我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 / Villon 's Wife

2009-10-11 00:07:07 | 劇場&試写★6以上

 

 

ランキングクリックしてね
←please click



今年は太宰治 生誕100年(1909〜1948)

ということでいくつか太宰の小説が映画化されている中、
本作は太宰の「ヴィヨンの妻」をベースに、「思ひ出」「灯篭」「姥捨」「きりぎりす」「桜桃」「二十世紀旗手」を融合させ、
田中陽造が松たかこをイメージして書き下ろしたという脚本。
『サイドカーに犬』などの根岸吉太郎監督作。
第33回モントリオール世界映画祭で監督賞


そして太宰を髣髴とさせる大谷役の浅野忠信。
 既に太宰にそっくり
小説「ヴィヨンの妻」は、作家・太宰治の実生活における苦悩が、精密な筆致で私小説的に綴られていることで知られている。

太宰治といえばわたしは懐かしの「走れメロス」が好きで、あとは父が私の名前を
太宰のある小説の1文からとってつけた、ということもあって昔から気になる?存在だったの。

というわけで、初日の今日さっそく観て来ちゃった☆

先日のCharaとの離婚で、浅野忠信の年齢がまだ35だったことに驚いた私、勝手に43歳くらいだと思ってた
演技を観たのは実は今回が初めてかも。。。

松たかこ、本当こういう芯が強い古風な女性、ぴったりでとても魅力的な耐える妻を演じていた。

この妻、佐知はサブタイトルにある タンポポに例えられている。
派手さはないけど芯の強く逞しい花。
反対に大谷は、甘く魅力はあるが脆い桜桃のよう、、、、。


ざっと、こんなストーリー。
主人公、大谷は酒と女に耽溺、借金を重ねる小説家。
妻の佐知は、夫の借金を返済するために大谷が金を盗んだ酒場で働くことになる。佐知の持ち前の美しさと明るい性格で酒場は大繁盛。
酒場に通う、大谷のファンである純朴な青年、岡田は佐知に好意を寄せていく。
一方、かつて佐知の初恋の相手が弁護士となって佐知の前にあらわれ、佐知への想いを語る。
妻が日ごと色気を増していくのを横で見、いつか自分は他の男に寝取られるだろうと怯え
妻と他の男の関係を疑う大谷。
大谷は愛人の秋子と姿をくらましてしまう...。



8/10


良かった!主演ふたりが素晴らしい!
会話が、セリフが特にまた素晴らしい
内容はどこがというわけじゃないけど、全体的にすごく惹き付けられて観ていた。
当時の酒屋や家屋、電車など美術の方にも興味深く観ちゃうんだけど
その雰囲気と、太宰の独特なセリフまわしや言葉づかい。
夫婦の会話なども、いちいち堪能してしまった。

あんな夫なのに、どんな事があっても夫を第一に考えている妻、佐知。
今作は外国でも評価されたけれど、外国人からみたら、日本女性はなんて堪え難く、つつましいのだろう
って思っちゃうのかな??

佐知はきっとどんな時でも、根底には夫は自分を愛している
という事を信じていたんだろうと思う。
そうじゃなかったらあんなには愛せないはず。

こんなに純粋で、男という弱い生き物をちゃんと理解した、理想的ともいえる女性。
実際に大谷は太宰に近いとされていて、自分周りをモデルにして書いたようだけど
本当に妻はこんなような人だったのか、それとも理想像を描いたのか
そこのところは疑問もよぎったけど知らなくてもいいや。

こーんなありえないくらいダメダメ男なのに、憎たらしかったり最低!と
怒りをぶちまけたくならないのが不思議。
きっとこの弱々しさ、色々なことへの恐怖心が
母性をというか、怒り通り越して、優しさで守ってあげたくなるのかもしれない。
そんな風にすら思えて来るくらい、浅野忠信の演技は絶妙で素晴らしかった。

夫婦のラストシーンはとても印象的でした〜。


酒屋の夫婦、伊武雅刀と室井滋もすごく良かったし
初恋の相手で弁護士として登場の堤真一も良かった。

恋に一途なウブさを感じさせる妻夫木くんも。


好きな人の夫に直談判で「奥さんを下さい」ってすごすぎるんですけど!(笑)

ただ、先日TVで観た『おくりびと』でも同じく思ったんだけど、広末涼子がどうもいまいち、、、。
この子、どこか現代風な感じだし軽い感じがしてピンとこない。
世の中に絶望し、つっぱって生きるちょっと小生意気な女で
大谷の愛人なんだけど、どうにも童顔過ぎてもうちょっと別な人がいたんじゃないかなと思っちゃった。
エンドロールの名前みてたら、ホイチョイで『メッセンジャー』の際一緒にお仕事した方々の名前が。
フジテレビ関係の映画だからいろいろ兼ね合いがあるのかも?
とくに広末涼子の出演にはいつもその絡みがあるように思われるような、、、。

浅野との濡れ場もちょっとだけ見せて頑張ってました☆

ただ、松たかことの最後目を交わすシーンだけは良かったように思う。

他には、佐知が現場をどうやって知ってあそこの場所に行けたの?とか
薬は現場検証で持っていかれるだろうからあそこには落ちてないでしょうとか
ちょっと気になったくらい。
とてものめり込んで観ちゃったし、セリフ、この作品のセピアカラーな昭和のトーンが好き
観て良かった〜。 
同じくモントリオール映画祭で受賞の『おくりびと』よりもわたしは良かった。
そして太宰の小説、また読み返したくなっちゃったな。




公式サイト
ヴィヨンの妻    2009年  日本   114min
10月10日より、公開中〜




upすると単純にやる気になりますクリック、お願いします
ランキングクリックしてね
人気ブログランキングへ


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (28)   Trackbacks (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Autumn in New York part3 | TOP | 告知☆札幌国際短編映画祭&花の... »

28 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
わー (KLY)
2009-10-11 01:03:41
★8とは高評価ですね〜^^
明日観て来る予定なんで、観たらまたきます
ね。余計楽しみになった♪
よかったよね! (rose_chocolat)
2009-10-11 05:55:26
migさんが公開初日に邦画鑑賞って、もしかしてあまりないのではないかしら?
それだけこの作品に期待されていらしたんですね!
松さんが素敵でした。。。
原作とは多少違う部分もありますが、太宰夫妻の愛の形というのを考えさせられました。

そして・・・。 やはりヒロ○エさんがmigさんもうーん。。。でしたか。 確かに濡れ場と目線はよかったけどね(笑) 絡みの出演ならちょっと興醒め。
ほんわか (たいむ)
2009-10-11 10:36:28
migさん、こんにちは。
内容は結構シビアなのだけど、淡々とした雰囲気と、丁寧な言葉使いとで、泥沼も清流になってしまったような美しい作品に見えました。
私も「おくりびと」より好きです(^^)
こんにちわ (kanako)
2009-10-11 12:27:15
これ今日行く予定だったのに教習所との兼合いで駄目になってしまったやつです
私も走れメロスが初太宰作品でそれから結構好きで、いくつか読みました。
だから絶対見なきゃ〜と思ったところで、migさん☆8つ
絶対に映画館で見ます
妻夫木くんはどうでしたか
先日地上波でマジックアワーを見たばっかなので、少し気になる(笑)


浅野忠信って

35なんですか!???見えなさすぎですね。
まぁCHARAの年齢考えたらそんなものかなぁと今さら思いました
主演の2人 (にゃむばなな)
2009-10-11 13:31:07
ほんと、主演の2人がよかったですよね。

個人的には椿屋の別々の席で飲んでいる岡田と辻を1カットで見せるシーンもちょっと皮肉を込めたっぽくてよかったです。
こんにちは♪ (ミチ)
2009-10-11 19:33:20
あ!
migさんも高得点!
嬉しいな〜。

こういうのって文芸作品だから、この夫許せん!とか言ってると楽しめないんだよね。
主演二人が凄く良かったと思いました。
☆KLYさん☆ (mig)
2009-10-11 23:35:14
今日観られましたか??
もしかしてKLYさんも初日かな?って思ったんだけど、、、。

カイジのレビュー、評価高いですね!
気になってたけどどうしよう〜
観たくなったかも!
★rose_chocolatさん★ (mig)
2009-10-11 23:36:50
こんばんは♪
そういえばそうかも、、、
重力ピエロは初日だったかな?
たまたま時間もあって。昨日公開のはもう2本、観たいのがあるんだけど水曜日かな☆
今月もいっぱいあるから大変
roseさんも気に入ったって評価みてたけど
わたしも良かったぁ
★たいむさん★ (mig)
2009-10-11 23:38:41
こんばんは★

あの言葉遣い。
太宰のそのものですよね、(あたりまえだけど)
そして昭和の雰囲気もわざとらしくなくてすごく魅入っちゃった。
「おくりびと」も良かったけど騒ぐ程かなぁって思ってしまったの、
こちらの方が好みだなー★
★kanakoちゃん★ (mig)
2009-10-11 23:40:35
こんばんは☆

kanakoちゃんもこれ観る予定なのね、
渋いよ〜
妻夫木くん、実はあまり好きではないんだけど(顔が。←ってひどい)
役はハマってましたよ★

感想是非聞かせてね〜♪
あ、タラの新作さらっとアップしたので観てネ
★にゃむばななさん★ (mig)
2009-10-11 23:41:54
こんばんは☆

うんうん、あのシーンもなんだかうまかったですよね。
振り返って気にしてみてる妻夫木くん、
気になっちゃいました。
キャストは広末以外よかったです(笑)
★ミチさん★ (mig)
2009-10-11 23:43:21
こんばんは☆

ミチさんも広末がいまいち。って書かれててびっくり。
Roseさんも書かれてたし、
皆やっぱりそう思ってるのね〜
確かに〜!
文芸作品ですものね
こんにちは。 (えい)
2009-10-12 13:00:58

伊武雅刀と室井滋は、
こんな目にあったら実際にそうなるだろうなって感じが
本当によく出ていました。
あの、店での態度なんて演技とは思えないほど。
身震いしました。

広末涼子は、あまり好きではなかったのですが、
『子猫の涙』から見なおしました。
この映画も、あの延長線上。
自分のイメージの殻を破ろうとしている気がしました。
観て来ました〜 (KLY)
2009-10-13 03:17:22
役者さんは良かったです。松たか子の可愛らし
さの中にも芯の強さのある女性が素敵だったな
ぁと。あと浅野さんの自堕落だけど、妻を愛し
ていた大谷もどこか子供っぽくて好きです。た
だしストーリーは別に面白くもないとおもった
のが正直なところでした…。
太宰作品なら今日観てきた『パンドラの匣』の
ほうが個人的には好みですかねぇ…^^;
★えいさん★こんにちは。 (mig)
2009-10-13 13:24:30
本当ですね、あの夫婦もかなりリアルな感じでハマっていました☆
主演二人も最高でしたしね。
広末については、、、
わたしはもう言う事はないです(笑)
ホイチョイの「バブルへGO」だったら
最初なんでヒロスエ?って思ったけどハマってましたけど
☆KLYさん☆ (mig)
2009-10-13 13:26:20
こんにちは♪

もう書かれたんですね!
あはは、ストーリーはシンプルだし
確かに面白くはないかもですね。
わたしなんだかすごく良かったんですよね〜。
全体の雰囲気もあるのかな。

「パンドラの匣」良かったですか!?
気にはなってたけど、、、、
じゃあ見てみようかな、、、、?
こんばんは (ノラネコ)
2009-10-13 23:40:46
確かに大谷の鬼畜っぷりが際立つのですが、この夫婦って実は同根なんじゃないかと思うのです。
死に急いでないだけで、佐知も相当にぶっ壊れたキャラだったような。
愛情も、どちらかというと自己愛に近いかも。
似た者同士の夫婦がお互いの中に自分を見て惹かれあって葛藤するシニカルで切ない物語と捉えました。
migさんへ^−^* (由香)
2009-10-13 23:41:31
こんばんは〜♪
今日観て来ました〜
かなり面白かったです!思い切って満点にしちゃった(笑)
何というか、、、浅野さんの大谷が素晴らしくて、彼が言うセリフにイチイチ受けて笑っちゃいました。
物凄くツボだったわ〜浅野さんの大谷!!(笑)
松さんもとても良かったです〜ハマり役でhしたね。
ただ私も広末さんがイマイチ、、、
でもそんなに出番がなかったのでホッとしました(笑)
☆ノラネコさん (mig)
2009-10-14 13:22:18
こんにちは、

なるほど、面白い見解ですね。
佐知みたいな女性は当時きっと珍しかったんでしょうね。
ちょっと変わった女性だからこそバランスがとれていたのかもですね。

記事に書き忘れたけど美味しそうにお酒をごくごく飲んでる大谷みて
ものすごく日本酒のみたくなって
その晩はひとりおうちで飲みましたよ
ご飯とですけど(笑)
☆由香さん☆ (mig)
2009-10-14 13:24:02
こんにちは☆

満点すごいですね!
わたしもかなり気に入りましたよ〜。
夫婦間のセリフ、ですます調も
太宰らしくて
(でも当時はみなそんなものなのかな?)
広末涼子ダメだった人は多いようですよね〜、
そこがちょと残念でした
こんばんは (かのん)
2009-10-18 22:57:33
思いのほか素敵な作品でしたね。特に主演の二人は素晴らしい演技には魅了されちゃいました。浅野さん演じる大谷を観てるともしかしてこれは本物の太宰かもって思ってしまうくらい。

それにしてもみなさんの広末評が同じみたいで、ちょっと笑ってしまいました。
★かのんさん★ (mig)
2009-10-19 21:26:47
こんばんは♪
本当、主演ふたり、店の夫婦
とくに良かったですね。

ほんとうですよね〜
わたしもファンの人に怒られそうだなって思いながらハッキリ書いちゃったけど、
そう思ってる人多くてびっくりでした(笑)
うんうん (miyu)
2009-11-03 18:41:32
あたしも「おくりびと」よりも好きかなぁ〜って
感じでした。テーマ的にはやっぱり万人ウケする
テーマではないですけどね〜(;・∀・)
最後の広末さんの笑み、あれだけは本当評価できますね。
やっぱり喋り方がどうも好きになれないので、
どの演技も評価しづらいのですが、あの笑みは本当
憎たらしかった〜!( ´艸`)
miyuさん☆ (mig)
2009-11-04 12:18:25
こんにちは☆
おくりびと
評判いいの知ってる上でみたせいか、いいんだけど、って感じでしたね
こちらのほうが好みだった☆
広末涼子はあいかわらずぞくぞくでてて凄いよね〜〓
遅まきながら・・・。 (mezzotint)
2009-11-11 22:22:20
migさん
今晩は☆彡
観て参りました。色々ミックスされて
いますが・・・。これはもう太宰治物語
ですね。浅野忠信も松たか子も役にはまって
いました。自堕落な大谷が女性にもてるのは、
何か分かるような気がしますね。
やっぱり母性をくすぐるのでは?なんて。
★mezzotintさん★ (mig)
2009-11-12 23:05:41
こんばんは♪

そうですねー、わたしはこんな酒飲みで自殺願望強い後ろ向きタイプは大キライですけど(笑)
放っておけない女性は多かったんでしょうねぇ、、、
来年二月の 人間失格もタノシミです。
こんばんは〜\(^_^)/ (latifa)
2010-07-01 20:17:35
migさん、ちょっと久しぶりです!
でも、コメント書くのは・・なだけで、コンスタントに遊びに来ています。
ここんところ、4月〜体調崩していて、ブログもあんまりいじれてなくて、しかも映画に至っては全然見れてない(T_T)って状況なの。
だから、migさんちに来ても新作映画に反応することも出来ないでいて・・・しくしく。

で、この映画。migさんは高評価ですね^^
私もなかなか良かったです。

>浅野忠信の年齢がまだ35だったことに驚いた私、勝手に43歳くらいだと思ってた
 ですよねー。なんか本来の年齢よりもずっと年取って見えるというか、落ち着いてるというか、大御所っぽく感じるせいかな?

広末さんが何故使われるか・・って事について、ちらっとmigさんちで、もしや大人の事情が・・って事が匂わせていて、なるほどぉ・・って思っちゃった。私もラストのニヤリという不敵な笑みだけは良かったと思ったわ。

PS ゲイリー・オールドマンの記事、すごい興味深く読ませてもらいました。ちょこちょこは知っていたんだけど、こういう風に「知ってるつもり」(←古いっ migさん知らないかも。関口宏司会の昔の番組)生い立ちからずーっと丁寧に説明してもらえると、凄い感慨深いです。
latifaさん☆ (mig)
2010-07-01 22:01:38
こんばんは♪
えー、見に来てくれてたんですか☆
嬉しいけど寂しい(笑)
コメントは出来る時でいいんです
わたしもされた時にしか出来ないし、、、、
浅野の歳、また忘れちゃってました!
やっぱり45に見えるなぁ〜。
わたしより下とは、、

前もね、タレント人気ないのにやたら主演とる女優がいて
きっと関係者と、、、、って言ってたら結婚。ほんとにそうでやっぱり〜って
(笑)
そういうことけっこう多いみたい。
今睨んでるのは広末と、観月ありさ(爆)

「知ってるつもり」知ってますよ〜
30半分以上越してるので (ナイショ)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

47 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
【ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜】たんぽぽの花一輪の誠実もない (映画@見取り八段)
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 監督: 根岸吉太郎    出演: 松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、妻夫木聡、広末涼子 公開: 2009...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (シネマDVD・映画情報館)
酒飲みで多額の借金をし浮気を繰り返すなど放蕩の限りを尽くすが、小説家として秀でた才能と何故か憎めない魅力を持つ男・大谷と、そんな夫に翻弄されながらも明るくしなやかに生きていく妻・佐知の愛の物語。小説家を愛する妻・佐知に松たか子、太宰治を彷彿とさせる小説...
『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:根岸吉太郎原作:太宰治出演:松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、光石研、山本未來、鈴木卓爾、小林麻子、信太昌之、新井浩文、広末涼子、妻夫木聡、堤真一試写会場 : ヤクルトホール公式サイトはこちら。<Story>大酒飲みで浮気を繰り返す小説家・大...
夫に心中された女房は〜ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ (ネット社会、その光と影を追うー)
ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポの脚本は松たか子ために
映画鑑賞記「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:09.10.10 鑑賞場所:シネプレックス幕張 太宰治 生誕100年。  ある夫婦をめぐる「愛」の物語。 <ストーリー> (Cinemacafeより引用)  戦後の混乱期。酒飲みで多額の借金をし、浮気を繰り返す小説家の大谷(浅野忠信)。夫が飲み屋・椿屋...
「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」みた。 (たいむのひとりごと)
太宰治作品といえば、知識として『人間失格』だの『斜陽』だのとタイトルだけは頭に浮かぶけれど、実際には道徳の教科書に取り上げられていた『走れメロス』くらいしかまともに読んでいない気がする。だから、太宰治
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (めでぃあみっくす)
女性には生まれながらに2つの魅力があると思います。桜桃のように人を生まれ変わらせる魅力と、タンポポのように我慢強く生きる魅力。そしてこれらは大概の男性には生まれながらには欠けているものであって、生きていく中で愛する女性から教えてもらわなければならないこ...
ヴィヨンの妻 -桜桃とタンポポ- 夫婦って深いなあ〜 (労組書記長社労士のブログ)
【 50 -12-】 当たっても当たっても、すでに予定がある夜の試写会ばっかりで、妻が独りで行ったり、人にあげたり・・・ でもようやく空いている夜の試写会が当たった(^_^)v  今年は太宰治生誕100周年でいくつか太宰治の作品が映画化されているようで、この映画が皮切り...
映画 【ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 太宰治の同名短編小説の映画化。根岸吉太郎監督がモントリオール映画祭の最優秀監督賞を受賞。 おはなし: 戦後の混乱期、酒飲みで多額の借金をし浮気を繰り返す小説家・大谷(浅野忠信)の妻・佐知(松たか子)は、夫...
「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、広末涼子、妻夫木聡、堤真一、光石研、山本未來、鈴木卓爾、小林麻子、信太昌之、新井浩文、他 *監督:根岸吉太郎 *原作:太...
『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』 (ラムの大通り)
※注:ストーリーを全く書いていませんでしたので、 約6時間後に書きくわえました。 ----今年って太宰治原作の映画化が多いよね。 ほかにも『斜陽』『パンドラの匣』だっけ? 「そうだね。今年は太宰生誕100年だし、 映画界も盛り上がっているみたいだ。 なかでもこの作...
恋する気持ちの原点。『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』 (水曜日のシネマ日記)
戦後の日本を背景に道楽ざんまいの小説家の夫と彼を支える妻の姿を描いた作品です。
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
太宰治の同名短編小説を下敷きに、いくつかの太宰作品をミックスして描く、一組の夫婦の愛の物語だ。戦後の混乱期、大酒飲みで浮気を繰り返す小説家の夫・大谷の借金を返すため、妻の佐知は飲み屋の椿屋で働くことになる。美人で気立てのいい佐知はたちまち店の人気者にな...
「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 (みんなシネマいいのに!)
 太宰治の同名短編らしいが自分は未読。 登場人物全員がダメ人間だらけで、正に太宰
ヴィヨンの妻 -桜桃とタンポポ- 夫婦って深いなあ〜 (労組書記長社労士のブログ)
【 50 -12-】 当たっても当たっても、すでに予定がある夜の試写会ばっかりで、妻が独りで行ったり、人にあげたり・・・ でもようやく空いている夜の試写会が当たった(^_^)v  今年は太宰治生誕100周年でいくつか太宰治の作品が映画化されているようで、この映画が皮切り...
ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜 (LOVE Cinemas 調布)
太宰治生誕100周年のトップを切って公開される作品。同日公開に『パンドラの匣』がある。主演は『K-20 怪人二十面相・伝 』の松たか子。共演に『剱岳 点の気』の浅野忠信、『おくりびと』の広末涼子、『ノーボーイズ、ノークライ』の妻夫木聡、堤真一、室井滋、...
ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜 (試写会) (風に吹かれて)
夫婦の形は不定形こんな形もあり公式サイト http://www.villon.jp10月10日公開 
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今年は太宰治の生誕100周年で、色々と記念行事があるらしい。 この「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」もその流れの中で作られた作品なのだろ...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第33回モントリオール世界映画祭、最優秀監督賞受賞作品―【story】戦後の混乱期。秀でた才能を持つ小説家でありながら、大酒飲みで、多額の借金をして浮気を繰り返す大谷(浅野忠信)の妻・佐知(松たか子)は、夫が踏み倒した酒代を肩代わりするため飲み屋で働くことに...
【ヴィヨンの妻-桜桃とタンポポ】 (日々のつぶやき)
監督:根岸吉太郎 出演:松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、広末涼子、堤真一、妻夫木聡 「放蕩三昧の小説家大谷の妻佐知は、夫が盗んだお金のカタとこれまで何年も踏み倒してきた酒代を払う為、夫婦で営んでいる椿屋という飲み屋で働くことにした。 それまで
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。太宰治原作(電子版原作)。根岸吉太郎監督、松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、広末涼子、妻夫木聡、堤真一。根岸吉太郎監督は太宰治の作品に触れたのは40歳前後からだという。普通、10代で触れるのに随分晩生だ。
『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』 ('09初鑑賞149・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 10月11日(日) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 14:40の回を鑑賞。
ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜 (Diarydiary!)
《ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜》 2009年 日本映画 才能がある小説家の大
「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 第5位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 159オープニング土日祝動員: 7万170人オープニング土日
昭和の女〜『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ』 (真紅のthinkingdays)
 才能に溢れてはいるが大酒呑みで金にルーズ、女癖も悪い新進作家の大谷 (浅野忠信)は、馴染みの料理屋から金を盗んでしまう。しっかり...
ヴィヨンの妻 -桜桃とタンポポ-/松たか子、浅野忠信 (カノンな日々)
ここ最近の太宰治の生誕100年を迎えて製作された関連映画の中ではメジャー級の作品なのは間違いないでしょう。モントリオール映画祭では監督賞を受賞し映画公開への弾みとなったのかどうかはわかりませんけど、名匠・根岸吉太郎監督と豪華キャスティングに期待です。ちな...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ヴィヨンの妻] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.5/10点満点 2009年89本目(83作品)です。 【あらすじ】 戦後の東京。 酒と女に溺れ、愛人までも作ってしまう小説家の大谷(浅野忠信)。 その大谷を健気に支える妻の佐知(松たか...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ・・・おもしろくてニマニマ (シネマでキッチュ)
芸術家の滅茶苦茶と、それに右往左往させられる周囲の人たちとあの時代。 男と女の切っても切れぬ縁・・・その不思議。 それらが面白く描かれて傑作です☆ 悲惨なはずなのに滑稽なの、可笑しいの、 何度もニマニマしちゃった(^^) 太宰とおぼしき浅野忠信さんも、妻の...
『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」□監督 根岸吉太郎 □脚本 田中陽造 □原作 太宰治 □キャスト 松たか子、浅野忠信、室井 滋、伊武雅刀、光石 研、広末涼子、妻夫木  聡、堤 真一、山本未來、新井浩文■鑑賞日 10月12日(...
映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 (FREE TIME)
映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」を鑑賞。
「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                    「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」 太宰治原作の作品です。 主人公、佐知を演じる松たか子が、イイんですよ! 松たか子さんて、あまり視野に入ってなかった(要はファンではなかった)のですが、この作品を観て、俄然、ファ...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜☆独り言 (黒猫のうたた寝)
太宰治は^^;苦手かも、、、浅野忠信の話し方も微妙なところ・・・ところが松たか子は意外と好きな女優だったりして天秤にかけたら、やっぱり観逃したくないと(笑)結論だし『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』観に行ってきました。観終わって帰宅して、インターネットで...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (ルナのシネマ缶)
生誕100年を迎える文豪・太宰治の 同名短編小説の映画化。 そして、第33回モントリオール 世界映画祭で監督賞に輝いた作品です。 松たか子は、貧乏のどん底にいても なんか品が漂っていて美しいと 思わされるオーラがありました。 戦後の混乱期、才能がありな...
ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜 (だらだら無気力ブログ)
太宰治の同名短編小説を松たか子と浅野忠信主演で映画化。 戦後の混乱期を舞台に放蕩者の小説家とその妻の姿を描く。戦後間もない混乱期。小説の才能がありそれなりに名の通った小説家の大谷は 毎日飲み歩き、借金をしまくって、妻の佐知に迷惑をかけっぱなし。 ある夜...
「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」いけない事とは (再出発日記)
「人非人でもいいじゃないの。私たちは、生きていさえすればいいのよ」松たか子が素晴らしい。冒頭の泣き笑いでどきっとさせた後は、居酒屋での解放された顔と、警察に連行されたときのこわばった顔と、大谷を慈しむ顔と、おびえる顔、困った顔、母の顔、強く立ち向かう顔...
「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ」 男はずるいよ (ももたろうサブライ)
監督 根岸吉太郎原作 太宰治少しあらすじ戦後の混乱期、大酒飲みの小説家・大谷(浅野忠信)の妻・佐知(松たか子)は、夫が踏み倒した酒代を肩代わりするため飲み屋で働くことに。生き生きと働く佐知の明るさが評判となって店は繁盛し、やがて彼女に好意を寄せる青年(...
「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 (mama told me)
「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 今年生誕100年を迎える太宰治の同名短編小説を映画化。 戦後の混乱期を背景に、道楽三昧の小説家の夫...
★「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスもこれで打ち止め。 合計18作品をタダで見ることができました。 本作は、文豪・太宰治の原作・・・ 2009年は太宰の生誕100周年だったのね。
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
太宰治の小説は,「走れメロス」以外は読んだことが無い。なぜか自分の好みに合わなかったせいで。そして太宰治ご本人に関しても,あまり・・いやまったく思い入れは無い方であるが,この「ヴォヨンの妻」,モントリオール映画祭で,最優秀監督賞を獲った作品ということで...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛など信じたら、すべてが消えてしまうと、男は恐れている。 すべてを失った後に、残るのが愛だと、女は知っている。』  コチラの「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」は、昨年アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」がグランプリを受賞したモントリオ...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (銅版画制作の日々)
太宰治 生誕100年ある夫婦をめぐる「愛」の物語 遅まきながらようやく鑑賞して参りました。何を隠そう、実は浅野忠信さんが好きです!だからどうしても観たい作品でした。破滅的な大谷の役は浅野さんにはぴたりはまっていますね。そんなダメな男をを支える妻佐知役にはあ...
ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月15日(土) 18:15〜 TOHOシネマズ シャンテ2 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』公式サイト フリーパス鑑賞15本目。 小学生の頃、定番「走れメロス」と何を間違ってかの「人間失...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 (ここにあるもの)
弱虫男と強か女。 太宰治生誕100周年というわけで、にじりにじりとブームになっている今年。 この映画の他にも、来年は『人間失格』が公開されるらしい。 『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』(根岸吉太郎監督・2009日) 終戦時の東京で放蕩三昧の日々を送る才能ある小説...
「ヴィヨンの妻」 桜桃とタンポポ 感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
この時代の家の中、町並みや汽車など、セットや照明が素晴らしかったです。always3丁目の夕日と同じ、いやそれ以上だったのかもしれない。(...
ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜(’09) (Something Impressive(KYOKO?))
4月初めに、「SONGS」ジュリーの回の記事を書いて、出演作の関連記事で、俳優としては、市川準作品の「大阪物語」と短編ドラマ集「東京日常劇場<哀愁編>」をリンク、少し見直した時、「東京・・」の大鶴義丹と中嶋朋子出演のパートで、2人の会話に太宰治の「トカ...
原作が太宰治の2本 (Akira's VOICE)
「人間失格」 「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 
映画:「ヴィヨンの妻〜桜桃とたんぽぽ」〜録画で (David the smart ass)
NHKのBSプレミアムの録画で、太宰治原作の映画「ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ」を見た。松たか子主演で、相手役は浅野忠信。 映画「ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ」は、太宰治の短編小説「ヴィヨンの...