我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

シェルタ-/SHELTER

2010-03-19 12:24:51 | 劇場&試写★4 以下

ランキングクリックしてね
←please click



世界に先駆けて【先行解禁】決定!
日本で、その全貌が明らかとなる!!
ジュリアン・ムーア × ジョナサン・リス・マイヤーズ 競演

って広告、大袈裟ぁ~  

水曜日の試写にて。3本はしごの2本目、これもお友達のhinoちゃんと。
二人ともこういう人間の精神的なものを描いた作品好みなので♪


ちょこっとネタバレありレビュー
※主人公が精神分裂症なことは初めから分かった上で映画は進みます


「多重人格」の話っていうとわたしが最初に多重人格ものに興味を持ったのは「レイジング・ケイン」
(これはその後に観なおしても面白い映画だったな~)
それから昔読んで衝撃を受けた、 ダニエル・キイスの「24人のビリーミリガン」
続編も読んだし、多重人格というものとその現象、過去に親に虐待され精神分裂症を起しそうなってしまったビリーにもすごく興味あった。
精神分裂症自体を罪から逃れる為の演技と、それすらを否定してる人もいるけどダニエル・キイス自身が取材して書いたというのがまた興味深いの。
その実在する人物、ビリーミリガンは映画化される話もあって
当時はエドワード・ノートンがビリーを演じる、なんて噂され すごく期待してたんだけどもうそれから数年。流れちゃったのかなぁ。


話は少しずれたけど、そんなワケで本作ではどのような精神分裂を絡めたストーリーになるかと思いきや、、、、、




暗い映画は嫌いじゃないけど、話に盛り上りがないのはダメ。
1時間すぎてもほとんど展開もなくつまらない

一体いつになったら面白くなるんだろう?と思ってると
やっと、ジュリアン・ムーアの弟が、黒くかぶさる黒い影が何なのかつきとめたあたりで
ちょっと惹き込まれたけど興味は長く保たず



多重人格にしては、中に別の人格が潜んでいるというパターンじゃないな
って思ったら
ディヴィッドの人格はすべて死者のものだった!
しかもその起源は100年近く前に殺されたムーア牧師の恨みという展開に、
???
がっかり

そもそもそれなら別に、多重人格者装う必要もないんじゃ?

このタイトル、原題も同じでシェルターってからにはシェルターらしきものが出て来るのか?
どういう展開になるのかっていうのも気になってたところだったんだけど
(シェルターとは防空壕や避難所を意味。)
ここでは、祈祷師の老婆が持ってる壺。これが人間の魂を封印する「シェルター」らしい。


最後の方は初めよりは退屈じゃない展開になったものの、王道なオチ。
古くは「エクソシスト」や、もう作られて20年以上も経つ「チャイルド・プレイ」もそうだったけど

魂ごと次に乗り移っちゃう展開はほんとありがちパターン。
あまり映画観ない人には通用するのかもだけど、、、、。

結局、ノロイとか悪魔とかわけのわからない宗教とか、そっち方面いっちゃうんだよね。

観ていて驚くところがなかったのが、つまらなかった理由の最大の原因かな。



この脚本が、私が今でも絶賛、よく人にお勧めする
アイデンティティー」の脚本家と同じだったなんて~


観る前に知ってたら、期待しちゃってただろうから観たあと知って良かった(笑)


4/10(40点)



精神科医には、「フォース・カインド」の博士を蹴ってこっちとったのかなとも思えるジュリアン・ムーア。

駄作出演率高しでキケンです


お久しぶりなジョナサン・リース・マイヤーズ。


最大の?見どころは、人格が入れ替わる際の、のけぞるシーン。
(でも映像的には別に大したことなかったんだけど、写真だけみてると面白そうだったのよね、、、)

デヴィッド→アダム→ウェス→チャーリーと一人4役をこなすジョナサン・リースマイヤーズだけど、正直しっくりこなかった。
現代だけならともかく、かなり古い時代にもこの風貌のまま現れる。
クラシックな雰囲気はなく今っぽい感じの俳優だからなんだか違和感。
演技も、とりたてて素晴らしかったという印象もなく普通。
これなら無名か、名の知られてない役者がやってた方が良かった気がしちゃった。


ジュリアン・ムーア、精神科医なのにたいしたことしてなかったような?


カーラは、解離性同一性障害疾患を認めていない精神分析医。
ある日、デヴィッドと名乗る男の診察を始めると、別人格が現れた。
このケースも単に彼が周囲を混乱させる愉快犯だと考えたカーラは、彼の身辺を探る内に、
デヴィッドとは25年前に亡くなった故人であることが判明する。
その間にもデヴィッドの人格は次々と入れ替わり、カーラの疑念は深まっていく。
そしてカーラが導かれるようにして辿り着いた先は、時代に葬られていた血塗られた歴史だった‥。




 公式サイト
SHELTER     2009年   アメリカ    112min   PG-12
3月27日より、ロードショー



昨日も試写1本観て来たし、まだまだ映画レビュー、たまってます
ガンガンいかなくては

確実に賛否両論になりそうな「NINE」いよいよ本日公開

レビューはこちらNINE




応援クリックよろしくね クリックして下さってる方々ありがとう

←please click



『映画』 ジャンルのランキング
Comments (22)   Trackbacks (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 隣の家の少女/THE GIRL NEXT ... | TOP | 噂のモーガン夫妻 / Did You ... »

22 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白そうな題材なのに (masala)
2010-03-19 14:53:20
料理の仕方が悪いって言うのか、「結局、それかよ!」と言う陳腐な元凶とか、本当に駄目な作品でした。
そう、ラストは「チャイルドプレイ」のパターンとも一緒でした。
ジュリアンはどうしてこんな作品ばかりチョイスしてしまうのでしょうか?
楽しみにしていた作品だけにガッカリでした。
私も「アイデンティティー」大好きです (風子)
2010-03-19 17:50:41
アメリカより日本の公開が先というので、期待せずに見に行ったし、もともとジョナサンが見られればいいだけだったので、やっぱりなという内容でした。
あらま (KLY)
2010-03-19 19:33:44
厳しいなぁ。(笑)
私はこれはこれで割合楽しめました。最後まで結末は全く読めなかったし(ったって助かるか助からないかどっちかしかないんだけど。)、牧師の体自体がシェルターだったってのも、面白い発想だったなぁって。『ブラインドネス』よりは全然良いと思いました。(^_^;)
Unknown (hino)
2010-03-19 22:21:10
migちゃん、試写会のお誘いありがとう!
いつもどん遅れの私も先行して観られました!!

多重人格の俳優が好みじゃなかった~。

首バキバキッ、ひい~~。きたーーーっ。

脊髄の情報を経て、多重人格になっていくのかなと予想するも全然違かった。
魔術もんのい展開。
シェルターの意味もああこれかーだったねー。

主人公のジュリアン、愛するものを失っていき、絶望ラストだったね。続きあるのかなあ。

斜め前に座るひとが首筋かきはじめたのに気付いたとき、怖かった(爆)

トータル、楽しめました。



実力派の2人w (ともや)
2010-03-19 22:27:34
こんばんは、migさん♪
ツイッターでも書いたけど、物語が好きって言うより雰囲気が好き♪
もし若手の俳優がメインの2人を演じてたら、ダメダメな感想になったかもしれないですね~。
最初は「生まれ変わり」系のスーパーナチュラルかと思っていたら、どっぷりオカルトでしたね(笑)。
そんな展開も好き~♪
みた。 (とく)
2010-03-20 02:09:24
10分。うん。。。30分。だめだ。110分エンドロール。
みなさん「パラノマール~」以来のザワザワ感。
全然、ダメ~。全然、おもろくない。インチキ宗教入ってるし。
これ、日本最速解禁ってコピーがどうも、うさんくさく感じてて、
googleで調べたけど、出てこない。
これ、エンドクレジット、ガンミしてたんだけど、
製作年が出とらん。通常出とるで。サイトには2009製作になっとる。
これ、日本最速解禁だけど、ほんとは本国で封切られないんじゃないの?
時たま、本国でスクリーンにかかってないのを日本のスクリーンにかけるなよ!ってのあるんだよね。
これを日本最速でやる意味が分からない。
キアヌの「死にたいほどの夜」とか、あっちのケーブルでんがな。
今、amazonで見て来たけど、引っかからなかった。
てか、久しぶりに、映画感想をマックちゃんから、書いてみたよ。
アイコン、どっしよかな~。
★masalaさん (mig)
2010-03-20 11:21:27
そうなんですよー。
わたしも同じ意見でした

似たのも多くて意外性もなし。
最初の1時間もぜんぜん面白くならないなぁって感じで

期待はしてなかったけどもう少し変わったものが見たかった感じですよね。
世界最速だし 笑
★風子さん (mig)
2010-03-20 11:22:54
アイデンティティはほんと良く出来てましたよね、
騙されたし、惹き込まれたしで。
DVD持ってるからもうしばらくしたらまた観直したいな~

ジョナサンのファンなんですね、
だったらそれだけで満足ですよね
★KLYさん (mig)
2010-03-20 11:25:06
常にキビシいです(笑)とくにこういうホラーサスペンス系には♪
KLYさんもダメかと思ってたぁ。
久々に意見われましたね

わたしはどうにもつまらなかった前半と、
後半の、ああそっち系かぁっていうので
いまいちになっちゃった。
「アイデンティティ」もし観てなかったらKLYさんそれこそ楽しめると思います~♪
★hino(ゆきえ)ちゃん (mig)
2010-03-20 11:27:54
おはよ♪(ってもうお昼だよー!!)

首ばきばきのシーンの写真、探したけどどこにもなかったの~
あそこが一番怖いけど
全体的に怖いって感じじゃなかったよね~

ふふふ、首後ろかいてるひと気づかなかったけどそれは怖いよね~

あと後ろのほうでヒールでかつかつかつ、、、、
と小走りな音が響いてたのはちょっと怖かったよ~

今度まだ~む帰って来たら、また3人ではしごしようね~♪

★ともやさん (mig)
2010-03-20 11:31:05
こんにちは♪

ともやさんはこれ気に入るの分かる気がする
そうだなぁ~確かに主演が安っぽい人だったらますます?ダメ映画になりそうだけど
無名の巧い人がやれば、ちょっといい感じになったような、、、
あ、KLYさんとこに書き忘れちゃったけど
ジュリアン、出演作駄作多しってわたしも思うんだけど
「ブラインドネス」は好きだなー。
賛否あったけどネ。
ともやさんも確かOK派だったよね??
これも賛否分かれるかな

★とくさん (mig)
2010-03-20 11:34:08
とくさんは昨日の試写だったのかな?

やっぱり~、とくさんもダメ派でしたのね。
へぇ、製作年でてなかった??
おかしいなぁ。
ネットでは2009年。でも確かにこれ海外じゃぜったいウケなさそうだし
こういうのヒットしてる日本でお試しになったのかな?
うん、お蔵入りになりそうだよねー結局。

ツボに魂入れるお婆さんとかめちゃうさん臭い。
ワーストってほどじゃないけどつまんなかったなー。
首がっくん (ノルウェーまだ~む)
2010-03-20 19:23:09
migちゃん、おはー♪
先にhinoチャンのレビューから読んだら、首がっくん・バッキバキしか分からなかったYO。
なるほど死者が乗り移っていたってことね。
ってことは、ホラー?
☆4つは結構低いのね~
最近の多重人格ものは、漫画のほうが面白いのが多いね☆
★まだ~む (mig)
2010-03-21 09:41:31
おはよう♪
あはは、そうなの乗り移ってたから結局多重人格の話じゃないところがまず不満。
オカルト好きだけどオカルト映画としても面白いって脚本じゃなかったの。

ビリーミリガン、まだ~む読んでないかな?以前2度読み直したんだけどすごいの~!
気になってたけど‥。 (koji of the dead)
2010-03-21 19:05:58
こんばんは。

最近仕事が終わると、クタクタで‥。
今回の連休で、ちょっと回復でーす!

ダメでしたか~(笑)
ジュリアン・ムーアの出演が、内容の参考に十分なりうる様になってきましたね‥。

結構ジュリアンさん、嫌いじゃないから残念です‥。
観んでいいか~、コレは。DVD待つか‥。

「ミュータント・クロニクルズ」かな?
なんか、やばそうやけど面白そうな気も‥。
そちらでの公開のみみたいですね。

ツイッターしてません。なんか難しそう‥。
ゾンビハ、ムズカシイコト、ニガテデス‥。
★kojiさん (mig)
2010-03-22 22:04:31
こんばんは♪
ありゃりゃ、仕事忙しいのね~。

ジュリアンさんはわたしも嫌いではないけど
駄目なの多いよね~、フォーガットンだけはかなり駄作という声を聞くから観てないんだぁ(笑)

これはオススメしないなぁ。
ありきたりな作品だし途中も展開ないから退屈だったしー。
でも期待もしてないからがっかりもなかったけどネ。
ツイッター、カンタン
キミハ ゾンビ カ!

Unknown (佐藤秀)
2010-03-28 23:01:12
>デヴィッド→アダム→ウェス→チャーリーと一人4役をこなすジョナサン・リースマイヤーズだけど、正直しっくりこなかった。

私くたびれ果ててよく覚えてないんですけど、チャーリーは普通にお陀仏してませんでしたっけ?
もうなんだかよく分からなくなってきた。
★佐藤さん (mig)
2010-03-29 23:54:27
こんばんは♪
うん、 ええっと、チャーリーって主人公だったかな 記事で確認してと。(笑)

最後に娘に乗りうつってオワリ。でしたね
こんばんは~♪ (由香)
2010-05-22 21:47:18
お邪魔します~♪
これは3月末の公開だったんですね~
コチラは今頃の上映でした。
でも、観れて良かったぁ~
migさんはイマイチだったようですが、私はこういう映画はわりと好きです♪
劇場は貸切状態で一人で観たので、少し怖い思いをしながら観ましたよ~^^
★由香さん (mig)
2010-05-23 22:46:13
こんばんは♪

あれ??由香さん、こちらって
由香さんは東京都内ではなかったですか?!
あれー??

わたしこういうのはちょっとキビシいんですよね~
怖さはもちろん感じないし 多重人格の話だったら良かったんですけどね~
やっぱりそっちかって
こんにちは♪ (yukarin)
2010-11-19 12:58:21
劇場公開されてたんですねー。
多重人格ものかと思ってたら違う方向に^^;
まぁDVDだったんでそこそこ楽しめましたヨ。
☆yukarinチャン (mig)
2010-11-19 17:17:01
そうなのよー、観たのね!あとでお邪魔します☆

私は試写で無料で良かったって感じ 笑

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

26 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
映画「シェルター」@九段会館 (masalaの辛口映画館)
 客入りは1~2階席はほぼ満席、3階席は未確認。     映画の話 解離性同一性障害(多重人格)の疾患を認定していない精神分析医カーラ(ジュリアン・ムーア)。ある日、多重人格とおぼしき男性デヴィッド(ジョナサン・リス・マイヤーズ)と引き合わされたカーラ...
シェルター (試写会) (風に吹かれて)
神を信じなさーい公式サイト http://www.shelter-movie.jp3月27日公開カーラ(ジュリアン・ムーア)は、解離性同一性障害疾患(多重人格)を認めていない精神分析医。ある日、同じく
シェルター (ともやの映画大好きっ!)
(原題:SHELTER) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 多重人格に否定的な精神分析医が、ある患者について調べて行くにつれ、不可思議な出来事に見舞われていく様を描いたスーパーナチュラル・スリラー。 精神分析医のカーラ・ハーディング(ジュリアン・ム...
シェルター (LOVE Cinemas 調布)
とある解離性同一性障害(多重人格)を患う謎の患者との出会いが、ある精神分析医を恐るべき事態に叩き落すサスペンススリラーだ。主演は『ブラインドネス』のジュリアン・ムーア。共演に『奇跡のシンフォニー』のジョナサン・リス・マイヤーズ、『ミスト』のジェフリー・...
『シェルター』 (Shelter) (Mooovingな日々)
マンスマーリンド&ビョルンステイン監督、ジュリアンムーア、ジョナサンリースマイヤーズ、ジェフリーデマン。 すべての始まりは、ある患者の診察だった。 カーラは、解離性同一障害疾患を認めない精神分析医。ある日デヴィッドと名乗る男の診察を始めると別人格が現...
『シェルター』 (ラムの大通り)
(原題:SHELTER) ----ブログ再開の最初がまたまたホラー? 他にもいろいろあるでしょ? 山田洋次『おとうと』とか カルトムービーをヘルツォークがリメイクした『バッド・ルーテナント』。 それに、アルモドバル『抱擁のかけら』も観ていたはずだと思うけど…。 「う~...
シェルター (だらだら無気力ブログ)
精神分析医がある多重人格者の患者の真相を究明しようとしているうちに 科学では説明できない事態が起き、やがてその事態は精神分析医の家族に 迫りくる様を描いたサスペンススリラー。 主演の精神分析医に『ブラインドネス』のジュリアン・ムーアが、共演の 多重人格者...
シェルター (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。マンス・モーリンド、ビョルン・ステイン監督、ジュリアン・ムーア、ジョナサン・リス=マイヤーズ、ジェフリー・デマン、ブルックリン・プルー、フランセス・コンロイ。精神科医のカーラ(ジュリアン・ムーア)は「多重人格はハリウッド映画などが作った流行現...
シェルター (Diarydiary! )
《シェルター》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - SHELTER 精神分析
シェルター (あーうぃ だにぇっと)
3月18日(木)@ヤクルトホール ヤクルトホールは今年初めてだ。 “インビクタス” 以来だから3ヶ月以上も来ていない。 月に最低一回は来たいものだ。 今日は、これまた今年初めて美女と待ち合わせ。 こちらは “ヴィクトリア女王” にお誘いいただいて以来。 ...
シェルター(2009) (銅版画制作の日々)
 SHELTER 本作はスーパーナチュラル・スリラーというそうですが。。。。意味が分からないので、調べたら、超常現象の事を言うそうです。最近流行のサイコ・ホラーですね。難しいですね。私にはチンプンカンプンです(汗) ということでそんな作品「シェルター」を鑑賞...
『シェルター』:キワモノ映画好き必見の怪作・快作 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
『シェルター』って何ンぞや? 多重人格を巡るスリラー? うーむ、怪しい魅力、妖しい雰囲気がプンプンするので、期待を込めて観に出かけました。
シェルター (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
これは過去の清算か、未来への警鐘か__。全人類震撼のスーパーナチュラル・スリラー。ただの虚言者か、それとも現代に蘇った滅びの使者なのか__。 禁断の闇の果てに辿り着く、超常現象(シェルター)の謎__。 物語:解離性同一性障害、俗に言う多重人格を認めな...
「シェルター」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 内容について一切の情報を持たずに、チケットを買う。映画ファンにとって、これに勝る博打はあるまい。 夜中に「時をかける少女」を観るつもりで広島まで出かけるも、手違いで鑑賞できず。そのまま帰るのも癪なので、今から鑑賞可能で未見、且つ良さげなモノを消去法的...
映画批評「シェルター」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2010.4.13 映画批評 公開中の「シェルター」。 監督:マンス・マーリンド...
シェルター★★★劇場41本目:予告や宣伝... (kaoritalyたる所以)
とは言っても、もちろん引き込まれたんですけどね。多重人格のことを描いた本はいくつか読んだことがあり、どういった症状か解るのですが、この映画の主人公であるジュリアン・ムー...
シェルター (★YUKAの気ままな有閑日記★)
先日の『パリより愛をこめて』に続き、またまたジョナサン・リス・マイヤーズの出演作~【story】解離性同一性障害(多重人格)の疾患を認定していない精神分析医カーラ(ジュリアン・ムーア)は、ある日、多重人格とおぼしき男性デヴィッド(ジョナサン・リス・マイヤー...
シェルター (心のままに映画の風景)
カーラ(ジュリアン・ムーア)は、解離性同一性障害疾患、いわゆる多重人格を否定する精神分析医。 病気を理由に罪を逃れようとする犯罪者...
シェルター (心のままに映画の風景)
カーラ(ジュリアン・ムーア)は、解離性同一性障害疾患、いわゆる多重人格を否定する精神分析医。 病気を理由に罪を逃れようとする犯罪者...
10-90「シェルター」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
不信心者の魂を隔離せよ  カーラは、解離性同一性障害疾患、いわゆる多重人格を否定する精神分析医。その病気を理由に罪を逃れようとする犯罪者たちの嘘もことごとく見破ってきた。  そんなある日、同じ精神分析医の父から、デヴィッドという患者を紹介される。カーラ...
シェルター / 42点 / SHELTER (ゆるーく映画好きなんす!)
主人公が見てる画を映さないという演出はバカとしか言いようが無い! 『 シェルター / 42点 / SHELTER 』 2009年 アメリカ 112分 監督: モンス・モーリンド ビョルン・スタイン 製作: エミリオ・ディエス・バロッソ ダーレー
シェルター (映画鑑賞★日記・・・)
【SHELTER】 2010/03/27公開 アメリ カPG12 112分監督:モンス・モーリンド出演:ジュリアン・ムーア、ジョナサン・リス・マイヤーズ、ジェフリー・デマン、フランセス・コンロイ、ネイト・コードリー、ブルックリン・プルー禁断の闇の果てに辿り着く、超常現象<シェルタ...
シェルター (Shelter) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 モンス・モーリンド/ビョルン・スタイン 主演 ジュリアン・ムーア 2010年 アメリカ映画 112分 サスペンス 採点★★★ ミッション系の学校には通っていたが、別にキリスト教徒のわけではない私。仏教徒でもないし、もちろんゾロアスター教徒でもない。まして...
シェルター (こわいものみたさ)
『シェルター』  SHELTER 【製作年度】2009年 【製作国】アメリカ 【監督】マンス・マーリンド/ビョルン・ステイン 【出演】ジョナサン・リース・マイヤーズ/ジュリアン・ムーア/ジェフリー・デマ...
シェルター (こわいものみたさ)
『シェルター』  SHELTER 【製作年度】2009年 【製作国】アメリカ 【監督】マンス・マーリンド/ビョルン・ステイン 【出演】ジョナサン・リース・マイヤーズ/ジュリアン・ムーア/ジェフリー・デマ...
シェルター (悠雅的生活)
多重人格。神への信仰。心の逃げ場。