我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメたまーに日記
12周年✨ありがとです❤️TBは受付送信共にやめました

バーニー みんなが愛した殺人者/BERNIE

2013-07-05 23:51:07 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

 

2003年「スクール・オブ・ロックのジャック・ブラック×

リチャード・リンクレイター監督再タッグ

 

毎度いろんなパターンの作品を生み出すリンクレイター監督。

待望のB再起用だけど、今回は期待してたような感じじゃなかった

ノリノリの音楽効かせたコメディではない

ブラックユーモアかかった、実録ヒューマン・ドラマ。

今月公開。試写にて鑑賞。

 

96年にテキサスの田舎町で実際に起こった奇妙な殺人事件。

39歳の町一番の人気者が、81歳の町一番の嫌われ者を殺害したその顛末を、

実際の登場人物たちを知る住民たちのインタビューを交えて再現した構成。

 

主人公、バーニーには JBこと、ジャック・ブラック

ちょびヒゲがかなり胡散臭いけど。。。

誰からも好かれる、心優しい葬儀屋。 え、ほんとはとんでもない殺人鬼、とかではないのね。

この熱演でゴールデン・グローブ賞主演男優賞にノミネートされた

 

偏屈な老未亡人マージョリーには、大御所 シャーリー・マクレーン。

未亡人になった、金持ちで町の嫌われ者。

 

裁判でバーニーをやりこめようとする地方検事ダニーには、

本作でニューヨーク映画批評家賞、全米映画批評家協会賞の助演男優賞など数多くの賞を受賞した

マシュー・マコノヒー。

えー??別にいつものマコ様の演技ですけど。

 

 

財産(遺産)狙いで金持ち婆さんと仲良くして、根こそぎふんだくっちゃえ!

という企みなのかと思いきや、ほんとにいい人だったバーニー。

婆さまがほんとにムカつく奴で、はじめは友人で恋人のようないい関係になるも、

次第に召使いかなにかのように束縛し、何でもやらせる。

そりゃ怒りもたまるでしょうね、普段優しい人って怒りを溜め込んで爆発したら怖い

 

無意識につい殺しちゃった

反省もしてるし償うつもり。だけど、町のみんなは彼を信じてた

 

かくして、彼の運命は 数名の陪審員と、検事ダニーに委ねられたのであった

 

 

6/10(60)

 

 

 うーんぎりぎり60かなぁ。

これ、観た後知ったけど 実話ベースらしく

観ながら何となく思ってた、ドキュメンタリーのように当時の、実在の男バーニーに

関わった住民たちのインタビューが時折入り、バーニーの人柄や

嫌われ婆さんマージョリーの人柄などを語る。

その部分とか、なんだかノリが悪い感じしちゃってそんな住民の感想とか

観せられてもなー って。

 

JBがそもそもいい人っていうのがなぁ、

最近も「ホリディとかいい人役あるけど、やっぱりどこかクセあるけどイイ奴

みたいなのほうがしっくりくるんだよね。

マコノヒーも、あんな役なら誰でもいいでしょ、って程度なんかパッとしなかった。

シャーリー・マクレーンはもう、ハマり役。他にいないでしょ。

 

同じくリンクレイターとJBコンビの「スクール・オブ・ロックのような笑いや

面白さを期待するとダメね

よく考えたら、あちらは脚本家はマイク・ホワイトなんだよね~

今回は、監督のリチャード・リンクレイターが、この事件を記事にしたジャーナリストの

スキップ・ホランズワースと共同脚本。

 

2011年、全米で批評家たちの大絶賛を受け、ロングランヒットになったというし

ロッテントマトでも91%の批評家が高い評価。

まぁ、それはあくまで全米の、批評家たちの間。

日本でのウケはイマイチなんじゃないかな、

試写終わったあと、速攻で席立つ人の多い事!

 

エンドロールでは、本物のバーニー氏と面会するJBの姿も。

 

JB

お得意の歌披露のシーンもあるけど、賛美歌とかなので

ロックと違い盛り上がらず ザンネン

そもそも内容的に、こんな実話くらいで映画化されても、、、、って感じもあるけど

JBファンはもちろん観てソンなし。

JB×リンクレイター作品として気になる方はもちろんぜひ劇場で

 

 

テキサス州の田舎町で葬儀屋を経営するバーニー。喜んで人助けをする慈愛に満ちた人柄で、町の誰もが慕う存在だった。そんな彼が、偏屈で有名な金持ちの老婦人マージョリーと親しくなっても不思議に思う者はいなかった。夫をなくし、一人で暮らすマージョリーを気遣い、バーニーはたびたび彼女を訪ねるようになる。マージョリーも次第に心を許し、銀行口座まで預けるほどになっていた。しかしある日、バーニーは我慢出来なくなった怒りでマージョリーを殺してしまう。

そして、マージョリーが生きているかのように必死に演出するのだが—。
     

 

 

 

 公式サイト

BERNIE        2011年    アメリカ    99min

7月13日~ロードショー

 

 

L.Aプレミアにて

一番右、リンクレイター監督☆

 素顔のJBはやっぱり可愛い

 

 JBの次回作は、チャーリー・カウフマン監督のミュージカルコメディ

で、ニコちゃんと共演予定 楽しみすぎ

 

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click


 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弾丸2泊3日!5年ぶりのグ... | TOP | モンスターズ・ユニバーシテ... »

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
JB (hino)
2013-07-07 12:42:11
migちゃん、おつかれひゃーん。
暑いよう、暑いよう。大丈夫ー?
私はようやくの休みで明日もあるけど、よくやってるなーと思って。

この映画面白そうだねー。
JB頑張ってるんだね!!
昨夜の深夜映画ラストサマー2にJB出ててさー嬉しくなってたの。
シンクロだ!!JBと縁あるのかなあ。もちろんみぐちゃんともだし。JBの誕生年月日は私と一日違いなんだよね。

マコちゃんが変だ?!

この夏観たい映画だわい。

ゆきえちゃん☆ (mig)
2013-07-08 01:12:37
お疲れさま☆今日はお休みだったのねー
ゆきえちゃんの最近の状況すごく心配なんだけど
旅行でいまは頭いっぱいだよねー
帰ったら会っていろいろきかせてね!
さて、そう!JBなのよ~。
スクールオブロックとは全然違う感じの話。
あれれJBラストサマー2に出てないよぉ?
全部出演作みてるけど、、、、確かめてみる☆
と、、、あれ?JBの誕生日は来月の8月だよー?
誰かと勘違いしてるような

ゆきえちゃん、JBなら「ハイフェディリティ」好きそう!
音楽好きに人気だよ♪
Unknown (風情♪)
2013-07-22 22:00:38
こんにちは♪

>毎度いろんなパターンの作品を生み出すリンクレイター監督

本作のような軽めコメディから「テープ」のようなサスペンス
から「ウェイキング・ライフ」のようにアニメで哲学的なもの
までと多種多様ですよね。
だもんだから氏の作品をあまり観てないような感じなんすけど、
コレが意外と目にしてるからスゴいっす。

ドキュメントタッチの証言集という作りはオモシロかったんす
けど、内容は取り立ててで、J・ブラックの芸達者ぶりだけが
目立った作品でした♪ (゜▽゜)v
風情♪さん (mig)
2013-07-24 14:13:35
こんにちは~お久し振りですね、
そうそう、スクールオブロックとかね☆
私ほとんど全部観てますが毎回ホント違う。
今回は海外では主に評論家とかに高評価されてますが、
日本では厳しいですよねー
そこまで面白くはないし、、、
JBとの再コンビなのにちょっとザンネンです。

こんにちは♪ (yukarin)
2014-05-14 11:08:46
「スクール・オブ・ロック」の監督で期待しちゃうとあれれ~になっちゃうね。
でもJB好きだから普通に楽しめたけど。
実話ものだから仕方ないね。
yukarin☆ (mig)
2014-05-15 01:05:46
あ、ここコメも少なかった 笑
もともとこのリチャードリンクレイターの映画は全部好きなので
これだけいまいちだったわ~
というか、まあまぁだけど楽しいほどじゃないという。。。
もうちょっと面白くアレンジできそうなのに。。。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics