我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ/ ONLY LOVERS LEFT ALIVE

2013-12-30 14:21:28 | 劇場&試写★5

 

 

コーヒー&シガレッツ」「ブロークン・フラワーズ」など

こだわりの楽曲と独自の世界観でジム・ジャームッシュ監督の4年ぶりの最新作は、

7年間温めていたというヴァンパイア ラヴ・ストーリー

 

 

ジム・ジャームッシュ作品て、「ブロークン・フラワーズ」以外は好きじゃないこと多いので

あまり興味もないけど、今回ばかりはティルダとロキ(トム)主演だし

大好きなヴァンパイア映画だから見逃せない。

と思って観たのだが、upするのだいぶ遅れちゃった

年末大忙し時期なので今回は簡単レビューで。

 

ヴァンパイアの恋人たちに、「マイティ・ ソー」のロキこと、トム・ヒドルストンと

「少年は残酷な弓を射る」などの名女優、ティルダ・スウィントン

トムヒドルさんロン毛似合う~ 哀しげな表情(かお)が最高。

アングラ界のカリスマミュージシャン。

 

黒目がち、血色薄い。ヴァンパイア要素はばっちり。

ジム・ジャームッシュ監督とは「ブロークン・フラワーズ」に続くタッグ。

ヴァンパイア役は二人ともハマりすぎ。

 永い間恋人同士だが、遠距離恋愛。

恋人のアダムとはスカイプでネット電話。笑

ヴァンパイアだからすーっと空ひとっ飛びで会いにいくのかと思いきや、

夜中にどっかに電話して航空チケットをゲットするティルダ演じるイヴ。

 

なんかいつも憎らしいのよね、このコ。

それだけうまいってこともあるけど。

突然、カップルのところに居候しにくるイヴのやんちゃな妹にはエヴァにはミア・ワシコウスカ。

 

 

アダムとイヴの長年の友人マーロウには、ジョン・ハート。

 

フツウの?バンパイアものとはちょっと違うところがジム・ジャームッシュらしい。

むやみに人間の首筋に噛み付いて命を奪ったりしないで

純血、綺麗な血しかもとめない

へんな血を吸ってしまうと致命傷になりかねないので用心が必要。

永遠に続く愛をヴァンパイア視点で描いたラブストーリー

 

 

吸血鬼のアダムは、ギターをはじめ弦楽器なら何でも自在に弾きこなすミュージシャンとしてアンダーグラウンド・ミュージック・シーンで活躍している。しかしここ近年の自己破滅的な人間たちの振る舞いにアダムは 抑鬱を抱えていた。そんなとき恋人イヴがデトロイトに住むアダムの元を訪れる。もちろん、彼女も吸血鬼で2人は何世紀も愛し合い、生き続けてきた。久々の再会もつかの間、イヴの破天荒な妹エヴァが突然2人の前に現れ、3人の運命は、ゆっくりと変わり始める...。

 

 

5/10(52点)

 

 

期待してたヴァンパイアものとは違った~。

やっぱりジム・ジャームッシュ作品なんだなぁって感じ 

ゆっくり、ヴァンパイアカップルの日常とやりとりが描かれる。

今回もかなりスローでとくに大きな見せ場もなく淡々とし過ぎ。

途中で退屈になっちゃった。寝なかったけど眠気もくるし。

ミアがやってきてからは、破天荒な言動を起し怒ったアダムにとうとう追い出される。

 

この内容でというかこの世界観がいいんだろうけど、

2時間ちょいは長すぎ。 これだと85~90分でいいんじゃない。

 

二人が生き続ける為には、質の良い血が必要不可欠。

人間とうまく共存しながら生き続ける。

それは不幸なのか、それとも幸せなのか。

二人でいる限り、永遠の愛が続く。

 

オープニングの、レコードぐるぐるに合わせて廻るカットが一番印象的でステキだった

 

ジム・ジャームッシュ作品が好きな方にはたまらない作品だろうな。

ロキファンにも、もちろんオススメ。

 

毎回こだわりの音楽、相変わらずいい

 

監督・脚本   ジム・ジャームッシュ

音楽   ジョセフ・ヴァン・ヴィセム

 

 公式サイト

ONLY LOVERS LEFT ALIVE           2013年   アメリカ=イギリス=ドイツ     

12月20日より公開中~

 

2013年 トロント映画祭にて。

トムヒドルストン、短髪より断然ロン毛だわ

 

さて、これにて今年のレビューはおしまい。

今日ほんとは1本観たかったけどいっぱいいっぱい。

恒例のわたしの2013 Best&Worst発表は明日の大晦日に 

 

 

 


    

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (8)   Trackbacks (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鑑定士と顔のない依頼人 /LA MIG... | TOP | 2013☆ベスト&ワースト映画 /201... »

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは♪ (yukarin)
2013-12-30 17:21:18
ヴァンパイアになりたい私なのでこれは外せないわー(笑)
同じく思ってたヴァンパイア映画とは違ってたけど、
きらいではないかなー。
トム・ヒドルストンとティルダ・スウィントンの2人の雰囲気がいい!!
面白いとは思わないけどなんかいいかなーって感じの差品でしたわ。

今年最後のレビューお疲れ様。
Best&Worst楽しみにしてるねっ
Re:こんばんは♪yukarinへ (mig)
2013-12-30 18:10:37
ヴァンパイアになりたかったの?!笑
これ、ジムジャームッシュって感じだったねー
淡々としてるの苦手だから長く感じたわ
ティルダもロキも好きだしヴァンパイアものも好きだけどねー
内容があまりないからね
yukarinのベスト記事明日いくよ♪
今夜作らなきゃ!
こんばんは (オリーブリー)
2014-01-20 22:08:43
私もジャームッシュは苦手だけど、これはスンナリ入り込めました。
きっと俳優がみんな好みだったからかもしれません(笑)
ディルダは人間以外の生物が嵌りますね(笑)
オリーブリーさん☆ (mig)
2014-01-21 08:31:59
こちらにもありがとです。
私主演の2人は好きなんだけどな~
ヴァンパイアものも好きなのにー
やはり話に起伏も見所もないのは苦手です
^_^
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (映画好きパパの鑑賞日記)
2014-01-29 13:05:00
 こんにちは。僕もこの映画をみてヴァンパイヤになったら、と夢想してしまいました。眠気を含めてのんびりとした時間を満喫できてよかった作品でした
映画好きパパさん☆ (mig)
2014-02-01 19:24:05
ねむくなりながらも楽しめたんですね?
^_^
ヴァンパイアもの好きだけどイマイチでした~
同じ~。 (ボー)
2014-02-09 00:00:01
点数まで一緒っぽい!
ボーさん☆ (mig)
2014-02-09 21:37:00
あれ?ボーさん5点満点じゃなかったでした?
とにかく雰囲気だけでいまいちつまらんかったですよねー

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

15 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (佐藤秀の徒然幻視録)
ヴァンパイアは量子力学を操る? 公式サイト。原題:Only Lovers Left Alive。ジム・ジャームッシュ監督、トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカ、ジョン・ハー ...
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ONLY LOVERS LEFT ALIVE】 2013/12/20公開 アメリカ/イギリス/ドイツ 123分監督:ジム・ジャームッシュ出演:ティルダ・スウィントン、トム・ヒドルストン、ミア・ワシコウスカ、アントン・イェルチン、ジェフリー・ライト、スリマヌ・ダジ、ジョン・ハート 世紀を越...
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 (My Pace, My Self)
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』観てきました。 1月は出張あって忙しいし見たい映画の公開も相次ぐし、ということで、年内に観れる者は観ておきたいと思ったのですが、朝の上映回がないということ、フランス語教室の後夕方の回に行ってみました。 今急...
ジム・ジャームッシュ監督『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(Only Lovers Left Alive)』トム・ヒドルストン、ティルダ・スウ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ブロークン・フラワーズ』『リミッツ・オブ・コントロール』のジム・ジャームッシュ監督約4年ぶりの新作『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(Only Lovers Left Alive)』出演はトム
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 2013年12月2日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 を試写会で鑑賞しました。 思えば長く生きたもんだという、ヴァンパイアの話(笑) 【ストーリー】  吸血鬼でありながら、どんな弦楽器でも弾くことができるミュージシャンとして活動中のアダム(トム・ヒドルストン)。ア...
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 (ラムの大通り)
(原題:Only Lovers Left Alive) ----ニャんだか、舌を噛みそうなタイトルだけど、 これって、ジム・ジャームッシュ監督の新作ニャんだって? 「そう。 それもドラキュラ映画なんだ」 ----へぇ~っ。 ドラキュラっていうと 映画では、 これまで耽美的に作られていた気が...
映画:オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ Only Lovers Left Alive 大衆を冷ややかに見下ろす吸血鬼 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
約4年ぶりのジャームッシュ。 前作は「リミッツ・オブ・コントロール」(2009年09月08日当ブログで記事アップ) <舞台がスペインのマドリッドで、各シーンで工夫はみられたものの、マジック度数が薄く、 <過去の作品に比べて「オーラ」を明らかに発していない。次に期....
「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Only Lovers Left Alive」 2013 UK/ドイツ/フランス/キプロス/USA アダムに「戦火の馬/2011」「ミッドナイト・イン・パリ/2011」のトム・ヒドルストン。 イヴに「フィクサー/2007」「倫敦(ロンドン)から来た男/2007」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生...
眠たい、気だるい、でもなんかいい。(≧∇≦)b~「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」~ (ペパーミントの魔術師)
実際に映画鑑賞したのは1週間ほど前だし、 ぶっちゃけ、前日に3時間ほどしか眠れなくて所々オチた。 おまけに音楽がなんとも言えずかったるい。(わわわわわ) 別にヘビメタが聞きたかったわけでもないし、 クラシックはさらに辛かったりするひとなんだけども(え) ・...
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (心のままに映画の風景)
デトロイトのアンダーグラウンドで、カリスマ的な人気を誇るミュージシャンのアダム(トム・ヒドルストン)は、人間と共存している吸血鬼だった。 ある日、モロッコのタンジールに暮らす妻イヴ(ティルダ・スウィントン)がアダムに会いに来た。 2人は吸血鬼であり...
アダムとイヴ~『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 (真紅のthinkingdays)
 ONLY LOVERS LEFT ALIVE  タンジールに暮らすヴァンパイアのイヴ(ティルダ・スウィントン)は、デトロイト に住む夫・アダム(トム・ヒドルストン)の元へ飛ぶ。何世紀もの間、愛し合って きたふたり。  ジム・ジャームッシュ。オフビートな、独特...
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (映画好きパパの鑑賞日記)
 ジム・ジャームッシュの映画って、非常に詩的で、ストーリーを追うと言うよりも、雰囲気にまったりひたる印象があります。本作も吸血鬼映画なのだけど、アンニュイな感覚を独特の美意識をもった映像で堪能できました。  作品情報 2013年米、英、独映画 監督:ジ...
「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」 (或る日の出来事)
こういうのって、雰囲気で観るの?
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ ★★★ (パピとママ映画のblog)
『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュが、『リミッツ・オブ・コントロール』からおよそ4年ぶりに放つ監督作。何世紀も恋人同士として生きてきた吸血鬼の男女が、突如として現われた女の妹と対峙(たいじ)したことで生じる関係の変化を追い掛けていく。....
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (miaのmovie★DIARY)
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ [Blu-ray](2014/06/18)トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン 他商品詳細を見る 【ONLY LOVERS LEFT ALIVE】 制作国:ドイツ  制作年:2013年 吸血鬼でありながら、どんな弦楽器でも弾くことができるミュージシャン...