我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

6才のボクが、大人になるまで。/BOYHOOD

2014-11-18 00:11:58 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

ビフォア」シリーズや「スクール・オブ・ロック」「テープ」など様々な作品

いつも楽しませてくれる、リチャード・リンクレイター監督の、待望の最新作は

オーディションで選ばれた6歳の少年エラー・コルトレーンを主演に、

彼の12年間の成長と家族の変遷の物語を、劇映画ながら実際に12年間をかけて撮影するという

画期的手法で描いた話題作

 

それぞれの時代は少しづつ。そしてつなぎ合わせている。

 

 「北の国から」(ちゃんと見た事ないけど)みたいに、子役の頃から長い年月かけてとってきたドラマは

あるけど一気に同じ俳優で映画の中で一人の成長を見せられたのはこれが初かな。

そこが見所。

 

原題の「BOYHOOD」とは、少年時代。邦題なかなかいいのつけたね

 

友人で、リンクレイター作品には欠かせないイーサン・ホークは離婚した元父として出演

このたれ目は、、、と思ったら、リンクレイター監督の愛娘、ローライ

 

母親、オリヴィアにはパトリシア・アークエット。(アークエット一家で、元夫はニコちゃんだよ★)

 

身体がずいぶん太った。

 

リンクレイター映画のファンなのでかなり期待もしてた作品。

もちろん、良かったんだけど さすがに165分って長いよ

 

映画といっても、何か事件が起ってみどころあって、というような

波瀾万丈的な生き方を描いたものではなく、

一人の普通の少年の、日々のなにげない日常を積み重ねて大人になる過程を

リンクレイター監督の優しい視線で追った作品。

 

1,男と寝るな、2,コンドームをつけろ。と娘に指南。

逃げるようにトイレに行こうとして止められてる弟(メイソン)、

本気で恥ずかしがるリンクレイターの娘ちゃんが可愛い。

 

選曲も相変わらず良しイーサンが、メイソン少年にプレゼントする

ビートルズ4人のソロ曲を完璧な曲順でつなぎ合わせたオリジナルテープ、欲しい!

聴きたい〜

 

 

7/10(78点)

 

 

人生は長いようで短い。

大きな出来事も、いつか忘れちゃうくらいの出来事も、

ありきたりで特に何もないと思える些細な日常も、

何気ない日々も、

人生って一瞬一瞬の積み重ね。

だからこそ素晴らしい

先日観た「アバウトタイム」でも同じようなこと思ったけど

あちらは「日々大事に生きよう」と思えるものならば、こちらは

もう戻らない多感な時期。今は振り返ることしか出来ない大人になっちゃったけれど。

「少年期、少女期をなにげなく過ごして大人になる」という過程をじっくり「映画」として魅せた作品。

 

様々な経験をし、大人になり、それはどの瞬間も大切で。

ラストカットのメッセージが心に余韻。

 

スクール・オブ・ロックのようなエンタメの方が大好きだけど、

こちらはこれはこれで素敵な映画でした〜。

ただ、長すぎる! (←しつこい)

退屈しちゃう人もいるだろうな。

 

 

相変わらずリンクレイター作品ではマシンガントークのようにセリフの洪水、イーサン。

イーサンは観る度思うけど本当にカッコいいまま年齢重ねたなぁって。

(実生活ではベビーシッターとの浮気で、ユマと別れちゃった過去あるものの)←何度も言ってごめん

 

テキサス州に住む6歳の少年メイソン。キャリアアップのために大学で学ぶと決めた母に従ってヒューストンに転居した彼は、そこで多感な思春期を過ごす。アラスカから戻って来た父との再会、母の再婚、義父の暴力、そして初恋。周囲の環境の変化に時には耐え、時には柔軟に対応しながら、メイソンは静 かに子供時代を卒業していく。やがて母は大学の教師となり、オースティン近郊に移った家族には母の新しい恋人が加わる。一方、ミュージシャンの夢をあきらめた父は保険会社に就職し、再婚してもうひとり子供を持った。12年の時が様々な変化を生み出す中、ビールの味もキスの味も失恋の苦い味も覚えたメイソンは、アート写真家という将来の夢をみつけ、母の手元から巣立っていく―。

 

 

映画『6才のボクが、大人になるまで。』予告編

 

  公式サイト 

 BOY HOOD            2014年   アメリカ    165min

11月14日より、公開中〜

 

 

ヘイデン・クリステンセンにちょっと似。

 

 

 

 

MyTwitter

Twitterボタン

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (12)   Trackbacks (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11/28(金)新人監督映画祭にて、... | TOP | インターステラー/INTERSTELLAR »

12 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Hello! (yue)
2014-11-18 21:42:32
これちょっと気になってたけど良いんだね〜
あれ、この最後の写真ヘイデンじゃないのー?似てる!

イーサン。こないだのシニシスター
(またホラー見てるしw笑)楽しめたけど
今もちょこちょこ活躍してるんだね。
イーサンといえば、ユマ!
こっちのNRKというチャンネル(日本でいうNHK)の
トークショーにゲストで出てたの!
ノルウェーの番組なんだけどスウェーデン収録、
ストックホルムに行ってたみたいだね〜。
ユマ様ちょっと老けてたけど^^
Unknown (Caine)
2014-11-19 23:35:34
良かった。久々にいい映画観たなって感じだったなぁ。
子どもたちの成長映画であると同時に、親たちの成長映画でもあったよね。
今の日本で失われてしまった良さを凄く感じました。

あのイーサンがコンドームの話をするくだり、もちろん台本はあるだろうけど
なんだか素の会話に近く演じたんじゃないかなって思ったよ。
だからこそ娘ちゃんのあの凄い恥ずかしがり方が初々しくて^^
こんばんわ (にゃむばなな)
2014-11-20 23:29:17
多分イーサン・ホークやパトリシア・アークエイトにとってはエラーくんやローレライちゃんは本当の子供のように思えてしまうんでしょうね。
映画を見ている私たちでさえ、親戚のような気持ちになってしまうんですから、年間数日の撮影とはいえ、12年間も成長を見てきたらねぇ〜。
もう感慨深いですわ。
yue★ (mig)
2014-11-21 10:28:18
mig14/11/21 10:26
うん、ヘイデンに似てるよね!
これなかなか良かったよ!
イーサンもちょこちょこ今も出てるけど、
カッコいい男になってってるねー笑
ホラーも良かったし。
ユマは北欧の車のコマーシャルに前にでてたもんね、
確かに老けたけど。
イーサンとのお子たちも大きくなったわ〜
Caineさん★ (mig)
2014-11-21 17:48:13
うん、素敵な映画だったねー!
リンクレイター監督作品いつも良いな♪
確かリンクレイターの娘いたなーと思ってたらまさかのイーサンのコ役だった 笑
あのシーンはほんと、父親(監督)のまえだし
マジ照れだった感じだよね★笑
イーサンも素敵。
次回作も楽しみー、
にゃむばななさん★ (mig)
2014-11-21 17:50:44
そう、カットは少しづつだけど、子供の成長早いし会うたびに感慨深いでしょうねー。
いちいち再開のシーン、その感じをみてみたい 笑
なかなかないタイプの映画を撮り続ける
リンクレイター監督、大好きですー★
よく12年もやりました。 (ボー)
2014-11-28 00:01:31
母親のほうが男運の悪さでドラマティックだった(笑)ような気がして。子どもは、その影響を受けてたのが大きいという印象です。
2時間すぎてからだと思うけど、時間が少々気になってきましたねえ。

TBが2つ来ていて、1つ消したら、なぜか両方消えちゃったので、もう1回送ってください。
ただ、いま、こちらからはgooへTBが行かない状態かもしれません。(問い合わせ中)
ボーさん★ (mig)
2014-11-28 00:07:00
お久しぶりです。
アハハ、そうですね。うん、長さはやはり気になりますね。
二時間でよかったんじゃない?っていうのが正直なところ。
人生としては、自立するまで描いた画期的で良い作品ではあるけど
リンクレイター作品のなかではそこまで好きな方じゃないなぁ、、、
父親にそっくり (iina)
2014-11-28 08:24:31
原題は、「BOYHOOD」でしたか。邦題は、映画内容そのものですね。
少年の12年間の顔写真をよく集めましたね。
これを見ると、その時々の日常が連ねられていたのだと、あらためて認識しました。

可愛かった少年が若者になったとき、父親(イーサン・ホーク)に似ているのは、12年演じた役柄から似ていった
のでしょうか・・・。

iinaさん★ (mig)
2014-12-01 00:15:58
こんばんは♪
そうですね、
写真集めるのはゴシップやってたので得意なんです
 笑
イーサンも良かったですよね!!
こんばんは (ノラネコ)
2014-12-05 22:37:57
なんかこの父子似てますよね。
息子のほうがどんどんイーサン顔になってゆくから、私はてっきり彼の実子だと思い込んでて、あとから血縁じゃないと知って驚きました。
12年後の顔なんて分らないのに、良く選んだな〜とw
ノラネコさん★ (mig)
2014-12-07 21:21:27
イーサン、似てますかねー?
イーサン、ユマとのコはユマ似なんですよね

大きくなってからは
濃くなりヘイデンクリステンセンそっくり!

リンクレイター監督の娘があんなに出ずっぱりとは
笑 娘がパパそっくりのタレ目 笑

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

32 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『6才のボクが、大人になるまで。』 2014年10月23日 東宝東和試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『6才のボクが、大人になるまで。』 を試写会で鑑賞しました。 まだまだ先ですが、現時点ではアカデミー賞にいちばん近い映画と評判の本作です。 【ストーリー】  メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレ...
『6才のボクが、大人になるまで。』 (2014) (相木悟の映画評)
前代未聞の体感人生ドラマ! いやはや、眼の肥えたファンをも唸らせる驚愕の一本であった。 本作は、実際の年月経過に劇中時間をシンクロさせ、同じ役者が演じるカップルの軌跡を9年スパンで綴る『ビフォア』シリーズ(95〜13)のリチャード・リンクレイター監督....
6才のボクが、大人になるまで。 (風に吹かれて)
撮影期間12年 公式サイト http://6sainoboku.jp 製作・監督・脚本: リチャード・リンクレイター テキサスの田舎町に住む6歳の少年メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(
6才のボクが、大人になるまで。 (2014) (ジュライシネマログ)
〈あらすじ〉 メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とテキサス州の小さな町で生活し ...
『6才のボクが、大人になるまで。』 12年という時間は長いか、短いか (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 リチャード・リンクレイター監督の最新作。ベルリン国際映画祭では銀熊賞(監督賞)を受賞した。  原題は「Boyhood」。つまり「少年時代」で、これはトルストイの中編小説から取られているとのこと。  『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』『ビフォア・サ...
6才のボクが、大人になるまで。/人生はそれだけでドラマだ (MOVIE BOYS)
リチャード・リンクレイター監督が6才の少年とその家族を同じキャストで12年間に渡って撮り続けた家族の変遷のドラマだ。主人公メイソンはオーディションで選ばれたエラー・コルトレーン、母親を大ヒットテレビドラマ『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』のパトリシア...
『6才のボクが、大人になるまで。』 (こねたみっくす)
6才のボクが大人になるまでに必要なこと。それはたくさんの人たちからたくさんの愛を受けること。 劇的な展開がある訳でも、クライマックスに向けて何か大きな感動がある訳でも ...
映画:6才のボクが、大人になるまで。 あっと驚きの企画が生む、異次元の感動。今年のベスト1級! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
昨日に紹介した映画、100歳の華麗なる冒険 とは全く方向性が真逆! 100才が吹く大ボラ、に対し、こちらは 6才(笑) 何と! 12年間、毎年数日ずつ集合して撮影する「人生」の映画。 原題は そのものズバリ、Boyhood。 ドキュメンタリーでなく制作されたこの企...
6才のボクが、大人になるまで。  監督/リチャード・リンクレイター (西京極 紫の館)
【出演】  エラー・コルトレーン  パトリシア・アークレット  イーサン・ホーク  ローレライ・リンクレイター 【ストーリー】 メイソンは、母・オリヴィアと姉・サマンサとテキサス州の小さな町で生活していた。彼が6歳のとき、母は子供たちの反対を押し切って祖母....
6才のボクが大人になるまで (もののはじめblog)
ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を、12年かけて撮影したドラマ。 主人公・少年メイソンを演じるエラー・コルトレーンを筆頭に、母親役のパトリシア・アークエット、父親役のイーサン・ホーク、姉役のローレライ・リンクレーターの4人の俳優が、12....
「6才のボクが、大人になるまで。」 (或る日の出来事)
「ボク」より、ラスト近くの母親の言葉に胸を突かれた。
「6才のぼくが、大人になるまで」☆人をつくるもの (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
まるでドキュメンタリーを観ているかのような、自然体な演技。 4人の役者が同じ家族の12年間を演じるだけでも凄いのに、本物の家族のようで微塵も違和感を感じさせないのは、やはり子役の姉弟の魅力あってこそでは?
『6才のボクが、大人になるまで。』 (時間の無駄と言わないで)
6才の少年が18才になるまでの話をホントに12年かけて撮ってる。 まさに大河ドラマ。 もうその心意気だけで観に行かねばと思う。 で、ちゃんと出オチにならずにドラマが面白かった ...
6才のボクが、大人になるまで。 (あーうぃ だにぇっと)
6才のボクが、大人になるまで。
6才のボクが、大人になるまで。/パトリシア・アークエット (カノンな日々)
日本公開のだいぶ前からメディアで話題になってましたが、6歳の少年メイソンの成長とその家族の変遷を主人公や両親を演じた俳優など同じキャストで12年にもわたって撮り続けたとい ...
6才のボクが、大人になるまで。 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年11月15日(土) 14:35〜 TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(シネマイレージカードポイント利用) パンフレット:未確認 大学生を大人とは言わない 『6才のボクが、大人になるまで。』公式サイト 原題は、’Boy Hood'であるし、日本語タイトルには違和感あり。 6...
6才のボクが、大人になるまで   BOYHOOD (映画の話でコーヒーブレイク)
タイトル通り、12年間という長い時間をかけて一つの家族を追うドキュメンタリーのような ドラマです。同じキャストで、主人公メイソンとメイソンの姉を演じる役者たちが 徐々に成長していく姿を、近所で見守るおばちゃんのような感覚で鑑賞。 子どもから大人へ。この頃の1...
少年時代〜『6才のボクが、大人になるまで。』 (真紅のthinkingdays)
 BOYHOOD  テキサスに住むメイソン(エラー・コルトレーン)は、口数が少なく内向的な 少年。姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とは、喧嘩しながらも仲がい い。ミュージシャン志望だった父メイソンSr(イーサン・ホーク)は家族と離れ て...
6才のボクが、大人になるにまで。・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
12年の、家族のエポック。 映画史に残る、驚くべき青春映画だ。 リチャード・リンクレイター監督と4人の俳優たちが、実に12年の長きにわたって撮影を続けた、現実よりも現実らしいリアリティ・ムービー。 6歳の少年の成長を軸に描かれる人生の軌跡は、出会いと別れ...
6才のボクが、大人になるまで。 (映画的・絵画的・音楽的)
 『6才のボクが、大人になるまで。』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)評判につられて映画館に行ってきました。  本作の舞台はテキサス州のある町。  初めの方では、6歳のメイスンは、ベッドで母親のオリヴィアにハリーポッターの本を読んでもらったり...
「6才のボクが、大人になるまで。」:大きくなってからが長い (大江戸時夫の東京温度)
映画『6才のボクが、大人になるまで。』は観た人全員が絶賛に近いほど評判が良いです
6才のボクが大人になるまで(2014)**BOYHOOD (銅版画制作の日々)
 すべての瞬間に、「大切」が宿っている。 お久しぶりです。バタバタしていて映画鑑賞も出来ておらず、、、、。ようやく3本目を東宝シネマズ二条にて鑑賞。グレース王妃は随分鑑賞から時間が経ってしまい、書くことが出来ず。今回も忘れてはならぬと早速書き始めました...
6才のボクが、大人になるまで。 (心のままに映画の風景)
6歳の少年メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とテキサス州の小さな町で生活していた。 キャリアアップを目指した母は、大学への入学を決意し、メイソンとサマンサを連れ、祖母...
「6才のボクが、大人になるまで」 (Con Gas, Sin Hielo)
干支がひとまわり。 「ビフォア〜」シリーズのR.リンクレイター監督が仕掛けた別の長期プロジェクト。 なんとある家族の12年に渡る物語を、同じ12年をかけて同じ俳優で撮り続けたという実験的作品。「ビフォア〜」が定点観測ならばこちらは連写というところか。 いわ....
6才のボクが、大人になるまで。★★★★★ (パピとママ映画のblog)
『ビフォア』シリーズなどのリチャード・リンクレイター監督がメガホンを取り、6歳の少年とその家族の12年にわたる軌跡をつづった人間ドラマ。主人公を演じた新星エラー・コルトレーンをはじめ、主要人物4人を同じ俳優が12年間演じ、それぞれの変遷の歴史を映し出す。主人...
6才のボクが、大人になるまで。 BOYHOOD (まてぃの徒然映画+雑記)
一つの家族の12年間を追った物語。同じキャストが年齢を重ねていく過程を撮る、といって思い浮かぶのは日本の名作ドラマ「北の国から」シリーズ。父や母になっているであろう純と蛍を見てみたい。この作品は、ゴールデングローブ賞作品賞を受賞しました。 6才のメイソン...
6才のボクが、大人になるまで。 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
6才のボクが、大人になるまで。 '14:米 ◆原題:BOYHOOD ◆監督:リチャード・リンクレイター「恋人までの距離(ディスタンス)」「ビフォア・サンセット」 ◆出演:パトリシア・アークエット、エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレーター、イーサン・ホーク...
6才のボクが、大人になるまで。 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
賞レースで話題になった12年をかけて製作された 映画『6才のボクが、大人になるまで。』が 公開、都心からしばらく経って埼玉のシネコンで 上映されましたので観に行くことに、見逃して いたので助かりました。 6才のボクが、大人になるまで。 原題:BOYHOOD 製作:20...
6才のボクが、大人になるまで。 (チケット持って、おさんぽ行こう)
BOYHOOD(2014) メディア: 映画 上映時間: 165分 製作国: アメリカ 公開情報: 劇場公開(東宝東和) 初公開年月: 2014/11/14 ジャンル: ドラマ/青春 映倫: PG12 すべての瞬間に、「大切」が宿っている。
「6才のボクが、大人になるまで。」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
2002年から2013年の12年間撮影された作品。同じキャストって凄いです。4つ★〜4つ★半
6才のボクが、大人になるまで。  (こんな映画見ました〜)
『6才のボクが、大人になるまで。  』--BOYHOOD----2014年(アメリカ)監督: リチャード・リンクレイター出演: パトリシア・アークエット 、エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレイター 、イーサン・ホーク 「スクール・オブ・ロック」「ビフォア・ミ....
6才のボクが、大人になるまで。 (のほほん便り)
たとえば、日本の朝ドラは、主に何かを成し遂げた人の生涯を半年で描きますが、この作品は、ベクトル的に、その真逆… 同じ出演者(主人公は少年)が6才から大学入学の18才になるまでの、12年の歳月を根気よく同じキャストで描き続けたのですから驚きです。多くの受賞...