我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

アンナ・カレーニナ /ANNA KARENINA

2013-04-01 09:21:55 | 劇場&試写★6以上

 

 

 ロシアの文豪トルストイの小説を「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督

&キーラ・ナイトレイコンビで新たに映画化した文芸ロマンス。

アカデミー賞では、衣装デザイン賞受賞

 

衣装も舞台も素晴らしい華やかさ

 

「アンナカレーニナ」といえば、 1948年のヴィヴィアン・リー主演がオリジナルだったと思ってたけど

グレタ・ガルボ主演のがその前に2作あって、ソフィー・マルソー主演の1997年のもあるしで

今回は5回目の映画化かな?

 

ジュードが出てるし、ジョー・ライト作品好きなので楽しみにしてました〜初日鑑賞

 

アンナには、文芸コスチュームものはお手のもの、キーラ・ナイトレイ。

 

その夫、政府高官のカレーニンにジュード・ロウ。

昔のジュードなら不倫する若い男役だっただろうけど

頭はわざと更にハゲにして、あえて歳とった妻に浮気される可哀想な夫に挑んでます

 

アンナと恋に落ちる、青年将校ヴロンスキーに 

「キックアス」で、主演のサエないオタク少年を演じたアーロン・ジョンソン。

「キックアス」の時も書いてたけど、実はイケメン君です☆

 

ほかに、アンナの兄嫁に、ケリー・マクドナルド。

 

その妹、キティにアリシア・ヴィキャンデル。

 

マシュー・マクファーデン、エミリー・ワトソン、ハリポタのウィズリー一家の一員、

ビル・ウィズリー役のドーナル・グリーソン↓など共演。

 

一度求婚を断ったキティとリョーヴィンの言葉遊びのサイコロ?で

想いを伝えあうシーンが素敵

 

そして幸せの絶頂期を迎えたアンナとヴロンスキー

この真っ白なシーツに真っ白なコットンの服が素敵

 

 

 19世紀後半のロシア。アンナ・カレーニナは社交界の華と謳われる美貌の持ち主。しかし、夫である政府高官カレーニンとの間に愛を感じられず、満たされぬ日々を送っていた。ある日、兄夫婦のもとを訪れた彼女は、若き将校ヴロンスキーと出会い、一目で恋に落ちてしまう。許されぬ恋に必死に心を鎮めるアンナだったが、舞踏会で再会した2人にもはや燃え上がる情熱を抑える術はなかった。一方、アンナの兄嫁の妹でヴロンスキーに想いを寄せるキティ。彼女は、 田舎の地主で純朴な好青年リョーヴィンからの求婚も断り、ヴロンスキーとの結婚を信じて待ち続けていたのだが…。

 

 

 

7/10(70点)

 

 

豪華絢爛、衣装も舞台も

誰も歌ってないのにこれはミュージカル!?と錯覚してしまいそう。

まるで役者たちがいまにも歌い出しそうなノリ。

さすがジョー・ライト監督、

テンポの良い舞台劇風の演出が、ともすると退屈になりがちな

コスチュームプレイの文豪、不倫ものを、視覚、聴覚から魅了させる

 

ジュードは真面目な官僚。あの低くて渋い声が効いてます

若い男と恋仲に落ち、妊娠までしてしまう妻を最初は憎むも、神のように二人を許す。

なのにアンナは、愛を感じない夫は捨てヴロンスキーを追うことを決めた末の悲劇。

キーラはお馴染みのコスプレもの、わがままなアンナ役は

素晴らしい衣装を纏ってイメージもピッタリ。

そして、一番のキモとも言える、不倫相手となるヴロンスキー役の美貌

アーロン君のこのまなざしがセクシーで、素敵

あんな瞳でいつも影から見つめられたらそりゃヤラレちゃうでしょ 

 

 

賞受賞の衣装や美術も見応えあり。

とにかく演出が独特の世界観で 華麗なる世界観を楽しむ作品

 

 

  公式サイト 

ANNA KARENINA       2012年    イギリス     130min

3月29日(金)より、公開中〜

 

 

 

ロンドンプレミアにて

 

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (18)   Trackbacks (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・マスター / The Master | TOP | モネ・ゲーム /Gambit »

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
独特 (まっつぁんこ)
2013-04-01 17:26:27
面白くない不倫話を独特の世界観でジョー・ライト監督が再構築。みどころたっぷりな作品になっていました。前の作品は観ていませんがきっと退屈な作品になっているだろうと推測しました。(笑)
こんばんわ (にゃむばなな)
2013-04-01 20:43:22
あのサイコロのようなアナグラムで愛を語るくだりはいいですね。ついあの若い2人を応援したくなりましたよ。

その一方でアンナときたら…。
でも半開きの目で童顔に癖毛と髭のイケメンに嵌る女性って、世の中には結構多い気がするので、こうなっちゃうのは仕方ないのかな〜。
ジュードさん (yue)
2013-04-01 21:15:15
ハロー!今日でイースター休暇終わりだよ〜
華麗な世界を楽しむ作品、イイネ、
ジュードさんだし☆
痩せ過ぎキーラとのツーショットもいいね!

つぐない、懐かしい。今思い出した。
何年も前にmigと観に行ったよねキーラの。
良かったよね。

PS、オスロ時計一時間プラスにしてねー♪
ジュード・ロウ (佐藤秀)
2013-04-01 22:17:45
>頭はわざと更にハゲにして、

migさん、ロウのファンなんですよね。下のロンドンプレミアはウィグ付きなのかなあ。いずれにしてもプレミアのロウはいい男健在。そう言えば、だいぶ前に見た「オール・ザ・キングスメン」で初めて見た時、美青年だなあと思った印象あるんですよ。
こんばんは (yukarin)
2013-04-01 23:51:02
ジュードの髪型....わざとはいえあのハゲっぷりに(汗)
でも渋くて良かったけどね。

ヴロンスキー役はあのオタクくんでしょ....
角度によってはイケメンだけど私はクスッとするシーンが多かったかも(汗)

さすがに衣装デザイン賞とってるだけあって、豪華で素敵だった。ほんとキーラはこういう豪華なドレス姿が似合うなぁ〜とうっとりして見てた♪
こんばんは (ノラネコ)
2013-04-02 00:33:04
これは観てビックリ。
まさかこんなアバンギャルドな作品とは。
作劇まで演劇的というか、ミュージカル的なので、いつ彼らが歌いだすかとちょっとドキドキしちゃいました(笑
まっつあんさん☆ (mig)
2013-04-02 22:59:51
あはは、そうですねぇ。
わたしは昔、ヴィヴィアンリーのみたけど
もう忘れたし。
この演出がやはりよかったんですよね。
にゃむばななさん☆ (mig)
2013-04-02 23:01:22
うふふ、そうですよね。
こんな男性、しかも年下でイケメンに
あらゆるところで遭遇していつも見つめられたら
くらっとくるでしょう!笑

あの素朴な二人のやりとりも微笑ましたかったです。
yueちん☆ (mig)
2013-04-02 23:03:30
あー、つぐないはyueと観たんだったね!
忘れてたぁ。
よかったよねー。ウチにDVDあるからミナオしてみたい気もする。

これ、ジュードよかったよ♪

イースターついにオワリなのね。
ことしも楽しめて良かったねー☆
こちらもまた寒くなって冬のコートとか着てる。
あとで記事いくね♪
佐藤秀さん☆ (mig)
2013-04-02 23:09:25
そうです、長年のジュードファンです♪
アハハ、ウィッグは普段つけませんよ〜
ハゲたまま勝負で潔ぎよいです☆
男性にも人気で嬉しいです。
美形だから言われませんが、ほんとは演技派です
yukarin★ (mig)
2013-04-02 23:11:24
こんばんは〜☆
そう、あの「キックアス」のカレがこんなイケメンとは
わたし、あのときメガネとるとなかなかイケメンて
書いてて読みはあたったと 笑
キーラはコスもの似あうよね〜そして幸薄いのも似合う。
ジュード、ひどいハゲだけどこれはこれでいいわ
ノラネコさん★ (mig)
2013-04-02 23:12:23
こんばんは☆
すごくミュージカルなノリでしたよね、
さすがの演出力で素晴らしいです。
衣装も素敵だったしなにしろ飽きない見せ方が最高でした〜。
アーロン (maru♪)
2013-04-08 00:10:28
コスチューム・プレイの美男が欧米人と合わないけど、
アーロンの手にキスしてる写真はイイよね〜
アーロンの奥さんは20歳以上年上なんだってね!
maruちゃん☆ (mig)
2013-04-08 11:15:26
おはよ☆えー、そうなの!?
奥さんいたのか??!
情報ありがと!笑
夜blogいくね!!いまから仕事ー
おぉ素敵な世界 (q 声もセクスィィィ)
2013-04-15 21:28:17
ヴロンスキーを演じたアーロン・テイラー=ジョンソン。「キック・アス」の彼だったのを観終わって気がついて
昔に読んだ(理解は出来てない 笑)トルストイの小説イケメンというと キラキラキラリラリラン美青年
っていうイメージはあるのよね〜
要は不倫のお話で私にしては珍しく観てしまった(笑)
セットも衣装も見応えアリだったな〜
恋は盲目とも言えるんだけど
ジョー・ライト監督が見事に作ったわ〜
qちゃん。 (mig)
2013-04-16 00:34:07
不倫ものは私はみるほうだけど
現実だと許せなくても、映画だとOKってわけじゃないけどみれるのよね。
でも自己破滅で感情移入はもちろん出来ない。
本作はアーロンの美しさにかかってる気がしたな☆
豪華絢爛 (NAO)
2013-04-25 21:58:37
migさん、ちょいお久です。

子供のダブル入学も一段落し、またお邪魔します^^

歌うたってないのに、ミュージカル調な演出に最初びっくりでした^^;
それにしても、キーラはこういうコスチュームはほんとに似合いますね。
アーロンの顔は、好みじゃないが、あの流し目にはやられます(^^)
ジュードは、地味な役でしたが、なかなか良かった♪
NAOさん☆ (mig)
2013-04-27 01:57:23
こんばんは〜
入学ですか〜、おめでとうございます
キーラはコスプレもの定番ですよね。
ジュード、うまいのに賞とは無縁なので
なんかファンとしては悔しいです〜

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

31 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
アンナ・カレーニナ (試写会) (風に吹かれて)
舞台劇でした公式サイト http://anna.gaga.ne.jp3月29日公開米アカデミー賞衣装デザイン賞受賞原作: アンナ・カレーニナ (レフ・トルストイ著)監督: ジョー・ライト  「プライド
『アンナ・カレーニナ』 2013年3月22日 GAGA試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アンナ・カレーニナ』 を試写会で鑑賞しました。 GAGAの新試写室でした。 場所も外苑前駅の近くで良い所でした。 座席は4列+後ろ一列パイプ椅子で全部で40名強の入れるくらいの大きさですが、 スクリーンが高いので長い映画には不向きですね。 2時間10分はチョイきつ...
アンナ・カレーニナ (あーうぃ だにぇっと)
アンナ・カレーニナ@よみうりホール
アンナ・カレーニナ (心のままに映画の風景)
19世紀末のロシア。 政府高官カレーニン(ジュード・ロウ)の妻にして、社交界の華と注目されるアンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)は、華やかな生活の裏で夫との愛なき結婚に空虚なものを抱いてい...
アンナ・カレーニナ(2012) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス映画。原題:Anna Karenina。レフ・トルストイ原作、ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナ ...
アンナ・カレーニナ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ロシアの文豪レフ・トルストイが地位のある夫を持ちながら道ならぬ愛に身を焦がす妻を描き、世界中で読まれ続けている小説を、「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督が豪華絢爛に映画化。 タイトルロールの美貌の妻を「プライドと偏見」で第78回アカデミー...
アンナ・カレーニナ (to Heart)
原題 ANNA KARENINA 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス 上映時間 130分 原作 レフ・トルストイ 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ/ジュード・ロウ/アーロン・テイラー=ジョンソン/ケリー・マクドナルド/マシュー・マクファディン/アリシア・ヴィキ....
『アンナ・カレーニナ』 (こねたみっくす)
男の不倫は気弱な遊び、女の不倫は強欲な本気。 リアリズムの巨匠レフ・トルストイの代表作を文芸作品だけが得意なジョー・ライト監督がリアリズムとは真逆の舞台劇のような展開 ...
アンナ・カレーニナ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 アンナ・カレーニナ オリジナル・サウンドトラック [CD]ロシア文学の古典をオリジナリティあふれる演出で映画化した「アンナ・カレーニナ」。人生を文字通りの舞台にたとえた演 ...
アンナ・カレーニナ (映画の話でコーヒーブレイク)
本作は飛行機の中で鑑賞しました。 旧式の機種で、一斉上映システムだと知らず最初に「リンカーン」を選択したのですが、 画像のトーンが暗い上に、時々映像がぶれたりと鑑賞に堪え難いレベルだったので、 「アンナ・カレーニナ」に変更。最初から見るにはどうするのかし...
『アンナ・カレーニナ』 (My Pace, My Self)
ぼちぼちGW映画なんかが公開になり、昨年同様映画を見るペースが加速しそうな4月『アンナ・カレーニナ』観てきました。※以下感想です。 ネタバレありですのでご注意ください。
アンナ・カレーニナ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ (新・映画鑑賞★日記・・・ 改め))
【ANNA KARENINA】 2013/03/29公開 イギリス 130分監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファディン、ドーナル・グリーソン、ルース・ウィルソン、アリシア・ヴィキャ....
アンナ・カレーニナ・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そこは出口の無い、愛の牢獄。 19世紀末の帝政ロシアの社交界を舞台に、青年将校と禁断の恋に落ちる人妻の悲劇を描いたトルストイの古典「アンナ・カレーニナ」。 過去に幾度となく映画化されてきた作品だ...
アンナ・カレーニナ (ダイターンクラッシュ!!)
2013年4月1日(月) 19:05〜 TOHOシネマズ日劇3 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 スカーレット・オハラを凌駕するやな女 『アンナ・カレーニナ』公式サイト ロシアの大文豪トルストイの不倫女の話は、 この人の主演のものを観たことがあ...
脳科学の証明。『アンナ・カレーニナ』 (水曜日のシネマ日記)
ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作を実写化した作品です。
【アンナ・カレーニナ】結婚は両手が自由な束縛、不倫はがんじがらめの束縛 (映画@見取り八段)
アンナ・カレーニナ〜 ANNA KARENINA 〜    監督: ジョー・ライト    出演: キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファディン、ドーナル・グリーソン、ルース・ウィルソン、アリシア・ヴィ...
アンナ・カレーニナ/キーラ・ナイトレイ (カノンな日々)
ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作で世界的にも有名な「アンナ・カレーニナ」を『つぐない』のジョー・ライト監督がキーラ・ナイトレイを再び主演に迎え19世紀ロシアを舞台に愛 ...
『アンナ・カレーニナ』 (ラムの大通り)
(原題:Anna Karenina) ----久しぶりに、二日続いての映画のお話。 最近ではスルーしてしまうことも多いのに、 まさか『アンナ・カレーニナ』とは…。 「そうだね。 ぼく自身も驚き。 まさか、これがこんな映画だったとは…? 観るまでは、この作品については 不倫の愛...
『アンナ・カレーニナ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「アンナ・カレーニナ」□監督 ジョー・ライト□脚本 トム・ストッパード□原作 レオ・トルストイ □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、       ケリー・マクドナルド、マシュー・...
ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演『アンナ・カレーニナ』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ロシアの文豪トルストイの最高傑作として知られる『アンナ・カレーニナ』を『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が、キーラ・ナイトレイ主演で映画化。19世紀末のロシアを舞台に愛のない結婚をしたヒロインが運
恋するオンナはアホですか?〜「アンナ・カレーニナ」〜 (ペパーミントの魔術師)
”杏奈、カレーにな”って変換する私のPC。なんでやねん! 失礼しました。 アカデミー賞で撮影賞・美術賞・衣装デザイン賞・作曲賞にノミネート(うち衣装デザイン賞を受賞)。 ま〜ふだんのチョイスなら見に行かない作品だけど。 ジュード・ロウとキーラ・ナイトレイで...
アンナ・カレーニナ/ANNA KARENINA (いい加減社長の映画日記)
名前は聞いたことあるけど、どんなストーリーだったかは、まったく記憶になく・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 貴族階級のアンナ・カレーニナは、政府高官の夫と結婚し、息子にも恵まれ、何ひとつ不自由のない暮らしをしていた。 ある日、兄夫婦が離婚の危...
『アンナ・カレーニナ』(GAGAオンライン試写) (・*・ etoile ・*・)
'13.03.22 『アンナ・カレーニナ』GAGAオンライン試写 これは見たかった! 試写会いろいろ応募したけど、GAGAオンライン試写に当選! 配信時から24時間以内なら何度でも視聴可能というもの。というわけで、ワイン飲みながら見たー♪ *ネタバレありです! 「政府高官の...
アンナ・カレーニナ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アカデミー賞衣装賞を獲得しただけにロシアの帝政時代の貴族の豪華な暮らしぶりが実感できる。舞台劇を取り込んだ演出が斬新だ。キーラ・ナイトレイのくっきりした目鼻立ちが感情の起伏をよく表現できている。社交界から追われて絶望に落ちていく様子と大地に足をつけて実...
アンナ・カレーニナ (悠雅的生活)
運命の愛。
アンナ・カレーニナ (Said q winning)
監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファ ディン、ドーナル・グリーソン、ルース・ウィルソン、アリシア・ヴィキャンデル、オリヴィア・ウィリアムズ、エミリー....
「アンナ・カレーニナ」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜ロシア文学の最高峰、トルストイ究極のラブストーリー〜2012年  イギリス映画   (2013.03.29公開)第85回 アカデミー賞 衣装デザイン賞受賞作品配給:GAGA   上映時間:130分監督:ジョー・ライト原作:レフ・トルストイ 『アンナ・カレーニナ』脚本...
「アンナ・カレーニナ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Anna Karenina」 2012 UK 19世紀後半のロシア。アンナ・カレーニナは社交界の美しい花で、政府高官の夫カレーニンと愛する息子と共にペテルスブルグに暮らしている。ある日、アンナは兄オブロンスキーに会うためモスクワを訪れる。兄を訪ねた理由は彼の浮気によりぎ...
アンナ・カレーニナ (こんな映画見ました〜)
『アンナ・カレーニナ』---ANNA KARENINA---2012年(イギリス)監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン 、ケリー・マクドナルド 、アリシア・ヴィキャンデル 、エミリー・ワトソン、 ドーナル・グリー....
映画『アンナ・カレーニナ』を観て〜アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-30.アンナ・カレーニナ■原題:Anna Karenina■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:130分■観賞日:4月7日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)■料金:1,800円 □監督:ジョー・ライト◆キーラ・ナイトレイ(アンナ・カレーニナ)◆ジュード・ロウ(カレ...
アンナ・カレーニナ (いやいやえん)
ざっくり言ってしまえば不倫ドラマなのですが。トルストイの有名な文芸作品なので何となくは知っていましたが、ちゃんと作品に触れるのは実は初めて。 時代コスと言えばこの人、キーラ・ナイトレイ主演。ジュード・ロウがその夫を演じていました。 舞台は19世紀後...