我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

鑑定士と顔のない依頼人 /LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER

2013-12-27 13:12:41 | 劇場&試写★6以上

 

 

「ニュー・シネマ・パラダイス」 「海の上のピアニスト」などの

ジュゼッペ・トルナトーレ監督最新作はミステリー。

 

 

美術品鑑定士であり、有名一流オークションを仕切るオークショニア、

潔癖性で、常に手袋をつけ、馴染みのレンストランでは自分専用の食器を使う程。

これまで結婚はおろか、女性と恋愛経験ゼロ。

数多くの名画を所有し、それをたまに愛でるのが趣味という変わった男ヴァージルを演じる

ジェフリー・ラッシュは、彼以外いないってほどハマり役。

 

実はその自分が仕切るオークションでは、画家に成り損ねた男、ビリーを

使い、高価な名作を安値で落札させるという詐欺も働く。

そんなことが可能なのか?とも思うケド  笑

ドナルド・サザーランド。

 

壁の中の謎の美女クレアに扮するのは、「ティラミス」という作品に出たのみの

シルヴィア・フークス。

 

ヴァージルの友人で、何でも修理してしまう女好き男ロバートに

ジム・スタージェス。

 

 

壁の中の依頼人に恋してしまったいい歳の老人の恋の指南も

 

途中までは長く感じる。

いきつけのバーの壁際でいつも何かを数えている謎の小さい女の存在が

ミステリアスさを一層増し、徐々に惹き込まれずにはいられなくなる。

 

 

7/10(74点)

 

 

ちょこっとネタバレあり

壁の中の美女が現れ、人と関わるのが苦手で殻に閉じこもってしまう

という自分と似たような境遇であったことに共鳴しあい

惹かれあっていくふたり。

ここまでは、 なーんだ老人が恋に目覚めた素晴らしさを描いたラブストーリーだったのか

とちょっとがっかりしてみていたら。

まぁ勘がいい人、疑いながら観ていたひとなら途中気付くんだろうけど

わたしは純粋にそういう風になにも考えないでみてた。

そして最後のほうになり、何かあるなとは思ってたけど

突然消えたクレア。

ロバートもいない。

探しまわって落ち着く絵画のなかの美女達を収集した部屋にいくと、、、、!

コレクションの絵画はすべてからっぽ。

 

詐欺で手に入れたりしたとはいえ、お金は払って集めたコレクション。

逃げられた女とコレクション、騙された思いと残される未練。

 

こりゃ可哀想、、、だけどある意味自業自得?

うまくいきすぎだろと思ったけどそんな簡単に若い美女の愛は手に入らないのよね。

ドナルド演じた画家志望だったおじいさんも、昔ヴァージルに

キミは画家にはなれないとなじられたのを根に持ってたのか

執念深い恨みと、財産狙いの犯罪と。

3人がグルだったことは明かされないが

建物からまったく出たこともないと話していたクレアが外に出た数、

ヴァージルが屋敷に訪れた回数までも細かく覚えてる小さいあの女の証言は

かなりのインパクトで怖い。ミステリアスで良かった。

 

しかし、せっかく恋した想い。

可哀想だとは思うけど、美術品じゃないんだから

恋する時は見た目の美しさばかりじゃなく、中身もよく吟味して好きにならないとね

まぁ、恋しちゃったら仕方ないけど(笑)

ラストが切ない。

 

謎解きというほどではないけど、役者たちのアンサンブル、

裏切られる快楽で楽しめる作品。

 

世界中の一流オークションを仕切るオークショニアであり美術品鑑定士のヴァージル・オールドマン。彼にクレア・イベットソンと名乗る資産家令嬢から、相続した絵画や家具を鑑定して欲しいという電話がかかってくる。ところが彼女は決して姿を現さない。廃墟同然の屋敷を見て回ったヴァージルは、床に転 がっていたネジのような部品に眼を留める。 それはもし本物なら大変な価値がある美術品の部品だった。ヴァージルはその部品と依頼人の正体を探るのだが…

 

 

 公式サイト

LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER      2013年  イタリア   131min

12月13日より、公開中~


 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (12)   Trackbacks (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブランカニエベス/BLANCANIEVES | TOP | オンリー・ラヴァーズ・レフト・... »

12 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは~☆ (kira)
2013-12-29 19:39:59
カリスマオークショニアのわりに、ちょっとどこか情けなさがついてまわる描き方が
ずっとあって、、なんとなく早い段階で
予想はできましたが、、
ビリーには騙されちゃったかな(笑)
終盤ちょっと単調で、私も点をつければ75点ぐらいかな~

今年は未アップの作品がかなりな数あるんですが、
どうしても年内、間に合いそうにない
まあ、ベストには影響ない作品が多かったので、ベスト記事書けたらまたお邪魔しますね
書けたよー! (maru♪)
2013-12-30 00:34:34
やっと書けたよー!

うんうん!74点くらいだよね(笑)
見終わった後はイマヒトツか? とか思っていたけど、感想書いてたら、やっぱりよく考えられているなと・・・

脚本書きながらジェフリー・ラッシュをイメージしてただけあって、ジェフリー・ラッシュ以外考えられないよね!

見たいのいっぱいあるんだけど、結局この作品が今年の劇場鑑賞ラスト作品になっちゃった。
最後一緒に見れてよかった

来年も映画行こうねー
kiraさん☆ (mig)
2013-12-30 11:42:15
もうバタバタですねー!
いそがしい時にコメントありがとう!
そうそう、ジムは怪しいと思いつつ、本人疑ってるから違うだろうと思ってたらやっぱやられた!
絵がとられる予想してなかったから
ありゃりゃって脱力。
でも可哀想だけど自業自得?いややっぱり
ちょと可哀想過ぎだよね 失恋して絵も失って 笑
恋の喜び思い出しながら生きるのかな、、、、
maru♪ちゃん★ (mig)
2013-12-30 11:45:42
おつ☆
私も結局これがラストになっちゃったわー
一緒にみれてよかったね♪
ジェフリーラッシュあてがきだったんだ?
じゃハマるよねー
この人か、リチャードジェンキンスだな 笑
そこまでよくもないけど面白かったよね☆
うん、来年も行こうねー☆
さてあのヴァンパイアのupせねばじゃー!
あ、やっぱりTB来てなかったあとでいくね!
Unknown (風情♪)
2013-12-30 12:11:13
こんにちは♪

隠し部屋という対称的な空間の中に存在する絵画と生身
の女性という対照性の演出はすごくミステリアスである
のと同時に神秘的だったし、何より対照性が随所に配さ
れていたのが素晴らしかったです。
ひさびさに重厚な人間ドラマ&ミステリーを観たッ!っ
てぇ感じで、今年の〆の作品で大当たりを引き当てられ
たことに感謝っす。

それじゃまた来年もヨロシクお願いしますね♪
(゜▽゜)v
風情さん♪ (mig)
2013-12-30 13:00:10
こんにちは☆
お、風情さんは大満足でしたか?
なかなか面白かったです
結局この作品で最後になっちゃったけど
〆がいい作品でよかったですー

もちろん、来年も宜しくです♪
その前にベストよろしく♪
Unknown (Unknown)
2014-01-12 19:49:31
見ごたえアリました 
映画ってこういうもんだよなぁ~って思った

最後おかしくなっちゃったみたいだけど 生涯かけて集めたものより女のほうを待ってるあの姿がなんとも言えんかったな
Unknown (mig)
2014-01-14 00:11:25
なかなか面白かったですよね。
気づいてしまって、 (ボー)
2014-01-19 22:02:45
あっと驚く気分が味わえなかったのが、われながらザンネンでした!
ボーさん☆ (mig)
2014-01-20 10:02:47
気づく人も多いようですね、
私はそこまで酷いことするとはよまなかったので わー、と思いました
騙されても思い出に浸る恋した男の無念
切ない話です
美術品は (sakurai)
2014-04-04 11:47:21
かなり本物を使用したんだそうですね。
どれが本物だったのかは分からないけど、なんとも空虚感の残る終わり方でした。
ビリーの執念も凄い。
何より、役者がはまってました。
クレアのミステリアスぶりが、ちょっと足りなかったかな~。
sakraiさん☆ (mig)
2014-04-06 23:50:57
こんばんは☆
なかなかミステリアスだったんだけど
途中で気づいちゃう人も多いですね 笑
やっぱり主演のあんな感じのふつーのおじさん
(ジェフリー)だからいいんですな♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

32 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
鑑定士と顔のない依頼人 / La migliore offerta (The Best Offer) (勝手に映画評)
姿を見せようとしない女性の依頼人からの美術品鑑定依頼。当初は、姿を見せようとしない依頼人に反発を覚えていた鑑定士のオールドマンだったが、ある時、依頼人の姿を隠れ見て、その美しさに引かれていってしまう・・・。 互いに時には非常に失礼な態度を示し反発し合い...
『鑑定士と顔のない依頼人』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「鑑定士と顔のない依頼人」 □監督・脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ □キャスト ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、       ドナルド・サザーランド、フィリップ・ジャクソン ■鑑賞日 12月2...
映画:鑑定士と顔のない依頼人 La migliore offerta 予告編が良かっただけに... 失望も大きい。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ジュゼッペ・トルナトーレ監督(ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」)の新作ミステリー。 予告篇が良くできていたので、期待が大きかった。 これが大幅に裏目に出てしまったかな... 予告篇では「謎」までを提示するが、本編でもその「謎」の提示まで...
鑑定士と顔のない依頼人 (試写会) (風に吹かれて)
どんなものでも偽れる偽物の中にも本物はある公式サイト http://kanteishi.gaga.ne.jp12月13日公開監督: ジョゼッペ・トルナトーレ  「ニュー・シネマ・パラダイス」 「海の上
『鑑定士と顔のない依頼人』 (こねたみっくす)
この恋は贋作、でもこの恋心は本物。 切ない、あまりにも切な過ぎる。ラブストーリーとして見ると、この結末はあまりにも残酷です。ただ予告編通りにミステリーとして見ると、至 ...
鑑定士と顔のない依頼人  THE BEST OFFER (映画の話でコーヒーブレイク)
NHK「あさイチ」で紹介していたのを見て、面白そうだったので鑑賞決定。 邦題がなんともミステリアス。 豪華なセットに凝った小道具、不思議な雰囲気のある作品です。 時代設定は20世紀初頭かしら?と思っていたら、携帯が出てくるはネットでオークションに 入札するはで....
鑑定士と顔のない依頼人 (だらだら無気力ブログ!)
これは見応えあって面白かったなぁ。
鑑定士と顔のない依頼人 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ジェフリー・ラッシュ主演、監督は 「ニュー・シネマ・パラダイス」などで 知られるジュゼッペ・トルナトーレが務めた 映画「鑑定士と顔のない依頼人」が公開 されましたので観に行ってきました。 鑑定士と顔のない依頼人 原題:LA MIGLIORE OFFERTA THE BEST OFFER 製作...
鑑定士と顔のない依頼人 (to Heart)
原題 LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER 製作年度 2013年 製作国・地域 イタリア 上映時間 131分 脚本:監督 ジュゼッペ・トルナトーレ 音楽 エンニオ・モリコーネ 出演 ジェフリー・ラッシュ/シルヴィア・フークス/ジム・スタージェス/ドナルド・サザーランド/フィリッ...
「鑑定士と顔のない依頼人」:語り口の妙と映画のコク (大江戸時夫の東京温度)
映画『鑑定士と顔のない依頼人』は、よく出来たお話、よく出来た知的娯楽映画です。映
鑑定士と顔のない依頼人 (心のままに映画の風景)
天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、資産家の両親が遺した美術品を査定して欲しいとクレア(シルヴィア・フークス)という女性から依頼を受ける。 屋敷を訪ねたヴァージルは、決して姿を見せないクレアに不信感を抱...
映画・鑑定士と顔のない依頼人 (読書と映画とガーデニング)
2013年 イタリア原題 La migliore offerta英題 The Best Offer 一流の鑑定眼を持つオークショニア、ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)世界中の一流オークションからのオファーが絶えない男だが、芸術への熱烈な愛に比べ、人間、特に女性が苦手....
『鑑定士と顔のない依頼人』 2013年12月14日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『鑑定士と顔のない依頼人』 を鑑賞しました。 今日は14日なので東宝で(笑) もちろん満席御礼でした この映画は見逃せません ベスト1候補に急浮上です。(この年末で印象深い映画になった) 【ストーリー】  天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマ...
「鑑定士と顔のない依頼人」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2013年・ イタリア/Paco Cinematografica配給: ギャガ 原題: La migliore offerta (英題: The Best Offer)監督:ジュゼッペ・トルナトーレ脚
鑑定士と顔のない依頼人 (佐藤秀の徒然幻視録)
生身美女vs.絵画美女 公式サイト。イタリア映画。原題:La migliore offerta、英題:The Best Offer。ジュゼッペ・トルナトーレ監督、音楽:エンニオ・モリコーネ。ジェフリー・ラッシュ、シ ...
『鑑定士と顔のない依頼人』 (My Pace, My Self)
『ニュー・シネマ・パラダイス』の監督の新作ということ、美術が絡むお話ということで気になっていた『鑑定士を顔のない依頼人』を観てきました。 出てるとついつい気になって見たくなっちゃうジム・スタージェスも出演ということで。 なんかいろいろ興奮しているの...
『鑑定士と顔のない依頼人』 (・*・ etoile ・*・)
'13.12.21 『鑑定士と顔のない依頼人』@新宿武蔵野館 これは見たくて試写会応募しまくったけどハズレ・・・ 人気でいつも満席らしく、いつ行こうか迷っていたら、お友達のmigちゃんが見るとtweetしてたので、合流して見に行くことに。武蔵野館予約できないからチケット売...
鑑定士と顔のない依頼人 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年1月1日(水) 16:25~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1000円(映画サービス・デー) パンフレット:未確認 老いらくの恋と思いきや。 『鑑定士と顔のない依頼人』公式サイト ミステリーなどという宣伝文句を知らずに観た。 最後の15分位から、驚くべき展開。まあ...
”峰不二子”>美女コレクション(おい)~「鑑定士と顔のない依頼人」~ (ペパーミントの魔術師)
新手のオレオレ詐欺映画?(わわわわわ) ネタバレを含みます、これから見る方は鑑賞後に。m(_ _)m 欲しい絵画は仲間と組んで安価で競り落としてマイコレクションにしちゃうんだから 決して清廉潔白なおじいちゃんじゃないです。 あれだけクレアに対して怒りMAXだっ....
『鑑定士と顔のない依頼人』 老人の恋の行方 (Days of Books, Films )
The Best Offer(film review) いやあ、見事に騙されまし
「鑑定士と顔のない依頼人」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「La migliore offerta」…aka「The Best Offer」2013 イタリア ヴァージル・オールドマンに「シャイン/1995」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマン・チェスト/2006」「エリザベス:ゴールデン・エイジ/2007」「英国王のスピーチ/2010」のジェフリー・ラッ...
・・・哀れ。『鑑定士と顔のない依頼人』 (水曜日のシネマ日記)
著名な美術品鑑定士と姿を見せない女性依頼人の物語です。
「鑑定士と顔のない依頼人」 (或る日の出来事)
今年最初に観た映画は、これだ!
鑑定士と顔のない依頼人 (映画好きパパの鑑賞日記)
 「ニューシネマパラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督の新作は「極上のミステリー」と宣伝されていますが、むしろ切なく美しい純愛の物語という感じでした。ジェフリー・ラッシュの演技に◎。  作品情報 2013年イタリア映画 監督:ジュゼッペ・トルナトー...
劇場鑑賞「鑑定士と顔のない依頼人」 (日々“是”精進! ver.F)
恋は盲目… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402110001/ 【送料無料】鑑定士と顔のない依頼人 [ ジュゼッペ・トルナトーレ ]価格:1,575円(税込、送料込) ニュー・シネマ・パラダイス(Blu-ray Disc)価格:...
鑑定士と顔のない依頼人 ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、刺激的な謎をちりばめて紡ぐミステリー。天才鑑定士が姿を見せない女性からの謎めいた鑑定依頼に翻弄(ほんろう)されていくさまを、映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネの音楽に乗せて描く。偏屈な美術鑑定士には、『シャイン』など...
映画『鑑定士と顔のない依頼人』観てきた~♪ (よくばりアンテナ)
やっと金沢でも公開されたので喜び勇んで観て参りました。 ミステリーなので上手く騙されたくてワクワクしてたので 事前に情報をなるべく仕入れずに鑑賞。 鑑定士って職業がいまいちわかってないのですが、 一流のオークショニアってなかなか権威のある職業の...
映画『鑑定士と顔のない依頼人』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-109.鑑定士と顔のない依頼人■原題:La Migliore Offerta(英題:The Best Offer)■製作年、国:2013年、イタリア■上映時間:131分■料金:0円(1カ月FP5本目)■観賞日:12月30日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督・脚本:ジュゼッペ・トルナ...
鑑定士と顔のない依頼人 (迷宮映画館)
さすがに本物の絵の持つオーラが感じられました。
鑑定士の運命 (笑う社会人の生活)
5日のことですが、映画「鑑定士と顔のない依頼人」を鑑賞しました。 美術鑑定士ヴァージルは、資産家の両親が遺した美術品を査定してほしいという依頼を受け、屋敷を訪ねるも 依頼人の女性クレアは決して姿を現さず不信感を抱くヴァージルだったが、歴史的価値を持つ美....
鑑定士と顔のない依頼人 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER】 2013/12/13公開 イタリア PG12 131分監督:ジュゼッペ・トルナトーレ出演:ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、ドナルド・サザーランド 一流の美術鑑定士にして、カリスマ的オークショニアのヴァ....
映画「鑑定士と顔のない依頼人」レビュー(ひきこもり女子と二次元しか愛せない男のラブストーリー) (翼のインサイト競馬予想)
映画「鑑定士と顔のない依頼人」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思