我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

ダウト ~あるカトリック学校で~/ Doubt

2009-03-10 00:00:03 | 劇場&試写★6以上
メリル・ストリープVSフィリップ・シーモア・ホフマンの演技対決

主演女優賞/助演男優賞/助演女優賞/助演女優賞/脚色賞 でノミネート(残念ながら全員とれず
予告篇すら観ない様にして大好きなメリルの演技を楽しみにして観て来たら
思ってた以上に面白かった~♪

話がこじんまりしていてなんか舞台っぽいなーって思ったらこれ、
2005年にトニー賞最優秀作品賞とピュリッツァー賞演劇賞をダブル受賞した舞台劇
「ダウトDOUBT―疑いをめぐる寓話」を、
作者であるジョン・パトリック・シャンリィ自身が監督・脚本を手がけ映画化したものでした。

ジョン・パトリック・シャンリィというと、トム・ハンクスとメグ・ライアンの初共演作「ジョー、満月の島へ行く」や、
アカデミー賞脚本賞にも 輝いたニコラスの「月の輝く夜に」
イーサン・ホーク主演のシリアスドラマ「生きてこそ」など 過去に観ている数本どれも好き。



本作は、
N.Y.のカトリック学校の厳格なシスターが神父と男子生徒に抱く、「疑い」を描いた密室劇

メリル・ストリープが、『プラダを着た悪魔』の鬼編集長ばりの、お堅い鬼校長!
顔も常に怖い~!




『魔法にかけられて』のエイミー・アダムスは役の中でも外でも
大先輩に挟まれて大変そう

そこも観ていてちょっと楽しいんだけど(楽しいっていうのも変か)


本作最大の見どころは

神父(フィリップシーモア)とシスター(メリル)の口論バトル

アカデミー賞常連のお二人だから そりゃもうスゴい迫力で息を飲んで観ちゃった!
「お砂糖みっつで」
まだなごやかムード。

どちらの主張が真実なのか?






1964年のニューヨーク。
ブロンクスにあるカトリック学校セント・ニコラス・スクールでは、
校長のシスター・アロイシスが厳格な指導を信条に日々職務を果たしていた。
一方、生徒の人気を集めるフリン神父は
これまでの古くて堅いしきたりを排し、進歩的で開かれた教会を目指していた。
そんな中、唯一の黒人生徒で孤独なドナルドと不適切な関係にあるのではないかという疑惑が持ち上がり
シスター・アロイシスによる執拗な追及が始まった...。





7/10


密室で起こる、心理劇。こういうの、好み☆

とにかくキャストがいい
名優ふたりに挟まれた、まだ若いシスターを演じたエイミー・アダムスも良かったし、
黒人生徒の母親役のヴィオラ・ディヴィスも、メリルに負け劣らない迫力でした!
さすが、4人ともアカデミー賞にノミニーしただけあります。

カトリックの学校が舞台ということもあって地味だし
派手な展開になるわけではないけど、少しコミカルな部分もあったのは意外。

ちょっとした、シスター(メリル)とのしぐさや目線、会話に引き込まれてあっという間の105分。
どういう風な結末を迎えるのかと思って観てたら、意外とあっさり終わったけど
どちらが正しかったのかという結末よりも、「疑惑」によって動かされる
心理描写を観察するのが面白い作品。

疑惑に支配された人間の心の闇
ラストシーンでついに見せた、メリル演じる校長の弱さが印象的だった、、、、。



 公式サイト
Doubt  2008年 アメリカ   105min
3月7日より公開中~


---------------------------------------------------------------------------------------------


08'10/30 L.Aプレミアにて





シーモアさん、寝ぐせですか



11/18 主要4キャスト集合





ランキング応援のクリックよろしくね 

←please click


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (42)   Trackbacks (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« このオッサンに注目~!(ジ... | TOP | イベント♪ »

42 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
これは良かった。 (クラム)
2009-03-09 21:46:04
舞台の作者がそのまま作っていることもあって、
一分の無駄もないドラマに仕上がっていたと思います。
時間も短かったんですね。
あの尺でこれだけ濃密な展開をよく入れ込んだものだと感心します。

そしておっしゃるとおり、キャストが最高でした。
自分の記事には書かなかったのですが、
A.アダムスがかなり良かったですね。
と思ったら、オスカーノミネートは今回で2度めとか。
これからも注意してみたいと思います。
メリル (ともや)
2009-03-09 23:17:32
こんばんは、migさん♪
疑惑は疑惑のまま、最後まで明かさずに観客に想像させる。
なかなか面白かったですわん♪
台詞のやりとりが面白いのも舞台劇だからなんでしょうね。

でも迫力あるバトルをしているメリルを見ながらも、頭の片隅に「マンマ・ミーア!」のメリルが残ってて、ちょっと複雑な気分(笑)。
メリルさん、怖いよ。 (koji of the dead)
2009-03-09 23:48:21
migさん、お疲れさまです。

校長室での二人のバトル、凄かったですねー!
ほんま息のんじゃいました。

ラスト、そうきたんですか?って感じでしたが、
やはりmigさんおっしゃる通り、終始心理面での面白さ(興味深さ)がありました。

神父らの食事からシスター達の食事シーンへのきりかわりとか、以外とプッとさせてもくれましたね。

キャストも文句ナシ。
メリルさんの、あの厳格な感じ半端じゃなかった!!
黙ってる時なんか、少し口いがませたりしてて怖かったなぁ。
シスター・ジェイムズ(?)役のエイミー・アダムスも顔からして合ってたと思う。
ちょっと、かわいいなぁと思いました~。
Unknown (あすか)
2009-03-10 04:20:49
観たんだね~。
私、まだこれ未見だけど楽しみなの。
本当に俳優陣がいいよね。
予告からでも緊迫感すごいもん。
もうすぐこっちでDVDなので、観たらまた遊びに来るね♪
Unknown (ぷくちゃん)
2009-03-10 06:25:57
こんにちは。メリルは怖かったですね。

でも本当はむふふ・・・の関係だったのでしょうか?それをにおわせるフィリップの演技もさすがでした!
みたわ! (とく)
2009-03-10 08:47:48
普通かな?てか、少し肩透かしかな?俳優の演技は、すんごいわ。とくに、メリル。フィリップのキャスティングは、なんか、「ハピネス」の変態野郎っと、被ってて、なんか、いかった。作品全体としては、今一つ感が。ま、日曜日の最終回は、1000円だから、いっかな?あ、昨日、レンタルやさんで、DVDスルーされてた、クリスチャン・スレイターの作品、題名、忘れた。んで、クリスチャンのおでこが、もう、やばいですわ。特殊メイクか?ケビン・コスナーなんか、遥かに超えてますわ。ただ、作品自体は、なかなかでしたが。そんな感じでーす!
おひさしぶりで~ (cyaz)
2009-03-10 17:33:38
migさん、こんにちは^^
いつもTB貼り逃げですみません

アカデミー・ノミネート15回のメリル・ストリープは貫禄ものですが
(受賞式の模様をまた観直しちゃいました)、
migさんも仰っているヴィオラ・デイヴィスはほんとメリル以上に凄い演技を見せてくれました
彼女、助演女優賞にもノミネートされていましたが、今後が楽しみな女優さんですね~
★クラムさん★ (mig)
2009-03-10 23:12:49
こんばんは♪

A.アダムスさんってノミニー2度目なんですねー、
すごい。この映画、ほんと無駄なしでしかも
時間もちょうど良かったと思うんですよね。
これ以上長かったら間延びしそうだし。
あのラストもわたしは好きです、というかクラムさんかなり高評価でしたね
★ともやさん★ (mig)
2009-03-10 23:14:29
ともやさんの、メリルがふざけてるように見えちゃうってコメント笑えた~

わたしにはちゃんと真面目に見えました(笑)

>疑惑は疑惑のまま、最後まで明かさずに観客に想像させる

ほんとにそうでしたよね、わたしはやったと思ってます
★koji of the dead★さん (mig)
2009-03-10 23:17:12
こんばんは♪

初日に観られたのかな?
わたしも楽しめちゃいまいした、あのバトルは緊迫感あって面白かったですね~
一歩も譲ろうとしない両者がみててハラハラでした★

神父らの食事からシスター達の食事シーンへのきりかわり

そうなの、そうなの、ああいう対比とか
万年筆嫌いな校長と愛用するのの対比、シュガーとかね、細かい部分いろいろ面白かったな。
やっぱりキャストは大事ですよね。
若いシスターもハマってて良かった♪
★あすかちゃん★ (mig)
2009-03-10 23:19:47
なかなかあそびに行けずごめんね~
観たよ~。

ほんとキャストは大事ね★それだけですごくムード出るし。
でもそんなに期待しないでみてね(笑)
あすかちゃんが観たあの新作、今週観て来るのでわたしも観たらまたお邪魔するね~
★ぷくちゃん★ (mig)
2009-03-10 23:21:56
こんばんは♪

あら!ぷく先生!ほんとに復活されたのね!!
またあそびにきて下さって嬉しいです~♪
しかももうこれ観られてたんですね★

あはは☆わたしはこれ、 むふふの関係だったと疑っています(笑)
でもそのシーンを一切出さずに終わるんだからすごいです
★とくさん★ (mig)
2009-03-10 23:24:57
ありゃ~、とくさんいまひとつかぁ。。。
ザンネン!
メリルさんはオスカー上げてもいいくらいだったけどやっぱり何度もノミニーするのにとってない
ケイトにあげたのは正解かな★

わたしこういうの、すきなんですよ~。
白黒はっきりさせたがる性格のくせに、こういう曖昧なラストも好き♪
あ、スレイターね、やばいですよね~
インビジブル2。一昨年だったかな?観たけどもうやばかったですよ。笑
★cyazさん★ (mig)
2009-03-10 23:28:11
こんばんは♪

わ~、お久しぶりのコメ嬉しいです★
いつもTBお返しだけになっちゃってますけど
ほんとキャストも脚本も良かったですよね、
授賞式、何度も観られて羨ましいな。
わたしも来年こそはLAで!ナンテね(LAのテレビで

ほんと、わたし「魔法にかけられて」もまだ観てないんだけど楽しみです♪
Unknown (KLY)
2009-03-10 23:46:26
こんばんはー

メリルとフィリップの対決シーンが頭に焼き付いて
離れません。
あまりの迫力に引き込まれて、シーンが終わったら
「ふーっ」ってなっちゃいました^^;
あのシーンだけでもこの作品は観る価値があると思
います。
★KLYさん★ (mig)
2009-03-10 23:55:35
こんばんは♪
いつもありがとうございます★

すごい迫力のバトルでしたよね!
この二人ならでは。
あのシーンほんと必見です
行ってきました^^ (マイマイ)
2009-03-11 09:44:46
おはようございます!
昨日、会社を早引きしてこの映画を見にいってきました~^^
(相変わらずの悪徳社員なのですが・・・おかげで靴ずれ。。。罰が当たったのかな!?><)


もっとミステリーっぽく進んでいくのかと思ったら、そうでもなかったのですが、見終わってみてかなり奥が深い映画だな~と思いました。
教会という神聖な場所での、シスターと神父たちの対照的な食事シーンが、ちょっとおもしろかったです。

メリル・ストリープ、「マンマ・ミーア」とは180度も違って役柄だったけど、本来の彼女はこちらの方が似合ってるのかな~なんて思いました^^;
★マイマイちゃん★ (mig)
2009-03-12 10:31:11
おはよ~♪

早引きして?!すごいな~(笑)
ちょこちょこと笑えるシーンあったよね、
真面目すぎるような映画って感じでもない演出がまたよかった♪

とにかくキャストがいいよね★

メリルはぜんぜん違う感じでそこもまた面白い♪
イジワル役似合ってるよね♪
こんばんは~♪ (ひろちゃん)
2009-03-14 00:57:30
ジョン・パトリック・シャンリィの作品でmigさんが
挙げているもの何ひとつ観ていませんσ(^◇^;)
本作はすごく気に入ったので、そのうちに、シャンリィの作品鑑賞しますね(^_-)-☆

密室での心理劇。面白かったです^^
メリルとホフマンの対決は、私も息つめて
観てましたσ(^◇^;)

疑惑に支配された人間の心の闇
・・・ラストシーンのメリル、カメラが引いていく
シーンが心に残りました(T^T)
★ひろちゃん★ (mig)
2009-03-14 09:22:06
おはようございます♪

シャンリィ作品、わたしは好きなんですよね、
脚本も良かったけどやっぱりこの手の密室劇は
俳優の上手さがキーポイントになりますね★
バトルには入り込んじゃいました
メリル、やっぱり凄いです
真相は (かめ)
2009-03-14 15:12:30
こんにちは、
最近、なかなか更新が出来なくて焦っています。
この物語の結末は、フィリップ・シーモア・ホフマンだけしか知らされてなかったそうです。
他の俳優は、自分で結末を想像しながらの演技だったのですね。

Unknown (風情♪)
2009-03-15 14:19:38
こんにちは♪

2人の密室での舌戦のシーンは下手な法廷劇
の遣り取りよりピリピリとした空気は最高
でしたね。
P・シーモア・ホフマンの如何にも怪しげな
空気を漂わせる演技は流石でした。
J・ブラック同様、彼はコメディとシリアス
の緩急はホント凄いの一言です♪ (゜▽゜)v
余韻が・・ (未来)
2009-03-15 23:19:52
4人の名優はやはり素晴らしかったです。
メリル・ストリープの疑惑に支配され、どんどん怖くなっていく様子が
もう凍りつくほど怖かった。。。
結局フリン神父はどうだったのか・・・
はっきりしないところがまたウマいです。
スゴかった! (きらら)
2009-03-16 08:13:12
migちゃん、おはよう風邪は平気かな?
私の花粉症はまだ軽いかな~これからが本番です!

この作品やっと観てきたよ~メリル校長怖がった!それに怖じ気つかない神父もすごい。
俳優たちの演技に圧倒されちゃったけどお話も、特にラストが良かったね。

リリィの予告も始めてみたよ。migちゃんの評価も良いようだし、ダイアナとセットで観てくるね!これから鑑賞するものがたくさんで忙しいわぁ~
★かめさん★ (mig)
2009-03-16 13:35:57
こんにちは♪

おいそがしいみたいですね、
へぇ~そうだったんですね。
それもまたすごいなぁ。
あのラスト、賛否ありそうだけどわたしは好きでした★
★風情♪さん★ (mig)
2009-03-16 13:38:36
ありがとうございますー

なかなか時間なくって最近TBのお返しのみになっちゃってご免なさい。
ほんとあの怪しさったら、ぴったりでしたよね。
実際はどうだったのか、最後まで明らかにしないというのも
面白かったです。
わたしはやってたと思ってます
結構、神父がイケないのってあるんですよね(笑)
★未来さん★ (mig)
2009-03-16 13:41:38
こんにちは♪

ほんとこの4人は素晴らしかったですよね。
黒人のお母さんもびっくりするくらい、
メリルにも負けてなかったし。

未来さんのところへ何度かコメントやってみたんですが
全部拒否されてどこにも全く入らなくなっちゃったみたいです
★きらりん★ (mig)
2009-03-16 13:44:42
日曜日渋谷で見たのかな~?
風邪ね、ひどくて普通の薬なら眠くなるから
漢方の飲んでみたらずごく良いよ♪
治りかけてる感じ★
え~、そうなんだ、これから本番かぁ~、大変だね!

メリルもシーモアもすごくよかったよね。
さすが名優が揃うといいものが出来るなぁ

リリィ、はすごくよかったのでぜひ観てね♪
久々に劇場で泣いちゃった

はじめまして。 (なるは)
2009-03-22 00:10:49
『ダウト』で辿り、こちらに参りました!

>「疑い」を描いた密室劇
>「お砂糖みっつで」
>シーモアさん、寝ぐせですか
全部納得で共感でした!!
TBさせてください!!
★なるはさん★ (mig)
2009-03-22 10:35:00
はじめまして

あはは、ありがとうございます
こちらもあとでお伺いしますね☆
migさんの (miyu)
2009-03-28 21:22:40
レビューを読むまで気付かなかったけど、
確かにエイミー・アダムスは実際大先輩に囲まれて
きつかったでしょうね~(;・∀・)
でも、彼女が出てくるとどうしてもアカデミー賞授賞式の
赤いドレス姿が脳裏をチラついちゃいました(´▽`*)アハハ
メリルとシーモアさんの流石のバトルは見応えありましたけど、
ヴィオラ・デイヴィスの存在感も凄かったですね~!
★miyuさん★ (mig)
2009-03-29 10:40:48
エイミーアダムス、最近評価されてて(これのおかげ?)
次回作続々オファーきてるみたいね★

この作品は出演者みんなが凄かったですねぇさっきupした
フロストニクソンでもキャスト皆よかったよ~♪
こんにちは♪ (kira)
2009-03-29 11:04:55
思ったより重くもなくて
凄くシンプルで、ホント、あっという間の
1時間45分でしたね~。
でも、演技バトルは凄かったけど、
ちょっと物足りなさも感じちゃった~
★kiraさん★ (mig)
2009-03-30 12:02:57
こんにちは♪

そうなのですよね、重すぎずでちょっと笑えるところもあったり。
2時間あったらちょっとしつこかったかも。
話は意外とシンプルだし★
キャストがいいとやっぱり魅入っちゃいますね♪
こんばんは★ (dai)
2009-03-30 20:44:08
本作はなによりもキャストですよね♪
俳優陣の魅力にやられました。

ただ映画として映画らしく作ってくれたら
個人的にはもっと高評価になったのではないかと
鑑賞後思ってしまいました。でも映画らしくせず、
俳優を目立たせるために敢えてこういう演出を
しているとしたら監督は天才ですね☆
こんばんは~! (ボー)
2009-03-30 22:20:35
いちばん印象的だったのは、生徒の母親でした。
メリルとホフマンは予想通りといいますか、彼らなら、このくらいフツーでしょう、と思っちゃいました。
あとから考えさせられたりして、いい映画ではあります。
しかしエイミー・アダムスに気づかなかった私って、いったい…。。。
★dai さん★ (mig)
2009-03-31 22:35:54
こんばんは♪

キャスト、良かったですねぇー!
やっぱりオスカー俳優対決が見ものだったけど
あの奥さんも負け劣らず凄かった!
確かにあんまりオスカーとは関わらなかったですもんね。
話の内容はそんなに深くないからかなー

★ボーさん★ (mig)
2009-03-31 22:37:31
こんばんは♪

あのお母さん、ほんとびっくりするくらい
メリルにも負けてなくて、、、っと思ったら
ノミニーされてて納得でした★
エイミーアダムスお好きなんですか?

ボーさんの女性のタイプがわかんなくなってきたぞー(笑)
こんにちは~♪ (由香)
2010-01-09 14:08:53
お邪魔します~♪

先日DVDで観ました。
神父とシスターの口論バトル、凄かったですね~私も息を飲みましたよ~

で、、、鑑賞後は、メリルが演じたシスターのような女性って実際にいるよなぁ~って思ったら怖くなっちゃったわん(笑)
★由香さん (mig)
2010-01-10 11:05:30
こんにちは♪

劇場でみたので余計緊迫感あったかも!
面白かったですね☆
メリルは本当に化けますね、鬼編集長とか
今作とか怖い役はほんとに怖い!
さすがです♪
ダウト (hino)
2010-04-09 09:29:10
migちゃん、ダウト観たよ。
疑いをテーマに、いろいろと想像させる深ーい作品でした。それを俳優が良いと、さらに観応えのあるものになるんだなあと、感心しきりました。
シェイクスピアみたいな小難しさも感じる。

黒人のお母さん役のひとのことも、知れて良かった。
シャンリイ作品、覚えておきます!
ありがとうね~!



hino(ゆきえ)ちゃん★ (mig)
2010-04-09 11:14:31
今いそいでゆきえちゃんとこ観て来た☆
レビューはナシなのね。

名俳優揃いだからすごく見応えあったよね♪

また近々会おうね~♪渋谷じゃなくてもいいし

psピンクカフェ、日曜に行ったんだけど
日曜はランチないのよ~

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

51 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「ダウト あるカトリック学校で」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
確信なき信仰のぶつかり合い。M.ストリープとP.シーモア・ホフマンの競演と聞いただけで胸が躍るのだが、期待に違わぬ作品だった。冒頭にフリン神父が教会でとうとうと行う説教の場面。テーマはいきなり核心の「疑惑(DOUBT)」である。落ち着いた素振りと力強い言葉で聴....
映画「ダウト あるカトリック学校で」(2008年、米) (富久亭日乗)
     ★★★☆☆  John Patrick Shanley監督が トニー賞とピュリッツァー賞に輝く自身の舞台劇を映画化。 原題は「Doubt」。        1964年、ニューヨーク・ブロンクスのカトリック学校。 校長のシスターAloysius Beauvier (Meryl Streep )は 厳格な指...
ダウト~あるカトリック学校で~ (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。原題:DOUBT。 ジョン・パトリック・シャンレィ監督、メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス。力関係が神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)>>>校長(メリル・ストリープ)と説明されていたはずな...
ダウト -あるカトリック学校で- (そーれりぽーと)
メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス。 主要キャストの4人が4人共アカデミー賞にノミネートされた『ダウト -あるカトリック学校で-』。 名優たちの共演を観てきました。 ★★★★ カトリックの考え云々に...
『ダウト ~あるカトリック学校で~』 (Sweet*Days**)
監督:ジョン・パトリック・シャンリー CAST:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン 、エイミー・アダムス 他 196...
ダウト~あるカトリック学校で~ (ともやの映画大好きっ!)
(原題:DOUBT) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) フェニックス映画批評家協会賞で主演女優賞を受賞。 ワシントンDC映画批評家協会賞で主演女優賞とアンサンブル映画賞を受賞。 ゴールデン・グローブ賞、アカデミー賞では、それぞれ主要4部門にノミネート...
映画「ダウト あるカトリック学校で」感想 (Life on Mars)
「ダウト あるカトリック学校で」を見てきました。 メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムスそしてヴィオ...
ダウト ~あるカトリック教会で~ (LOVE Cinemas 調布)
主演は最近では『マンマ・ミーア』が記憶に新しいオスカー女優のメリル・ストリープ。共演にこれまたオスカー俳優のフィリップ・シーモアホフマンとエイミー・アダムス。驚嘆すべきはこのメインの3人がいずれも本年度アカデミー賞にノミネートされているという点。実力派...
Doubt (2008) (アヤは観た。)
邦題:ダウト ~あるカトリック学校で~ 監督:ジョン・パトリック・シャンリー 出演:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィ 元々は舞台の成功作なだけに、めちゃくちゃ神経がキリキリ、俳優達が熱血で内容...
「ダウト あるカトリック学校で」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:DOUBT )いまいち要領を得ない作品だ。国際的に高い評価を得たジョン・パトリック・シャンリィによる舞台劇をシャンリィ自身がメガホンを取って映画化。1964年、ニューヨークのブロンクスにあるカトリック学校を舞台に、教義や生き方をめぐって対立するシ...
『ダウト ~あるカトリック学校で~』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ダウト ~あるカトリック学校で~」□監督・脚本・原作 ジョン・パトリック・シャンリー □キャスト メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス■鑑賞日 3月8日(日)■劇場 チネ...
ダウト ~あるカトリック学校で~ (Diarydiary!)
《ダウト ~あるカトリック学校で~》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - D
ダウト ~あるカトリック学校で~ (心のままに映画の風景)
1964年、ニューヨークのブロンクス。 カトリック教会学校の校長であるシスター・アロイシス(メリル・ストリープ)は、生徒に恐れらる存在で...
ダウト ~あるカトリック学校で~ (心のままに映画の風景)
1964年、ニューヨークのブロンクス。 カトリック教会学校の校長であるシスター・アロイシス(メリル・ストリープ)は、生徒に恐れらる存在で...
『ダウトーあるカトリック学校でー』 (ラムの大通り)
(原題:Doubt) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 -----えっ。ニャに。 今日はトランプやるの? やはりお正月はそうこなくっちゃ。 「いやいや、そうじゃないよ。 ほら、...
ダウト~あるカトリック学校で~ (描きたいアレコレ・やや甘口)
『少年愛の美学』じゃなく『少年愛の疑惑』 ...なぁんて耽美なものでなく、ばりばり言葉のバトル・ロワイヤルです...(あら...) 大作とい...
ダウト~あるカトリック学校で~ (めでぃあみっくす)
疑惑を持ち続けるには確信がいる。しかし確信は不寛容を生み出す。そして不寛容は疑惑を増幅させる。 メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイビスという4人ものアカデミー賞候補者を送り出したこの作品は、カトリック...
ダウト ~あるカトリック学校で~(映画館) (ひるめし。)
神聖なはずのカトリック学校で、何が起こったのか?
ダウト ~あるカトリック学校で~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 嘘から出た誠・・・?
★ダウト~あるカトリック学校で~(2008)★ (CinemaCollection)
DOUBT神聖なはずのカトリック学校で、何が起こったのか?トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、衝撃の映画化。上映時間105分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/03/07ジャンルドラマ/ミステリー【解説】劇作家ジョン・パトリック・シャンリ...
Doubt (2008) (犬連れ国際結婚)
ハズのヴァケーションと、ゴールデン・グローブやオスカーなどの賞レースが今年早々あるのもあって高品質の映画が上映されているのとが重なって、私達は、ほとんど毎日、映画を観ている。『Doubt』は、去年の終わり頃に観た映画で、初めてプレビューを観た時から、私...
DOUBT ~あるカトリック学校で~ (銅版画制作の日々)
目撃者も、証拠もないーーー                 あるのはただ「疑惑」だけ。 ダウトとは、疑惑という意です。 3月9日、京都シネマにて鑑賞。2009年の第81回アカデミー賞で、メインの出演者が賞候補にノミネートされましたが、残念ながら受賞され...
ダウト -あるカトリック学校で- / Doubt (うだるありぞな)
今回は、2009年のアカデミー賞で、5部門にノミネートされている、メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマンの2大アカデミー役者主演の「Doubt ダウト -あるカトリック学校で-」 ネタばれの部分は反転してますので、ご安心を ランキングに参加し...
ダウト -あるカトリック学校で-/メリル・ストリープ (カノンな日々)
前々から観たいと思っていた作品ですけど、先日の今年のアカデミー賞ではこの作品とメリル・ストリープの名前が何度も出てきたこともあって、この映画はそんなにスゴイの???と期待度急上昇しちゃいました。オリジナルは舞台劇でトニー賞最優秀作品賞とピュリッツァー賞...
映画日記りぼーん『ダウト ~あるカトリック学校で~』 (CHEAP THRILL)
こういう時は一気にいろいろと見ないと、ね。 新宿から渋谷へ移動。 渋谷のTSUTAYAの1階にあるプレイガイドでチケットを買い、BUNKAMURAにあるル・シネマへ。 映画まで少し時間があるので売店でサンドイッチとホットコーヒーを買い、ロビーで朝食。 ちょいと...
『ダウト ~あるカトリック学校で~』:疑惑と不寛容と宗教と。サスペンスは・・ (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
ケネディ大統領暗殺の翌年、アメリカのカトリック教会と付属の学校で起こった疑惑事案を巡る心理的サスペンス、というイメージを持って初日に出かけました。 さて・・・
疑惑と確信~『ダウト~あるカトリック学校で~』 (真紅のthinkingdays)
 DOUBT  ケネディ大統領暗殺の翌年、1964年のニューヨーク。厳格なシスター・アロイ シス(メリル・ストリープ)が校長を務めるカトリ...
ダウト~あるカトリック学校で~ (future world)
疑惑が心を支配し、不快感の上に成り立つ名作、 名優同士のぶつかり合いも見事でした。 神聖なるカトリック学校で渦巻く疑惑・・・ とても厳しく周りからも恐れられてる校長シスター・アロイシアス(メリル・ストリープ)vs斬新で生徒たちからも人気のあるフリン神...
映画 『ダウト ~あるカトリック学校で~』 (きららのきらきら生活)
『神聖なはずのカトリック学校で、何が起こったのか? トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、衝撃の映画化』
「ダウト~あるカトリック学校で~」:広尾橋バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}この門をくぐると、どこへ行くんだ? {/hiyo_en2/}聖心インターナショナルスクールというカトリック学校。 {/kaeru_en4/}まさか、「ダウト~あるカトリック学校で~」の舞台じゃないよな。 {/hiyo_en2/}ここは広尾よ。あの映画の舞台はニューヨークのブロン...
ダウトーあるカトリック学校でー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
この物語から浮かび上がってくるのは、「確信が凝り固まった後には、疑惑という名の亀裂が生じる」というひとつの心理。 ジョン・パトリック・シャンリィ監督の、アメリカ社会に対する想いが、登場人物のセリフ、設定のなかに真摯に込められている。 物語:舞台は教...
何が良くて何が悪いのか・・・。『ダウト ~あるカトリック学校で~』 (水曜日のシネマ日記)
1960年代のカトリック系小学校を舞台に描かれた心理サスペンスドラマです。
『ダウト~あるカトリック学校で~』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:DOUBT監督・原作戯曲・脚本:ジョン・パトリック・シャンリィ出演:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス鑑賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公式サイトはこちら。<Story>1964年のニューヨーク。ブロンクスにあるカトリ....
ダウト あるカトリック学校で (メルブロ)
ダウト あるカトリック学校で 247本目 2009-8 上映時間 1時間45分 監督 ジョン・パトリック・シャンリィ 出演 メリル・ストリープ  フィリップ・シーモア・ホフマン  エイミー・アダムス ビオラ・デイビス  会場 TOHOシネマズ シャンテ 評価 5点...
『ダウト ~ あるカトリック学校で ~』 (陽面着陸計画)
疑惑と確信。 『ダウト ~ あるカトリック学校で ~』を観た! 神父とシスターと、カトリック学校の生徒たち。 彼らはキリスト教という...
【ダウト -あるカトリック学校で-】 (日々のつぶやき)
監督:ジョン・パトリック・シャンリィ 出演:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス 「1964年、ニューヨークのブロンクスにあるカトリックの学校セント・ニコラス・スクールは厳格なシスターアロイシスが
ダウト ~あるカトリック学校で~ (Movies 1-800)
Doubt (2008年) 監督:ジョン・パトリック・シャンリー 出演:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス 60年代ニューヨークのカトリックスクールを舞台に、ある疑惑をめぐる尼僧と神父の確執を描く。 トニー賞&ピュリッツァー賞のJ・P...
ダウト~あるカトリック学校で~ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは、人の心に落とされた「疑惑」という名の一滴の毒… 神聖なはずのカトリック学校で、 何が起こったのか? トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、 衝撃の映画化。』  コチラの「ダウト~あるカトリック学校で~」は、1964年のNYブロンクスのカトリ...
ダウト ~あるカトリック学校で~ (to Heart)
神聖なはずのカトリック学校で、 何が起こったのか? 原題 DOUBT 上映時間 105分 原作戯曲 ジョン・パトリック・シャンリー 『ダウト 疑いをめぐる寓話』 監督 ジョン・パトリック・シャンリー 出演 メリル・ストリープ/フィリップ・シーモア・ホフマン/エイミー・ア...
ダウト あるカトリック学校で (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:ジョン・パトリ
「ダウト ~あるカトリック学校で~」 (或る日の出来事)
演技派の対決。 まあ、こんなもの? 期待以上のものではなかった。
ダウト ~あるカトリック学校で~ (Memoirs_of_dai)
校長のモチーフはあいつか? 【Story】 1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長でシスターのアロイシス(メリル・ストリープ)は、...
ダウト あるカトリック学校で (映画初日鑑賞妻)
★★★★ もともとが舞台劇だからか、心理戦が演劇っぽい。 いやはや、登場人物の語る姿を見ているだけで、非常に充実していた上映時間。「疑い」について、真面目に悩む作品だった。果たして真相は???
Doubt / ダウト~あるカトリック学校で~ (Akasaka high&low)
Weinstein兄弟がディズニーに売却する前のミラマックスを思い出させる秀作がDoubt(ダウト~あるカトリック学校で~)。 演技派の俳優、舞台が原作のしっかりした脚本と落ち着いた映像は賞を意識しながらも小さくまとまった伝統を感じる作品でした。厳格で旧体制の権化な...
ダウト ~あるカトリック学校で~ (こんな映画見ました~)
『ダウト ~あるカトリック学校で~』 ---DOUBT--- 2008年(アメリカ) 監督:ジョン・パトリック・シャンリー 出演: メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス 、ヴィオラ・デイヴィス 前年のケネディ大統領の暗殺や公民権運動の...
「ダウト ~あるカトリック学校で~」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
主演二人のゾクッとくるくらいの名演技
ダウト ~あるカトリック学校で~ (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『ダウト ~あるカトリック学校で~』  (2008) = 1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。 校長でシスターのアロイシス(メリル・ストリープ)は、厳格な人物で生徒に恐れられていた。 ある日、人望のあるフリン神父(フィリップ・シーモア・...
ダウト ~あるカトリック学校で~ [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:DOUBT公開:2009/03/07製作国:アメリカ上映時間:105分監督:ジョン・パトリック・シャンリー出演:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス+あらすじ+ 1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校...
mini review 09401「ダウト ~あるカトリック学校で~ 」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
オスカー俳優のメリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマンが、鬼気迫る演技でぶつかりあ合う心理サスペンス・ドラマ。1960年代のカトリック系学校を舞台に、神父と児童との関係への強い疑惑を募らせていく女性校長の姿を描く。トニー賞と、ピューリッツアー賞を...
ダウト~あるカトリック学校で~ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長でシスターのアロイシス(メリル・ストリープ)は厳格な人物で生徒に恐れられていた。ある日、人望のあるフリン神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)が一人の黒人の男子生徒に特別な感情を持...
「ダウト ~あるカトリック学校で~」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
「神聖なはずのカトリック学校で、 何が起こったのか? トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、 衝撃の映画化。」