリオ監督のEXガールフレンドだし、
その夫アシュトンはこんな面白おかしないでたちで登場



《CAST》
ウィリアムHメイシー     ホテルマネージャー
シャロンストーン       Hメイシーの妻でホテル内美容師
デミムーア          ナイトクラブシンガー(アル中)
ヘザーグラハム        オペレーター
クリスチャンスレイター    ホテル内レストランマネージャー
アンソニーホプキンス     引退したホテルマネージャー
リンジーローハン       結婚間近の若いカップル
イライジャウッド       その彼
マーティンシーン       ホテルのリッチな客
ヘレンハント          その妻
ニックキャノン        ホテルマン
ジョシュアジャクソン     ホテルマン
ローレンスフィッシュバーン  ホテル内レストランのコック
アシュトンカッチャー     ヤク中のヒッピー



公式サイト
BOBBY    2006年   アメリカ  120min
2月24日~ロードショー


8/10

前回同様、エミリオ監督への賛辞で☆ひとつおまけ♪
何と言おうか、この映画が放つ雰囲気が好き。
あちらで観た際は、かなり笑ってる人も多く私自身も楽しんで観たんだけど、
日本人はじっくり静かに観るという感じで。。。
二回目ということもあって内容は知ってみたけど今度は字幕があるので
台詞を深くかみしめることが出来、観て満足の1本
歴史が変わった瞬間を目撃せよ、という感じでしょうか 

ジョンFケネディ暗殺を描いた『JFK』のように、
あの実際に起こった事件についてのストーリーではなく、
あくまでもラスト近くで起こる悲劇までそこに居合わせた人間たちを描いている作品。



ローレンスフィッシュバーンのセリフ長まわし。
白い服がかぶって字幕が見にくいと懸念されてたシーンは
背景をちょっとグリーンがかった色にすることで改善されてたみたい。よかった★




デミシャロンの二大女優絡みシーン
シャロンの顎から頬にかけてのシワがかなり目立ってて、年齢を感じさせるくたびれた感じのまま堂々出演。
そしてアイメイクが濃くてコワいんだけどなんだか潔くて素敵



当時のアメリカ、キング牧師(ボビーの2か月前!)も、ボビーの兄ケネディ大統領も暗殺され暗く、混沌とした時期。
ひとつの希望だった彼が暗殺されたことはどれだけの悲しみだったのだろう。
現代を生きる日本人であるわたしたちにも、その時の証人として見、
そして考える機会を与えられる作品。

当時の映像を交えながら、うまくひとつに溶け込ませている監督の手腕にも拍手


音楽は『クラッシュ』のマークアイシャムが担当。
深く静かなテーマをさりげなく、より一層引き立てる。

全体通し、60年代当時の流行した曲が挿入されていてジンときてしまう。。。
とくにサイモン&ガーファンクルがかかるシーン、、、、、
キング牧師暗殺に対するボビーの追悼の演説に、、、、


オリバーストーン監督が撮ったJFK暗殺事件の話、
『JFK』 
こちらも必見




人気blogランキング←please click


 クリックしてくれると嬉しいな♪♪
いつも読んでくれて&応援ありがとう


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (56)   Trackbacks (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パフューム ある人殺しの物語 /... | TOP | ブリトニー、丸刈りに!! »

56 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
もしかして、 (とく)
2007-02-18 15:36:20
一ツ橋ホールですか?
とく、一番後ろで見てました。
とく的にはかなりのいまひとつでした。
後ろで見てたのですが、上映中席を立つ人もしばしば。
これ、日本ではヒットしないんじゃないかと、ぶっちゃけ思います。かなりの豪華キャストですが。
Unknown (baoh)
2007-02-18 18:52:07
ウェイトレス発見(笑)この写真は私へのmigさんの思いやりと受け止めましたちょっと太ったかな?

これ、良さそうですね~。migさんのレビュー読んで俄然観にいきたくなりました。観にいこうっと。
おぉ~二度目ですか! (mezzotint)
2007-02-18 21:23:47
migさん
TB・コメントありがとうございます
二度もTB感謝ですとにかくキャスト、
スタッフの豪華さだけでも凄いですよね
アシュトン・カッチャーと言えば、「守護神」に出演
していましたね。デミ・ムーアとは15歳の年の差ブルース・ウィリスと離婚していたんですね
知りませんでした
migさんじゃないけど、もう一回観ようかな・・・。
気に入りました! (やまたく)
2007-02-18 21:30:05
こんばんはー。
背骨がしっかりしているうえに
群像モノとしても味わい深く、
キャストも豪華で、
映像編集も大胆で……と、
個人的にかなりハナマルでした★
とくさん☆ (mig)
2007-02-18 21:53:25
お久しぶりですね!
おっと一緒ですよー
わたしは真ん中で観てました☆
いまひとつだという気持ちもわかりますよー。
ただ途中で出る人の気はしれません、何を期待していたの?っていいたいですよ。

起伏のあるストーリーでもなくたんたんとはしてるけど、
やっぱりボビーが伝えたかったことを感じとれるかどうか
じゃないでしょうか??
わたしはアメリカ好きで歴史にも興味あるのですごく
この事件にもボビーという人物の思想にも興味もってみました。
同席した者がいまひとつ、、、って言ってたし
そういう人もいそうだなって思うし、日本ではまああたらないかもですね。(悲しい
こういう映画を作ったことに意義があると思うな。
昨日、試写にしては皆エンドロールの最後まで残っていたのは印象的でしたよ
baohさん★ (mig)
2007-02-18 21:57:47
アハハ
そうですーbaohさんへの贈り物
気付いてくれてうれしいーわ

映画自体は人を選ぶかも、、、、
内容が面白いとかではないし、、、、

でもあのコ出てるから(って5分くらいかな?)
観てね
baohさんのレビュー、楽しみにしてますよん☆
mezzotintさん★ (mig)
2007-02-18 22:14:52
こんばんは!
また観てしまいました。
前回は英語だったので完璧には理解してなかったんです、、、


そうですよね~これだけのキャストが集まるのは
エミリオだからこそではないでしょうか?
その豪華キャストも楽しんで観ました☆

普段、群像劇ってそれほど好きな方でもないいですけど、
やっぱり音楽も良いしキャストも、、、、ってことで
何気ないそれぞれの会話だけどいいんですよね。
デミは過去の恋人と関係もうまく保つ人で(笑)
どんな彼も未だにまとわりついてる気がします

やまたくさん☆ (mig)
2007-02-18 22:18:37
ありがとうございます♪

良かったですよね
日本では、興味のないひとはダメだろうし、
豪華キャスト!ってことで惹かれて観るのも
違うだろうし、10代、20代前半とかの人たちには
つまらない!ってなりそうだなー、、、、とか
意見は割れそうだとは思いますけど。。。
きちんと字幕がついて、細かいセリフが理解できたので
改めて見直して良かったですー
Unknown (koko)
2007-02-19 00:39:40
いろんな人が出てるんだね~!
いろんなこと言われているけどデミ・ムーアってほんとに若いね~!シャロン・ストーンとの絡み見てみたい
ヘザー・グラハムも童顔だから若く見えるよね。カワイイ

migちゃんのプロフィールの写真かわいい!!
Unknown (千幻薫)
2007-02-19 10:33:26
migさんが書くと面白そうに感じてしまうのが不思議ですな~。
あれもこれもと見たくなってしまいます。
LOST「4」まで見たけどまだ自己紹介してますね~。長い
kokoちゃん★ (mig)
2007-02-19 10:53:55
そう、ほんといろんな人が出てるのよ~
シャロンVSデミのシーンもわずかだけど
なんだかちょっとぐっときちゃう二人の演技がいいの!
ハザーグラハムかわいいよねいつまでも若くて

あ、気付いてくれた☆
マリリンとチンパンジーかわいいでしょ。
たぶん「モンキービジネス」の時の

kokoちゃん前に触れてたけど、あのチンパンニュースのって
どうやってうごかしてるんだろう??
千幻さん★ (mig)
2007-02-19 10:57:17
えへへ、ありがとう

事実としての事件を映し出しながら
架空の人物たちのその日を描いたもの。。。
機会があれば是非★主役級キャストが豪華に出演

LOST、、、、後半くらいから面白くなるのですよー
ほんとそれまではちょっと眠くなったり。。。。
でも進行してるんですね着々と。
とりあえず! (きらら)
2007-02-19 14:13:59
migちん!
昨日「パフューム」観てきたよ!良かったようなイマイチだったような、、、ビミョウな感じかも☆
でももう一度みたいの

ボビーももう一度観たいなぁ~。
今度はちゃんと字幕読むのだ

シャロン・ストーンとデミの絡みよかったよね!
すごい貫禄☆しかもシャロンがしたっぱなのがなんかうけるー
そいじゃ!仕事中なのでまた夜くるね~
ボビー (ふる)
2007-02-19 18:17:08
と言えば、
ロッテの監督でしょ?(お約束)

>暗殺のことについて深く知るというものではない。

え?そうなの・・・意外だ。
ケネディ一族はみな短命なので、呪われたファミリーなのかな?なんて思ってた。

JFK暗殺、とその周辺の話は好みなので興味しんしん。

↑の千幻さんもLOST見てるんだ。
しかも同じような状況。遊びに行ってみようかな。
JFK (まどか)
2007-02-19 19:24:20
すっごく観たかったです migさんが書くと
ホント面白そうで、ワクワク

デミ&アシュトン・・なんだか賢也&ルミ子みたい
アシュトン嫌いになりそうよ~~

JFK、長いですよね~
合間に、ゲイの囚人役ケビンが出てくるのが
ご褒美みたいで嬉しかったです
きらりん★ (mig)
2007-02-19 23:24:51
ボビーももう一度観たいんだね、
わたしも二度目だけど字幕あったからじっくりと観ちゃった☆
一緒にみた人はそうでもなかったみたい

でもアメリカの歴史一つの「悲劇」として
知っておいたほうがいい事件。。。。

ケネディ一家っていろいろあるんだよね。。。。。

そーそー、シャロンが下っぱってほんと笑えるよネ!
ふるたん★ (mig)
2007-02-19 23:29:49
ロッテの監督もボビーなの、、、、??
ボビーオロゴンの方じゃないのか

そう、暗殺までのいきさつとか
死因について詳しく探るという作品ではないの。

もしほんとに気になったら是非見てね。
ってほんとにふるたんがみたのないじゃんー
ばかー

あ、LOSTみてるのねー
セカンドは面白いよー(しつこーい☆)

千幻サンとこ、、、、既にいってる~
まどかさん☆ (mig)
2007-02-19 23:33:52
いやいや、、、(テレ

つまらないのも面白く書いてたらちょっとマズいんだけど。。。。
この作品、面白いというと語弊がある感じで。。。。
興味深くみられるよく出来た1本だと思いマス

退屈だと感じる人がいるのもわかるけど、
興味が別のところにむいてる人はダメかもですね。
まどかさんにはぜひみてほしいなぁー

アシュトン、デミのいいなりなのかなー(泣)

そうそう!ケヴィンがまたいいんですよね、JFKは★
あとゲイリーもいいです!
ボビー! (yue)
2007-02-22 06:42:08
TORONTO映画祭をおもいだすねー
yueちん☆ (mig)
2007-02-22 10:31:25
また観たよぉー★

去年だけど懐かしいね
また行きたい~
TBありがとうございます。 (masala)
2007-02-24 15:41:04
こんにちは。
「masalaの辛口映画館」のmasalaです。
「e-mono select」は「辛口映画館」の兄弟ブログで時事ネタをメインで書いていますが、最近は映画ネタがメインになってきています。
所で本題の『ボビー』良かったです。
『13デイズ』のラストショットで号泣してしまった私が見てもよく出来ていました。
監督のエミリオはいつの間にか監督としての力を付けていてびっくりです。
日本での興行はアカデミー賞しだいって感じですね。
これからも『辛口映画館』共々「e-mono select」も宜しくお願いします。
Unknown (えふ)
2007-02-24 16:59:48
当時の悩めるアメリカを上手く群像劇をつかって、
描きだしていたとおもいます。
サウンド・オブ・サイレンスの曲がぴったりでした。
masalaさん☆ (mig)
2007-02-24 23:16:10
こんばんは

兄弟ブログでしたか、
今後もあそびにいきますのでよろしくお願いします☆

豪華なキャすとたちが織り成すあの日の衝撃。
エミリオの力量とケネディへの思いが伝わる出来でしたよね、
アカデミー賞はノミネートから外れたけど、
後世に残す映画として良かったと思います。
えふさん★ (mig)
2007-02-24 23:17:43
こんばんは☆

そうですね、音楽もすごく良かったです。
あのラストの演説もすごくじんとくるものでした、、、、。
コメントありがとうございます
デミ繋がり(笑) (にゃんこ)
2007-02-25 02:27:46
こんばんは~
今日レイトショーで観てきました。
22人の群像劇で、翻弄されちゃうかな?というのは
ほんと、杞憂に終わりました。
デミとエミリオが夫婦役っていうのに笑ってたら(ぉ
アシェトン・カッチャーも登場
繋がり考えて、変なところに受けてしまった猫でした。(笑)
俳優ってたいしたもんだ。 (クラム)
2007-02-25 03:37:07
A.カッチャー?どこに?と思ってたら、・・・あれですか。

妙に存在感あったけど、スティング?にしては若すぎ・・・くらいに思ってました。

S.ストーンも驚きました。D.ムーアと揃って、まさに40代(ですよね?)の潔さ。あれだけできれば、まだまだ仕事あります。「氷の微笑2」なんて必要なかったのでしょうね。

ぼくは「ボビー」といえば・・・ブラウンかなっ。夫婦揃って薬物から脱出できたのでしょうか。
にゃんこさん☆ (mig)
2007-02-25 09:37:32
あはは、ほんと色んな、エステベス周りの人も出てて面白かったですねー。

作品としてはかなり好きなタイプでした★
デミとシャロンのシーンも
ただシャロンは態度のでかいデミの髪とかしてるだけで腕前披露しないあたり、
なんだか笑えました(笑うとこじゃないけど)

あとHメイシーとかなんでそんなにモテルの。
クラムさん☆ (mig)
2007-02-25 09:44:00
コメント一応入ったみたいで良かったです
でも子供のような文字でゴメンナサイ

あれだったら書かない方がよかったりして

アシュトンのシーンだけ、ぶっとんでましたね☆
トロントで観た際には、観客たちかなりいろいろなところで笑ってて、わたしもつられて?数カ所笑ったんですけど
こっちで観たら日本人は全く笑ってなかったです。

デミ&シャロンの絡みシーンなんて貴重だと思います、
キャストたちは皆仲が良いかんじで
映画祭でもいい雰囲気でしたよー。
そういうのも良い映画を作る時に表れますよね。
ボビー、って思い浮かべるイメージはそれぞれですねー。
ボビーって名前意外と多い

時代の雰囲気☆ (パフィン)
2007-02-26 21:45:44
この映画は暗い時代の雰囲気を、さりげなく
台詞や映像の挿入で描いていて、悲劇なんだけど
人と人の関りの中に希望を見出せるように
なっていましたね・・・
こういう前向きな監督の演出が好きです
パフィンちゃん★ (mig)
2007-02-26 23:42:22
ほんと、パフィンちゃんおっしゃる通り★

それと、二度観て思ったのは
やっぱり何気ない会話のやりとり対になった人と人の
間の空気がいい。。。
そして音楽

アカデミー賞候補だったはずなんだけどね、、、、
外されちゃった

Unknown (baoh)
2007-03-01 00:56:03
観てきました!

もうね・・・めっちゃ良かったです。久しぶりに目から汗が・・・最近観た映画の中ではダントツでした。オスカー作品賞、私だったら間違いなくこれを押すってくらいの勢いです(笑)

って、他の感想みてたら評判芳しくないですね~・・・でも、私もmigさんと同じく誰が何と言おうと好きだし、素晴らしい作品だったと思います。
baohさん☆ (mig)
2007-03-01 09:52:04
おはよーございます~


baohさん目から涙かぁ!
そんなに気にいるとは思わなかったけど良かったー

わたしのとこにいただいた他のかたのレビューは
結構皆さん好評だよー。
豪華キャストも良いけど、音楽や脚本も
こういう作品をきちんと評価してあげなきゃ、、、、ネ!
よかった♪ (ALICE)
2007-03-01 12:35:45
migさんのお勧め通りにいい映画でした。
こんなに豪華キャスティングなのに
ごちゃごちゃした感じは全くなく
みんなが自然な感じでよかったですね。
この映画賛否両論なんですか?
私が観た映画館ではラストでは
周りから鼻をすする音が聞こえてきて
みんな感動してるんだなって安心してました。(笑)

地味な感じだけど訴えてくるものは大きかった!
ALICEちゃん★ (mig)
2007-03-02 00:54:17
気に入ったのねー、良かった

キャスティングも脚本もエミリオエステベスの手腕、
すごい!
やっぱりこれだけのキャストが参加してくれるっていうのは。。。

うーん?賛否両論でもないと思うよー、
ピンと来ない人はいるだろうし
アメリカ人が共鳴しやすいとは思うけど、、、
わたしが日本で一緒に観たひとはピンとこなかったみたい

あとでTBお返しにいくね
こんにちは! (由香)
2007-03-02 09:32:44
migさん、こんにちは!
とっても衝撃を受けました。
淡々と流れていた物語が最後に。。。
画面を見つめ続けてボーっとしてしまいました。
役者さんも良かったですね。
なかでもシャロン・ストーンの美容師役が良かったです。年相応な素敵な女性を演じていたと思います。
由香さん☆ (mig)
2007-03-02 10:46:02
おはようございます
同じ場所で時を過ごしていたそれぞれの控えめなキャストたちが
同じ衝撃をラストで受ける、、、、。

淡々としてるけど、どの会話シーンもひきつけられて見てました、、、
音楽も感情を静かに盛り上げていましたね、
エミリオ監督の次回作にも期待しちゃいますね


シャロンはくたびれた感じで、すごく良かった☆
デミもさすがの女優魂でした。
アシュトンのヤク中ヒッピーだけ浮いてて笑っちゃいましたよー、(とくにトロントでは笑いがドっと起こっていました
Unknown (りお)
2007-03-03 08:01:01
賛否両論の否の方ですみません…
期待しすぎちゃったのかなあ。
退屈とかいうのではなかったんだけど、いまいちハマれませんでした。
りおさん☆ (mig)
2007-03-03 09:21:24
いいえー、人それぞれだから、、、
昨日は、遅かったのでTBだけで失礼しちゃった

Unknown (ななな)
2007-03-03 16:12:58
migさん♪
とっても良くできていた映画でした
何か、たまたま居合わせた人たちだけど同じ悲劇を見て・・・ってあの瞬間に居合わせた人たちはホントはどんな気持ちだったんだろうって考えてしまいました。
それぞれが違う人生を歩んでいたのにあの瞬間だけは全てがクロスしたんですもの。
ん~、いい映画を観たって感じでした
なななちゃん☆ (mig)
2007-03-04 02:19:50
こちらにもありがとう

そうなのよね、あそこにいた人たちは全部フィクションだから実在じゃないし作った出来事だけれど、それぞれの一日
様々な思いがすごく伝わる作品でしたねー

エステベス監督の次回作はどんなのか気になってきちゃった。
明日あそびにいくねーなななちゃんとこ☆
兄弟 (aq99)
2007-03-04 21:37:29
豪華キャストの映画って、あんまり誰がでてるか事前に知らない方が、楽しめたりしますね。
今「ドーゾンズ・クリーク」の再放送を見てるんで、ジョシュア・ジャクソンの登場には、ホント、驚きでした!
チャーリー・シーンは、なんで出てないのやろ?
兄弟仲悪かったっけ?
服役中??
aq99さん☆ (mig)
2007-03-04 23:42:59
こんばんは

そういえば、チャーリーシーンでてもいいかも、、、。
仲が悪かったかも、、、、

離婚騒動で忙しい時だったかも(笑)

そうですね、、、知らない驚きがあっても楽しいですよね
こんばんは! (yukom)
2007-03-09 23:08:32
TBさせていただき、ありがとうございました。

とてもよく出来た映画で、笑えるところも
ありながら、最後はジ~ンとなり、考えさせられ
ました。 台詞のせいか、それぞれのエピソードが
それぞれ良くて、特にローレンス・フィッシュバーンが
ウェイター達と食事をしながら話すシーンが
印象に残っています。
S&Gのサウンド・オブ・サイレンスもいいところで
流れて、じーんとなりました。

高い志を持った人が亡くなるのは、本当に
哀しいことだなぁとしみじみ思いました。


対決 (未来)
2007-03-10 00:06:44
シャロン・ストーンとデミ・ムーアのツーショット・・・
なんとも言えない緊張感がありました。
最後に‘グサッ’とお互い止めを差すのかと。。。
出演者だけでも豪華で観ていて楽しめました。
yukonさん★ (mig)
2007-03-10 10:31:50
こんにちは{/kaeru_fine/
全く同感です

トロント映画祭でも、エンドロールでキャストの名前が出るたびに拍手がおこっていました。

でもリンジーローハンの時は拍手がパラパラでした
コメント&TBありがとうございました
未来さん★ (mig)
2007-03-10 10:33:59
こんにちは

貴重なショットでしたよね
どちらも素敵に歳を重ねてる感じです☆
シャロンストーン、あれだけのシワを堂々と出していたことにも驚き&尊敬です(笑)
こんにちは☆ (orange)
2007-03-10 14:51:39
migさん☆
TBありがとうございます~。

雰囲気が良かったですね。この作品の放つ意志は現代にも通じるものがありました。
キャスト・・・全員分かったら凄いな~と思いつつ、観終わった後、エンドロールで確認しちゃいました♪
orangeさん★ (mig)
2007-03-10 23:22:43
こんばんは!

良かったですよね
エミリオエステヴェスの手腕に拍手でしたね

コメントありがとうございます
シャロン姐さん・・ (kazupon)
2007-05-10 20:34:19
migさん、今更かなり前の映画のレビュー
へのTB失礼します。そうかmigさんは絶賛
なんですね~
うーん、映画としてはなかなかだったけど、
あまりにも監督のケネディ大好きメッセージが
強すぎてちょっと引いてしまったってのが
正直な感想です。
いや、この映画なんとなくレビュー書けずに
いて、もういいかなって思ってたんですけど、
migさんの「氷の微笑2」の記事にあった
シャロン姐さんの画像見てちょっと書こうと
思い立ちました(なんだそりゃ;;)
どうやったらあんなに変わっていくんでしょうか。
あっちはCGってホントですか!!??(驚)
kazuponさん★ (mig)
2007-05-11 19:57:24
昔の記事でもなんでもぜんぜん大丈夫ですよん♪

kazuponさんレビュー、待ってました!
わたしは結構この映画、好きでした★
熱意がまずすごかったですね。
確かにスキっていう気持ちは強すぎ感が出てるので
日本人は理解しがたいかもですねー。
(わたしも日本人だけど
シャロンあの映画ではCGみたいですよー、
だってほんとにスゴイ若返ってましたもんね
こんばんは~♪ (Aki.)
2007-06-30 05:06:38
実は・・・
もっとロバート本人や事件に迫った映画だと思い込んでいたので結構「あれれ?」な映画でした(^^ゞ
群像劇としては見応えあったんですけどね~。
エミリオとマーチンはますます似てきたなぁ~とか、デミ&シャロンはすっかり”元”美人だなぁ~とか、イマイチ本編と関係ないところで楽しんでました(^^ゞ

ではでは~、TBさせて頂きましたので♪
これからもよろしくお願いします♪
Aki.さん☆ (mig)
2007-06-30 23:12:06
こんばんは~♪

そうかぁ、、、『JFK』観たいのを期待しちゃうとぜんぜん違うもんねー、
エミリオもでもこんな正統派の映画を作っちゃうなんて☆
とちょっと感心しちゃいました☆
アシュトンのシーン個人的には好きです
(ってアシュトン好きだから
デミとシャロンすっかり"元”美人になっちゃうのねー☆
キャスト豪華で楽しいですよね
はじめまして (hiperk)
2007-08-04 20:47:30
映画はもっぱらレンタル鑑賞ながら、話題作なら公開時に目にとまります。これは、不覚にも店頭で初めて知りました。そして深い感銘を受け、いまなお余韻の中。思わずキーボードに向かってしまいました。
JFKのときはまだ幼く、でもRFK暗殺は16歳の多感なころで、その直前にキング牧師の暗殺もあり、そして後に渡米してアンバサダーホテルへは何回も訪れたましたし、このホテルでロケをしたという「卒業」はマイベスト映画でもあり。
アメリカは、たくさんの過ちも犯すけれど、理想主義的な部分が好きです。その見事な体現ですね。こういう映画をつくるから、なかなか嫌いになれません。
個人的に大好きなヘレン・ハントを久しぶりに堪能できたこともあり、点数つければ満点です。
hiperkさん☆ (mig)
2007-08-04 21:38:34
はじめまして

いつもみていただいてるのでしょうか?ありがとうございます。
この映画は去年のトロント映画祭で観まして、
歓声と拍手のエンドでした。
二度目を日本で観て、もっと監督が伝えたかったものが伝わってますます良かったです。
ただ日本人にはケネディの思想など、アメリカ人に比べたら理解し得ない部分もあるでしょうし、評価が割れるのも仕方ないと思います。同席した日本人の友人はこの映画、つまらない、、、と普通に言っててザンネンでした~。
個人的には、アシュトンカッチャーがギャグっぽいのを担当してて、あそびがあって良かったナと思います☆
コメントありがとうございます。
migさん (hiperk)
2007-08-05 15:07:18
挨拶の順序が逆になりました。ご容赦。
「いつも」というわけではありませんが、ときおり参考にしています。このところ(といっても10年くらいのレンジですが)映画館に行く意欲が減り(最大の理由は観客マナーの圧倒的低下)、レンタル鑑賞がメイン。よって、みんなはどぉ感じたのかなあ~など「余韻」の共有を、こうした専門サイトで。ネットの時代、大いに助かっています。大々好きなゴールディ・ホーンの近影、狂喜して見ましたよ。
文筆を生業としており、在米(LA)時は試写会にも多数。何の予備知識もなかった「エイリアン」は最高のホラーだったなあ。アカデミー賞の式典も取材したことあります。70年代のことで、アメリカの理想主義の一端に触れました。そそ、アシュトンカッチャーの役回りにも「実感」あり。
あっ、脱線すると元に戻れなくなるので。
hiperkさん☆ (mig)
2007-08-06 08:45:06
おはようございます☆
わざわざご丁寧なコメント、ありがとうございます!
そうなんですね、そんな、参考だなんて
自分の好きなように思うまま書いてるのでお恥ずかしいけど。。。。光栄です
ゴールディホーンの写真、載せて良かった!
喜んでもらえて嬉しいです。
スゴいですね、アカデミー賞の取材、、、

当時は今の雰囲気とはまたぜんぜん違ったんでしょうね。
今年も、来月またトロント映画祭、後半から参加してくるので
レポートしたいと思っています

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

56 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
トロント映画祭★その2★~『Bobby』(ボビー) (我想一個人映画美的女人blog)
Hello~{/heartss_pink/} スーパー雨女のmigです{/rain_face/}{/ase/} トロントも残り二日。華やかな映画祭もついに終わっちゃいました{/namida/} 今日はその続きです★ 「Bobby」の監督・脚本を務めた俳優のエミリオエステベス  一生懸命、皆にサインしてました{/f...
『ボビー』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がいいかも。 (原題:Bobby) 「う~ん。う~ん」 ----ど、どうしたのニャ? 「いやあ、この映画、あまりにも特殊すぎてね。 ご紹介が実に難しいんだ」 ----ち...
『ボビー』試写会☆2月13日大阪メルパルクホールにて (銅版画制作の日々)
2月24日よりロードショーされる『ボビー』の試写会に、友人と行って来た。ボビーとはロバート・F・ケネディの愛称。1968年6月5日、彼はアメリカの希望とまで言われ、次期アメリカ大統領候補としてカルフォルニア州選挙を勝ち取ったその勝利の夜凶弾に倒れ、42歳という若...
感想/ボビー(試写) (APRIL FOOLS)
運命を変えた一日は、ボクの運命をも変えました。 『ボビー』2月24日公開。1968年6月5日、「ボビー」の愛称で親しまれた大統領候補ロバート・F・ケネディが暗殺された。悲劇の地となったアンバサダーホテルにいた人々はその日、何をし、何を見たのか。人種も立場も違う22...
ボビー (メルブロ)
ボビー上映時間 2時間 監督 エミリオ・エステヴェス 出演 アンソニー・ホプキンズ シャロン・ストーン デミ・ムーア イライジャ・ウッド リンゼイ・ローハン ローレンス・フィッシュバーン 評価 6点(10点満点) 会場 一ツ橋ホール(試写会)  「...
映画~ボビー (きららのきらきら生活)
 「ボビー」公式サイト1968年のロバート・F・ケネディ暗殺事件当夜、アンバサダーホテルに集った22人に焦点を当てた人間ドラマ。“ボビー”の愛称で国民に愛されたアメリカ大統領候補が凶弾に倒れるまでの一日を、彼に希望を託した人々の人生を通して描く。名門アンバサ...
BOBBY ボビー (気ままにDIARY)
「ボビー」の試写会に行ってきました。 とても良い映画でした。 人気ブログランキング←ポチッとヨロシク♪ロバート・F・ケネディが暗殺された日に、事件が起こったアンバサダーホテルに居合わせた22人(もっと?)の人々を描いているのですが、素直にもう一度観たい...
「ボビー」 (てんびんthe LIFE)
「ボビー」よみうりホールで鑑賞 またまた私の勉強不足というかあまりの常識の無さにへこみました。恥ずかしいので,そこに触れるのはよしましょう。 ロバート・ケネディ上院議員がアンバサダーホテルで暗殺されたとき,そこに居合わせた人々という設定で作られた群像...
1968年6月5日【ボビー】 (犬も歩けばBohにあたる!)
1968年6月5日、LAアンバサダーホテルで、次期大統領候補としてカリフォルニア
ボビー(2006米) (WAKOの日常)
(2月17日@一ツ橋ホール) これはこれは、また豪華キャスト。私はついでに「グランド・ホテル」に縁のあるドリュー・バリモアを出演させて欲しかったです(ヘザー・グラハムの役あたりか)。 名門アンバサダーホテルのドアマンだったジョン(アンソニー...
今年は「ボビー」「パフューム」 (映画コンサルタント日記)
この時期になると出てくるアカデミー最有力の文字が哀しい
「BOBBY ボビー」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「BOBBY ボビー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ハリー・ベラフォンテ、ジョイ・ブライアント、ニック・キャノン、エミリオ・エステヴェス、ブライアン・ジェラーティ、ローレンス・フィッシュバーン、ヘザー・グラハム、アンソニー・...
映画「ボビー』を試写室にて鑑賞。 (e-mono select)
 1968年6月5日、ロバート・F・ケネディが暗殺される16時間前に暗殺場所になったアンバサダーホテルを舞台に、事実の中にフィクションを盛り込み、「グランド・ホテル」スタイルという、同じ場所で様々な人物が同じ時間軸で交差する22名の群像劇。キャストがと...
ボビー (Lovely Cinema)
2006/アメリカ 監督:エミリオ・エステベス 出演:アンソニー・ホプキンス(ジョン・ケイシー)    マーティン・シーン(ジャック・スティーブンス)    ローレンス・フィッシュバーン(エドワード・ロビンソン)    ハリー・ヴェラフォンテ(ネルソン) ...
映画「BOBBY ボビー」をbobbyshiroが語る! (bobby's☆hiroのシネプラザ)
1968年6月5日、 アメリカの希望ロバート・F・ケネディ暗殺。 世界の歴史を変えた運命の夜、 アンバサダーホテルにいた22人の”希望”の物語。 「BOBBY」 ”希望”の物語~ 前向きにとらわれるけど 実は”希望”を無くすと言う意味も含まれている。 映画は、「グ...
ボビー(2006年) (勝手に映画評)
1968年6月5日。民主党の大統領候補ロバート・F・ケネディが、カリフォルニア州予備選挙の勝利直後に暗殺されたその日に、様々な理由から暗殺現場となったアンバサダー・ホテルに集っていた様々な人々の人生を描いた映画。RFK暗殺は実際の出来事だが、この映画自体は、完...
映画「ボビー」・・・もう一つの未来 (システムエンジニアの晴耕雨読)
映画「ボビー」 今日封切りだったので、「不都合の真実」を見た後、続けて見る。 封切日にもかかわらず・・・映画館は10名ほど?! ボビー・・とは、JFKの弟で、元・司法長官のロバート・F・ケネディのこと。 映画の舞台は、1968年6月5日のカリフォルニア...
BOBBY☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ケネディの暗殺の日の、ホテルでの出来事・・・かなり勘違いしてたのは、ジョンとロバートってオチもつきますが^^;;『BOBBY』観にいきました。レイトショーですが、さすがの注目作なのに・・・しかも結構広い劇場なのに入りはいまいち?でも、おかげで堪能できた...
「ボビー」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
群像劇の肝は何かといえば、個別の人物設定や物語が充実していることに加えて、いかにそれらを一つの主題に収れんさせていくかにかかっています。昨年のアカデミー作品賞に輝いた「クラッシュ」も綿密に織り込まれた秀作でしたが、この「ボビー」は、何よりRFKの暗殺とい....
ボビー (Diarydiary!)
《ボビー》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - BOBBY 1968年6月
試写会:BOBBY (おととびのいろいろ)
「BOBBY」の試写会に行ってきました。 α-STATION(FM KYOTO)
ボビー~1968・6・5 希望が消えた日 (Osaka-cinema-cafe)
2008年のアメリカ大統領選挙。 知名度などから、ヒラリー・クリントン上院議員が 一歩リードかと思われますが、党の公認候補に なるためにも、まだまだ厳しい戦いが 続くと思います。 2008年から40年前の大統領選挙。 大統領確実と言われた候補が、命を落...
ボビー (パフィンの生態)
『BOBBY』2006年アメリカ、監督、脚本エミリオ・エステヴェス 1968年6月5日、大統領候補ロバート・F・ケネディが暗殺された LAアンバサダーホテル。事件16時間前から暗殺の瞬間まで、 22人の様々な人間の苦悩や衝突、和解、別離、出逢いを描くこと...
映画「ボビー BOBBY」 (ぼくと、師匠と・・・明日へ  DAO)
気になっていた映画「ボビー BOBBY」を観た。 よかった!! 1968年の6月5日の1日を描いた映画 この日は、ジョン・F・ケネディの弟の ロバート・F・ケネディ(ボビー)が暗殺された日 この事件がおきたLAのアンバサダホテルにいた22人の 1日とロバート・F・...
ボビー (UkiUkiれいんぼーデイ)
エミリオ・エステヴェスさ~ん! あなた、こ~んなに引きつけられる脚本を書ける方だったのねぇ~。 監督としても、とても素晴らしい出来栄えでした! 出演者が豪華なだけの映画かと思いきや、そうではなかった! <出演者> ハリー・ベラフォンテ(元ホテ...
ボビー (雑記のーと Ver.2)
「ボビー」をTOHOシネマズなんばにて鑑賞。 1968年のロバート・F・ケネディ暗殺事件当夜、アンバサダーホテルに集った22人に焦点を当てた人間ドラマ。“ボビー”の愛称で国民に愛されたアメリカ大統領候補が凶弾に倒れ
ボビー (Alice in Wonderland)
とうとう今日で2月も終了してしまいますね。やっぱり2月は逃げるように過ぎ去ってしまいました。 今月はいろいろ忙しくして映画鑑賞8本、読書2冊、DVD鑑賞にいたっては1作品に終りました。今月はミュージカル映画月間だったのですが1本しか見れなかったので3月...
ボビー (2006) BOBBY 120分 (極私的映画論+α)
 この映画の主人公は「1968年」という「時代」でした。
BOBBY (龍眼日記 Longan Diary)
1968年6月5日。 ロサンゼルスのアンバサダー・ホテル。 大統領候補のロバート・F・ケネディ上院議員(通称ボビー)が暗殺された。 その日、その場所にたまたま居合わせた人種も職業も年齢も違う22名の1日を アンバサダーホテルを舞台に描く群像劇。 監督がエミ...
ボビー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『ロバート・F・ケネディは、ジョン・F・ケネディの弟で暗殺された人』という認識しかなかったが、豪華競演もあって鑑賞してみることに。。。【story】1968年6月5日、アメリカの希望ロバート・F・ケネディ=ボビーが暗殺される。次期大統領候補として彼がカリフォルニア州...
ボビー (週末映画!)
期待値: 85%  22人の視点から語られる群像劇。 アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ハント、シャロ
ボビー (Addicted to the Movie and Reading!)
■ TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞 ボビー/BOBBY 2006年/アメリカ/120分 監督: エミリオ・エステヴェス 出演: ハリー・ベラフォンテ/ジョイ・ブライアント/ニック・キャノン/エミリオ・エステヴェス/ローレンス・フィッシュバーン 公式サイト ア...
ボビー (映画を観たよ)
ボビーって誰?
ボビー(映画館) (ひるめし。)
世界の運命が、変わるとき―――。彼らは何を見たのか。
ボビー(映画館) (ひるめし。)
世界の運命が、変わるとき―――。彼らは何を見たのか。
No.019 「ボビー」 (2006年 米 120分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM Ⅱ)
監督 エミリオ・エステヴェス 出演 アンソニー・ホプキンス     ウィリアム・H・メイシー     シャロン・ストーン よく行くシネコンのTOHOシネマズなんばは9スクリーンあるんですが、その中でワンランクゴージャスな雰囲気の空間があり、それがプレミア...
「ボビー」 ラジー女王! (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
「あの人が生きてはったら、こんな世の中には・・・」 故人を偲んでというより、今ある状況を嘆かわしく思った時によく言いますが、こんなに惜しくして逝った人やったんですね! そら、事あるごとにアメリカ人が、「ケネディさん(兄弟とも)が生きてはったら・・・」と言...
ボビー (Bobby) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 エミリオ・エステヴェス 主演 フレディ・ロドリゲス 2006年 アメリカ映画 120分 ドラマ 採点★★★ 未だかつて交際を円満に解消したことがない私でも、街角などでふいに昔の彼女に出会ったりするのは、ちょこっと嬉しかったりもするもの。ただ見かけただけでも、当...
「ボビー」:白金小学校前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ここは? {/hiyo_en2/}八芳園。昔は誰か偉い人の庭園だったらしいけど、いまでは有名な結婚式場よ。 {/kaeru_en4/}ひとくちに結婚ていってもいろいろな形があるんだなあ、と思い知ったのがアメリカ映画の「ボビー」。 {/hiyo_en2/}ロバート・ケネディが暗殺...
ボビー (2006) / BOBBY (茶和茶和ぶろぐ)
映画「ボビー」を、友人と観ました。 1968年6月、ロサンジェルス、アンバッサダー・ホテル。ベトナム戦争は悲惨さを極め、キング牧師が暗殺されたその年、混迷する社会で、人々は不安を抱えつつ、心から”救い”を求めていました。そこに滞在する人、働く人、22人にそれ...
ボビー (future world)
ケネディ兄弟の悲劇・・・ダラスにて暗殺された兄ジョンに続いて、弟ボビー(ロバート・F・ケネディ)までも。。。 暗殺の舞台となったアンバサダーホテル、そこで、その瞬間まで繰り広げられるドラマ~~ ホテルの上司との不倫、裏切られた妻、傲慢な中年歌手、徴兵...
ボビー/BOBBY (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
世界の運命が変わるとき__。彼らは何を見たのか。1968年6月5日、ロサンゼルス・アンバサダーホテルには様々な想いの22人の人間たちがいた。あの歴史的な夜を描く“希望”の物語のために、映画史上最高のキャストが集結!! 当時、大統領候補の筆頭と目されていた...
ボビー (とにかく、映画好きなもので。)
 何故、時代を経て伝わるロバート・ケネディ(愛称ボビー)の演説が、今を生きる現代においてもスッと心に入ってくるか。言葉による静かな力がアンバサダー・ホテルに静かに響くとき。その時代に生きている人々の姿も同時に観え、また今を生きる人々と底...
映画「ボビー」 (don't worry!な毎日)
 ロバート・F・ケネディーのスピーチ! これが、この映画のすべてだと思う。     私が考えていることは明快だ。    我々は共に取り組んでいける。    ここ何年も、アメリカでは不和、暴力、幻滅が社会にはびこっていた。    黒人と白人の間に、...
「ボビー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2006年・米/監督:エミリオ・エステベス) 1968年6月5日。合衆国大統領選挙に立候補していたロバート・F・ケネディが遊説先のアンバサダー・ホテルで暗殺された。兄に次いで弟
ボビー (It's a Wonderful Life)
この作品観たのは3ケ月近く前なんですが、観た直後バタバタしてて 感想書かずにいました・・・ 普段は観た直後に他の方のレビューは読まないで感想書くように なるべくしてるんですけど、すぐ書かないでいると忘れちゃうんです(苦笑) でも映画って観た後「なか...
ボビー (ネタバレ映画館)
ボビー、ボビー、あんたの時代は良かった~♪と口ずさんでみるものの、あの曲はボビーではなく、ボギーだった・・・
「ボビー」 BOBBY (俺の明日はどっちだ)
今から39年前、マーティン・ルーサー・キングJr.牧師が暗殺された2ヶ月後の1968年6月5日。 カリフォルニア州の予備選を勝利で飾り、次期アメリカ大統領候補として多くのアメリカ国民から大きな期待を寄せられていたボビーことロバート・F・ケネディ上院議員が暗殺された...
映画 【ボビー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ボビー」 1968年6月15日のロバート・F・ケネディ暗殺事件当夜、アンバサダーホテルに集った22人に焦点を当てた群像劇。いわゆる“グランド・ホテル形式”のドラマ。 日本人としてはケネディといえばJFKの方が先に思い浮かぶのだけど、その弟のロバート・F・...
ボビー (ぶっちゃけ…独り言?)
5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) ありゃりゃ? ワタクシてっきりロバート・F・ケネディのことを描いた映画だと思ってましたよ。 それこそ、『JFK』のよーな感じだったり、あるいはもっとロバート・ケネディ本人に 迫ったよーな作りかなぁ~...
ボビー (eclipse的な独り言)
   これを映画として捉えると完全な失敗作と思います。でも感動しました。何故でし
ボビー BOBBY@我流映画評論 (ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG)
今回紹介する作品は、豪華キャストが揃った映画『ボビー BOBBY』です。 まずはストーリーから・・・ その日もアンバサダーホテルには様々な人々が居合わせていた。 如才ないホテルの支配人、不満を募らせる厨房の見習い、恋に悩む電話交換手、客の悩みに親身に耳...
エドワード・ケネディー (プリンストンに暮らす)
JFK、キング牧師が暗殺され、ベトナム戦争や人種差別、貧困問題で泥沼だったアメリカの 次期大統領候補として期待されていたJFKの弟ロバート・F・ケネディ上院議員が暗殺された 当時のアンバサダーホテルでの様子を描いた、エミリオ・エステベス監督の映画[ボビー」...
『ボビー』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ様々な人々が居合わせていたアンバサダーホテルにカリフォルニア州予備選挙に勝利した次期大統領候補ロバート・F・ケネディ上院議員が現れる。誰もが歓喜に酔いしれたその夜、悲劇は起きた・・・。感想ボビーと言っても、千葉ロッテの監督でもナイジェリア人の外....
ボビー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1968年6月15日、 アメリカの希望ロバート・F・ケネディ暗殺。 世界の運命が、変わるとき――。彼らは何を見たのか。』  コチラの「ボビー」は、2/24公開になるボビーことロバート・F・ケネディが暗殺された日に、事件が起こったアンバサダーホテルに居合わせた...
『ボビー』 (Sweet*Days**)
ボビー BOBBY (2007/08/10)アンソニー・ホプキンス;デミ・ムーア;シャロン・ストーン;イライジャ・ウッド;リンジー・ローハン;ヘレン・ハント;クリ...